ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

長畑友輔

唐津G1で中辻崇人が記念初V、江戸川で長畑友輔がデビュー初V。

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 唐津開設59周年記念G1全日本王者決定戦特設サイト)は台風16号の影響で徳山・若松と共に1日順延となり今日が最終日。
 
 ファイナル全日本王者決定戦は枠なり3vs3の進入から3号艇中辻崇人が捲り差しを決め、今年4回目・唐津4回目・通算32回目にして記念初優勝
 惜しくも記念初Vならなかった1号艇古賀繁輝(佐賀94期4294)は4号艇白井英治の捲り差しを2M行かせて捌き、2周1Mでは白井西京の切り返しを包んでかわし2着。



江戸川スポーツニッポン杯優勝戦

 本日は9Rまでが2周戦でしたが、終盤3つの賞典レースは3周戦で開催されました。
 迎えた優勝戦は捲り差した3号艇久田敏之と差した4号艇長畑友輔(東京94期4274)の先頭争いになり、2M内から先行した長畑友輔が抜け出し単独先頭。
 久田敏之の差しはややもたつき、BS3番手だった1号艇原田富士男が2M外握って久田敏之を捲りきって単独2番手に上がり、先頭を猛追しますが長畑友輔は振り切り、8度目の優出にしてデビュー初優勝

 ちなみに写真は2008年1月の江戸川護岸工事前最終開催だった日本モーターボート選手会会長賞選手紹介で多摩川地区スターとして登場した時のものです。
江戸川で大願成就した多摩川地区スター長畑友輔


 ここで優勝戦以外の出来事。
 2周戦の1Rで4号艇中山雄太が2周1Mで波に引っかかってエンスト失格を喫しました。

徳山JLC杯争奪ライジングスター決定戦優勝戦

 G1新鋭王座決定戦競走特設サイト)直前の企画開催第3弾はオール4000番台による開催。

 優勝戦は枠なり3vs3の進入から06トップスタートの1号艇渡辺浩司(93期4256)が2号艇中越博紀(93期4260)のつけまいを受け止めつつ4号艇長尾章平(山口93期4264)の差しを振り切り、通算V6にして徳山初優勝

 2番手の長尾は2Mターン流れてしまい、中越が3号艇安達裕樹を行かせての差しで長尾を逆転。
 中越に対し安達ゆが内に切り返して迫りますが、2周1Mで中越は安達ゆを外から全速包みこんで2番手をキープ。
 尚、ここで安達ゆの更に内に潜り込んだ5号艇西山貴浩が合わせきれず空振りに終わった直後に振り込んで選手責任転覆。
 そして2周2M、内から艇を伸ばした安達ゆが先行を果たし、やや差し遅れた中越と同体に持ち込みますが、3周1Mには転覆艇がいたため内側優先で中越が2着。


 尚、昨日ニコニコBOATRACE@JLCで最終選考が放送された新鋭アイドル選抜総選挙吉沢七海が優勝して新鋭王座に節間来場する事が決定しました。

サンケイスポーツ旗争奪尼崎選手権競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入から4号艇吉田慎二郎が03トップスタートをバチーンと踏み込んでカド捲りを決め、今年2回目・尼崎初・通算4回目の優勝
 後続は粘った1号艇石田政吾が2号艇大平誉史明と5号艇小林一樹の差しを2M行かせて捌ききり、1M外マイから2M2番差しで接近する3号艇杉山正樹を2周1M行かせて捌き2着。

津インクル1周年記念レース優勝戦

 外向発売所津インクルの開設記念優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇山室展弘が3号艇室田泰史の捲り差しを振り切り、通算4回目・通算108回目の優勝

 ちなみに実況担当佐竹亮アナのツイッターに表彰式の様子と写真、場からのお知らせに表彰式プレゼンターの有限会社アップライト小林習之取締役社長から優勝カップと副賞の松阪肉が贈られて笑顔を見せている写真が掲載されてます。

若松ポカリスエットカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇川添英正(福岡)が14トップスタートの速攻を決めて、若松3回目・昨年6月みなづき第2戦以来となる通算27回目の優勝
 後続は捲り差した5号艇藤田靖弘が2番手、差した4号艇平尾崇典と捲った3号艇松尾昂明(福岡)が追走し、藤田靖弘が2M平尾崇典を行かせて捌ききり、松尾昂明の2番差しを振り切って2着。

児島楽天銀行杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇茅原悠紀(岡山)が09トップスタートも、カドから一生懸命に絞ってきた4号艇長溝一生を意識し過ぎてしまいターン流れ、捲り差した長溝一生が先頭に。
 そして長溝一生は2M茅原ゆうきの差し返しを振り切り、2009年11月平和島日本トーターカップ以来となる通算26回目の優勝

艇王引退でウェイキーくんもいなかった多摩川の表彰式

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 台風による中止順延で本日が最終日になった多摩川報知新聞社賞。先週の段階で本日は平和島のつもりでしたが、Tokyo bay piratesクラブ員にして東京ダービー王でもある微笑天使齊藤仁が1号艇で優出したので剪定された植木に囲まれた多摩川競艇場に行ってきました。
 優勝戦は白い道着を纏った微笑天使齊藤仁がイン14トップスタートを放ち、3コースから攻め込んできた3号艇瀬尾達也を軽くいなし一本取って今年3回目、通算12回目、そして東京3場で唯一優勝経験が無かった多摩川で遂に優勝。つけまい不発も2M捌いた瀬尾が2着でした。

 微笑天使なだけあって齊藤仁は永島美織アナ司会の表彰式(動画の6分過ぎ)で結構なボケをかまし、「どの辺りで優勝を確信されましたか?」という問いに対し「今、この壇上に上がるまでは確信してませんでした。」と返し、「ウイニングランもしましたけど?」と突っ込まれたら「一応、間違いがあったら困るんでウイニングランさせて貰いました。」と返しました。
 でも、月曜日が前検の次走桐生SGオーシャンカップについては「明後日前検なんで、今日の12時までは優勝にひたって、12時01分からはオーシャンに向けて頑張ります、ハイ。」と微笑天使らしい口調で意気込みをあらわに。ちなみに齊藤仁は蒲郡SGモーターボート記念にも出場するので、MB記念で優勝すれば勝率に関係なく平和島SG全日本選手権に出られます。

 そんな表彰式でしたが、何かが足りませんでした。そうです、まるで艇王植木通彦の引退に合わせたかのようにマスコットの青い不死鳥ウェイキーくんがいなかったのです!だから記念撮影も齊藤仁単独で物足りなかったのです。表彰式に必ずいるウェイキーくんが今日最大のお目当てだったので、いなくてさみしかったのです。
微笑天使齊藤仁とみおりなでしこ、でもウェイキーくんは…

 さて表彰式終了後、94期東京BPクラブ員長畑友輔ファンのまっちゃんさん、よしのぶさん、それにまっちゃんさんの知り合いの長畑友輔ファンさんとながはたゆうすけを北門で出待ち。前走地江戸川さわやか杯で4日目からの追加ながら6走中5走で3連対と好調だった長畑、今節は勝ち星こそなかったものの10走中2着4本、3着3本の成績で今節勝率5.50と適用勝率3.58を大きく上回る数字を残し、着実な成長をうかがわせています。その後は、よしのぶさんとカミカゼもいちさんの店福寿@芦花公園で炒飯を食べてきました。
長畑友輔くんを出待ち


【多摩川ファン投票2連発】

 多摩川競艇では齊藤仁も出場するお盆開催大郷葉月杯(8月14日〜19日)のドリームトライアル戦ファン投票と植木通彦引退記念G1ウェイキーカップ(9月19日〜24日)のダブルドリーム戦ファン投票を実施。自分も本日投票してきました。以下がその24人です。

ボートピア大郷開設記念大郷葉月杯
愛知の特攻隊長上島久男
ミスター多摩川高橋四郎(多摩川競艇と同じ1954年6月9日生まれ)
西田靖
川名稔
矢後剛
田中雅文公称70kg
鈴木茂正しげしげ日記が無くても理子の日記が連載中)
高橋勲
村田修次
作間章
もちろん齊藤仁
100期大型新人松竹大輔(5月デビューで既に2度の準優進出)

G1植木カップ
59期3261大川茂実(今日の多摩川11R選抜戦イン戦大失敗の5着)
59期3278山田豊
福岡支部39歳打越晶
服部幸男先生
石川真二
仲口博崇
前本泰和(多摩川次節ダブル優勝tvkカップで7連続Vにチャレンジ)
向所浩二(多摩川では向かう所敵無し)
福岡支部宮地秀祈
秋山直之(今日の多摩川で優出3着だった秋山広一とのW秋山参戦)
中村有裕(な○○○ゆうすけ)
福島勇樹

G3函館記念キルトクール】

 キルトクールは前売1番人気の3歳馬ナムラマース秋山真一郎騎乗)。いくらハンデ戦で53kgでも、世代レベルからこのメンバー相手には通用しないでしょう。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
競艇電投会員即時募集中
既に会員の方はテレボート
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
勝ち組.net
アクセスランキング
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
おすすめバナー
バナソニック


blogram投票ボタン

livedoor プロフィール
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ