ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

進藤侑

明日鮪解体ショーの江戸川京葉賞は赤身の侑が優出

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 江戸川の年末開催京葉賞(優勝賞金100万円)は本日準優日の5日目でした。

 2個準優勝戦1つ目の11Rは11トップスタートの3号艇北山康介が捲りを決めて1着。
 2着は捲り差した6号艇長谷川充(群馬)。
 3番手は2番差しの4号艇永田秀二が優勢も1M先差しの2号艇中野次郎が2Mで1号艇土屋智則の押っつけを行かせての差しで永田秀二を捕らえ、2周1M内から先行した中野次郎が永田秀二の追撃を振り切って逆転3着に入り、2連単28820円3連単108530円。

 準優2つ目の12Rは1号艇飯山泰が05トップスタートの速攻を決めて1着。
 2着は捲り差した赤身カポックの3号艇進藤侑(群馬)。
 3番手は差した6号艇柾田敏行が航走しますが、1M差し届かなかった4号艇山田竜一(今節選手代表)が2M小回りで差を詰め、2周1Mで柾田敏行が赤身の侑に押っつけて流れた隙を突いて差しきり3番手逆転。
 しかし3周1Mで山田竜一東京支部長がもたついてしまい、その隙を突いた柾田敏行が山田支部長を差し返して再逆転に成功し、今月22日に59歳の誕生日を迎えた柾田敏行は2005年12月蒲郡ビクトリーチャンネル杯以来の優出を決めました。


 ここからは2個準優以外での出来事。
 2Rで今節追加斡旋の1号艇・70歳11ヶ月の加藤峻二(埼玉5期1485)が今シリーズ初1着で自らが持つ艇界史上最年長1着記録を更新。
 レース内容は加藤峻二御大が4号艇田野邊秀樹(東京在住埼玉支部)に捲られて、差した6号艇二瓶徹が先頭を走るものの、捲り差しから内に切り返した5号艇堂原洋史埼玉支部長が2Mを先行。
 二瓶徹は堂原洋史を行かせて捌きますが、ここで加藤峻二御大の2番差しが鮮やかに決まって逆転1着となりました。

 ちなみに加藤峻二御大は2005年11月G1江戸川モーターボート大賞以来の江戸川参戦ですが、今世紀だけでも2001年7月のG1江戸川大賞で優出1号艇3着、当時60歳2ヶ月だった2002年3月の日本モーターボート選手会会長賞争奪戦競走で優勝と豊富な江戸川実績があります。


 明日の優勝戦枠番です。

1:飯山泰 2:北山康介 3:進藤侑 4:長谷川充 5:中野次郎 6:柾田敏行

 明日は6R発売中と10R選抜戦発売中に江戸川大晦日恒例、的確なタスクで捌いていく鮪解体ショーが行われますが、京葉賞優勝戦は赤身の侑買いたいショーになりました。
京葉賞開催中


びわこ日本モーターボート選手会会長杯争奪2012年末ファイナル優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇今村暢孝が押し切り、今年5回目・通算53回目の優勝
 2着には差し順走の2号艇益田啓司が入り福岡支部ワンツー。

尼崎市長杯争奪歳忘れ今年もありがとう競走優勝戦

 優勝賞金100万円を懸けた24場最初の年末年始特別斡旋開催優勝戦は枠なり3vs3の進入から逃げる1号艇小坂尚哉と捲り差す4号艇白石健のマッチレースになり、2Mはしらけんが先行。
 コサカーナは2M差し返して2周1M小回りで逆転狙いますが、2周1M外握ったしらけんが2周2Mコサカーナを締めての先行で抜け出し、今年3回目・尼崎V6・通算50回目の優勝

下関豊田町道の駅蛍街道西ノ市杯争奪戦優勝戦

 豊田町道の駅蛍街道西ノ市のタイトル戦は枠なり3vs3の進入から1号艇田中信一郎が押し切り、今年5回目・通算60回目の優勝
 後続は差し順走の2号艇川上昇平が2番手を航走し、1M外マイから2M内に切り返した3号艇吉川昭男を行かせて捌き2着。

福岡歳末特選レース優勝戦

 優勝賞金80万円の歳末特選レースは14/25/36の進入から2号艇待鳥雄紀(福岡)が捲りきって先頭に立ち、今年2回目・福岡2回目・通算4回目の優勝
 後続は差した5号艇池永太(福岡)が2番手でしたが、池永太は差し続く3号艇村岡賢人を2M包んでかわした際にやや膨れ、ここで2艇を差しきった1号艇伊藤喜智が逆転2番手に立ち、伊藤喜智は池永太の追撃を振り切って2着。

大村年末大感謝祭競走優勝戦

 7日間の長丁場を締めくくる優勝戦は枠なり3vs3の進入から6号艇稗田聖也(福岡102期4506)が16トップスタート踏み込んだ勢いで一気に捲りきり、デビュー初優出の聖闘士稗田聖也は一発自模でデビュー初優勝

 2着は捲り差した4号艇前本泰和で、2連単26580円。
 尚、1号艇渡辺浩司は1M出口で北西8m波高7cmの強風に煽られて艇が浮いた所でSEIYAの艇と接触して転覆してしまい、3連単642は141970円でした。

江戸川競艇本場再開記念4日目は冠協賛競走8連発

 本日から冠協賛レースが始まった江戸川競艇再開記念レース4日目。本場入場者が多い日曜日という事で8つも組まれてました。ということで、今日は森泉アナが読んだ冠協賛コメントを紹介。
冠協賛レース募集詳細

 5R純心 誕生3周年記念では「スポンサーは純心君の父ちゃんでございます。コメントが届いております。「父ちゃんいみたいな男になれよ。純心。3歳の誕生日おめでとう。」では実況席からも「ハッピーバースデイ純心君。」」ちなみにここを勝った石渡鉄兵の娘さんも3歳だそうです。
娘さんは3歳の江戸川鉄兵

 6R肋骨にヒビがはいって完治しました記念では「スポンサーはpepeさまでございます。コメントが届いております。ゴールデンウィークに泥酔し、彼女のゆうこに介抱されました。とコメントを頂いております。今度はレースで酔っていただきたいものです。」ちなみにここを勝ったのは今シリーズとっても元気な大西源喜
 
 7Rダイキ建設設立5周年記念杯では「スポンサーは有限会社ダイキ建設様。コメントが届いております。大魔神の御利益を受け、不景気を吹っ飛ばせ!コメントを頂きました。」ちなみに5Rから7Rまで2連単1-2が3回続きました。
江戸川競艇場で再会する熱き人間たちのドラマ!

 8Rお帰り江戸川競艇記念では「スポンサーはマクールSNS協栄様でございます。コメントが届いております。東京の競艇ファンが待ちに待った江戸川の再開に愛を込めて。コメントを頂きました。江戸川競艇をこれからもよろしくお願いいたします。」ちなみにここを勝った宮内由紀英は勝利者インタビューで開口一番「ただいま。」と答えました。
やっさんより足が上と語ったユキチャン

 9Rゆたちん、デビューおめでとう記念では「スポンサーはマクールSNS協栄様でございます。コメントが届いております。104期でデビューした高木圭右選手へ。おめでとうの気持ちを込めて。コメントを頂きました。」ちなみにここを勝ったのは高木君が所属するBPクラブの先輩遠藤晃司でした。
沿道でインタビューを受けるBPクラブ遠藤晃司

 10R渡辺幹夫セカンドライフスタート記念では「スポンサーは渡辺幹夫セカンドライフスタート記念実行委員会の皆さんです。実行委員会の皆様よりコメントが届いております。地下足袋姿の似合っていたナベさん。公私にわたって時には口で、時には背中での指導ありがとうございました。今日は我々らしい形でのお礼の気持ちです。さあ一発ざぶーん!と、どかーん!と、第二の人生スタート切りましょう。

 11R明日への希望の虹記念では「スポンサーはむらお様です。コメントが届いております。全世界の人々の平等と幸福を祈っております。コメントを頂きました。むらお様ありがとうございます。」ちなみにここを勝った作間章は大西源喜のアドバイスを受けて足色が元気になったそうです。
源喜のアドバイスで元気になったマーサク選手

 12RマクールSNS旅うちコミュ2周年記念では「スポンサーはマクールSNS協栄様です。コメントが届いております。競艇場、オフ会でわいわい楽しく盛り上がりましょう。とのことです。どうぞこの12Rもお楽しみ下さい。」ちなみに今日はかつしかだいこんさん夫婦や、職場の同僚三国さん(仮名)や職場の元上司伊賀野幸男さん(仮名)や大和尊さん(仮名)と絡ませてもらいました。ありがとうございました。


 明日の予選最終日を前に得点率上位6選手の紹介です。

山本英志9.50 大西源喜&福島勇樹田中豪8.43 飯山泰8.29 山田竜一8.14

 尚、江戸川鉄兵は2日目7R選手責任転覆による減点がありながらも7.00の9位につけています。

戸田日本レジャーチャンネル杯優勝戦

 6号艇西島義則がインに入った6/12/345の進入から10スタートの1号艇・27歳の若さで今節選手代表を務めた向後龍一(埼玉90期4159)がデビュー初V目指して捲りに行くも、07トップスタートのペリカンさんが抵抗した分先頭に立てず。
 そして、6コースから捲り差しを決めた5号艇進藤侑(群馬92期4235)が先頭に立ち、師匠の江口晃生同様に水球選手から競艇選手の道を歩んだ進藤侑は10度目の優出で遂に初優勝
 後続は差した3号艇織田猛が2番手だったものの、2M差した向後が織田に並び、2周1Mで向後が織田に押っつけた展開を突いた2号艇加瀬智宏(群馬64期3414)がまとめて差しきり逆転。1周1Mキャビった智様は後方4.5番手から柔軟な旋回で一気に浮上し、2周2Mでは向後を行かせる交互旋回で捌き、3周1Mでは織田を行かせて捌き2着を守り群馬ワンツー完成。

 ちなみに、JLC番組「GOLDEN BOYS 2009#01」のキャッチアップGB尼崎編に登場した進藤侑は「しんどうたすく」と読みますが、同番組キャッチアップGB若松編に登場した房総レーサー若林将(わかばやししょう)のグループは「TASK」です。由来は、メンバー4人石渡鉄兵&作間章&若林将&足立かなえの名前の頭文字「Teppei Akira Sho Kanae」から来てます。

桐生さわやか杯優勝戦コカ・コーラ競走

 三国コカ・コーラボトリングのタイトル戦は枠なり3vs3の進入から07トップスタートの4号艇西川新太郎がスカッとさわやかに捲りを決め、通算V6となる優勝。ウイニングランではさわやかに立ち上がってのウイニングランを披露しました。
 人気の中心だった2号艇秋山直之(群馬)は西川に絞られた後に外へ持ち出し二段捲りに出て、捲り差した6号艇大久保信一郎との2番手争いに。そして2M外握った秋山にゃんは、ここは大久保を捲りきれず併走継続も、2周1M再び全速ぶん回して今度はスカッとさわやかに大久保を捲りきる事に成功して2着。
 ちなみに西川の前回Vは昨年4月のデイリースポーツ創刊60周年記念ささはら賞でしたが、この時も秋山にゃんが乗艇(5着)してました。

下関西スポ杯争奪戦優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇西村勝が押し切り、正月の戸田埼玉選手権・スポーツニッポン杯争奪戦以来となる今年2回目・通算34回目・下関2回目の優勝。1M→2Mと握って攻めた5号艇石田章央が2着。
 (^ε^)ノシちなみにまちゃるたんの次節はG1三国モーターボート大賞ですが、三国は2004年3月G1北陸艇王決戦以来久々の参戦になります。

常滑ウイニングロード争奪戦優勝戦

牛小屋@大森でボトルキープ中の白水 枠なり3vs3の進入から1号艇白水勝也が17トップスタートの速攻で押し切り、今年5回目・通算28回目の優勝で初日8R6号艇2着以外全て1着の準完全V。我勝手隊の我らが白水がV5により来春の平和島SG総理大臣杯出場濃厚になったので嬉しいですね。

 後続は差し順走の2号艇平石和男が2番手、つけ回った3号艇今泉和則(愛知)が3番手でしたが、2周1M差した今泉がBSで伸びて追いつき両者同体に。2周2M先行した今泉に対し平石が差し返して食らいつきますが、3周1M今泉が外全速で平石を捲りきって逆転2着。

芦屋競艇マクール杯争奪戦優勝戦

 スタート展示の123465から本番、3号艇東健介がピット遅れた124/635の進入になり、2号艇瀬尾達也が10トップスタートで競艇マクールを決めた展開を突いて差した4号艇山口高志(佐賀92期4222)がデビュー初V目指して先頭に。
 しかし2M、内突っ込んできた健介を包んだ山口高志はターン膨れ、差した瀬尾が逆転し、今年2回目・通算48回目の優勝

ぴろし今年V6で初めてのSGに勇躍参戦!

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 先々週の金曜日は現地に行ってたわけですが、先週の金曜日から始まった唐津競艇の一般競走は今年度初のポイント制4日間開催で早くも本日最終日。ピット生ナマ情報もばっちり録画してタスクきっちりの優勝戦は初日1走目7R6号艇3着以外5戦全勝の伊藤宏が今年V6目指して1号艇で、2日目まで3連勝だった群馬92期4235進藤侑25歳がデビュー初V目指して5号艇。携帯マクール唐津競艇コーナーで大人気連載中「エンタ亭カナエの先走りブログ」では今節4つのお題のうち3つが「たすくの必然」「たすくと…」「たすくvsぴろし」というお題だったということで、たすくとぴろしをピックアップしてました。

 ということで1号艇ぴろしvs5号艇たすくの優勝戦は「たすく、たすく、いざたすくが行きます5コースから(動画)。」とブログで書いた通りにたすくと呼んだ石川香奈恵アナに実況されたたすくは枠番通りの5コースに入り、進入隊形は枠なり3vs3でインコースから123/456の並びです。スタートしました優勝戦第12R。ぴろしと2号艇古川誠之が12のトップタイスタートを放ち、ぴろしが古川のマイを押さえつけて1Mを先マイ。あっという間に独走となったぴろしが今年V6・通算19回目・唐津は2005年3月JLC杯争奪戦以来となる2回目の優勝を飾り、明日前検の丸亀SG全日本選手権に勇躍乗り込みます。ウイニングランも録画して見ましたけどSG初出場を前にして、まるでウルトラマンティガの様にカッコいい壮行Vでしたね。Catsのレーシングスーツを纏うぴろしは柳瀬展大斡旋辞退による追加斡旋のチャンスを生かした今年V6で来年の多摩川SG総理大臣杯が当確になったのも大きいですね。
 後続は順走の形になった古川と差した4号艇新井敏司が2番手を争い、たすくは差し届かず6号艇川島圭司には舳先を入れられやや苦しい状態。2Mは内先行体勢の新井名人に対し古川が全速握って挑み、古川のマイが見事決まって新井名人を一気に捲りきった古川が2着。
 たすくは2Mで川島を包んで新井名人を差して3番手に浮上し、2周1Mは川島を行かせて捌き、2周2Mは同支部の大先輩・小山市の大将新井名人を捌ききって3番手キープ。しかし、3周1M切り返してきた川島に突っ込まれて捌くのに手こずり、その間隙を突いた新井名人に差されてピンチに陥ります。ですが、3周2M新井名人を差し返して3着に入り、たすくは同支部の大先輩に競り勝ちました。たすくは前走地桐生ナイターレース発祥の地記念アクアンナイトカップでも道中伊藤誠二に競り勝ち優勝戦2着と、すくすく成長しています。

鳴門松茂町ほか二町競艇事業組合開設40周年記念競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇郷原章平が03剛腕トップスタートを踏み込んでの速攻ゴウハラマジックで捲らせず差させずの圧勝を飾り、前走地下関G3新鋭リーグ戦COME ON! FM CUPに続く今年3回目にして通算4回目の優勝
 後続は順走の2号艇山室展弘さんと外マイの6号艇坂元浩仁で接戦になるも、2M外ぶん回した坂元が大きく流れて自滅。2M内しっかり回った山室さんが2着です。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
競艇電投会員即時募集中
既に会員の方はテレボート
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
勝ち組.net
アクセスランキング
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
おすすめバナー
バナソニック


blogram投票ボタン

livedoor プロフィール
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ