ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

都築あこ

江戸川リアスポ賞初日は江戸川場外BP習志野で秋山直之ショーも

ブログネタ
競艇 に参加中!
 今日から始まった江戸川競艇6日間シリーズは豪華メンバー大集結の内外タイムス社〜リアルスポーツ賞〜略してリアスポ賞。

 第2Rで江戸川初登場初勝利を飾った3号艇滝川真由子(愛知102期4499)と一緒に前検入りした愛知のBOSS大嶋一也のザ・プレミアムな6号艇6コース進入が第3Rで見られ、KAZUYA.Oは差し伸びて2M2番手ターンも2艇に差され4番手。
 2周2M内に切り返して浮上狙うも空振りでしたが3周1M小回りで3番手に上がり、3周2Mで先行艇の懐に潜り込む渾身の旋回で2番手同体に持ち込み、結果は写真判定に。しかし追い上げは5cm差届かずの3着でした。

 今節の人気No.1選手横西奏恵が1号艇で登場して逃げ切った第5Rは捲りに行くも大きく流れた2号艇江並浩一が出口で振り込んで選手責任転覆を喫しましたが、前後のレースでも記録には残らなかったものの危ない場面が。
 まず第4Rでは人気を背負った1号艇森永淳が27トップスタートから速攻体勢に入ろうとするも波に引っ掛かって振り込み最後方に落ちる場面があり、続く第6Rでは人気を集めた4号艇山崎裕司が2番手航走も2周1Mで振り込み最後方に脱落と、川の流れが波乱を演出。

 初日メイン江戸川選抜は大嶋一也がマイポシジョンの1号艇から07トップスタートの速攻で3号艇市川哲也を振り切って1着。
 市川哲也は2Mで2号艇落合敬一を行かせて捌き2着に入り、終盤3つは全て2連単1-3決着に。

 尚、石川哲秀が3号艇で出場した第8Rの2周1M入口で4号艇青木義一と接触して振り込んだ時に負ったと思われる負傷のために帰郷しました。

 ちなみに下の写真は江戸川競艇場内に掲示されてる映画「男はつらいよ」の歴代ポスター。
男はつらいよ


【JLC勝負師はつらいよ公開収録】

 江戸川場外ボートピア習志野では本日夢大作がボートピアを紹介するJLC日本レジャーチャンネルの番組「勝負師はつらいよ」の公開収録として秋山直之トークショーが。
 出演は秋山にゃんと大作先生と今回のマドンナ役都築あこでした。

 で、今日は江戸川競艇場に前半6つまでいて習志野に移動。群馬の智様こと64期3414で王者と連番の加瀬智宏(1969年10月25日生まれ)が1号艇でバースデー1着ゴールを決めた第10R(1周1Mでは5号艇片岡秀樹つけまい敢行も振り込み選手責任エンスト)の時間に習志野到着。

 ということでトークショーは第2部だけ見ました。以下は主な内容。

チルトを跳ねると乗りづらくなるので、乗りやすさを重視してチルトはマイナスにしている。
以前よりスタートが早くなったのは、以前の放りながらのアジャストスタートから全速スタートに変化したのが大きい。
仁さん(齊藤仁)にはいろいろ教えてもらってます。
同期の仁さん・ひろりん(須藤博倫)とは家族ぐるみで仲良し。
とはいえ、ピットで作業に集中してる時は同期や仲良しであっても周りに近寄って欲しくない。


 今回は秋山にゃんの求道者的な面を聞く事が出来たと思います。
勝負師はつらいよ


若松G3新鋭リーグ戦競走第17戦植木通彦フェニックスカップ優勝戦

 年度の関係で第2戦に続く今年2度目の若松新鋭リーグは今年2度目の植木カップ。
 優勝戦は124/563の進入から3号艇水摩敦(若松地元スター)が00タッチスタートも、05スタートの5号艇山田哲也(関東地区スター)が先に仕掛けてヤマダッシュで絞りに行きますが、12スタートの1号艇篠崎元志(全国スター)が伸び返して先マイし、そのまま先頭。
 篠崎兄は若松前節スポーツ報知杯争奪戦競走で優出3号艇逆転2着とエンジン噴きまくった我勝手隊の渋田治代から参戦前にプロペラのアドバイスを受け、更にモーター抽選でその渋田が使用した19号機を手に入れて鬼に金棒。
 その強力足で節間を引っ張った篠崎兄は最後も捲らせず差させずの独走で今年3回目の優勝を飾って通算V6メンバー入り。
 艇王植木通彦競走会理事から表彰された全国スターの篠崎兄にとって新鋭リーグ戦は今年初Vですが、既にSG出場で来年の新鋭王座出場権は手に入れてます。

 後続は順走の2号艇毒島誠(関東地区スター)が山田の捲り差しを内でこらえきって2Mを先行し、差して来た山田を2周1M全速戦で捲って突き放し2着。
 これにより、第2回の若松G3植木カップは9月の多摩川G1ウェイキーカップに出場したコンビのワンツーに。


津日刊スポーツちどり杯争奪戦優勝戦

 132/456の進入から1号艇島川光男が2号艇川村正輝のつけまいをブロックして逃げ切り、今年2回目・通算61回目の優勝
 後続は2番手の川村に対し、1M順走から2M艇を外に持ち出して全速戦の3号艇北川幸典が迫り、北川は2周1Mでも全速戦で食らいつきますが、2周2Mで川村が振り切り、島川村ワンツー。

 さて、フェニックス賞でお馴染みの津競艇。12月に開催される今年のG1つつじ賞王座決定戦キャッチコピーは「艇王はオレだ。」ということで次代の植木&彦坂を探す一戦。ということで既に他の称号(例えば王者とか)が付いてる選手の優勝はなさそうですね。

浜名湖(社)全日本不動産協会静岡杯アタック優勝戦

 社団法人全日本不動産協会静岡県本部のタイトルは126/435の進入から1号艇杉山正樹が4号艇大澤普司の捲り差しを振り切って2007年8月唐津一般競走以来となる通算9回目の優勝。大澤が2Mフルターンで後続を振り切り2着。

鳴門日刊スポーツ杯競走優勝戦

 14度目の優出で初Vに王手かけた1号艇赤羽克也が枠なり3vs3のインから21とスタート遅れてしまい、10トップスタートの2号艇吉田弘文がムース克也を捲りきって今年4回目・通算31回目の優勝。差した4号艇芝田浩治が2着。

滝澤友恵&前沢丈史ショー+チャレカデーにスター2人がチャレカアウト

ブログネタ
競艇 に参加中!
 多摩川競艇開設55周年記念G1ウェイキーカップ3日目の今日は、都築あこ司会による前沢丈史滝澤友恵トークショー&チャリティーオークションがあるという事で多摩川本場に行ってきました。
 が、西葛西から多摩川は遠く、着いたのは1回目のトークショーが終わりかけた4R締切直前。
 よって、見たのは5R発売中の2回目のトークショーと6R発売中のチャリティオークションです。

 トークショーでは102期4499滝澤友恵が選手をめざすまでの話とデビューまでの経緯を語ってましたが、多摩川HPのインタビュー東スポのインタビューと内容は被ってる部分はあるものの、肉声で聴くと改めて彼女の話に胸を打たれましたね。
 対照的に多摩川地元スターの97期4366前沢丈史は消去法で地元スターになったとか、来期はB級に落ちちゃうからとか、弱気な発言を軽いノリでさらっと言ってました。
 尚、前沢丈史のインタビューは先月OAされた「GOLDENBOYS 2009 #05(30秒のCM動画」で、原ちゃん(原理恵子)がキャッチアップGBしてます。水神祭は濡れるから嫌いとか、GBでもゆるいトークを聴かせてくれる前沢丈史です。
 
 次に、オークションではベイパメンバーのグッズを中心に出品され、一番最後に出品された滝澤友恵着用済み襟巻と都築あこのDVDと前沢グッズ他を付けたセットが最高価格の20000円で落札されてました。
前沢丈史&滝澤友恵トークショー都築あこと滝澤友恵脱ぎたてマフラーを出品した滝澤友恵と前沢丈史

 以上の様に悪天候ながら大いに盛り上がったイベントでしたが、活気があったイベントとは対照的に水上の方は天候同様に暗い1日になり、10Rではファン投票3位で成績の方もオール3連対だった1号艇横西奏恵が162/345のインコースから痛恨の+01スリットで場内のムードは真っ暗に。
 2コース差し2番手から先頭に繰り上がった藤丸光一の勝利者インタビューは、盛況だった前後の勝利者インタビューと違い客の声もほとんど聞こえず、本人も浮かない口調で非常に暗いインタビューに(動画)。

 そして最終12Rでは枠なり3vs3のカドからファン投票2位の4号艇山崎智也が痛恨の+02スタート。
 ただ横ちんのフライング時と若干雰囲気が違い、暗い雰囲気ではありましたが、それ以上に最終レースのフライングという事で、多くの客がF返還の払戻機へ急ぐ事態が場全体の雰囲気を支配してました。
 また、最終の決まり手は前退き恵まれではなく、1号艇石田政吾が2号艇山崎義明の先捲りをブロックし、3号艇濱野谷憲吾の差しを振り切っての堂々たる逃げ切りというのも10Rと違う部分でした。
 勝利者インタビュー(動画)は、F返還の列に人が固まってて10Rの時同様寂しい集まり具合で拍手もまばらでしたが、10Rと違うのは石田政吾がガンバリマスと明るく締めてるところ。
前付けで横ちんのFを誘いつつST放って勝ち上がった藤丸山崎智也のFに惑わされずガンバリマシタ石田政吾

 というわけで、阪神G1もといG3朝日チャレンジカップ当日に起きた2件のフライングにより、艇界を代表する人気選手である横ちんと山智が11月の常滑SG競艇王チャレンジカップに出られなくなってしまいました。


 ところで今日は愛知からやってきた徒然さん&北海道帰りのB1ゆーとぴあさんと久々に会いまして、後から到着した良2さんとも久々に会いましたです。今日1日ありがとうございました。

江戸川デイリースポーツ杯2日目

 昨日の第10Rで転覆した橋本健造が今日に入ってから負傷帰郷となり第8Rを欠場して5艇立てになった2日目の競走水面は、第5Rで2号艇柾田敏行が1周1M差しに行った所でターンマークにぶつかって選手責任転覆を喫してしまう場面が。
 
 そんな本日のピックアップは第10R。1号艇江夏満が人気を集めた一戦は、2号艇中尾英彦が31とスタート後手を踏み、16スタートも壁無しになった江夏に対し09スタートの4号艇齋藤和政が絞りに行きますが、17スタートの3号艇新開文夫が先捲りで抵抗。
 捲った両者は共倒れの格好になりましたが、新開と江夏の間を効果的に捲り差した6号艇関口智久が一気に突き抜け、1号艇の第4Rと合わせて本日連勝。
 1号艇の頭は3本、2着1本と決してインが強くなかった水面状況の割にはここまで5000円以上の配当0でしたが、本日唯一6号艇が勝った第10Rで本日最高配当の2連単20800円が飛び出しました。

下関新東通信杯3日目

 今日の東京支部トークショーの仕切りも担当するなど、競艇場のイベントには欠かせない広告代理店新東通信のタイトル戦。
 ピックアップは明日13日に誕生日を迎える戸田天皇池上裕次(58期3245)が3号艇で乗艇の4Rで、スタート展示では2号艇柳澤千春(58期3254)が大外に出た153642でしたが、本番では一転して1号艇越智照浩が大外に出た234/561の並びに。
 そして14スタートの千春が1Mを先行するも、11トップスタートの裕次が千春を行かせて差す事に成功(動画)。誕生日を前に裕次と千春の同期ワンツーが実現しました。

あこ祭りの福岡+三冠皆勤中野次郎の菊花賞始め6場の優勝戦

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 NADESHIKO都築あこペラ坊SHOP一日店長トークショー&予想コーナー表彰式プレゼンターと大活躍だった福岡ペラ坊ショップ杯最終日
 優勝戦は123546のオールスロー進入になり、1号艇安達裕樹が03トップスタートからの速攻放つも流れ、2号艇柏野幸二が1M振り込む(動画)中、柏野を避けきって捲り差しを入れた3号艇(=ΦωΦ)83期3996秋山直之にゃんが安達裕樹を差しきり、4場所連続5回目・福岡3回目・通算28回目の優勝

 さて、今節は都築あこの親友であり、こんにちくわdeおつかにさま第1回ゲストでもある(=ΦωΦ)83期3993永井聖美にゃんの出場が予定されており83期ネコ対決を期待してましたが、大村G3女子リーグ戦蛭子能収杯4日目10R落水による負傷で欠場。「永井さんのためにがんばる。」と優出者インタビューで意気込んだ同期の本栖チャンプ秋山にゃんが83期ニャンつながりの絆を見せてくれたにゃん。

 (=ΦωΦ)ノシちなみに多摩川の7月27日G3女子リーグ戦モーターボートレディスダービーを優勝したのがながいまさみにゃんで、多摩川次節の8月10日夕刊フジ杯を優勝したのがあきやまなおゆきにゃん。
カメラ多数で大人気のまさみにゃんウェイキーくんの動きが面白かった秋山にゃん


常滑菊花賞優勝戦

 平和島の東京ダービー(特別選抜B戦)、多摩川さつき杯(特別選抜A戦)と今回の菊花賞で三冠皆勤を果たした中野次郎Tokyo bay pirates)が3号艇で乗艇した一戦は、結果枠なり3vs3もピット遅れた2号艇前野竜一が回り込んで深い2コース進入に。そして前野が38、釣られた形の1号艇山崎義明も26とスタート遅れたのに対し、三冠皆勤の中野が07トップスタートを放ち、前野も準完全V狙った山崎も捲りきりますが、そこに4号艇三井所尊春の捲り差しが入って先頭は三井所。5号艇飯島誠が山崎と前野の間を割って前に迫り、2Mは先頭の三井所に対して中野が外全速、飯島が内小回りで急追。しかし粘りきった三井所が先頭を守りきり、2周1Mを先行した三井所は今年2回目・通算10回目の優勝
 三冠皆勤も無冠に終わってしまった中野は2周1M飯島を差しきって2着に入りましたが、人気薄の三井所が優勝したことで2連単4-3は11580円、3連単4-3-5は75220円の高配当。
中野次郎とレイザーラモンのコラボ!中野次郎とはましょうのコラボ!


G3鳴門モーターボート大賞トライアル競走優勝戦

 徳島4人が出場した準優12Rで滋賀ワンツーが決まるなど、3連単オール万舟の大波乱だった準優を勝ち抜いた6人による一戦は滋賀2人を除く4人が通算優勝回数1回の4000番台選手というフレッシュな一戦に。
 そして1243/56の進入から3号艇榎幸司の差しが入るも、2M差し返した1号艇杉田篤光が準優唯一1号艇で勝ち上がった貫禄を見せ、2004年2月三国きさらぎ第2戦以来となる通算2回目の優勝。昨年10月大村NBC長崎放送杯以来のVを狙ったアントキのエノキは2着。
 3着は杉田と榎の間を狙うも流れた5号艇川崎公靖(初Vは今年5月びわこサンケイスポーツ杯争奪さざなみ賞)と、差し伸びる6号艇木下陽介(初Vは2005年2月江戸川東京スポーツ杯)の争いになり、2M木下を差した川崎が3着。杉田・榎・川崎の3名が11月11日からのG1鳴門モーターボート大賞に出場します。

津レディースチャンピオンカップ優勝戦

 デビューは津初優出を決めた地元95期4300加藤綾が2号艇で乗艇した一戦は枠なり3vs3の進入から4号艇谷川里江が一気のつけまいを決め、今年3回目・通算30回目にして津は初めての優勝
 後続は捲り差した5号艇吉原美穂子と差した6号艇小松原恵美の争いになるも、2M小松原を差そうとした吉原が不発に終わって後退、2M外全速の1号艇濱村美鹿子(待機行動違反)が替わって2番手争いに浮上。そして2周1M小松原を差した濱村が逆転2着に。

 最後に、元準ミス日本のモデル加藤綾が今月からブログをライブドアからアメブロに変更した事を書いておきます。


尼崎市長杯争奪尼崎チャレンジ競走優勝戦

 尼崎市長杯が懸かった第32回尼崎チャレンジ競走は145/236の隊形から1号艇村上純が10トップスタートの速攻で押し切り今年4回目・通算16回目の優勝。順走の4号艇間嶋仁志が2着に入って前付け大成功。

 さて、白井文尼崎市長も出席した尼崎市長杯の次は中1日で9日からスポニチ創刊60周年記念伊丹市施行55周年記念競走と、市長杯が続きます。2005年度の第29回尼崎チャレンジ競走優勝者山室展弘さんも出場予定で、地元からは吉川元浩が出場する豪華布陣です。

戸田内外タイムス杯優勝戦

 新地区スターの94期4281大澤大夢も戸田初優出(通算優出2回目)を2号艇で果たした一戦は北東向かい風6mの競走水面、枠なり3vs3の進入から全員が0台スタート決め、4号艇稲田浩二がイナダッシュカド捲りで先頭に立つも、稲田は+03のフライングで今期F2。
 稲田のFで04スタートから捲り差しの5号艇芦澤望と03スタートから二段捲りの6号艇織田猛による先頭争いに替わり、2M先行する芦澤を差した織田が先頭に立ち、優出メンバー中最古参最年長の79期3858織田猛35歳が通算8回目の優勝。外外タイムス杯になった2連単6-5はF有りでも5780円の高配当でした。

【月曜日の予告】

 日曜日は軟体ダンサーKAZUMI(10月1日ヘキサゴン仰競イズパレード秋の3時間ファミリースペシャル出演予定)が来場したイーバンク銀行杯予選最終日の平和島競艇場に行ってました、ということで優勝戦メンバー。福岡80期連番コンビが内外をがっちり固めました。

1:平田忠則 2:山口剛 3:白水勝也 4:乙津康志 5:奥平拓也 6:吉田弘文

 月曜年休をいいことに、白水優出を記念して牛小屋でこめ焼酎白水のボトルをしこたま飲んだら見事に帰宅後熟睡して、月曜の朝にこれ書いてます。この後は2日連続で平和島に行くから、月曜エントリーはもちろん平和島がメイン。
KAZUMI

都築あこ一日店長のSG総理杯2日目は都築正治が波乱の立役者

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 昨日から児島競艇場で始まったSG総理大臣杯。本日は送別会でかなり酒が回った自分も参加してるSG予想大会K-BATTLEも2日目を迎えました。本日はが・あこ、おつかにのNADESHIKO都築あこ(愛知)がトークショーとガァ〜コの部屋一日店長(あこお薦め商品は限定キティちゃんグッズ)を務めまして、「あこは今日で終わりですが、総理杯は30日の日曜日までまだまだ都築ますので是非楽しんでくださいね!I'mSorry…カミそ〜り〜…さそ〜り〜…総理大臣杯☆☆☆」な名文句を残して児島さらばがに☆となりましたが、NAZOSHIKO都築正治(愛知)は5R4号艇1回乗り。
 その5Rは枠なり5vs1の進入からツヅッキーが13トップスタートを放ったのに対し、2号艇田中信一郎の41を筆頭に内側3艇はスタート遅め。ツヅッキーは一気に絞って抵抗する1号艇前本泰和をも必殺あこターンで捲りきり、昨年は児島G1競艇キングカップ優勝を含むV11の大活躍だった前本もあこターンには敵わず後方。
 しかし前本に抵抗された分ツヅッキーツッキー抜けられず、ツヅッキーの直外でマークしていた5号艇今村豊が15スタートからの捲り差しでツヅッキーを差しきり1着。2連単7200円3連単31330円は本日の最高配当。2着だったものの波乱の立役者となったツヅッキーの3日目は6R3号艇と10R2号艇です。
まあメイドグランプリ準優でのツヅッキー

 さて、2日目は星きよし来場して氷川きよしものまねショーを披露しましたが、3日目はマギー司郎がお笑いマジックショーを披露します。ちなみに最終日は南明奈が来場して表彰式プレゼンターを務めますが、川村ゆきえから花束を貰った森アッキーナこと今節選手代表森秋光は本日2R1着7R2着で得点率急浮上。ツヅッキーと同じ7.33で9位タイです。

アビスパ福岡杯優勝戦

 ココロ粋!がスローガンなアビスパ福岡のタイトル戦は3号艇吉田一郎がココロ粋なつけまいで1号艇赤岩善生を沈め、前節鳴門徳島綜合警備保障杯競走に続く通算26回目の優勝。ちなみに優勝したのは吉田一郎ですが、アビスパには吉田宗弘(もとひろ)というGKがいます。そして吉田宗弘(むねひろ)は福岡前節燃える闘魂!アントニオ猪木杯に出場してました。
 大分脱線しましたが後続は激戦で、共に差した2号艇中澤和志と4号艇寺本武司、更に5号艇野澤大二が中澤と寺本の間を割ってやや両者をリード。そして2M野澤は大事を取らず、寺本と中澤の間を割る大胆な旋回で2着を確保と、共に4カド捲りで平和島総理杯を制した澤コンビの対決を制しました。
 3番手争いの方は、2M差して5番手に上がった赤岩が2周1Mを先制しますが、2Mで寺本を差した中澤が赤岩を差して単独3番手を確保。寺本も赤岩を差してここでは順位変わらずも、2周2Mで赤岩が寺本を差して4番手逆転。そして、3周2Mで82期3946赤岩善生が節間8戦6勝オール2連対のパワーを見せつける差し技で82期3952中澤和志を差しきる大逆転劇を披露。同期対決に敗れまさかの4着で悔し涙ぽろりな中澤兄さんでした。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
競艇電投会員即時募集中
既に会員の方はテレボート
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
勝ち組.net
アクセスランキング
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
おすすめバナー
バナソニック


blogram投票ボタン

livedoor プロフィール
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ