ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

西島義則

G1江戸川大賞初日は西島義則通算2000勝

 今日から始まった開設57周年記念G1江戸川大賞特設サイト)は2007年の52周年以来の江戸川出場予定ながら初日ドリームレーサー賞1号艇の予定だった瓜生正義を筆頭に、今月24日の徳山デイリースポーツ杯争奪クラウンダービーで優勝した徳山クラウンダービー王古賀繁輝と、その徳山クラウンダービーで5日目10R準優勝戦を負傷欠場した西山貴浩が欠場して、江戸川常連選手の岡山支部岡瀬正人が追配され、更に勝野竜司が前検日に欠場となり、当初より3人少ない状態で開幕しました。

 そんな江戸川大賞ですが、11Rで1号艇の福岡在住広島支部49期3024西島義則がイン戦を決めて通算2000勝を達成。
 ペリカンは1981年の初出走から2連勝の華々しいデビューを飾り、1982年7月に津で初優出、1984年11月に住之江で初優勝、2000年には年間SGV3など、SGV7を含む78回の優勝という輝かしい実績を残してます。

 ちなみにペリカンの前回当地は今年1月の夕刊フジ杯(全レース枠なり)ですが、その前は8項休み直前だった2002年11月の日本財団会長杯で、その前は1997年2月の一般競走と江戸川を走る機会は少なかっただけに、2000勝を江戸川で達成したのは意外に感じました。
ペリカン2000勝記念勝利者インタビュー


 今節の選手紹介で一番面白いと思ったのは娘の希海さんが劇団四季ミュージカル「サウンド・オブ・ミュージック」福岡キャナルシティ劇場公演に出演してる事を効果的に宣伝した江夏満ですが、2R1号艇でイン戦1着になった後の勝利者インタビューでもミュージカルをPRしました。

 ちなみに江戸川場内ではサウンド・オブ・ミュージックの映画看板が掲示されてます。
サウンド・オブ・ミュージックをPRする江夏満サウンド・オブ・ミュージックを再度PRする江夏満サウンド・オブ・ミュージックの映画看板


 さて、初日メインのダブルドリーム第1弾ドリームレーサー賞は1号艇に繰り上がった1号艇田村隆信が押し切り1着。

 後続は目を離せぬ攻防が相次いだ大激戦になり、当初は差し順走の2号艇中野次郎と捲り差した3号艇菊地孝平で接戦も、捲り差し不発から内に切り返した4号艇飯山泰が2Mを先行。
 これがうまくいって飯山やすしが2番手争いでやや優位に立ち、菊地孝平が6号艇重野哲之(予備繰り上がり)を行かせての2番差しで迫り、中野次郎の先差しは届かずやや劣勢に。
 2周1Mは飯山やすしが先行しますが菊地孝平が内から合わせきってBSほとんど同体になり、2周2Mも併走で回りますが、外握った飯山やすしがHSの伸びで勝って2着。
ドリームレーサー賞出場選手インタビュー


 尚、初日は8Rでドリメンの4号艇中野次郎がアジャスト間に合わずに+03のフライングで江戸川通算4本目の返還欠場。

 また、10Rでは2番手争いをしてた6号艇桐生順平が先行する1号艇松本勝也と内を突く3号艇平本真之の間を割ろうとしてターンマークにぶつかり、桐生は江戸川通算3本目の選手責任転覆で、桐生と接触した平本はエンスト失格。
 そして、この事故で桐生順平は負傷帰郷しました。

宮島G3企業杯フマキラーカップ優勝戦

 フマキラーの企業杯は162/345の進入から2号艇渡邉英児が捲りを決め、その展開に乗って捲り差した3号艇林美憲が先頭突き抜け宮島2回目・通算47回目の優勝
 レースを作ったえいじは2番手を航走し、1M差しから2M押っつけてきた5号艇大澤大夢を行かせて捌き2着。

唐津か・らっキーカップ優勝戦

 123/465の進入から1号艇大平誉史明が10トップスタートの速攻を決め、今年2回目・通算33回目の優勝
 外握ってつけ回った3号艇森定晃史が2着。

桐生東京中日スポーツ杯G3新鋭リーグ戦第13戦優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇河合佑樹(静岡102期4494)が押し切り、今年2回目・桐生初・通算2回目の優勝

 後続は5号艇森野正弘(山口106期4601)が3号艇磯部誠(愛知105期4586)を叩いての差しで2番手も2Mでターンがもたついてしまい、1M捲り差しから2M差してきた4号艇篠崎仁志(福岡101期4477)と1Mつけまいから2M外全速握った2号艇西村拓也(大阪98期4397)に捕まって4番手に後退し、2番手争いは2艇の接戦に。
 しかし、1M後方では磯部が森野に捲られてバランスを崩した際に6号艇藤田靖弘(静岡98期4376)と接触して藤田が落水を喫しており、2周1Mが実質最後の勝負所に。
 そして、この2周1Mの2着争いを制したのは西村で、HS外から伸びて最内の篠崎を抑えきって2周1Mを先行しました。 


 さて、桐生順平を江戸川G1に取られてしまった事でちょっと主力が貧弱になってしまった桐生新鋭リーグ。
 G2以上の斡旋メンバーはG3以下の斡旋よりも早い時期に確定するので、新鋭リーグはそれ以外の選手から斡旋を選ばなくてはならないのです。

 ちなみに初日の桐生ドリーム戦は以下のメンバーでした。
1:茅原悠紀 2:西村拓也 3:沢田昭宏 4:鶴本崇文 5:和田兼輔 6:青木玄太

 もし桐生順平がいたら外枠4人の誰かと入れ替わったでしょうね。
 それにしても今年の江戸川大賞は桐生を筆頭に呼ばなくてもいい選手を呼んで多数の欠場者が出てしまいましたが、それによって地元選手や江戸川巧者の斡旋が減らされるのだから、江戸川大賞は水面の特殊性を考えてもっと地元選手を増やした方がいいと思いますね。
 ちなみに桐生順平は今日の責任事故で9月に徳山で開催されるG1新鋭王座決定戦の出場権を事故率規定0.40をオーバーしてしまった為に失いましたが、もともと事故率ギリギリだったので仮に桐生新鋭リーグに呼ばれてても事故った可能性があるので、これに関してはしょうがないですね。

徳山G1競艇名人戦は西島義則+枝尾賢デビュー初優勝

ブログネタ
競艇 に参加中!
徳山名人戦のぼり 広島県出身で現阪神タイガースの金本知憲42歳が今日の横浜ベイスターズ戦(横浜スタジアム)でスタメンを外れ、1999年7月21日からの連続試合全イニング出場が1492試合でストップした今日、広島の隣県山口県は周南市の徳山競艇場では48歳以上限定のボートレースマスターズG1競艇名人戦が最終日。

 イメージビジュアルトリオが内枠を独占した優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇・山口県が生んだ艇界のプリンス今村豊(真ん中)が15トップスタートも、
 「スタートは誰もついてこなかったから全速じゃなかった。水面が良すぎてかかり過ぎてしまいハンドルを切り直した。
 ということで2コースから5コースまでスタートが遅かった事でアジャストスタートだったというプリンスはターンにも切れが無く、30と一番遅いスタートも伸び返した2号艇・広島の西島義則(左側)がえぐいターンでプリンスを差しきり、前走地鳴門デイリースポーツ杯競走に続く今年3回目・通算74回目にして2007年3月G1戸田グランプリ以来となる23回目の記念優勝
 プリンスは4号艇川名稔の差しと6号艇篠原俊夫の捲り差しに迫られますが、2Mで2艇を差しきり2着。

 徳山HPの表彰式ライブラリで見られる表彰式ではマンスリーKYOTEI直前激白同様真剣な表情で重みのあるコメントを残したペリカンさんですが、オーガスタマスターズのラウンドレポートから帰ってきた芹澤信雄(芹澤名人の弟)からボートレースマスターズジャケットに加え、オーガスタ土産のマスターズキャップも贈呈された場面ではニコニコでした。

鳴門大型映像導入6周年記念競走優勝戦

 1246/35の進入から1号艇枝尾賢(福岡89期4148)が08トップスタートの速攻で押し切り、31度目の優出にして遂にデビュー初優勝
 大外から捲り差した5号艇松下一也が2M全速戦で2着を取り切りました。

 森永LOVEな枝尾賢は昨年7月の尼崎WEB競艇TV杯4日目12R準優勝戦で落水、骨折で長期の欠場を余儀なくされましたが今年2月2日の児島テレボートカップで無事復帰。
 そして復帰後の初優出が今回のデビュー初優勝でした。
090725尼崎競艇準優12R・消波装置激突


福岡公営レーシングプレス杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇郷原章平(福岡)がかかってきなさいとばかりに度胸の01タッチスタート見せた剛腕速攻ゴウハラマジックで他を圧倒し、未来の福岡支部トップレーサーは昨年10月の前回当地日本財団会長杯争奪戦以来となる福岡4回目・通算9回目の優勝
 後続は捲り差した5号艇野添貴裕が内の4号艇烏野賢太を2M行かせて捌き2着。

多摩川日本財団会長賞優勝戦

 5号艇上瀧和則が動いた152/346の進入から2号艇一瀬明(ベイパシーズン1)が09トップスタートを決めて捲りきるものの突き抜けるまでには至らず、内伸び返した1号艇仲口博崇(愛知69期3554)が内から押っつけ体勢。
 一瀬はヒロタカマンを包みきり、包まれたヒロタカマンは振り込んで最後方に下がったものの一瀬は流れてしまい、1M捲り差し3番手から2M差した6号艇山本浩次(岡山69期3558)が逆転先頭に立ち、ピーコ山本浩次は多摩川2回目・通算50回目の優勝
 2M流れた一瀬は2周1Mで3号艇間嶋仁志と4号艇中里英夫を差しきり2着。
2M展開突いて優勝したピーコ山本浩次


常滑中京スポーツ杯争奪全日本ファイターキング決定戦優勝戦

 4日制3個準優という短期集中で争ったファイターキング決定戦は枠なり3vs3の進入からつけまい決めた3号艇鈴木唯由が4号艇三嶌誠司(元愛知県民)の捲り差しを振り切って、2月江戸川関東日刊紙競艇記者クラブ杯に続く今年2回目・通算26回目の優勝で2010年度全日本ファイターキングに決定。
 3月江戸川日本財団会長杯に続く今年2回目のVを狙った三嶌誠司は惜しくも2着でしたが、6月のG3企業杯中日カップで今回の借りを返しに再びとこなめ参戦です。

三国うづき第1戦優勝戦

 5号艇高橋勲が回り込んだ1523/46の進入から1号艇鳥飼眞が16トップスタートを決めるも艇が浮き、差しきった高橋勲が自身のピークだった2007年10月平和島SG全日本選手権の栄光(動画)から約2年半、ゴールラインを突き抜けた高橋勲は長かった谷を脱して通算47回目の優勝。鳥飼は2着でした。

徳山名人戦イメージモデルの西島義則が前年名人戦の地鳴門でV。

ブログネタ
競艇 に参加中!
幾多の名勝負を魅せたあの頃の輝き、再燐。 来週火曜日から始まるG1競艇名人戦を前に、昨日は都築あこによる媒体訪問も行われましたが、開催場の徳山では緑のレーシングスーツを着た物憂げなイケメンレーサーが目を惹く特設サイトを開設中。
 特設サイトではアニメ絵の美男美女トリオをフィーチャーした漫画&小説「LEGEND-マンガ今村豊物語&小説西島・日高物語-」が11日に公開予定です。

 
 ということで名人戦特別企画LEGENDの公開が待ち遠しいわけですが、ポケットに手を入れる物憂げなイケメンのモデルになった名人戦初出場の西島義則前年の競艇名人戦開催地鳴門で開催中のデイリースポーツ杯競走に出場中。
 今節のペリカンさんは初日5R2号艇で123/546の2コースから24スタートで、19トップスタートの1号艇上田隆章相手に強つけまい敢行も、上田に激しく抵抗(不良航法適用)されて対岸の消波装置に乗り上げてしまいエンスト失格(動画)。
 救助艇改めレスキュー助艇に回収されたペリカンさんは0点からの発進になってしまいました。

 しかしその後は7戦6勝3着1本と素晴らしい成績で初戦失格の分を取り返し、準優1号艇トリオの中から唯一優出を決め、優勝戦1号艇に。
 そして、124/356のインからペリカンさんは06トップスタートの速攻インモンキーでぶっちぎり、1.44.8の好タイムで先月8日の倉田栄一杯争奪安濃津賞(完全V)に続く今年2回目・通算73回目の優勝。つけ回った2号艇榮田将彦が2着。

 そんなわけで、最高潮のリズムで競艇名人戦に臨めそうなペリカンさんですが、今夜発売された東京スポーツのインタビュー「昭和残強伝(上)」に登場。
 「名前は言えないけど、ただインを取るだけの頭の悪い人もいる。それはプロとは言えない。進入で見せ場を作れば6着でもいい、なんて考えるファンはおらんでしょ。
 と、イン取りは勝つための手段であって安物の目的ではないことを強調。他にも重みのある発言がたくさん掲載されてました。
 ちなみに明日の東スポには昭和残強伝(中)が掲載される予定で、ペリカンさんの同期・インにこだわり勝ちにこだわるヒゲダンディ大嶋一也が登場します。
【競艇】山口剛の優勝で見たくなったよね!!西島のあのレース

SGV7西島義則が津競艇で完全V達成+13日からTSUGPファイナル

ブログネタ
競艇 に参加中!
 三重支部を支えた競艇の神様倉田栄一元選手の功績(記念V35通算1着本数3088)を称えた津競艇のOver40開催倉田栄一杯争奪安濃津賞

 今節は2000年に年間SG3連覇を達成するなど、記念V22の西島義則48歳が節間8戦全勝の圧倒的な成績を残し完全Vに王手。
 そして優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇のJPエクスプレスペリカンさんが華麗なペリカンモンキーの弧を描いて押し切り、通算72回目の優勝は1997年4月丸亀城築城400年記念競走以来となる完全V。
 後続は捲り差す4号艇丸尾義孝41歳と差す3号艇岡本慎治46歳で接戦になるも、2M若さにものを言わせた丸尾君が外全速フルターンでオカモトを捲りきり、ズバリ!徳島の委員長丸尾君が2着でしょう。


 ここからは13日から始まる津競艇次節津グランプリファイナル戦津商工会議所杯争奪津市長賞を紹介。
 TSUグランプリの最終章となるTSUグランプリファイナルは既にドリーム戦のメンバーが発表されてまして、枠番は以下の通りです。

1:丸岡正典 2:勝野竜司 3:上平真二 4:樋口亮 5:熊谷直樹 6:馬場貴也

 また、TSUグランプリファイナルでは安濃津賞の全選手よりも若いU-40の青年支部長対決があり、津行ったーもといツイッターを始めた新井亨群馬支部長をカリスマブロガー矢橋成介三重支部長が迎え撃ちます。

【ペリカン便延発】西島義則完全復活の狼煙をあげた戸田グランプリ

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 北西追い風8mの水面上はまさに興奮のるつぼ、私たちの心にも安定板が欲しい安定板着用レース、冠協賛オーナーの愛猫生誕17周年記念にして戸田競艇開設50周年記念G1戸田グランプリ優勝戦峯ドーム17歳記念は1625/34の進入となり、前付け2コースの西島義則が32と凹み、3コース24の中里英夫がつけまい攻撃。これにイン20トップスタートの吉川元浩が飛び付き、そこを待ってましたとばかりにイン変わり気味の小回り差しを見せたペリカンさんがゲンコーさんを差しきり先頭。2Mゲンコーさんの差し返しを振り切ったペリカンさんが通算66回目の優勝
 先月のバレンタインに行われた当地前回ケーブルネット埼玉杯優出1号艇2着の借りを返すと共に、これでSGV7を含む記念V22となったペリカンさんは2002年5月尼崎SG笹川賞以来の記念優勝で、同年3月三国G1北陸艇王決戦以来のG1優勝。つまり、悪夢の宮島SGグランドチャンピオン決定戦優勝戦フライング以降初めての記念優勝なのです。事故点過多によるB2落ちと事故点1.00突破による魔の8項で半年の斡旋停止処分で記念戦線から消え、A1復帰後も優出すれど優勝できない状態が続きまして約5年の回り道でした。
 後続ですが、ペリカンさんに差されたゲンコーさんは大外差しから3番手の飯島昌弘にも詰め寄られますが、2周1M飯島を差して2周2Mで突き放し2番手の座を固めたところでペリカンさんを追いかけますが届かず2着でした。昨年3月の三国G1北陸艇王決戦に続いて今年も2コース差しにやられての優勝戦1号艇2着でした。

 ベースボールキャップを被って登場した表彰式では「関係者や整備士がレースに集中しやすい環境を提供してくれるので戸田は好き」と、かつての苦手意識を完全に払拭した発言や久々の記念優勝に「勝てそうなときに勝てなくて勝てなさそうな時に勝てるもんですね」と緑色で気負わなかった事を勝因に挙げたペリカンさんは表彰式の最後に元中日正捕手で現横浜ベイスターズファーム湘南シーレックスバッテリーコーチ中村武志から贈られたベースボールキャップを紹介しました。
750万円のおふだを持つペリカンさん優勝カップを持つペリカンさん今日が誕生日だった智ちゃんの敗因はこの誤植?

 今日は昨日同様江戸川競艇場でポイント加算と10R特別選抜B戦智ちゃんお誕生日おめでとう!の前売を買ってから智ちゃん生誕記念レースの発走時間に戸田競艇場へ。表彰式終了後にmixi仲間のちるとれーどさんと会った縁で村さ来戸田公園店にてマイミクシィだけど飲んだ事なかった江戸川区民のR/callさん、初対面の悪代官さんにゆたさんに、山崎義明ファンの方2名と一席しましたのです。

三国G1北陸艇王決戦優勝戦

 昨年11月のG1三国モーターボート大賞に正月の初夢賞と、三国では水を得た魚となる1号艇魚谷智之がインから逃げの態勢を作りきって三国三連続優勝。通算では39回目にして記念はV6です。
後続は2コース順走の艇王植木通彦が4コース差しから2M先マイの今坂勝広を2M行かせて捌ききり2着。

 さて、自分にとっての3月三国注目開催やよい第2戦は29日から年度またぎで4月2日まで。三国のスーパースター今垣光太郎を始め、山室展弘さんに戸田グランプリ優出の中里英夫、それに山崎義明、矢後剛白井英治新美恵一深井利寿岡部大輔鎌田義松本勝也とA1レーサーが目白押しな上に地元からは7点B級の齊藤寛人が登場。こんな豪華メンバーの中から誰がおはよう特賞に乗るかと思うとわくわくしてきます。ガキさんが初日おはよう特賞に乗ったらもう狂喜乱舞ですね。

 ここで悲しい追記。山ちゃんさんのコメントで知ったのですが、この開催はやよい第2戦ではなく坂井市制1周年記念競走とのこと。タイトル戦と知ったとたん萎え萎えで興味九割九分九厘減です。関心はガキさんがおは特に乗艇するかということと、誰が優勝するかくらいになっちゃいました。ということで三国今月最注目開催は23日からのやよい第1戦です。主な出場選手は東都の人気者中野次郎を筆頭に、群馬の貴公子加瀬智宏、王者岩井繁、怪物くん太田雅美、それにクマ王者久間繁といったあたりです。

浜名湖富士テレネットスプリングアタック優勝戦

 テレビ静岡の番組製作を中心にイベントプロデュース等も企画する富士テレネットのタイトル戦最終日は終日2周戦、優勝戦は北西追い風8m波高6cmのコンディションで行われ、島川光男の4カド捲りを飛ばした1号艇太田和美に、ミツオの捲りに乗って5コース捲り差しの横西奏恵、大外差しの佐藤勝生、更に2コース小回りの新井敏司で4艇接戦となり、2Mは佐藤、新井、横ちん、和美ちゃんの順で回ります。そしてHS最内主導権を握った横ちんが2周1Mを先制して今年3回目、通算23回目の優勝。昨年3月にG1企業杯JAL女子王座決定戦を制した地で今年は男子A級を打ち負かす女傑ぶりを見せつけました。2着には2周1M新井名人を捲って横ちんをぶっさそうとした佐藤が入ってます。

下関優勝戦

 大外から捲り差したウルトラマン川上剛が通算4回目の優勝。川上に差されたインの徳増秀樹は2番手航走も、4カド捲り差しで3番手航走だったナニワの鮎濱崎誠に2M飛ばされる格好で傷だらけの秀樹は3番手後退。2Mで2号艇山下和彦の突進をもらった濱崎でしたが徳増が絶好の壁になった形で立て直して2着です。

唐津優勝戦

 3号艇鈴木幸夫を入れる形で楽な起こしの3コース発進となった2号艇吉岡政浩がF1先行捲りを決めて唐津2回目、通算13回目の優勝
 捲られてイン戦失敗の5番手も、2M差しで3艇による2着争いに加わった1号艇田中伸二が2周BS伸び二勝って他2艇をリードし、2周2M先制で2着に入った結果広島ワンツーとなりました。

 ところで、このレースの2連単は2-1。この日の唐津は1と2の頭が6本ずつで見事な白黒祭りでした(結果一覧)。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
競艇電投会員即時募集中
既に会員の方はテレボート
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
勝ち組.net
アクセスランキング
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
おすすめバナー
バナソニック


blogram投票ボタン

livedoor プロフィール
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ