ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

若林将

BP習志野開設4周年記念最終日にBP習志野で若林兄弟を見ました

ブログネタ
競艇 に参加中!
 今日は江戸川ボートピア習志野開設4周年記念最終日ということでボートピア習志野に行ってきました。

 まずはBP習志野開設4周年記念競走の紹介からで、セミファイナルの11R選抜戦で内枠トリオの1号艇谷野錬志(+03)と2号艇北川敏弘(+01)と3号艇加藤高史(+03)が揃ってフライングに。

 ということで集団Fの直後に迎えた優勝戦でしたが、1号艇鎌田義(兵庫)が06トップスタート、F2持ちの2号艇金子龍介(兵庫)も11スタート、3号艇濱崎直矢が09スタートと内枠トリオがびしっとスタート決め、1M速攻のカマギーが濱崎の捲り差しと金龍の差しをBS締めて振り切り、機力差をスタート力と攻撃力で補った江戸川巧者カマギーは今年も江戸川もV6・通算38回目の優勝
 金龍は2番差しの4号艇占部彰二を2M行かせて捌き、兵庫ワンツー完成の2着。
カマギーのスタンディングウイニングラン


BP習志野SG開催地メニューソースカツ丼 ここからはBP習志野での話。SGご当地メニューでソースカツ丼500円を提供してたBP習志野は土曜日の記事で書いたとおり若林将のトークショーと107期東京支部新人選手紹介がありました。

 船橋オートからのはしごだった自分が見たのは若林ショーの2回目からで、競艇大學の2918若杉匡宏元選手と共演。若林将デビュー直後の2005年8月(桐生デイリースポーツ杯)に同じレースを走った思い出を語り、スタート力のある選手だなとという第一印象を振り返ってました。
 スタートについては若林将本人も相当意識していて、F持ちを気にせずスタートばしばし踏み込むという意気込みがありました。

 ちなみに江戸川お盆開催大江戸賞をトップスタート決めてのカド捲りで制してデビュー初Vを飾り、まさに江戸川を代表する新鋭選手になった若林将は15日から始まるG1江戸川大賞で選手宣誓を担当します。
若林ショー若林ショーの抽選会

 次に、107期東京支部新人選手紹介は以下の6人が出演。

4613竹内吉弘・4615板倉敦史・4617若林友・4619伏田裕隆・4627藤原菜希・4641磯村匠

 36歳の新人竹内吉弘がバイクレーサー、正拳突きを披露した藤原菜希が空手家からの転身というのは以前にも紹介しましたが、今日の選手紹介で新たに知ったのは板倉敦史が自動車整備工からの転身で伏田裕隆が体育教師からの転身だったということです。
 また、選手紹介には若林将も出演して、兄の若林友とステージで共演。若林将は新人選手たちに握って握ってのスタイルの方が先々育つというアドバイスを贈ってました。

 ちなみに今日の司会はJLCニュースワイドBOATRACE EXのお天気キャスターにして戸田序盤レースの実況を担当する田島美生アナで、生の田島さんを初めて見られたのが個人的にすごく嬉しかったです。
107期新人選手紹介ナッキーの正拳突き


桐生SG全日本選手権優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇魚谷智之が2号艇寺田祥の差しと3号艇松井繁の捲り差しを振り切って先行するも懐が開き、4号艇瓜生正義の差しと5号艇森高一真の捲り差しが入って白魚は3番手。
 そして2Mを先行したドラウリュウが渡良瀬橋森高の差しを振り切り、ドラウリュウはSGV3となる通算42回目・今年5回目の優勝

 それにしても今年の瓜生は4月のびわこG2秩父宮妃記念杯優勝戦フライングで長期のF休みとG1選出除外のハンデを負っててさすがに賞金ベスト12争いに食い込むのは難しいと思ってましたが、ここで一気にきましたね。

宮島九スポ杯争奪ヘビー級王決定戦優勝戦

 初日に特集記事を書いたヘビー級王決定戦は124/356の進入から1号艇中村有裕54.9kgが15トップスタートの速攻でぶっちぎる横綱相撲で通算28回目の優勝
 今節選手代表の4号艇亀本勇樹57.0kgが5号艇待鳥雄紀55.0kgの攻めを止めてのつけまいで2着。

戸田埼玉新聞社杯優勝戦

 BP習志野でも発売された戸田優勝戦は枠なり3vs3の進入から内枠2人がスタート遅れ、対照的に15トップスタートを決めた3号艇大峯豊(山口)が捲りきってそのまま先頭に立ち、二段捲りの4号艇吉田徳夫を2着に従えた大峯豊は妹大峯明菜元選手の夫伊藤啓三の地元戸田では初、今年3回目・通算9回目の優勝

尼崎G3企業杯楽天・インフォシークカップ優勝戦

 インフォシーク楽天の企業杯は152/346の進入から1号艇・念力集中ピキピキドカーン太田和美が押し切り、今年3回目・通算50回目の優勝はセンタープール約15年ぶりのV。
 後続は2号艇水上浩充が40とスタート凹み、3号艇・クリムゾンレッドキングの宮殿山本隆幸(兵庫)が水上を叩いての差しで2着。

常滑市長杯優勝戦

 SKE48を大フィーチャーしたG1マーメイドグランプリ特設サイトが公開された常滑の市長杯は1234/65の進入から1号艇森秋光が17トップスタートの速攻で押し切り、名前通り秋に光る森秋光は通算51回目の優勝
 後続は4号艇久田武(愛知)の差しに5号艇北野輝季(愛知)の差しと6号艇高橋勲の捲り差しからの切り返しが続く展開に。
 2Mは最内に潜った高橋勲が2Mを先行し、その外を北野輝季が全速包みますが、差し場ガラッと空いた所をズバーッと差しきった久田武が抜け出し2着。

児島BOATBoyCUP優勝戦

 関東地区所属選手が5人優出したBBCは枠なり3vs3の進入から内枠2人がスタート劣勢で、16スタートから捲ってきた3号艇平石和雄を21スタートの1号艇熊谷直樹が飛ばして両者共倒れになったところへ外枠3人の捲り差しが入り、3名の中で最も内にいた5号艇正木聖賢(広島)が抜け出し、関東以外から唯一優出した正木聖賢はF2持ちを克服して今年2回目・通算16回目の優勝
 後続は4号艇山本英志が6号艇加藤知弘の捲り差しを内でこらえて2番手を航走し、2M切り返して来た白熊を行かせて捌き2着。

房総TASKの若大将若林将が初優勝を大江戸賞でかなえました!

ブログネタ
競艇 に参加中!
 24場お盆開催の第1弾、BR江戸川のオール東京支部による大江戸賞は本来12日が最終日でしたが、台風4号接近による強風高波浪の為に1日順延して13日の金曜日仏滅が最終日に。

 「オール東京支部の精鋭達が揃いました第32回大江戸賞。波と流れの江戸川ワールドを戦い抜いた男達が登場してきました。(動画
 優勝戦は他を圧倒する10トップスタートを決めた4号艇若林将がそのまま捲りきり、96期4335若林将は10度目の優出にしてデビュー初優勝をかなえて関東興業社長小高幹雄BOATRACE振興会会長賞の副賞金15万8000円を含む優勝賞金100万円を獲得して大江戸将に。
 後続は1号艇山田竜一副支部長と2号艇鈴木茂正支部長の間を割った6号艇高橋勲に対し、併走するRYUICHIと内伸び返すしげしげで3艇接戦でしたが、2M内先行するしげしげを差そうとした勲は痛恨のキャビテーション。
 これにより、しげしげが外握って食らいつくRYUICHIを振り切って2着に。現在は東京在住のしげしげですがしげしげレーサー日記で知られるように長らく千葉市民だったしげしげ。最後は千葉色の強いワンツーになりました。

 で、順延になって優出者インタビュー表彰式は見られなくなってしまったので写真は浜名湖G1企業杯共同通信社杯新鋭王座決定戦の選手紹介時のものです。
浜名湖新鋭王座選手紹介時の若林将

 さて、今期から初A1に昇格して江戸川地元スターから関東地区スターにも昇格し、今節の媒体訪問も担当した若林将は今節予選1位だった石渡鉄兵と優勝戦3号艇にして蒲郡SGモーターボート記念の江戸川代表作間章、妻の足立かなえと共にTASK(TeppeiAkiraShoKanae)を構成。

 初日選手紹介では若林将が「おはようございます。今節は師匠2人と一緒です。2人に負けないよう頑張ります。」と言えば、マーサク選手が「お久しぶりです。今節は若林君の優勝を見に来ました。僕も頑張りますけど若林君の応援お願いします。」、江戸川鉄兵が「今節は千葉の先輩後輩が一杯いるんで、誰かしら優勝して帰ります。」、更にマーサク選手が選手紹介後の江戸川選抜出場者インタビューでも「僕が初優勝大江戸賞だったんで、僕と一緒にやってる若林君が優勝しても自分が優勝するぐらい嬉しいんで、どうにか大きな枠で千葉で優勝を持って帰りたいと思います。」と若林将を繰り返しプッシュしており、今節は若林将初Vを達成しそうな予感がしたのですが、前記の通り師匠マーサク選手のデビュー初Vも2002年8月の大江戸賞競走でした。

 大江戸将になった若大将若林将の次節ですが再度江戸川で、17日から始まる企業杯並み高額賞金の一般開催アサヒビールカップ
 賞金は高いもののA1は5人しかいないですが、地元A1は若林将と福来剛が出場予定。
 その福来は今日の11R選抜A戦6号艇で捲り差し2番手争いも+03のフライングを切ってしまいましたが、10月21日からのG1福岡チャンピオンカップに斡旋が入ったので休みは福岡以降になります。
大江戸賞選手紹介時の若林将

 ここでBR江戸川関連情報。1つ目は10月15日金曜日から始まるG1江戸川大賞の出場予定選手が発表されました。
 今年1月浜名湖新鋭王座以外のG1出場が無かった若林将は江戸川大賞で新鋭王座以外のG1に初出場予定。もちろん江戸川鉄兵とさくまあきらも出場予定で大江戸賞に続いてTASK揃い踏みです。
 主な出場選手として江戸川G1V歴のある選手を紹介すると地元からは熊谷直樹濱野谷憲吾、遠征からは飯島昌弘今坂勝広柳沢一に加え、江戸川G1V3を誇る湯川浩司ももちろん出場予定です。

 2つ目は今節実況した平山信一アナのtwitterで知ったBR江戸川屋形船情報。
 日程は9月4日土曜日のスポーツニッポン杯初日と、9月20日敬老の日のG3江戸川モーターボート大賞トライアル5日目です。
 昼食、高級席&屋形船からの観戦、お台場周遊がついて参加費用4980円。お問い合わせはJTB亀戸支店に来店かお電話とのことで最小20名、40名定員です。
 詳しくはJTB亀戸支店の「大江戸舟遊びボートレース観戦と屋形船」紹介ページで。

船橋オートトークショーに出演のボートレーサーさくまあきらが久々のV

ブログネタ
競艇 に参加中!
 中部国際空港セントレア行き高速艇が発着する津なぎさまちの開港5周年記念津なぎさまち開港5周年記念レース

 優勝戦は枠なり3vs3の進入から先行体勢の1号艇作間章(千葉県木更津市)に対し、昨日12R中11Rがインコースの頭(一覧)だった中、10R準優勝戦動画)において唯一イン以外で勝つ大金星(1M2コース順走2番手→2M差しで逆転勝ち)を挙げた3号艇古場輝義がつけまいを打つも不発に終わり、そのまま逃げ切ったマーサク選手が2008年9月びわこ日刊ゲンダイカップ以来となる通算21回目の優勝
 前述の準優10Rにおいて1度は先頭も2M差されて唯一逃げ切れなかった屈辱を味わった4号艇三角哲男(千葉市)ですが、優勝戦は古場輝義が攻めた展開に乗っかっての差しで千葉県民TBPクラブ員ワンツーの2着に入り、着順こそ準優と同じ2着ながら古場輝義には先着。


 さて、昨年末のレーシック手術効果もあってか久々の優勝を飾ったボートレーサーさくまあきらですが、24日に船橋オートレース場でオートレーサー木村武之とのコラボトークショーに出演します。
 同日は22日から始まるG2日刊スポーツさざんかカップの3日目で、時間は8R(13時47分発走予定)終了後。

 同日は新鋭王座の最終日なので自分は多分江戸川競艇場ですが、ボートピア習志野の最寄り駅新習志野は船橋オートの最寄り駅南船橋の隣駅なので、トークショー後でも間に合いますね。
 尚、今のところBP習志野の選手イベントは発表されてないので、もしかしたらこのイベントがBP習志野全国発売競走イベントの替わりかもですね。

 ちなみに区花がさざんかな住之江競艇のデイリースポーツ杯争奪サザンカップは3月2日からです。
年末にレーシック手術を成功させて視界バッチリのマーサク選手


【さくまあきらの弟子がG1水神祭かなえました!】

 江戸川競艇地元スターとして浜名湖G1企業杯共同通信社杯新鋭王座決定戦(携帯動画GBちゃんねるはこちらの携帯専用URL)に出場中の96期4335若林将

 初日はスタート行けずゴンロク発進と散々だった若林将ですが、3日目の今日、6号艇で乗艇した1Rで遂にG1水神祭
 レースは枠なり3vs3の6コースから3号艇鈴木勝博を叩いての差しでBS伸びて2M先行体勢に入りますが抜け出せず、1M捲り差しから2M差す5号艇海野康志郎と、イン戦から2M外全速で逃げ切り図る1号艇岡祐臣を加えた3艇でHSトップ併走になり、最内のうんのこーしろーが2周1Mを先行しますが、ここで若林将の差しが届き、内の利で2周2M先行してG1初1着をかなえました。

 ちなみに若林将は石渡鉄兵、さくまあきら、若林将と昨年11月13日の金曜日(大安)に結婚式を挙げた同期4341かなえ夫人の4人でチーム「TASK」を組んでおり、江戸川鉄兵とさくまあきらの愛弟子であります。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
競艇電投会員即時募集中
既に会員の方はテレボート
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
勝ち組.net
アクセスランキング
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
おすすめバナー
バナソニック


blogram投票ボタン

livedoor プロフィール
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ