ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

高田延彦

高田延彦風と高田総統風が出た女子王座を併売の江戸川競艇初日

ブログネタ
競艇 に参加中!
下関女子王座「頂点こそが美しい。」 華やかな選手紹介の動画が特設サイトで公開されてる下関G1企業杯JAL女子王座決定戦
 動画は前座の先帝祭上臈道中と全選手のノーカット選手紹介と前年女王新田芳美による優勝旗返還と魚谷香織による選手宣誓とW∞アンナ(中川杏奈川村あんな)がぅぉちゃんと選手代表鵜飼菜穂子に花束を贈呈する場面までフル収録で43分52秒の見応え十分な内容。

 中でも、イメージビジュアルと同じ十二単の看板に身を隠したあと、「女の中の女達出てこいやぁ!」と高田延彦のものまねをした長嶋万記と、高田総統のコスプレで「下関へ出て来いやぁ!」と高田総統のものまねをした道上千夏でネタが被ったところが個人的なハイライト。
 ただしレース結果は被らず、青春のエスペランサながしまきが9R6号艇1回乗り2着だったのに対し、道上総統は3R5号艇1回乗りで+02のフライング…。
下関女子王座「女帝戴冠。」

 その女子王座と完全併用開催の江戸川競艇の6日間シリーズは関東競艇専門紙記者クラブ杯は1号艇中村義雄60歳が96期以降の新鋭5人相手に逃げ切った第1Rで開幕。

 今節はおととい住之江競艇場でトークショーをした濱崎誠も出場し、第6R2号艇1回乗りで1M順走2番手から2M艇を伸ばし先行しつつも、かかりの効いた好旋回で3艇接戦から抜け出し2着と上々の始動。
 また、同じく住之江で26日にトークショーをした宮迫暢彦大阪支部長は第4R3号艇と第10R1号艇で連勝を飾りました。
濱ちゃん工藤ちゃんの選手ふれあいコーナー

 また、今節は平山智加の夫福田雅一片岡恵里の夫榮田将彦が出場してますが、ここで紹介するのはエリー夫人に「ファンの方に「願いが1つ叶うなら?」って聞かれたんですけど、ダンナのスタート勘をもらうことです。」とスタート力をほめられた榮田将彦(2月7日生まれのO型)。
 今日は妻の言葉通りのスタート力を見せ、第7R3号艇が09トップスタートからの捲り、11R1号艇が3番手タイだったものの09の0台スタートで押し切り初日連勝です。
榮田将彦の今昔

 初日メイン江戸川選抜は1号艇杉山正樹が1着、差し順走の2号艇樋口亮が2番差しの4号艇桐本康臣を2M行かせて捌き2着。

 最後に、淺香文武が初日2走して私傷病の為に帰郷しました。

浜名湖静岡第一テレビファイティングカップ優勝戦

 日テレ系列静岡第一テレビのタイトル戦は162/345の進入から1号艇吉永浩則(大阪85期4047)が09トップスタートの速攻で2号艇金田諭(埼玉85期4036)の捲り差しを振り切り、2003年1月三国一般競走以来となる通算2回目の優勝
 2番手の蒲郡M-1王者金田さとしに対し、5号艇堀本裕也が内から差し伸び2Mを先行。
 ここは金田が行かせて差そうとするも、BS外へ艇を持ち出した6号艇金子良昭(静岡)が金田さとしに般若の形相でファイティングアタックしながら2艇を差し切り2番手に浮上。
 しかし2周1M、今度は堀本が内に切り返して金子にファイティングアタック。これが見事決まった堀本がそのまま抜けだし逆転2着。

 さて、今節は工藤浩伸アナが住之江G1太閤賞競走のアクアライブMCを担当したので、節間全レース山口新之助アナが実況。
 すなわち工藤ちゃんが兄吉永則雄のレースを、しんちゃんが弟吉永浩則のレースを担当したわけですね。

【高田】渋谷ハッスル中野ータンスモ+戸田ハッスル西村【馬場】

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 ファンに夢と希望を与え日本を元気にしてきた「競艇」と「プロレス」。しかし、今はファン離れや業界の衰退化が進み、どちらもかつてない危機を迎えている。そんな業界の復興を目指す「浜名湖競艇」と「ハッスル」が最強タッグを組んだ。来たるSG競艇王チャレンジカップハッスル・マニアの成功と業界の復興を目指して。そして、日本中をハッスルさせるために!ということで本日は10日新宿大会に続くチャレカハッスルコラボレーションイベントI LOVE HUSTLE!!第2弾。先週の土曜日は新宿東口でしたが、もうひとつの土曜日もとい日曜日の本日は場所を新宿東口から渋谷109前に変えて行われましたので、後述の戸田ハッスル壮行会後に渋谷へ。
 飯食って時間調整したらちょうどケロロ軍曹(声は渡辺久美子)が出演していて、直後に対戦相手のスコット・ノートン・インターネットセキュリティと島田二等兵アン・ジョー司令長官がケロロ軍曹を挑発であります。なんでも試合当日は戦闘用ペコポン人スーツを着るそうですが、本日は着ぐるみ(中の人は渡辺久美子と別人)でしたのでノートン先生にたじたじであります。

 司令長官と二等兵とノートン先生が退場後は常にサングラス着用の浜田省吾もとい常にコンタクト着用の浜田翔子ツーショット撮影会からの転戦)がハッスルバックアッパーズとして登場。ハッスルを盛り上げましょーこということで、森高千里でお馴染み気分爽快のハマショウトランスバージョンをケロロ軍曹の前で熱く歌いましょーことなったのであります。

 まるでナイフのエッジの様な、はましょうの歌を聴いたところでケロロ軍曹は退場であります。そしていよいよ中野次郎が登場したであります。本日ははましょうとコラボした中野次郎、競艇選手の視力に関するクイズ(入学視力0.8在職視力0.5以上必要なので現役選手でも視力検査には一苦労)では自らの視力が2.0あることを公表。そして「はまだしょうこ」は「はまなこ」に対して「新幹線に乗るといつも見える」ということで場の存在は前から知ってたそうです。

 さあ中野次郎と浜田翔子が退場したのでイベントも終了…ではなく、本日の主役である高田総統(20日は浜名湖に登場)が大トリで登場。「男の中の男たち、出てこいやーっ!」ということで、モンスター軍団の司令長官と二等兵とノートン先生とジャイアント・バボちゃんが登場し、更にモンスターK川田利明と口におしゃぶりをしたモンスター・ボノのビッグネームも登場。高田総統の音頭取りによるハッスルポーズも。ちなみに25日のハッスルマニアは横浜アリーナで17時から試合開始。第1試合から見に行こうとするとチャレカの優勝戦をリアルタイムで見られなくなるのがネックですね。
ケロロ軍曹に司令長官と二等兵とノートン先生が挑んできたでありますノートン先生の前にたじたじであります浜田省吾、森高一真のカバー「気分爽快」を熱唱モンスター軍集結!もちろん川田も
中野次郎とはましょうのコラボ!


【戸田競艇ハッスル壮行会】

 渋谷ではI LOVE HUSTLE!!が行われましたが、デンジャラスクイーン佐々木久子健介オフィス社長)の出身県で有名な埼玉県の戸田競艇場ではチャレカ出場のミスター無我西村勝とハッスル出場のKUSHIDA\(^o^)/チエが登場したコラボ壮行会。壮行会では(^ε^)ノシまちゃるがデンジャラスK川田久子夫人との間に産まれたお子さんに夢中という事がクイズで明かされました。川田との長年に渡るハッスル名勝負が実ってやっと産まれたお子さんなだけに愛情もひとしおでしょうね。チャレカに関しては外枠時の前付けとモーター抽選の時のお祈りについて語ってました。
 ちなみにKUSHIDA&\(^o^)/チエは前日にも平和島でジュードー・オー齊藤仁コラボ壮行会を行っております。
西村勝チャレカ壮行会まちゃるKUSHIDA\(^o^)/オワタチエハッスル壮行会


戸田一般競走3日目

 ハッスル壮行会が行われた今節の戸田は艇界の巨人馬場貴也と艇界のパワー・ウォリアー東健介が登場。6Rでは破壊王橋本健造鈴木光男が揃った鈴木健想対決が組まれました。しかし、馬場が初日6Rで不良航法を適用されたり健介は未勝利だったりで2人共優出争いには加われず、シリーズリーダーは2日目まで4戦全勝のミミ萩原篤
 萩原は5連勝を狙って7R2号艇で登場。312/456の進入から萩原は二段捲りを仕掛ける自力戦に出ますが、この展開を突いて捲り差した5号艇福田理に差されて2着。とはいえ、この2着で予選1位を無事故完走で当確に。尚、6号艇の馬場は福田の上を捲り差して3番手も3周1Mで3号艇西島洋一山に並ばれてしまい3着争いは両者のバトルに。そして3周2M捲った馬場と内を回った西島洋一山で両者同体のゴールとなり、同タイムながら辛うじて馬場が先着してシングルマッチを制しました。

 上記の様に無事故完走で優出1号艇を当確にした萩原ですが、4号艇の後半10R(3号艇齋藤篤とのW篤対決)にとんだ落とし穴が。124/563の隊形から捲りにいった萩原は1号艇本部真吾に抵抗されながらも本部を叩ききりますが、その間に小回りで残した2号艇原田順一が先頭に。2Mで萩原は全速戦に行きますが、出口で振り込んでしまいまさかまさかの選手責任転覆(動画)。-5点となり、優出自体は当確も1号艇の座が微妙になってしまいました。尚、1着は原田で、繰り上がっての2着には1M差して2M内を突いた5号艇の健介が入りました。

 萩原減点で俄然目の色が変わったのが12Rの1号艇渡邊哲也。ここを勝てば逆転で1位になる哲也は勝負師と化した11トップスタートを決め、優出勝負駆けの2号艇福田理の2コースつけまいを振りきって1着。大逆転ヅモで優出1号艇を獲得です。尚、4号艇のスターネス秋山広一(A1)は4カド捲り差し不発でB1選手3人との3着争いになり、接戦敗れて5着に終わりましたが何とか末席で優出です。


 優勝戦荻野信介生誕24周年の2日前記念のメンバーはこうなりました。

1:渡邊哲也 2:萩原篤 3:丸尾義孝 4:福田理 5:能仁政治 6:秋山広一

 ズバリ、3333の丸尾君が(6.6.1.1.1)の成績で3号艇でしょう!

【本日は2つの日本財団会長杯争奪戦が優勝戦】

 昼の芦屋日本財団会長杯争奪戦は13/2/456の進入から24度目の正直目指して2号艇松村康太が捲りに行くも1号艇畑和宏に飛ばされ今回も初優勝ならず。この展開を突いて捲り差しを決めた5号艇吉田一郎が2005年10月浜名湖社団法人全日本不動産協会静岡杯アタック以来となる芦屋初・通算24回目の優勝
 大外からブイ際を差した6号艇荻野裕介と畑で2着を争うも2M両者牽制し合って流れてしまい、BS4番手だった3号艇荘林幸輝がキャリアの違いを見せる冷静な2M小回りで逆転2着に入っております。


 夜の蒲郡日本財団会長杯争奪戦はイン戦も19と一番遅いスタートだった1号艇野澤大二が「捲りは野澤論外」とばかりに艇を伸ばして先に回るも、ザ〜クッとぉ〜!3コースから08トップスタートだった3号艇志道吉和の捲り差しが入って野澤は2着。野澤にスタートでプレッシャーをかけての捲り差しで優勝した志道は昨年6月の児島JLCカップ以来となる通算2回目の優勝。

中日スポーツ杯常滑市長賞優勝戦

 4人が立候補し、元市職員の片岡憲彦候補が当選した常滑市長選挙と同日に行われた優勝戦は1236/45の進入から逃げる1号艇山地正樹と捲り差す6号艇吉田重義と差す2号艇伊藤誠二で3艇密集の接戦になるも、内の利で2Mを先制した地元の伊藤誠二が今年3回目・通算41回目の優勝
 伊藤誠二が先に回った2Mで吉田重義は波高4cm北西向い風5mの水面に呑まれてしまい落水、無人の艇に5号艇齊藤優がぶつかって吉田が乗っていた艇はひっくり返り転覆扱いになりました(動画)。これにより山地が2着となっています。 

下関一般競走最終日

 優勝戦は16/23/45の進入から1号艇木村光宏が2コース凹みの展開をものともせずしっかり逃げて今年V6・通算30回目の優勝
 後続は3号艇加藤高史が捲り差しで2番手につけ、外マイの2号艇妹尾忠幸と小回りの6号艇林貢でラップとなり、差しハンドルの4号艇正木聖賢がその後ろ。2Mは加藤が内の林を捲って2番手を守り、ここで差して加藤に接近した妹尾も加藤は2周1Mで捲って2番手を死守。しかしBS伸びた妹尾が2周2Mを先に回り、行かせての差しに構えた加藤は不発に終わって妹尾が逆転2着。3番手に落ちた加藤は3周2Mで正木選手に捲られて0.1秒差正木選手が逆転3着でした。

 ここで優勝戦以外の出来事を紹介。10R選抜戦1号艇でイン戦決めた遠藤晃司は3日目5R6号艇で4カド捲り差しを決め通算1000勝を達成。最終日連勝を飾った結果通算1003勝でシリーズを終えました。

 次に2005年5月5日徳山スポーツニッポン杯争奪花と緑のふるさとレース以来約2年半ぶりの実戦復帰となった胡本悟志は1着こそなかったものの11R選抜戦を含む節間4回の2着を記録して準優12R乗艇(6号艇4着)も果たし、復帰初節とは思えぬ走りを見せました。

宮島デイリースポーツ創刊60周年記念優勝戦

 インの1号艇山田豊に対し、2号艇杢野誓良の2コース差しが入りかけるも14号機のエンジンパワーに物を言わせて杢野を振りきった山田が宮島初・通算43回目の優勝。そして14号機はG1宮島チャンピオンカップ佐々木康幸に続く連続優勝です。

丸亀スポーツニッポンカップ2日目

 終日西寄りから9m〜11mの強い向かい風が吹いた、まさに向かい秋風な競走水面は5〜9Rまでが2周戦。オープニングの1R(波高10cm西向かい風10m)で1号艇6コースの松尾祭がいきなり責任外出遅れ祭となり、枠なりオールスローの7R(波高9cm西向かい風9m)では4号艇岡村仁(+04)と5号艇後藤孝義(+07)と6号艇山一鉄也(+09)の外枠3艇がフライングに散っております。
 そして極めつけの10R(波高11cm北西向かい風11m)は3周戦に戻り、枠なり5vs1の進入から内の4艇が好スタート?をきり1号艇信濃由行が2号艇新美恵一のつけまいと3号艇萩原善行の2段つけまいを振りきる態勢も、実は全艇出遅れでレース不成立でした(動画)。ここで本日の開催自体も打ち切り(一覧)となっております。

【美ターン!】俺達の青春は終らない。大村でG1競艇名人戦開幕

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 平日の昼間にもかかわらず5246名を集めた競艇発祥の地・レーシングピア大村競艇場で青春のエスペランサ高田延彦による「出て来いや!」の掛け声と共に始まったG1競艇名人戦
 「おはようございます。A級勝率のボーダーライン上にいます。ねじりはちまきで頑張りますので応援よろしくお願いします。それと、10Rの時に家内も走りますので、応援お願いします。」と競艇殿堂記念エキシビジョンレースに出場する家内(JALクィーンズカップ争奪第1回女子王座決定戦覇者2945鈴木弓子)も紹介した選手会理事鈴木幸夫に、「佐世保に生まれて48年。今節の長老、加藤峻二先輩は選手になって48年。競艇の歴史を感じます。今節は、新人のつもりで走ります。」と若さを強調した紹介に加え「最終日は選挙も舟券も投票しましょう。」的な選手宣誓をした今節最年少最新鋭の地元山口博司(54期3135)といった辺りが特に私的関心を集めた選手紹介でした。

 競艇殿堂に選ばれた10人の中から6人が登場したエキシビジョンレースは鈴木幸夫の紹介通り10R発売中に行われ、7R発売中に行われた公開抽選により以下の枠番になりました。

1:長嶺豊 2:中道善博 3:北原友次 4:安岐真人 5:黒明良光 6:鈴木弓子

 2周戦で行われたレースは宣言通りメンバー中最古参最年長の5期メン1481北原友次(しかし引退は一番最後)が動いてインに入り、314/526の進入隊形。インの北原友次は07のトップスタートを決めますが、4カド09スタートからもの凄い伸びで内側3艇を飲み込み文字通り黒い弾丸となって捲りきった黒明前選手会長にして初代イーグル会長が、実質2001年6月で引退した身とは思えぬ若々しい走りで1着となっております。イン残した鉄人北原も2着に残っており、最年長最古参ながら史上最多勝選手として一番最近まで現役だった貫禄を見せています。

 エキシビジョン直後の10Rは妻の走りを見守っていた鈴木幸夫が5号艇で登場。その鈴木を含めイン屋が3人もいただけに進入は3561/24という並びに。3コースの6号艇西島洋一は100m起こしの内2艇以上に深い80m起こしとなりました。スタートは2コースの鈴木が妻の走りに刺激されて17のトップスタートを決めて捲りに出ますが妻の前で張り切り過ぎたが出口で振り込んでしまいエンスト(再始動し完走)。更に内側でも4コース捲り差しの中尾英彦が出口で振り込んでしまい、そこにイン捲られた関忠志が突っ込んでセキチュー落水(動画)。妨害失格となった中尾は負傷帰郷しました。
 そんな中、冷静に差しを決めて1着になったのは4号艇ながら大外進入になった現役最古参最年長の5期メン1485加藤峻二御大。進入もレースも冷静な御大が同期の鉄人北原の前でいいところ見せました。
 そんな10Rを制した加藤御大。3号艇の前半2Rでは3コースから華麗な隼捲りで1着。「そう、65歳で…まだ20年ありますか!!」と高田延彦をも感服させた御大が初日ただ1人の連勝選手となっております。

 1263/45のドリーム戦は3号艇高山秀則初代名人の4コース捲りを振り切り逃げた1号艇大嶋一也1着。2日目のメインはヒゲダンディKAZUYA.Oと加藤御大がぶつかるちょい悪オヤジ選抜戦です。

江戸川サンケイスポーツ杯4日目

 昨日までポイント争い2位でした今シリーズ選手代表山田竜一第5Rを2コースからの差しで取り、エンジンのパーツを換えての登場となりました第11R。4号艇の山田は4カド差し届かず3番手でしたが、2Mの差しで2番手に浮上。そして3周1Mで遂に先頭の1号艇三浦永理を差して捕捉。本日連勝となる1着ゴールを決めました。本来なら山田以上の成績である今村暢孝(本日1着2着)が第6Rで待機行動実施細則違反(動画)を適用され-7点となったのでポイント争いでも逆転首位になりました。


 5日間の激戦を勝ち抜いてきました優勝戦6精鋭です。

1:山田竜一 2:今村暢孝 3:金子龍介 4:大庭元明 5:秋田健太郎 6:前田光昭

 さすがに優勝戦では今村もタイソンも動かないでしょう。 
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
競艇電投会員即時募集中
既に会員の方はテレボート
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
勝ち組.net
アクセスランキング
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
おすすめバナー
バナソニック


blogram投票ボタン

livedoor プロフィール
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ