ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

JLCカップ

多摩川JLCカップ優勝戦は濱野谷と岡谷のケンゴワンツー

ブログネタ
競艇 に参加中!
 多摩川のポイント制5日間開催JLCカップは、F休み明け初戦だった東都のエース濱野谷憲吾蒼井そら来場記念の初日メイン多摩川選抜戦蒼井そら記念1号艇で昨年12月住之江SG賞金王決定戦トライアル2日目11R以来のイン戦1着を飾った後7戦全勝で、初日前半9R福田智宏・由扶子結婚記念レース3号艇2着以外全勝の準完全Vに王手。

 もちろんポールポジションの1号艇で迎えた優勝戦元気出せ!!ボートレース多摩川と共に小柳南町商店会も枠なり3vs3のインからしっかりと押し切り、多摩川9回目・通算57回目の優勝
 捲り差した6号艇岡谷健吾が2着に入り、濱野谷憲吾とおか谷健吾の○○谷ケンゴワンツー。

 ちなみに表彰式(動画の後半部)では一昨日から37度9分の熱が出てたのを明かしたと共に、
 「これからもインからスタート遅れないように一生懸命がんばります。
 と場内客を沸かせる名言も残しました。
平日の一般戦ながら花束たっぷりの濱野谷憲吾28歳のイケメン岡谷健吾平日の一般戦ながら大盛況の表彰式

 さて、優勝戦には東京在住岡山支部から岡山在住岡山支部に戻った山室展弘も4号艇で優出。
 その存在、その走り、まさにOne&Onlyの山室大先生が関東地区で優出するのは2009年6月多摩川競艇バースデイカップ以来で、関東ではそれ以来の公開インタビュー登場でした。
 優出者インタビュー(動画)は今月いっぱい視聴可能だと思います。
タイガースケプラーを履いてる山室大先生


ボートピア呉宮島開設8周年記念日本トーター賞争奪男女Wリーグ戦優勝戦

 予選3日間を男女別々に戦い、昨日の11Rもみじリーグ覇者戦(女子)と12Rモンタリーグ覇者戦(男子)で勝ち上がった男女3人ずつが優勝戦でガチンコ対決。

 その優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇渡辺千草が13トップスタートの速攻で2号艇・人気の中心滝沢芳行のつけまいを弾き飛ばし、3号艇久富政弘の差しも寄せ付けずにトップを快走し、通算93度目の優出だった渡辺千草は77度目の優出で感動の初Vを飾った2007年6月三国みなづき第2戦(オール女子戦)以来となる通算2回目の優勝

 2番手の久富に対しタッキーが2M切り返して先行するも久富が全速包みきり、差を詰められながらも2番手をキープ。
 タッキーは2周1Mも内の利で先行しますが久富が行かせて捌き2番手をキープ。
 しかし2周2Mタッキーの差しに差を詰められた久富は3周1Mで内小回りのタッキーを包みきるも更に差を詰められ、3周2M辛うじて先行した久富はもたついてしまい、そこを差しきったタッキーが土壇場で逆転2着。

大村NIB長崎国際テレビ杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から逃げる1号艇森永淳(佐賀県嬉野市)が3号艇津留浩一郎(長崎)の捲り差しを辛くも振り切り、大村初・通算17回目の優勝
 1M差して3番手だった4号艇大平誉史明が、2Mマイシロなくターン膨れた津留浩を差しきり逆転2着。

 今年の森永淳は誕生日の元旦に唐津佐賀県選手権3日目5Rで落水し、全治1ヶ月の右肘靱帯損傷で負傷帰郷してしまいましたが、表彰式ではその時の無念と出身地から一番近い大村で初優勝を飾れた喜びが合わさって涙を流してました。


丸亀香川県中部広域競艇事業組合42周年記念優勝戦

 124/356の進入から1号艇佐々木康幸が04トップスタートの速攻で押し切り、丸亀2回目・通算39回目の優勝

 後続はつけ回った2号艇川崎智幸(東京在住岡山支部)と差した4号艇三角哲男(千葉在住東京支部)の2番手争いになり、2Mは内の三角が先行するも川崎が行かせて捌き単独2番手に。
 三角は2周1M内に切り返して先行狙うも川崎は包みきり、2周BSで三角が再度艇を伸ばして2周2M先行しますがここも川崎は行かせて捌ききり2着。

多摩川競艇で占部彰二とフォーリンラブ

 薄暮開催サマータイムレースの多摩川JLCカップ。サマータイムらしく、フォーリンラブのお笑いラブストーリーも16時30分過ぎ(三国優先だったので見ず)と17時30分過ぎの薄暮時間になってました。ちなみに全レース終了後に流れたサマータイムレースのテーマは「天気図は曇りのち晴れの予報♪ 週明けの第三京浜選んだ♪」のサマータイムブルースでした。
イエス、フォーリンラブ

 優勝戦元気だせ!!多摩川競艇と共に小柳南町商店会は5号艇吉岡政浩がチルトを+3度に跳ね上げ大外に出た123/465の進入から1号艇占部彰二が2号艇小野勇作の差しを振り切り、通算50回目にして多摩川初優勝。今日の多摩川行きは占部彰二が優勝戦1号艇になった事から決めたので、優勝してくれてよかったです。
占部彰二インタビューって言うじゃない〜占部彰二にJLCカップ授与占部彰二にイエス、フォーリンラブウェイキーくんと占部彰二


三国G3新鋭リーグ第6戦ヤングヒーロー決定戦優勝戦

 JLCカップの多摩川競艇場でも併用発売してた事に多摩川現着してから気づいた新鋭リーグ。場外モニターではもちろんJLC381chの映像が使われてましたが、ウイニングラン終了後多摩川映像に切り替わってしまったので以降の部分はウェイキープラザで見ました。
 さて、優勝戦は1236/45の進入から1号艇松田祐季(福井98期4391)が逃げの体勢を作りきって通算2回目の優勝
 ちなみに北陸のジャックナイフこと松田祐季は初Vも同じ三国で昨年9月のながつき第2戦ですが、その3日目5R道中抜きで1着になったレースはJLC番組「一週間で24場を制覇せよ」のハイライトシーンだったのは記憶に新しいところ。
 後続は1M差して2番手の5号艇土屋智則が2M全速も流れ、1M捲り差しから2Mで3艇を差しきった6号艇吉川喜継が2番手逆転。しかし、2周2Mで土屋が吉川に全速つけまい強襲お見舞いし、インパクト大な再逆転2着(土屋映像)。

 尚、前回の芦屋G3新鋭リーグ戦競走第5戦と今回の第6戦三国を収録したJLC番組GOLDEN BOYS2009#03は6月10日22時30分からJLC380chで初回放送予定です。芦屋編は土日の三国でスタジオキャスターを担当した原ちゃんがGBリポーターです。

鳴門デイリースポーツ杯競走優勝戦

 デビュー初V目指す2号艇片岡秀樹(徳島90期4167)がインに入り、6号艇池本輝明が2コースに入った26/13/45の進入から片岡が47とスタート大きく遅れ、13トップスタートから絞り込む1号艇中澤和志に対しては池本が先捲りで抵抗。
 そんな中、カドから差し伸びた4号艇白石浩二が2Mを先頭で回り、2003年10月尼崎一般競走以来となる通算5回目の優勝
 後続は片岡と池本に加え、両者の間を割った5号艇森貴洋と3号艇向後龍一の2艇も2番手争いに加わりますが、内小回りの片岡と外握った森と差した池本は無事に2Mを回ったものの、森の外を二段で握った向後は大きく流れて対岸にぶつかり航走不可能となって責任失格。
 HSでは外の森と内の池本による争いになり、2周1M内小回りの池本がここで優位に立ち、2周2Mで森を突き放して2着争いに決着。

丸亀G3女子リーグ戦競走第4戦優勝戦

 2003年6月のSGグランドチャンピオン決定戦で愛知81期3941池田浩二が華麗なるウィリーターンでイン戦押し切りSG初Vを達成してからもうすぐ6年、新生まるがめ競艇は今節女子リーグがブルーナイター3節目。
 さて、外枠の西村コンビを除く4人が14日に甲子園で阪神vs広島戦を観戦したというタイガース色の強い優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇池田浩美(静岡81期3932)が07トップスタートから華麗なるウィリーターンで押し切り、通算7回目の優勝
 後続は1M差した3号艇・やっちゃん、やっちゃったぁ!?宇野弥生が2着で、1Mつけ回った2号艇・バードアイ長嶋万記が3着と、阪神戦観戦コンビのブロガーコンビが占めました。
 ちなみに、池田浩が使用したモーター5号機はブルーナイター第2節安岐真人杯争奪瀬戸の大魔神大賞で優勝者森高一真が使用、ブルーナイター第1節まるがめブルーナイターオープン記念レースで優勝者太田和美が使用と、ブルーナイター3節全て3優勝というモンスターエンジンです。

常滑中日スポーツ杯争奪ドラゴン大賞優勝戦

 日本モーターボート選手会常設訓練所と勤労青少年水上スポーツセンターでおなじみ碧南市に隣接し、衣浦大橋を渡って半田市を通過すれば常滑市にも行ける愛知県の市は高浜市。
 さて、愛知では無く広島の高濱芳久が1号艇のドラゴン大賞は、その高濱氏が1253/46の進入から押し切り、今年2回目・通算41回目の優勝
 後続は差して2番手の3号艇荻野裕介に対し、1Mつけ回った5号艇川添英正が2M切り返して荻野の内に潜り込んで荻野は包んでかわしますが、川添はHS舳先を掛けて2周1Mを先行。しかし、ここで鋭く差した荻野が単独2番手を奪い返し2着を取り切りました。

【報知杯】平和島・児島・下関の優勝戦【JLCCとクリスタルC】

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 本日は平和島を始めとする3つの優勝戦をお送りしますが、平和島情報は牛小屋マスターも愛読しているBOAT親父ぶろぐさんがおすすめです。今節も前検レッドソックス岡島秀樹&ホワイトベア熊谷直樹トークショー優出者インタビューの写真と内容が満載、そして文章の方も予想に役立つ毎日の展望と足の診断があり、平和島を買う前には必ず読んでるブログであります。

平和島報知杯優勝戦

 3日目11R2号艇2着以外は全て1着の快進撃を見せた金田諭が1号艇の優勝戦は、枠なり3vs3の進入から4号艇加瀬智宏(群馬64期3414)の捲り差しも、3号艇藤井徹(今節カネやんに唯一の土を付ける)を叩いての差しで伸びてきた5号艇安達裕樹も振りきり、ジャイアンツゆかりの報知杯で今節正に一着を並べたカネやんは平和島3回目・通算では14回目の優勝を準完全Vで達成。ちなみに前回Vは昨年7月の江戸川代替開催下関ゴールデンレースで、その前は2007年大晦日江戸川京葉賞であります。

 智様と安達ゆの2着争いは2M握った智様が流れ、内を小さく回った安達ゆが優勢に。そして2周1Mキリカエしてきた智様を安達ゆ実りある差しで捌ききり2着。ちなみにこの日唯一当たったレースがこの平和島優勝戦でしたが、その払戻は若松JALナイトクイーンカップ3日目8Rの6号艇安達美帆(3着)にスピード運用。

 ところで、安達裕樹の師匠はムラミーでお馴染みの村田瑞穂ですが、ムラミーの名付け親でありますベイ吉アナは前節東京ダービー最終日からお休みですが、今節も全日程お休みでした。今節は替わりにヤッターマンアナが前半レースを担当していたとお伝えしておきます。

児島JLCカップ優勝戦

 新モーター導入初節の一戦は5号艇関忠志(今節選手代表)がお約束の前付けで2コースに入り、内2艇が深い15/2/346になった進入から深い起こしの2艇が共に20台とスタート遅れ、15スタートの2号艇原田篤志が捲りの体勢。1号艇佐々木康幸に抵抗されながらも原田は佐々木を捲りきりますが、セキチューと佐々木の間を割った3号艇伊藤宏と6号艇片岡秀樹、佐々木と原田の間を割った4号艇一宮稔弘に差されて原田は後方。
 そして捲り差し勢3艇の中では伊藤宏の勢いが特に良く、間を割ってそのまま突き抜けた伊藤が通算21回目の優勝。2Mで片岡を全速包んで捲りきった一宮が2着、2周1M片岡を捲った原田が3着。

下関市議会議長杯争奪クリスタルカップ優勝戦

 紅一点のチョコボール向井美鈴も5号艇で優出した一戦は4号艇仲口博崇が動いて14/2/356になった進入から1号艇芝田浩治が逃げ込み態勢も2号艇畑和宏が捲り差しで芝田を差しきり、昨年3月の当地一般競走以来となる優勝で通算V6。安めの田畑ワンツーではなく、裏目で高めの畑田ワンツーでしたね。
 尚、今節はタイトル戦なので、クリスタルカップとスーツケースを授与された表彰式(表彰式クリスタル映像)もありました。
クリスタル映像のDVDならトレンド書店
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
競艇電投会員即時募集中
既に会員の方はテレボート
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
勝ち組.net
アクセスランキング
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
おすすめバナー
バナソニック


blogram投票ボタン

livedoor プロフィール
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ