ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

青木幸太郎

青木幸太郎がデビュー初優勝達成!

 今日は児島報知新聞創刊140周年記念競走優勝戦で、福岡95期4314青木幸太郎が22度目の優出にしてデビュー初優勝を達成。
 レースは枠なり3vs3の進入から3号艇のコータローが13トップスタートを決めて捲りきる豪快な内容でした。
 尚、後続は2号艇吉永泰弘が1M捲られた後に立て直してイン艇を捲りきり2番手を航走し、1M二段捲りの4号艇岡瀬正人(岡山)が2Mで6号艇渡修平を行かせての差しで吉永に迫り2周1Mを先行しますが吉永は岡瀬を行かせて捌ききり、2周2M先行で抜け出し2着確保。

 さて、ご存じの通りコータローは魚谷香織オフィシャルブログうおchan)と2010年に結婚して、ぅぉちゃんの旦那として一躍有名に。
 ぅぉちゃん産休中にコータローは2期連続でA1をキープして選手として着実に力を付けてましたが、2005年1月にデビュー初1着(備南競艇事業組合周年記念競走2日目2R)を飾った思い出の地児島で遂にデビュー初優勝の幸せ太郎になりました。
夫婦インタビューが掲載されてた昨年1月の福岡BBP昨年1月のBBPに載ってた夫婦インタビュー



G1徳山クラウン争奪戦優勝戦

 ぅぉちゃんの旦那が初Vを達成した同日にぅぉちゃんの元地元水面徳山では開設59周年記念G1徳山クラウン争奪戦の最終日。
 その徳山クラウンはイメージビジュアルを55周年から4回続いた美少女イラスト(昨年の特設サイト)から佐々木裕美らが登場する選手コラージュ(特設サイト)に一新した新生徳山クラウン元年。

 そして、新生徳山クラウン元年の優勝戦は12356/4の進入から1号艇辻栄蔵が09トップスタートの速攻を決め、通算49回目の優勝は2007年2月26日のG1浜名湖ダイヤモンドカップ以来となるG1V6。

 後続は2番差しの3号艇坪井康晴が2番手も、1M差し順走の2号艇太田和美が1M捲り差しから2M内に切り返してきた4号艇吉田拡郎を行かせての差しでつボイに迫り、2周1Mを内から先行。
 ですがつボイは和美を行かせて捌ききり2着を確保。
コラージュになった徳山クラウンポスター


福岡日本モーターボート選手会長杯争奪戦優勝戦

 全艇がヤマトプロペラを使用した優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇渡辺浩司(福岡)が06トップスタートで1M先制するもややターン流れ、2号艇中嶋誠一郎と4号艇妹尾忠幸の差しに迫られますがなんとか先頭。
 しかし妹尾が2M突進気味に押っつけ、渡辺浩司は全速握って包み込むも流れてしまい、2艇を差しきったヤマトペラのナカシマに抜かれてしまい2番手に後退。
 渡辺浩司は2周1M差し返し狙うも届かず、ヤマトペラのナカシマは今年2回目・通算29回目の優勝で新プロペラ制度実施後の初V。

芦屋サンライズレース開催2周年記念優勝戦

 2年前の今日、全国最初のモーニングレースを開催した芦屋。
 その2周年を記念した優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇上平真二が13トップスタートの速攻を決め、今年4回目・芦屋3回目・通算33回目の優勝
 後続は差し順走の2号艇後藤浩が2番差しの3号艇山本寛久を2M行かせて捌き2着。

常滑七夕特別優勝戦

 1265/34の進入から1号艇吉田健太郎(愛知)が押し切り、今年2回目・常滑初・通算16回目の優勝
 2着は差し順走の2号艇山下和彦(広島)。

魚谷香織が妊娠、産休へ。

ブログネタ
競艇 に参加中!
 今日は全国スター魚谷香織がブログ「うおchan」で妊娠を発表するという出来事がありました。
 ぅぉちゃんは出場中だった鳴門G1大渦大賞を2日順延後の2日目日曜日に病気で帰郷しましたが、体調不良の理由はおめでたによる悪阻だったようですね。

 ぅぉちゃんは昨年11月に青木幸太郎結婚し、コータローの方は鳴門中止順延だった2日金曜日に唐津B級バトル優勝戦1号艇でデビュー初V目前もフライングに散ってデビュー初Vお預けになってしまいましたが、陸の上では願いをかなえました。
 これから約1年間ぅぉちゃんは実戦を離れるので、その間にコータローがデビュー初Vをかなえれば陸の上でも水の上でも幸せ太郎ですね。


2008年10月戸田でのぅぉちゃん12008年10月戸田でのぅぉちゃん2

 さて、今日最終日だった2場は台風12号Talasにも負けず予定通りの日程で最終日を迎えました。

芦屋BOATRACE振興会会長賞競走テレボートカップ優勝戦

 126/3/54の進入からカドの5号艇川上剛(福岡県遠賀郡芦屋町)が09トップスタートを決めて捲りに行き、1号艇丸岡正典が飛びついて両者共倒れになり、差した2号艇岡祐臣が先頭、岡祐臣の内を捲り差した4号艇村田修次が2番手。
 ムラッシュは岡祐臣に舳先ねじ込もうとしますが岡祐臣は外全速ブーン!と握ってかわし、不発のムラッシュは後退。
 かわって、1M岡祐臣の外を捲り差して3番手だった6号艇田頭実(今節選手代表)が2M差しで岡祐臣に迫りますが届かず、三重の岡祐臣は2009年3月グランプリファイナル戦津商工会議所杯争奪津市長賞以来となる通算2回目の優勝

多摩川報知新聞社賞優勝戦

 126/345の進入からダッシュ勢が好スタート決めて3号艇川添英正が捲りきった展開に乗って4号艇吉田徳夫が捲り差しを決め、今年3回目・多摩川4回目・通算65回目の優勝

 2M差し返し狙った川添は艇が浮いてしまい、1M外マイで3番手だった5号艇岡本猛が2M差しで川添に接近。
 2周1Mは内のオカモトと外の川添が並んで回り、2周2Mも同様に並んでますが、3周1M差しに転じた川添がここでオカモトを差しきって2着。

江戸川デイリースポーツ杯初日

 初日は94期の明暗がはっきり分かれ、4Rで4号艇鈴木勝博(愛知94期4276)は捲り差して2番手を航走してましたが、+01のフライング。

 一方、稲田浩二(大阪在住兵庫支部94期4290)は8R1号艇を09トップスタートの速攻、12R江戸川選抜戦2号艇が4号艇橋本久和の2番差しを振り切って先差しと連勝発進でした。

 ちなみに下の画像は16日からの江戸川次節BOATRACE振興会会長賞競走テレボートカップの節間イベント案内です。
 3日目の18日には市村沙樹中澤宏奈のトークショーがあります。
江戸川テレボートカップイベント案内

青きコータローが捲ったMB記念初日に東スポが魚谷香織結婚を報道

ブログネタ
競艇 に参加中!
 今日から始まった蒲郡SGモーターボート記念
 特設サイトでは待望の選手紹介動画も公開されており、今までの蒲郡SG特設サイトとはひと味違います。

 レースの方のハイライトは4Rで123/465の進入から2号艇大嶋一也が先捲りに出たところを4号艇今垣光太郎がカド二段で捲りきり、MB記念V3の実力者が得意枠の青きコータローで1着発進。

 さて、個人的に関東のスポーツ紙で最もボート記事に力を入れてるのは東京スポーツだと思いますが、ネット向けにも蒲郡モーターボート記念東スポ@チャンネルを開設して連日新作YouTube動画が公開されていきます。
 ここまで公開された動画の中では、多摩川代表梶野学志6R3号艇で1着)と常滑代表平本真之8R4号艇で1着)のSG水神祭動画が個人的ハイライトですね。

 ここからは今日の東スポ本紙記事を紹介。

 まず全国発売競走恒例の選手コラムは地元のヒゲダンディ大嶋一也による「インの鬼・大嶋一也」。
 昨日の東スポではページ上段をまるまる使ったロングインタビュー「プロフェッショナル艇人」が掲載されており、インの鬼が自らの苦悩と信念を語って艇界を代表する勝負師としての姿を見せてました。
 ちなみに今日の2走目10Rでは「今や、芸能界の話題をさらうAKB48。今シリーズ、水上のモーターボートレーサーMBR52がファンを惹きつけ魅了します。AKBの総選挙トップ当選は大島。果たして着順このカード大嶋トップ当選なるのかどうか。(動画」と高橋貴隆アナに実況されてました。

 そして、今日の大嶋コラム裏面には「覚えて下さい名新鮮戦力」として全国スター魚谷香織の記事が。
 この記事はSG記事の裏に隠れてましたが、この記事は東スポの超先行情報。
 かねてから噂はあったとはいえ公式な情報は一切流れてませんでしたが、この記事にはなんとぅぉちゃんが福岡95期4314青木幸太郎と結婚して10月から福岡支部に移籍するという大ニュースが掲載されてました。
 できちゃった婚ではなさそうなのと、下のインタビュー動画を見る限り師匠原田篤志も後押ししてくれてるようなので移籍を機に夫婦共さらなる活躍が期待できそうですが、気になるのはぅぉちゃん★ぶろぐ
 アメブロ総合ランキングでベスト1000に入る程の超人気ブログはBR徳山が管理してるので、支部移籍後の扱いが気になるところです。個人的には管理がBR福岡あたりの場に替わってもいいのでURLはそのままに続けてほしいですね。
ぅぉちゃんとコータローが結婚!

 あと、今日の東スポでは個人的に最終面の岩谷テンホー&マーティ・フリードマン対談がツボでした。

 以上の記事が読める東スポバックナンバーの購入申し込みページはこちらです。


芦屋ヤング・シニア・レディース三つ巴戦優勝戦

 団体戦はヤングチームが制した三つ巴戦、個人戦のファイナルは内枠2名がレディース、外枠4名がヤングに。
 そして枠なり4vs2の進入から1号艇日高逸子(福岡)が07トップスタートの速攻で押し切り、自らが持つ女子選手史上最多優勝記録を更新する通算63回目・芦屋3回目・今年3回目の優勝
 デビュー初優出だった3号艇前田健太郎(福岡96期4346)がつけ回って2番手を航走し、32凹みスタートから立て直してきた女子選手優勝回数歴代2位の2号艇山川美由紀を2M行かせて捌き2着。

 ちなみにまえけんは同期に全国スターのぅぉちゃんと篠崎元志新田雄史がいて、関東地区スター若林将足立かなえの夫婦も同期。
 ペラグループは弟の102期4504前田将太と同じ太宰府げってん会で、先輩には平田忠則や今節同じ斡旋だったコータローや優出6号艇だった江夏満などがいます。

唐津オラレ呼子開設4周年記念優勝戦

 SG期間中ビール無料キャンペーンを実施する虎ノ門ていちゃんカフェ情報も満載なオラレ公式ブログに施設についてのQ&Aがあるミニ場外オラレの第1号オラレ呼子の開設4周年記念。

 優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇鳥飼眞が押し切り、少年時代BOØWYに憧れミュージシャンを目指してた鳥飼眞は今年2回目・唐津初・通算31回目の優勝で、4日目8R2号艇2着以外全て1着の準完全V。
 後続は捲り差して2番手の5号艇古澤信二に対し2周1Mで4号艇西村勝が内から迫るも、古澤は2周1M→2周2M→3周1Mと外全速戦で包みきって振り切り、福岡ワンツーの2着。

 ところで、BRからつ本場に併設の外向発売所はドリームピットですが、jumpingFLOWERkanaことからつ実況石川香奈恵アナはjumpingFLOWERとも縁が深い福岡市中央区赤坂のライブハウスDREAM BOAT移転に伴うドリームボートラストライブに行ってきたそうです。

江戸川競艇場は昨日から場外発売再開〜モニターリニューアル

 今日は勤務終了後、自転車を走らせ江戸川競艇場に行ってきました。江戸川競艇場は鳴門G1競艇名人戦場外発売以降、GW全休だったので昨日から始まった蒲郡G1オールジャパン竹島特別平和島関東日刊紙競艇記者クラブ杯の昼夜場外発売が久々の江戸川場外。
 そしたら、大屋根メインスタンド両端に新モニター「Fujitsu Super Frontech Vision」が2台設置されてました。もともと大型映像があった1マーク側は画面の縦横比率が変わったくらいにしか感じませんでしたが、反対側に大型映像が設置されたのはなんか新鮮な感じですね。ちなみに6月13日からの江戸川競艇本場再開第2弾開催は第1回の富士通カップです。

 あと、福岡SG笹川賞最終日の31日は大ビンゴ抽選会を実施するそう。内訳は、開門時に先着1000名様にラッキーカードを配布し、3Rの3連単下2ケタ配当と同じ番号のラッキーカードをお持ちの方にビンゴカードを配布。そして7R発売中に大ビンゴ大会です。
 景品は液晶テレビ1台、任天堂のWii&Wii Fitが1台、同じくNINTENDO DSiが2台、ブルーレイレコーダーが1台、SCEのPLAYSTATION3が1台、同じくPSPが2台、自転車が5台となってます。自分は当日江戸川競艇場に行かない予定ですが、ビンゴカード当選への狭き門さえくぐり抜ければ豪華景品が待ってますね。
入口側に設置された大型映像装置1M側も富士通製にリニューアル昨年江戸川大賞in蒲郡初日時点の大屋根大型映像付近


芦屋G3新鋭リーグ戦競走第5戦2日目

 選手紹介動画が見逃せない新鋭リーグ第5戦。2連対率3位で前検タイム1位の好モーター22号機を引いた福岡競艇地区スター青木幸太郎は初日1走目の3Rが5号艇4カド進入から09トップスタート踏み込んでの捲り一撃、2走目の10Rが2号艇3コースから捲り差しでぶんぶんと走り回って初日連勝。
 そして今日は10R3号艇1回乗りで、1号艇下條雄太郎に2号艇海野康志郎と内枠3人の名前が韻を踏んでた番組でした。
 で、コウタローは3号艇4カド進入から午後は○○おもいッきりいい08トップスタート踏み込み絞り捲り。直外5コースから二段捲りを打った4号艇堀本泰二(下関地区スター)を振り切って1着ゴール。走れコウタロー3連勝であります。
 ちなみにコウタローの22号機は3節前のプラスミック杯争奪戦では阿波勝哉が抜群の伸びで11戦9勝の成績を残して優出1号艇になり、優勝こそならなかったもののA1維持を決めた好モーターであります。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
競艇電投会員即時募集中
既に会員の方はテレボート
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
勝ち組.net
アクセスランキング
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
おすすめバナー
バナソニック


blogram投票ボタン

livedoor プロフィール
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ