ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

黒須田守

月曜午前に現地観戦した福岡BOATBoyカップの優勝戦

ブログネタ
競艇 に参加中!
 台風18号の影響で尼崎SG全日本選手権男女ミックスW優勝シリーズ常滑市長杯G3女子リーグ第10戦蒲郡クイーンカップ桐生公営レーシングプレス杯の2日目と江戸川ラリーズカップの初日が中止順延になったことで、今日の開催場は福岡BOATBoyカップ最終日下関西京波者ネーミング記念レース2日目の2場のみ。

 このうち下関2日目は1号艇松村康太(1着)の1Rおはよう特賞(売上1224万3200円)に始まり、1号艇松村賢一(1着)の8Rを経て、5号艇マツケン(3着)の12R(1着4号艇重成一人)に終わりました。

 次に、仲野卓巳が選手代表の福岡最終日は2号艇柳澤千春(1着)の1Rに始まり、2号艇池上裕次優勝戦に終わった競艇ドラマチックロードBOATBoyカップの巻末。優出メンバーは以下の通り。

1:橋本久和 2:池上裕次 3:中野次郎 4:伊藤誠二 5:今井貴士 6:杢野誓良

 波高6cm北東向かい風5mの優勝戦は2004年3月の当地SG総理大臣杯で優出した実績を持つ橋本久和が1号艇で、昨年末の戸田ゴールドカップ・デイリースポーツ杯争奪戦(完全V)以来となるVに王手を掛けましたが、橋本は18とスタート後手を踏んでしまい、09スタートから先捲りを打った戸田天皇池上裕次の攻撃はこらえきったものの、04トップスタートだった伊藤誠二のカド二段捲りには屈してしまい、今井にも差されてしまった橋本は戸田天皇との3番手争いに。
 ですが、2Mで橋本は内突いてきた杢野を包みつつ今井をも差しきり、杢野の内を2番差しの戸田天皇との接戦は3番手争いから2番手争いに一歩前進。
 2周1Mは戸田天皇が先行も橋本が差して並び、2番差しの今井も再接近してBSは3艇の接戦になりましたが、2周2M内突いた今井を外から包んだ戸田天皇と差して捌いた橋本の2艇の接戦に変わり、3周1M内から先行した橋本がここで戸田天皇を振り切って2着に。戸田天皇は3周2Mで振り込むもなんとか3着。

 以上、激しい2番手争いでしたが、後続の混戦を尻目に先頭独走で今年V3・通算45回目の優勝を飾った伊藤誠二。
 中野次郎との歴代新鋭チャンプ対決にも勝利した格好ですが、SGジャンパーを着て登場した表彰式ではプレゼンターの黒須田守編集長から、あと3回優勝してSG戦線への復帰を促される場面も。
 ちなみに伊藤誠二が最後にSG出場を果たしたのは昨年の丸亀SG全日本選手権です。
BOATBoyカップ3日目3Rの福岡競艇場1M福岡BOATBoyカップ表彰式会場

 以上、「佐山夏子のNeo Pan30宣伝動画)」との連動開催ペラ坊SHOP杯、その名もずばりJLC杯争奪戦、今節のBOATBoyカップと福岡競艇で9月から3回開催されたJLC関連シリーズはひとまず終了ですが、全日本選手権最終日の来週13日22時からはG1福岡チャンピオンカップ(11月14日〜19日)の宣伝番組「ペラ坊チャンピオンカップTV宣伝動画)」が始まります。

 その福チャンは福岡支部所属の全国スター岡崎恭裕篠崎元志が主役のポスタービジュアルが完成済みで、主役コンビはもちろんWドリームメンバーにも選出済みです。
 また、10日に発売されるBOATBoy11月号にはBOATBoyナイト第3弾の発表もありそうなのが個人的に楽しみ。
BOATBoyナイト2

BOATBoyプレゼンツ・水上の格闘技・THE競艇ナイト

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 本日は超新宿歌舞伎町のトークライブハウスロフト・プラスワンにて19時30分からBOATBoyプレゼンツ・水上の格闘技・THE競艇ナイトがありましたので、もちろん見に行ってきました。勤務終了後、JLC番組「麺食い倶楽部〜ラーメン・水面・ボクしらけん」にも問題として登場した京都鶏白湯ラーメン天下一品の歌舞伎町店で小腹を満たして会場に参戦。鉄分豊富な若き精鋭もりやせぶんさんにもなみさん夫婦、それに名前は出せませんがmixi関係な方々に会えました、本日会った皆さんありがとうございました。そして、まさか会えるとは思ってなかった初対面のマイミクさんに会えたのは非常にうれしかったです。

 さて、出演は黒須田守編集長を始めとするBOATBoy編集部、別名競艇戦隊BOATBoysに、現役競艇選手からは湯川浩司山崎哲司、そして東京ベイ平和島からはベイ吉アナこと松永良一アナが出演、さらには所属事務所に内緒なので名前を明かせないシークレットゲストが交通費自腹で出演しました。

 第1部は85期4044の急行銀河系王子湯川浩司が出演。減音より標準モーターが好きで、ナイターより昼間開催が好きなものの、江戸川以外は減音の首都圏4競艇場で活躍(デビュー初Vを飾った多摩川以外の3場で記念V実績)を誇る首都圏巧者は本日銀河系同期4030森高一真大津びわこ競輪中井光雄杯初日を打ってからの新宿入り。つかみのルネッサーンス!と百万円札ばらまき以外は以前のギャグがすっかり潜めてしまったものの、ストイックな姿勢はプロ選手のオーラをビッシビシ漂わせてました。

 続く第2部は元蒲郡地区スター87期4080山崎哲司(独身)が出演。本栖競艇学校では禁欲生活がつらかったとか、休みの日はマリンスポーツ三昧だったりとか、近況プロペラ不振とかの話でBOATBoy編集部から結構きつい質問が飛んだりもしましたが、初っぱなに手書きの無料フードチケットを投げてくれたのは大収穫。哲司のおかげでビール1本余分に飲めました。ありがとうございます。
山崎哲司直筆のフードチケット

 以上、約45分ずつの選手インタビューが終わったところで一旦休憩。21時からはいよいよ第3部に入り本日最大のお目当て、ベイ吉アナこと松永良一アナが登場です。正直、21時まではダレる部分もあったのですが、終始ハイテンションのベイ吉アナが場内を大いに盛り上げたので、ここからは本日のBGMで終始使われたバリバリ最強No.1(byFEEL SO BAD)の歌通り、まさに最強バリバリ伝説で本当に面白かったです。先ずはJLC NEWSでFOMA中継があり、下の写真の通り選手2人も登場。次に、実際にはメディアターナーの谷口修アナが実況した丸亀SG全日本選手権優勝戦をベイ吉アナが即興実況して会場ヒートアップ。その後に話の流れにぴったりなあっと驚くシークレットゲストが登場してますますヒートアップ。
 更には湯川浩司と山崎哲司が再登場して実況アナ&現役競艇選手のコラボトークが実現。ファンからの質問用紙を見ながらシークレットゲストと湯川が私語を交わす場面があったり、質問をネタに話を膨らませ、時には選手にとって辛口な話題で盛り上げてたベイ吉アナの発言に湯川が選手の立場でかみついたりと、選手2名と競走会職員のベイ吉アナ、外部委託競艇関係者(なので開催中のピット取材可能)であるシークレットゲスト(ベイ吉アナとの立場の違いが各所に出てました)の3者3様の絡みがヒートアップして22時40分頃に終了。21時までの部では結構気になった尿意を忘れるくらい非常に面白かったです。特にマシンガントークが全く止まらなかったベイ吉アナ(元大川興業)はやっぱり最高の面白さです。話の内容についてはPOQのゆびとまSNSブログさんに書かれているのが詳しいです。

 最後に、競艇ナイトの模様は競艇TV!レジャチャンで会場から放送確認したJLC NEWSでFOMA中継され、黒須田編集長が出演する月曜日のJLC NEWSで特集(シークレットゲスト解禁なるかに注目)が組まれまして、さらにはリポ−ターとして来場した前くみ姉さんこと前田くみ子アナが取材した様子が後日「佐山夏子のNeoPan30」で放送される模様とお伝えしておきます。
BOATBoyプレゼンツ・水上の格闘技・THE競艇ナイト


多摩川関東日刊紙競艇記者クラブ杯優勝戦

 「多摩川競艇、今シリーズは関東日刊紙競艇記者クラブ杯。6日間のロングランシリーズを勝ち抜きましたベスト6強の登場です。いよいよファイナル優勝戦が始まりました(動画)。
 上記のフレーズでわかるようにヤッターマンアナが実況した優勝戦は枠番通り3vs3の進入です。1号艇がいいスタートになりました。ということで14トップスタートの1号艇石川真二(愛知)が2号艇吉田徳夫(愛知)のつけまいを振りきって多摩川V6・今年3回目・通算45回目の優勝。2着は捲り差しの6号艇秋山広一を2M行かせて捌いたノリオ。

 今節2度のイン戦失敗から三度目の正直でイン戦を成功させた石川真二といえば、自身初の記念Vを石川さんの地元水面でかなえた自分の地元周年G1江戸川大賞IN蒲郡(実況は江戸川ヤッターマンアナではなく蒲郡高橋貴隆アナ)が記憶に新しいところ(動画)。
 そんな石川さんの次回斡旋は26日から唐津一般競走なのです。日曜から金曜まで開催される6日間シリーズにはTokyo bay piratesからチルト0度が基本の作間章も参戦。そして唐津地区スターの剛球選手山口高志が、優出した先月26日G3企業杯酒の聚楽太閤杯以来となる地元参戦です。
今も記憶に鮮烈な江戸川大賞IN蒲郡表彰式
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
競艇電投会員即時募集中
既に会員の方はテレボート
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
勝ち組.net
アクセスランキング
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
おすすめバナー
バナソニック


blogram投票ボタン

livedoor プロフィール
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ