ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

鎌田奈津美

カマナツ2010・G1戸田グランプリは賞金12位の赤岩善生が優勝

ブログネタ
競艇 に参加中!
 カマナツ2010、この秋・戸田で開催。
 ということで鎌田奈津美をイメージガールに起用した戸田ボートコース開設54周年記念G1戸田グランプリが本日最終日。
バトルの期待、興奮に包まれる。

 優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇赤岩善生が12トップスタートの速攻で押し切り、戸田は8月の前回一般競走(通算1000勝達成記念競走)に続く5回目・今年8回目・記念V4となる通算51回目の優勝
 賞金ランキング12位の赤岩の直後につける13位の4号艇石田政吾が差して2着に入り、3番手は1M捲り差し届かずも2M小回りで浮上した6号艇滝沢芳行(埼玉)が航走してましたが、なんと5号艇山本寛久が3周2Mで地元タッキーを捲りきって大逆転で3着になりました。

 特設サイトで動画を見られるテレ玉バッハプラザレポーター西岡麻生司会の表彰式ではインタビューやカマナツとのツーショットシーンも収録されてますが、改めて赤岩善生は中村獅童に似てると思いましたね。
赤岩善生インタビュー矢田亜希子似のカマナツから中村獅童似の赤岩へ花束贈呈赤岩善生と鎌田奈津美のツーショット小切手編赤岩善生と鎌田奈津美のツーショットトロフィー編赤岩善生と鎌田奈津美のツーショットカップ編赤岩善生即席サイン会


G1丸亀ダイヤモンドカップ優勝戦

 142/356の進入から丸亀連続出場の6号艇出畑孝典がスリット出過ぎて+01のフライングに散ってしまいますが、出畑の捲り差しは4号艇重成一人(香川)に乗り上げてしまい失速と展開を左右するまでには至らず、2号艇平本真之の捲りをこらえきって2Mを先行した1号艇松井繁(1969年11月11日生まれ)が自らの誕生日前日にSGV10を含む記念54回目・今年3回目・丸亀3回目・通算97回目の優勝
 惜しくも捲り届かなかった平本が2着、差した3号艇秋山直之が3着。

 ちなみに特設サイトで動画を見られる表彰式で王者は選手会長賞として香川支部理事柳澤千春から表彰され、本日イベントで来場したVe.ナースのレッドヴィーナース華彩ななとブルーヴィーナース柳野玲子とオレンジヴィーナース河井あすなから花束をもらいました。

唐津ボートピアみやき開設1周年記念優勝戦

 昨年ミニボートピアみやきとしてオープンし、増席と発券機増設でミニが取れてボートピアに昇格したボートピアみやき開設1周年記念。
 優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇北川幸典が4号艇石塚久也の捲りを受け止めて押し切り、今年2回目・通算58回目の優勝
 後続は石塚と捲り差す6号艇中里昌志と23凹みスタートも小回り差しで立て直した3号艇下田哲也の3艇で2番手接戦となり、2M最内の下田が先行しようとする所に石塚のまいうーな全速つけまいが決まり、HS2番手争いをリードした石塚は2M差してきた中里を2周1M行かせて捌き2着。

 ところで、昨日は23日からの次節SGチャレンジカップ媒体訪問(目標売上105億円)が復活!ミニスカポリスを帯同して行われました。

 媒体訪問に参加したミニスカポリスははづきちずみで、SGチャレンジカップ特設サイトによると2人は唐津本場でも節間全レースのラウンドガールを務めたり場内を巡回したりの任務にあたるそうです。
BOAT RACEからつで復活!ミニスカポリス


下関美祢組合開催43周年競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入から3号艇清水攻二(岩国市)が絞り捲り直行で攻めきり、昨年4月の徳山周南市制6周年記念くすのき賞以来となる通算8回目の優勝
 後続は4号艇宇佐見淳の捲り差しと、5号艇落合敬一と6号艇松村康太の差しで3艇が2番手接戦となり、BS中の落合が2Mで外のうさみみを牽制しつつ内のコータを包みきって2着。

カマナツ2010。この秋、戸田で開催!

ブログネタ
競艇 に参加中!
 今日は三国JLC杯4日目11R準優勝戦で15634/2の進入から全艇フライングに散るレース不成立事故があり、2個準優制の為12R準優勝戦の6人が自動的に優出する出来事がありました。

 そんな今日の自分は開設54周年記念G1戸田グランプリ2日目の戸田ボートコースに行ってきました。

 今年3月の開設53周年記念G1戸田グランプリは年度末開催だったのと平和島SG総理大臣杯直後だったのもあって「TODATODATODA本気のトダを見るがいい」のキャッチコピーは経費削減に向けられてた感が強く、媒体訪問無し特設サイト無しで節間ゲストイベントは5日目の川口和久スポーツ報知予想会のみと戸田恒例の演歌ショーすら無く、経費削減に本気のトダを見ました。
TODATODATODA 本気のトダを見るがいい。

 それに対して今回の54周年はイメージガールに鎌田奈津美を起用、3日目はおかもとまりマシンガンズが来場。
 53周年では無かった戸田名物演歌ショーも5日目の川野夏美を筆頭に今日行われた花咲ゆき美、4日目の山口ひろみがあります。
 前年度は無かった特設サイトも開設され、カマナツを伴った媒体訪問も行われ、前年度よりかなり宣伝に力を入れてるのがわかります。
バトルの期待、興奮に包まれる。鎌田奈津美と川野夏美、2人のNatsumi.Kポスター

 ちなみに、蒲郡で開催された今年のSGモーターボート記念では本場向けに「ガマナツ2010」がありましたが、ガマナツ2010を宣伝してたのは島木譲二総帥率いるガマガマ団でしたね。


江戸川JLC杯4日目

 今日の日本シリーズ第6戦は延長15回引き分けの激闘で6時間近いロングゲームになりましたが、河原純一も11回表に登板。
 河原純一はセンター大島のファインプレーもあってピンチを抑えきりました。

 そして江戸川の第9Rでは3号艇河原順一が捲りを決めてシリーズ初1着を飾りました。

 次に、明日の予選最終日を前に予選得点率上位者の紹介です。

9.50吉川昭男 8.71坂元浩仁 8.50今坂晃広 8.17北川潤二 7.50桐生順平 7.33寺本重宣 6.71山崎善庸佐口達也 6.67上野真之介 6.50星野政彦 6.43秋元哲中野秀彦

 江戸川初出場の佐賀102期4503上野真之介が今日の第8R1号艇で節間4勝目を挙げ、初日第9R選手責任転覆による減点をはねかえして優出圏内に顔を出してきました。

 尚、泥谷一毅第4R第8Rに出場した後に私傷病で帰郷しました。

SKE48常滑まあメイドGPは石田政吾が優勝で常滑3連続V

ブログネタ
競艇 に参加中!
水上に、熱い戦いを。 「とこなめもっと盛り上げ隊!!」としてSKE48から選抜された6名をイメージガールに起用したTKN57G1マーメイドグランプリが本日最終日。
 ちなみに6人の内訳は佐藤実絵子加藤智子秦佐和子大矢真那須田亜香里1991年10月31日生まれ)と高柳明音で、このうち佐藤実絵子と加藤智子が平本真之を伴って媒体訪問にも参加しました。
 また、日曜日のSKE48イベント写真はトコタンtwitterで見ることが出来ます。

 優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇石田政吾が11スタートの速攻で石田あんなガンバリマシテ前走地大村市長杯に続く今年12回目・通算61回目の優勝でまあメイドGPは記念初Vだった2000年の47周年以来となるV2で記念通算V6。
 他艇が握り合って喧嘩する中、ブイ際ずっぽり差した6号艇太田和美が2着に入り、9月の三国G1北陸艇王決戦と逆のワンツーになりました。

 ちなみに石田政吾はこれで常滑3連続V。とにかくとこなめと相性がいいわけですが、まあメイドGPの斡旋が入った当初は個人的に残念でした。
 なぜなら石田政吾は今年G3企業杯をV4ですが、そのうちビール会社でV3。
 まあメイドGP前検と最終日が被る桐生G3企業杯サッポロビールカップの斡旋が物理的に不可能となった事でビール杯グランドスラムが夢に消えてしまったのが理由ですが、9月末の住之江G1高松宮記念特別競走2004年のみそぎVを飾る大仕事を成し遂げた時に、そんな思いは消え去りました。
 しかも優勝という最高の結果を残したというのが凄いです。

若松ミニボートピア北九州メディアドーム開設4周年記念競走優勝戦

 2連勝ナイトフェスタ第4弾開催となったミニボートピア北九州メディアドーム開設4周年記念は枠なり3vs3の進入から1号艇原田篤志(1979年10月31日生まれ)が13トップスタートの速攻で1Mを先行し、やや流れて2号艇今坂勝広に差されそうになるも振り切り、2008年7月鳴門市議会議長杯競走以来となる通算3回目の優勝を誕生日の翌日に飾りました。
 ガッツ今坂は2周1Mやや膨れた所を3号艇峰竜太に差を詰められ、2周2M先行されるものの冷静に差して2着。
2連勝ナイトフェスタ

 さて、原田篤志といえば今節3日目に来場して南明奈と共演した全国スター魚谷香織の師匠として有名ですが、周知の通りぅぉちゃんは福岡95期4314青木幸太郎と11月5日に結婚して福岡支部に移籍。
 愛弟子は福岡に嫁ぐ事になりましたが、ペラも回るが口も回る福岡ボートオフィシャルペラ坊ブログ最新記事を見ると結婚式にはぅぉちゃんも団員の宝塚犬組公演が予定されてる事を匂わせてます。
 おそらく今まで演ずる側だったぅぉちゃんが公演を見て感動する姿が想像できますが、ぅぉちゃんも大喜びしてると思う師匠原田篤志の優勝は結婚式の祝辞よりひと足早い最高のご祝儀になりましたね。

 ちなみに下の動画はぅぉちゃんから師匠への思いがたっぷり伝わってきます。


戸田一般競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入から内枠2艇がスタート遅れ、11スタートの3号艇重野哲之(静岡83期3995)が絞り捲りを敢行。
 捲りきった重野に対し5号艇前沢丈史が2号艇中嶋達也(デビュー初優出だった兵庫100期4449)を叩いての差しで迫り、立て直した1号艇秋山直之(群馬83期3996)も迫りますが、マラソンマン重野は同期秋山を締め切り、その内にいた前沢もギューっと締め切り、2Mを先行して今年3回目・戸田2回目・通算25回目の優勝
 秋山にゃんは2M外全速ぶん回しで前沢を捲りきって2着を取り切り、共に今節追加斡旋だった同期連番ワンツー完成。

 さて、戸田次節は5日からいよいよG1戸田グランプリ
 今節優出ワンツーを飾った83期からは地元3983須藤博倫を筆頭に、3978齊藤仁と3986沖島広和が出場予定の戸田GP、最終日にはイメージガールの鎌田奈津美が来場予定でガマナツ2010ならぬカマナツ2010の戸田GPです。
バトルの期待、興奮に包まれる。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
競艇電投会員即時募集中
既に会員の方はテレボート
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
勝ち組.net
アクセスランキング
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
おすすめバナー
バナソニック


blogram投票ボタン

livedoor プロフィール
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ