ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

高橋勲

平和島トウチュウ杯は平和島SG覇者の高橋勲が優勝

ブログネタ
競艇 に参加中!
 本日は東京ベイ平和島の6日間シリーズ東京中日スポーツ杯最終日を見に行って来ました。
 本場は単売でしたが、隣接の外向発売所平和島競艇劇場では丸亀SGオーシャンカップ4日目浜名湖G3女子リーグ戦第6戦フラワーカップ4日目の場外も発売してたので、実質3場併売でしたとお伝えしておきます。

 さて、平和島の優勝戦は大方の予想通り5号艇大嶋一也が派手に回り込み、6号艇江口晃生もKAZUYA.Oに続いて15/6/234の進入に。
 そしてカドから2号艇寳田亮治がいい伸びを見せるもシエロさんが壁になり、その間に12トップスタートの1号艇高橋勲(東京支部)が1M速攻を果たし、KAZUYA.Oも狙い澄ましての差しで高橋勲を追いかけ、BSは内2艇のマッチレースに。
 KAZUYA.Oは高橋勲に一度は舳先かかりますが高橋勲は力技で締めて振り切り、2Mを先行した高橋勲をKAZUYA.O再度の差しを振り切って単独先頭。
 「勝ちたい気持ちが強すぎて、ぎりぎりの進入、そして旋回は時として誤解を受けてしまいます。それでもみんなの笑顔が見たいからこの男はがむしゃらに走り続けます。さあ高橋勲の伝説を再び。(動画」とお伝えされた高橋勲は今年2回目・通算48回目・平和島ではあの2007年10月SG全日本選手権以来となる6回目の優勝とお伝えしておきます。

 ちなみに下の写真は優出者インタビューから3枚セレクトしましたが、3号艇三角哲男(ベイパ)が「優勝戦まで長いので暑さにダウンしないよう最後まで気をつけてください。」と言ったのと、KAZUYA.Oが「今の時期は1年で一番暑い時期ですが、皆さんの財布も舟券的中で厚くして帰ってください。」と言ったのが耳に残ったとお伝えしておきます。
トウチュウ杯内枠3選手トウチュウ杯外枠3選手優勝した高橋勲

 今日は平和島終了後の劇場で会った山ちゃんさんと牛小屋に行ってきましたが、8月1日からの平和島次節G3企業杯キリンカップには今節に引き続き白水勝也が出場予定。
 今節は予選13位で準優次点に終わってしまいましたが、今節の経験をキリンカップにつなげてほしいところであります。
飲みきった芋焼酎と白水と未開封の芋焼酎

唐津企業杯準優+高橋勲選手権以来のVリーチ+メモリアルWIN3連発

ブログネタ
競艇 に参加中!
 「今節は初日からぐずついた天気でしたが、今日は素晴らしい秋晴れに恵まれました。からつ競艇6日間シリーズG3第10回酒の聚楽太閤杯競走。(動画
 ということでブルースカイブルーな秋晴れのもと行われた唐津G3企業杯酒の聚楽太閤杯5日目は3つの準優勝戦がメイン。

 1つ目の10Rは枠なり4vs2の進入から1号艇上瀧和則(今節選手代表)がF2持ちながら09スタート決めて1M先行も3号艇榎幸司の攻めをブロックした分やや流れ、2号艇別府昌樹が上瀧を差しきり1着。
 上瀧は2番差しの4号艇松村賢一を2M行かせて捌き2着優出。

 2つ目の11Rは枠なり4vs2の進入から1号艇熊谷直樹がスタート21とやや後手を踏んでしまい、艇を伸ばして1Mを先行するもリラックマできなかった焦り気味のターンで大きく流れてしまい、差した2号艇森永淳(佐賀県)が1着。
 2番手は2番差しの3号艇伊達正利と捲り差す5号艇芝田浩治でBS接戦になるも、2M外全速の芝田に対して伊達はクマの切り返しにあって行き場を無くし後退。内に潜ったクマも先に回った芝田を捕まえるまでには至らず、今節追配参戦だった芝田が優出。

 最後の準優勝戦12Rは枠なり4vs2の進入からシリーズリーダーの1号艇徳増秀樹がスタート18とやや後手を踏んだものの艇を伸ばして1Mを先行、炎で氷を溶かしてみせる気合いの旋回で3号艇森竜也の攻めをブロックしつつ2号艇鎌田義の差しも振り切って1着。
 11トップスタートだったカマギーが4号艇都築正治の2番差しを2M包みきって振り切り2着。


 鳴滝酒造提供の銘酒聚楽太閤と賞金200万円を懸けて争う優勝戦の枠順は以下の通り。

1:徳増秀樹 2:森永淳 3:別府昌樹 4:上瀧和則 5:鎌田義 6:芝田浩治

 鍵を握るのはやはり上瀧の進入でしょう。果たして秀樹は枠を主張するのか、それとも上瀧を入れて秀樹間隙を突くのか?
 はたまた準優と同じ2号艇になった森永淳が3コースから一気に行くのか?

 ちなみに吉川元浩が優勝した昨年の副賞は下の写真で抱えてる大吟醸です。
酒の聚楽太閤大吟醸を獲得


江戸川ボートピア習志野開設3周年記念5日目

 オール3連対で予選1位の地元高橋勲は5号艇の第5Rで、4号艇大久保信一郎が捲った展開を突いた捲り差しでシリーズ4本目の1着。
 続く2号艇の11Rは15トップスタートからの早差しで本日連勝。すんなりファイナルのポールポシジョンを獲得しました。


 優勝戦に乗艇する6精鋭。

1:高橋勲 2:平尾崇典 3:鈴木博 4:柳沢一 5:寺本重宣 6:吉本正昭

 オール地元戦以外では江戸川再開後初の東京支部Vに向け、SGウィナー高橋勲とデビュー初V狙う寺本重宣が乗艇。特にポールポシジョンになった平成の侍高橋勲は2007年10月平和島SG全日本選手権動画)以来の復活Vを1995年にデビュー初Vを飾った思い出の地江戸川で決め、ゴールラインを突き抜けて欲しいところ。
栄光の選手権ジャケットを羽織った前回V時の勲


【メモリアルWIN三連発】

 まず津マンスリーKYOTEI杯5日目6Rに3号艇で乗艇した福岡59期3265今村暢孝がカド受け3コースからの捲り差しで通算1500勝達成。1986年11月に芦屋でデビューした今村暢孝はG1V5を含む42回の優勝があります。

 次に、三国JLC杯4日目10Rに2号艇で乗艇した愛知30期2447上島久男が135/246の4カドから01タッチスタート踏み込んでの先捲りで4号艇山口裕太の二段捲りを受け止め、内から差し上がってきた3号艇村田孝雄を2M行かせて捌く緩急自在のレースで通算1500勝達成。明日は記念セレモニーも行われるようです。
 1970年8月に蒲郡でデビューした上島隊長は過去20回の優勝がありますが、今節も初日9Rに積み重ねてしまったフライングの本数は史上1位の91本を数えます。 

 最後に、住之江WEB競艇TV杯3日目8Rに5号艇で乗艇した東京68期3534野澤大二が4123/56の5カドから捲り差しで通算1000勝達成。1991年5月に平和島でデビューした野澤大二は2002年3月平和島SG総理大臣杯を始めとする記念V4を含む36回の優勝があります。
 前走地の江戸川日刊スポーツ杯では節間5勝を挙げるも最後の11R選抜戦1号艇で2着になってしまい1500勝はお預け。今節も(23不)と勝ちきれませんでしたが、ここで待望の1500勝とシリーズ初白星を挙げました。

【明日は常滑G3新鋭リーグ第14戦若獅子杯優勝戦

 明日の優勝戦にCatchUp!常滑スーパーサタデー準優勝戦(結果一覧)を勝ち上がったGBファイナリストは以下の6選手。

1:峰竜太 2:新田雄史 3:杉山裕也 4:濱崎直矢 5:谷野錬志 6:宮下元胤

 中日ドラゴンズのお膝元尾張国愛知県で峰竜太がポールポシジョンをゲット。常滑のスーパーサンデー若獅子杯優勝戦を峰-1グランプリに染め上げます。相手筆頭はドラゴンズブルーの4号艇濱崎。

優木まおみ杯4日目はまおみづくし+江戸川夕刊フジ杯初日【ヤギ】

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 台風による大雨となりましたが、優木まおみイベントが無事行われました本日の多摩川優木まおみ杯4日目。予選3日間を男女別に戦い、台風20号襲来による本降りの雨の中行われました本日の男女別代表決定戦で勝ちあがった3人ずつが日曜の男女ガチンコバトル統一優勝戦に駒を進めます。
 まずは1つ目のバトル11R男子代表決定戦。並び枠なり、態勢は3vs3、スロー水域は斜めに並んで段々畑。2秒前、1秒前、スタートを切りました!3号艇は今年ここまで優勝4回の川崎智幸が捲り差しを決め1着。後続は川崎の上を捲り差した5号艇はなにわのA1レーサー宮迫暢彦とイン先マイの1号艇は東京在住大阪支部新地雅洋による大阪支部コンビで接戦となり、2M差し返した新地が2周1M先制も宮迫が差し、2周2Mでの新地の差しを機力の違いで振り切った宮迫が2着、新地が3着と、ここは奇数艇トリオで決着。

 2つ目の12R女子代表決定戦。並び枠なり、態勢は3vs3、北右横風6mでも波高4cmにおさまったさすがは日本一の静水面、2秒、1秒前、スタートしました。1号艇のミス是政濱村美鹿子は26とスタート凹むも超抜パワーで伸び返し1Mを先制バンビターン。ターンマークを大きく外すも機力の違いで押し切り1着。2番差しの4号艇はミセス是政宮本紀美が順走の2号艇鳥居智恵を捕らえきって2着の地元ワンツー。2M宮本に牽制された鳥居に対しズボッと差しのハンドルを入れた3号艇吉原美穂子が3着でした。


 優木まおみ立ち会いのもと、この日一番の盛り上がりを見せた公開枠番抽選会(動画)の結果、男女統一優勝戦は以下の枠番に。尚、優木まおみは故郷佐賀県での仕事が入ったので表彰式は欠席。代理として生島企画室社長にして生島ヒロシ会長の弟である生島隆が出席予定です。ヒロシです、ヒロシです‥‥

1:濱村 2:川崎 3:宮迫 4:宮本 5:新地 6:吉原

 先にくじを引いた得点率上位の濱村が当たりを引き当て1号艇を手にしました。ちなみに、今は日曜朝7:30。自分は北新地の近くにいるのですが、男女ガチンコバトルの優勝戦には来た新地の他に川崎と吉原がいますね。


 土曜スタジオパーク生出演後に多摩川直行と、本日も大忙しだった優木まおみが最終日来場できないということで台風の本日に集中したイベントは8R発売中に高橋勲平和島SG全日本選手権優勝報告会、次いで12R終了後に優勝戦公開枠番抽選会、後述の高松宮記念準優9R発売中に高橋勲を講師に迎えての「優木まおみ競艇のココが聞きたい」が行われました。会場のイーストスクエア風ではTANAさんに会いましたです。

 イベントでは唯一の地元ということで真っ赤になるほど尻を叩かれた全日本選手権での話や、全日本選手権ジャケットは複数のサイズの中から選択し、そのジャケットは後日発送でまだ届いていない話とか、全日本選手権では他の関東選手や重野を始めとする静岡若手選手にピット作業を手伝ってもらったりとかの勲話だけでなく、本日のスタジオパークで用意されていた衣装が他の出演者と被ったので多摩川来場時と同じ私服で出演した話や、勲の「実物とグラビアで雰囲気違いますね。」という話に「着る衣装に応じてキャラを演じてます。」と答えたりとか、勲も学生時代から愛読するヤングマガジンの11月下旬発売号の表紙になったりする話とかがありました。尚、優木まおみから勲に対して通常渡される花束の他に,優木まおみカレンダーが贈呈されております。

 そんな本日の自分は朝一で从6∀6)レースを見に後述の江戸川競艇へ行った後、新宿の風雲児で得製らーめんを食べてから京王線に乗車。車内でふにゃ蔵さんに会ってそのまま多摩川競艇場へ。2号艇日高逸子がイン戦決めた9R終了後にG3東京中日スポーツ杯武蔵野ステークスを見に一旦東京競馬場へ行き、雨風にもまれながら12R発売中に多摩川へ戻りました。ちなみに舟券は9R購入時に以降のレースも前売購入。そして高松宮記念準優10R終了後に退場してふにゃ蔵さんと12R発売中に会ったまっちゃんさんがいた芦花公園の福寿できのこあんかけラーメンを食べてから超特割青春号に乗って大阪へ。で、梅田でこれを書いているわけです。
高橋勲全日本選手権優勝報告会優木まおみ杯優勝戦公開枠番抽選会優木まおみwith高橋勲&MasaIto住之江賞金王で使用したジャケットを羽織るまおみ優木まおみカレンダーをもらって鼻の下を伸ばす勲


江戸川夕刊フジ杯初日

 開幕レースの第1Rが始まりました。5号艇香川友尚(香川県)が転覆(動画)した1Mで捲った2号艇田中雄と差した3号艇中石勝也が1号艇久保隆(今シリーズ選手代表)をはさみうちする展開となり、2M先行した中石を差した田中雄が1着。尚、当地初登場の4号艇古川舞は1M事故艇の内側を回って4着でした。

 第3Rが始まりました。1号艇安藤裕貴と4号艇久保田美紀艇のアンミキコンビが揃い踏みの一戦は2号艇表憲一が捲って先頭、差しの3号艇後明俊夫捲り差しの5号艇佐藤旭が追う展開となりますが、表は+02のフライング。00スタートの後明を捲った佐藤が繰り上がって先頭に立ちますが、2周2M差して佐藤を捕らえた後明が3周1M先制して逆転の1着です。

 雨を突いて各レーサーがアグレッシブな走りを展開しています競走水面は第7Rを迎えています。このレースは1号艇松本晶恵が61と大きくスタート立ち遅れてしまい、実質逃げのような形になった2号艇は今シリーズ優勝候補筆頭の重野哲之がシリーズ初戦1着発進。前節若松アサヒワンダモーニングショットカップに続く連続優勝に向け先ずは順調な滑り出しです。

 北寄りの風が一段と強くなってきました競走水面上。その水面上にエギゾーストノートが響き渡りました。第11Rを迎えております。各艇一斉にスタートゾーンめがけていきましたが、北向かい風10m波高20cmの競走水面上で風に煽られ2号艇宇土泰就が転覆(動画)。5艇がスタートゾーンを通過し、逃げる1号艇三宅爾士と捲り差す5号艇野田貴博の先頭争いとなり、2Mで野田を差した三宅が1着でゴールイン。尚、宇土は責任外の出遅れ返還欠場となりました。

 激しいレースが相次いでいます今日初日の競走水面。ラストのファンファーレが鳴り渡りました。第12R江戸川選抜戦の開始です。このレースから水面状況悪化の為2周レースとなり、コメントでは行き足上々と語っておりました5号艇重野が気合の入ったコーナー戦で台風をも恐れぬ果敢な全速つけまい攻撃で1着と初日連勝発進。どうやら今シリーズは重野一色の開催となりそうです。2着にはスタート81と大きく凹みながらも1M的確な小回り差しで立て直した2号艇岡部貴司が入っています。

 ここでレースとは別に今シリーズから江戸川競艇場エグゼ入口そばに登場した、外れ舟券を食べるDREAM GOATを紹介。この山羊さんは外れ舟券以外のものを食べさせるとお腹をこわすそうです。
はずれ舟券を食べるDREAM GOAT


住之江G1高松宮記念特別競走5日目

 高松市の飲み屋、すなわち高松飲み屋で盛り上がってるかどうかは定かでありませんが、今年度住之江シティーナイターの最後を飾る菊花の如し中秋の名勝負高松宮記念は本日準優勝戦。1つ目の準優9Rは1253/46の進入から1号艇平石和男が踏ん張り1着。捲った5号艇花田和明と順走の2号艇三嶌誠司による2着争いは、1M差しから2M突っ込んできた6号艇石野貴之を行かせて差した三嶌に対し、花田は包んで応戦。そして2周1M花田の差しを振り切った三嶌が単独2番手に。2周2M切り返しからの先制が不発に終わった花田は優出の夢と自分の舟券の夢を乗せて3周1M突っ込むもバタついて後方に下がって勝負あり。ここで三嶌が完全に2着を取りきりました。

 準優10Rは1号艇山本浩次がインから押し切り1着。4カド差しの4号艇佐藤大介が2着。

 準優11Rは予選1位の1号艇瓜生正義が2号艇田中信一郎の2コース差しを振り切り1着


 ギャンブル王争奪!競艇予想大会の対象レースである優勝戦は以下のメンバーに。

1:瓜生正義 2:山本浩次 3:平石和男 4:三嶌誠司 5:田中信一郎 6:佐藤大介

 果たしてウリ坊がSG笹川賞に続く住之江連覇なるか。当日は住之江競艇場の指定席でこの一戦を楽しませてもらいます。
菊花の如く。第35回高松宮記念特別競走


三国かんなづき第3戦3日目

 かんなづき第3戦は3日目を迎えました。今日1番の注目はカニ坊準優勝戦です。得点トップ入りは地元の石田政吾。そしてボーダーに踏みとどまった金子拓矢までの12名。三国選抜メンバーもフル登場と多彩な顔ぶれです。どうぞご期待下さいまして最終戦までお楽しみ下さい。

 追い風強く安定板使用で迎えた準優勝戦。荒波の逆境もチャンスとなるか。水上はカニ坊準優勝戦第11R(北東追い風8m波高8cm)です。スタート展示の125346から一転、2号艇塩崎優司と5号艇吉田隆義の愛知コンビが動いてインから25/1/346の順です、スタートしました。江戸川で波乗りを鍛えた1号艇鈴木茂正が3コース回りもなんのその。あっさり捲りを決めトップでゴールイン。捲り差しの永井源が外マイの山田竜一を振りきって2着でゴールイン。
 尚、しげしげに捲られた塩崎は1Mで振り込んで失速。そこに6号艇横西奏恵が乗り上げて横ちんはエンスト失格(動画)となりました。

 1つ目の準優でファイナルチケット手にしたのは鈴木、永井、山田の3選手。この後を追って明日へとつなぐ戦いはカニ坊準優勝戦第12Rです。インから123/456の順です、スタートしました。圧倒的人気の1号艇石田政吾がインからすんなり独走となりトップでゴールイン。
 後続は2号艇大澤普司が差しを入れようとしますがもたつき失速、2番差しの3号艇山口裕二と3番差しの4号艇吉田慎二郎と捲った5号艇山本修一の3艇による2番手争い。2Mは内の吉田が先に旋回も、これを差した山口がやや抜け出し、山口は2周1Mで内突っ込んできた山本を全速で包んで振りきり、BS内から迫ってくる吉田も振りきって2着でゴールイン。
 2周BS追いかけるも山口に届かなかった吉田は、2周2Mあわやターンマーク接触のミスターンで外へ流れ、この間に吉田を差しきった山本が3着でゴールイン。このレースからは石田、山口、山本がファイナルチケットを手にしました。


 お楽しみの優勝戦はこんな枠順です。86期からは4067永井と4069山本の2人が優出を決めました。

1:セイゴ 2:しげしげ 3:山口 4:永井源氏 5:山本修一 6:山田竜一


【菊花の如くキルトクール】

 府中市で繰り広げられる中秋の名勝負G1天皇賞(秋)。今年の天皇賞は高松宮記念と同日になり、東西で皇室記念同日開催となります。さて、今回のキルトクールは3枠2頭のうちから人気上位のカンパニー。差し馬なので長い直線のある府中は一見合いそうですが、実際は5戦オール着外。どうやら坂があっても直線が短かったり、直線が長くても平坦なら大丈夫でも、長い直線+坂の府中では末脚を失ってしまうようです。更に付け加えると、距離適性も1600m〜1800mがベストな感じで2000mはやや長い感じ。よって自信のキルトクール。 

【勲Heat】地元高橋勲、全日本選手権王になる+ダービー準優勝戦

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 全国から勝率上位のドリームキャストが集まった平和島SG全日本選手権。最終日はあいにくの天気で入場13778名、売上42億7283万1700円(優勝戦15億8571万4200円・節間合計152億1509万2300円)と晴天だった前日に比べ伸び悩みましたが、今節唯一の地元選手・シェンムーでお馴染み横須賀市から参戦した孤独なゲリラ高橋勲が湘南乃風を巻き起こし1号艇で優出を果たしたので、本場にやってきたファンのみなさまはまさにイサオヒート。優出した他の5選手は完全にアウェー状態となっておりました。
 「さあ今まさに選手の鼓動と声援が溶け合うリアルライブ。平和島劇場が競艇フリーク達に贈る最終章、第54回全日本選手権優勝戦の開始です(動画)。」と始まりました優勝戦は高橋勲がピット遅れて2号艇田中信一郎が一歩抜け出し場内ざわつくも、地元68期3517高橋勲39歳がイン主張の構えを見せたら大阪69期3556田中信一郎34歳があっさり懐を空けたので、場内一安心。ですがそれも束の間、今度は待機行動中にエンスト。プレッシャーの重圧でスタート遅れる予感がかな〜り場内を覆ったところでさあ行こう優勝戦!進入は123/456、3秒前、1秒前、スタートを切りました!
 待機行動でハラハラさせた高橋勲はしっかり11トップスタートからくるっとイン戦捌ききって独走になり、場内一安心。まさにまさに戦いの魂を引き継ぐ平成の侍とお伝えされた星条旗ヘルメットの高橋勲、競艇日本に生まれて良かった。客席で優勝を祝うバンダナが振り回される中、SG初優勝のゴールインおめでとう!これで賞金ランキングも現時点で6位に入り、福岡SG賞金王決定戦へのドリームパスポートもほぼ手中に収めました。
 後続は伝家の宝刀2コース差し順走を見せた大阪の巨人・田中信一郎が、艇王を超えた皇艇とお伝えされた男・3号艇魚谷智之の捲り差しを振りきって2番手。その後も追撃の手を緩めない魚谷をなんとか抑えきって2着入線。以下、枠なりに入線しております。

 同情するなら記念くれ!ではありませんが、これまで無冠だった高橋勲は通算46回目のVにして初の記念タイトル。ウイニングランでは拳を高く上げてファン共々イサオヒートの頂点に達しました。そして水神祭の後に行われた表彰式(動画)では青の全日本選手権ジャケットを羽織り、「ピット離れはちょっと回転が落ちちゃったんで遅れたんですけど、大分空いてたんで申し訳ないけどちょっと入らせていただきました。」と、あっさり引いてくれたタナシンに感謝の言葉を。表彰式では更に「僕を知っている選手の方々、ファンの方々、ほんとに皆さんにお礼が言いたいです。本当にありがとうございました。」とのコメントを残していますが、高橋勲の選手生活にとって一番影響の大きい選手は60期3303渡辺豊。なんでもデビューのきっかけが高校の同級生である渡辺豊が先にデビューして結構稼いでいたからとのこと。これを知って当時拓殖大学在学中の高橋勲が競艇選手を目指したそうです。
表彰式アシスタントのまおみと記念撮影

 ここで当日のイベントについて。東京ベイ平和島競艇の対岸にある東京ベイTCK大井競馬のビッグレースはG1帝王賞ですが、本日の平和島は艇王ショー。艇王絡みの話題といえば、若松競艇blogの目玉として植木通彦Diaryも始まってます。
 さて、本日自分は2マーク寄りの2000円B指定席にいたんですけど、艇王ショーの時間は下に降りて見物しましたです。ちなみに2000円B指定席の隣のエリア(通常は1000円B指定席)は臨時の記者席になってまして記者陣が詰めておりましたが、10R特別選抜A戦発売中に突如蔭山幸夫MB競走会長がSPを引き連れて指定席にやってきたのにはびっくり。目的は記者席への慰問だったようです。
平和島ていおうしょう


芦屋スポーツ報知西部発刊10周年記念アシ夢ダービー4日目

 夢見るダービー王の座を巡って3つの準優勝戦があった4日目。準優10Rはインの1号艇大嶋一也と2コース差しで舳先をねじ込む2号艇笠原亮のSGウイナーコンビで一騎打ちとなり、2M先制の笠原に大嶋がつけ回ってHSも一騎打ちは続きますが、2周1Mを先に回った笠原がここで大嶋を振りきって1着

 142/356の進入になった準優11Rは1号艇花田和明が14トップスタートの速攻で堂々押し切り1着。1M捲り差しの2号艇芝田浩治が2Mから2周1Mと豪快な全速戦で後続を引き離し2着となっています。

 準優12Rはイン15トップスタートの1号艇天野誠が2号艇原田富士男の2コース差しを振りきり先頭。その後も追撃を緩めぬ地元エースのフジオを振りきって1着。予選1位の天野は2003年7月24日宮島一般競走以来となる優勝とダービー王戴冠に近づいたかと思われましたが、天野は前半の一般戦4Rで5着に敗れて得点率を下げていたのでした。


 2007年10月のダービー王を決定する優勝戦の枠番です。

1:笠原 2:花田 3:天野 4:大嶋 5:芝田 6:フジオ

 前半の一般戦5Rも1着だった笠原が優勝戦1号艇となり、ダービー王への最短距離に。

中京広域圏の優勝戦】

 今年度昭和アーケード最終開催で今年度のムーンライトエンジェルも今宵限りだった蒲郡G3女子リーグ戦夜の女王決定戦(最終日売上6億6974万5900円)。来年7月3日に江戸川競艇開設53周年があって自らのホームプール扱いとなる蒲郡、来年度の昭和アーケードと月光天使がどうなるのかも楽しみです。
 夜の女王を決める戦いはスタート展示でインを奪った横西奏恵が本番も鋭発ピット離れでプレッシャーをかけ、結果1号艇永井聖美(83期3993)が枠を主張して枠なり3vs3も永井は深イン。それでも永井は気合いの02トップスタートを決めますが、絶品なる切れ味の差しで永井の脇をすくいこんだ横ちんが永井を差しきり通算26回目の優勝。尚、5号艇茶谷桜(83期3994)が最初の1Mで3号艇向井美鈴に張られた後バランスを崩し転覆を喫しサクラチルとなっています。
 「リーグ最強の凄みと破壊力、熱狂的なファンも多いここ東海地区で夜の女王に輝きます。かなちゃんには本当にかないません。そんな強さで今年V6です。(動画」ということで東海地区での人脈も豊富な横ちんは今年V6で、来年の津G1企業杯JAL女子王座決定戦を待たずに児島SG総理大臣杯出場を内定させました。


 SG期間中の為に山田智彦アナが不在なので、浜名湖の工藤浩伸アナが実況を担当した常滑日本財団会長杯争奪戦競走は1号艇川崎智幸がインから堂々押し切り今年4回目・通算28回目の優勝。ちなみに常滑と蒲郡の専用場外はボートピア川崎です。
 川崎がぶっちぎりだったのに対し後続は激戦で、BSでは2コース順走の2号艇永井源と3コース捲り差しの3号艇烏野賢太と4カド2番差しの4号艇太田和美で3艇併走。そして2Mは和美が先行も、これを永井が差しきり、2周1M突っ込んできた烏野も包んでかわして永井がSGウイナー両名に競り勝つ大健闘。そうなんです。くしくも愛知両場とも愛知の永井が2着だったのです。尚、3着は2周2Mで和美を差しきった烏野。


 津グランプリシリーズ第6戦スタート展示2コースの3号艇間嶋仁志(三重)が本番インを奪って312/546。そして深インもなんのその、07トップスタートを決めた間嶋は1号艇星野太郎(三重)の差し場を塞ぐ見事な旋回でほしのを退け、差して斬り込む5号艇中尾英彦に対しても締め込んで2Mを先制。平和島全日本選手権のタナシンとは対照的なレースを見せた間嶋は通算22回目の優勝。2着は1M捲り差しから2M斬り込んで中尾にアタックした6号艇山本浩次

 ここで間嶋仁志について。平和島表彰式の司会で今夜のJLCニュースにも出演してた松岡俊道アナが番組内で言ってたのですが、現在三重支部ながら元大阪支部の間嶋が三重に来た理由は奥さんが三重県出身だからだそうです。

【Wけんご】全日本選手権準優+ダービーで原田幸哉F2【濱野谷角谷】

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 本場入場客12743名を集め、3億3667万6500円のF返還がありながらも30億4211万700円の売上を記録して5日間累計109億4226万600円と、目標の155億円到達に目処を立てた平和島SG全日本選手権は準優勝戦の5日目。本日は4日連続トーキョーベイパイレーツトークライブ第4弾として濱野谷憲吾&角谷健吾トークライブがありましたので、まずはこちらから。O2ブランドの仲間同士でもある70期3590濱野谷憲吾33歳と71期3613角谷健吾34歳、待望のWケンゴショーということで指定席の通路はものすごい混雑に。一般席の方も立ち見多数の大盛況でした。

 以下は、指定席とイベント広場で行われたトークショーの内容を順不同で抜粋。Wケンゴとの掛け合いがいい感じだった司会は先週のボートピア習志野開設1周年記念濱野谷憲吾&菊地孝平トークショーと同じ前田くみ子キャスターでした。

まえくみ「(パイレーツの)活動秘話については?」角谷「別に。(場内大爆笑)」
デビューを目指したきっかけについて、濱野谷憲吾の中学時代に兄・濱野谷憲尚が競馬学校に入学した事がきっかけで艇界デビューを目指したと有名なエピソードを言った後に、高校卒業時に艇界入りを意識した角谷は「これも有名なエピソードなんですけど、僕の父はタクシーの運転手で競艇好きだったから、競艇選手を目指しました。」
上記の角谷エピソードの後にまえくみ「皆さんこの事知ってました?(場内沈黙。知ってる人はほとんどいなかったようで。)」
ケンちゃんハマちゃんと呼び合う仲良し。
まえくみ、パイレーツと言うつもりが噛んでしまいパイパン発言。
O2ブランドの後輩飯山泰が加入を希望してるらしい。
ヒップホッパーとして音楽だけでなくファッションにもこだわる角谷のパイレーツファッションは自前。だけどサングラスだけは借り物。
ショーの最後はケンゴーゴー!

…別に。Wケンゴショー指定席の部Wケンゴショー一般席の部

 本日は場内でSPLASHヨロズさんとカッパスキーさん、ふにゃ蔵さんと会いましたです。そして三国さん(仮名)、日本武尊さん(仮名)と最終レースを見て終了後大森駅方面まで歩き、大森銀座の出口で帰途についた2人と離れ自分は牛小屋へ。
 そしたら以前牛小屋で会ったカッキーさんとその同僚さんがいて一緒に焼き肉食べる事になりましたので、本日はマスターお任せコースをたっぷり堪能いたしました。途中、別の店で歌って飲んでた山ちゃんさんも牛小屋に顔を出しにきましたですよ。
和風焼肉 牛小屋 [ 焼肉、ホルモン ] - Yahoo!グルメ




【全日本選手権5日目レースダイジェスト】

 一般戦の7Rは枠なり4vs2。F2持ちの1号艇大神康司は15でスタート踏ん張るも、2号艇鎌田義が23で3号艇吉田弘文が27の中凹み。ということで壁無しになった大神は05スタートを放った4号艇今村豊に絞られ、抵抗及ばず捲られてしまい5日目で唯一舟券から消えた1号艇選手に。
 そして今村の捲りも大神に抵抗された分やや流れ、先頭は捲り差しの吉田弘文と小回りのカマギーでラップ。2Mはカマギーが先制も少々ターンが膨らんで、そこを吉田弘文が差して先頭に。2周1Mは吉田弘文が先マイ態勢も、
おぉーっと、3号艇。どわーっ、なーにやってんだ3号艇。(動画
 と場内怒号が飛び交った大顰蹙のキャビテーションをやらかし、あわてて避けたカマギーは内を回った今村豊に抜かれてしまい、今村豊は恵まれに近い抜きで1着に。人気を集めてたカマギーはアンラッキーな2着になってしまいました。ですが、もっとかわいそうだったのは4番手航走から吉田弘文を避けきれず接触した6号艇安田政彦で、回り直しを余儀なくされたら吉田弘文よりも下の6着。振込詐欺をやらかした吉田弘文はもちろん不良航法を適用されたとお伝えしておきます。
 前日の5Rでも3周1Mでキャビテーションを起こし3着から5着に下がる失態を起こした吉田弘文、こんな失態を2度続けては平和島SG総理大臣杯優出2着も色褪せますね。

 ここから準優。スロー3艇が深めな146/235の進入になった準優10Rは前年度福岡SG全日本選手権覇者の1号艇魚谷智之(兵庫)がびしっと09トップスタートを決めて起こしの不利を克服しての1着ゴール。差した3号艇吉川元浩(兵庫)が2着に入り前年優勝戦と同じ兵庫ワンツー。

 準優11Rは12456/3の進入になりかけるも、6号艇服部幸男先生が回り直して1245/36。ここはぁ早い飛び出しで2号艇菊地孝平が+02のはみ出しをするも、菊地の差しは流れて壁役になって終わり。 菊地を壁にして逃げた1号艇田中信一郎が菊地を包みきってのつけまいとなった3号艇寺田祥を振りきっての1着ゴールでした。
 3億円以上のフライング返還を提供した菊地は来年の平和島SG笹川賞まで選出除外に。G1は11月10日からの児島G1競艇キングカップを最後に、来年5月中旬以降まで選出除外となります。

 枠なり3vs3の準優12Rは3号艇山崎哲司が07トップスタートも、2号艇瓜生正義が飛ばして両者共倒れに。ウリ坊が身を張って壁役に徹した間に1号艇高橋勲が逃げの態勢を完成させて大きな拍手と共に1着ゴール。予選を1位で通過した今節唯一の地元が遂に記念初優勝の大チャンス。2着は1M4カド差しから2M外全速戦で抜け出した4号艇金子良昭。今節最多出場だった静岡支部から唯一優出を決めました。
 尚、本日が誕生日だった5号艇日高逸子は2番差し届きませんで優出なりませんでしたが、3着に入り3連単7520円を提供してます。


 ギャンブル王争奪!競艇予想大会の対象レースである優勝戦の枠番は以下の様に。

1:高橋勲 2:田中信一郎 3:魚谷智之 4:寺田祥 5:吉川元浩 6:金子良昭

 今節唯一の地元選手だった高橋勲、「イベントとか苦手だからさ。」と選手代表も選手宣誓もTokyo bay pirates加入も全て断りレースに集中した成果が遂に実を結ぶ時がやってきましたね。緊張でスタート遅れたり、2004年平和島のG3企業杯キリンカップデイリースポーツサマーカップの再現にならなければ勲に大輪の花が咲くでしょう。優勝戦予想はK-BATTLEのコメント欄に書く予定です。

芦屋スポーツ報知西部発刊10周年記念アシ夢ダービー3日目

 黒瀬三幸が家事都合で急遽帰郷した為5R9Rが5艇立てになったダービーの3日目。その5艇立てになった9Rは1号艇天野誠が薄氷の00タッチスタートで生き残り1着になりまして4日目準優12R1号艇を獲得しましたが、2コースつけまいから2番手だった5号艇濱田隆浩は+01でアウトと紙一重で明暗くっきり。

 そして、なにわのDT濱田を遙かに上回る深い衝撃だった本日最大の悲劇は、芦屋基地航空祭と同日だった事から「水上と空のスピードバトル」と銘打たれました7Rに。空を自由自在に飛行するのはブルーインパルスなのに対し、水上でブルーのカポックを纏うのは自衛隊出身のスピード戦士が最もふさわしいという事で、ここの4号艇はもちろん原田幸哉でした。
 レースは124/356の進入から1号艇金子貴志が逃げて先頭、原口は捲り差し届かず二号艇今村賢二郎との2番手争いでしたが、スタート判定の結果+02の金子と+01の原口は無念のフライング返還欠場。全日本選手権同様に今村がアクシデントによる前退きでダービー初の1着になりました。ちなみにFが2艇出て売上のほとんどが返還になったにもかかわらず、2連単8320円3連単5630円の高配当が飛び出してます。
 このFで原口はF2になってしまいましたが、11月29日から始まるG1常滑ダイヤモンドカップの斡旋が既に入っているので、11月20日から始まる浜名湖SG競艇王チャレンジカップがF休みになる事は免れました。

【マイルCSダートキルトクール】

 いわゆるひとつの平和島指定席喫煙所内TVで見た東京G2毎日王冠は巨人ファン大感激なミスターチョウサン祭になりましたが、祝日の月曜日も競馬は開催されます。とは言ってもメインレースはJRA開催ではなく、平和島競艇から徒歩圏内の大井競馬や多摩川競艇から徒歩圏内の東京競馬でも場外発売される盛岡G1マイルチャンピオンシップ南部杯。今回のキルトクールは休養明けのカフェオリンポスで。JRA勢は今回5頭出走しますが、上位3頭(ブルーコンコルドサンライズバッカスワイルドワンダー)の牙城を崩すのは容易では無さそう。

【多摩川tvk】前本泰和、史上初の連続V7達成&OC【3カド捲り】

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 前本泰和が艇界新記録となる7節連続優勝なるかと注目された多摩川ダブル優勝tvkカップ優勝戦(男子)。前本は節間6勝も4日目5Rの待機行動違反が祟って3号艇。枠をどう克服するかも注目の的でしたが、前本がとった作戦はなんと3カド。並び枠なり、態勢は2vs4。さあ行こう優勝戦!早い飛び出しから捲った前本は先頭に立ちましたが、「ここでお知らせいたします。(ピンポンパンポン)只今のスタートにおきまして4号艇の関口はフライング。(動画」ということでFに散ったのは捲り差し2番手の4号艇関口智久(+01)のみで、前本は04でセーフ。今年V9、多摩川3回目、通算42回目の優勝を飾った前本は5月の唐津一般競走(完全優勝)に始まり、丸亀・常滑・鳴門(G3企業杯オロナミンCカップ)・津・びわこと来たVロードは多摩川で遂に史上初となる連続V7の金字塔を打ち立てました。「前本泰和あなたは凄い!」ちなみにイン残した1号艇石川吉鎬が2着です。
 前本は9月のG1ウェイキーカップで多摩川再登場。そして10月には平和島SG全日本選手権で2001年G1トーキョー・ベイ・カップ(36号機を駆るも優勝ならず)の雪辱を晴らしに平和島登場です。
この写真は4場所目のオロナミンCカップ

 ちなみに最終レースのダブル優勝tvkカップ優勝戦(女子)は1号艇山川美由紀が2コース04トップスタートの2号艇谷川里江のつけまいをブロックしての逃げを決めて今年3回目、多摩川はG1企業杯JAL女子王座決定戦を含む3回目、通算53回目の優勝。山川は前本同様全日本選手権出場に花を添える優勝でした。
 後続は3コースから差した3号艇柳沢千春が2着で、大外から差した6号艇角ひとみが2M流れてりえに抜かれるも2周2Mの差しで抜き返して3着に入り、隅田川花火大会の翌日に行われた女子の優勝戦は(千)春のうららの角だ(山)川という3人で決まりました。尚、表彰式(動画の6分過ぎ)は男女合同で行われました。

桐生SGオーシャンカップ最終日

 2走2着3着以上が全日本選手権出場への道だった東京支部高橋勲日本トーター感謝レースの4Rは1号艇で登場。負けられない一戦でしたが、3コース捲り差しの3号艇三嶌誠司が先頭に立って勲は2番手。しかし2Mでミシマさんを差し返した勲が逆転成功で1着とし、後半を大分楽にしました。
 そしてゴンロク以外なら大丈夫とはいえ6号艇の11R特別選抜A戦。全日本選手権出場目指してスタート展示よりひとつ内の3コースまで入った勲は捲り差しで2着に入り、東京支部からただひとり全日本選手権出場を決めました!

 1625/34の進入になった優勝戦は1号艇魚谷智之がイン00タッチスタートの超速攻戦で押し切り通算43回目の優勝。白魚はG1徳山クラウン争奪戦に続く今年3つ目の記念タイトルで通算ではSGV2含む8つ目の記念タイトルです。差し順走から2Mそつなく捌いた6号艇江口晃生(今節選手代表)が2着でした。

 ちなみにオーシャンカップはチャレンジカップと共に売れないSGの代表格ですが、海無し桐生で行われたOC最終日の売上は40億1905万8500円に留まり、節間総売上も142億2856万6200円の大惨敗。参議院議員選挙と重なったのも大きいでしょうね。

丸亀G3女子リーグ戦優勝戦

 5日目まで10戦全勝で駆け抜けた1号艇横西奏恵が気合いの踏み込みイン04トップスタートで速攻押し切り、今年4回目、通算24回目にして自身初の完全優勝、76期本栖チャンプにまた新しい勲章が加わりましたね。下関日本財団会長杯スマイルカップレース(オール女子戦)準優でFを切った後に同期原田幸哉の「集中力を持て」というアドバイスも効いたようです。表彰式の最後では「オーシャンカップの魚谷君を一杯買って下さ〜い☆」とも言ってました。
 後続は4カドから外マイの4号艇野田祥子が超抜足を武器に2着入線。尚、中ノ森BAND新曲旅への扉発売週に2号艇で優出した田口節子は差し順走不発が響いて3着に終わりました。 

津ちどり杯争奪戦優勝戦

 赤ヘル軍団の総大将、1号艇山本浩次がイン戦圧勝で今年4回目、通算42回目の優勝
 後続は大激戦で、2コース順走の2号艇木村光宏、大外差しの6号艇荻野裕介、それに4カド31と凹むも1M小回り差しで立て直した4号艇佐竹恒彦の3艇の争いから荻野が2M先制、しかしHSミッチィが内から追いついてきて2周1M荻野に突進(動画)。HS2艇に挟まれた佐竹は2周1M2艇がやり合うのを尻目に内をくるっと回って2着争いを制しまして佐竹アナの目の前でいいところを見せました。

児島倉敷市議会議長杯争奪戦優勝戦

 元福岡競艇イメージガールの森下千里来場した最終日の児島競艇。優勝戦1号艇中澤和志がイン14トップスタートで速攻図るも2号艇2コースの守田俊介に差されそうになりますが、何とか振りきり昨年4月の浜名湖みどりの日スペシャル!ネイチャーアタック以来となる通算19回目の優勝平和島SG総理大臣杯優勝後長いスランプに陥ってB1に落ちてしまいましたが、千里の道も一歩からで着実に復活の道を歩んでいます。2着はしゅんしゅんで、4カド2番差しで3着に入った4号艇は中澤の師匠鈴木賢一です。

芦屋G3企業杯アサヒビールカップ優勝戦

 インから逃げ込み態勢の1号艇赤岩善生を2号艇今坂勝広が2コースからスパッと差しきり通算28回目の優勝、全日本選手権出場に花を添えました。
 尚、江戸川アサヒビールカップに続くアサヒビールカップ連続斡旋だった廣中良一は6号艇で優出も、大外37スタートと立ち遅れたのが響いて5着敗退に終わりました。

尼崎BOATBoyカップ優勝戦

 あなたの競艇人生を幸せにする熱狂マガジンBOATBoyのタイトル戦は、1号艇石川真二がインから堂々押し切り今年3回目、通算40回目の優勝。3コースから外マイの3号艇林美憲が2M捌いて2着。

 ところで、尼崎競艇HPでは尼崎競艇ウェブツアー施設編を公開中。着ぐるみセンプル君が場内をご案内してます。

下関日刊スポーツサマーカップレース優勝戦

 気温34℃のサマーカップはインから逃げる1号艇前田光昭に対し、2号艇大場敏の2コース差しが入りますが、大場が前田太尊を牽制してる間に4カド2番差しで3番手の5号艇窪田好弘がするするっと伸びて2M手前で大場に舳先を入れます。敏感に反応した大場は握ってかわしましたが大きく流れ、大場をおっつけつつも2Mを鋭く回った窪田が一気に単独先頭に躍り出て2005年8月びわこ日本財団会長杯争奪におの湖賞以来となる通算27回目の優勝。2M大場を差し返したタイソンが2着で、大場ナツキアナの前でターン流れてしまった大場敏は3着でした。

徳山周南市長杯争奪戦優勝戦

 1号艇石田章央がインから押し切り優勝。7月8日の丸亀サンケイスポーツカップで今年最初のVを飾った石田は前走地びわこ一般競走の最終日一般戦で隠れてこっそりFを切ってしまいましたが、すぐさま軌道修正に成功して通算V6達成です。2着は4カド差しの4号艇岡部貴司でした。

【エースのジョーが江戸川にやって来た!】

 日本の心は演歌です、こぶしの花を咲かせます、泣いて下さい早苗節♪でお馴染み会員番号17番城之内早苗が歌謡ショーを行った本日の江戸川競艇は東京スポーツ杯4日目の競走水面です。
 各レーサーの熱戦譜、予断を許さぬ攻防戦が続いています競走水面は第4Rを迎えています。ダッシュ戦のスペシャリストである2号艇澤大介は当然の様に外に出ますが、なんと6号艇高塚清一60歳が枠を主張して進入は134/526。
 果たしてこの澤マーク作戦がどうなったかといいますと、澤が17トップスタートからの絞り捲りで1着になったのに対し、大外の高塚はなんと63スタートのドカ遅れ。差し遅れて6着大敗でした。

 予選最終日の5日目を前に、得点率上位はこうなってます。

平尾崇典9.43 大西源喜8.83 伊藤啓三8.43 吉永則雄8.29 長野壮志郎8.14 豊村究益田啓司7.83 大澤普司7.43 澤大介7.29

 全日本選手権出場を目指す平目は今シリーズを優出1号艇ペースで快調に飛ばし、ほぼ出場当確というところまで来ています。
エースのジョー

【Tokyo bay pirates】大江戸賞東京支部イベント&オーシャンC4日目

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 江戸川競艇場お盆の名物開催大江戸賞。護岸工事で来年の開催が無いという事もあってか今年はイベントが豪華です。
 先ず初日の8月9日は11時10分から選手紹介、今年はオール東京支部なのです。出走表に順番が掲載されてたので以下に紹介します。
A…第1R出走予定選手
B…ACを除く出場選手(登録番号順)
C…トーキョー・ベイ・パイレーツ6名(熊谷直樹池田雷太山田竜一濱野谷憲吾阿波勝哉中野次郎
 Tokyo bay piratesは平和島だけのプロジェクトではなく、東京3場共通のプロジェクトであるということが、この選手紹介からはっきりしましたね。ちなみに平和島ソフトボール大会の写真が公開されており、ベイ吉アナが大量に登場していて自分を含むベイ基地大感激!とお伝えしておきます。

 次いで日曜日の12日は東京支部女子選手トークショー。山崎智也に憧れて競艇選手になったあきたこまち内田亜希子を筆頭に、カジノ大好き木下真未、それに足立かなえ平田さやかが登場予定です。
 そして最終日の14日には優勝戦出場者インタビュー。第5R発売中に内枠3艇、第6R発売中に外枠3艇の優出者インタビューが行われ、優勝戦終了後には表彰式もございます。

桐生SGオーシャンカップ4日目

 1R2号艇で登場したベイパイクラブ員齊藤仁が2コース捲りでSG初1着達成。レース後には水神祭が行われました。
 目出度く水神祭を挙げ、5日目はなんと最終12R1号艇の大役を担う事になった齊藤仁のお盆は多摩川大郷葉月杯です。前節報知新聞社賞で既に多摩川初V経験済みですから気負い無く走れそうですね。
 ちなみに齊藤仁がポールポシジョンになったSG5日目最終レースは3号艇が王者松井繁、4号艇がベイパイクラブ員濱野谷憲吾という豪華な顔ぶれなのです。

 その1R、1Mの4カド捲りから2Mも外全速戦で2着に入った4号艇高橋勲。この2着で準優進出と平和島SG全日本選手権出場に望みを繋いだのですが、後半6R3号艇は1着条件というきついノルマ。しかし秘策の3カド進入から捲り差しを決めて見事1着になって準優18位で勝負駆け成功。全日本選手権選考勝率も7.26まで押し上げて、こちらも望みを繋ぎました。目出度く地元唯一の全日本選手権出場が叶えば、おそらく待っているのはベイパイ強制加入です。

 尚、自分も参加しているオーシャンカップの予想大会K-BATTLE行くぜ!ドラちゃん!夏夜の花火を打ち上げろ!は準優勝戦。後半4個レースの予想はK-BATTLEにコメントします。

江戸川東京スポーツ杯2日目

 昨日と同様に激しいレースが大いに期待されています江戸川競艇、今日は2日目の競走水面です。第2Rを開始します。100期新人コンビの2号艇萩原知哉と3号艇永田秀二が外に出て、進入は145/632。登録番号4430で年上の永田が4440の萩原より内に入りました。
 1号艇豊村究がイン戦押し切り1着になりましたが、3コースからの捲り差しで2番手を航走していた5号艇森下勇が2Mを小さく回ろうとしたところターンマークにぶつかって転覆(動画)。永田も巻き添えで転覆になり、森下は選手責任失格に加えて不良航法を適用されました。

 ホットなレースが相次いでいます今日の競走水面です。第6Rを開始します。5号艇萩原が大外に出て進入は123/465。2号艇武田信一が捲った展開を突いて3コースから差した3号艇尾崎鉄也1着になりましたが、5コース2番差しで武田と2番手接戦の6号艇佐々木和伸が2Mで大きくキャビテーション(動画)。外握った武田は難を逃れましたが後続3艇が玉突き式に巻き込まれ、全艇完走したものの佐々木和伸は不良航法を適用されました。

 11Rが始まりました。1号艇高山秀則名人がイン16トップスタートで先行態勢も、3コース24スタートの3号艇長野壮志郎が強つけまい敢行。激しく抵抗(動画)した高山名人は長野を対岸スレスレまで飛ばした間に2コースから差した2号艇増田進(東京支部70期)が1着になりました。高山名人は2M→2周1Mの外全速戦で2着に入ったものの不良航法を適用されています。

【時は金なり】マ・イケル海王者の行進が始まった!

まぁイケてる王者松井繁 海王奪取!!を掛け声に始まった若松SGオーシャンカップ、その含蓄ある言動で常に注目を集める王者松井繁は今節の前に「ボクがいないとSGは始まらへん」とのお言葉を残しましたが、そのお言葉通り有言実行の走りで予選を通過し、抽選でさよならのオーシャン・頂上決戦優勝戦1号艇を手に入れた王者はトップタイの14スタートを決め、5カド37ドカ遅れスタートから切り返しで最内に入り込んで王者につっかけてきた稀代の勝負師・王者キラーの西島義則を始め、他を全く寄せ付けないイン戦で2001年浜名湖SG笹川賞以来となる5年ぶり5度目のSG優勝。これぞ王者の行進や!
王者優勝を祈ってたこ焼き串を食べた甲斐があったもんや。
王者焼き串150円

 さて、王者が独走した後方は激しく、大外捲り差しの田村隆信と2コース順走キルトクール艇上瀧和則が競りますが、2Mではっきり明暗が。上瀧が群馬コンビのおっつけを包んでかわして2番手を守ったのに対し、一番外側にいた田村は上瀧におっつけられる形で圏外へ。そして田村に替わって上瀧と2番手を争ったのは2M最内を突いたペリカンさん。上瀧ややリードの展開でしたが、2周2Mの差しで上瀧に急接近したペリカンさんは3周1Mを先マイ。これで逆転、ヤッタ!
しかしそうはならず、ペリカンさんが出口でややバウンドしたのに対し、鋭く差した上瀧が機力の違いでぐいぐい伸びて2番手をキープ、2着に入ってナンテコッタイドンガバジョー。

 王者軍団内田和男アナ(6日間実況お疲れ様でした)司会の表彰式では内田アナが事前に王者フィーバーを煽ったこともあり、場内ボルテージ最高潮で王者を迎え入れました。
その表彰式では王者の金言がたっぷり堪能できました。「親の退職祝いに勝ちたかったです。」「子供に「がんばれパパ」と刺繍入りのタオルを貰ったのが最高に嬉しかったです。」と家族愛な一面を見せたかと思えば、「Time is money,時は金なり。時間を大切にがんばっていきます。」と座右の銘を披露したりと王者劇場に場内は大いに沸きました。
 そんなこんなで真夏の海の王者に輝いた王者松井繁ですが、ただいま大村スポニチ杯争奪真夏の王者決定戦開催中でして、その勝者と王者松井の頂上決戦が待たれるところです。でも王者は9月22日からの大村G1海の王者決定戦にいないのです(;_;)

 ちなみに自分が若松競艇場に着いたのは9Rパイナップル選抜戦発売中でしたが、レース終了後の野中和夫選手会長トークショーmixi仲間のかっちゃんさんとジャンピーさんに無事会う事ができました。多摩川G1ウェイキーカップでも2人に会いましたが九州の地でも会えたのは喜ばしいのです。
初代OC覇者モンスター野中会長プレス向け専用記念撮影、ファン向けは無し


【他4場の優勝戦】

 中日ファン竜鯱まくり差しさん観覧(表彰式で映ってます動画)レース多摩川東京中日スポーツ賞は埼玉の新鋭91期佐竹友樹が大外まくり差しで初優勝。同期同支部小川時光赤羽克也も早く続いて欲しいですね。
2着には2コース小回り差し崎野俊樹、3着にはイン戦も差された花田和明で、「」ワンツーでした。


 児島一般競走は3コースの飯山泰が10トップスタートを決めますが、イン20スタート鈴木茂正が抵抗の先マイ。これを受けて飯山は差しに切り替え、2コース一番差し宇土泰就に二番差しで続き、宇土に舳先を入れた飯山が2Mを先制して通算12回目の優勝


 宮島日本財団会長杯はイン12トップスタートの重野哲之が2コース平田忠則の28ドカ凹みで壁がない状態ながらもきっちり押し切り、今年6回目にして通算9回目の優勝。児島のしげしげはイン戦失敗4着でしたが、こちらのしげしげはきっちり決めましたね。
尚、2着には5コースから握った松本浩貴が入りました。


 尼崎一般競走は5号艇高橋勲(神奈川)が5R8Rに出場予定だった多羅尾達之(神奈川)と共に整備規定違反(試運転中に互いのプロペラを交換して乗艇した為)で欠場となり5艇立てであります。
 レースですが、今期最強のB2選手・勝率7.83の黒崎竜也がイン戦圧勝で通算5回目の優勝であります。
6号艇で大外ながら5艇立ての為5コースになった白井友晴が差しで2番手につけ、2コース握りマイから2M切り返しでおっつけてきた三好一を包んでかわして2着であります。そして三好は三着、以上でございます。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
競艇電投会員即時募集中
既に会員の方はテレボート
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
勝ち組.net
アクセスランキング
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
おすすめバナー
バナソニック


blogram投票ボタン

livedoor プロフィール
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ