ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

西村勝

指定席浴衣イベントもあった戸田ボート大賞は西村勝がV4。

ブログネタ
競艇 に参加中!
 今年は5日間開催で行われた戸田ボートコースのオール埼玉支部開催戸田ボート大賞サンケイスポーツ杯

 優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇西村勝(さいたま市)が12トップスタートの速攻でぶっちぎり、今年2回目・戸田11回目・通算37回目の優勝で6年連続優出中の戸田ボート大賞はV4。

 後続は3号艇後藤浩(東京在住埼玉支部)と4号艇桐生順平(戸田市)が握り合った結果、張られた桐生が振り込み失速。
 2番差しの5号艇平石和男(上尾市)が2番手につけますが、差し順走の2号艇中澤和志(宮城在住埼玉支部)が切り返して2Mを先行。
 平石は行かせて捌きますが、平石の内に6号艇中村裕将(東京在住埼玉支部)の小回りと後藤の差しが入り、HSでは2番手4艇ほぼ横並びに。
 そして2周1Mは最内の後藤が先行しますが、ここで果敢に握った平石が後藤と中村を一気に捲りきって抜け出し2着。
優勝の西村まちゃるはじめ内枠3選手2着の平石和男はじめ外枠3選手

 今日の戸田ボートレース場ではテレ玉バッハプラザボートリポーター西岡麻生が浴衣姿でMCを担当したサンスポ予想会が7Rバッハプラザ特別発売中に。
 続く8R発売中には原加央理大澤真菜の埼玉支部99期女子選手コンビが浴衣姿で優勝戦について語った指定席フロア内のイベントがありました。
サンスポ五日市記者による予想イベントかおりまなまいのトリプル浴衣祭り原加央理ん


平和島デイリースポーツサマーカップ優勝戦

 3号艇矢後剛がチルトを+3度に跳ね上げて124/563の進入になり、矢後が絞って行きますが13トップスタートの1号艇杉山貴博には届かず捲り差しにチェンジ。
 その杉山がイン速攻でぶっちぎり、「関東一のいい人は泣きを入れません、愚痴りません、文句を言いません。そして人気を裏切りません。」と待機行動中にお伝えされた清き男杉山貴博は平和島初・通算3回目の優勝
 後続は矢後の捲り差しを内でこらえきった2号艇田中豪(ベイパ)が2着、矢後が2M→2周1Mと外フルターン連発で3着。

 ちなみにベイ吉松永良一アナが金曜夜からtwitterを始めましたが、待機行動中に「理解不能の矢後ワールド、3度のパフォーマンスでいかせて欲しいどこまでも、まさにチルト3度なうとお伝えしておきます。(動画」と早速twitterネタを使ったとお伝えしておきます。

大村九州スポーツ杯お盆特選レース優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇飯山晃三(佐世保市)が大村初V狙って09トップスタートの速攻体勢も、11スタートの2号艇石橋道友(大村市)が差しきり、石橋道友は通算10回目・大村7回目の優勝でお盆開催連覇。
 飯山晃三は1Mつけまいから2M切り返してきた3号艇樋口亮(諫早市)に押っつけられ接触するも包みきり2着。

 さて、初日の予定だった11日が台風4号の影響で中止になったことで5日間開催から4日間開催になった大村お盆開催。ちなみに順延にならなかった理由は16日が次節蛭子能収杯真夏の女王決定戦(初日蛭子選考ドリーム戦のメンバーとイラストはこちら)の前検日だからです。
 また、今日は終戦記念日という事で正午から黙祷を行った他に、11R選抜A戦は5月にレース中の事故がもとで亡くなられた長崎支部79期3861岩永高弘選手の追悼レースとなり、締切後に岩永選手の優勝レース2002年2月大村一般競走のレース映像を流し、黙祷を行いました。

 ところで、今日はギターを弾きながら歌うTAK MATSUMOTOこと松本隆博(松本人志の兄)が来場しましたが、大村市長は作詞家松本隆(慶應出身)と同姓同名の松本崇(慶應出身)です。

鳴門渦王杯競走優勝戦

 うずうずわくわくBOATRACE鳴門のお盆開催は枠なり3vs3の進入からチルト0度の6号艇一宮稔弘が19トップスタートを決め、チルト-0.5度の5人を一気に捲りきった一宮は昨年の同レース以来となる通算26回目の優勝で渦王杯連覇。
 後続はイン戦踏ん張る1号艇佐々木和伸と外に持ち出し立て直した3号艇烏野賢太の師弟対決になり、BS一旦は佐々木が優位に立つも2M手前でウノケンが切り返し艇を伸ばし先行。
 佐々木は外全速で応戦もやや流れ、師弟対決はウノケンに軍配。

 ちなみに今年の阿波踊りは徳島市が12日〜15日、BR鳴門および漫画NARUTOとコラボした鳴門市が9日〜11日でしたが、この時期を斡旋辞退期間に入れる事の多いミスター阿波踊り烏野賢太が渦王杯に出場したのは2000年以降では2000年と2005年と2008年と今年の4回です。

江戸川競艇本場再開記念4日目は冠協賛競走8連発

 本日から冠協賛レースが始まった江戸川競艇再開記念レース4日目。本場入場者が多い日曜日という事で8つも組まれてました。ということで、今日は森泉アナが読んだ冠協賛コメントを紹介。
冠協賛レース募集詳細

 5R純心 誕生3周年記念では「スポンサーは純心君の父ちゃんでございます。コメントが届いております。「父ちゃんいみたいな男になれよ。純心。3歳の誕生日おめでとう。」では実況席からも「ハッピーバースデイ純心君。」」ちなみにここを勝った石渡鉄兵の娘さんも3歳だそうです。
娘さんは3歳の江戸川鉄兵

 6R肋骨にヒビがはいって完治しました記念では「スポンサーはpepeさまでございます。コメントが届いております。ゴールデンウィークに泥酔し、彼女のゆうこに介抱されました。とコメントを頂いております。今度はレースで酔っていただきたいものです。」ちなみにここを勝ったのは今シリーズとっても元気な大西源喜
 
 7Rダイキ建設設立5周年記念杯では「スポンサーは有限会社ダイキ建設様。コメントが届いております。大魔神の御利益を受け、不景気を吹っ飛ばせ!コメントを頂きました。」ちなみに5Rから7Rまで2連単1-2が3回続きました。
江戸川競艇場で再会する熱き人間たちのドラマ!

 8Rお帰り江戸川競艇記念では「スポンサーはマクールSNS協栄様でございます。コメントが届いております。東京の競艇ファンが待ちに待った江戸川の再開に愛を込めて。コメントを頂きました。江戸川競艇をこれからもよろしくお願いいたします。」ちなみにここを勝った宮内由紀英は勝利者インタビューで開口一番「ただいま。」と答えました。
やっさんより足が上と語ったユキチャン

 9Rゆたちん、デビューおめでとう記念では「スポンサーはマクールSNS協栄様でございます。コメントが届いております。104期でデビューした高木圭右選手へ。おめでとうの気持ちを込めて。コメントを頂きました。」ちなみにここを勝ったのは高木君が所属するBPクラブの先輩遠藤晃司でした。
沿道でインタビューを受けるBPクラブ遠藤晃司

 10R渡辺幹夫セカンドライフスタート記念では「スポンサーは渡辺幹夫セカンドライフスタート記念実行委員会の皆さんです。実行委員会の皆様よりコメントが届いております。地下足袋姿の似合っていたナベさん。公私にわたって時には口で、時には背中での指導ありがとうございました。今日は我々らしい形でのお礼の気持ちです。さあ一発ざぶーん!と、どかーん!と、第二の人生スタート切りましょう。

 11R明日への希望の虹記念では「スポンサーはむらお様です。コメントが届いております。全世界の人々の平等と幸福を祈っております。コメントを頂きました。むらお様ありがとうございます。」ちなみにここを勝った作間章は大西源喜のアドバイスを受けて足色が元気になったそうです。
源喜のアドバイスで元気になったマーサク選手

 12RマクールSNS旅うちコミュ2周年記念では「スポンサーはマクールSNS協栄様です。コメントが届いております。競艇場、オフ会でわいわい楽しく盛り上がりましょう。とのことです。どうぞこの12Rもお楽しみ下さい。」ちなみに今日はかつしかだいこんさん夫婦や、職場の同僚三国さん(仮名)や職場の元上司伊賀野幸男さん(仮名)や大和尊さん(仮名)と絡ませてもらいました。ありがとうございました。


 明日の予選最終日を前に得点率上位6選手の紹介です。

山本英志9.50 大西源喜&福島勇樹田中豪8.43 飯山泰8.29 山田竜一8.14

 尚、江戸川鉄兵は2日目7R選手責任転覆による減点がありながらも7.00の9位につけています。

戸田日本レジャーチャンネル杯優勝戦

 6号艇西島義則がインに入った6/12/345の進入から10スタートの1号艇・27歳の若さで今節選手代表を務めた向後龍一(埼玉90期4159)がデビュー初V目指して捲りに行くも、07トップスタートのペリカンさんが抵抗した分先頭に立てず。
 そして、6コースから捲り差しを決めた5号艇進藤侑(群馬92期4235)が先頭に立ち、師匠の江口晃生同様に水球選手から競艇選手の道を歩んだ進藤侑は10度目の優出で遂に初優勝
 後続は差した3号艇織田猛が2番手だったものの、2M差した向後が織田に並び、2周1Mで向後が織田に押っつけた展開を突いた2号艇加瀬智宏(群馬64期3414)がまとめて差しきり逆転。1周1Mキャビった智様は後方4.5番手から柔軟な旋回で一気に浮上し、2周2Mでは向後を行かせる交互旋回で捌き、3周1Mでは織田を行かせて捌き2着を守り群馬ワンツー完成。

 ちなみに、JLC番組「GOLDEN BOYS 2009#01」のキャッチアップGB尼崎編に登場した進藤侑は「しんどうたすく」と読みますが、同番組キャッチアップGB若松編に登場した房総レーサー若林将(わかばやししょう)のグループは「TASK」です。由来は、メンバー4人石渡鉄兵&作間章&若林将&足立かなえの名前の頭文字「Teppei Akira Sho Kanae」から来てます。

桐生さわやか杯優勝戦コカ・コーラ競走

 三国コカ・コーラボトリングのタイトル戦は枠なり3vs3の進入から07トップスタートの4号艇西川新太郎がスカッとさわやかに捲りを決め、通算V6となる優勝。ウイニングランではさわやかに立ち上がってのウイニングランを披露しました。
 人気の中心だった2号艇秋山直之(群馬)は西川に絞られた後に外へ持ち出し二段捲りに出て、捲り差した6号艇大久保信一郎との2番手争いに。そして2M外握った秋山にゃんは、ここは大久保を捲りきれず併走継続も、2周1M再び全速ぶん回して今度はスカッとさわやかに大久保を捲りきる事に成功して2着。
 ちなみに西川の前回Vは昨年4月のデイリースポーツ創刊60周年記念ささはら賞でしたが、この時も秋山にゃんが乗艇(5着)してました。

下関西スポ杯争奪戦優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇西村勝が押し切り、正月の戸田埼玉選手権・スポーツニッポン杯争奪戦以来となる今年2回目・通算34回目・下関2回目の優勝。1M→2Mと握って攻めた5号艇石田章央が2着。
 (^ε^)ノシちなみにまちゃるたんの次節はG1三国モーターボート大賞ですが、三国は2004年3月G1北陸艇王決戦以来久々の参戦になります。

常滑ウイニングロード争奪戦優勝戦

牛小屋@大森でボトルキープ中の白水 枠なり3vs3の進入から1号艇白水勝也が17トップスタートの速攻で押し切り、今年5回目・通算28回目の優勝で初日8R6号艇2着以外全て1着の準完全V。我勝手隊の我らが白水がV5により来春の平和島SG総理大臣杯出場濃厚になったので嬉しいですね。

 後続は差し順走の2号艇平石和男が2番手、つけ回った3号艇今泉和則(愛知)が3番手でしたが、2周1M差した今泉がBSで伸びて追いつき両者同体に。2周2M先行した今泉に対し平石が差し返して食らいつきますが、3周1M今泉が外全速で平石を捲りきって逆転2着。

芦屋競艇マクール杯争奪戦優勝戦

 スタート展示の123465から本番、3号艇東健介がピット遅れた124/635の進入になり、2号艇瀬尾達也が10トップスタートで競艇マクールを決めた展開を突いて差した4号艇山口高志(佐賀92期4222)がデビュー初V目指して先頭に。
 しかし2M、内突っ込んできた健介を包んだ山口高志はターン膨れ、差した瀬尾が逆転し、今年2回目・通算48回目の優勝

【丸亀に丸岡城建立】白い力もちマルちゃん、遂にSG初V達成!

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 来年度から始まるナイター開催の名称がブルーナイターに決定した丸亀競艇のSG全日本選手権。スペシャルゲスト和田アキ子(本名:飯塚現子)からの花束贈呈という特典があった優勝戦はG1V2もSG初優出の6号艇木村光宏(香川)が動いて16/2/345の進入に。そしてSG初優出にして記念初Vを狙う1号艇丸岡正典(豊中市出身奈良県在住)がプレッシャーに押しつぶされず14トップスタートを決め1M速攻体勢。
 ですが、4カド15スタートから伸びてきた3号艇瓜生正義(筑豊飯塚ブラックダイヤモンズ)の捲り差しがマルちゃんに届き、2Mを先行。しかしここでマルちゃん渾身の差しが入りほとんど同体。舳先を掛けて2周1M内有利に先行するマルちゃんに対しウリ坊は全速戦で応戦し食らいつき、2周2Mも同じく全速戦のウリ坊に対しマルちゃんは内で踏ん張り、3周1Mもウリ坊は全速戦で挑んで接戦変わらず。そして最後の3周2Mでウリ坊は差しに切り替え届きかけますが抜ききるまでには至らず、0.2秒差でマルちゃんが粘りきり、今年5回目・通算22回目にして悲願のSG初優勝動画)。大阪市出身のゴッド姉ちゃんから祝福を受け、水神祭も行われました。

 今年は1月の福岡釣船茶屋ざうお杯で完全Vを達成して博多ん大将丸ちゃんになったり、7月の真夏の王者決定戦では今年2度目の完全Vを達成して真夏の王者になったりと順風満帆でしたが、SG初制覇に至るまでには山あり谷ありラジバンダリ。
 2005年の桐生G1赤城雷神杯では写真判定の結果2着に敗れたり、2007年には同じく海無し桐生のSGオーシャンカップでは予選1位も準優Fで記念戦線から遠ざかったりと勝負弱い部分があり、今年も7月の海の日記念戸田埼玉新聞社杯で優出1号艇4着に敗れたり、丸岡正典なにわ賞直前インタビューも掲載された8月の住之江スポニチ創刊60周年記念なにわ賞では優出1号艇も同期連番の尼崎競艇ダービー杯王85期4043桐本康臣相手に3着敗退したりと、2度の完全Vがありながらも勝負弱い部分をみせてましたが、今日の大一番ではスタートきっちり踏み込んだりアグレッシブでエキサイティングな攻防戦が相次ぎました道中戦を粘りきったりと、うどんの国丸亀で遂にマルちゃんが出来上がりました。

 丸亀正典を襲名する場面もあったりした表彰式インタビュー(動画)では「こっからだと思うんで。丸岡正典こっからなんで。賞金王もですけど、毎年SG獲れるような選手になります。賞金王行ってみたかったんで、嬉しいです。」と語り、SG制覇により夢に見た地元住之江のSG賞金王決定戦出場権を当確にした喜びと、SG1個だけでは満足しない気合いが伝わってきまして、過去全日本選手権のみという選手も多い中、一発屋で終わらせない頼もしさを感じさせてくれます。ちなみに、マルちゃん優勝に大喜び小林亜里紗アナのblogリポーター小林亜里紗no☆arinkoテケテケ日記☆こちらこちらで紹介されてますマルちゃんパパは現地に行ってまして「とても見られる状態じゃなかったんで、レース中は耳をふさいで目をつむっていました。ゴールした時に目を開けたら3が前に見えたんで、負けたな…と思いましたよ。」と、レース中気が気でなかったそう。そしてレース後大阪に帰郷したマルちゃんパパはたっぷり勝利の美酒に浸りましたようです。
2007年G1江戸川大賞時のマルちゃん

 そんな今日は江戸川競艇場に行ってきました。昼間開催SG最終日でしかも祝日とあって5月以降の江戸川では一番混んでた感じです。イベントも行われてまして、「選手vsお客様ガチンコ対決イベント」として自転車ゲーム対決(ダウンヒルバイカーズ)、ハヤシライス早食い対決、エアロバイクを使った素人脚自慢スピード対決が行われましたが、寝坊した自分が見られたのは最後の脚自慢対決のみ。
 選手からは尾形栄治吉田宗弘石井裕美の3人が参加してましたが、このうち葛西から小岩方面に飲みに行く際自転車で移動するという尾形栄治が圧倒的な脚力で優勝したのに対し、最近落車して自転車恐怖症の吉田宗弘は一般客も含めた最下位になってしまいました。ですが、景品を余分に持参していた吉田宗弘はゲーム終了後にじゃんけん大会を行うという大盤振る舞いを見せてくれました。
 その後は氷雨でお馴染み日野美歌の歌謡ショー(撮影禁止)があり、氷雨の他に2曲歌ってました。氷雨どころか秋晴れの今日でしたが、氷雨は江戸川の客層とぴったり合致して多くのリスナーが集まってました。ちなみに、江戸川場内大屋根スタンドの大型ビジョンで見た全日本選手権優勝戦は原原土器土器でマルちゃんがゴールした瞬間ピークに達したのですが、大きく離れた3着に6号艇木村光宏ではなく4号艇石田政吾が入ってしまった時、一気にドッキドキが収まってしまいました。6の3着はあっても4の3着は無いということです。
選手vsお客様ガチンコ対決イベント


桐生G3企業杯サッポロビールカップ争奪戦競走優勝戦

 サッポロビールの企業杯は枠なり3vs3の進入から1号艇西村勝が13トップスタートの速攻で圧勝して今年2回目・通算32回目の優勝。後続は差した4号艇吉田俊彦が、1M捲り差し不発から2M切り返してきた3号艇齋藤勇を行かせて捌き、2周1Mでまた切り返してきた勇を再度行かせて捌きつつ、5号艇今村暢孝の突っ込みも包みきって2着。
 さて、まちゃるたんは3日目7Rで6号艇2コースから顔面蒼白ブルーナイターな48スタートをやらかし5着に敗れた以外は全て1着の快進撃。「サッポロビール最高。」の一言で締めてくれた表彰式中継によると賞金200万円の他にドラフトワン(その他の醸造酒(発泡性))1年分を獲得しましたが、新ジャンルはいらないとばかりに「サッポロビール、副賞で貰えるんですよね?」とアピール。ビール杯優勝者だけあってビールの味にもこだわるまちゃるたんです。ちなみに新ジャンルのパイオニア・ドラフトワンの初代CMキャラクターは吉田俊彦もとい吉田秀彦です。
キリンビール売りだった時のまちゃる一家


常滑ゴールデンレース優勝戦

 江戸川代替のゴールデンレースということで、もちろん江戸川競艇場で6日間場外発売されたシリーズの頂点を争う一戦は2号艇平石和男(2003年G1江戸川モーターボート大賞初日ゴールデンレーサー賞乗艇選手)の起こし位置がやや深めな枠なり3vs3の並びから3号艇徳増秀樹(静岡)が12トップスタートを放ち仕掛けますが、18スタートの1号艇大場敏が秀樹を受け止め1Mを先行、「残ったぁ〜リードは2艇身(動画)。」となりましたが、やや流れた分HS締め切れなかった大場に対し平石の差しが届き、舳先をねじ込んだ平石が大場を振り解いて2Mを先行。しかし、「アウトを全速フルプレーから3号艇徳増!」と秀樹の熱い全速旋回が平石に届いてHS急接近。ですが、内の利で2周1Mを先行したゴールデンレーサー平石が秀樹を振りきり通算36回目の優勝

 さて、三国コカ・コーラのお膝元桶川市のお隣上尾市に住むドリームハウス平石の今後ですが、三国G1北陸艇王決戦を挟みまして戸田オール女子戦サッポロビールカップ最終日の10月26日に戸田競艇場でサッポロビールを販売します。戸田が江戸川より優れている部分のひとつが、アサヒオンリーの江戸川に対して戸田はサッポロも販売してるということです。ちなみに今夜のサッポロビールカップを制したまちゃるたんは若松Citta Cupに出場するためビール売りには参加しません。

蒲郡菊花ナイト特別優勝戦

 今節オール6コースでオールチルト+3度の4号艇滝沢芳行(2001年常滑SG全日本選手権優勝者)に対し、6号艇松浦博人がマーク策に出て並びは123/546。
 そしてスリットは1号艇星野政彦が05トップスタート踏み込み、2号艇天野晶夫のつけまいを寄せ付けない速攻戦で先頭独走。「引いた瞬間、「やっても〜た〜。」とオーシャンで苦しんだ同じモーター。しかし今回はきっちり仕上げて他の戦う相手にやっかいな仕上げにも対応。熱い壁を築いてゆきました。兵庫支部元祖星の王子様が闇夜にまたシリーズの頂点にきらめきます。あ〜最高やでぇ!星野政彦鮮やかなイン速攻でした!(動画」ということで7月のSGオーシャンカップと同じ20号機(2連対率23.1%)を引いてしまい、心が青息吐息のブルーナイターになってしまうも今回は仕上げきって今年3回目・通算51回目の優勝。2006年9月の大村G1海の王者決定戦で記念初Vを果たした秋男の星野が今年も菊花の季節に優勝です。
 後続は天野あきおがつけ回って、3号艇平本真之も5号艇岡祐臣のカド戦に抵抗してのまくり戦。懐がら空きの所にタッキーの差しが飛び込みまして2番手に。ですが、2番差しの松浦ありゃりゃと伸びて2Mを先行。タッキーは行かせて捌きますが天野あきおの2番差しが鋭く、2艇まとめて差しきった天野あきおが2周1M切り返してきた松浦を包みつつタッキーの差し返しも振りきって2着に入り、ほしのとあきおのワンツー。

鳴門サントリーモルツカップ競走優勝戦

 昼のビール杯サントリーモルツカップは枠なり3vs3から3号艇谷勝幸が09トップスタートを決めて捲りに行くも1号艇志道吉和が受け止めきって不発。しかし、逃げ込み態勢の志道に対し2号艇角谷健吾Tokyo bay pirates)の差しが入り、2M外握り込む志道を振りきったベイパのケンゴが昨年大晦日平和島日本モーターボート選手会会長賞以来となる通算32回目の優勝。2M全速戦も流れた志道ですが、2周1Mで谷を行かせて捌ききって2着を守りました。
 ちなみにサントリーホールは東京都港区赤坂にありますが、ビール色の5号艇で優出した赤坂俊輔は5コースからの差し届かず4着でした。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
競艇電投会員即時募集中
既に会員の方はテレボート
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
勝ち組.net
アクセスランキング
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
おすすめバナー
バナソニック


blogram投票ボタン

livedoor プロフィール
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ