ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

野添貴裕

大村JAL男子王座決定戦+デビュー初優勝とデビュー初勝利

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 LOVE&BEAUTY大村G3企業杯JAL杯は13日から始まり本日が最終日。準優勝戦があった5日目は入場1789人に対して利用30658人と全国から熱い注目を集め、マイルクラブ大村24効果もあって当日の開催で最も利用者の多い開催となったでおじゃる。
 そんなJAL男子王座決定戦はドリーム戦を制した勝野竜司こそ節間2度の不良航法で賞典除外になってしまいましたが、今年V6メンバー入りを狙う石田政吾は節間6勝とガンバリマシテ優勝戦1号艇。
 しかしレースは枠なり4vs2の進入から4号艇大庭元明が捲りに行き、石田政吾は大庭の捲りを飛ばしに行ったら流れてしまい、この展開を突いて捲り差した6号艇石川吉鎬に突き抜けられてしまいV6ならず。石田政吾は2M全速戦から2周1Mの差しで単独2番手を取りきるのがやっとでした。3周1Mターン膨れて3号艇新井敏司に差を詰められたものの、3周2M差してしのぎきり2着を守りました。

 優勝してJAL男子王座の栄冠を勝ち取った奈良県智辯学園出身の石川は2005年メーデーのびわこ滋賀県知事杯争奪ビナちゃんカップ、2005年10月の津一般競走に続く通算3回目の優勝ですが、ビナちゃんカップが2連単23410円3連単51730円、津が2連単こそ1950円も3連単12120円、そして今回が2連単11790円3連単56800円といずれも万舟を呼ぶ男になっております。

浜名湖中日スポーツ2007ファイナルカップ優勝戦

 予選3日間と4日目の頂上決戦進出戦を男女別に戦い、頂上決戦進出戦を勝ち上がった男女3名ずつで争われた頂上決戦はデビュー初優出の1号艇沼田克彦(徳島91期4198)がイン02トップスタートの速攻で押し切り初優出初優勝の一発ヅモを決める快挙。ちょっぴりハニカミ系のうずしおニューウェーブはレース後勿論水神祭を行い、同期三浦永理(静岡91期4208)も一緒に感動スタジアム浜名湖へ入水。ちなみに沼田の過去2節は江戸川JLC杯戸田一般競走と首都圏のファンに名前を売り込んだ斡旋となってました。
 後続は2コース11スタートから順走の2号艇角ひとみが2着、3コース13スタートからの捲り差し不発も2M捌いて上がった3号艇横西奏恵が3着。以下枠番順に入線して進入が3vs3の枠なりなら着順も枠なりで、更にはスタート順も枠なりでした。

住之江年の瀬競走2日目

 SGV7を含む記念V46、艇界史上1位の通算3417勝を誇る5期メン1481北原友次元選手のお孫さん、99期4423坂口貴彦18歳が1R5号艇で登場し、123/465の進入から捲り差しを決め先頭。しかし差されても踏ん張る1号艇は永遠のマイトガイ小林旭63歳、内で粘る2号艇吉野光弘51歳との差は僅かで、しかも2M先制の坂口貴彦はターン流れてしまいますが、2周1M何とか締めて先に回り、昨年11月11日児島競艇マクール杯3Rでの転覆デビューから約1年1ヶ月、遂にデビュー初1着を飾りました。次は同期大原由子の番ですね。

 坂口つながりですが、5コースの5号艇足立保孝が長い写真判定の結果00で生き残った12Rは1号艇坂口周がイン逃げでシリーズ初1着となっています。
 それにしても住之江でこの時期に一般開催が行われるのは2000年12月18日の一般競走以来と、実に久しぶりなのです。

江戸川一般競走3日目

 第3Rが始まりました。1号艇谷田昭利が4号艇今出晋二の捲りを振りきって1着になったこのレースは、5号艇矢後剛が2号艇小林謙次と3号艇大澤大夢の間を割ろうとするも行き場を無くして2艇に追突(動画)。このうち大澤は回復できずにエンスト失格です。

 シリーズの主役西川新太郎は3号艇で登場の前半第6Rで捲りに行くも掛かりが悪く流れてしまい4番手。ですが前方で逃げる1号艇山口隆史を差して追走してた2号艇天野誠が2Mでターン膨れてしまい、そこを差した西川は3着入線。オール2連対が途切れてしまいました。

 4号艇で登場の第12R13トップスタートの1号艇竹田広樹に対して、4号艇西川新太郎、略して西新はカド19スタートから強まくり敢行。竹田は振りきりかけますが出口で跳ねてしまい、西新から勝新になる1着ゴール。

芦屋ボートピア金峰オープン3周年記念レース優勝戦

 ツケマイ娘。がいるボートピア金峰オープン3周年記念レースはイン18トップスタートの1号艇鈴木博が4号艇岡部大輔の4カド捲りを張っての旋回で押し切り通算32回目の優勝。副賞として協賛の南さつま市から芋焼酎 桜島を10本どどんと贈呈されています。
 2番手は2コース順走の2号艇福島勇樹と大外捲り差しの6号艇馬場貴也でほぼ併走。2Mでゆーき王子は内から突っ込んできた3号艇平本真之を全速包んだのに対し、馬場は小回り。岡部も差して2番手争いに加わります。2周1Mは内の利で岡部が先行も、ここでゆーき王子が手にハンカチ握る激しい全速戦を披露して岡部と馬場を捲りきって2着。2周1M差しに構えた馬場が4号艇のおばけ(動画)を振りきって3着。

丸亀年末ファン感謝ゴールデンカップ優勝戦

 132/465の進入から4号艇坂東満が05トップスタートを決めて絞りに行くも、1号艇は瀬戸の海王山下和彦が艇を伸ばして先マイ成功。バンドマンと5号艇麻生慎介の捲り差しを振りきった山下和彦(広島)が丸亀V6、通算41回目の優勝。今年は11月ボートピア呉徳山開設15周年記念瀬戸の海王決定戦に続くV2です。
 2番手はバンドマンと麻生の争いになり、2M内に切り返して先行したバンドマンを全速で捲った麻生が2周1Mもバンドマンに全速つけまいを浴びせ、ここでバンドマンは引き波にはまって勝負あり。広島ワンツーとなりました。

唐津一般競走優勝戦

 携帯マクール唐津競艇コーナーで大好評連載中「エンタ亭カナエの先走りブログ」が初めて前編後編に分割された今節の優勝戦は14/23/56の進入から2号艇中野次郎が捲り、これに1号艇今井貴士が飛びつき両者共倒れ。この展開を突いて捲り差しを決めた3号艇野添貴裕が通算21回目、唐津2回目の優勝。YellowSmileがキラリ眩しい5号艇篠崎元志が1M差しから2M捌ききって2着でした。
 優勝した野添は2日目12Rで3コース03トップスタートから捲りを決め先頭独走も、2M出口で勢い余って振り込み選手責任転覆(動画)をやらかしましたが、転覆してもかげりをみせなかったスピードとパワーとスタート力は優勝戦でも10トップスタートを決めております。

阿波・織田・多羅尾79期連番トリオ登場の江戸川&津つつじ賞初日

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 江戸川競艇今シリーズは第8回日本写真判定社長杯(優勝賞金100万円)。今日から21日までの6日間のロングランシリーズです。第3Rが始まりました。蒲郡SGモーターボート記念江戸川代表の1号艇阿波勝哉(79期3857)が大外へ出まして234/561の並びです。スピードが乗ってきました、第3Rスタートしました。2コース15トップスタートの3号艇織田猛(79期3858)が先に捲りますが、大外からアワカツが豪快につけまい。そのまま先頭に立って1着でゴール。織田が2着に入って同期連番ワンツー完成です。
 4カド差しの5号艇三瀬譲と5コース差しの6号艇松浦勝(79期3867)による3着争いは、3周1Mの差しで主導権を握った松浦が3周2M三瀬の全速戦を振りきって3着ゴール。ここに79期ワンツースリーが完成しました。

 目を離せぬ攻防戦が相次いでいます今日の競走水面です。第11Rを開始します。インの利を取りに行きました1号艇林恵祐が3号艇3コース多羅尾達之(79期3859)のつけまいをこらえて先頭も+01のフライング返還欠場(返還総額1208万7700円)。2Mを回らずに林はピットに帰還いたしましたが、タラちゃんはF艇に進路を塞がれる格好でターンの初動が遅れてしまい2Mを大回り。4カド差しで3番手を追走していた4号艇織田猛(79期3858)がこの展開に恵まれ、2Mを小さく回ってタラちゃんを逆転。1着ゴールは織田猛この日2回目の同期連番ワンツーです。

 第11RFに散った林恵祐の前半第7Rはエキサイティングな攻防が相次いだ2着争いとなり、3周2M内の利で先に回った6号艇の林恵祐は3周2M捲り差しの4号艇笠井広幸、3周2M差しの2号艇三瀬と3艇ほぼ同時のゴール。日本写真判定の機器による精密な写真判定の結果、5cm差で林恵祐は笠井に競り勝ち2着。三瀬は2艇に0.1秒差の4着でした。

 今シリーズの有力処と目されるメンバーが一斉にピットを飛び出してきました。江戸川選抜の開始です。一斉にスタートゾーンを飛び出していきましたが、2コース差し順走不発で5号艇山本寛久(79期3874)との3番手争いだった2号艇川上昇平が+01のフライング返還欠場(返還総額623万5300円)。
 ちなみにイン00タッチスタートで生き残った1号艇野添貴裕1着、4カド差しの4号艇今坂勝広が2着でした。69期大阪支部の野添は00で優勝戦線に生き残りましたが、野添に投票した自分の優勝者当てクイズも00で生き残りました。

 タッチスタートで生き残った野添は6号艇で登場した前半第8Rが圧巻で、07トップスタートから強烈な絞り捲りで1着、初日連勝となっています。
 その第8Rは2号艇森久保亨(今シリーズ選手代表)が2番手でしたが2Mで艇が浮いて流れてしまい、1号艇松浦勝が松浦ありゃりゃと2番手、3号艇竹内好一が3番手に浮上。2周2M内を鋭く回った竹内が松浦と同体に持ち込むも、3周1M差した竹内が再び単独2番手に。竹内は3周2Mの差しで再び松浦に迫りますが、最後のHSで突然よれてしまいましてあわや向正面に行ってしまうかというアクシデント(動画)が発生して松浦が2着を守っています。

津G1つつじ賞王座決定戦初日

 江戸川競艇場で6日間完全併用発売の津つつじ賞。自分は空調完備の4F第5投票所でアワカ津の走りを見津津、津つつじ賞の舟券も買ってました。第5投票所は1M側で江戸川の情報、2M側で併用場の情報を流してるので両方買いやすくて便利なのです。
 2Rは2コースから差した2号艇白石健が先頭、3コースから捲り差した3号艇高沖健太が2番手でしたが、2Mでしらけんを差そうとした高沖がしらけんの艇尾に乗り上げ両者転覆(動画)。転覆艇に乗り上げた6号艇齊藤仁も不完走失格になる不快なアクシデントで高沖は妨害失格、そして負傷帰郷となりました。尚、4カド差し不発で最後方も、2Mで事故現場の内を突いて不快なアクシデントを逃れた4号艇深井利寿1着です。

 高沖欠場で5艇立てになった8Rは高沖欠場で4カド戦になった5号艇淺田千亜希が1M差しから2M先取りで押し切って1着。14日にボートピア名古屋でつつじ賞キャンペーンのトークショーを行った淺田千がシリーズ初戦を飾りました。本日は5Rでも寺田千恵がスタート遅れを取り返す角度鋭い2コース小回り差しで1着になっており、女子選手が2戦2勝です。

 ツッキードリーム戦は1号艇魚谷智之(76期3780)が1着、3号艇濱野谷憲吾が3コース差しで2着でした。そして大外進入になった5号艇原田幸哉(76期3779)は捲り差しを2号艇2コースの今垣光太郎に抵抗されて同期連番ワンツーを阻止されるもガキさんを捲りきって3着です。

 ところで、グランプリファイナル戦津市長賞優勝で本来なら当然つつじ賞に出るべきの林美憲がなぜか江戸川を走っていますが、林美憲を呼んでおけば明日の津グランプリ覇者ドリーム戦シリーズ第3戦覇者中村有裕欠場による補欠繰り上がりの矢後剛シリーズ第10戦優出1号艇4着)を乗せずに済んだのにと思いますね。
 ちなみに林美憲は津に呼ばれなかったショックが響いているのか、初日は江戸川選抜を含む4着2本と冴えない内容でした。

阪神G3マーメイドステークスキルトクール】

 キルトクールは前日単勝オッズ2番人気のタイキシャトル産駒ディアチャンス。父の距離適性も、兄姉馬の距離適性も2000mは守備範囲外。この馬自身も良績は平坦コースの1800mまでで、2000mは1回だけ走って6着惨敗と守備範囲外。ましてや今回は坂コースですからすんなり切れますね。
ギャンブル王争奪!競馬&競艇予想大会

戸田優勝戦はデジカメ争奪戦、11Rは大阪の野○貴ひろが…

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
報知新聞社杯優出者インタビュー 東京ベイ平和島競艇場ではG1トーキョー・ベイ・カップ開催中ですが、自分はこの日入場10500名(利用21085人売上3億7783万8600円)を集めた戸田競艇場に行ってきました。今日は報知新聞社杯最終日ということで優出者インタビューもありましたよ。
 その優出者インタビューは一際大きい歓声を集めた地元飯島昌弘以外の5人全員が優勝者副賞として贈呈される報知新聞社賞のデジタルカメラを欲しがってまして、さながらデジカメ争奪戦の様相を呈した優出者インタビューとなりました。
 ちなみに写真は今節初日の5日が誕生日だった佐竹恒彦。昨日の準優11Rでは戸田史上第3位の3連単201780円を提供してのバースデーシリーズ優出でした。

 かくして始まったインドのスーパースターラジニの新作映画チャンドラムキ日本上映を記念した冠協賛競走優勝戦チャンドラムキ・ラジニ新作上映記念は6コース死守宣言が出た6号艇榊原直樹のグルグル待機行動に始まり、4カドの飯島が07トップスタートを放つも3コースの76期3769佐竹恒彦に抵抗され、その間にイン16スタートの76期3777樋口亮が伸び返して先マイ。捲り差してきた飯島を振り切った樋口が通算15回目の優勝を果たしてデジカメを獲得。戸田では昨年9月の関東競艇専門紙記者クラブ杯に続いて連続優勝です。
2着に飯島が入って準優12Rと同じワンツー、そして3着には5コースから差した大平誉史明が入って初日戸田選抜戦と同じワンツースリーになった結果3連単は770円の一番人気となりました。
優勝した樋口と地元の飯島の明暗を分けたのは枠順もさることながらデジカメに対する執着心の差でしょうか(飯島だけデジカメ争奪戦不参加)。


 大阪の野○貴ひろコンビが内枠をガッチリ固めた夢の番組11R選抜A戦は野○貴ひろコンビを含めて大阪4人、近畿5人と報知新聞社杯なのに虎模様な番組に。5コース握ってきた松元弥佑紀(京都)を1号艇イン野添貴裕(大阪)が張りに行き、2号艇2コース野田貴博(大阪)の差しが入ってBSは野○貴ひろコンビで夢の併走。そして2Mは野田が先マイしますが、ここで差しを入れた野添がS主導権を奪って1着になっています。
野田が2着に入って夢の野○貴ひろ(大阪)ワンツーは2連単370円&2連複250円の1番人気。この素晴らしきワンツーを生で見られた事が今日一番の収穫です。
3コースから差した唯一の非近畿人で人気薄の岩下太男(佐賀)と松元による3着争いは2M差した松元が制して3連単も1080円の1番人気決着です。

三国ながつき第2戦優勝戦

 雨模様で迎えた短期決戦の締めくくり、水上は優勝戦のスタートをいたしました。オール2連対で1号艇の吉川元浩が04トップスタートを放ち、人気を乗せてインから速攻決めて通算18回目の優勝は昨年12月G1三国モーターボ−ト大賞以来の優勝。
大外捲り差しの石川哲秀と5コース差しの柳瀬興志、それに3コース外マイの渡邉英児の3人で2番手大接戦。そして哲秀が僅かにリードするも、3周2Mで内から英児がおっつけに行き、ターン膨れた哲秀に対して英児は小さく回り、最終Mで大逆転成功の2着奪取です。

津グランプリシリーズ第4戦優勝戦

 林美憲の2コース先捲りの展開を突いて3コースから差した2006最多勝男徳増秀樹が今年7回目の優勝。通算では32回目の優勝です。
 2着には5コース差しから2Mを内から先マイした山口剛が、3着には4カド捲り差しから2Mぶん回しの丸岡正典が入っています。ちなみに林は2M差しに構えるも山口の引き波をまともに踏んで失速、最終的に5着に終わっています。

下関優勝戦

 通算100V狙う2号艇万谷章62歳と初優勝狙う3号艇海野康志郎18歳が同時優出したことで話題になった優勝戦ですが、1号艇室田泰史36歳がイン04トップスタートを放ち、3コース握ってきた新鋭を引き波にはめ、2コース差してきた名人も完封しての逃げ速攻で通算19回目の優勝
万谷名人が2番手も、4カド差しからBSぐいぐい伸びてきた冨田秀幸38歳が2Mおっつけての先マイから出口で名人の進路をドーンと塞いで逆転の2着になっています。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
競艇電投会員即時募集中
既に会員の方はテレボート
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
勝ち組.net
アクセスランキング
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
おすすめバナー
バナソニック


blogram投票ボタン

livedoor プロフィール
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ