ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

魚谷智之

生魚谷のVを2節連続観戦+芦屋MB大賞TRは濱崎誠が初Vで完全V

ブログネタ
競艇 に参加中!
 前半4日間が青梅市、後半2日間が東京都四市競艇事業組合の主催として開催されたW準優制6日間シリーズ多摩川東京中日スポーツ賞

 今日の青梅市は市内の青梅鉄道公園でねこ園長任命式がありましたが、今日の多摩川トウチュウ賞は青梅市主催の予選と四市組合主催のW準優を勝ち上がった6人による優勝戦
 レースは枠なり3vs3の進入から1号艇魚谷智之が05トップスタートの速攻で押し切り、前走地津G3企業杯三交マキシーカップにつづく今年4回目・多摩川初・通算57回目の優勝
 昨年9月のG1ウェイキーカップの白魚でスタート遅れをやらかした屈辱から1年が過ぎた今日、昨年の借りを返して多摩川初Vを飾りました。

 2着には差した4号艇桐本康臣が入りましたが、三重銀河系の桐本はマキシーカップでも優勝戦4号艇(この時はチルト+3度6コースで6着)でした。

 ということでマキシーカップと同じ枠番だった2人によるワンツーでしたが、今月12日快速みえ黒崎竜也で見に行った津マキシーカップを生観戦して今日多摩川に行った自分は2節連続でうおちゃん♂の優勝を生で見た事になります。
 ちなみに今日は平和島勝利者インタビュアーでおなじみ黒崎雅多摩川公開インタビュアーデビュー戦でしたが、黒崎さんは初めてながら堂々とした感じで、表彰式前にウェイキーくんの空気が抜けて着ぐるみが凹むアクシデントにも、慌てずうまく立ち回ってたと思います。
うおちゃん表彰式その1うおちゃん♂表彰式その2


携帯マクール杯G3芦屋モーターボート大賞トライアル優勝戦

 上位3人に11月14日からのG2芦屋モーターボート大賞出場権が与えられるMB大賞トライアル優勝戦は枠なり3vs3の進入から57号機を駆って節間8戦全勝の1号艇濱崎誠が07トップスタートの速攻で押し切り、大阪87期4082濱崎誠は2000年11月のデビューから10年弱、着実にあゆみ続けた17度目の優出で成し遂げたデビュー初優勝を完全Vのおまけつきで達成。
 ちなみにデビュー初Vが完全優勝だったのは2004年4月浜名湖スワッキーアタック君島秀三以来です。

 G2MB大賞本番出場権をめぐる残り2つの枠を獲得したのは3号艇北川潤二と4号艇山地正樹で、順位は差した山地が2着、つけ回った北川が3着。
今年2月太閤賞最終日に行われた濱崎誠トークショー


BIGFUN平和島杯優勝戦

 来月1日から11月2日まで改装工事の為休館する平和島温泉クアハウスを始めとする京急開発の複合施設BIGFUN平和島のタイトル戦。
 レースは枠なり3vs3の進入から4号艇入澤友治(東京)が09トップスタートも3号艇岡谷健吾が先に仕掛ける展開に。
 しかしケンゴの捲り差しは1号艇平石和男に入らずに平石が押し切り、平和島の平と和の字を名前に持つ平和島巧者の平石和男は追加斡旋の好機を生かして今年2回目・平和島10回目・通算39回目の優勝で副賞の伊豆長岡京急ホテルペア宿泊券を獲得。

 「茂一と豪に見てもらったプロペラで戦います。次郎の事故でスイッチが入ったんだ、地元で俺がやらなければ誰がやる。見せてもらいましょう。名門BPクラブの意地を(動画」とお伝えされた入澤友治が鋭く差して2着。

大村NCC長崎文化放送杯優勝戦

 ビバ!NCCのタイトル戦は枠なり3vs3の進入からチルト+0.5度に跳ねた6号艇長溝一生が05トップスタートを決め、長溝は直内の5号艇寺本重宣に抵抗されながらも一緒になって絞りに行きますが、16スタートの1号艇齊藤仁が艇を伸ばして1Mを先マイ。
 齊藤仁はそのまま押し切って先頭に立ち、2001年1月一般戦競走以来となる2度目の出場だった大村は初・今年V6・通算22回目の優勝

 後続は捲り差しに切り替えた長溝と差した3号艇國崎良春で接戦になるも、2Mで内の國崎は先頭艇に押っつけた分流れ、差した長溝が抜け出しかけますが、ここで1M捲り差し不発だった寺本が長溝に突進して両者同体になり、2周1M内から先行した寺本が2着で東京支部のワンツー。

宮島報知エキサイトカップ争奪血液型選手権B型編優勝戦

 B型選手限定シリーズのファイナルはO型の土谷由美アナが実況(動画)を担当し、枠なり3vs3の進入から1号艇・「本当はA型で間違って斡旋されました。そう言われて一瞬信じてしまいました。そんなジョーク好きB型の吉田徳夫が05トップスタートの模範的な速攻でぶっちぎり、2008年11月尼崎ニッカングローリー賞以来となる通算62回目・宮島2回目の優勝
 後続は差し順走の2号艇・「褒められて伸びるB型。準優の再現に期待して昨日たくさん褒めてみました谷勝幸が2番手を航走し、2番差しの3号艇・「B型は好奇心旺盛で趣味も多種多様。今は東洋蘭の栽培に夢中。井川正人を2M行かせて捌き2着。

 10月6日からの宮島次節は九スポ杯争奪ヘビー級王決定戦
 公称体重68kgの田中雅文、同66kgの矢橋成介三重支部長、同66kgの菊原隆司などのヘビー級選手が出場予定です。

三重交通で津イッター、G3三交マキシーカップは魚谷智之が優勝

ブログネタ
競艇 に参加中!
津新町発の三交津行ったーバス 自分の津行ったー開催になった津ボートの企業杯は三重交通の大型貸切バス車両「MAXY」の名を冠したG3企業杯三交マキシーカップ
 ちなみに写真の三交バスは傘下企業八風バスのネーミングが入ってます。

 優勝戦は4号艇桐本康臣(三重85期4043)がのるかそるかのチルト+3度に跳ね上げた123/564の進入に。
 しかしほぼ横一線のスリットで桐本の伸びは内勢とほぼ同じで仕掛けられず、1号艇魚谷智之がすんなり押し切り、今年3回目・通算56回目の優勝は白魚をやらかした初日ドリーム戦2着以外全て1着の準完全V。

 後続は2番差しの5号艇小野信樹と差し順走の2号艇中野次郎、捲り戦の3号艇今井貴士の3艇による接戦となり、2Mは内の小野が先行。
 しかし外食らいついた中野が再度握り合う形になった2周1Mで小野を捲りきり、全速つけまいを成功させた中野が単独2番手に。
 ですが2周1M小野を差しきって3番手に上がった今井が2周2M外全速戦で中野に並び、中野は2周1Mと逆の立場になりますが、3周1M内先行した中野はそのまま今井を突き放し、優出者インタビューで特に人気があった2人のワンツー。
1号艇魚谷智之2号艇中野次郎3号艇今井貴士4号艇桐本康臣5号艇小野信樹6号艇荒井輝年マキシーカップを持つうおちゃん♂嵐♀みずえ姫のインタビューを受けるうおちゃん♂


常滑ボートピア名古屋開設4周年記念競走優勝戦

 好ピット離れの2号艇大神康司がインを奪って213456の進入になったボートピア名古屋開設記念は1号艇島川光男が大神を差しきり、今年2回目・通算64回目の優勝は常滑初Vで24場全場制覇へあとは住之江を残すのみ。
 2M差し返しを狙った大神は引き波を踏んで大きく流れてしまい、1M捲り戦から2M差した3号艇藤本佳史が大神に並び、共に握り合った2周1Mで大神を振り切った藤本が2着。

福岡アサヒカルピスビバレッジ杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から3号艇山下和彦(広島)が06トップスタートを決めて一気に絞り、そのまま捲りきった山下は2009年3月の前回当地日本モーターボート選手会長杯に続く福岡2回目・通算48回目の優勝

 後続は差した4号艇井川大作と外マイの5号艇妹尾忠幸で接戦になり、2M妹尾の外全速戦をこらえきった大作が2周1Mを先行するも、ここで妹尾の差しが届いて2周2Mを先行。
 ですが大作は差し返して3周1Mを先行し、ここで妹尾の外全速戦をこらえきった大作が3周2M妹尾の差しを振り切って激しい2着争いを制しました。

福岡チャンピオンは平和島で博多華丸に表彰された緑の魚谷智之

ブログネタ
競艇 に参加中!
福岡で輝くのは、オレ達だ。 本日最終日を迎えたG1福岡チャンピオンカップ
 今回のポスターモデルになった福岡我勝手隊の全国スターコンビは岡崎恭裕がポスターと同じ3号艇で優出したのに対し、篠崎元志は5号艇で乗艇した昨日の1R(進入枠なり3vs3)で1周2M後のHSで2番手の位置から内に切れ込んだ際に真後ろにいた6号艇馬袋義則の舳先と接触してしまい選手責任落水と残念ながら明暗はっきり分かれた結果に。

 なによりも、この落水で負傷した篠崎兄は後半7Rを欠場、骨折の疑いありで次節常滑SG競艇王チャレンジカップの出場も危ないとのこと。早い回復を祈ります。

 さて、節間レコードタイム連発ありのハラハラドキドキの大穴決着ありの多彩な技の応酬が相次ぎました福チャンでは昨日行われたモンスター野中和夫前選手会長トークショーでの引退発表を受けて本日メモリアルランを披露。

 その直前に行われた8R野中和夫メモリアルレース動画)は12356/4の進入から17トップスタートの4号艇君島秀三が大外単騎ガマシからの大捲りを敢行し、大外単騎捲りでモンスター最後の優勝を飾った2004年11月7日児島一般競走を思い起こさせる場面になりますが、ここは21スタートだった1号艇今村豊が小回りで踏ん張りきって1着になり、モンスターとSG戦線で戦い続けたプリンスがメモリアルランに花を添える結果に。
野中和夫メモリアルラン

 こうして迎えた優勝戦動画)は6号艇魚谷智之が4コースに回り込んだ1236/45の進入から緑魚が21と凹み、カドの4号艇田村隆信が絞りに行き、1号艇坪井康晴がこれを受けて艇を伸ばし1Mを先行し、逃げるつボイと捲り差す田村のマッチレースになりかけますが、あろうことかつボイは出口で振り込んでしまい選手責任転覆。
 これにより先頭は田村、2番手は小回り残した2号艇池田浩二の体勢になりますが、田村の外に持ち出しての捲り差しからつボイの転覆で3番手に上がっていた緑魚が2Mで内に切り返して田村に押っつけていき、田村を張りつつも流れない絶妙のターンで一気に先頭浮上。
 対して、外全速で緑魚を包もうとした田村は出口で振り込んでしまいまさかの選手責任転覆。1Mで1=4、BSで4-2、2Mで4=6になりそうだったたむ券は紙くずになってしまいました。

 これにより緑魚が先頭、差し届かなかった池田が2番手になり、スリットではコースを取るだけで見せ場を作った状態になりかけるも2Mの好旋回で結果を出した緑魚は2006年SG全日本選手権でSG初V飾った思い出の福岡でSGV3含む記念V13、通算では53回目の優勝
 4月の平和島G1トーキョー・ベイ・カップ博多華丸・大吉に表彰された魚谷智之は博多大丸近くの福岡競艇場で今年2度目の記念Vを飾りました。
うおちゃんに花束を渡した博多華丸博多大丸


【弟子同士が結婚した江戸川鉄兵が1000勝達成】

 蒲郡日本レジャーチャンネルカップ競走2日目4Rで2号艇2コースから差しを決め通算1000勝を飾ったのは74期3716石渡鉄兵
 「ホーム江戸川で一番愛されるキャラクターも、通過点の1000勝を経て全国区で輝くアイアンソルジャーへと変貌を遂げていきます(動画」江戸川鉄兵は作間章若林将足立かなえと房総グループ「TASK」を結成してますが、先週13日の金曜日大安は若林将と足立かなえの結婚式があり、自身の1000勝とWのおめでた。

 結婚式の写真は今日のG3女子リーグ第12戦びわこプリンセスカーニバル2日目10Rに緑魚の6号艇で登場した魚谷香織の「ぅぉちゃん★ぶろぐ〜☆結婚式☆」と同「宝塚《犬組》」で結婚式の写真と余興のメンバーが書かれてましたが、今日更新された古川舞の「VIVA!キューティーブログ〜競艇界宝塚歌劇犬組初公演!」に詳細なレポートが。

 その記事によるとかなり本格的な公演で、パンフレットも宝塚風メイクがばっちりきまった写真と芸名による紹介つきで本格的。そしてトップスターは犬組の名前通り大和千空こと犬童千秋で、団長は同日夜の競艇ナイト3にも出演した陽月沙結こと木村沙友希です。

【No Boat No Life】平和島G1はブロガーワンツー【ORE'S ROOM】

 平和島競艇開設55周年記念の最後を飾るG1トーキョー・ベイ・カップ優勝戦は、6号艇濱野谷憲吾が積極的に動いたのに対し4号艇飯山泰がピット遅れた123654のスタート展示に。
 そして本番、「1マークを突き抜け、連れて行って欲しい。はまけんのORE'S ROOMへ(動画)。」とお伝えされたはまけんが更に動いて2コースまで入り、後付けインの1号艇魚谷智之共々深くなった16/2/354の進入から深い進入の内2艇が0台スタート決め、08トップスタートのうおちゃんが2号艇今村豊のつけまいに動じないしっかりとした旋回で押し切り、記念12回目・通算51回目にして平和島初優勝。ブログ「No Boat No Life」でお馴染みうおちゃんは昨年1月尼崎G1近松賞以来の記念Vで、血縁関係は無いけど妹分?的に可愛がられてるぅぉちゃん★ぶろぐ開設後の記念初Vとお伝えしておきます。
 後続ですが、差し順走のはまけんが伸び返して今村に並び、2Mダイナミックなフルターンで今村を突き放して2着を取りきったとお伝えしておきます。ということでここはブロガー競艇選手のワンツー。
博多華丸から花束を貰ったうおちゃんうおちゃんの表彰式55周年優出者インタビュー


【よしもとの平和島人間〜華丸マーケット】

 ブログよしもとの競艇人間無くして生まれなかったと思う今年度の新企画「平和島deよしもと」。その企画と連動したよしもとの平和島人間も生まれましたが、本日のお笑いイベントは博多華丸・大吉のお笑いライブと吉本若手芸人(ロシアンモンキー中須&サカイストデンペー&グランジ佐藤&どんぴしゃ森本&LLR福田)による「細かすぎて伝わらない競艇モノマネ選手権」(審査員前沢丈史森作広大)の二本立て。
 本場入場9572人最終日売上18億9405万1600円なだけあって結構な数の人がいましたが、川平慈英にクリソツな博多華丸の物真似シリーズは特に面白く、アタック25児玉清の物真似で7Rの予想をしたり、川平慈英の物真似で優勝戦のメンバー紹介をしたり、2007年度まで唐津実況アナだった田中美洋アナの物真似「3vs3でインコースから123/456の並びです、スタート。第11Rスタートいたしました。」をしたり、福岡競艇審判長の失格コールの物真似をしたりとにかく面白かったです。
 アフター競艇は牛小屋でこめ焼酎白水のニューボトルを入れて19時頃まで飲んだ後、かじさんと良2さんのNERV加持リョウジコンビとB1ゆーとぴあさんで半荘麻雀してきましたとお伝えしておきます。
細かすぎて伝わらない競艇モノマネ選手権特別審査員の前沢&森作弟博多華丸・大吉


児島山陽新聞社杯優勝戦

 バンドONE OK ROCKの不祥事が世間を騒がせてますが、自慢のゴッドハンド輝で陸の上ではバンド倉ビル&ザ・ワイラーズのギタリスト、水の上ではA1勝率をマークする今節選手代表荒井輝年が優出1号艇の山陽新聞社杯。
 そのTERUは124/563のインから21スタートで、チルト+3度の3号艇矢後剛に09トップスタート決められて捲られてしまいますが、ここで飛びつかず小回りに徹したのが功を奏し、矢後の捲りが膨れる中BS伸び返して単独先頭に立ち、通算37回目の優勝。1M差した6号艇山田豊がBS伸び、2M外全速の矢後が流れる中、内小回りで矢後を振りきり2着。

 さて、今節は平和島に行ってたので見る機会がありませんでしたが、黒い弾丸黒明良光元選手会長による展示解説が付くなど大幅リニューアルした新年度の児島競艇中継は非常に気になります。次節競艇マクール杯4日目の18日あたりに中継を見る機会があるかもなので楽しみにします。

福岡西日本スポーツ杯争奪戦優勝戦

 博多華丸のホームプール福岡競艇新年度初の優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇中里英夫が押し切り、通算22回目にして福岡初優勝
 後続は差し順走の2号艇安達裕樹と2番差しの4号艇中辻崇人(福岡)で接戦になり、2M先行した中辻に対し安達ゆが差して応戦しますが、1M捲り戦から2M2番差しの3号艇丸尾義孝が絡んでいき、2周1M最内から艇を伸ばした丸尾君に対し中辻が握って行ったのに対し、差しに行った安達ゆは中辻に置いて行かれ、2周1Mの積極さが功を奏した中辻が2着。

【WAO!】田村隆信2節連続V、奥田誠V2、魚谷智之V50

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 優勝賞金450万円の徳島vs香川対抗鳴門四国地区選手権競走は初日強風高波浪で8Rを最後に打ち切り、オール男子ドリームYo!Man!!も幻になって初日売上は1億3735万6800円。これが響いて6日間合計も19億7173万7500円(最終日5億5609万円)という20億割れの数字に。

 翌日2日目のオール女子ドリームWoo!Man!!は無事行われるも香川女子3人は点増しの恩恵生かせず不甲斐ない予選落ち、選手紹介(動画)で「一発入れてー!鳴門の女子王座。(横ちん)」「一発!はめて☆鳴門の、女子王座。(淺田千)」「女子王座、誰にも譲らないで〜(岩崎よしみ)」と揃いも揃って女子王座誘致発言をした徳島女子3人は順当に予選を突破したものの準優で力尽き、3人共特別選抜A戦回りと、ドリメンは誰も優出できなかった波乱のシリーズに。

 しかし、幻のYo!Man!!1号艇田村隆信(徳島85期4028)がSGV2の実績通り予選1位の活躍で優勝戦も1号艇になり、幻のYo!Man!!6号艇森高一真(香川85期4030)も記念Vの実績通り予選4位の活躍で優勝戦3号艇と、ドリメン不在で寂しさは隠せないながらもなかなかのメンバーに。
 そして枠なり3vs3の進入から田村がすんなり逃げの体勢を作りきって前走地尼崎G1近松賞から続く通算24回目の優勝
 後続は2号艇眞田英二(徳島)の差しが外マイの森高を張るようにして流れ、空いた差し場を4号艇丸尾義孝徳島支部長が冷静に斬り込んで2着。

戸田報知新聞社杯優勝戦

 現A2ながら11月以降の勝率は8.27と圧倒的な数字を残すSGウィナーの1号艇中澤和志(宮城在住埼玉支部)が人気を集めた一戦は、枠なり3vs3の進入から報知グリーンの6号艇奥田誠(カープのお膝元広島)が他を圧倒する03トップスタートで捲り態勢。16スタートの3号艇伯母芳恒が先捲りで応戦しようとするも奥田の勢いが勝り、2段捲り成功の奥田ショウで伯母も中澤も捲りきって通算2回目の優勝。一番遅い30スタートながらも小回り残した中澤が切り返して来た伯母を2M包みきって2着。
 初Vだった2007年12月津グランプリシリーズ第9戦はミスグランプリシリーズのミラクル魔王・1号艇淺田千亜希を2コースから差しきる番狂わせを演じ、今日はSGウィナーの地元強豪中澤を6コース大捲りで倒す番狂わせを演じました。

 以上のように意外性の男・奥田誠が通算V2をあっと驚く6コース捲りで決めましたが、広島の奥田といえばUNICORN再結成を果たした奥田民生が有名ですね。ですが、昨日遂に発売された新曲「WAO!」のリードヴォーカルは奥田ではなく、作詞作曲を担当した阿部義晴(山形)が担当する、あっと驚く意外性を見せております。


児島倉敷市議会議長杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から4号艇牧宏次が14トップスタートもスリット後は伸びず、15スタートの1号艇魚谷智之がすんなり1Mを先行して通算50回目の優勝。自分も今夜は住之江魚ッ香もといスミノフウオッカで祝杯です!
 さて、児島競艇ブログ「ガァ〜コの遠吠え」でインタビューに答えてますが、うおちゃんはフィッシュ&チップスを食す国イングランドのジャージを着て登場しております。
 レースに戻りますが、鷲羽山とイーグル会とワシが育てたで有名な倉敷市という事で、当地で強さを発揮しそうな苗字である2号艇星野太郎が差し順走で2番手につけ、2番差しの牧を締め切って2Mを先行。しかし星野のターンはやや膨れ、1M強捲り不発の3.4番手だった3号艇石渡鉄兵が2M内艇を全速包みつつ、前を走る星野の懐に飛び込み一気に逆転2着。

魚民で乾杯!魚谷の今後にも乾杯!

 魚谷香織びわこアクアンビューティー選手権にてデビュー初優勝を飾り、「今夜はスミノフウオッカ、後日は魚民で祝杯です。」と書いてからもうすぐ1ヶ月が経ちますが、職場の飲み会で今夜やっと魚民で乾杯。理由はもちろん魚民香織の初V祝い…ではなく、自分の自衛消防隊参加お疲れ様記念。ここ数日風邪をひいてるせいか酒が回るのが早かったのと猛烈な眠気で終盤ほとんど寝てたとはいえ、食欲そのものは問題なかったのでもつ鍋を始めとするフードメニューや飲み放題メニューを美味しく飲み食いできました。但し、帰ったらJLC NEWSの桐生前検情報だけ見て寝てしまったので今は土曜朝7時。早寝早起きで風邪の具合も大分良くなってきました。

 ここで一気に私事からぅぉちゃんの話題に持ってきますが、9月10日から地元徳山のマンスリーKYOTEI杯を控えるぅぉちゃんは中西裕子&犬童千秋+もう3人の計6人でグアムに行ってる最中のようですね。
 そして、明日から桐生G1赤城雷神杯に出場する魚谷智之はダウンタウン松本整元選手が経営するクラブコングへトレーニングしに行った際に酸素カプセルを試用したようですね。「楽になるというかスカッとするというかエエ感じなんです!いやいやほんまにほんまです(驚)なんでも二日酔いにも効くらしくて。」だそうです。
 そんなNo Boat No Lifeの魚民智之は14日日曜日にNo Keirin No LifeG1オールスター競輪4日目の一宮競輪場に来場して、井口佳典湯川浩司の3人でラインを組んで、ママチャリのレースで競輪OBチームと対戦するようです。ちなみに一宮稔弘(徳島)も同日斡旋がありませんが、イベント出場予定選手には含まれてません。

 さて、モデル&女優の魚谷佳苗応援するダブルぅぉちゃんの今後の斡旋を見るとぅぉちゃん♀は首都圏斡旋が無くて当分生で見られ無さそうですが、ぅぉちゃん♂は一応関東地区の桐生なので行こうと思えば行けますね。初日は選手紹介&ドリーム戦インタビュー、2日目はタイトル選手ホルダーバナーサイン式で公開イベントに登場予定です。ただ、初日行かない事決定&2日目も微妙なので桐生の生魚はお預けになりそう。
 あとは、2日目現地参戦予定の大村G1海の王者決定戦で丁度2日目ドリーム戦1号艇に選ばれてるので、ドリ戦インタビューで生魚を見ることができます。ドリーム戦は飛行機の時間(15時20分)より後なので見られませんが、インタビューは13時15分頃の予定なのでそれを見るのはかなえられそうですね。間の常滑G1マーメイドグランプリは九州5場はしごツアー2泊3日と時期が接近してるので微妙。でも、もし常滑行くとしたら日曜日。

G1浜名湖賞準優勝戦、そして住之江と芦屋で魚谷が同時優出。

 G1浜名湖賞は準優勝戦3つの攻防。地元静岡勢が8人準優進出を果たしました。
 1つ目の準優10Rチャレンジ!富士テレネット応援記念レースは1号艇坪井康晴(静岡)がイン1着、2コース順走の2号艇佐々木康幸(静岡)が2着。更には3コース捲り差し間割れずでしたが、スタート後手のダッシュ勢は退けた3号艇笠原亮(静岡)が3着と内枠独占の静岡が着順でも上位独占。

 2つ目の準優11Rやちこ、これからも一緒に競艇を楽しむぞは1号艇金子良昭(静岡)が王道のイン戦で1着。2コース順走の2号艇横澤剛治(静岡)に対し、5コースから捲り差した5号艇渡邉英児(静岡)が舳先を入れるも2M差し返した横澤が逆転2着で、どちらにしても静岡ワンツーながら師弟ワンツーになりました。
 尚、3コースからつけまいも横澤に張られて4番手だった3号艇今坂勝広(静岡)が2周2Mで渡邉英児を差して並んだところ、抜かせまいと艇を併せた渡邉英児が選手責任の転覆。しかし、どちらにしても静岡が上位3艇独占です。これにより渡邉英児は賞典除外となり、10R特別選抜B戦征夷大将軍杯の6号艇には野長瀬正孝(静岡)が繰り上がりました。

 しかし3つ目の準優12Rおかげさまで”53年”『日管株式会社』は静岡の看板選手であり、予選6戦全勝の1号艇服部幸男先生がまさかのスタート遅れ。1M先制はするもターンは流れてノー文句のイン逃げ一気とはいかず差した3艇に並ばれてしまいます。そして2M締め込みに失敗して差しに構えた服部先生は2番手。そして2周1M逆転の差しを狙おうとした服部先生はターンマークをかすってしまい3番手に後退。更に2周2M優出目指して突っ込んだターンをするも先行艇に交わされた上に後続艇に差された結果まさかの4着敗退。
 ちなみに1着になったのは4号艇の中尾英彦もとい中尾誠。4カド差しから先頭集団につけた中尾は、大外から差して2M先行した6号艇杉山正樹を差しきっての勝利でした。そして2着は2周1M服部先生がもたついた際に外を回って抜き去った杉山。服部先生に競り勝って予選18位からの優出成功です。


 自動車部品の納入・出荷を請け負う智安有限会社協賛の優勝戦TOMOYASU CUP IN 浜名湖。以下が枠番です。

1:金子 2:つボイ 3:中尾(佐賀) 4:佐々木 5:横澤 6:杉山(愛知)

 ビートエモーション溢れる6人のレーサー達がジャスト・ア・ヒーロー目指してドリーミンなレースをスリルたっぷりにお届けします。

G1住之江ダイヤモンドカップ競走5日目

 準優9Rはイン06トップスタートを決めた1号艇白井英治が大外からチルト+1.5度の伸びで絞ってきた2号艇阿波勝哉の捲りを許さずに1Mを先制。見事な速攻劇で当地SG笹川賞準優10Rイン戦振込詐欺の汚名を返上する1着です。2コース順走の3号艇湯川浩司が2Mを先制して2着に入ってます。

 準優10Rはインの1号艇井口佳典が4号艇石野貴之の4カド捲りを飛ばした間に井口を差しきった2号艇魚谷智之1着。井口は2着でした。

 得点トップの1号艇田中信一郎を取り巻く準優11Rはタナシンがきっちり逃げて1着。2コースからつけ回った2号艇山崎智也が2着でした。

 F以外オール2連対、隠れシリーズリーダーの王者松井繁が1号艇で頭鉄板の12Rはおはよう特賞ならぬおやすみ特賞といった趣で、他5人を全く問題にせず順当に王者の逃走劇を披露して1着です。
 でも展望サイトのキャッチコピーは「松井が笹川賞の悔しさを晴らす!」ですが、王者はダイヤモンドCで笹川賞の悔しさを倍増させた感じですね。


 ギャンブル王争奪!競艇予想大会の対象レースである優勝戦の枠番です。

1:田中 2:白井 3:魚谷 4:井口 5:山崎 6:湯川

 タナシンが笹川賞Fの借りを返しそうな一戦ですね。白木屋と魚民のモンテローザコンビがどこまで迫れるかですが、足はタナシンの方が上位なので展開待ちでしょう。  

芦屋西スポ杯争奪七夕特選レース5日目

 ここまでオール3連対の寺田千恵が1号艇の準優11Rはテラッチが順当に逃げて1着立間充宏は久々の記念となる住之江DCで5着を5本記録するなど苦戦してますが、テラッチは男子相手に大活躍です。
 そして今年のG1東京優駿は女子のウオッカが男子17名を相手に優勝を果たしましたが、芦屋では5号艇魚谷香織が5コース捲り差しから2M果敢な全速戦で2着を取り切り、男子4人相手に嬉しいデビュー初優出。住之江と芦屋で魚ッカが同時優出の快挙です。

 残る2つの準優勝戦は10Rが1号艇勝野竜司12Rが1号艇白石健と、共に兵庫支部の選手がイン戦で勝つの。


 勝野・魚谷・しらけんといったラインナップにさながら六甲賞といった感じがする芦屋の優勝戦です。

1:テラッチ 2:しらけん 3:勝野 4:山口哲治 5:中島孝平 6:魚ッ香
センタープールから乗り換え無しで行ける芦屋

ぎょっ!!魚谷智之 おおっ!!王者の近松ショー開演

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 「選手一同は皆様を競艇中毒にする為にここにやって参りました。本日から最終レースまで持てる力の全てを発揮してびし〜っとしたスタートや、おっそろしいターンで皆様の夕食に今日の競艇は最高だったねっていう言葉がね絶えないようなレースを最後まで行いますので毎日お越し下さい。」と、鎌田義の選手宣誓(動画)で始まった新年最初の記念バトル尼崎G1近松賞。ちなみに近松賞が平日初日の平日最終日が多い理由は17日最終日で固定されてるからです。

 「今節参加選手49名、予選道中1号艇無しが1人だけなんですけどそれが僕です。準優で1号艇取れるように頑張ります。」と、抽選で番組編成上最悪のモーター1号機を引いてしまった赤岩善生
しかしならば自力でインを奪え、ということで2号艇1回乗りの8Rでインを奪取した赤岩。そして進入の成果が現れてのイン逃げで1着スタートであります。

 「出てるねえ。今回作ってきたノーマル用の新ペラがエエ感じで、試運転から強めやったと思うよ。前検としてはおおいに満足やね。」と多幸焼の名産地で強気なのは王者松井繁センプルドリーム戦1号艇となった王者は、揺るぎなき信念と強さに裏打ちされたコメントもあって勿論圧倒的な支持を集めました。そのセンプルドリーム戦は5号艇の植木通彦を除くと全員住之江SG賞金王決定戦のメンバー。やはりここは植木ではなく三嶌誠司を乗艇させて欲しかったところであります。
 そんな事はさておき、王者の王者たる所以を存分に披露したセンプルドリームは王者がここで来たかの33王者スタート。2コース19トップスタートの坪井康晴に抵抗しての先マイは流れ、3艇に差されての4着。王者の舞いが初日から披露されました。勝っても負けても魅せてくれるのが王者の証明であります。5コースからもっと遅い34スタートだった植木(このメンバーでこの枠は分が悪すぎた)が特に魅せずにあっさり6着になったのとは対照的な王者の存在感です。
ちなみにこの王者スタートに関してレース後王者からは「初日は起こしで鳴いたのがすべてやったね。ただスタートしてからは伸び返してたし、足自体はエエと思うよ。」というコメントが出ております。
 で、1着になったのは王者を差したつボイが突き抜けそうに思われましたが、緑色の勝負服キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!大外捲り差しの魚谷智之がつボイを差しきりセンタープールで水を得た魚になっております。ちなみに配当の方も魚ッとする2連単10080円3連単62960円となっております。

江戸川新春金盃5日目

 白熱したドラマが展開されております新春金盃レース。今日は開催5日目の水面上です。ラストのファンファーレが鳴り渡りました第12Rを迎えています。2号艇の香川友尚以外はポイント上位にある5選手が揃いました。なかでも、的確なステアリングでただひとりオール3連対をキープしている1号艇横澤剛治に一際熱い注目が集まりました。その横澤、イン03トップスタートの速攻で勝利のカーブを描いてシリーズ3つ目の1着。今節この中ではエンジン中堅クラスと語っていますが捌いて捌いて遂にポイントトップで予選をクリアしました。
 鋭い捲り戦を秘めています3号艇吉田徳夫がここは捲り差しのステアリングで2着に入り、6号艇石田章央が展開を捕らえた差しのステアリングで3着に入っています。


 明日に行われます優勝戦ベスト6強です。

1:横澤 2:海苔オ 3:石田 4:岡部哲 5:山本寛久 6:西山昇一

 なんとなんと、西山以外の5人が本日の第12R出走メンバーとなりました。内枠3人の並びが本日の第12Rの着順と同じになった6精鋭ですが、1999年9月デビュー初優出(G3新鋭リーグ)&2000年10月A1勝負駆け成功(一般競走)&2001年11月デビュー初優勝(日本財団会長杯)と節目を飾った静岡82期三羽烏の横澤が気合いでは一歩抜きん出てるのではないでしょうか。前哨戦を制しているのも強調材料です。
 ちなみに初優勝前の2001年5月には通算優勝回数0回でありながら浜名湖SG笹川賞出場を果たしている横澤です。

住之江SG賞金王決定戦、待ちに待ったトライアル初日

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 今日からいよいよ2006年競艇界の総決算、この4日間に全てが懸かった住之江SG賞金王決定戦が開幕しました!145/236の進入となったオープニングカードトライアル初日11Rは初出場の3号艇魚谷智之が5コース捲り差しでインから逃げ込みを図る賞金ランキング1位山崎智也に舳先を入れて差しきり1着。赤魚が目出鯛初陣を飾りました。山崎が2着、3コースから握った5号艇上瀧和則が3着でここは奇数艇トリオの決着。
尚、このレース2号艇坪井康晴は4カドからブイ際差しを狙いましたがターンマークに接触(動画)して6着。

 賞金ランキング2位の王者松井繁(大阪)がいるということでレース順が後になったと思われる枠なり3vs3のトライアル初日12Rは人気の王者がイン15スタートから力強く踏ん張って1着と白星発進。
3コース09スタートから握った濱野谷憲吾は王者にブロックされ、初出場の中村有裕が18とスタート遅れながらもダッシュをゆうゆうブロックする冷静な2コース順走で2番手。濱野谷は内に艇を持ち出して2M突っ込みますが、中村にゆうゆう捌かれ3着のままでした。

 K-BATTLEも決定戦が始まっていよいよ盛り上がりが増してきた感じです。参加者が増えるとますます盛り上がるのです。

SG賞金王シリーズ戦3日目

 5Rの3周1Mで3番手を走る3号艇大場敏が軽くキャビったところに6号艇西島義則が乗り上げるアクシデント(動画)。一歩間違えば大怪我となる状態も、大場は完全にペリカンさんの艇に踏まれたにもかかわらず平然と振り解いてそのまま3着ゴール。但し大場には不良航法が適用されました。

 尚、5号艇1回乗りの4Rで6着に敗れた桔梗王植木通彦がレース後病気の為帰郷。SGシード権改正のきっかけの1つになった昨年当地SG賞金王決定戦の負傷帰郷から1年、今年も帰郷しました。ちなみに自分が今夜見たテレビはJLC382chで23時から放送してた「SG覇者スペシャル95 第10回賞金王植木通彦」の冒頭部分。桐生で75針の大怪我をした場面、不死鳥と呼ばれるきっかけといわれる桐生での復帰戦、桐生でG1開設38周年記念を制した感動的な場面がOAされてました。

下関優勝戦

 5号艇崎野俊樹(福岡)が前付け2コースに入り進入は内2艇が深い15/23/46。そして前付けの崎野が26と大きく凹んでイン09スタートの平田忠則(福岡)は壁無し状態となり、3コース08スタートの森田昭彦(福岡)に捲られて後方へ。
そんな福岡3人が喧嘩する展開を突いて先頭抜け出したのが4コース捲り差しの山崎哲司。02トップスタートも中洲産業大学のタモリに抵抗されましたが捲り差しに切り替えた好判断が光る1Mでした。山崎は王者を破る大金星だった昨年11月の鳴門スポーツニッポン杯競走以来通算5回目の優勝です。
大外からタモリを差した岡瀬正人が追いかけてくるタモリを振り切って2着です。

徳山ファイナルグランプリtysテレビ山口カップ2日目

 初日9R1号艇で2周1M落水、8万舟提供と不本意な滑り出しだった今節の看板選手山室展弘さん。無事故完走の目標早くも潰えた選手責任落水と不良航法でいきなり-12点のハンデを背負い、続くドリーム戦も5着に敗れて早くも予選敗退濃厚になってしまいましたが本日の1回乗り9Rで嫌なムードを断ち切りたいところ。
 その9R、山室さんは4号艇でしたがピット出で他を圧倒してイン取り成功、レースもそのまま押し切り、鬼門の2周1Mもクリアして仕切り直しの1着です。2着には2コース順走の1号艇樫葉次郎(徳島の芳美夫)が入ってます。
9Rに出てたその他の主な選手の着順は、5号艇4カド近藤稔也(徳島の芳美夫)が3着争いに敗れ4着、3号艇大外渡辺真至明日香夫)が5着、今節選手代表廣中良一智紗衣とは他人)は6号艇5コースで6着でした。

【ザ・魚】魚谷がダービー釣り上げ46年ぶりにセンタープール沸騰↑

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 兵庫・静岡から2名ずつ優出、残るも大阪と滋賀でさながら関西vs静岡or阪神vs○○湖と化した福岡SG全日本選手権優勝戦(優勝戦売上16億4635万3200円)はスタート展示こそ123564だったものの本番は枠なり3vs3と阪神vs○○湖の図式そのままに分かれ、艇界のロードオブザキング・1号艇でインにどっかり座った王者松井繁36歳(大阪)が年下5人相手に36王者スタートで凹者の舞い。起こし遅れでファンに申し訳なかったと釈明した36歳王者スタートを受けて、阪神大震災で社会人から競艇選手へ決意の転身を遂げた男・2号艇吉川元浩(兵庫)が捲りに行き王者を叩いたところを、唐草がシンボルトレードマークです・3号艇魚谷智之(兵庫)がミラクルレインボーなびわこのエース・4号艇中村有裕(滋賀)をブロックしての捲り差しで突き抜け、自身初のSG優勝(通算V35)を飾り、新調なったブルーのダービージャケットを手にすると共に、兵庫支部に1960年平和島モーターボート記念井上一二郎以来46年ぶりのSGをもたらしました。
この喜びにゴール手前で魚谷は両手を離してのガッツポーズでゴールイン。この時きっと浜名湖SGグランドチャンピオン決定戦尼崎G1近松賞といった山あり谷ありの出来事が走馬燈となって頭の中を駆け巡ったのではないでしょうか。そしてウイニングランを終え、おさかな天国の状態でピットに帰還した魚谷は真っ先に吉川に抱きつかれたのが印象的でしたね。レース後は水神祭もあり、天神で水神になってます。
 後続は同県魚谷をアシストする格好になった吉川を始め、史上最強のダービーチャレンジャーと化した5号艇重野哲之(静岡)が捲りで、実績に貫禄が備わった遠州三羽烏坪井康晴(静岡)が差しで2番手争いに加わり、2M全速でつぼイを包んだ吉川が一度は抜け出し、重野が単独3番手になりますが2周2Mで重野が吉川に突進。飛ばされた吉川は辛うじて2番手を死守しましたが、この突進劇に乗してつぼイが重野を差しきって3番手浮上。この結果吉川が2着となり、兵庫支部46年ぶりのSG優勝に花を添える兵庫ワンツーとなりました。
 ところで、競艇場近くの見て楽しい釣って楽しい釣船茶屋ざうお天神店で祝杯を挙げた現地のファンはどのくらいいるのかちょっと気になるですね。
魚谷ウイニングラン


【SGはラーメンからうどんへ】

 ところで今日自分は福岡競艇ダービーにちなんで博多長浜ラーメンぼたん高田馬場店で昼を食べてからSG併用場外多摩川競艇場G1天皇賞(秋)開催場の東京競馬場に行ってきました。高田馬場から多摩川へは新宿乗り換え京王線多磨霊園駅下車が300円と、他のルートを圧倒する安さです。
 ぼたん高田馬場店は自分の一押し、博多長浜ラーメンぼたん大塚店の支店で今夏オープン。札幌ラーメンの名店純連高田馬場店のそばという日本屈指のラーメン激戦地高田馬場ならではの立地となっています。北海道と福岡の極上ラーメンが隣接なんて、高田馬場は贅沢なところですね。ちなみに駅から店への道中にはラーメン二郎高田馬場店もあるという激戦区ぶり。

 高田馬場の話題だけでなく福岡本場の話題も。自分が以前福岡競艇場へ行った時、朝一に食べに行ったのは24時間営業の元祖長浜屋。食後ラーメン屋から10〜15分程歩いて競艇場へ行ったのです。ちなみにこの日福岡は午前中だけで午後は芦屋競艇場でした。
競艇場に行ったのは2003年3月ですが、1993年に初めて福岡に行った時に元祖長浜屋の麺の固さに衝撃を受けて以降、福岡ラーメンの啓蒙を受けました。

 多摩川も天皇賞も、そして多摩川→府中とはしごして再び多摩川に戻っての競艇ダービーも不的中でダメジャ〜、と逆パーを達成した帰り道は、SG引き継ぎ式ということで讃岐はなまるうどん新宿西口店。食べたのはしょうゆうどんです。
ところで、今回の福岡競艇ダービーは大穴続出の特殊水面が2004年の当地2つのSG同様に嫌われたのか残念ながら6日間トータルで150億円割れの149億3450万6600円と今世紀のSGで最低の売上になり、来年の当地SG賞金王決定戦の売上が非常に不安となる結果になってしまいましたが、次回SG競艇王チャレンジカップ会場の丸亀競艇場の水面は特殊水面の福岡と比べると普通ですから、本場入場こそ都市型競艇場の福岡より少ないとしても場外&電投の上積みで今回よりは売れるでしょう。

常滑オータムカップ優勝戦

 インコースから盤石の取り口を見せました1号艇田中信一郎が通算35回目の優勝。2コース順走の赤岩善生がタナシンの引き波を踏んで外へ流れたところを4コースから差しきった平石和男が2着となっております。対抗人気の赤岩が3着に敗れたことで3連単は3番人気の910円となっております。

 ところで、優出2着の平石は今節2日目の5Rで2コース順走からイン島田一生の2番手も、3周1Mで島田の内側に入り込んでの急旋回を成功させ、「キタ〜!並んだ〜!捕らえた〜!(動画」末に3周2Mを先制して通算1000回目の1着となり、応援ヨロシクされた仲間達によって水神祭の祝福を受けています。

住之江全国地区選抜戦優勝戦

 3日目7Rで史上2位の3連単413790円が飛び出した波乱の予選道中でしたが、優勝戦の進入も波乱。チャレカ勝負駆けの6号艇岩崎正哉が一発逆転目指してスタート展示同様インに入り、進入は6123/45。しかし岩崎は1号艇白井友晴に2コースから捲られて終了。チャレカ出場の夢も終了となりました。これによりチャレカ最後の1枠は江戸川ナイタイスポーツ杯1号艇で優出も2着に終わり、1度は苦しいかと思われた渡邉英児が濃厚になりました。
 ちなみにレースは3号艇石川真二が4コースから差しを決めて抜け出し、今年8回目・住之江では約6年ぶり2回目・通算では36回目の優勝、岩崎を捲った白井が2M差しで混戦を捌いて2着になっています。

ヤクルト杯蒲郡菊花ナイト特別優勝戦

 ダービーのあとは菊花賞、敗者復活に挑みたい多不満なファンはまさにそんな気分でございましょうが、ヤクルトの栄養ドリンクといえばタフマン。ファイナルを飾る水上のタフマンは誰か。
そして早業凄腕で魅了の舵っぷりだった節間成績で1号艇を獲得し、タフマン最有力候補に推された市川哲也がグリップしながら誰も寄せ付けない圧勝劇ぃ!でインから押し切り、
モーターがある程度仕上がればうなるテクニック・魅了のハンドルワークでVへと駆け上がります。これぞ家具格の違いです。賞金王を睨んで一歩前進。来月当地のG1ダイヤモンドカップG1モーターボート大賞にも弾みを付ける市川哲也、今最終コーナーをカレーに舞う!(動画
と通算54回目となる優勝のゴルィン。賞金の他に副賞としてタフマンも獲得しました。
ピット鋭発から3コースを奪い、消音苦手も勝負強く蒲郡も得意な5号艇川北浩貴が握りマイに出て、インのテチャーンから主導権を奪うことこそできませんでしたが、2着でゴルィン。
尚、来期A1に向けて3着以上が欲しかった4号艇野田貴博は5カドから差しを狙うも1M思いっきりふにゃってしまい6着。来期A2が濃厚になりました。ちなみに自分の敗者復活はA1勝負駆けの野田め買うた〜びれ本線で逆パー脱出ならずでした。

【明日は多摩川スポーツニッポン賞優勝戦

 本日2つずつ行われた2つの点増しレース、ファーストチャレンジ&ファイナルチャレンジに出場した12名の中から予選得点率上位6人が優出を果たしました。メンバーはこちら。

1:関口智久 2:吉田徳夫 3:君島秀三 4:織田猛 5:加木郁 6:井川正人

 昨年5月の一般競走に続いて関口が当地連続Vを飾ることができるかが最大の焦点でしょう。

【ヤッター!ヤッター!】渋川の江口晃生が赤城雷神杯初優勝

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 桐生大放電!桐生G1赤城雷神杯最終日、自分は魚谷智之優出漏れ残念会もとい職場の飲み会で魚民東陽町店から電投前売投票だったのですが、当のうおたみともゆきは白魚の11R特別選抜A戦で2号艇2コース坂谷真史に差されて2着…。昨日の準優11Rに続いて自分のイーバンク口座残高を減らしてくれました。うおたにの飲み代はうおたみの的中舟券でなく自腹で稼げということですかね。ちなみにうおたにのメニュー白魚はないです。

 そんな白魚レースの後に、6日間のロングランシリーズを勝ち抜きましたベスト6強の登場です。いよいよファイナル優勝戦が始まりました。メンバーには1号艇山崎智也を始め4号艇江口晃生に6号艇今節選手代表本橋克洋と地元が3人です。
そして枠なり3vs3から当地モーターボート記念優出2着で智様に先着した3号艇菊地孝平が2コース09スタート濱野谷憲吾ドカ放りで凹む展開にも恵まれて飛び出し、3コース捲り差しからイン01タッチスタートの智様に舳先を入れ、両者がBSラップする間に4カドから差し伸びた上州渋川のシエロが2Mを先制して赤城雷神杯初優勝。シエロはSGV2を含む記念V6(通算V53)ですが、意外なことに赤城雷神杯でのVはまだだったのです。ということでシエロの心境は
飛ばせ江口、上越ときエクスプレス。渋川まで響けコーセーの雄叫び、ヤッター!ヤッター!初優勝だ、赤城雷神杯初優勝だ、えぐちこうせい最終ターンマークを立ち上がってホームストレッチへ入って来ました。賞金王決定戦へ夢はつながった。第50回赤城雷神杯はえぐちこうせいだ、優勝のゴォ〜ル!QT動画)」
でしょうね。 ところで、渋川市といえば今年大合併で伊香保温泉やレース名とも関係が深い勢多郡赤城村を吸収して一大観光都市になりましたので旅打ちついでに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。
 菊地に差された智様は2Mで菊地を差し返して2着に入り、赤城雷神杯V5にして昨年に続く連覇こそなりませんでしたが、強気なコメントを引き出そうと空回りした実況兼インタビュアー松岡俊道アナの勝利者インタビューを巧みにかわして「地元3人の誰かが優勝できればいいなと思います。」と謙虚に語った智様は最低限の公約を実現した形ですね。でも舟券は139or31なんですね。

 携帯で結果を知ってトホホになった帰宅後に衝撃!あの時SGモーターボート記念表彰式後の引き継ぎ式でペラ坊の中に入ってた人は藤崎小百合だった!ていうのを今夜22時に放送してた日本レジャーチャンネル381chの特別番組「博多ダービー特別企画」で知りましたよ。
ドラキリュウとペラ坊(中の人は藤崎詩織もとい小百合)


【明日は多摩川WEB競艇TV杯優勝戦

 本日まで赤城雷神杯と併用開催だった第1回WebkyoteiTV杯のファイナルはこんなメンバーになりました。桐生のMB記念でゆうゆうゆうしょうを果たした中村有裕を始め、優出メンバーの昨年賞金王辻栄蔵エース機を駆ってMB記念準優進出だった池田浩二と上昇気流の豪華メンバーです。

1:池田浩 2:ゆうゆう 3:辻ちゃん 4:別府正幸 5:生方厚成 6:飯島誠

明日はこうなったらいいな♪
多摩川ゅぅゅぅ記念撮影


三国かんなづき第2戦初日

 10月も半ばを過ぎてすっかり秋めいて来ました三国プール。今日から開催はかんなづき第2戦です。短期集中で先ずは予選突破を目指して初日の攻防に挑みます選手陣にどうぞご期待下さいまして最後の三国選抜まで1日ごゆっくりお楽しみ下さいませ☆(動画
 それではオープニングはおはよう特賞第1Rです、スタートしました。近況リズム好調で参戦のシード選手角谷健吾が他5艇を圧倒するイン10トップスタートからかかりの効いた速攻ケンゴスペシャルで押し切り1着となり、2連単210円3連単340円の大人気舟券に貢献しています。
 その角谷、6号艇の三国選抜では大外進入からかかりの効いた捲り差しケンゴスペシャルで2着に入り、2連単2020円3連単12950円の万舟に貢献しています。以上でございました。

G2秩父宮妃記念はしゅんすけなかむらでゆめの地元ワンツー!

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 光り輝く煌めく水面に近江びわこのツートップ、1号艇中村有裕と4号艇守田俊介を含む6名の戦士が颯爽と飛び出して参りました。節目の第50回びわこG2結核予防事業協賛秩父宮妃記念杯優勝戦は枠なり3vs3。3号艇・遠江はまなこの菊地孝平が10トップスタートを決め、同期の昨年覇者坪井康晴に続けとばかりに仕掛けますが、イン17スタートの中村有裕ゆうゆう抵抗で菊地の野望はゆめのもずくに。そして両者がやりあう隙を4カドから俊敏にまくり差したのが守田俊介でしゅん(^^)。
そして「ここはオレの庭じゃ!ヨソのモンには好き勝手させへんで!どっからでもかかってこんかい!」ということで中村有裕もゆうゆう2番手を確保し地元ワンツー体勢をがっちり固め、2周1Mでは豪快に外全速つけ回った中村有裕が一気に同体、感動と興奮のマッチレースに!3連単145でも2連単41でもOKだからどっちでもいいのですが気分も舟券もとにかくヽ(*´∀`*)ノ
そして、2周2M今度は差しに構えた中村有裕がターンマークに接触してマッチレースが終わり、G2秩父宮妃記念2年連続2着の中村有裕をゆうゆう従えた守田俊介がうれしいG2秩父宮妃記念初、通算では35回目となる優勝のゴールイン。

 昨年のG2秩父宮妃記念初日に行われた蝶野正洋トークショーで「面構えがいい」と、優勝候補筆頭に指名され、初日メインドリーム戦を制しながらも準優でしゅん(;_;)と涙を飲んだ守田俊介。
しかし1年前の屈辱、そしてしんしゅんにしゅん、しゅ〜ん(;_;)な新春滋賀県知事杯争奪戦初日9R先頭走ってゴール寸前しゅん、しゃん、どぼん!で転覆の屈辱、そして秩父宮妃記念がG1開設周年記念を名乗っていた1997年度山田豊に競り負けた過去の悔しさをバネに「覚醒」目覚めた覇者!
昨年と新春のリヴェンジを果たした上に地元ツートップShunsukeNakamuraフィニッシュの大団円、蝶野にマークんされた重責を1年越しでしゃんと果たしたのでしゅん(^^)
昨年秩父宮妃記念でのしゅんしゅん


徳山G3企業杯スポーツニッポン杯争奪戦優勝戦

 昨日の売上が7833万3400円、5日目までの総売上が3億843万9800万円と、G2秩父宮妃記念との併用開催とはいえG3にしては売上が少なすぎる今節。でも開催そのものはG3にふさわしいメンバー構成で、優勝戦は白魚と黒鳥の対決となりました。魚と鳥、どっちが美味しい結果を残しますか。
そして1号艇魚谷智之がイン、2号艇鳥飼眞が2コースとなりまして、この両名が共に08スタートで他艇をリード。イン先マイから黒鳥をちぎった白魚が今年4回目、通算では34回目の優勝となり、どっちの料理ショーは魚に軍配があがりました。
魚に敗れた鳥ですが、2コース順走から2M捌いて手堅く2着を獲得、魚と鳥の美味しいワンツーとなっています。

鳴門白魚&江戸川で腰が抜ける高配当&秀樹感激完全Vなど

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
ナルシストのなるちゃん 鳴門G1大渦大賞優勝戦は準地元で水を得た魚谷になった1号艇魚谷智之(兵庫)がここ鳴門でぴちぴちの白魚となってのイン戦で2&3コース阿波の両名を圧倒し阿波踊り食い成功。2004年尼崎G1近畿地区選手権以来2つ目の記念優勝は通算33回目の優勝でした。白魚宍道て199買いを敢行した皆様おめでとうございます。
 独走の白魚の遥か後方では2着争いが激しく、2コース順走の黒枠烏野賢太に3コース握りマイの田村隆信、それに大外から差し伸びた市川哲也がほぼ横一線。そして2Mでは内先マイのテチャーンが黒烏と田村を張りに行った為懐が開き、5コース差しから差のない5番手だった三嶌誠司もここで内を突いて浮上しここで2着争いは三嶌とテチャーンに。と思ったら2周1Mでは内を突いたテチャーンが引き波にはまってもたつき4番手に下がり、今度は三嶌と田村の2着争いに。この対決は3周1Mまで続き、外全速つけまいを放った田村のターンが流れて決着が付きました、ということで愛知の心を知る香川のミシマさんが2着。
そしてうずまきナルトチャクラを使い果たし力尽きた田村の内から襲いかかってきたのはテチャーン、3周2Mは内を小さく回ったテチャーンと外をぶん回した田村の構図になり、内を回ったテチャーンが0.1秒差先着し、逆転に成功しました。ちなみに自分の舟券は149&194の白魚平目舟券だったのですが、4カドの平尾崇典はつけ回る田村の更に上をつけ回るミスを犯し、挙げ句の果てに田村の引き波を踏んで全く混戦に絡めず6着…。

 G1が終わり、次節鳴門は19日からヤクルト杯競走。阿波踊りの土地に東京音頭が鳴り響く開催は中村裕将大西英一福田雅一といった辺りが主力を形成しそうですが、大渦大賞で優出した田村隆信になりかわって田村美和が参戦するのも見逃せません。また、鳴門はワカメの名産ですが、このワカメの名産地に若女井正も参戦します。
 そんな自分は飛び出せヤクルト杯開催に先立ち、15日はヤクルトスワローズの試合を見に行ってきます。

江戸川内外タイムス杯5日目

 江戸川競艇今シリーズは内外タイムス杯。明日行われます優勝戦進出へ向けての予選最終日です。
 第7Rが始まりました。人気の中心になりましたのは昨日まで予選得点率2位の5号艇岡部貴司で、ここまで1着こそありませんがオール3連対と堅実な走りで予選得点率9位の吉本正昭は6号艇。
 6選手、スピードが乗ってきました。第7Rスタートしました。内側3選手がいいスタートになりました。インから逃げていく吉田和仁と3コースからつけ回って行く田中和也が併走。更には2コース順走平井紀之と4カド遅れ差し伸澤進の人気薄2艇もBS内側を差無く追走して4艇大接戦。そして5番手から追い上げ図ろうとした岡部が2Mを小さく回ろうとしたところ波に引っ掛かってしまいもたついてるところに田中が突っ込み田中は転覆(動画)。岡部も大きく遅れをとってしまいました。更に吉田と平井が接触し、結果的に平井が吉田を飛ばして吉田も脱落。混戦の中から平井と伸澤の人気薄コンビが抜け出します。が、BS最後方から2M事故艇の内側を小さく回った吉本が人気薄コンビの内に入り込み、2周1M先制で先頭に立ち今シリーズ初の1着。人気薄コンビの2着争いは2周2Mで内側にいた平井が2着となって伸澤が3着。人気の岡部が消え、人気薄の平井が絡んだことで、吉本の頭でも2連単18860円。
 そして3着にも人気薄伸澤が絡んだことで3連単は驚愕の高配当、江戸川の記録更新になりました313420円という腰が抜けるような高配当が出ました(動画)。第7Rの3連単総売上794万100円のうち、的中票数は19票でした。これまでの記録は2003年9月30日日刊ゲンダイ杯第10Rの296400円、この記録を一気に更新致しました。
 この30万舟提供に気を良くした吉本は後半12R1号艇でしっかり逃げ切って連勝ゴールの1着となり優出に成功してます。

 尚、第10Rの1周2Mで5号艇齊藤仁が転覆しております。桐生SGモーターボート記念江戸川代表として今シリーズ走りが大いに注目されました齊藤仁、予選得点率4位でしたがこの転覆で優出のゆめ、なかがわのもずくにきえました。


 優勝戦は以下の6精鋭です。

1:柴田光 2:吉本 3:冨成謙児 4:萬正嗣 5:飯山晃三 6:佐々木和伸

 30万舟の吉本はなんと2号艇、そして先のG1江戸川大賞でG1水神祭を飾った萬、独身貴族の佐々木和伸もしっかり優出してきました。

グラチャン謝恩レース!浜名湖G3企業杯SUZUKIスピードカップ優勝戦

 デンシャミチの横綱相撲を連発し、前節唐津一般競走2日目11Rから14連勝、そして浜名湖では完全優勝を達成したボートピア岩間2周年記念茨城放送杯から16連勝と誰にも止められない勢いの徳増秀樹が1号艇の優勝戦。さすがは自らを「静岡で今、一番乗れてる男」と自称するだけあります。
 そして有言実行の燃える男秀樹は「辛くて厳しくて孤独」という連勝のプレッシャーに打ち勝ちイン05トップスタートの速攻戦を決め、ピット勢いよく飛び出してイン奪取の勢いだった2号艇今村暢孝を始め他5艇を全く問題にしない圧勝で見事当地連続完全優勝の偉業達成。今年5回目の優勝は通算30回目のメモリアル優勝いただきマンモス。
 後続は5コースから捲り差した83期3987後藤正宗(静岡)が2着で、大外から捲り差した83期3981今坂晃広(静岡)が3着と静岡のワンツースリー。

 元静翔会長のヤングマン秀樹が静岡の後輩2人を引き連れて秀樹感激の当地連続完全優勝、これで現静翔会長山田雄太(静岡)&鈴木成美(静岡)の激しい恋で結ばれたSUZUKIスピード結婚へ格好のご祝儀となりましたね。師匠の牧野俊英氏(静岡を代表する名伯楽にして浜名湖専属解説者)もご満悦でしょう。

若松G3新鋭リーグ優勝戦

 早くもA1昇級を果たした94期の出世頭、岡崎恭裕19歳。Go to Star&Go to the Top、星を夢中で追いかける若き選手達の戦いに3号艇岡崎は4カド進入で臨み、カド捲りから先頭に立ち通算3回目の優勝。もちろん94期ではナンバーワンの優勝回数です。そして岡崎は初めての新鋭リーグ優勝で王座への切符ダァーッシュ!!(動画)来年の大村G1企業杯新鋭王座決定戦出場権を奪取しました。
 5コース捲り差しの渡辺浩司が2番手、大外から外マイで岡崎に続いた真庭明志が3番手でしたが、2Mで形勢一変。真庭は外へ大きく流れ、更にはイン捲られ4番手だった郷原章平が2M渡辺の内に入り込んで一気に渡辺を差しきり逆転。郷原が2着となりました。そして4番手に落ちた真庭が2周2M内に斬り込み渡辺を逆転して3着になっています。

福岡スポーツ報知杯争奪戦優勝戦

 アフター5フィーバーサマータイムレースの優勝戦は18時半過ぎに発走となった薄暮レース。レースは1号艇今坂勝広がガッツ溢れるイン01タッチスタートで押し切り、前節尼崎ビクトリーチャンネル杯に続く2節連続にして通算24回目の優勝を果たしましたが2着は混戦。
2コース順走の13期1710万谷章62歳と5カド捲り差し94期4272大場広孝24歳がラップ。そして2周1Mを内から先取りした新鋭の大場が名人の万谷を競り落としまして、ここは若さが経験に勝りました。

平和島サントリーカップ優勝戦

 今日は平和島競艇主催でお馴染み府中市名産サントリープレミアムモルツを飲んでネタを考えました。
それはともかく優勝戦は1号艇の松本浩貴がイン05トップスタートを決めてドラゴンズブルー片山竜輔の4カド竜鯱つけまいを振り切り通算5回目にして平和島初優勝。優勝した松本浩貴はビール大好きとのことで副賞は有効に使われそう、そして松本浩貴は優勝者インタビューの最後に「次節滝沢さんくるので応援ヨロシク」と、同支部同門の滝沢芳行が参戦する平和島次節ビクトリーチャンネルカップの宣伝を忘れませんでした。
 2着には片山、3着には5号艇5コース北川敏弘が入りました。
泡色の1号艇、水と生きるSUNTORYなだけに水色時代な4号艇、ビール色な5号艇という着順でしたね。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
競艇電投会員即時募集中
既に会員の方はテレボート
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
勝ち組.net
アクセスランキング
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
おすすめバナー
バナソニック


blogram投票ボタン

livedoor プロフィール
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ