ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

WEB競艇TV杯

住之江ナイター第1弾は追配吉田拡郎が岩永高弘選手の分も激走でV

ブログネタ
競艇 に参加中!
 2010住之江シティーナイター開幕戦は5日間シリーズのWEB競艇TV杯
 WebkyoteiTVのネット中継で見た優勝戦は2008年9月G3女子リーグ第8戦モーターボートレディスカップ以来となる住之江2度目の優出を決めた6号艇佐々木裕美(山口85期4045)が動いた1236/45の進入に。
 そして4号艇沖島宏和が09トップスタートを決めるも、艇を伸ばした1号艇吉田拡郎が1Mを先行し、沖島の捲り差しと2号艇西村拓也(住之江地元スター)の差しは引き波を踏んで流れ、先頭独走になった吉田拡郎は今年4回目・通算13回目にしてメッカ住之江初優勝

 後続は捲り差した5号艇竹田辰也が2Mで外の西村を張りながらの旋回で抜け出し2着に入り、初日11Rと着順を入れ替えての住之江ヒットスタジオよしだかくろうたけだたつやワンツー。
 1M→2Mと差した3号艇桐本康臣(三重85期4043)が3着に入った奇数艇トリオ決着になりましたが、佐々木裕美は2周2M以降外全速戦連発で桐本に食らいつき、結果4着ながらアグレッシブな走りで3着争いを盛り上げました。

 その佐々木裕美は昨日の10R準優勝戦6号艇で2着になり住之江2度目の優出を決めたわけですが、準優で枠なり3vs3の大外から果敢に捲って2号艇須藤隆雄と抜きつ抜かれつの激しい2着争いを制したレース内容(動画)は、まさに運命の地住之江にかけた鬼気迫る走りでした。


 優勝した吉田拡郎の話に戻りますが、今節は6日付けでの追加斡旋でした。
 そして、正規斡旋で本来出場する予定だったのは長崎79期3861岩永高弘選手。
 岩永高弘選手は今月1日の若松スポーツニッポン杯争奪GW特選競走4日目1Rで2周2M後のHSで締め込んだ際の接触事故で心肺停止の状態となり福岡新水巻病院の集中治療室に運ばれ、その後意識不明の重体で闘病しておりましたが、本日6時04分に死亡したとの発表がありました。
 レース中における事故での殉職者は2007年2月住之江G1太閤賞最終日3Rの福井85期4048坂谷真史選手以来で29人目だそうです。

 岩永高弘選手は2002年2月に大村一般競走で優勝経験があり、最近では今年2月の丸亀マンスリーKYOTEI杯で優出を決めてました。
 個人的には4日に九州スポーツ杯争奪男女W優勝戦競艇の日大賞を優勝した広島79期3873別府昌樹が表彰式(動画)で岩永高弘選手の話をした場面に感極まるものがありました。闘病実らず力尽きたのは誠に残念です。謹んでご冥福をお祈りします。

 また、この悲報を受けて福岡79期3853岩崎正哉平和島ミニボートピア黒石開設1周年記念4日目9R1着後に、兵庫79期3854吉川元浩蒲郡G1オールジャパン竹島特別4日目10R1着後に帰郷、福岡競艇マクール杯出場中だった太田国広長崎支部長も帰郷しました。

宮島日本モーターボート選手会会長賞優勝戦

 125/346の進入から4号艇今坂晃広(静岡)が21トップスタートを決めて絞り捲りに行き、1号艇長岡茂一が飛びついた事によって出来た差し場を突いて捲り差しを決めた6号艇松下一也(静岡)が突き抜け、あの2009年1月びわこG1共同通信社杯新鋭王座決定戦以来となる通算3回目の優勝。モイチを捲りきった今坂弟が2着で静岡ワンツー。

 ということで新鋭王座以降の長いトンネルから抜け出した松下一也が王座後の初Vを飾った訳ですが、長いトンネルを抜けたところで次は蜷川哲平の通算優勝回数9回にチャレンジです。


 ここで新人選手情報。19日からの次節モバイルモンタ2周年記念でデビューする広島106期4600井内将太郎がデモ航走を披露して最後は立ったまま航走してファンに手を振る場面も収録された今節のおまけ映像が公開されてます。

桐生マンスリーKYOTEI杯優勝戦

 展示の枠なりから本番では2号艇土屋智則がピット遅れて大外に回った134/562の進入になったマンスリーKYOTEI杯。
 そして、土屋のおかげでカドが手に入った5号艇岡部大輔が捲り差しを決めて15トップスタートの1号艇伊達正利に迫りますが惜しくも届かず、伊達は通算16回目の優勝で通算888回目の1着ゴール。

舟券も衆議院選挙もWで投票!丸亀MB記念優勝戦【BoatにVote】

ブログネタ
8月30日は衆院選!投票に行きましたか? に参加中!
松井製麺所跡地 たこ天串が美味しい丸亀競艇で開催されたブルーナイターSGモーターボート記念。ちなみに写真の松井製麺所跡地は本日丸亀現地参戦のささぴーさんからもらいました。


 衆議院選挙投票締切時刻の20時を過ぎてから迎えた、もうひとつの投票のクライマックス優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇松井繁が12凸者スタートも、17スタートの2号艇山崎智也が強つけまいに出て、これを張った王者の懐がやや開き、そこを差しきった3号艇池田浩二優勝

 映画「UDON」の舞台松井製麺所のセットが作られた丸亀市で96年7月の開設44周年記念以来となる丸亀記念V2を狙った王者を差しきった81期池田浩は3月の多摩川SG総理大臣杯となるSGV4の記念V7にして通算27回目の優勝。まるがめでは2003年6月SGグランドチャンピオン決定戦以来2つ目のビッグタイトルです。

 尚、1周2Mで5番手の山崎に対し5号艇白井英治が押っつけた影響で山崎はバランスを崩し転覆、山崎と接触した6号艇笠原亮が落水を喫しております。
 レース後の山崎智也のコメントは「笠原君に迷惑かけてしまいました。1マークつけまいにいったのは松井さんにスタート先行されていたから勝つにはあれしかないと思ったから。結果的に失敗でしたね。足は仕上がってました。」という感じだそうです。

多摩川WEB競艇TV杯優勝戦

 近畿4場を始め多摩川、平和島、下関、蒲郡、鳴門のネット中継が見られる便利なサイトWebkyoteiTVの名を冠した株式会社トランスワードの社杯は特設サイトも開設されたポイント制5日間シリーズ。
 優勝戦は枠なり3vs3の進入から15スタートの1号艇小野信樹(岡山)が3号艇岩谷真(東京)の捲りに飛びついた展開を突いて4号艇野添貴裕(大阪)が捲り差しを決め今年4回目・通算26回目の優勝でゲストの田代沙織から花束を獲得。
 トランスワードの住之江ネット中継といえばナイター場外やJLCでは聴けない公開FMアクアライブステーションが特徴ですから、今回のレース名にもっともふさわしい支部かもですね。
 後続は差し伸びた6号艇・ベイパの福島勇樹王子が2M内から押っつけて小野の内に潜り込み逆転2着に入り、アクアライブとベイパのトランスワード中継場によるワンツー。

浜名湖ゴールデンレース優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇島川光男が昨日の12R準優勝戦菊地真くん16歳の誕生日記念を制した勢いそのままにイン戦押し切り、昨年8月唐津日刊スポーツ杯BP三日月12周年記念以来となる通算60回目の優勝

 すんなり決まった優勝とは対照的に2着3着はもつれ、捲った3号艇杉山正樹と差した4号艇峰竜太と6号艇吉田拡郎で接戦になり、2M先に回ったよしだかくろうと、よしだかくろうと峰竜太の間を割った杉山に加え、2号艇重野哲之つま恋でお馴染み掛川市)と5号艇別府昌樹も差して2番手争いに浮上し、峰竜太は杉山に包まれ重野に押っつけられで脱落。
 4艇による攻防は2周1Mで最内の別府が重野に押っつけながら先行して両者共倒れになり、ここで差した杉山が単独2番手、よしだかくろうが単独3番手。
 杉山はそのまま2着を取り切ったものの3着争いの方は3周1Mで動きがあり、内から艇を伸ばし押っつけた別府をよしだかくろうが包みきれず、差した重野が一気に3番手浮上。別府は3周2M差して追い詰めるものの重野は振り切って3着を死守。

 ちなみに今日は24時間テレビで珍獣ハンターイモトアヤコが約127kmを走破して21時12分に東京ビッグサイトへゴールを果たしましたが、約1500kmを走破し7月5日に浜名湖競艇場へゴールを果たしたマラソンマン重野哲之の浜名湖凱旋レースは大接戦を演じての優出3着でした。

常滑日本財団会長杯争奪戦競走優勝戦

 5号艇松野京吾が動いた15/2/346の進入から渾身の03トップスタート決めた1号艇谷野錬志が3号艇飯山晃三の捲り差しを振り切って通算2回目の優勝
 シリーズリーダーの4号艇山本英志は1Mで谷野と飯山の間を割ろうとするも割れず飯山に続く3番手でしたが、2Mで内の松野をゴージャスに差して捌いて飯山との差も詰め、2周1M内から一気に押っつけ、飯山に艇を合わせきって逆転2着。

宮島サマーカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇杉田篤光が押し切り、24時間テレビの日にトクミツさんは通算3回目の優勝
 後続は2番差しの4号艇今井貴士が2番手で、差し流れた2号艇金子貴志が3番手というたかし対決になりましたが、2M切り返して内に潜り込んだ金子が押っつけて今井に艇を合わせ逆転。
 そして2M両者がやり合った隙を差してきた6号艇杢野誓良も2番手争いに加わり2周1Mは最内の杢野が先行するも、ここで杢野を差しきった金子が2着。

徳山G3企業杯大塚SOYJOYカップ優勝戦

 賞金200万円とSOYJOY1年分を懸けた企業杯は枠なり3vs3の進入から逃げる1号艇大神康司と差す2号艇深川真二のマッチレースになりますが、大神が艇を伸ばして深川の差しを振り切り、前走地芦屋九スポ杯争奪オール九州選抜戦に続く今年3回目・通算31回目の優勝
 深川は道中全速攻勢の4号艇萩原秀人に追いかけられるも何とか粘りきって2着。

芦屋日本モーターボート選手会会長杯争奪戦優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇繁野谷圭介(大阪)が押し切り、通算12回目にして芦屋初優勝
 順走の2号艇石川吉鎬(広島在住大阪支部)と捲った3号艇井上大輔で鎬を削った2着争いは、2M井上大輔の全速戦をこらえきった石川が2周1M先行して突き放し、大阪支部ワンツー完成。

江戸川さわやか杯2日目

 本日は衆議院選挙に投票後、第6Rまで現地参戦して舟券投票、終盤レースはボートピア習志野で舟券投票した江戸川競艇のさわやか杯。今日のピックアップレースはスカッとさわやかな大外捲り2本。

 まず、第4Rでは21トップスタートの6号艇塩崎優司が28〜51スタートだった他5艇をスカッとさわやかに捲りきって1着(動画)。
 続く12Rは第4R1号艇も41スタートで4着に敗れた6号艇國崎良春がイン戦の41スタートをひっくり返した14トップスタートを決め、スカッとさわやかな絞り捲りで1着(動画)。

 ここで明日の予告。明日は今日書けなかったBP習志野の江口晃生トークショーを中心に書きます。とりあえず写真を1枚。
シエロさんショー第2部

【カーキン】WEB競艇TV杯優勝者は京都の馬場【FromAmagasaki】

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 12月2日火曜日から始まり、12月5日金曜日に最終日を迎えたカーカキンキンカーキンキンシリーズフロム尼崎センタープールのWEB競艇TV杯PC携帯でレースが見られるWebkyoteiTVの第1回タイトル戦であります。
 優勝戦は「久々のハイパワーに心躍ります。小粋なベテランサーファー5号艇の高橋(動画)。」と、2003年12月9日蒲郡家康賞競走以来5年ぶりの優出を果たした千葉県民高橋二朗59歳も2003年2月びわこ一般競走以来のV目指して5号艇で乗艇。
 そんなレースは枠なり3vs3の最終隊形から1号艇・マザーレイクの革命児馬場貴也がすんなり押し切り、今年3回目・通算4回目の優勝であります。
 後続は差した4号艇宮本裕之(兵庫)と捲り差した6号艇谷津幸宏の争いに、1Mもたつき気味ながらも小回りでもたせた二朗も内から伸びて2番手争いに加わる混戦模様。
 2Mは内から艇を伸ばす二朗に対し宮本が包んで先行するも、ここで2艇を差しきった谷津が一気に主導権を握り、2周1Mを先行して宮本を突き放して2着争いに勝利。そしてうな二朗は2周2Mで宮本が2番手再浮上狙って押っつけ空振りに終わったところをすかさず差しきり、逆転3着であります。

 以上の様に阪神沿線競艇場で京都の馬場が優勝しましたが、土曜日の阪神競馬場ではセンタープールから2つ隣の駅名にちなんだG3鳴尾記念、日曜日の阪神競馬場では今年から阪神1800mにコース変わりしたG1ジャパンカップダートが開催されます。ということで阪神両重賞のキルトクール馬は鳴尾がキャプテンベガ、JCDがアドマイヤフジです。


下関G1競帝王決定戦2日目

 76期3779原田幸哉が来場した今日の競帝王決定戦。W孝平揃い踏みになった2日目ドリーム戦は枠なり3vs3の進入から1号艇瓜生正義(76期3783)が押し切り、初日の4着2本から脱却した今節初1着
 後続は順走の2号艇濱野谷憲吾がやや有利も、2番差しから艇を外へ持ち出した4号艇赤岩善生に3番差しの6号艇中島孝平も絡んで、2Mは最内の中島が艇を伸ばし先行体勢。濱野谷は包んで回るも流れて赤岩の差しが入り、3艇横一線状態から2周1Mは赤岩が先行。しかしここで外の濱野谷を牽制しつつ赤岩を差しきった中島が一気に主導権を奪い、正義とこうへいのワンツー。尚、5号艇菊地孝平は最初の1M捲り差し狙いも赤岩に張られた形になって後方に置かれて6着でした。
勝利のカギは!?


大村KTNテレビ長崎杯初日はマイル2倍デー】

 前年度覇者日高逸子を始め多士済々な面々が参戦する男女混合準優3個制4日間決戦のKTNテレビ長崎杯。
 その初日は電投会員サービスマイルクラブ大村24ポイント2倍デー。しかも初日は実況が石川香奈恵アナで、ピットレポートが恐らく大村初登場にして初めて見る名前の山口紗和アナ。当日自分は在宅じゃないのでPC中継は見られないものの、大村競艇全日程完全中継の競艇TV!レジャチャンでレース、そして注目の実況とピットレポートは必ず聴きます。果たして山口紗和アナの声はどんな声か、聴いたことがある声なのかいかに?

【WebkyoteiTV】多摩川WEB競艇TV杯は木村光宏!【ParadiseTurn】

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 三国・びわこ・住之江・尼崎・平和島・多摩川・蒲郡・下関の中継とリプレイを各場のHPに行かずにボタン切り替えだけで見られるとっても便利なWebkyoteiTV新人選手紹介がとっても充実しているWEB競艇マガジンParadiseTurnを提供する株式会社トランスワードのタイトル戦多摩川WEB競艇TV杯。15日から始まったオール平日の5日間開催は今日が最終日、ライトアップされました水面に6選手を迎えての優勝戦です。
 並びは枠なり3vs3、進入隊形整って戦闘態勢も整いました。4号艇木村光宏がカド位置からトップスタート決めて絞りに行きますが、カド受けの3号艇・ミスター赤ヘル山本浩次が壁に。ですが、先に捲り差した赤ヘル軍団総大将(なのにG1宮島チャンピオンカップに呼ばれず)山本浩次を捲り差しで捕らえたみっちぃは2Mを先制して赤ヘルを突き放しニコリンコに今年5回目、多摩川2回目、通算29回目の優勝
 「あのまあ、この業界で言えばね、僕はあの、亀田兄弟みたいな悪役なんですけど。でもまあ、僕みたいな脇役がいなければね、主役級の選手も引き立たないと思うんで嫌らしくいきたいですね。」と表彰式(動画の6分過ぎ)で謙遜した苦労人のみっちぃですが、ちびっ子ハウス出身の苦労人タイガーマスク虎の穴出身の悪役レスラーです。

 多摩川次節は24日から28日まで優木まおみ杯。ですが、優木まおみの来場は26日と27日の予定で最終日の来場予定はありません。替わりに、27日と最終日は高橋勲が来場予定です。

三国かんなづき第2戦3日目

 今日は肌寒い朝となりました三国競艇。かんなづき第2戦は3日目、予選は最終日です。現在得点トップは白石健。それに続くは間嶋仁志渡辺浩司。ボーダー上には6.67で4名が並んでおります。浮き沈み激しい数字の競走、誰が準優進出となるか。予想通り、予想以上にと面白いレース展開どうぞご期待下さいませ。それではオープニングカードは第1Rおはよう特賞です(動画)。ミスター多摩川の6号艇高橋四郎が早々と動いてインから613/452の順です、スタートいたしました。3号艇池上哲二が14のトップスタートを放ちますが、1号艇細川明人が先捲り。アギトは池上哲二の捲り差しを振りきって先頭に立ちますが、2周1Mの旋回が流れたアギトを的確な小回りで追い詰めた池上哲二がここで並び両者ラップ状態に。2周2Mアギトは全速戦で内の池上哲二に食らいつきますが、3周1Mで池上哲二に牽制されて遂に逆転を許し、3周2M差して追い詰めるも届かず、逆転成功の池上哲二がトップでゴールイン。

 かんなづき第2戦予選ファイナルの攻防は大詰め、記者選抜第12Rを迎えております。インから123/456の順です。1秒前、スタートしました。捲った3号艇今村暢孝が振り込んでアクシデントの模様(動画)になったのを尻目に、1号艇瀬尾達也が軽快に逃げてトップでゴールイン。6号艇ながら光速デジタルスターターの本領を発揮した08トップスタートで鮮やかな大外捲りを決めた第8Rに続く連勝で準優進出成功、明日は準優11R3号艇です。対して選手責任転覆の今村暢孝は予選敗退で明日はおはよう特賞1号艇です。

江戸川ナイタイスポーツ杯2日目

 エキサイティングなレースが相次いでいます今日の競走水面です。ファンファーレが鳴り渡りました、第6Rを迎えております。1号艇佐藤雄治と3号艇佐藤政行、さとう2杯分のボリュームがありますこのレースは5号艇古澤信二が20トップスタートを決め果敢に捲ろうとしましたが結果の方は大きくまずくなってしまい、サイドがひっかかってしまい転覆(動画)であります。それに乗っかったのが2号艇藤田靖弘と佐藤政行。藤田は再始動に成功したものの、佐藤政行はエンスト失格であります。
 対して、佐藤雄治は事故に巻き込まれずすんなりイン戦決めて1着ゴール。2杯のさとうは完全に明暗が分かれてしまいました。尚、古澤は負傷帰郷となっております。

唐津一般競走2日目

 8Rは124/653の進入から6号艇石渡鉄兵が捲り差しで先頭、てっぺーちゃんの上を捲り差しで続いた5号艇榮田将彦が2番手。そして1周1Mで3号艇前田健太郎はかなりスタンド寄りで振り込み選手責任転覆。
 2Mてっぺーちゃんが榮田の差しを振りきり先頭をキープも、2周1Mあわや大惨事一歩手前の出来事が。事故艇はかなり外側にいたにもかかわらず、直前に出たと思われる航走指示は外側指示。全艇内側指示と思って航走していた為に、先頭のてっぺーちゃんを始め全員あわてて急ハンドル。4人はなんとか救助艇を捌いたものの、哀れ4号艇荒木保昌はハンドル捌きが間に合わず救助艇に衝突(動画)してしまいました。
 そんなアクシデントはありましたが、救助艇にぶつかった荒木も無事完走。そして1着のてっぺーちゃんは3日目準優10R1号艇です。

【土曜競馬キルトクール】

 道悪になりそうな東京G3サウジアラビアロイヤルカップ富士ステークスのキルトクールは道悪苦手の可能性が高い3歳牡馬マイネルシーガルで。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
競艇電投会員即時募集中
既に会員の方はテレボート
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
勝ち組.net
アクセスランキング
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
おすすめバナー
バナソニック


blogram投票ボタン

livedoor プロフィール
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ