ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

2連勝ナイトフェスタ

若松で魚谷香織と南明奈のコラボがあった今日の出来事

ブログネタ
競艇 に参加中!
 今日は2連勝ナイトフェスタの開催場企画、南明奈来場イベントが5場目である若松(ミニボートピア北九州メディアドーム開設4周年記念競走3日目)に来場。
 アッキーナイベントのトリになった若松アッキーナイベントはナイトフェスタ全5場で実施されたアッキーナイベントの中でも特に力が入っていて、アッキーナに加えて全国スター魚谷香織も出演。
 最近は福岡ボートオフィシャルペラ坊ブログともコラボしてるぅぉちゃん★ぶろぐにはぅぉちゃんとアッキーナの豪華ツーショットが。
 
 そんなツーショット記事の数時間後には「報告ッッ!!!」というタイトルで福岡95期青木幸太郎と11月5日に入籍して福岡支部に移籍する事を正式発表。

 東スポの結婚報道から約2ヶ月後に正式発表されたわけですが、
 「新聞の方で結婚するとぃぅような報道が出てたみたぃですが…間違った内容も記載されているみたいで少し悲しいです(つд`)
 きちんとした事は…
 自分でブログに載せていきたいと思いますので
 暖かく見守って下さぃ♪♪

 という9月3日の宣言通りきちんとした事を自分でブログに載せたぅぉちゃんの発表と東スポの記事を比較すると東スポの記事は結婚時期が間違ってたようですね。
 それはともかく、ペラ坊ブログの記事によると犬組福岡公演が近々あるみたいなのでぅぉちゃんの結婚式で間違いなく犬組公演が披露されるでしょうね。


 さて、福岡支部移籍後も来月14日に芦屋で美ママモデル桃華絵里と共演予定のイベント、当確の唐津SGチャレンジカップ、12月24日からOA予定のCMと全国スターとして大忙しのぅぉちゃんに憧れてやまとボートレーススクールに入学した1人の109期訓練生を紹介します。

 その訓練生は入学式で代表宣誓を行った山口県出身の芦村幸香訓練生。
 高校時代は県立長府高校軽音楽部に所属して29゙34のベーシストとして情熱を燃やし、卒業後は下関競艇キャンペーンガールEdyナビ読者モデルなどモデルやコンパニオンとして九州や下関を拠点に活動し、日本テレビ系全国ネット番組恋のから騒ぎ出演歴もある一方で下関市消防団としてボランティア活動も行ってきた芦村幸香訓練生はブログ中でも大好きと触れている程のぅぉちゃんファン。
 もちろん目標はぅぉちゃんのように実力と人気を兼ね備えた選手になる事だそうです。

江戸川夕刊フジ杯優勝戦

 ぅぉちゃんと同期で今度からは同支部になる福岡96期4332村上彰一が3号艇でデビュー初優出を決めた優勝戦は1号艇三井所尊春が16トップスタートの速攻で押し切り、普段は積極的なコース取りで知られるミーショが今節は江戸川スタイルに合わせて6コース進入を2回経験しながらもオール3連対の成績でポールポジションを勝ち取った結果、今年4回目・江戸川初・通算14回目の優勝を飾りました。
 後続は差し順走の2号艇柏野幸二が2番手で、捲り差しの4号艇森脇徹と差し続く6号艇渡修平が柏野を追いかける展開でしたが、2M内突いた渡兄を柏野が包んでやや膨れた展開を突いて2艇を行かせた森脇が差しを決め、舳先ねじ込んだ森脇が2周1Mを先行して柏野の差し返しを振り切って逆転2着。

 尚、優勝戦以外の出来事として第8Rで4号艇秋元誠が1周1M差しを狙った際に振り込んでしまい、選手責任沈没を喫しました。

住之江スポニチ杯争奪なにわ賞優勝戦

 126/345の進入から3号艇吉永則雄(大阪)がカド捲りを決め、捲り差しで続いた4号艇松田祐季(福井)とトップ併走になりますが、両者のトップ争いに対し1号艇魚谷智之が青き枠のポストコータロー松田ゆうきにうおっと突進仕掛け、白魚はバランスを崩しながらも先マイ成功。
 一方、突進された松田ゆうきは最後方に下がり、のりおも突進を避けて外へ流れ、替わりに2Mブイ際突いて上がってきたのは1M差して4番手だった6号艇亀本勇樹
 白魚が出口でバタついた分単独先頭に立った亀本ゆうきに対し、白魚は2周1M切り返して先行しますが、差した亀本ゆうきがBS舳先をねじ込んで2周2Mを先行し、ここで白魚を振り切った亀本ゆうきが今年2回目・住之江3回目・通算44回目の優勝
 表彰式では1Mで松田ゆうきに勝たれたと思いましたと振り返りつつ、魚屋のおかげで優勝できましたと振り返りました。
2連勝ナイトフェスタ

 ところで、今節は2連勝ナイトフェスタということで27日にアッキーナが来場。
 AmebaIDを取得して読者登録するともれなく5アメGがもらえるSG第25回賞金王決定戦公式ブログではそのステージを見に来た人だかりが掲載されております。

 そして、浅田直子ことアッサーナですと27日のアクアライブステーションで自己紹介したピチピチ浅ちゃんが司会の選手ふれあいコーナーには昨日佐野隆仁が出演。
 競艇神横山やすしの愛弟子として知られる佐野隆仁のトークは聞き応えがあり、寂しい入りだったらしい客席に問いかけて返ってきた3連単がないからつまらないという声に耳を真剣に傾けたり、一方特に否定的な返事が無かったスタート展示中止に対しては歓迎の意向で、自身のように積極的に内を狙う選手や阿波勝哉みたいに外から一撃狙う選手が増えて欲しいなどの意見が聞けます。

G1福岡チャンピオンカップはじめ8場の優勝戦フェスタ

ブログネタ
競艇 に参加中!
 終盤2日間はほぼ全国発売だったG1福岡チャンピオンカップ(戸田を除く全場と戸田専用場外岡部と栗橋を除く全ボートピアで発売)は本日最終日を迎えましたが、あいにくの水面コンディションでオープニングから8Rまでが2周戦でした。

 波高10cm北東向かい風10mのコンディションで迎えた優勝戦は枠なり5vs1の進入から1号艇吉田俊彦が05トップスタートを決め、懐を充分にとってのイン速攻劇で押し切り、福岡は昨年10月の前回スポーツ報知杯争奪戦に続く連覇で2回目・年初の尼崎G1近松賞でG1初Vを飾った今年は4回目・通算ではG1V2と江戸川V2を含む28回目の優勝
 かくして東の江戸川・西の福岡と言われる程の難水面を制したのは吉田俊彦でしたが、2着には江戸川V2・福岡V2の実績を持つ2号艇須藤博倫(埼玉83期3983)が3号艇・江戸川V3・福岡V3の実績を持つ秋山直之(群馬83期3996)の2番差しをHSで振りきり入線。
 3着は4号艇篠崎元志(福岡)が波風うねり巧者の秋山直之を2Mで差しきり逆転で入線しました。

桐生G3企業杯サッポロビールカップ優勝戦ヱビス競走

 2連単ナイトフェスタの桐生企業杯ファイナルは枠なり3vs3の進入から4号艇吉田一郎が13トップスタートを決めて絞り捲りを敢行しますが絞り過ぎて3号艇・デビュー初優出の栃木在住群馬支部99期4420津久井拓也が落水。
 吉田一郎は妨害失格を適用されましたが、イチローの捲りをこらえきった1号艇鈴木賢一が妨害失格とは関係無く自力で先頭に立ち、今年2回目・通算23回目の優勝
 ビール好きのスズケンはサッポロビールの副賞に喜ぶと共に、今節はスタート展示が無くて普段より戦いやすかった事も強調してました。
 後続は差し順走の2号艇山崎智也(群馬)に対し、5号艇吉川喜継(兄昭男は今日5号艇でV)が事故艇の外を通っての差しで迫り、更には6号艇真庭明志が捲り差しからの切り返しで迫り2番手3艇接戦。
 この中から抜け出したのは地元のスーパースター山崎智也で、直内の吉川弟も先マイの真庭も全速フルターンで包みきり、一気に抜け出し2着を取り切りました。
2連勝ナイトフェスタ


蒲郡日本財団会長杯争奪戦優勝戦

 「当たる回数よりも夢を見たいとファンが無言でつぶやいた、そんな2連勝ナイトフェスタ(動画
 という高橋貴隆アナの実況で始まった優勝戦は125/634の進入から1号艇守田俊介が14トップスタートの速攻で押し切り、
 「売上(節間10億3502万800円最終日1億6648万4900円)にファンの意思表示を感じた今回、配当金や投票方式がどうあれ誰の前でもBOATRACEが好きだと胸を張って大声で言えるファンが増えるようにがんばりましょう、みんなで広めていきましょう。2連勝ナイトフェスタでありますが1号艇堂々の運びっぷりから1号艇イン速攻体勢は守田俊介。魅せるレースが自慢でありますが守田、堂々のイン逃げでありました1号艇守田。
 ということで守田俊介が今年5回目・通算は昨年の当地G1オールジャパン竹島特別を含む55回目の優勝
 差し順走の2号艇花田和明(愛知)が2着に入りましたが、2連単390円は4号艇笠原亮が対抗人気になってた事もあって2番人気でした。

浜名湖スポーツ報知ビクトリーカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇中村有裕がゆうゆう逃げ切り、今年2回目・浜名湖2回目・通算29回目の優勝

 後続は差し順走の2号艇佐藤旭(静岡)に対し3号艇鈴木博の捲り差しと4号艇坂元浩仁の2番差しが迫り、2M内の坂元を包んで回った佐藤が流れて坂元が2番手に。
 しかし2M差しから2周1M小回りで3番手に上がった鈴木が2周2Mの差しで坂元に並び、鈴木が3周1M内から先行して逆転2着。

戸田G3女子リーグ第11戦東京中日スポーツ杯優勝戦

 前検前日の10月19日に行われた黄金井力良&中西裕子披露宴でも披露された宝塚犬組のトップスター福岡96期4349犬童千秋、そして熊谷市出身の地元99期4419原加央理の2人が初優出した女子リーグトウチュウ杯。
 更に草加市立両新田中学校出身で戸田は準地元の愛知90期4183宇野弥生も初Vが懸かったフレッシュな一戦に。
 ちなみにたまたま代休で最終日を現地観戦した昨年のトウチュウ杯は通常の男子戦で福来剛(今日は福岡9Rペラ坊特賞2号艇1着)が優勝でした。

 それはさておき、レースの方は145/263の進入から犬童が大捲りで他艇に引導を渡しかけるも「お〜っと!これはスリットオーバーになってしまった!(動画」ということで先頭の犬童千秋は+06のフライングに散ってしまいました。
 犬童千秋フライングで先頭争いはイン戦残した1号艇横西奏恵と横ちんに舳先ねじ込んだ4号艇西村めぐみの2艇で争われ、2Mは西村勝利を狙って先マイ。
 HSはやや西村めがリードするも差した横ちんが舳先をねじ込んで力技で2周1Mを先行。
 ここで西村めを突き放した横ちんは2号艇池田明美の差しもガツンと力技で振り切り、埼玉県立川口青陵高校出身で戸田は準地元の横ちんは今年5回目・通算41回目にして戸田初優勝
 独身時代東京支部だった西村めぐみは惜しくも2008年5月桐生G3女子リーグ第2戦群馬テレビ杯以来のVなりませんでしたが、2周2Mで内の宇野弥生を行かせて捌き、3周1Mで内の池田明美を行かせて捌き2着を取り切りました。

津グランプリシリーズ第9戦優勝戦

 昨日25日に前節来場した鳥羽一郎名誉執行委員長の勇姿をBRオフィシャルで公開した津の今節は恒例のTSUグランプリシリーズ。
 今回の第9戦はISUグランプリシリーズ第1戦日本大会と2日間日程が重なり、23日からの開催でした。
 そして迎えたシリーズファイナルは波高6cm北西向かい風8mのコンディションで行われ、125/346の進入から5号艇吉川昭男が力強く捲りを決めて今年2回目・津3回目・通算33回目の優勝
 内でくるっと差した2号艇松本勝也が2着。 

児島スポーツ報知杯優勝戦

 波高7cm北追い風6mのコンディションで行われた優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇寺田千恵が波風をものともしない力強いイン戦で堂々押し切り、来年の戸田SG総理大臣杯ほぼ当確となる今年7回目・通算では江戸川V1を含む39回目の優勝
 2号艇作野恒のターンは外へ流れながらも結果的に他艇を張る形になって2番手を航走し、唯一差してきた4号艇松本博昭を2M行かせて捌き2着。

 ちなみにテラッチの年間優勝回数は7回目ですが3月の下関G1企業杯JAL女子王座決定戦優勝は総理杯選考対象外の為に実質年間V6です。

下関角島大橋開通10周年記念優勝戦

 下関市豊北町に属し日本海に浮かぶ角島と本州を結ぶ全長1780mの角島大橋開通10周年記念。
 そのファイナルは枠なり3vs3の進入から5号艇篠崎仁志が04トップスタートも07スタートの3号艇永田啓二が篠崎弟を牽制しながら捲りを決めて先頭に立ち、博多区在住の太宰府げってん会94期4288永田啓二は17度目の優出にしてデビュー初優勝
 篠崎弟は内枠2艇の狭い間を割ろうとするも挟まれ、対照的にF2持ちで26スタートながらスピードを乗せての捲り差しで4艇を叩いた6号艇芹澤克彦が2番手を航走し、2M内から伸び返した2号艇川口貴久を行かせて捌き2着。

江戸川夕刊フジ杯3日目

 第1Rで2番手航走の1号艇泉祥史が+02のフライングに散った3日目は森年省吾第2R第7Rを走り終えた後に私傷病で帰郷しました。

 そんな3日目を終えた時点で得点率1位はオール2連対で9.50の三井所尊春、得点率2位はオール3連対で8.50の柴田光が2位と、初日江戸川選抜でワンツーしたコンビが予選上位ワンツーを形勢してます。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
競艇電投会員即時募集中
既に会員の方はテレボート
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
勝ち組.net
アクセスランキング
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
おすすめバナー
バナソニック


blogram投票ボタン

livedoor プロフィール
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ