ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

賞金王決定戦

山崎智也が願いカナエてグランプリV2

 ボート界の実質的なクライマックス、30回目のグランプリSG賞金王決定戦特設サイト)は2年ぶり25回目の住之江開催。

 12Rグランプリ優勝戦は162/345の進入から1号艇山崎智也が押し切り、今年はSGV3となるV6・住之江9回目・SGV10となる通算79回目の優勝
 3号艇毒島誠が1M外マイからの2M差しで2着に入り、群馬支部ワンツー。
 ちなみに山崎智也は妻の74期3774横西奏恵元選手(女子王座V3)と結婚した2010年に住之江で賞金王シリーズ戦優勝、奏恵夫人が引退した2012年に住之江で初の賞金王決定戦優勝、そして今月9日に娘の寧々ちゃんが生まれた今年は「ここ来る前にカミさんの頑張る姿見て感動したんで、今回はカミさんを感動させてやりたいと思います。優勝します。」の宣言通りにグランプリV2で2度目の賞金王に決定しました。

 前座の11Rグランプリシリーズ戦優勝戦は1235/46の進入から3号艇西山貴浩が5号艇松井繁の捲りを張り飛ばして共倒れになる中、1号艇長田頼宗が悠々押し切り、今年4回目・デビュー初Vの地住之江では2回目・通算18回目の優勝


多摩川四市組合設立48周年記念ボートピア市原カップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から4号艇中澤和志(82期3952)が3号艇田村隆信に先捲りで抵抗されながらも二段捲りを決めて先頭に立ち、今年3回目・多摩川3回目・通算50回目の優勝
 1号艇作間章(東京支部82期3966)がイン戦粘って2着に入り、82期ワンツー。

 ちなみに優勝した中澤和志は11月末時点での獲得賞金4137万9千円で本来なら住之江のグランプリシリーズ戦に出場できましたが、シリーズ前検日の12月17日が家事都合等斡旋辞退期間と重なっていたため当初斡旋の多摩川に出場しました。

児島ていちゃんカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から11トップスタートの1号艇石田政吾が2号艇鶴本崇文の差しを振り切って先頭に立ち、今年5回目・通算72回目の優勝

徳山yab山口朝日放送杯争奪戦優勝戦

 枠なり3vs3の進入から10トップスタートの3号艇永田秀二が捲りを決めて先頭に立ち、今年2回目・徳山初・通算3回目の優勝

SG賞金王決定戦は山崎智也が11年前の借りを返す決定戦初V

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 住之江で開催された艇界最高峰の戦い・第27回SG賞金王決定戦特設サイト)は枠なり3vs3の進入から逃げる1号艇松井繁(大阪)と捲り差す4号艇山崎智也の一騎打ちになり、舳先届いた山崎智也が2M先行で王者松井繁を振り切り、今年2回目・住之江V6・SGV7となる通算64回目の優勝を飾り、ゴールドボートでウイニングラン。
 賞金王決定戦初Vの山崎智也にとって賞金王決定戦は2001年の第16回でフライングを切ってしまった苦い過去もありましたが、今節選手紹介の日に電撃引退を発表した妻横西奏恵の内助の功を得て11年越しのリベンジを果たしました。
 ちなみに住之江HPのリプレイ動画で見られる記者会見では途中から横西奏恵が出席して夫婦共演の場面も見る事が出来ます。
ゴールドシップでウイニングラン今年のキングは、誰ニャ!!!!



住之江賞金王シリーズ戦優勝戦

 セミファイナルのシリーズ戦は162/345の進入から1号艇篠崎元志が11トップスタートの速攻を決め、今年4回目・住之江初・通算21回目の優勝
 2着は差した4号艇湯川浩司(大阪)。

 イケメンボートレーサー第1位に選ばれたG1V2のニュースター篠崎元志にとって、今後は「SG初Vが賞金王シリーズ戦だった選手は以後SGを勝てない」ジンクスを跳ね返す戦いが待っています。


鳴門ありがとう2012カップ競走優勝戦

 群馬に拠点を戻すのは娘さんの中学進学に合わせてとの事で、山崎智也が昨年今年と実質生活の拠点にしていた徳島。
 ということで、横ちんの地元水面鳴門で開催される今年最後の優勝戦は1236/45の進入から1号艇徳増秀樹が14トップスタートの速攻で4号艇寺本武司の捲りを受け止めきり、今年5回目・鳴門3回目・通算51回目の優勝初日12R4号艇2着以外オール1着の準完全V。
 惜しくもデビュー初Vならなかった寺本武司に対して5号艇塩田雄一の捲り差しが迫りますが、寺本武司は2M行かせて捌き、以降も塩田雄一の追撃を振り切り2着。

丸亀年末ファン感謝ゴールデンカップ優勝戦

 山崎智也が結婚後最初の優勝を飾って約2年9ヶ月の長い夜から復活の狼煙を上げた2010年のBOATRACE振興会会長賞競走テレボートカップ開催地だったまるがめ。

 優勝戦は1235/46の進入からスロー4艇がスタート0台のスタート合戦になりましたが02トップタイスタートの1号艇池上裕次が押し切り、今年2回目・丸亀3回目・通算56回目の優勝
 後続は02トップタイスタートから差した5号艇林美憲が2番手を航走し、捲り差しからBS内に切り返してきた4号艇興津藍を2M行かせて捌き2着。

住之江SG賞金王決定戦は池田浩二が初の決定戦V

ブログネタ
競艇 に参加中!
 池田市や管理者の富田林市など16市で構成される大阪府都市競艇組合が主催した住之江SG賞金王決定戦特設サイト)は現地観戦したクリスマスの今日が最終日。

 3日間のトライアルを勝ち上がった6名による1億円争奪バトル賞金王決定戦ファイナルは枠なり3vs3の進入から1号艇池田浩二が難なく押し切り、2005年12月賞金王シリーズ戦以来となる住之江2回目・今年7回目・通算38回目の優勝
 2着には2番差しの4号艇松井繁(大阪)が入り、王者は生涯獲得賞金30億円突破。

 5月の尼崎SG笹川賞、10月の平和島SG全日本選手権に続く年間SGV3を達成した常滑市出身の池田浩二に対し、常滑市出身の皆川浩二日本モーターボート競走会会長が黄金のヘルメットを授与し、常滑のW浩二がボート界の頂点に立ちました。

 ちなみに競走会の新施策が本日正式発表され、来年度からオーナープロペラ制度が復活します。
 実施日は先行実施の浜名湖が来年4月12日、他の23場が来年4月27日以降を初日とする開催で、SGでは5月に浜名湖で開催される笹川賞が最初になります。
賞金王決定戦表彰式



賞金王シリーズ戦優勝戦

 セミファイナルの賞金王シリーズ戦ファイナルは枠なり3vs3の進入から1号艇勝野竜司が11トップスタートの速攻を決めて3号艇服部幸男のつけまいを受け止めきり、今年3回目・住之江2回目・通算41回目の優勝にして2005年6月G1丸亀モーターボート大賞以来となる2つ目の記念タイトルを獲得。
 そして、初SGという事でレース後には水神祭が行われました。

 後続は2番手の服部先生が捲り差しで迫る5号艇吉田俊彦を2M行かせて捌き2着。
賞金王シリーズ戦表彰式



高橋淳美トークショー】

 今日の住之江公開FMアクアライブステーション選手ふれあいコーナーは高橋淳美が出演し、初期の賞金王決定戦で開催のお手伝いをした話や東日本大震災の話などが出ました。

 ちなみに今日は職場の友人三国さん(仮名)と指定席で観戦しましたが、久しぶりの人や初めましての人と沢山会うことが出来ました。
 そして、夜は臨時営業してた十三の居酒屋ドマーニに5人で行ってきました。
 本日お会いした皆さん、ありがとうございました。
高橋淳美トークショー1高橋淳美トークショー2



鳴門ありがとう2011カップ競走優勝戦

 岸本恵子アナが実況するBOATRACEうずまきNARUTOの優勝戦は枠なり3vs3の進入から5号艇岸本雄貴が05トップスタートを決めて捲りきり、鳴門初出場にしてデビュー初Vを飾った9月の前回当地日本財団会長杯競走に続く鳴門2回目・今年3回目・通算3回目の優勝

 後続は1号艇仲口博崇が6号艇鈴木茂高の捲り差しを内でこらえきって2番手を航走し、2Mで内に切り返してきた鈴木と差し順走から押っつけてきた2号艇高沖健太を行かせて捌き2着。

徳山スポーツニッポン杯2011グランプリファイナル優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇松田祐季が04トップスタートの速攻を決め、今年2回目・徳山初・通算8回目の優勝

 後続は捲り差した6号艇真庭明志が2番手、差し順走の2号艇徳増秀樹が3番手でしたが、2M真庭のターンが流れた間隙を突いて秀樹が小回りで追いつき、2周1M先行で逆転2着。

SG賞金王決定戦トライアル初日

ブログネタ
競艇 に参加中!
 いよいよ今日から決定戦トライアルが始まった住之江SG賞金王決定戦
 初日の勝者は11Rが1号艇池田浩二12Rが5号艇佐々木康幸で、2連勝式はどちらも1=5のいちごワンツーでした。

 さて、決定戦トライアルといえば2日目と3日目の枠番抽選ですが、アクアライブステーションYouTubeチャンネルで枠番抽選の動画が好アングルで公開されてます。
 特に今節選手代表湯川浩司2日目11Rの残り玉を回した同期田村隆信に黄玉を大げさに見せつける場面。

 また、賞金王決定戦といえばトライアル前検日の公開モーター&ボート抽選もおなじみですが、東スポ@チャンネル賞金王決定戦特集では公開抽選会の動画が公開されてます。




アビスパ福岡杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から逃げる1号艇古賀繁輝に対しデビュー初V狙う2号艇小羽正作(今節選手代表)の差しが迫りますが、古賀は小羽を振り切り、前走地徳山BOATBoyカップに続く今年4回目・福岡初・通算13回目の優勝

 2番手の小羽に対し3号艇飯山晃三が押っつけてきますが、小羽は冷静に行かせて捌き2着。

SG賞金王決定戦をSNP6がPR

ブログネタ
競艇 に参加中!
 今年もメッカ住之江で開催されるSG賞金王決定戦特設サイト)はシリーズが20日、決定戦トライアルが22日から開幕します。
 さて、昨日は大阪、今日は東京のマスコミを対象に大阪府都市競艇組合がキャンペーンユニットSNP6を帯同した媒体訪問を行い、売上目標は170億円とのこと。

 ここでSNP6のメンバーを紹介。
 SNP6はShokinoh News Promotion 6の略称という事で、6人はそれぞれ()内のスポーツ紙でPRコラム等を担当します。

1号艇ながせみほ(担当:スポーツニッポン
2号艇木島さやか(担当:大阪スポーツ
3号艇西岡郁(担当:サンケイスポーツ
4号艇藤村えみり(担当:日刊スポーツ
5号艇峰のりえ(担当:デイリースポーツ
6号艇今村仁美(担当:スポーツ報知


 SNP6はキャンペーンをするだけでなく歌って踊れる6人組で、オリジナルソング「ゴールデンヘルメット」も作られました。
 ちなみに賞金王開催期間中は最終日25日の8R発売中にイベントを行う予定です。



 (追記)東京スポーツで6人全員の動画インタビューが公開されました。

2010年の賞金王は中島孝平に決定!

ブログネタ
競艇 に参加中!
 本日はBOATRACE日本一を決めるSG賞金王決定戦を見に住之江競艇場に行ってきました。
 23日付と24日付の前後編で書くと思いますが、23日付の記事ではレースについて書きます。

 結びの一番賞金王決定戦ファイナルは枠なり3vs3の進入から1号艇濱野谷憲吾がスタート26と凹み、17スタートから捲りきった2号艇中島孝平が今年8回目・住之江2回目・通算32回目の優勝でSG初V。
 2008年9月の桐生G1赤城雷神杯でG1完全Vを成し遂げた男が遂にSGタイトルを手に入れましたね。

 後続は3号艇石野貴之の捲り差しがやや流れて、差した4号艇今垣光太郎が2番手につけ、石野は外マイの5号艇湯川浩司と3番手争い。
 ですが、2M石野貴之を差して単独3番手になった湯川浩司が2周2Mでガッキーに押っつけ、ガッキーは包んでかわしきるも流れ、そこを石野がまとめて差しきり逆転2着。三国ワンツー転じて4000番台ワンツーになりました。
中島孝平決定戦優出インタビュー中島孝平決定戦表彰式



賞金王シリーズ戦優勝戦

 今年からセミファイナルに昇格したシリーズ優勝戦は枠なり3vs3の進入から4号艇山崎智也が12トップスタートでカド捲りを決め、今月1日に女王横西奏恵と入籍した貴公子山崎智也は前走地丸亀BOAT RACE振興会会長賞競走テレボートカップに続く今年2回目・住之江5回目・通算61回目の優勝でSGV6。
 捲り差しで立て直した3号艇魚谷智之が二段捲りの5号艇勝野竜司を振り切って2着。

 それにしても結婚を機にリズム急上昇の山崎智也、この優勝で過去SGV2を誇る戸田で開催されるSG総理大臣杯の出場権を獲得したのも来年に向けて大きい収穫です。
山崎智也シリーズ優出インタビュー山崎智也シリーズ表彰式

賞金王決定戦はトライアル最終日の3日目

ブログネタ
競艇 に参加中!
 明日の決定戦ファイナルへ向けてトライアル3日目を迎えた住之江SG賞金王決定戦

 1つ目の11Rが枠なり3vs3の進入から1号艇池田浩二が08トップスタートの速攻で1着、差し順走の2号艇今村豊が2着、つけ回った3号艇湯川浩司が3着で2連単790円3連単2420円と舟券はすんなり123決着。
 しかし決定戦ファイナルへは池田浩が圏外で今村豊が1着条件、前日1位の4号艇石野貴之が当確も6着で前日2位の5号艇岡崎恭裕が5着に敗れた為、ファイナルのメンバー争いと好枠争いは波乱に。

 2つ目の12Rは全員にファイナル進出の可能性がある大激戦区で、1着の欲しい6号艇松井繁が動いた1246/53の進入に。
 そしてスタートも激しく、1号艇中島孝平が02で4号艇菊地孝平が01とW孝平が目の覚めるようなスタートを決め、菊地孝平のつけまいをブロックした中島孝平が勝負駆け成功の1着。
 差し順走の2号艇濱野谷憲吾が2着に入って決定戦ファイナルのPPを獲得し、大外進入ながら激しい3着争いを制した3号艇今垣光太郎が3着に入り、結果は前のレースと同じ123決着で、12.23を前に123が連発。
日本一の夢を、見よう。いっしょに。

 賞金王決定戦ファイナルメンバーは以下の6強に。

1:濱野谷憲吾 2:中島孝平 3:石野貴之 4:今垣光太郎 5:湯川浩司 6:岡崎恭裕

 誰が勝っても賞金王決定戦初Vがかかります。
 ちなみに下のYouTube動画は東スポ@チャンネルのインタビュー動画です。

 今年からセミファイナルに昇格した賞金王シリーズ優勝戦のメンバーは以下の通りです。

1:赤岩善生 2:篠崎元志 3:魚谷智之 4:山崎智也 5:勝野竜司 6:石田政吾

 新婚パワーで予選トップだった山崎智也が準優2着に敗れ、賞金王決定戦次点だった赤岩に賞金王シリーズV2のチャンスが。
 尚、篠崎元志と勝野竜司がSG初優出です。

賞金王決定戦TR2日目+栃原さやかと古結宏とあさちゃんの動画

ブログネタ
競艇 に参加中!
 トライアル2日目の住之江SG賞金王決定戦は1つ目の11Rが枠なりオールスロー進入から1号艇濱野谷憲吾が押し切り1着と順当。
 しかし2つ目の12Rは12346/5の進入から捲り差した3号艇岡崎恭裕と内伸び返す2号艇中島孝平のトップ争いになり、2M先行した中島を差した岡崎が2周1Mで抜け出し1着。
 中島が2着、1Mの掛かり悪く2艇に差された1号艇湯川浩司は3着で12Rは2連単8700円3連単26910円の波乱に。

 以上、トライアル2日目を終了したところで1位は1着2着の地元石野貴之で、現時点でTakayukiMakesRevolutionのみが決定戦完走当確です。
 ちなみにSG第25回賞金王決定戦の公式ブログでは昨日に続いて今日付の記事でも枠番抽選の写真がふんだんに掲載されてます。
【競艇】第25回賞金王決定戦★トライアル3戦目の枠番抽選

 さて、住之江といえば公開FMアクアライブステーションですが、トライアル初日に行われた栃原さやかトークショー古結宏トークショーが本日アクアライブステーションYouTubeチャンネルで公開されました。

 賞金王シリーズ前検(動画)で賞金王シリーズ出場中の愛知96期4337平本真之と婚約してた事がわかって話題になった奈良在住大阪支部100期4455栃原さやかのトークショーは、平本真之との婚約発表会になりました。
 昨年のトークショーでは彼氏が出来た直後と語ってましたが、それから順調に愛を育んできたということですね。
 そういえば今年の平本真之は飛躍の一年で、8月のSGモーターボート記念でSG初優出、11月のG1丸亀ダイヤモンドカップでG1初優出を飾ってますから、平本真之の飛躍はとっちーの存在も大きいんでしょうね。

 また、兵庫84期4002古結宏のトークショーでは古結宏が北陽高校出身で王者松井繁の後輩という話などを聞けます。

 ちなみに明日のアクアライブステーションは大阪94期4289落合直子がゲストですが、とっちーのBlogに続いて落合直子もブログなおこはんブログを始めました。

 ところで、アクアライブステーションの看板娘といえばアッサーナことピチピチ浅ちゃんですが、おっ!サンテレビの取材で賞金王決定戦前夜祭をレポートした浅ちゃんはシリーズ初日と2日目がおっ!サンテレビ中継ピットレポート、トライアル開幕後は枠番抽選のアシスタントを担当してて、今節はまだアクアライブの動画に登場してません。

 ですが、今日の東スポ@チャンネルピチピチあさちゃんインタビューが公開。
 普段は直撃インタビューする側の浅ちゃんが、今回は直撃インタビューされる側になってます。
 アクアコンシェルジュMCを目指したきっかけや、以前ブログの記事でツーショット写真を公開したボートレース研ナオコと実は同姓同名という話を、いつもと逆の立場でいつものようにダジャレ満載で語ってる浅田なおこはんです。

【三六競艇】賞金王決定戦最終日+BP習志野加藤峻二ショー

ブログネタ
競艇 に参加中!
 土日に本場参戦した住之江SG賞金王決定戦も遂に今日が最終日。

 まず10R賞金王シリーズ戦優勝戦は1452/36の進入から1号艇井口佳典が07トップスタートぶち込む速攻を見せ、5号艇西島義則のつけまいを全く問題にしない豪快な旋回でぶっちぎり、昨年の当地SG賞金王決定戦を含むSG3つ目・通算32回目の優勝
 後続は差し順走の3号艇大嶋一也がペリカンさんに舳先をかけきり、捲り差しから2M切り返してきた2号艇辻栄蔵を行かせて捌き、2周1Mではペリカンさんを行かせて捌き2着。
最強を決める最高の戦いや!

 11R順位決定戦を挟んでいよいよ迎えた賞金王決定戦ファイナルは枠なり3vs3の進入から11全速スタートの2号艇瓜生正義が12アジャストスタートの1号艇坪井康晴との機力差とスタート差か、「スリットから出て行ったのでついつい捲りに行ってしまいました。」ということでつボイに対して絞り捲りを敢行。
 (;`ω´)「早仕掛けでしたね。時計を見たら早かったので放りました。あれだけ特訓をしたのに…ファンの皆様に申し訳ない気持ちで一杯です。悔しいです!」つボイは必死に抵抗するも捲られてしまいつボイン戦大失敗に終わり、捲りきった瓜生もつボイに抵抗された分流れて両者共倒れ。

 そんな中、08トップスタートながら瓜生の直捲りを読み切ってたかのような冷静なブイ際差しを披露した3号艇・赤いエンゼル松井繁が一気に突き抜け、SGV10・通算94回目の優勝で3度目の賞金王決定戦V。

 後続は差し続いた4号艇田村隆信が捲り差しの5号艇吉川元浩を内から牽制して2番手争いを優位に進めるも、差し伸びてきた6号艇池田浩二が2Mを先行。
 外を行こうとした吉川は池田に進路をカットされた格好で後退し、2番手は差して捌いた田村と池田の争いに。
 そして2周1Mをつけまいでリードした池田が、内から伸び返す田村を行かせて捌き2着を取り切り、今年の賞金争いをリードしたコンビのワンツー。

 表彰式(特設サイトで動画公開予定)で王者は「あれ(TR2日目と3日目の枠番抽選)は強敵ですね、本当に。色々プロペラとか技量は自分でなんとかなるんですけども、それだけはどうしても自分の力では何ともならないんでどうでしょうね。じゃんけんしても負けるのに。」と、抽選運の無さを嘆きつつも勝利への意欲と技量・調整への自信も強調。
 その後、憧れの王者を祝えて緊張気味のJRA競艇部長佐藤哲三を始め、競艇競馬コラボ企画「ジョッキーが応援する賞金王決定戦!!」に出演した池添謙一藤岡佑介川田将雅の総勢4名の騎手が登場。代表でさとてつが王者に優勝カップを渡し、その後記念撮影におさまりました。
公開前検抽選会での王者現役JKカルテットと記念撮影の王者

 ところで、最近自分が一番楽しみにしてるのがアクアライブブログと連動したYouTube動画「ぴちぴち浅ちゃんの選手突撃コーナー」。

 今回は最終日に2本が更新され、1本目が初日4RでSG初1着を挙げ水神祭を受けた勢いに乗って最終日も9R特別選抜A戦1着の活躍を見せた今井貴士のインタビュー。

 2本目は選手紹介で「みなさん寒そうにしてからに。寒いと思うから寒いんや。そやから鎌田の下手なターンも、上手いと思って見たらムチャクチャ上手かったりするかもしれませんよ。あとから人数合わせみたいなメンバーが出てくるんで、拍手よろしく!」というコメントを残したセンタープールのエンターテイナー鎌田義に加え途中から宿舎で同室の湯川浩司も登場したカマギー節満載のインタビュー。 


【5期メン1485・艇界の隼加藤峻二トークショー】

艇界の隼・加藤峻二御大 江戸川競艇場外ボートピア習志野では本日、キャリア50年通算3000勝以上を誇る艇界最古参最年長の67歳加藤峻二御大のトークショーが行われたので、午前中江戸川本場に立ち寄ってから習志野まで見に行ってきました。


 8Rシリーズ特別選抜B戦発売中に行われた第1部では麻雀界の御大小島武夫73歳が共演。

(同世代のファンからよく峻ちゃんと呼ばれることについて)「まんざらでもないです。
(小島武夫談)「昔は本当にアウト指向で、新人がいても6コースに入ってたよ。
(小島武夫談)「体使う仕事をしてると10歳は若く見えるんだね。
(小島武夫談)「30年程前に新橋で一緒に飲んだのが思い出だね。お互い今でも酒が飲めるのが若くて健康な証拠だよ。

 シリーズ優勝戦発売中に行われた第2部では埼玉支部の後輩で現在はBP習志野競艇大學マイスター28期2357羽尾勉教授が共演。
 26日に来場するモンスター野中和夫元選手会長(通算優勝回数132回)が引退したことで現役1位になった119回の優勝回数や、1435金子安雄元選手とのKKコンビで埼玉支部の黄金時代を築いた話や、現在通算優勝116回の今村豊の名前が出てきて、「僕の記録はいつも今村くんに抜かれるんだ。」と語ったりとか、孫は上が小学五年生で下は今年生まれたとかの話を。
 そして今後については「とりあえず、来年の登録更新をクリアしてまだまだ現役を続けたいですね。」と、生涯現役宣言で締めてくれました。
ミスター麻雀小島武夫がいろいろ語った第1部プロペラマイスター羽尾勉教授が経歴を説明する第2部

 さて、BP習志野恒例の全国発売競走ご当地メニュー、今回は「蛸めし丼」。炊き込みご飯の上にたこ天が乗っかってました。
蛸めし丼


津イーバンク銀行杯優勝戦

 賞金王決定戦と完全併用の6日間開催最終日はBP習志野で場外発売されてたのでレース名のイーバンク即時投票ではなくBP習志野で現金投票。

 さて、賞金王決定戦開催地の住之江競艇場といえば、ネット中継でも聴ける公開FMアクアライブステーションの泥ちゃんこと42期2815泥谷重次元選手の予想解説でお馴染みですが、津イーバンク杯は泥ちゃんの息子さん泥谷一毅が「エースモーターをパートナーにかつき満々です。」ということで優勝戦1号艇。
 そして優勝戦本番は6号艇中村亮太がチルト+3度の4号艇後藤道也(三重)相手に枠を主張した123/546の進入になりますが、泥谷勝つ気満々の16スタートから1Mを先に回り、今年2回目・通算3回目の優勝。実況担当佐竹亮アナのブログ「常に常にマイペース」に表彰式の勇姿が載ってます。
 捲り差しで2着に入った3号艇樋口亮(長崎)は大村競艇解説者の25期2195樋口保宏元選手の息子で、賞金王併用開催は元選手の解説者を父に持つ2人のワンツー。

 ところで、今節2日間生の姿を見た泥ちゃんの予想と展望は中継だけでなくアクアライブステーションYouTubeチャンネルでも公開されていて、次節(26日からスポニチ杯争奪住之江選手権競走)が始まるまでの間見ることが出来ます。
住之江競艇 賞金王決定戦3日目第11レース展望

賞金王決定戦トライアル最終日と賞金王シリーズ準優勝戦

ブログネタ
競艇 に参加中!
 今日の住之江競艇場はSG賞金王決定戦トライアル3日目とシリーズ戦の準優勝戦。

 まずは賞金王シリーズ戦の生き残りを懸けた準優勝戦第1弾の8Rから。
 ここは枠なり3vs3の進入から1号艇辻栄蔵が押し切り1着、差した4号艇西島義則が2着の広島ワンツー。

 準優第2弾の9Rは135/246の進入から2号艇・今節選手宣誓担当の湯川浩司(大阪)が絞り捲りを決め1着。
 捲り差しで2番手追走の4号艇中野次郎は1Mで5号艇柏野幸二を包んだ際に柏野と接触し、その流れで1号艇白井英治を差した際に白井と接触し、白井は中野に小突かれたような形で落水。
 その中野に対し2Mで柏野が内から押っつけにかかり両者接触。結果柏野は包まれ空振りに終わって振り込んでしまいますが、柏野と接触した影響で中野も流れてしまい、1M外マイ追走の6号艇藤丸光一が中野を差しきり2番手に浮上。
 差された中野は内に切り返して事故艇がいる2周1Mで先マイを狙いますが、結局外の藤丸に譲って減速。
 ということで偶数艇トリオを形成した中野藤丸の2番手争いは藤丸に軍配が上がりましたが、中野は2周1Mで内に切り返した件が23条関連順位変動違反を適用され即日帰郷処分となりました。

 2009年の艇界総決算のSGもいよいよシリーズ戦のファイナリスト6強が決まる最終関門バトルのラストの準優勝戦10R
 ここは13245/6の進入から1号艇井口佳典が押し切り1着、差し順走の3号艇大嶋一也が2着。
 尚、3番手は単騎ガマシから攻めた6号艇森永淳が3番手でしたが2M握ってターン膨れ、1M差し→2M小回りの5号艇今村豊が逆転で3着になり、奇数艇トリオを形成。


 明日のシリーズ戦優勝戦は以下の枠番。

1:井口佳典 2:辻栄蔵 3:湯川浩司 4:大嶋一也 5:西島義則 6:藤丸光一

 KAZUYA.Oは確実に動きそうですが、準優の感じだとペリカンさんとアラフォーマルちゃんはピット離れ次第で読みづらそう。

 トライアル3日目第1弾11Rスタート展示大外の4号艇原田幸哉が本番枠を主張して枠なりオールスローになりかけるも、6号艇今垣光太郎が回り直して枠なり5vs1に。
 そして09トップスタートの1号艇田村隆信は2号艇瓜生正義をガツンと締めて振り切り2Mを先行。
 2艇を追いかける3番手は、捲り差し狙おうとした3号艇池田浩二が引き波を踏んで振り込み、池田の内を捲り差したガッキーが浮上。
 しかし2M、やや膨れた瓜生に対して内小回りで逆転狙ったガッキーは出口で振り込んでしまい選手責任転覆。
 これにより2周1Mが実質最後の勝負所になりますが、ここで瓜生の差しが先頭の田村に届き、事故艇がいる2周2Mを内から先行した瓜生が逆転1着。
 また、1周2M2番差しの池田が同先差しの原田を捕らえて2周1Mを先行し3着に入り、決定戦ファイナルに望みを繋げました。
田村との足の違いを見せ付けた瓜生正義

 トライアルのラスト12Rは枠なり3vs3の進入から1号艇坪井康晴が先行するも、1着勝負駆けの2号艇吉川元浩がガツンと艇を併せる気合いの差しきりで1着。2着のつボイはトライアル1位通過で3日連続の1号艇に。
 尚、4着勝負駆けだった6号艇菊地孝平は1M差し遅れて最後方。3周2M差して1艇抜いたものの5着に終わり、着位差で次点になりました。
気合いの1着勝負駆けを成功させた吉川元浩

 大一番賞金王決定戦ファイナルの枠番は以下の通り。

1:坪井康晴 2:瓜生正義 3:松井繁 4:田村隆信 5:吉川元浩 6:池田浩二

 逃げ切ればつボインカ帝国がカパッと成立しますが、つボイン戦を吉川に差されたつボイよりも瓜生の方が足は上と思われるので、つボイが王者を牽制する展開になれば瓜生の差しきりは十分にありそう。
 ところで、ツボといえば競艇場隣の天然露天温泉スパスミノエに日曜日に初めて入浴しました。
 競艇場からすぐ近くで、そばにはアプレシオスミノエ店もある絶好の立地ながら露天風呂はそれを感じさせないゆったりした雰囲気で、源泉掛け流しでお肌がぴちぴちになるツボ風呂も2つ設置されてます。
 ということで早ければ大型開催目白押しの2月にまた住之江競艇とスパスミノエに行こうかなと思います。
インカ帝国の成立 歌:つボイノリオ

賞金王決定戦前検

 明日初日を迎える住之江競艇のSG賞金王決定戦トライアル。
 今朝はボート&モーター公開抽選会が行われたので、抽選結果を紹介します。

 11Rトライアル
池田浩二 ボート11モーター27
今垣光太郎 ボート26モーター52
吉川元浩 ボート66モーター73
坪井康晴 ボート18モーター23
服部幸男 ボート38モーター31
赤岩善生 ボート72モーター60

 12Rトライアル
松井繁 ボート83モーター18
菊地孝平 ボート16モーター79
瓜生正義 ボート78モーター10
原田幸哉 ボート10モーター62
田村隆信 ボート28モーター9
田中信一郎 ボート59モーター6

トライアル初日11R組トライアル初日12R組

賞金王決定戦、モンスター野中和夫引退式は19日土曜日に実施。

ブログネタ
競艇 に参加中!
 師走初日の今日は浜名湖G1企業杯共同通信杯新鋭王座決定戦(2010年1月19日〜24日)の出場選手が発表されたり、住之江SG賞金王決定戦の節間イベントが住之江競艇HPに発表されたりしました。

 その賞金王決定戦節間選手系イベントは以下の通りで、モンスター野中和夫前選手会長引退セレモニーはシリーズ2日目の19日に組まれました。
 

 18日
■選手紹介&賞金王シリーズドリーム戦出場選手紹介
時間:9時20分
場所:中央ホール


 19日
■賞金王決定戦ボート・モーター抽選会
時間:9時20分
場所:中央ホール

■野中和夫引退セレモニー
時間:抽選会終了後
場所:中央ホール

■野中和夫トークショー
時間:8R終了後
場所:アクアライブステーション

■野中和夫ラストラン
時間:12R発売中
場所:競走水面


 23日
■シリーズ優勝戦&賞金王決定戦出場選手インタビュー
時間:9時30分
場所:中央ホール

■表彰式
・賞金王シリーズ戦優勝者表彰
時間:10R終了後
場所:大時計前

・賞金王決定戦優勝者表彰
時間:12R終了後
場所:中央ホール


 アクアライブステーションでは19日のモンスタートークの他にも、昨年に続いて節間毎日女子選手トークショーがあります。

 18日
高橋淳美6R発売中
若狭奈美子8R発売中

 19日
五反田忍6R発売中

 20日
栃原さやか6R発売中

 21日
坂咲友理6R発売中
横西奏恵8R発売中

 22日
西村歩6R発売中

 23日
鎌倉涼6R発売中


 アクアライブステーションといえば最近はYouTubeチャンネルを開設して、ひと味違った選手インタビューを公開して楽しませてくれますが、今日新たに佐賀100期4454梅崎恵美のインタビューが公開されました。
 梅崎恵美はVIVA!キューティーブログで佐賀県藤津郡太良町大浦竹崎にある竹崎島の出身という事を書いてましたが、今回のインタビューでは、実家であるカニと温泉の宿一福荘の紹介をしてます。

井口佳典、85期銀河系一番乗りで賞金王決定戦優勝!

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
アッコと井口 舟券もホルモンも大行列、千葉っちマニアさんが連日レポートしてました公開FMアクアライブステーション大阪支部女子選手トークショーの締めを飾る大原由子のトークショーも大盛況だった住之江SG賞金王決定戦最終日。人が多くて表彰式の撮影は屋外からになってしまいました。

 賞金王決定戦ファイナルは枠なり3vs3の進入から1号艇井口佳典が12トップスタートをぶち込んでぶっちぎり、2006年G1太閤賞で記念初Vを飾った思い出の住之江で今年V7・通算28回目にして初めての賞金王決定戦優勝。表彰式ゲスト和田アキ子からは「なんや、前にやった時はエンストしたらしいな。」と突っ込まれましたが、エンスト失格に終わった昨年福岡大会の借りを返しましたね。真弓明信阪神タイガース新監督が誕生する来年も「真弓やったぞ!」といきましょう。
 さて、今日の住之江にはJLCでお馴染み原理恵子が来場してましたが、原ちゃんが応援する4号艇・東都のエース濱野谷憲吾は優勝こそならなかったものの差して2着に入る活躍を見せてくれました。
井口を激写!


10R賞金王シリーズ戦優勝戦

 1号艇田中信一郎(今節選手代表)に対し6号艇倉谷和信(大阪)が進入で激しく絡み、16/2/345の最終隊形になった一戦は倉谷が15、2号艇笠原亮が21スタートだったのに対しタナシンは目の覚めるような01どっきりスタートで深インと壁無しを克服して3号艇中島孝平の捲り差しを悠々振りきる圧勝劇で記念V15・うち住之江の記念は9回・自己通算では44回目となる優勝
 中島孝平は1M握ってきた4号艇山口剛に2Mも全速で食らいつかれるものの、2周1Mここも外全速戦だった山口のターンが流れて2番手を守りきりました。尚、2周2Mもターン流れた山口に対し倉谷の差しが入り、3周1M外全速で倉谷につけまわろうとした山口に倉谷が艇を併せ、張られた勢いで山口が振り込んで倉谷逆転3着(動画)。
賞金王シリーズ表彰式

 ここで予告。冒頭のトークショーは鹿島俊昭アナの軽快な司会、ちいちゃん(濱野智紗都)とゆうこりんの同期トークが実に面白くて見た価値大でしたが、明日の記事は今日の記事で書ききれなかった住之江話(主に予告編の補足)がメインになると思います。ということでトークショー写真の他に山田智彦アナが司会してた11R順位決定戦予想コーナーの写真も一枚。
なにわのゆうこりん横長仕様山田さんを激写!


蒲郡ファイナルカップ優勝戦

 新幹線車内で電投購入したアフター賞金王決定戦は152/346と3号艇大嶋一也(愛知)がカドになり、1号艇烏野賢太(60期3304)が2号艇渡辺豊(60期3303)との同期連番アベック優出に花を添える今年3回目・通算では記念V16を含む67回目の優勝ドリーム戦阿波勝哉(ドリーム戦F)に対抗してチルト+3度の競演を敢行する等盛り上げたミスター阿波踊りは表彰式で正月以外散々だったと今年を振り返り、締めには「来年は井口くんと一緒に走りたいです。」と賞金王決定戦復帰を目指すコメント。
 後続はカド差しの大嶋が2M外を張って共倒れになり、遅れ差しからBS伸びた4号艇天野晶夫(愛知)が2M艇を伸ばしながらもかかり鋭く流れずに回って2番手争いの主導権を握り、内差して迫ってきた6号艇田中和也(妻は元愛知現大阪の原田佑実)に対しては2周1Mもきつく締めながらも流れずに回り、渡辺豊の差しも振りきり2着のゴルィン。

 ところで、前記のように賞金王決定戦はシリーズ初日から6日間通して大阪支部女子選手によるトークショーがありましたが、最終日売上6億7364万5900円を記録した今節の蒲郡は大阪支部女子選手から人気者高橋淳美と94期落合直子が出場してました。

津グランプリシリーズ第9戦優勝戦

 GPボートで戦う賞金王決定戦と完全併用開催だったTSUグランプリシリーズは優勝戦1号艇が地元86期4066東本勝利と、1号艇が三重県民ということろまで賞金王決定戦と同じ。そして枠なり3vs3の進入から東本は1Mを先行して勝利のカーブを描ききり、地元初・通算では2006年7月下関G3新鋭リーグ戦COME ON!FM CUP以来となる2回目の優勝で1期先輩の井口より一足早く優勝のゴール。順走の2号艇木村浩士が2着。

賞金王決定戦はシリーズ含めてイン天国のトライアル最終日。

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 メッカ住之江競艇で競艇界の頂点を争う4日間の短期決戦SG賞金王決定戦はトライアル最終日。前座の賞金王シリーズは準優勝戦が全て1号艇の頭、シリーズ敗者戦を含めても6R7Rの2着以外は全て1号艇の頭にして全レースで1号艇が2連対というイン絶対有利の競走水面。ちなみに6Rは絶対スロー主義の6号艇今村豊が6コーススローから15トップスタートを決めての捲り差し、7Rは4号艇吉永則雄が10トップスタートからのカド捲り一撃という内容でした。


 そんなイン激強のシリーズ5日目が終わり、ここから決定戦トライアル3日目の模様。ひとつめのトライアル11Rは1号艇濱野谷憲吾が枠なり3vs3の進入から一走入魂09トップスタートのイン逃げを披露。
 濱野谷は4号艇吉川元浩のつけまいを弾き、差してきた2号艇湯川浩司に舳先を掛けられながらも振りきって1着になり、2008年度競帝王に決定した濱野谷が競てい王の名に恥じぬファイナル進出。
 対して、地元浜名湖のSG競艇王チャレンジカップを制して競てい王への挑戦権を獲得した坪井康晴は6号艇という枠と、1Mで3号艇魚谷智之がブイに接触した影響もあって差し届かず、それでも2M内から押っつけ濱野谷・湯川に続く3番手で旋回したものの3艇に差されて最終着順は6着。競てい王チャレンジカップ覇者は決定戦覇者を超えることが出来ず順位決定戦回りです。

 昨日まで2戦全勝の王者松井繁が3号艇、2着1着の井口佳典が2号艇になった2つ目のトライアル12R
 ここも枠なり3vs3の進入になり、1号艇瓜生正義が一走入魂のイン逃げを披露して勝負駆け成功の1着。これにより本日は12R全てで1号艇が2連対、うち10個で1号艇の白星に。
 注目のファイナル1号艇争いは井口が王者を牽制しつつの差しハンドルで王者を完璧にブロック。井口は5号艇今垣光太郎の捲り差しに叩かれながらもBS伸び返して2Mをウリ坊の次に回って2着。ファイナル1号艇を獲得です。


 和田アキ子から表彰される賞金王決定戦ファイナル枠番は以下の通りに。ちなみに大原由子トークショーはランチタイムの6R発売中です。

1:井口佳典 2:松井繁 3:湯川浩司 4:濱野谷憲吾 5:瓜生正義 6:吉川元浩

 自分の予想はK-BATTLEのコメント欄に投稿予定ですが、ポールポシジョンの井口に対する不安材料として先月の若松G1全日本覇者決定戦は準優1号艇もスタート遅れて5着、前走地の地元戦G1津モーターボート大賞は準優1号艇もインを取られて5着、間のチャレカは3日目10Rにフライングと勝負所の1号艇で勝てなくなってきてるところ。
 ちなみに王者がファイナル乗艇を果たしたので、年間賞金ランキングはファイナルの結果に関係なく無事故完走で王者が1位確定です。よって、2号艇になってプレッシャーが軽減された王者が井口を差しきる可能性も高そう。

女王横西奏恵がボートピア習志野に今年2回目の来場

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
横西奏恵&清水久美子の76期美女コンビ 賞金王決定戦場外発売に加え、浜名湖・常滑・蒲郡と盛りだくさんの4場発売だった本日の江戸川競艇場外ボートピア習志野
 そのBP習志野に実力と人気を兼ね備えた女王横西奏恵(76期本栖チャンプ3774)が1月27日以来となる今年2回目の登場。今回はシークレットゲストで同期3766清水久美子が市原から駆けつけました。

 いつもならトークショーを見てからでもポラロイド整理券は余裕で間に合うのですが、1月のトークショーや先週の多摩川でも実感した横ちん人気は今回もすごく、整理券獲得に専念して1回目のトークショーは見るの断念して聞いただけ。まさに「狙って損無し間違いなし。どのカードもハートを熱くする段違いの迫力とパフォーマンスでファンはもうかなちゃんに首ったけぇ!(動画
 よって下の写真は競艇大學徳平弘次教授も参加した2回目のトークショーですが、横ちんの好きな競艇場は相性のいい浜名湖に宿舎の飯が美味しい瀬戸内の競艇場、最近好きなコースは横ちんがセンターコースで清水久美子が2コースといった内容が。
 その中でも特にいい話だったのが、2006年平和島SG総理大臣杯の話。同レースは横ちんが優出したレースとして有名ですが、当時産休中だった清水久美子が横ちんのSG優出に勇気づけられて復帰を決意したというものです。

 以上、BP習志野にやって来た横ちんの話でしたが、BP習志野では今月27日にもゲストイベントがあり、モンスター野中和夫選手会長が来場します。
横ちんトークショーwith清水久美子&徳平弘次

 ここで今日の自分の行動。まず江戸川競艇場でガラポンして携帯電話平型端子用イヤホンマイク(自分のN-01Aは充電兼用端子の為非対応…)を当てたところで12時台に習志野入り。先週牛小屋忘年会でご一緒したカッキーさんと後輩さんが既に来てました。
 そして到着してすぐ2Fの食堂に行き昼飯。今回のBP習志野恒例、全国発売競走開催地にちなんだ期間限定メニューはホルモン丼500円でした。焼肉ベースな住之江本場のホル丼と違い味噌仕立てでこてっちゃん風の味です。
習志野ご当地メニュー、今回はホルモン丼。
BP習志野クリスマスツリー2008


住之江SG賞金王決定戦2日目

 1つ目のトライアル11Rは枠なり3vs3の進入から4号艇井口佳典が05トップスタートぶちこみ、これに対して3号艇魚谷智之(76期3780)が先捲り。1号艇赤岩善生が抵抗して両者共倒れになる中、#に差し抜けた井口が1着となり決定戦ファイナル当確一番乗り。
 後続は捲り差しの5号艇白井英治に6号艇丸岡正典が差し迫って外枠両名の2着争いになるも2M先行したヤングマルちゃんは流れ一歩後退し、白井と2M差した赤魚の争いに。
 2周1Mは内の利で赤魚が先行も白井が差しきり2番手維持も、2周2Mややもたつき気味な白井に対し赤魚が内から押っつけ大勢逆転。白井はHSぶつけ返すも及ばず、赤いうおちゃん価値ある逆転2着。他の着順は1点違いなのに対し2着と3着は2点違う(※)だけにこの差は大きいです。

 王者松井繁が2日連続で1号艇になった2つ目のトライアル12Rは枠なり4vs2の進入から王者が11凸者スタートで1M鮮やかに先制。速攻ぶっちぎりで2日連続の1着。順走の2号艇湯川浩司が2着に入り、ここは大阪ワンツー。尚、乗艇前にピットで深々とお祈りして一番最後に乗艇した5号艇坪井康晴は1M捲り差し不発の2M押っつけ不発で祈り空しく6着。
 ファイナル当確とした王者がピットに帰還した際には王者軍団Tシャツトリオの吉川元浩山本隆幸鎌田義がお出迎えしてボートの片付けをお手伝い。


 トライアル3日目の番組は抽選で以下のように。王者は3号艇です。そして自分の予想はK-BATTLEのコメント欄に投稿予定です。

 11R
1:濱野谷憲吾 2:湯川浩司 3:魚谷智之 4:吉川元浩 5:赤岩善生 6:坪井康晴

 12R
1:瓜生正義 2:井口佳典 3:松井繁 4:白井英治 5:今垣光太郎 6:丸岡正典


 3走21点(※)をファイナル乗艇への目安として、当確の王者と井口を除くと湯川が5着条件、うおちゃんとゲンコーさんの兵庫コンビが4着条件、つボイが3着条件、濱野谷とウリ坊(76期3783)が2着条件、白井が1着条件で残りの選手は1着取って相手待ちになります。

(※)1着10点 2着9点 3着7点 4着6点 5着5点 6着4点

浜名湖ナガノグループアタック優勝戦

 静岡県内でTSUTAYA(静岡西脇店&静岡曲金店&静岡シネマ通り店及び焼津インター店&島田店&静波店)と極楽湯(浜松幸店&浜松佐鳴台店)のフランチャイジーを主要業務とするナガノグループのタイトル戦は工藤浩伸アナが公開FMアクアライブステーションに出演(本日のゲスト五反田忍)した為、普段常滑中心に担当する若手アナが実況。

 頂上決戦は6号艇花田和明が派手に動いて16/235/4の進入になり、特に注目の4号艇佐々木和伸(78期本栖チャンプ)は単騎ガマシ。そして12トップスタートの花田を壁にした新美一族の1号艇後藤正宗が押し切り今年4回目・通算10回目の優勝。前走地多摩川蛭子カップでは優出2号艇もカド差し不発の4着に終わりましたが、地元水面で先週の鬱憤晴らし。
 後続は今年V6狙う5号艇島川光男のつけまいに今年V5狙う5号艇熊谷直樹が抵抗して両者共倒れ。この展開に乗って佐々木和伸の捲り差しと3号艇大澤普司の差しが入り、1M大澤と花田の間を割った佐々木和伸が2Mを先行しますが、2M手前で艇を外に持ち出した大澤が佐々木和伸を差しきり逆転2着。
枠番と同じ黒服でインタビュー待ちだった先週の後藤正宗


常滑ソニージャンボトロンカップ争奪若鯱大賞優勝戦

 BP習志野から京葉線で1駅、海浜幕張の千葉マリンスタジアムで雄叫びをあげる俺たちの誇り三角哲男(千葉)がドリーム戦三号艇三コース三着以外は全て1着の成績で優勝戦1号艇を手に入れ、地元の多摩川SG総理大臣杯自力当確となる年間V6に王手を掛けた一戦ッス。
 123/465の進入隊形からミッスーが15トップスタート決めるものの2号艇安田政彦が34と激しく凹む泥壁で、壁無しのミッスーに対して3号艇須藤博倫が若鯱まくり差しでミッスーをパクリンと捕らえ、2Mミッスーが差し返して舳先を掛けて押っつけるもヒロリンとかわした須藤が常滑競艇新ルール適用後初となる「まくり差し」の決まり手で今年初・通算27回目の優勝
 須藤に舳先を掛けて「やり合うぞ、激しい状況、激しいぞ〜(動画」の状況に持ち込み押っつけるも包まれて空振りに終わったミッスーはキャビってしまい、1M差して3番手につけていた6号艇石川吉鎬(奈良出身広島在住大阪支部)がこの間に内を通って逆転2着。年間V6お預けになったミッスーは三着に終わり、27日からの桐生ボートピアなんぶ杯で総理杯自力当確を目指します。

賞金王決定戦選手イベント紹介+本日3場優勝戦

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 明日の前夜祭、あさっての選手紹介とシリーズ戦初日、しあさっての公開前検抽選&公開前検練習を経て20日土曜日からいよいよ始まる力と魂のファイナルバトル住之江SG賞金王決定戦。そしてSG予想大会K-BATTLE今回のテーマは「K-BATTLE 2008ファイナルバトル!」。ルールはこちらです。

 と、本日は4日早い賞金王決定戦の話題。明日は7つ優勝戦があって賞金王のしの字も出ない可能性もあるので書きたいことは今日書いちゃいます。先ずは賞金王関連の特設サイトで、今回の2つはいずれもブログ形式なのが特徴。第23回賞金王決定戦ブログ賞金王決定戦キャラバン隊ブログ、それぞれ内容も文体も違うので、前夜祭や開催中の話題を見るにはどちらもチェックしておきたいところ。

 次に、節間の本場イベントから選手関連のものを紹介。中央ホール内では選手紹介(18日9時25分)と公開抽選会(19日9時30分)、決定戦ファイナル出場選手及びシリーズ戦優出選手インタビュー(23日9時40分)、地上波ゲスト和田アキ子が参加予定の決定戦表彰式があります。また、大時計前ではシリーズ戦表彰式があります。尚、開門は選手紹介と前検が9時15分、それ以降が9時30分です。

 そして、メッカ住之江名物の公開FMアクアライブステーション(中央ホール東側コンコース)では6日間通して選手イベントが。アクアライブステーションってどういう感じ?と気になったら、千葉っちマニアさんのところに写真が多数あります。

 【スペシャルトークショー】(各日第8レース及び第11レース発売中)
18(木) 植木通彦競走会理事
19(金) 野中和夫選手会会長

 【選手ふれあいコーナー】(各日第6レース発売中)
18(木) 西村歩
19(金) 坂咲友理
20(土) 栃原さやか
21(日) 五反田忍
22(月) 鎌倉涼
23(祝) 大原由子


 とれとれぴちぴちかに料理の様にイキのいいアクアライブステーションに大阪女子選手が6日間通しで来場。多くのファンが来場する賞金王決定戦なだけにアクアライブも相当混み合いそうですね。
 ちなみに現Dreamメンバーは6人中4人が大阪出身ですが、自分も最終日は青春Dream号でMovin' onして賞金王Dream FighterによるDream Theaterを見に行きますよ。

桐生ネップ杯争奪戦競走優勝戦

 現モーター使い納めとなる5日間シリーズは2号艇芹澤克彦が激しくピット飛び出し、1号艇中澤和志からイン奪取に成功して進入は2/134/56。しかし芹澤克彦はスタートも激しく飛び出してしまい、中澤の差しも3号艇竹上真司の2番差しも蹴散らしてイン逃げ独走になりますが、芹澤うかつにも+04のフライング。しかも前走地多摩川ゴールデンレース(くしくも今回と同じ2号艇で+04)に続いての優出フライングという芹澤うかつひこです。
 これにより、中澤を差しきって2番手にいた竹上が通算25回目の優勝。芹澤にイン取られたのが響いた中澤はこれで4節連続優勝戦2着。内訳はびわこもみじ競走(1号艇)、平和島神奈川新聞社賞(1号艇)、宮島パワーバトル(2号艇)、そして今回です。

児島由加神社本宮杯優勝戦由加山本宮杯

 厄除け総本山由加神社本宮の4日間タイトル戦、進入は枠なり3vs3から1号艇金子良昭が15トップスタートの速攻で押し切り、前走地桐生新東通信杯に続く今年5回目・通算62回目の優勝。今節は2日目12R1号艇2着以外は全て白星の準パーフェクトVでした。
 後続は3コースから29の一番遅いスタートながら白井最強の全速つけまいで金子に食らいついた3号艇白井友晴が2着で、今節唯一金子に黒星を付けた2号艇仲口博崇は差し届かずの3着。

 尚、本日1Rで1号艇三苫晃幸(福岡101期4463)が大外6コースから差しを決めて、昨年11月福岡日本財団会長杯初日1Rでのデビューから約13ヶ月にして遂にデビュー初1着。レース後には水神祭も行われてます。

戸田関東日刊紙競艇記者クラブ杯優勝戦

 枠なり4vs2の進入から1号艇片山竜輔が押し切り、1周2M出口で艇が浮いてウィリーする危ない場面(動画)があったものの持ちこたえ、今年2回目・通算33回目の優勝。今節は3日目5Rのイン戦大失敗5着こそあったものの6コース捲りで2勝、準優でも唯一1号艇で勝ち上がり、優出メンバー中では今節の勢いが一枚も二枚も上でした。
 後続は6コースから差した6号艇落合敬一が2着に入り、混戦の3着競りは最終3周2Mを先行した4号艇塩崎優司がキャビり、3号艇吉田弘文が影響を受け、5番手にいた2号艇村上信二が逆転3着。

 尚、今節が改姓後のデビュー戦になった67期3509道上千夏37歳は、3日目3R3号艇3コースと3づくしの一戦でイケイケの捲りを決め、改姓後の初勝利。


 賞金王決定戦場外発売期間中の戸田競艇場ではトライアル2日目の21日に選手会埼玉支部ファン感謝イベント、最終日の23日にはささきいさおのミニライブ(10時10分&6R終了後の2回)及び我が家(1R終了後&7R終了後)と超新塾(2R終了後&8R終了後)のお笑いライブがあります。
 21日は習志野、23日は住之江に行ってる予定なので両日とも見に行けませんが、ささきいさおといえば銀河系鉄道999に宇宙戦艦ヤマト発動機ですね。ちなみにささきいさお戸田公演で思い出すのは昨年8月の水木一郎戸田競艇場ミニライブなのです。

【賞金王決定戦】吉川元浩、福岡で鷹になる。【ソフトバンク122】

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 ソフトバンクホークスでお馴染みヤフードームから地下鉄で3駅の福岡競艇場で開催されていたSG賞金王決定戦も遂に最終日。
 フレッシュな女性実況陣と共に一足早く始まった賞金王シリーズ戦優勝戦スタート展示オールスローの162354から本番では進入こそ4と5が入れ替わったものの起こし位置はピタッと折り合って16/23/45。シリーズ戦V3に向けマイシロをたっぷり取った1号艇太田和美(待機行動違反)はシリーズ戦連覇を狙う2号艇赤岩善生の捲りを張っての逃げを決めようとしますが、そこに大外から5号艇山崎智也の捲り差しが。
 Sports@nifty競艇特集が「サンタスティック!」と絶賛した程の鮮やかな捲り差しを決めた山崎智也は粘る和美を振りきり、「初出場の群馬県出身、山崎智也です。名前覚えてもらえるようにいいレース見せて帰ります。応援よろしくお願いします。」とシリーズ戦初出場ながら即優勝の快挙を達成。通算では記念25回を含む57回目の優勝です。鋭い捲り差しを決めた裏にはプロペラのアドバイスを送ったTBPクラブのホームラン王村田修次の存在が。実は今年2回しか優勝がなかった山崎智也ですが、これで来年の児島SG総理大臣杯にムラッシュ共々出場する事も決定しました。


 日本一を見よ。内田和男アナの実況による賞金王決定戦ファイナルは6号艇三嶌誠司のピット離れが悪く結局枠なりだったスタート展示同様、本番も三嶌誠司が「大外から真っ向勝負、クリーンに行きます。」と一部のファンをがっかりとさせた淡泊なピット離れになったため、かなり浅めな枠なり3vs3に。待機行動違反を取られた程のたっぷり懐を取った起こしから逃げを狙う1号艇吉川元浩(兵庫79期3854)に対し3号艇湯川浩司(大阪85期4044)が捲りに行こうとするも、2号艇井口佳典(三重85期4024)が「水の上では同期も友情もない。」とばかりに艇をねじ込んで湯川に抵抗。この間に吉川は井口の艇をチョコンと張って逃げますが、チョコンと張られた井口は同期湯川を道連れに大きく流れ、井口は振り込んで責任外のエンスト失格。道連れにされた湯川も大きく不利を受けて銀河系は那珂川の星屑になってしまいましたが、湯川は「井口に対しては何もない」というコメントを残してます。
 さて、逃げた吉川は差してきた4号艇魚谷智之(兵庫76期3780)を締めて振りきり、SG8優出目にして悲願のSG初優勝下関G1競帝王決定戦を含む通算25回目の優勝が賞金王決定戦になった2007年度競てい王吉川元浩は建築会社に就職後現場監督になるも阪神大震災による自宅崩壊に遭い、逆境から立ち直る為に一念発起して年齢制限ぎりぎりで競艇選手の道へ。24歳でデビューした苦労人が猛牛から巨人へ、そして福岡で鷹と化して高く羽ばたいたのであります。
 後続は1M捲り差しから3番手を航走した5号艇松井繁(大阪64期3415)が本番ピットにぴょんぴょんとスキップして向かう程な王者マツイダゴッホの精神的余裕を水上でも見せて2Mで魚谷を捲りきったらHS魚谷を締め込んで、2周1Mを先に回って逆転の2着に入りお揃いTシャツ軍団のワンツーです。この結果に王者は「自分が優勝するのが一番だったけど、吉川が優勝出来て良かった。」と祝福のコメントを。3着に敗れた魚谷ですが、ウイニングラン終了後ピットに帰還した涙目の吉川を鎌田義と共に出迎え祝福。吉川のSG水神祭にも参加して喜びを分かち合うと共に年間獲得賞金1位を守り通しました。これにより獲得賞金ランキングは兵庫のワンツーに。思えば、魚谷のSG初優勝もここ福岡のSG全日本選手権で、あの時はイン36王者スタートの松井を2コースの吉川が捲った展開を突いて3コースの魚谷が捲り差しを決めたレースでしたね。

【戸田場外祭りだゴッホ】賞金王決定戦3日目【ま・さ・か!の福岡】

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 中洲・天神・長浜からほど近い福岡競艇場で開催中のSG賞金王決定戦は43億1246万4000円を売った決定戦トライアル3日目にしてシリーズ戦5日目。先ずは2日早く始まったシリーズ戦の準優勝戦から。尚、準優勝戦前の一般戦6Rでファンファーレが連続で流れるま・さ・かのハプニング発生(動画)に大変驚いてしまいました。

 シリーズ戦準優8Rは枠なり4vs2の進入から1号艇秋山直之がにゃんと04トップスタートを決めるもターンマークを大きく外してしまい、そこに2号艇赤岩善生の差しが入り、赤岩が昨年に続くシリーズ戦連覇に望みを繋ぐ1着。2M全速届かなかった秋山にゃんは2着でした。尚、画面に映らなかった3周BS後方では4号艇吉田弘文(今節選手宣誓担当)が原因で6号艇原田幸哉が転覆した模様。これにより吉田弘文は不良航法を適用されています。

 シリーズ戦準優9Rは5号艇上瀧和則(今節選手代表)が回り込んで153/246の進入隊形に。そして2号艇横澤剛治を張って1M先制の1号艇太田和美と差す上瀧で併走となります。尚、捲り差しに行こうとした4号艇山本隆幸が出口で振り込み選手責任転覆(動画)。2Mは上瀧が先制するも、ここで和美が差して内外入れ替わり、2周1M事故艇付近内側優先の為和美が1着となり、シリーズ戦V3に望みを繋ぎました。上瀧も2着で選手代表の面目を保ちました。

 シリーズ戦準優10Rは枠なり3vs3の進入から08トップスタートの3号艇今村豊がシリーズ戦リーダーの1号艇田村隆信を大胆に捲りきり、5号艇山崎智也の差しも振りきって1着。今節最年長にして最古参な永遠のプリンスが体調面の不安を克服して2004年当地SG総理大臣杯以来のSG優勝に望みを繋ぎました。また、「初出場の群馬県出身、山崎智也です。名前覚えてもらえるようにいいレース見せて帰ります。応援よろしくお願いします。」と初々しい選手紹介を披露した山崎智也はシリーズ戦初出場ながら即優出を果たしました。


 本日は戸田競艇場東ゲートの改札を挟んで改札内で競艇、改札外で競馬を放映してたのですが、3番今村豊が勝った10Rが終わった途端に多くの客が競馬モニターに大移動。そしたら中山グランプリG1有馬記念蛯名正義騎乗の3番マツリダゴッホが勝つ大波乱で場内唖然呆然レディーボーデンな状態になってしまいました。
 ありゃまな有馬が終わったところでいよいよ賞金王決定戦トライアル。エビちゃんに続けとばかりに瓜生正義が1号艇だったのはトライアル3日目11R。決定戦圏外とはいえ地元のイン戦で意地を見せたいウリ坊でしたが、枠なり3vs3のインからトップタイの16スタートをぶちこみながらウリ坊のターンは力無く流れ、ウリ坊と同じく16スタートをぶちこみ#な捲り差しで突き抜けた3号艇井口佳典が決定戦当確の貫禄で1着。10R・有馬・11Rと3つ続けて3番が勝利しましたね。2着は差した4号艇服部幸男先生で、決定戦圏外ながらも意地を見せております。

 トライアル3日目12Rは3戦続けて1号艇湯川浩司が123/465の進入から04トップスタートいってミルクも、07スタートの5号艇吉川元浩がま・さ・か!の捲り強襲劇。湯川もこれにはNOと言えずにYESと軍門に下ってしまい、2M差しての3着がやっと。1着の吉川はこれで決定戦ファイナル1号艇をも手にしました。2着は差した4号艇寺田祥で、決定戦圏外ながらも意地を見せております。


 シリーズ優勝戦枠番はこうなりました。

1:太田和美 2:赤岩善生 3:今村豊 4:秋山直之 5:山崎智也 6:上瀧和則

 正規のSGウイナーが4人、シリーズウイナーの赤岩も入れると5人、更に2005年宮島G1新鋭王座決定戦覇者の秋山にゃんを入れると6人全員が全国発売競走優勝経験者という豪華なメンバーに。なんとなく赤岩か今村が勝ちそうな予感がします。


 そして日本一を見よ。賞金王決定戦ファイナルの枠番はこうなりました。

1:吉川元浩 2:井口佳典 3:湯川浩司 4:魚谷智之 5:松井繁 6:三嶌誠司

 内枠2人にSG初優勝が懸かり、湯川も入れると内枠3人が賞金王初出場。そして外枠3人が複数回出場組という枠順になりましたね。ポスターが3号艇なので、「スタートは正直インでしか練習してない。」と弱気な発言ながらも、湯川を見限れないところ。予想はK-BATTLEのコメント欄に投稿します。

蒲郡ファイナルカップ優勝戦

 1236/45の進入から、今シリーズは前検から優勝への予感を自ら感じていました1号艇宮地秀祈(福岡)がグリップしながら綺麗に孤を描き、誰にも捲らせないイン戦で賞金王シリーズに出られなかった憂さを晴らす通算12回目の優勝
 後続は捲り戦も宮地に蹴散らされて2番手の2号艇川北浩貴を、大外進入ながらブイ際突いて差し伸びた5号艇黒崎竜也が追いかける展開となり、2Mは内の利で黒崎が艇を伸ばし先制。川北はこれを行かせて差しきり2番手を守りますが、ペラにレースに感性鋭くじわじわと迫ります黒崎が食らいついて内に潜り込み2周1Mを小回り。川北はこれを包んでかわしますが、機力で勝る黒崎が内からぐいぐい伸びて遂に同体。2周2M先に回った黒崎はHS粘る川北を締めて振りきり逆転で2着をもぎとりました。

【TODAYアングル】

 決定戦トダイアルとシリーズの場外発売を行った戸田競艇場では本日埼玉支部ファン感謝イベントを実施。背中に「彩玉」と書かれたピンクのハッピを着た多数の埼玉支部選手がビールを売ったり、ファンと談笑したり、選手同士で談笑したりしてましたが、ビールを買ったらガラポンに参加できて、彩輝会メンバー6人によるコスプレカレンダー「TODA Fighters」を手に入れちゃいました。ちなみに6人の顔ぶれは中西裕子大澤真菜原加央理須藤博倫佐竹友樹濱崎直矢です。
 自分が到着する前に山崎義明埼玉支部長によるボート・モーター説明会やチャリティオークションがあったみたいですが、6R発走直前に自分が着いた時はステージでピエロが曲芸やってて、関口智久川尻泰輔も一緒に曲芸やってました。
 7R終了後には中西裕子・大澤真菜・野辺香織安達美帆によるトークショー。「女子王座に誰も出られねえ、でもそんなの関係ねぇ!×2」ダンスで始まったトークショーは安達美帆が「体重差を生かせる混合戦が好き」と答えたのに対し、他の3人が「和気あいあいとした女子戦が好き」と答えたり、キャラと髪型がミスマッチな中西裕子が最近HipHopダンスを始めたりとか、安達美帆の影響でミサンガ作りを始めたりとかの話題が出てきました。ちなみに安達美帆を除く3人は25日の戸田競艇クリスマスイベントにも登場します。
 ということでモツ煮オフ会を始め本日お会いした皆さんありがとうございました。
今日撮影したガッツ浅見9月に撮影した浅見宗孝
この後オッパッピーダンスへ突入
埼玉支部女子選手トークショー埼玉支部女子選手トークショー終了。ここでゆうこりんは彩輝会Tシャツの宣伝。埼玉支部ファン感謝イベント記念撮影

【強運湯川】賞金王決定戦トライアル2日目+住之江年の瀬競走

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 トライアル2日目を迎えた福岡SG賞金王決定戦、本日1つ目のトライアル2日目11Rは1245/36の進入から1号艇吉川元浩が17トップスタートの速攻で押し切る圧勝で1着。2着も2号艇田中信一郎が外を止めての順走ですんなり2着。

 本日2つ目のトライアル2日目12Rはオールスローの125346の隊形から6号艇松井繁が回り直して12534/6の隊形になり、2日連続で1号艇を手に入れた強運王子湯川浩司が好機をきっちり生かす09トップスタートの速攻で1着。差した3号艇井口佳典が2着で、銀河系ワンツー。
 これで2戦2勝となった湯川は艇界史上最高とも言っていい強運で、なんと3日目12Rも1号艇。ここも逃げれば当然ファイナルも1号艇なので、オール1号艇での完全優勝も見えてきました。今年は平和島関東競艇専門紙記者クラブ杯で湯川16:30を襲名し、G1江戸川大賞で江戸川大将となり、戸田SGグランドチャンピオン決定戦でSGウイナーの仲間入りを果たし、住之江大阪ダービー摂河泉で大阪ダービー王を襲名して浜名湖SG競艇王チャレンジカップで2つ目のSGを獲得した湯川が最後に大きな勲章を手に入れるまであと2戦となりました。

 最後に、予想大会K-BATTLEは5日目。決定戦の予想とシリーズ戦準優勝戦の予想はK-BATTLEのコメント欄に投稿します。

住之江年の瀬競走優勝戦

 住之江競艇HP2007住之江競艇BESTニュース!が公開されたメッカ住之江の優勝戦は125/346の進入から1号艇岡田憲行が押し切り今年3回目、地元住之江は2回目、通算10回目の優勝。岡田には来年の12月22日も住之江12Rを走ってもらいたいところです。順走の2号艇林美憲が2着。林美憲は2004年12月23日に行われた住之江優勝戦も2号艇で2着でした。来年同時期の住之江優勝戦でも優出を狙いたいところです。尚、06トップスタートを決めた6号艇谷野錬志は1M握ったら振り込んでしまいスピン(動画)。エンストしてしまいましたが、再始動に成功し無事完走しております。

【中山グランプリG1有馬記念キルトクール】

 成瀬善久が来場する有馬キネーンのキルトクールは3歳牡馬ロックドゥカンブ。今年の3歳牡馬のレベルとこれまでの相手関係を考えると、53kgとはいえ一気の相手強化に対応できないのでは。
 どうでもいいことですが、当日はなるちゃんが来場。なるちゃんといえば鳴門競艇場のマスコットの魚。魚といえば魚ッ香!

賞金王決定戦初日+1月末にオール地元戦の江戸川は最終日

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 いよいよ初日を迎えた福岡SG賞金王決定戦。初戦のトライアル初日11Rは枠なり3vs3の進入から銀河の快速王子・1号艇湯川浩司が05快速トップスタートから福岡競艇最寄り駅天神と唐津競艇最寄り駅東唐津を60分以内で結ぶ筑肥線快速王子と化して、福岡を知り尽くした男・2号艇瓜生正義の差しを振りきり初戦1着発進。
 2番手のウリ坊は2Mで膨らんでしまい4番手に下がり、1M2番差しから2M切り返して内を突いた4号艇高橋勲、1M外マイから2M差した3号艇吉川元浩が浮上。そして勲に斬り込んだ吉川が2周1Mを先に回って2着に。尚、勲を追撃していたウリ坊は3周1M差しに構えようとしたところ、内を突いてきた5号艇寺田祥にぶつかってしまいウリ坊転覆(動画)。これに6号艇服部幸男先生も巻き込まれて服部先生はエンストした上にプロペラ破損の大ピンチ。そして寺田祥は不良航法-3点が適用されてしまいました。

 初日2本目のトライアル初日12Rは12346/5の進入から単騎ガマシの5号艇井口佳典が08トップスタートをぶちこんだのを受けて、カド受けの6号艇三嶌誠司が先捲りの構え。これに抵抗した1号艇魚谷智之が艇を伸ばすアラ捌きを見せたところ、嶌と魚の間を#に割った井口が突き抜け銀河系軍団初日連勝となる1着ゴール。福岡では高級白身魚アラを美味しくクエる季節になりましたが、ここの白魚は2着でした。

 最後に、いよいよ始まった賞金王決定戦より2日早く始まった今回のK-BATTLEは10万ポイントの枠内で頂点を競う「予想王決定戦」。ルールはこちらです。自分の賞金王予想はK-BATTLEのコメント欄に投稿してます。
 そしてギャンブル王争奪!競艇予想大会も一昨日から毎日開催しております。更に、年末三競オート五大競走の1着を予想するラジオNIKKEIファングランプリ2007〜5大競走をすべて当てて賞金を当てようの締切は土曜日一杯です。
ラジオNIKKEIファングランプリ2007〜5大レース全て当てれば10万円!


江戸川一般競走優勝戦+来月の予告】

 6日間のロングランシリーズ、72レース目は精鋭ベスト6が登場。最終第12R、優勝戦です。戦いの最前線まで残りは100m。3秒前、スタートしました。センター水域がいいスタートを見せる中、先捲りに出た2号艇川上剛が1号艇西川新太郎を叩ききって先頭に立ち、江戸川3優出目にして江戸川初優勝。今年は10月の福岡万葉の湯カップに続き4回目、通算では7回目の優勝です。万葉の湯といえば先週土曜日に横浜みなとみらい万葉倶楽部へ行ってきたばかりでした。
 後続は2段捲りの形になった3号艇( ‘д‘)y-~~矢後剛と、ブイ際鋭く差した6号艇森高一真ロックンロール県庁所在地コンビによる争いになり、2M内から握って回った森高を差したやごちゃんが2周1Mを先取りするも、余裕を持って差した森高がここで競り勝ちました。


 さて、江戸川競艇競走水面護岸工事前最後の開催となる日本モーターボート選手会会長賞(1月29日〜2月3日)の斡旋メンバーが発表されました。なんと熊谷直樹三角哲男&高橋勲&濱野谷憲吾のSGカルテットを筆頭に、ベテランからは元祖モンキーターン飯田加一川名稔三品隆浩池田雷太東京支部長らが参戦、30代以下では奥平拓也石渡鉄兵折下寛法山本英志鈴木猛飯山泰作間章齊藤仁荻野裕介といったところが参戦。そして前地区スターの小澤学と現地区スターの桑原将光も参戦します。まるで大江戸賞並みの豪華メンバーに胸が高鳴るところであります。

【GoGo濱野谷!】

 賞金王決定戦出場中の濱野谷憲吾はトライアル初戦12R2号艇5着に終わりましたが、決定戦ファイナル進出へはまだ望みがあります。そして濱野谷憲吾の兄、濱野谷憲尚も今年最後の大勝負J・G1中山大障害に挑みます。濱野谷は8枠15番で登場です。
 そんな中山大障害のキルトクールはブラックコンドル。障害4戦オール2連対も中山は初めて。日本一の難コースである中山を未経験というのは大きなハンデなのでキルトクール。

 当たRadio!でお馴染み阪神G3ラジオNIKKEI杯2歳ステークスのキルトクールはサダムイダテン。父がフォーティナイナーで母の父サクラユタカオーという血統ではいくら完成度が高くても芝の2000mはどうかなと。しかも母の兄はダート短距離で活躍したマイネルセレクト(父フォーティナイナー)。ますます買えない要素が。

【本日前検】明日から賞金王決定戦と徳山tysテレビ山口カップ!

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 明日からいよいよSG賞金王決定戦が始まる福岡競艇場、前検の本日は公開抽選公開前検練習が行われました。内田和男アナがノリノリの公開抽選動画は特設サイトで公開されており、公開スタート練習の結果はこちらで公開されております。
 賞金上位順からくじを引いた公開抽選はボート・モーターの順で行われ、エースボートの104号は残り物に福があった三嶌誠司がGet。9月のG1福岡チャンピオンカップでは岩崎正哉が優出1号艇になった実績もあります。次いで2連対率1位モーターの71号機は9番目に引いた井口佳典が抽選箱に腕をぶちこんで手に入れました。福岡で井口といえば世界にはばたくスーパースターですから期待大ですね。

 ここでいくつかのモーターを紹介。吉川元浩が手に入れたモーター32号機は前回マンスリーKYOTEI杯宮田政勝が優勝したモーター。王者松井繁が手に入れた51号機は田中雅文64.2kgが前回マンスリーKYOTEI杯で1勝を挙げたに留まったモーター。ですが、最終日は美人水泳選手田中雅美が来場。すいすい掻けそうな田中雅のモーターはきっと幸運のモーターになるはずです。そして前検練習後のインタビューで「残念なお知らせがあります。まったく出ていません!すべてにおいて、なんじゃろってくらい悪かったんです。」と弱気発言が飛び出した魚谷ですが、引いた45号機はマンスリーKYOTEI杯で一宮稔弘が優出2着になったモーター。決して悪いモーターではありません。

 但し、決定戦の12機が必ずしも上位12機というわけではありません。例えばG1福岡チャンピオンカップで優勝した瓜生正義が使った36号機は佐々木康幸ですし、G1ふくちゃん優出1号艇だった岩崎正哉の53号機は今村豊の手に渡ってます。また、直前のJLC15周年記念で優勝した田中豪のモーター65号機は金子良昭が、優出2着だった芹澤克彦のモーター34号機は川崎智幸、優出1号艇だった井上恵一のモーター37号機は秋山直之の手に渡っており、シリーズ戦の方にも好素性機がごろごろいます。ちなみに江口晃生の15号機はマンスリーKYOTEI杯で三角哲男節間7勝を挙げたモーターです。

 最後に、賞金王決定戦より2日早く始まった今回のK-BATTLEは10万ポイントの枠内で頂点を競う「予想王決定戦」。ルールはこちらです。そしてギャンブル王争奪!競艇予想大会も昨日から毎日開催しております。更に、年末三競オート五大競走の1着を予想するラジオNIKKEIファングランプリ2007〜5大競走をすべて当てて賞金を当てようの締切は22日です。
ラジオNIKKEIファングランプリ2007〜5大レース全て当てれば10万円!


【明日から徳山ファイナルグランプリtysテレビ山口カップ

 徳山競艇場で明日から26日までの6日間に渡って開催される2007ファイナルグランプリtysテレビ山口カップ。ファイナルグランプリなだけあって優勝賞金は69万円と、通常よりもやや高い賞金。初日すなっち選抜は以下の6選手で争われます。

1:今村暢孝 2:中里英夫 3:柏野幸二 4:山本寛久 5:高沖健太 6:毒島誠

 節間のイベントとしては25日にFM山口主催「ビリフラMAX徳山競艇ものしり講座」を8R〜12R発売中に東スタンド特設ステージで開催。ラジオ番組との連動企画で、ゲストは競艇錬金術師桧村賢一と、山口支部からは武重雄介魚谷香織が出演予定です。

 さて、ものしり講座に出演する魚ッ香が優出2着と健闘した前節G3九州スポーツ杯女子リーグ戦で魚ッ香が使用した18号機は今回使われませんが、準完全優勝を達成した淺田千亜希が使用した40号機は中里英夫、デビュー初優出を達成した三宅文香が使用した47号機は古川健が手に入れております。そして女子リーグでこっそり冠協賛競走を実施した自分のもとに、今夜徳山競艇から勝利選手サインとすなっちクオカード、当日の出走表、卓上カレンダー、MBCキーホルダーが届きました。何日目かはサインに書いてあるので省略。
呼吸を止めて1秒あなた真剣な目をしたから〜♪


鳴門エディーロードカップ競走優勝戦

 エディーといえば電子マネーだったりアイアンメイデンのマスコットだったり大鳴門橋架橋記念館だったり渦戦士だったりしますが、ここで言うエディーとは英語で渦の意味。
 6人の渦戦士が集まった優勝戦は枠なり3vs3の進入から4号艇國崎良春がカド捲りに行くも、これを効果的に受け止めた1号艇江夏満が逃げ切り今年4回目、通算7回目の優勝。順走の2号艇村上純が2着、國崎が3着でした。尚、実績最上位の3号艇熊谷直樹は30と立ち遅れて國崎に捲られた際に渦に呑まれてもたついてしまい、6号艇齋藤智裕に追突された事もあって大きく遅れた最下位に終わりました。

江戸川一般競走5日目

 第5Rが始まりました。予選得点率2位の1号艇川上剛が20と一番遅いスタートながら伸び返しての先制で1着になったこのレースは、捲り差しを狙った3号艇芦澤望が波に引っ掛かってしまい、そこに6号艇矢野素也が突っ込んでしまった結果芦澤は落水、矢野はエンストです(動画)。


 優勝戦に登場する激戦をくぐりぬけてきた6名のレーサーです。

1:西川新太郎 2:川上剛 3:矢後剛 4:吉永則雄 5:三井所尊春 6:森高一真

 結局前日得点率上位6人がそのまま優出、順位もミーショとのりおが入れ替わっただけでした。そして初日江戸川選抜戦メンバーからも地元で選手代表折下寛法と同じく地元の矢後が入れ替わっただけという至って平穏な番組。更に内枠2人は枠まで江戸川選抜と一緒。これは1-2大本線ですね。優勝者当てクイズに投票した西川は今年3回目の江戸川優出で、勝てば10月の報知新聞社杯に続く江戸川連続優勝です。

【ペラ坊GP賞金王決定戦】選手紹介とシリーズ戦初日

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 選手紹介に特集番組ペラ坊グランプリオンデマンドと動画コンテンツが非常に充実している特設サイトが必見のSG賞金王決定戦を21日に控え、本日は選手紹介と歴代賞金王6名が登場したプレイバック賞金王〜賞金王決定戦を制した男たちと一応SG賞金王シリーズ戦初日が開催されました。「おはようございます。九州勢、さみしいことになってるんですけど、今節は地元のつもりで一所懸命走りますんで、応援よろしくお願いします。」ということでまほろちゃんでお馴染み佐賀市大和町からやって来た九州勢の親方様上瀧和則が地元のつもりで選手代表を務めます。

 決定戦は明後日ということで本日のメインイベント、内田和男アナと優木まおみの司会で進行した選手紹介は「おはようございます。白石健です。みなさまのおかげでこの舞台で走ることができ、ありがとうございます。今節も一所懸命頑張りますので、応援の程よろしくお願いします。」の天然記念レーサー白石健や、「おはようございます。SG初です。精一杯頑張ります。応援よろしくお願いします。」の柳沢一や「おはようございます。初出場の群馬県出身、山崎智也です。名前覚えてもらえるようにいいレース見せて帰ります。応援よろしくお願いします。」の山崎智也や、「おはようございます。まだまだ新人の倉谷です。最後まで頑張ります。よろしくお願いします。」の倉谷和信となかなかフレッシュな顔ぶれと内容。そしてレニー・ハートのアナウンスで選手名がコールされた決定戦の選手紹介は違う意味でフレッシュでした。

 ここからは決定戦より2日早く始まったシリーズ初日のレース。オール20代のフレッシュな1Rは枠なり3vs3の進入から1号艇重成一人29歳が「はい、おはようございます。まあまあ行きよる。1レース1号艇からよろしくお願いします。僕も回る。」とバック宙した勢いそのままに逃げ切り1着になりましたが、「おはようございます。今年一年、大きく成長することが出来ました。最後、ここ博多で締めくくりたいと思います。それで、回り収め行きたいと思います。頑張ります。」とバック宙するも重成に真似された2号艇山口剛25歳は1Mで捲り差しの3号艇山崎哲司28歳(2着)に捲られ最後方。そして2Mでは1M外マイから3番手も出口で振り込み転覆した6号艇笠原亮27歳に乗り上げて沈没(この件で笠原は妨害失格)と、バック宙コンビは明暗はっきり分かれてしまいました(動画)。

 2Rは1236/45の進入から、選手紹介で「はい、おはようございます。今年は笹川賞の補欠1位繰上りに始まり、この賞金王シリーズ滑り込みと、ツキにツキまくった僕でございます。そんな僕からささやかではございますが、クリスマスプレゼントなど差し上げたいと思います。ハッピーメリークリスマス。」と王者軍団Tシャツを振る舞った4号艇鎌田義がカド捲りで1着。1M小回り差しから2M新人らしく大胆に艇を伸ばし先マイの6号艇倉谷が2着。
 尚、「おはようございます。気合入れていいエンジン引いちゃろう思って引いたんですけど、まだまだ腕が足りんかったですわ。得意のプロペラでエンジン出すんで、応援よろしくお願いします。」と誓った1号艇市川哲也は20トップスタートもあっさりカマギーに捲られ、4番手争いを演じた2周2Mで全速握ったらバランスを崩して選手責任転覆(動画)でした。

 枠なり4vs2の7Rは1号艇倉谷が新人らしく09トップスタートを決め1着になり、後続は順走の2号艇柳沢と2番差しの4号艇坪井康晴で併走。2M先に回ったつボイが単独2番手になりましたが、2周2M逆転を狙って内からつボイに突っ込んだ柳沢が空振りした上に振り込んで選手責任転覆になる事故がありました(動画)。

 ドリーム戦は123/564の進入から1号艇原田幸哉が「おはようございます。賞金王の12人に負けないような熱い走りを見せたいと思います。応援の方お願いします。」の言葉通り気合いの入ったイン戦で1着、順走の2号艇池田浩二が2着の愛知ワンツー。「おはようございます。シリーズ回りですけどSGを走れることを誇りに思って、決定戦の前座ということをわきまえて走りたいと思います。」の6号艇田村隆信は差しに行くも、「おはようございます。休み返上でやってきました。15番目のラッキーボーイです。ここは地元福岡です。精一杯踏ん張ります。」と気合いプンプンの3号艇吉田弘文が壁になったのが響いて5着でした。

 ここで情報。今回のK-BATTLEは10万ポイントの枠内で頂点を競う「予想王決定戦」。ルールはこちらです。そしてギャンブル王争奪!競艇予想大会は節間毎日開催しており、ラジオNIKKEIファングランプリ2007〜5大競走をすべて当てて賞金を当てようの締切は22日です。

江戸川一般競走4日目

 第6Rが始まりました。1号艇木山誠一はすんなり逃げそうな気配でしたが、波に引っ掛かってスピンしてしまいました。そこに5号艇上之晃弘が避けきれずに激突してしまいました。これにより木山は不良航法付きの選手責任転覆、上之は落水です(動画)。
 かようにアクシデントがありましたこの第6Rでしたが、ここまでオール3連対の6号艇川上剛は冷静にブイ際を差しBS伸びて2Mを先取りシリーズ2本目の1着ゴール。予選得点率2位につけております。

 第7Rで1号艇畔柳俊吾(愛知95期4306)が江戸川初1着を挙げました後、迎えましては第8Rです。ここまでなかなか江戸川の波を捕らえきれなかった、いや江戸川の水面が少しおとなしすぎたのでしょうかシリーズ未勝利の1号艇秋田健太郎61.0kgが枠なり4vs2のインから10トップスタートの速攻を決めて待望のシリーズ初1着。しかし秋田犬はレース後私傷病の為帰郷。どうやら不振の原因は体調不良だったようです。

 開催の4日目も残すところあと3個レースとなりました。レース番号2ケタとなりまして第10R一般特賞です。枠なり4vs2の進入から3号艇吉岡政浩は捲り差しの構えも、行き場無く1号艇片山晃をつつく様な形でバランスを崩し、捲ってきた6号艇矢後剛(チルト+2度)にそのまま接触して選手責任落水(動画)。吉岡はそのまま負傷帰郷となっています。
 でも吉岡につつかれた片山はそのまま逃げ切り1着、吉岡にぶつけられた矢後ちゃんは2M差して2着と2人共無事舟券に絡みました。

 競走水面第11R特選競走の開始です。シリーズリーダーの2号艇西川新太郎が差しを決めてシリーズ3本目の1着になったこのレース、差された1号艇吉田宗弘(待機行動実施細則違反)は3号艇鳥居塚孝博のつけまいを振りきって2番手航走。2M切り返しから西新に押っつけていった鳥居塚に対し、吉宗は全速戦で鳥居塚を包んで2番手キープ。しかし2周1M、2周2Mと吉宗はバタついて徐々に鳥居塚との差を詰められ、迎えた3周1M。内の鳥居塚を絞ってのつけまいで振りきろうとした吉宗はお〜とっとっと振り込んでターンマークにぶつかり落水(動画)。鳥居塚も巻き込まれて最後方に下がり、5号艇矢野素也が2着に繰り上がりました。


 秋田居ぬ予選最終日を迎え、得点率上位はこうなっています。

西川新太郎9.33 川上剛9.00 矢後剛7.86 三井所尊春7.83 吉永則雄7.33 森高一真6.83 矢野素也&川原正明6.71 松田祐季6.67

 四位は三井所。さしずめ四井所といったところで順位上昇へよいしょとなりますでしょうか。また、森高は江戸川選抜選手責任エンストの減点から六位まで押し上げました。
 そしてここでイベントのお知らせ。京葉賞最終日の大晦日に、今年もまぐろ解体ショーがあります。まぐろ買いたい方は江戸川へ!

【尼崎】賞金王ラストチャレンジは三嶌誠司が自力で当確!【常滑】

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 福岡SG賞金王決定戦へのラストチャレンジ、G1尼崎モーターボート大賞G1常滑ダイヤモンドカップトコトコ動画は必見)は開催2日目にして賞金王チャレンジ最終日。賞金王チャレンジ初日は尼崎ドリーム戦2着好走で12位を守った三嶌誠司(本日は4R4号艇&10R1号艇)を常滑連勝で差を詰めた13位の原田幸哉(本日はトコタンドリーム3号艇)が23500円差で追う展開で終了。差こそ僅かながら三嶌は連勝で自力当確、どちらかを勝てば原口1着条件ということから三嶌に有利な状態で賞金王チャレンジ最終日を迎えました。

 本日は原口を23500円差でリードする三嶌が先に2走。「エンジンは上々。地に足ついている。」と足もメンタルもばっちりな状態で臨んだ4号艇の4R。枠なり3vs3の4カドになった三嶌は先捲りの3号艇星野太郎に対し狭い艇間を突く捲り差しで応戦も届かず2番手。ですが、勝負度合いでは今節出場選手中断然の三嶌は2M渾身の差しで星野太郎を差しきり逆転の1着。地に足ついた冷静な捌きが光った一戦で原口を1着条件に追い込み、この時点で三嶌断然有利となりました。
 そして1号艇の10Rはもちろんイン戦で、プレッシャーを感じさせない地に足ついた12トップスタートの速攻劇を披露する圧勝で1着。原口の結果を待たずして、自力で賞金王チャレンジを成功させました、おめでとうございます。香川県だけでなく、元愛知県民として〒448-8799日本郵便刈谷支店の期待も背負って走る住之江G1高松宮記念特別競走覇者ミシマさんの賞金王決定戦に乞うご期待です。
高松宮記念杯を持つミシマさん

 レースを待たずに終戦となった原口が3号艇で登場のトコタンドリームは枠なり4vs2の進入となり、「インは取れると思う。」と戦前は原口勝負駆けムードで弱気だった1号艇赤岩善生が原口終戦で俄然強気になり、11トップスタートの速攻劇で堂々押し切り1着。モチベーション低下が心配された原口は捲り差しに出るも赤岩の引き波をまともに踏んでしまい、2号艇川崎智幸との3着争いとなり、2番差しの4号艇白井英治が2着でした。そして原口は3周1M川崎に差されて3着争いに敗れ、失意の4着に終わりました。

 ここで常滑で起きた出来事を紹介。9Rで3号艇仲口博崇がピットアウト直後に転覆し再発走。ヒロタカマンは選手責任の出遅れ扱いになっております。
 また、16/342/5の進入となった4Rでは逃げて先頭の1号艇野長瀬正孝と差して追走の4号艇鈴木賢一がBS絡み合い、のながせがエンスト、スズケンが落水です(動画)。この事故でのながせは帰郷しました。

江戸川JLC杯2日目

 第3Rが始まりました。2号艇土性雅也(96期4340)が外へ出て134/562の進入から4号艇泉祥史がトップの09といいスタートを決めますが、捲りは大きく流れて出口で選手責任転覆です(動画)。
 前方は1号艇河上年昭が逃げ切り先頭、3号艇田上晋六が順走で2番手も、2M流れた河上と対照的に田上はタイトに内側を突き、HS伸びて河上を捕らえ2周1M事故艇内側艇優先の為単独先頭に立つ逆転の1着でした。

 続きましては第9Rです。捲った2号艇小西英輝と差した5号艇眞田英二で先頭を争い、2段捲りの4号艇桐本康臣が差無く追いかける展開となり、2Mは眞田が内有利に先制。小西は差し遅れ3番手に後退、2番差しの桐本が眞田との先頭争いに持ち込みます。そして2周1M内有利に先制した桐本が逆転の1着ゴール。
 尚、3周1Mにおきまして4番手航走の3号艇泉祥史が6号艇森貴洋につっかけられてエンスト(動画)。今度は責任外でしたが、泉は2走連続の失格となってしまいました。

 2日目最終記者選抜の第12Rは1号艇細川明人がイン戦押し切り先頭も、順走2番手の2号艇長谷川充が2M外一気に握ってHS両者ほとんど同体。2周1M差しに転じて遂に逆転した長谷川が2周2M先制で細川を突き放し通算600本目の1着を獲得です。600勝の中には9月当地一般競走優勝戦も含まれております。

【1800mを2回で3600m】

 平地競走では日本最長距離の中山G2スポーツニッポン賞ステイヤーズステークス。ここのキルトクールはネヴァブション。2400〜2500mのクラシックディスタンスを得意とする馬が3000m以上をこなせるとは限らない典型例で、2500m(3.0.0.1)とは対照的に3000m以上は2回共1秒以上離された惨敗。内容も後方ままという走りで、3000m以上でのスタミナに問題がありそう。よってキルトクール。

大阪名物全大阪王将・黄金王者松井繁

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 最終日利用409888名・売上77億3237万1700円、6日間合計225億9278万1100円を売った2006年の1億円バトル、頂上決戦の住之江SG賞金王決定戦ファイナルは人気を背負って大注目の王者松井繁が1号艇。大方の予想通りゆったりとした枠なり3vs3の進入となり、5コースの中村有裕が05と踏み込んでのトップスタートで絞りに行くも、直内の瓜生正義(SG0勝の格下)が激しく抵抗。ウリ坊が2&3コースを絞り、その間に逃げの体勢をがっちり固めた王者が余裕の先マイ圧勝で1999年以来2度目の賞金王決定戦優勝。黄金のカポックを纏ってのウイニングランでは1M辺りでマツイコールも!さすが大阪王将の王者や!
 悪役ウリ坊の酷い自作自演が目立った後方は中村を完全にブロックしてきゅうきゅうにさせたウリ坊が捲り差しの2番手で、中村の先攻めで展開が向いた6号艇坪井康晴が捲り差しで3番手。しかし2Mでウリ坊はファイナリスト中唯一SG0勝の格下ならではの下手な旋回。先マイ可能な体勢だったのに締め込まずつボイを先に行かせ、更には1M後手を踏んで後方だった3号艇山崎智也の旋回をも待ってのチンタラ差しで、この間につボイが2番手の体勢を固めてキルトクール艇のつボイが逆転2着、キ〜ッ!
一体ウリ坊は何がしたかったのかと。来年の干支はウリ年で賞金王もなぜか福岡だけどこりゃだめでしょう。荘林幸輝二世への道を着々と歩んでます。
尚、レース後のコメントは「1Mは迷ってしまった。2Mも山崎さんが来るとは思わなかった。」と急に山崎が来たからと言っております。

 SG6回目、記念トータル38回目で通算75回目の優勝となった王者、昨年の決定戦当日はびわこ滋賀県モーターボート競走会会長杯争奪年末ファイナルの前検で昨年のイブはその初日。賞金王決定戦に出場できなかったばかりか年末ファイナルでも優勝戦3着に終わった屈辱の昨年から一転戌年ええワン!な結果でしたね。
今年も福岡SG全日本選手権優勝戦でイン36王者スタートから凹者の舞いをやったりG1江戸川モーターボート大賞2日目11Rで1M振り込み
お〜っと、1号艇の松井なんとなんとなんと振り込んでしまった。1号艇の松井功を焦りましたかイン戦大失敗であります。大きく大きくちぎれてしまいました1号艇の松井です。なんとしたことか1号艇の松井、得意のイン戦大失敗となりました。
とやったりしたけど、最後締めるところはやっぱり王者や!そんな王者の次節はもちろん住之江正月レース全大阪王将戦です。
全大阪王将戦開催地から最も近い大阪王将は玉出店

 メリークライマックス!なポーズを嬉々としてとったりとご満悦だった表彰式(イメージガール兼アシスタントの優木まおみはなんとポスターと同じ衣装の大サービス)は前年比大幅増の大入りで、インタビュー
どうもありがとうございます。僕には一生懸命レースを盛り上げていくことぐらいしかできないので、最後の最後にこのように盛り上げることが出来て本当に嬉しく思います。(前検日)乗った感触としては足は本当に良かったんですけども、乗り心地が悪かったのでちょっと不安でした。毎日試運転ばっかりして、調整して整備して、今日はディープインパクトにも負けないような素晴らしい足に仕上がってました。思い切ったいいスタートが切れたと思います(コンマ10)。ほぼ全速でいけたと思います。1マークは少し中村君が見えたんですけども、引っかかってたので先に回ることだけを考えて回りました。本当に今日はディープ並の足になってたので、楽勝で逃げ切りました。ここにくる直前にプロペラのメーカーを変えてきたんで不安はいっぱいあったんですけども、優勝するためにはメーカーを変えるしかないなと判断して思い切って、今節は新ペラ3枚で来ていました。今年また一回り大きくなれたと思うので、来年はもうひとつ上を目指して。年間SG3勝を目指して頑張りたいと思います。みなさんの声援のおかげで優勝できたと思います。これからも一生懸命頑張ります。応援してください。
 と、親友の武豊にピットで激励されアベック優勝成功、シリーズ戦表彰式最中に行われて北スタンド裏広場の街頭テレビに広場を埋め尽くし階段や北スタンド通路を含め約1000人くらいの大観衆を集め、ドープの捲り戦圧勝で大いに盛り上がった中山G1有馬記念(待機室の王者もシリーズ戦そっちのけで熱心に観戦したとのこと)以上に住之江が沸いた王者のウイニングランと表彰式でした。これで1-2345-9な3連単が当たってくれれば…ウリ坊め。
写真取られ捲りでご満悦な王者白い歯爽やか、王者の笑み


SG賞金王シリーズ戦優勝戦

 王者の盟友服部幸男先生の2コース差しが入るも、SG初優出初優勝を狙う1号艇のイン赤岩善生が2M差し返し逆転。住之江2回目、通算32回目の優勝にして記念初優勝がSG初優勝です。鹿児島出身愛知支部の赤岩ですが、大阪と薩摩の結びつきで連想するのは薩摩っ子ラーメンですね。
 過去シリーズ戦がSG初優勝だった選手には小畑実成(赤岩同様記念初優勝)と吉田隆義(赤岩同様愛知支部)の57期コンビがいますが、赤岩は新たなニューヒーローとして優勝後低迷した先達2名の轍を踏まないことが求められます。

【ロード・オブ・ザ・スミノエ】

 今日は王者の舞いを堪能しに住之江競艇場に行ってきましたが、プレミアムドリーム号で大阪入りし道頓堀名物金龍ラーメン(シリーズ戦出場の金子龍介2R1回乗り4着)で腹を満たし千日前AMZAでくつろぎ、ネットカフェでもろもろの投票をしたところで、いざ住之江!ではなくパチンコの聖地玉出で途中下車。
 王者の舞いを祈願し、玉出では会津屋本店の王者焼きを食べて縁起を担ぎ12時過ぎにやっと住之江。でもホルモン丼の行列で体力を使い果たしたので着いてしばらくは遊食館ゆう遊村でバタンキュー。体力回復したところで職場の仲間三国さん(仮名)、良2さんに念願の初対面が実現した京極賞さん、それにかっちゃんさんに大時計前の番人竜鯱まくり差しさんらmixiの仲間達とご対面しました。レース後は三国さんと三国さんの元同僚2名で西梅田駅から近い大阪駅桜橋口地下フロートコートの臼臼で一杯やってからのぞみで帰宅しました。
玉出名物会津屋の王者焼き玉出大変


江戸川2日目

 売上こそ1億6875万1400円ながら25125名の利用があり、本場入場は相当数いたと思われます2日目の競走水面。第1Rが始まりました。人気の中心になりました1号艇松本秀樹が逃げての1着で、3号艇松本晶恵が捲っての2着と松本ワンツーでした。

 第4Rが始まりました。6号艇西川新太郎が捲りに行きますが1号艇松浦博人に抵抗され、次の瞬間艇が浮いて転覆動画)。これに巻き込まれた4号艇松村康太は大きく遅れをとってスピードが乗ってこず不完走失格です。尚、西川は負傷により後半第8Rを欠場、帰郷しました。

 ツーサイクルエンジンのエキゾーストノートが響き渡りました競走水面。第11Rの2号艇、王者と同期連番の64期3414・群馬の貴公子加瀬智宏は差して2番手でしたが2Mで内突っ込んできた5号艇松村康太に追突してごちゃつく展開に巻き込まれ後退(動画)、5着に終わりまして負傷帰郷しました。

 そういえば、昨日ピックアップと書いた第6Rは1-2-4で本日の3連単最低配当460円でした。
逆に本日の最高配当は熱い視線が注がれた1号艇花田和明がイン戦流れ、5号艇金子貴志が「間を割れない!動画)」で共に鼎第10Rの3連単88550円です。

賞金王決定戦はトライアル最終日3日目の攻防

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 本日45億7377万8600円を売った住之江SG賞金王決定戦はトライアル最終日3日目の攻防。トライアル3日目11Rは162/345の進入となり、インの山崎智也がファイナル当確魚谷智之の3コースつけまいをブロックしてそのまま押し切り1着と勝負駆け成功。
大外から鋭い捲り差しを見せた中村有裕が僅かに2番手、差無く4カド差しの坪井康晴と魚谷が続きまして2Mの攻防。内から突っ込むつボイをゆうゆう行かせた中村が2番手キープも、中村は魚谷に差しを入れられ一転きゅうきゅう。中村は内斜行でなんとか魚谷を締め込み2番手キープも2周1Mでは魚谷を捲りきったつボイの全速戦で今度はつボイに迫られ再びきゅうきゅう。でも2周2Mでつボイが流れ、差し返してきた魚谷も今度はゆうゆう振り切って2着をGetし、びわこの特攻隊長は6コースで2着条件というきゅうきゅうな条件を克服して勝負駆け成功。ファイナル1号艇狙いの魚谷と2着条件のつボイの3着争いは最後まで際どく、3周1M差したつボイが僅かに優位に3周2Mを先マイ。外に膨れながらの魚谷の全速ぶん回しに対し、つボイはゴール前内に大きくよれながらもなんとか3着に入り、ここは奇数艇トリオで決着。ファイナルつボイりは後半の結果待ちになりました。

 トライアル3日目12Rは126/345の進入となり、2着以内でファイナル1号艇となるこのレース1号艇は王者松井繁がインから堂々押し切り1着、ファイナル1号艇を手に入れました。
2コース順走の瓜生正義が2着で、3コース2番差し届かなかった三嶌誠司が3着。ミシマさんはつボイと同点となりましたが、上位着数の差でつボイがファイナル入りを果たしました。
尚、2Mで4号艇辻栄蔵が、2周1Mで濱野谷憲吾が共に振り込んでますが共に完走してます。


 賞金王決定戦ファイナルは以下の枠順に。

1:王者 2:ブラックバス 3:貴公子 4:ウリ坊 5:ゆうゆう 6:つボイ

 武豊健闘を誓い合った王者と貴公子が共にファイナル進出しましたね。

SG賞金王シリーズ戦5日目

 準優3個レースのダイジェストの前に明日に行われる優勝戦の枠番は以下の通りです。

1:赤岩善生 2:服部幸男先生 3:菊地孝平 4:江口晃生 5:原田幸哉 6:中野次郎

 赤岩が勝てばSGは勿論の事記念も初優勝、中野が勝てばSG初優勝、残りの4人はSGタイトルホルダーです。ドリーム戦からは3人が駒を進めてきました。そういえば7人中4人が大阪支部なdreamももともとは3人でした。


 準優8Rはシリーズリーダーの赤岩がイン圧勝で1着でしたが2着が中野と飯島昌弘で接戦。飯島リードも3周1Mでもたつき、中野の差しが入りほぼ同体に。そして3周2Mで余裕たっぷりに内の中野を行かせた飯島がターンマークにぶつかって自爆(動画)。思わぬ形で中野逆転でした。尚、4着ゴール入線後4号艇星野政彦がこっそり落水。

 準優9Rは逃げる江口を2コースから菊地が差しきりますが2Mで江口が差し返し逆転。しかし2周2Mで今度は菊地が差し返しを見せて菊地再逆転の1着です。

 準優10Rは服部先生がイン先制で1着、2コース順走の原口が2着でした。

中山G1有馬記念キルトクール】

 ドープ祭りに沸く有馬記念のキルトクールはダイワメジャー。中山(2.2.1.1)の好成績もこの距離は初めて。喉なり持ちの馬だしSS-NTの血統からも距離延長は間違いなくマイナス材料。ディープインパクトの相手はドリーム号乗り放題券ことドリームパスポートでしょう。 

 ところで、賞金王決定戦と有馬記念はギャンブル王争奪!競馬&競艇予想大会の対象レース、有馬記念は★★競馬道GT5争奪 考えて買え!キルトクール王決定戦★★の対象レースでもあります。K-BATTLE共々皆さん、奮って参加しましょう。
ギャンブル王争奪!競馬&競艇予想大会★★競馬道GT5争奪 考えて買え!キルトクール王決定戦★★


江戸川初日

 4日間シリーズの最初のレース第1Rが始まりました。3コースから飛び出して行きました今節選手代表長田光子は2番差しから3番手を走りましたが、+01のフライングで返還欠場となり、選手代表がいきなり賞典除外になってしまいました。

 第10Rは1号艇金子貴志がインの利を生かし切って1着になりましたが、シャープなコーナーワークが光ったのは5号艇毒島誠。3番手を走っていた毒島は2周1M果敢なつけまいで同支部の先輩中里英夫を捕らえ、2周2Mもつけまいで遂に逆転成功の2着となりました。

 今シリーズの有力処と目されるメンバーが揃いました江戸川選抜は1号艇浅見昌克がイン32とスタート大きく後手を踏み、2コース08スタートの川上昇平が楽に捲りきって1着
4カド握った佐藤大介、5コース差した花田和明、大外差した水上浩充でBS2番手は接戦となりましたが、2Mで先マイの花田がターンマークに接触し川上を除く各艇がもつれ合うアクシデント(動画)。
この中からいち早く抜け出た佐藤が2番手、3号艇松村康太が3番手となりました。花田はエンストしましたが再始動に成功し何とか完走、しかし救助艇が出動したため減速指令が。この事がゴールで波紋を。
1周2Mのアクシデント以降レースは淡々と進みますが、3周2Mで水上浩充福井支部長が全速差しで福井支部の91期新鋭松村康太に並び、タイム差無しながら逆転成功の3着。アグレッシブでエキサイティングな3周2Mの水上戦でしたが、その代償として水上は競技規程23条関連(順位変動)により即日帰郷となっています。

【三沢さん→今村さん】

 ところで、今日の正午は中山競馬場に行って有馬記念の前売馬券を買い、「ノアだけはガチ」でお馴染み三沢光晴のトークショーも見て来ましたがエメラルド・フロウジョンの三沢さんだけあって有馬の本命は緑枠のアドマイヤメインでした。
 三沢さんを見て馬券も買い終わった12時半に中山を出て江戸川競艇場に東中山→本八幡経由で向かったのですが、正門には昨日以上の行列が。ざっと100人以上は席取りしてそうでした。その列は南門に届かんばかりの勢いで、その列に昨夜同様深い衝撃。勿論行列は正門だけでなく中央門にも南門にもありました。但し法典門だけは夜間閉鎖なので行列無し。

 13時半に到着した併用開催の江戸川ではラリーズクラブ会員限定のガラポン大会が。自分は3等賞のサイン色紙(今村豊)とCD(小柳ゆき/誓い)でした。初日なので優勝者当てクイズにも投票しましたが、当初入れようと思ったガッツ浅見(埼玉)の足が第8Rを見た感じ悲惨(結局5着2本)だったので、活きのいい92期新鋭毒島誠(初日1着2着)に投票しました。明日の江戸川ピックアップは両者が1回乗りで相まみえる第6Rです。
 ちなみにお休みの一時を熱戦でお楽しみ頂いております場内は住之江モニターにぎっしり人だかりが出来て江戸川モニターと土手はいつもの感じ。SG目的のファンが多かったですね。だから利用は20506名と2万超えに成功したものの売上は1億5839万1700円に留まりました。
三沢さんと藤川京子TVの取材を受ける徹夜組

賞金王決定戦と有馬記念のコラボレーションが昨日住之江で実現!

ブログネタ
有馬記念 に参加中!
 SG賞金王決定戦初日だった昨日の住之江競艇場武豊が競艇ファンで知られる佐藤哲三らと共に来場。武豊は住之江で中山G1有馬記念の確定枠順を知らされたのでした。ちなみに舟券の方はサトテツともどもトライアル初日11R魚谷智之を本命にして的中させたとの事。
 そんな武豊(1969年3月15日生まれ)はピットに降りて親友の王者松井繁(1969年11月11日生まれ)を激励し、マスコミ向けに山崎智也ともツーショット記念撮影。そしてターフのヒーロー武豊と水上の貴公子山崎智也による華麗なツーショットは22日付スポーツニッポンの1面になり、武豊は山崎智也に「お互い最後はビシッと決めましょう」と声を掛けて握手したとの事。山崎智也も「会いたかった人。メチャうれしい。」とご満悦。このシーンと記念撮影の見出しは

「最後ビシッと決めよう」豊&智也が”住之江協定”


 ここで私事ですが、本日はJLCニュースを見終わった後船橋法典の楽天地天然温泉法典の湯に23日1時の閉店まで入浴して、帰り道に中山競馬場の前を車で通ったのですが、正門には早くも徹夜の行列が!有馬記念は23日ではなく24日なのに気が早い人たちがいるもんです。寒い夜に2日前から徹夜で行列してる光景にディープインパクトでした。ちなみに往路は西葛西近辺で有馬記念ラッピングトラックと併走。

 ところで、競艇と競馬のコラボレーションといえばギャンブル王争奪!競馬&競艇予想大会です。勿論日曜の両メイン、有馬記念も賞金王決定戦も対象レースです。
ギャンブル王争奪!競馬&競艇予想大会


【ラジオたんぱ改めラジオNIKKEI

 ここで阪神ラジオNIKKEI杯2歳ステークスのキルトクール。今回は大胆にもG3東京スポーツ2歳ステークス勝ち馬フサイチホウオーです。根拠は過去の東スポ杯勝ち馬が1800m上限のマイラーばっかりだから。よってホウオーも距離延長はマイナス、仮に来ても2着まででしょう。

 そして裏の中京は中京日経賞とこの日は日本経済新聞尽くしな開催であります。スカパー251ch日経CNBCもよろしく。
 更に「ノアだけはガチ」でお馴染み三沢光晴が来場するJ・G1中山大障害のポールポシジョン1番枠には東都のミスターモンキー乗り濱野谷憲尚。白ヘマと呼ばせない華麗なインモンキーを見せて三沢さんから表彰されて欲しいですね。ちなみに東都のミスターモンキーターン濱野谷憲吾トライアル3日目12R3号艇です。

SG賞金王決定戦2日目

 トライアル2日目11Rは3コースから捲った初日6着の辻栄蔵1着、大外から差した初日6着の坪井康晴が2着と、初日6着コンビが巻き返しを見せまして今年のトライアルは少し接戦ムードとなってまいりました。

 トライアル2日目12Rは初日5着の1号艇瓜生正義が好枠生かしてのイン戦で力強く押し切る圧勝で巻き返し成功の1着。3コース捲り差し狙いも同期のウリ坊独走で外マイになった初日1着の魚谷が2着で、大外枠6コースの不利を克服して差し伸びた初日1着の王者が3着と、ヒモトリは初日1着コンビが着実にファイナル入りへの道を固めました。

【23日は江戸川初日

 賞金王決定戦には64期3415松井繁と71期3622山崎智也がいますが、江戸川には久間繁に群馬の貴公子智様こと64期3414加瀬智宏、群馬の71期3619長谷川充がいます。そして間嶋仁志(ましまひとし)と真庭明志(まにわひろし)、発音が紛らわしいコンビも揃って第11Rに登場です。

住之江SG賞金王決定戦、待ちに待ったトライアル初日

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 今日からいよいよ2006年競艇界の総決算、この4日間に全てが懸かった住之江SG賞金王決定戦が開幕しました!145/236の進入となったオープニングカードトライアル初日11Rは初出場の3号艇魚谷智之が5コース捲り差しでインから逃げ込みを図る賞金ランキング1位山崎智也に舳先を入れて差しきり1着。赤魚が目出鯛初陣を飾りました。山崎が2着、3コースから握った5号艇上瀧和則が3着でここは奇数艇トリオの決着。
尚、このレース2号艇坪井康晴は4カドからブイ際差しを狙いましたがターンマークに接触(動画)して6着。

 賞金ランキング2位の王者松井繁(大阪)がいるということでレース順が後になったと思われる枠なり3vs3のトライアル初日12Rは人気の王者がイン15スタートから力強く踏ん張って1着と白星発進。
3コース09スタートから握った濱野谷憲吾は王者にブロックされ、初出場の中村有裕が18とスタート遅れながらもダッシュをゆうゆうブロックする冷静な2コース順走で2番手。濱野谷は内に艇を持ち出して2M突っ込みますが、中村にゆうゆう捌かれ3着のままでした。

 K-BATTLEも決定戦が始まっていよいよ盛り上がりが増してきた感じです。参加者が増えるとますます盛り上がるのです。

SG賞金王シリーズ戦3日目

 5Rの3周1Mで3番手を走る3号艇大場敏が軽くキャビったところに6号艇西島義則が乗り上げるアクシデント(動画)。一歩間違えば大怪我となる状態も、大場は完全にペリカンさんの艇に踏まれたにもかかわらず平然と振り解いてそのまま3着ゴール。但し大場には不良航法が適用されました。

 尚、5号艇1回乗りの4Rで6着に敗れた桔梗王植木通彦がレース後病気の為帰郷。SGシード権改正のきっかけの1つになった昨年当地SG賞金王決定戦の負傷帰郷から1年、今年も帰郷しました。ちなみに自分が今夜見たテレビはJLC382chで23時から放送してた「SG覇者スペシャル95 第10回賞金王植木通彦」の冒頭部分。桐生で75針の大怪我をした場面、不死鳥と呼ばれるきっかけといわれる桐生での復帰戦、桐生でG1開設38周年記念を制した感動的な場面がOAされてました。

下関優勝戦

 5号艇崎野俊樹(福岡)が前付け2コースに入り進入は内2艇が深い15/23/46。そして前付けの崎野が26と大きく凹んでイン09スタートの平田忠則(福岡)は壁無し状態となり、3コース08スタートの森田昭彦(福岡)に捲られて後方へ。
そんな福岡3人が喧嘩する展開を突いて先頭抜け出したのが4コース捲り差しの山崎哲司。02トップスタートも中洲産業大学のタモリに抵抗されましたが捲り差しに切り替えた好判断が光る1Mでした。山崎は王者を破る大金星だった昨年11月の鳴門スポーツニッポン杯競走以来通算5回目の優勝です。
大外からタモリを差した岡瀬正人が追いかけてくるタモリを振り切って2着です。

徳山ファイナルグランプリtysテレビ山口カップ2日目

 初日9R1号艇で2周1M落水、8万舟提供と不本意な滑り出しだった今節の看板選手山室展弘さん。無事故完走の目標早くも潰えた選手責任落水と不良航法でいきなり-12点のハンデを背負い、続くドリーム戦も5着に敗れて早くも予選敗退濃厚になってしまいましたが本日の1回乗り9Rで嫌なムードを断ち切りたいところ。
 その9R、山室さんは4号艇でしたがピット出で他を圧倒してイン取り成功、レースもそのまま押し切り、鬼門の2周1Mもクリアして仕切り直しの1着です。2着には2コース順走の1号艇樫葉次郎(徳島の芳美夫)が入ってます。
9Rに出てたその他の主な選手の着順は、5号艇4カド近藤稔也(徳島の芳美夫)が3着争いに敗れ4着、3号艇大外渡辺真至明日香夫)が5着、今節選手代表廣中良一智紗衣とは他人)は6号艇5コースで6着でした。

賞金王決定戦前検は公開抽選&浜名湖男女対抗戦は男の圧勝

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 本日前検日だった4日間の短期決戦住之江SG賞金王決定戦。賞金王決定戦にふさわしくモーター&ボート抽選も公開でした。Sports@nifty競艇特集賞金王ブログに公開抽選の模様が載ってます。
 先ずは縁起物のモーターから。濱野谷憲吾が引いたモーター9号機はGWのラピートカップで王者松井繁が引いて優勝した縁起物のモーター。司会のミスタークイズ競艇ダービー荻野滋夫アナがこれをアナウンスした時には王者も腕を組んで濱野谷にニヤリ。
 その王者が引いた5号機は71期3623深川真二G1高松宮記念特別競走で大暴れしたモーター。好素性機なだけに王者の口も滑らかで
(抽選直後)「狙い通りのモーターを引きました。必ず優勝します。
前検タイム測定後)「狙い通りのモーターを引き当てました。5番か10番が欲しかったんで、満足です。やっぱり足はいいですね。行き足なんか素晴らしく良かったです。でも今のところは「足は」なんですけどね。つまり乗り心地はまだ気に入っていません。だから特訓が終わった後も、一人で試運転を繰り返していました。本番の前にバタバタするのがイヤなんで、時間があるときに調整をしていたんです。じっくりと乗り心地を煮詰めていけば、大丈夫でしょう。」とのこと。
 コメントで王者が引きたかった候補の1つに挙げた10号機は抽選順12番目だった瓜生正義が荻野アナ立ち会いのもと抽選箱を入念にかきまぜた末に引き当てました。以下は10号機を手に入れたウリ坊のコメント。
モーター抽選は最後だったんですが、エース機と言われている10番が残っていて、ラッキーでした。前検で走ってみた感触は、ペラが合っていないのに乗り心地は悪くなかったから、合格点はつけられますよ。ただ直線はちょっとおかしい気がしたんで、調整をしっかりやっていきます。コースはピット離れ次第ではあるんですが、上瀧さんについて行きたい。今はまだ賞金王だという気分になっていないので、これから気持を高めて行きます。とりあえず1走して、実戦の感触を確認してから整備は考えます。

 K-BATTLE予想王決定戦と題された今回のK-BATTLEも誰でも参加可能なので奮ってご参加しましょう。今回は予想の締切がレースの締切時刻と同一になったので寝坊できるようになりました。

浜名湖中日スポーツファイナルカップ優勝戦

 予選・準優を男女別で戦い、頂上決戦にして男女3vs3のガチンコバトル。奇数艇が女子で偶数艇が男子でしたが進入は3号艇鵜飼菜穂子が動いて132/456と内寄り2艇が女子に。
かように女性上位な枠番でしたがレース本番はハンデをものともせず、イン34とドカ遅れの谷川里江を17スタートのナホコが捲る展開を突いて3コースから織田猛の差しが。そのまま突き抜けた織田が通算6回目の優勝
大外から差した吉田俊彦が2番手で捲ったナホコが3番手、4カドからイン変わり狙った松元弥佑紀は織田に捲られ後方でしたがBS内の利を生かして4番手旋回。
そして2Mトシちゃんがナホコを張って夏ざかりほの字組コンビがやり合う隙にみゆきが小回りでナホコを抜き、以降接戦も3周1M先マイで完全にナホコを突き放して3着争いに競り勝ち、ここに偶数艇トリオの男子上位独占が完成しました。

福岡TVQスポスタ杯優勝戦

 TVQスポスタのタイトル戦は1号艇林美憲がイン16トップスタートも、2コース25スタート坂口周のベタ降りを隠れてこっそり見抜いた3コース24スタートの石田章央が林に豪快なつけまい決めて捲りきり、通算4回目の優勝。つけまい食らった林は2着にこらえるのが精一杯でした。
年越しを地元の浜名湖静岡新聞社・静岡放送NewYear'sCupではなく常滑中日スポーツ杯争奪新春特別競走で過ごすことになった鬱憤を晴らしました。
 ちなみに石田は1月8日から江戸川新春金盃に出場しますが、なんと新春金盃は東京支部0人。辛うじて元東京支部の松浦努(現岡山支部)が。選手代表は埼玉支部の誰かがするのでしょうか。

蒲郡ナイトキング決定戦優勝戦

 みんな大好きな王様ゲーム、水上のナイトキングを巡るいよいよ戦いであります優勝戦を迎えました(動画)。
愛知で徳夫は一味違う貞廣徳夫(とくお)が5コースから度胸の07トップスタートを放ちぐいっと伸びた叩くぅ!イン1号艇鎌田義突っ張るぅ!この展開を突いて2コースの岡部哲が先頭に立ったぁ!
しかし2M斬り込み返す1号艇の鎌田ぁ!グリップしながらおっつけるおっつけるぅ!斬り込み返した気迫の操舵で岡部を抜いてエンタのカマギーが5場所連続優勝で今年V8、通算21回目の優勝。戸田連続優勝中なエンタのカマギーらしく2着に埼玉の岡部、3着に3コース2番差しの伊藤雄二(埼玉)を連れてきて3連単は窓口のおばちゃん大喜びの1000円ポッキリ。
 傷ついた体をケアし更に勝利を探求するスペシャルエンターティナーの次節はシーズンレース尼崎サンテレビ杯争奪歳忘れ今年もありがとう競走、年内の30日が最終日なので連続V6で年間V9を狙います。

【小柳ゆき来場】SG賞金王決定戦、まずは選手紹介から

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 明後日から行われます住之江SG賞金王決定戦に先立ち、今日は選手紹介特設サイトに動画あり)が行われました。
メリークライマックスなイメージガール優木まおみ前夜祭に続いて司会を務め、最後にサプライズゲストとして小柳ゆきが「誓い」を熱唱して盛り上げた選手紹介は、
寒くなって魚も脂がのってますが、自分も脂がのってきたと思います。一生懸命頑張ります、応援よろしくお願いします。」と白水勝也に脂ぎったエールを送られた魚谷智之
松さんのおかげで年末住之江にこれました。今節は恩返しのために優勝して帰ります。応援よろしくお願いします。」と山本隆幸に感謝された王者松井繁
そして優木まおみのゆうゆうライフならぬゆうゆうのがむしゃらライフでSGレーサーに登り詰め、「おはようございます。はじめての決定戦で、右も左も分かりませんが、今節はびわこの特攻隊長として頑張るぞ!」と拳を突き上げ特攻宣言の中村有裕を始めとする12精鋭が中央ホール背面給茶コーナーの辺りに設けられた特設ゲートから花道を通って颯爽と登場。賞金王決定戦は明日が公開モーター抽選で明後日が初日です。

 ここで賞金王決定戦を楽しむサイトをいくつか紹介。
Sports@nifty競艇特集
KYOTEIブログ〜water garden〜
K-BATTLE
予想王決定戦と題された今回のK-BATTLEも誰でも参加可能なので奮ってご参加しましょう。


 前座として本番より2日早く始まったSG賞金王シリーズは全12R中11Rで1号艇が2連対(一覧)でしたが、唯一1号艇が消えたのは4R住之江シティーナイター初代チャンプ吉田徳夫が1号艇でしたが、インの海苔オは4カドの西村勝から絞り捲りを貰って4着でした。

 続く5Rは「おはようございます。今日は僕の誕生日です。1着が欲しいです。頑張ります。」と誕生日プレゼントに1着をおねだりしたスタート野郎堤昇(1969年12月19日生まれ)が2コースから17となかなかのスタートを見せるも、イン27スタートの石川真二に伸び返されての差し。差し届かず2番手となった2Mで内突っ込んできた4号艇平石和男を包んでかわそうとした堤は出口で振り込み落水動画)。誕生日にちょっといや〜んな水神祭。

 「真二て〜♪」と小柳ゆきに歌われた2人のうち、石川真二は5R1号艇で勝ちましたが、9R1号艇の深川真二は2コースの湯川浩司に差されて2着でした。
 真面目に選手宣誓をやった湯川は5コースからの捲り差しでまちゃるたんを差しきった4Rに続いてピンピンの連勝ゴール。
おはようございます。今年最後のレースで、これまたエンジンがめちゃめちゃ出ておりません。舟券に絡めなかったら、とぅいまてぇ〜ん!
といっていただけに、
信じられへん。前検のあの足からここまで出るの初めて。
だそうで。

 それにしても、2006年最多勝確実なヤングマン徳増秀樹のプロマイドなら「秀樹感激!キャ〜!」と黄色い声と共に奪い合いになりそうなのに、
おはようございます。このブロマイド地元で配ったんですけど、みんな「キモい」って言ってもらってくれません。誰かもらってください。
とは意外なのです。時代は熱い男を求めていないのでしょうか。

芦屋ダイヤモンドカップ感謝祭優勝戦

 6日間合計36億7394万8500円を売ったG1ダイヤモンドカップの感謝祭は5号艇の今節選手代表山崎毅が前付けインに入り、一度は枠を主張した1号艇塩崎優司は結局引いて2コースに。
で、山崎が30とスタート遅れて22スタートの塩崎が捲りを打つも膨れ、3コースから捲り差した山口哲治が先頭に。しかし2M先マイの山口を全速で差した塩崎が逆転、2連対率16.2%のブービー機ながら前検タイム2位の快速を発揮し予選・準優6戦5勝だった塩崎が通算8度目の優勝と相成りました。

大村日本MB選手会会長杯争奪戦優勝戦

 夕暮れ時にまぶしく輝くイン05トップスタートの西田靖(2002年当地G1海の王者決定戦覇者)がハゲしく速攻押し切り大村4回目・通算57回目の優勝。4カド30スタートながらいい角度の差しを入れた吉村正明(2005年当地G2競艇祭覇者)が2着に入り、ここは大村グレードレースウィナーによるワンツー。
 尚、2着の88期まちゃあき海賊団長は来年1月の当地G1企業杯共同通信社杯新鋭王座決定戦に出場。記念レーサー不在のメンバーにあってG2競艇祭優勝の実績は群を抜いており、優勝候補筆頭と言えます。

【さいたま沈んでさいたま浮かぶ】

 蒲郡ナイトキング決定戦準優11R、1号艇のシリーズリーダー山崎義明埼玉支部長はイン20スタートで、3コース09スタートから攻めてきた川原正明に抵抗。しかし、
お〜っと!山崎なんとブイに激突!(動画
して選手責任落水(明日も無事出走)。Vで蒲郡ナイトキングの野望はブイに激突してゆめのもずくに消えました。
 でも、埼玉支部長は消えても埼玉支部は残る。事故艇の内を突いた4カド捲り差しの伊藤雄二(埼玉)が1着、大外から差しで続いた一柳和孝(埼玉)が2着の熱いさいたまワンツー。12月23日の選手会埼玉支部お客様感謝イベント(11Rからは山崎支部長と一柳が出席予定)を前に2連単17100円3連単120930円のホットな配当も提供です。ちなみに当日自分は浅見昌克(埼玉)が出る江戸川一般競走なつもり。

メリークライマックス!中村有裕(栗東)は賞金王決定戦初日2号艇

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 クリスマスイブにクライマックスを迎える住之江SG賞金王決定戦枠番が本日発表されまして、びわこ競艇場(マスコットはビナちゃん)をビナまつりにした栗東市(マスコットはクリちゃん)出身のスーパースター中村有裕は12R2号艇。賞金3位ですから通常なら11R2号艇なのでしょうが、ゆうゆう組の1号艇にして賞金2位が王者松井繁ということでレース順が賞金順と逆になりました。

 ゆうゆうの地元栗東市といえば競馬の聖地栗東トレーニングセンターで有名ですが、建設凍結問題で揺れる新幹線南びわこ駅(仮称)でも有名であります。南びわこ駅(仮称)は草津線草津-手原間に建設予定の駅で、草津線沿線客の利用が見込まれています。
その草津線の終点は三重県にある柘植駅ですが、明日のびわこJLC杯優勝戦に4号艇で登場する柘植政浩は三重県民ではなく滋賀県民です。
 ところで、栗東市の市内移動に便利なのはコミュニティバスくりちゃんバス。全線均一200円というお手頃料金も魅力です。そしてこのpdfファイルをクリっくすると作って楽しいくりちゃんバスペーパークラフトがダウンロードできるよ!

尼崎センタープール杯争奪ニッカングローリー賞競走優勝戦

 今年で55回と、センタープールのレースで最も伝統ある開催は3節連続Vを目指す1号艇伊藤宏のイン逃げを2コースから2号艇中岡正彦がスパッと差しきり、前節宮島ビクトリーチャンネル杯に続く今年7回目の優勝であります。通算ではV26となる中岡の次節は12日から得意水面の平和島で東京中日スポーツ杯

 優勝戦6号艇、大外から差すもコース遠く5着に敗れた柳瀬興志。優勝はなりませんでしたが阪神沿線のセンタープールで阪神ファンの3661さんは近況の好調そのままに優出を果たしました。新横断幕が登場予定の次節多摩川内外タイムス賞(10日から)で、残り4つに迫った通算500勝と3節連続優出なるかに注目です。以上でございます。

下関日本MB選手会会長杯優勝戦

 Over40限定だった今節の締めを飾る優勝戦は野中和夫日本MB選手会長も臨席し、新兵の落合敬一42歳が1号艇を獲得。そしてイン逃げを狙う落合は2コースの瀬尾達也46歳に舳先を入れられますが、2M気合いの全速つけまいで瀬尾を引き波にはめ単独先頭。通算35回目の優勝を飾りました。
桑原淳一50歳が34と凹んだ展開を突いて4カド捲り差し狙うも舟が浮いて流れた古場輝義46歳は3番手でしたが、2Mで落合のつけまいを貰って大きく流れた瀬尾を差して2着に上がってます。

徳山JLC杯競走優勝戦

 1号艇の格上山本浩次が捲らせず差されずのイン戦で堂々押し切り通算37回目の優勝。昨年6月の下関SGグランドチャンピオン決定戦以来久々の優勝でした。
2コース順走の2号艇秋山直之が2着で2連単は300円。シリーズリーダーだった秋山にゃんですが、準優前の一般戦8Rで振込詐欺(動画)の6着に敗れたことでミスター赤ヘルと枠が入れ替わったのでした。

桐生公営ジャアナル杯優勝戦

 W準優制を採用した今節は桐生競艇2006年度昼間開催第1弾。そんな公じゃ杯は1号艇の間嶋仁志がイン17トップスタートで速攻決め今年初・通算20回目の優勝
5カドから捲った原田秀弥が大外捲り差しの尾崎鉄也を2M差しで捌いて2ゲット。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
競艇電投会員即時募集中
既に会員の方はテレボート
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
勝ち組.net
アクセスランキング
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
おすすめバナー
バナソニック


人気ブログランキング【ブログの殿堂】

blogram投票ボタン

livedoor プロフィール
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ