ブログネタ
競艇 に参加中!
 東京チャンプ決定戦と銘打たれたオール東京の多摩川さつき杯
 さつきはみどりの日にイン受難水面(一覧)だった水面上、森泉宏一アナの実況(動画)で迎えた優勝戦は5号艇濱野谷憲吾が4カドを取った123/546の進入から濱野谷が07トップスタートを決め、1M先行した是政最強の1号艇長岡茂一を捲り差しで捕らえきった東都の大エース・東の横綱濱野谷憲吾は前走地びわこG2秩父宮妃記念杯に続く今年3回目・多摩川8回目・通算55回目の優勝でさつき杯V3。
さつき杯V3を決めた濱野谷憲吾東の横綱濱野谷憲吾


ぶらっと競艇まちの駅ゴールデンウィークWAKUWAKUイベント そんなさつきみどりの日は多摩川本場へ行く前に、さつき杯場外発売をしてた江戸川に立ち寄り。
 本日は「ぶらっと競艇まちの駅」キャンペーンでエディーの大道芸イベントの他に、ポイントカード会員向けの粗品(お茶漬け・スパゲッティー・レトルトカレー・バター飴・笹川賞スティック)もありました。
 そして、江戸川場外版の出走表は多摩川本場版にさきがけ、表記が「BOAT RACE多摩川」にリニューアル済みでした。
BOAT RACE 多摩川


下関九州スポーツ杯争奪男女W優勝戦競艇の日大賞最終日

 下関競艇場が、競艇場のイメージアップとボートレースファンの拡大を狙って笹川良一生誕記念日の5月4日に制定した競艇の日。ちなみにザ・ボートレースの日は毎年3月最終土曜日もしくは4月第1土曜日です。

 そんな競艇の日大賞は男女W優勝戦で、しかもGW開催扱いとあって双方に優勝賞金84万2000円が支払われる太っ腹な開催。
 1つ目の11R優勝戦(女子)は枠なり3vs3の進入から1号艇淺田千亜希(徳島)が水上の淺田魔王と化した圧倒的な強さでぶっちぎり、今年2回目・通算32回目の優勝
 対照的に後続は接戦で、つけ回った3号艇中里優子(埼玉)を差した4号艇岸恵子(徳島)とデビュー初優出の6号艇津田裕絵(山口100期4443)が差無く追いかけ、2Mは津田裕絵を包んだ中里優子りんが先行。
 HSは中里優子りんと津田裕絵、差しに構えた岸恵子に加え、5番手から2番差しの2号艇池田紫乃(長崎)も2番手争いに参戦して4艇接戦に。
 その中からややリードの中里優子りんが最内の池田紫乃を包んで2周1Mを先行するものの、内の利で単独3番手に上がった池田紫乃がBSぐいぐい差を詰め、2周2M中里優子りんに艇を伸ばし押っつけ体勢。
 包もうとした中里優子りんは包みきれずに2番手は2艇ほとんど同体になり、3周1M内から先行した池田紫乃が逆転2着。

 12R優勝戦(男子)は123/546の進入から13トップスタートの1号艇別府昌樹(広島)が2号艇白井英治の差しを振り切り、バレンタインの前回当地「2月9日・ふくの日」記念レースに続く今年2回目・通算25回目の優勝
 79期3873別府昌樹は表彰式(動画)で、1日の若松スポーツニッポン杯争奪GW特選競走の事故で全身打撲を負い意識不明の重体で闘病中の同期3861岩永高弘選手と一緒にがんばるんだという気持ちで優勝できたと語りました。岩永選手の意識が戻る事を祈ってます。

びわこBINAPO杯優勝戦

 ポイントカードBINAPOリニューアル記念の今節は1日から4日までの全日程GW期間内でしたが、優勝賞金は通常の64万という非GW開催。
 しかし男女対抗レースという企画開催にしたことで番組にインパクトができ、この企画は成功だったと思います。

 ということで男女3人ずつが勝ち上がった優勝戦は枠なり3vs3の進入から24の一番遅いスタートだった2号艇福来剛が17スタートの1号艇田口節子相手に強つけまいを敢行して田口を捲りきりますが、その展開を突いて差しきった3号艇寺田千恵に福が来て、女王テラッチは今年2回目・通算34回目の優勝

 アグレッシブに展開を作って2着に来た福来は8日からGW開催江戸川富士通フロンテック杯に出場予定です。