ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

野村達也

多摩川BPクラブの主砲村田修次がBP横浜に登場!

ブログネタ
競艇 に参加中!
 今日は昨日紹介したボートピア横浜村田修次トークショーを見に行って来ました。

 昨日多摩川神奈川新聞社賞を優勝したムラッシュ凱旋トークショーの司会は4日間ずっとムラッシュのターンを追い続けた多摩川実況野村達也アナ。

 トークショー第1部は多摩川の話がメインで、2007年9月のG1ウェイキーカップ優勝時の話なども。
 また、来月出場する蒲郡SGオーシャンカップへの意気込みも聞けました。

 トークショー第2部はファンの挙手による質問にムラッシュが答えるというもので、プライベートで仲がいい選手は山崎智也という話や、一番のライバルはBPクラブ同門で1期先輩の田中豪という話などを聞けました。

 ちなみに今後のBP横浜ゲストイベントは7月6日水曜日に蒲郡実況高橋貴隆アナが2009年5月9日以来の横浜再登場を果たし、7月16日土曜日には菊地孝平が来場します。
ムラッシュトークショー第1部ムラッシュトークショー第2部

BP横浜すぐ近くの横浜スタジアム


児島SGグランドチャンピオン決定戦5日目

 準優1つ目の10Rは枠なり3vs3の進入から1号艇平本真之が2号艇平尾崇典(今節選手宣誓担当)の差しを振り切って1着。
 児島のプリンス平尾崇典は2周1Mで内の3号艇中島孝平を行かせて捌ききり2着優出。
 以上の様にここは平本平尾の平平ワンツーになりましたが、明日はボートピア習志野平高奈菜(同期は平本真之の妻平本さやか)のトークショーがあります。

 準優2つ目の11Rは枠なり3vs3の進入から3号艇石渡鉄兵が捲りきって1着。
 捲り差した5号艇秋山直之が2着に入り、ここは江戸川鉄兵とアッキーニャンの関東ワンツー。

 準優3つ目の12Rは枠なり3vs3の進入から差しを決めた2号艇瓜生正義が4号艇佐々木康幸の捲り差しを内でこらえきって1着。佐々木が2着。


 優勝戦は準優1号艇トリオのうち2人が準優敗退した結果、SG17優出V3の瓜生とSG4優出の佐々木以外は2度目のSG優出というフレッシュなメンバーに。

1:平本真之 2:瓜生正義 3:石渡鉄兵 4:平尾崇典 5:佐々木康幸 6:秋山直之

 今節イン受難の児島で、過去イン戦1着率約50%と決してイン戦が得意ではない平本真之が優勝戦1号艇と最後もインが飛びそうな雰囲気たっぷり。
 しかし、準優10Rで完全に入りかけてた平尾の差しを足の違いで振り切った強力パワーなら、スタート遅れなければ少なくとも捲られる確率は低そうです。
 ただ、プレッシャーでターン漏れしたら百戦錬磨の瓜生が差しきる可能性濃厚。

江戸川サンケイスポーツ杯初日

 今節から一般開催におけるレースタイトルが復活した江戸川。
 レースタイトル復活初節の5日間シリーズの1Rは1号艇曾根孝仁が熱い02トップスタート踏み込む豪快なイン速攻劇で開幕しました。

 さて、初日は3人の連勝選手がいて、今節最年長最古参の福岡28期2377倉尾良一61歳と前地元スター若林将と佐賀のA1レーサー中島友和

 内訳は倉尾良一が前半5R2号艇が捲りで、後半10R1号艇が2艇に差されるも2M差し返す逆転勝ち。
 G1江戸川大賞優勝モーター40号機を手に入れた若林将は前半7R2号艇、後半11R4号艇共に捲り勝ち。
 江戸川選抜戦メンバーの中島友和は前半8R5号艇、後半江戸川選抜3号艇共に捲り勝ち。

 中島友和の前回江戸川参戦は2006年5月の東京中日スポーツ杯2日目途中帰郷以来で、今節出場選手中最も江戸川長期不参選手でしたが、前走地びわこ日本財団会長杯争奪大阪スポーツ後援におの湖賞を2日目以降7連勝で優勝した勢いそのままに初日連勝です。

 ちなみに中島友和の2日目は8Rアートテラー・とに〜記念競走2号艇1回乗りですが、冠協賛オーナーのアートテラー・とに〜による江戸川アートツアー体験記が前編後編に渡って掲載されてます。

BOAT RACE 江戸川初日は野村達也アナの実況で開幕。

ブログネタ
競艇 に参加中!
近くて楽しいEBR 今年から新聞広告のロゴが「BOAT RACE 江戸川」に改められた江戸川競艇場。新年度からはホームページや出走表等も改められていよいよ本格的にBOAT RACE江戸川が始動しました。
 とはいえ1990年代にはEBRの略称を渡辺美奈代を起用した宣伝で使用しており、今回はBOAT RACEの名称が復活した形ですが、江戸文字フォントと横文字の相性は悪そうなので、スタンドにある「江戸川競艇」のロゴをどうするのかが今後気になるところ。

大魔神がお出迎えの正面入口ちょうちんが似合う江戸川競艇の和風ロゴ
1M側スタンドと江戸川ロゴ2Mスタンドのだまし絵と江戸川ロゴ

 そんなRIVER SIDE SPORTS EBRは本日から2010年度の開催がスタート。
 新年度初日の実況は多摩川や浜松でお馴染み野村達也アナで、ノムさんは新年度に合わせてブログをライブドアの「ふにっとした触感。」からアメブロの「ふにっとした感触。」に移行。
 よって、江戸川もノムさんも新年度に合わせてリニューアルしたということです。

 今節は4日間のノンタイトル一般競走とコンパクトなシリーズ。
 「桜も見頃。新年度最初の開催です。江戸川競艇4日間シリーズ初日の競走は本日のラスト。今節主役級メンバーが咲き誇るメインカード江戸川選抜。12Rが始まりました。(動画
 ということで始まりました初日メイン江戸川選抜は1号艇大平誉史明が03トップスタートの速攻で押し切り1着。
 3周目では「ヤッター!とばかり江戸川選抜を制します。」ということでノムさんからヤッターマン田中伸明元実況アナウンサーをリスペクトしたフレーズが出ました。
 後続は順走2番手の2号艇渡邊伸太郎に対し、2周1Mで4号艇荻野裕介(東京)が差し届いてほとんど同体になり、荻野が2周2M先行して逆転。
 しかし3周1M渡邊伸太郎が艇を伸ばして荻野を飛ばしに行き、これが成功した渡邊伸太郎が再逆転2着になり、6着に敗れた5号艇渡邊雄一郎との渡邊○○郎対決にも勝利。 

 また、優勝者当てクイズに投票した福来剛は前半第6R2号艇こそ先捲り流れて4着に敗れましたが、後半第10R1号艇では2号艇村上功祐(大阪85期4039)に差されながらも2Mで差し返しに成功し、江戸川で強そうな響きを持つ大阪銀河系を逆転して前半からの軌道修正にも成功した価値ある1着。
BOAT RACE 江戸川

 ちなみに下の写真は船堀駅近くにあるヴァンテアンビル。ここのネットカフェは何度か使った事がありますが、このビルは江戸川競艇場施設所有会社関東興業本社ビルでもあります。
 江戸川アートミュージアムに尽力する関東興業小盍翰座緝充萃役はBOAT RACE振興会会長でもあり、その関係もあって率先してBOAT RACE江戸川になったかと思われます。
ヴァンテアンビル

【特急田中3号艇】江戸川本場再開後最初の優勝者は田中豪!

 江戸川競艇再開記念レース最終日、まずはブログ「ふにっとした触感。」でおなじみ野村達也アナが読んだ本日の冠協賛競走コメントを紹介。
 1つ目の10R選抜戦結婚60周年記念勇&きみ子では「スポンサーは平井様でございます。平井様ありがとうございます。そして勇様、きみ子様、結婚60周年おめでとうございます。これからも手を取り合って仲むつまじくお幸せに。

 2つ目の11R選抜戦YUI生誕記念Red Falcons杯では「スポンサーはぷよぷよ様でございます。コメントが届いています。「山陽エンジェルYUIちゃん、生誕1周年おめでとうございます。競艇ファンサイトRed Falconsを運営しています。今後ともよろしくお願いします。真菜ちゃん、麻奈美ちゃん、がんばって。」とのことです。ありがとうございます。山陽のYUIちゃんもかわいいですが、江戸川のヤギのマッシローも負けていません。これからも江戸川競艇をよろしくお願いします。」と、浜松オートの実況も担当するノムさんが読み上げました。ちなみに浜松オートレースヴィーナスは金子詩織です。
はずれ舟券を食べるDREAM GOATマッシロー

 「江戸川で走る喜び、江戸川で見る喜び。そして、江戸川で賭ける喜び。ヤッター!の雄叫びから1年4ヶ月、江戸川競艇場は復活の喜びに満ちあふれてます。オール東京支部でお送りした江戸川競艇再開記念レースもファイナル、優勝戦の時を迎えました。尚、このレースは冠協賛レースとなっています。タイトルは江戸川競艇場本場再開バンザイ記念。スポンサーは村尾様でございます。コメントが届いています。「再開後の初優勝を記念してバンザイ。バンザイ。バンザイ。」とのことです。ありがとうございます。果たしてエキゾーストノートを奏で、村尾様のこのお祝いの言葉を受けるのはどの選手か。(動画
 ということでノムさんがヤッター!とエキゾーストノートの江戸川フレーズに加え、バンザイを3回繰り返した優勝戦江戸川競艇場本場再開バンザイ記念
 「オンリーワンの江戸川ワールドで、6人の、そしてあなたの夢が今再び動き出す。枠番通りの進入、2秒前、1秒前、スタートしました。
 内枠2艇が好スタートで、11スタートから先行体勢の1号艇山本英志に対し09トップスタートの2号艇飯山泰の差しが迫り、16スタートだった3号艇田中豪のつけまいも山本に迫り、BSでは3艇ほとんど同体。
 そして2M、最内の飯山やすしが先行して山本が差しに構える中、特急田中3号艇が一気に握って攻め、特急田中さん豪快な捲りが見事決まって流れながらも単独先頭に立ち、やっさんを差し返した山本英志が2番手に。
 「風が吹きます。波が立ちます。航行船が通ります。日本一の特殊水面。だが、それがいい。大魔神に見守られ、江戸川競艇ここに復活。その再開を祝うように江戸川ミュージックを奏でるのは3号艇の田中豪。
 ということで、小泉元総理&麻生総理の表彰を受け多摩川総理杯を授与された多摩川さつき杯からのオール東京連続Vになった特急田中さん豪は江戸川4回目・通算37回目の優勝。残念ながらG1江戸川大賞期間中の斡旋がないですが、江戸川再開後最初の優勝者として名を刻みました。
 最後に、今シリーズ最終日は9974名の本場入場者があり、この数字は約12000名を集めた初日に次ぐ数字でした。
優勝戦の展示を終え、ピットに帰投。特急田中3号艇ウイニングラン田中豪表彰式田中豪優勝者当てクイズ抽選中


G1佐賀新聞社杯唐津モーターボート大賞優勝戦

 今節選手代表上瀧和則が4日目を終えて負傷帰郷したため、5日目以降選手代表になった71期3623深川真二(今節3日目の6月6日生まれ)がG1初Vを懸けて優勝戦1号艇。
 そして、枠なり3vs3の進入から深川ドーン!っと構えた深川不動の高等なイン戦でキバを剥いた他艇の攻めを門前払いにしてアッサリ逃げ切り、71期生での登用から16年と7ヶ月、同期連番3622山崎智也が1997年10月に当地SG全日本選手権で記念初Vを飾ってから11年と8ヶ月、前回優勝2008年正月の当地新春佐賀県選手権から1年半、通算42回目・からつ12回目にして遂に遂にG1初優勝をかなえました!
 2着には捲り差した6号艇寺田祥が入り、発走順では先だった後述の鳴門G1同様6号艇6コースの81期生が2着でした。

浜名湖富士山静岡空港オープン記念アタック優勝戦

 江戸川競艇再開記念日と同じ6月4日に開港した富士山静岡空港開設記念は4号艇谷野錬志(静岡)が動いた142/356の進入から谷野が+01のフライングも、02スタートの1号艇守田俊介(節間6戦全勝)は谷野を全く問題にしないイン戦で押し切り、通算49回目にして自身5回目の完全優勝。捲り差した6号艇中村亮太が2着。

 というように、守田俊介が蒲郡G1オールジャパン竹島特別でG1Vを飾れば萩原秀人下関G1競帝王決定戦でG1初優出を決めた勢いに乗って若松かっぱ杯争奪戦競走で久々のV。そして今回の守田俊介完全Vと、共に今が最も旬といえますが、土曜日からのG1三国モーターボート大賞で待ちに待った直接対決です。

児島RNCエコカップ優勝戦

 RNC西日本放送のエコカップは11R準優勝戦で5号艇原義昭(今節選手代表)が後付け5コースに入って1号艇阿波勝哉が珍しい4カド進入(最終隊形324/156)になる珍事(動画)もありましたが、その阿波はチルト+3度4カド捲り一発決めて優勝戦2号艇。

 「地球の温暖化はご勘弁ですが、競艇の熱い思いの上昇は大歓迎であります。舟券と環境を共に考える5日間シリーズでありましたRNCエコカップ、いよいよファイナル12R優勝戦。(動画」と、児島競艇ガァ〜コの部屋ピース姫ブログ「☆気ままな姫の日記☆」に30kgダイエット成功体験インタビューが掲載された椛島健一アナのエコトークが聴ける優勝戦は「全国24場の6コースの勝率をアップさせる男」として人気の中心阿波がお約束の大外進入で134/562の進入。
 そして5と6がスタート凹み、絞りやすい状態になった19スタートの阿波は
 「ぐーん!っと、これがチルト+3度なんです。出て行くんです!2号艇阿波が捲って行くんです!
 と、ジェイカビラと化したKABA.ちゃんの実況と共に伸びて行き、18トップスタートだった1号艇勝野竜司の抵抗をものともせず捲り一発決まって、
 「指定席6コースからチルト3度のパワーをしっかり引き出しまして捲って決着!自ら不利なコースを選んでもしっかりと結果を出してくれる。だからこそファンも魅了されるんです。
 と、一阿波ファンと化したKABA.ちゃんの実況と共に先頭を駆け抜けた阿波は昨年4月徳山4・Daydream-春來-以来となる通算14回目の優勝
 後続は2009年の競帝王に決定した3号艇柏野幸二(岡山)が1M出口で艇が浮きながらもくるっと運んで2番手争いの主役になり、2Mでは5号艇高沖健太を行かせて捌き、2周1Mでは4号艇佐藤勝生を行かせて捌き、地元エースの意地と競帝王の意地で2着。ちなみに6コースと2コースの決着で2連単はたったの580円でした。
エコにこだわるベイパの一員阿波勝哉


三国みなづき第1戦優勝戦

 今年も6月、折り返しとなれば自ずと気持ち引き締まる時期。みなづき第1戦制覇の瞬間であります。インコースから123/456の順です。1秒前、スタートいたしました。
 15トップスタートの1号艇島川光男に対してチルト+1度の5号艇須藤博倫が捲りに行き、ミツオが須藤を受け止めた展開を突いて6号艇今坂晃広が差しを決め、2007年7月丸亀キヤンテイーンカップ以来となる通算5回目の優勝は三国前節さつき第1戦で優勝した兄今坂勝広に続く今坂兄弟連続優勝。
 惜しくも逃げ切れなかったミツオは2M突っ込んできた2号艇川原正明を行かせて捌き2着。

鳴門G1大渦大賞優勝戦

 枠なり3vs3の進入から逃げの体勢を作りきった1号艇松井繁が1.45.1の好タイムでぶっちぎり、鳴門G1V3・記念通算50回目となる通算92回目の優勝で、昨年に続く大渦大賞連覇。次も同一実況アナウンサーの三国G1なので、G1連続V有力でしょう。
 対照的に2番手は混戦で、外マイの3号艇田村隆信と捲り差しの5号艇辻栄蔵と差し伸びた6号艇池田浩二で接戦になり、2Mは最内の池田浩が先行も田村が包んでかわし、辻ちゃんが差して捌きます。
 しかし2周1M、田村を牽制して回った辻ちゃんの懐に、切り返して小回りの池田浩が潜り込み、BS同体に持ち込んだ池田浩が2周2Mを先行して逆転2着。3月の多摩川やよい杯ことSG総理大臣杯(プレゼンターは秋山莉奈)を優勝した東海地区81期池田浩が2着争いを制しました。

住之江報知新聞大阪本社発刊45周年記念ダイナミック敢闘旗優勝戦

 枠なり3vs3の進入から内枠2艇がスタート遅れ、16トップスタートの3号艇古結宏が捲った展開を突いて捲り差しを決めた4号艇茶谷信次が住之江初・通算7回目の優勝。レースを作ったダイナミック敢闘賞の古結が2着。
 尚、大一番で29スタートやらかし、結果辛うじて3着と2連対出来なかった1号艇丸岡正典は次節、丸岡城でおなじみ坂井市の三国G1で巻き返し狙います。

G1かしわ記念はJRA競艇部長佐藤哲三の捲り一発決まった!

ブログネタ
地方競馬 に参加中!
 船橋競馬年に1度のお祭りG1かしわ記念。ということで今日は雨天の中船橋競馬場に行ってきましたよ。ちなみに明日の船橋メインは競馬版トーキョ−・ベイ・カップこと東京湾カップ(3歳オープン)です。

 レースは三浦皇成が騎乗する元地方最強馬・8枠13番アジュディミツオーが逃げ、白井最強馬・ダート界のホワイトシャーク・7枠10番フェラーリピサがこれをマークし、更に現地方最強馬・8枠12番フリオーソが直後につけ、その内に7枠11番・G1V7を誇る王者カネヒキリがいて、更に内側に前走大井G3東京スプリントで初重賞を獲得した1枠1番ゼンノパルテノンがいる展開になり、600mを過ぎたところで白井フェラーリがミツオをかわして先頭に立ちますが、道中中団にいた5枠6番佐藤哲三騎乗のエスポワールシチーがここで一気に捲りを打ち、直線で白井フェラーリとのたたき合いに持ち込み、これを競り落としたところに今度はヒキリが猛然と差してくるも、振り切ったエスポワールシチーがG1初優勝。鞍上のJRA競艇部長さとう哲三は船橋初優勝です。
 ちなみに雨天の為に表彰式はウィナーズサークルではなく、その近くの屋内特設会場で行われまして、JRA競艇部長に送られた声援の中で一番おもしろかったのが「今夜は江口と秋山で堅いぞー!」というもの。
 尚、1号艇江口晃生と3号艇秋山直之に人気が集まった桐生上毛新聞社杯4日目12Rの結果は1-6-3で江口は勝ったものの秋山は3着に敗れました。
屋内で行われたかしわ記念表彰式


戸田ウインビーカップ5日目

 昨日の平成21年度浜松市営第2回第1節オートレース情報ライブバトル優勝戦で「さあ行こう優勝戦!(動画」のフレーズを使った多摩川競艇でおなじみ野村達也アナが本日、恐らく初めての戸田実況を担当。
 G1関東地区選手権初日に戸田本場でノムさんの展示アナウンスを聴いてあれっ?と思ったのが記憶に新しいですが、それから約3ヶ月経った今日遂に戸田実況を担当ですね。ちなみに船橋競馬場に行ってたのになぜ気づいたかというと、今日は伊勢崎も川口も徳山も開催してるので戸田と徳山の実況が誰になるのか以前から気になってたから起きてすぐ戸田の実況をチェックしました。


 さて、ショパンの調べのような雨音が首都圏に響いた5月5日に5日目を迎えたウインビーカップは準優勝戦。1つ目の10Rは枠なり3vs3の進入から1号艇福来剛と5号艇山崎義明が好スタート決め、10トップスタートの福来が11スタートだった山崎義明の捲りを受け止めきり1着。山崎新選手会理事も前支部長の貫禄で2着優出です。

 2つ目の11Rは4号艇の戸田天皇池上裕次が動いて14/2/356の進入に。
 そして1号艇浅見昌克が07トップスタート決めて1M逃げの体勢を作りそうな展開でしたが、外マイの3号艇富永正人があさみのカマを掘ってしまい残念無念あさみは振り込み失速。これにより富永(4着)は不良航法で賞典除外になっております。
 そんなアクシデントもあり、差し順走2番手体勢だった戸田天皇が先頭に立ち1着、差し続いた5号艇中村裕将が2着になりました。

 3つ目の12Rは枠なり3vs3の進入から1号艇中澤和志がすんなり逃げ切り1着
 後続は順走の構えだった2号艇後藤浩が大きく流れて3と5を張り飛ばしてごっちんが中澤兄さんの壁役に徹した展開を突いて差した4号艇平石和男が2着。


 優勝戦の枠番です。

1:中澤和志 2:福来剛 3:池上裕次 4:平石和男 5:中村裕将 6:山崎義明

 菖蒲の季節に中澤が先月6日のアヤメカップに次ぐ今年V3なるかどうかが最大の注目でしょうね。その中澤は宮城在住埼玉支部、中村裕将は東京在住埼玉支部ですが、台東区の中華料理福来も応援する2号艇の福来は純然たる東京支部。埼玉支部5人相手にどう戦うのか東京都民として期待です。
 ちなみに当日は笹川福娘キャラバン隊長さとう珠緒(2008年度船橋競馬イメージキャラクター)が来場。翌7日には平和島にも来場します。で、自分は明日戸田競艇場に行かないから次回戸田に行くのは早くてもイーバンク銀行杯2日目の16日かなと。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
競艇電投会員即時募集中
既に会員の方はテレボート
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
勝ち組.net
アクセスランキング
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
おすすめバナー
バナソニック


blogram投票ボタン

livedoor プロフィール
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ