ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

笹川賞

初夏のSG・総選決戦オールスターボート笹川賞は井口佳典が優勝

総選決戦 「総選決戦」のキャッチコピーの通り、選抜総選挙で選ばれた48名+4名の選手陣によるオールスターボートレース浜名湖SG笹川賞特設サイト)。


 優勝戦紅の酒Saorin Festivalは2号艇渡邉英児(静岡)が回り込んで1号艇井口佳典にプレッシャーを掛けるも三重のテレビ塔いぐっちはえいじから水を貰いながらも枠を主張し、進入は1236/45。
 そしていぐっちは水を貰った影響を見せずにスタート荒ぶる事なく3号艇坪井康晴(静岡)の捲りをブロックしながらのイン戦を決め、今年3回目・浜名湖2回目・SGV4となる記念V9・通算43回目の優勝で笹川賞V2達成。

 選抜総選挙上位5名と総選挙地元選手上位1名の神6による初日メイン12Rドリーム戦京都の藪中さん嫁さん募集中メンバーから唯一準優のステージを勝ち上がり優出した6号艇・イニシャルK2菊地孝平(今節選手代表)が差して2着。


 ところで、今節はドリ戦、準優、優勝戦を始めとして多くの冠協賛レース(一覧pdf)が開催されましたが、最終日の5RSKE48石田安奈生誕記念レースは162/345の進入から2号艇佐々木康幸(静岡)が捲り差しを決めて1着になりました。

 ちなみにレース名の石田安奈は当日16歳の誕生日で、当日はパシフィコ横浜で「アイシテラブル!発売記念全国握手会」に出演してファンから祝福されました。


徳山スポーツ報知杯争奪西京ドリームカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇吉村正明(山口)が4号艇江本真治(今節選手代表)の捲りを受け止めて押し切り、今年3回目・徳山4回目・通算15回目の優勝

 後続は江本真治(74期3711)と捲り差した5号艇鳥飼眞(74期3703)による2番手争いになり、2M内から先行した鳥飼眞を江本真治が差しきり地元ワンツー完成の2着。

丸亀G3企業杯JR四国ワープ杯競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入からイン先制の1号艇市川哲也が4号艇三嶌誠司(香川)の捲り差しを辛くも振り切り、今年3回目・通算79回目の優勝

若松マンスリーBOATRACEカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇萩原秀人が押し切り、今年2回目・若松2回目・通算16回目の優勝

 後続は3号艇室田泰史が捲り差しを2号艇の地元原田富士男2日目8R通算1500勝達成)に張られながらもフジオを捲りきって2番手を航走し、差して追走する4号艇金子龍介を2M行かせて捌き2着をとりきり福井ワンツー完成。

尼崎サンスポグリーンカップ争奪戦優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇吉田俊彦(兵庫)はスタート23と遅れたものの伸び返して押し切り、尼崎12回目・通算33回目の優勝

 後続は2号艇永井源の差しが引き波を踏んで流れてしまい、差し続いた4号艇前田将太が2番手に。
 そして前田将太は差し続く5号艇今坂勝広を2M行かせて捌き2着。

多摩川神奈川新聞社賞優勝戦

 G1東京優駿が開催された5月27日東京都府中市もうひとつのクライマックスは126/345の進入から1号艇一宮稔弘が先頭独走もフライングゲット。
 これにより差し順走で2番手の2号艇今泉和則が先頭に繰り上がります。
 今泉和則に対し、1M捲り差し体勢の外マイで追走する4号艇の地元山田哲也が2M差しで接近しますが、締めて振り切った今泉和則が2010年9月三国ながつき第2戦以来となる通算12回目・多摩川2回目の優勝
多摩川V2の今泉和則

総選決戦のSounds Good!オールスターボート笹川賞開幕

ブログネタ
競艇 に参加中!
総選決戦 ファンの皆様による選抜総選挙で選ばれた48人+4人による総選決戦のSG笹川賞特設サイト)が今日から浜名湖で始まりました。
 ネットリプレイでは冠レース名が表示されないものの、今節は冠協賛競走(一覧のpdfファイル)が多数あるので多彩なレース名も見所のひとつです。


 7R平田夫婦結婚記念日でイン速攻先頭の1号艇白井英治が+06のフライングゲットしてしまった初日は、その白井英治が11R美鈴ありがとうこれからもよろしくの2号艇で2コースから1号艇坪井康晴(静岡)を差しきり、3節連続優勝中のつボインカ帝国を打ち破って意地を見せています。
 ちなみに白井英治は7月に尼崎で開催される真夏のSGオーシャンカップ後30日のF休みが入ると思われ、8月に桐生で開催される真夏のSGモーターボート記念には出られなくなります。

 選抜総選挙上位5名と総選挙地元選手上位1名の神6による初日メイン12Rドリーム戦京都の藪中さん嫁さん募集中は12346/5の進入から4号艇松井繁が捲って松井咲マイも、笹川賞カラーの6号艇菊地孝平(今節選手代表)が菊地あやを付けない鮮やかな捲り差しで王者を差しきり1着。

オールスターボートレース笹川賞選抜総選挙開票結果

ブログネタ
競艇 に参加中!
総選決戦 本日、5月22日から27日まで浜名湖で開催されるオールスターボートレース第39回SG笹川賞の出場選手を財団法人日本モーターボート競走会が発表しました。

 発表のリンク先はオフィシャルHPでオフィシャルは選出順に表示してますが、ここでは得票順に並べ替えて紹介します。
 項目は左から得票順位、選手名、支部、得票数、笹川賞出場回数です。


1池田浩二 愛知 25,736 10年連続11回目
2瓜生正義 福岡 25,732 4年連続13回目
3今村豊 山口 22,677 14年連続28回目
4松井繁 大阪 22,415 18年連続20回目
5今垣光太郎 石川在住福井支部 22,037 5年連続15回目
6山崎智也 群馬 19,785 10年連続14回目
7横西奏恵 徳島 15,266 3年連続6回目
8濱野谷憲吾 東京 15,197 16年連続16回目
9峰竜太 佐賀 14,283 2年連続4回目
10篠崎元志 福岡 13,177 4年連続4回目
11井口佳典 三重 12,647 7年連続7回目
12菊地孝平 静岡 12,127 4年連続8回目
13太田和美 奈良在住大阪支部 11,347 16年連続18回目
14赤岩善生 愛知 10,445 7年連続8回目
15魚谷智之 兵庫 10,094 6年連続9回目
16白井英治 山口 9,472 6年連続7回目
17原田幸哉 沖縄在住愛知支部 9,316 2年連続13回目
18田口節子 岡山 9,144 6年連続7回目
19中野次郎 東京 9,095 2年連続5回目
20日高逸子 福岡 8,501 10年連続13回目
21重成一人 香川 8,485 3年連続3回目
22湯川浩司 大阪 7,630 6年連続8回目
23秋山直之 群馬 7,064 2年連続9回目
24田村隆信 徳島 6,788 7年連続10回目
25服部幸男 静岡 6,643 7年連続18回目
26山口剛 広島 6,159 3年連続4回目
27坪井康晴 静岡 6,133 4年連続5回目
28山川美由紀 香川 6,051 10年ぶり10回目
29中島孝平 福井 5,702 2年連続2回目
30桐生順平 埼玉 5,696 2年連続2回目
31平山智加 香川 5,578 2年連続3回目
32大嶋一也 愛知 5,349 3年連続15回目
33永井聖美 愛知 5,254 2年連続4回目
34西島義則 福岡在住広島支部 4,907 5年ぶり12回目
35茅原悠紀 岡山 4,859 初出場
36佐々木康幸 静岡 4,845 2年ぶり5回目
37渡邉英児 静岡 4,822 2年ぶり2回目
38寺田千恵 岡山 4,672 2年連続8回目
39寺田祥 山口 4,625 2年連続6回目
40勝野竜司 兵庫 4,513 初出場
41徳増秀樹 静岡 4,495 初出場
42石渡鉄兵 千葉在住東京支部 4,481 2年連続3回目
43角谷健吾 神奈川在住東京支部 4,404 9年ぶり2回目
44辻栄蔵 広島 4,379 9年連続9回目
45松田祐季 福井 4,314 初出場
46笠原亮 静岡 4,247 2年ぶり4回目
47中澤和志 宮城在住埼玉支部 4,154 4年ぶり3回目
48平石和男 埼玉 3,990 2年ぶり13回目


 以上、48人が票数上位のBRH48選抜メンバーです。
 今年は81期池田浩が初のトップ当選にして初のベスト6入りを果たしましたが、2位の瓜生とは僅か4票差の大激戦でした。
 個人的にはテラッチと寺田♂が連番してるところにも目が行きましたです。

 また、優先出場選手は昨年優勝者の81期池田浩と、SG賞金王決定戦ファイナリストの王者、瓜生、重成、佐々木。
 原則得票順で選ばれるネ申6ドリーム戦出場選手は得票数上位5人と、地元選手で得票数最上位だった総選挙12位菊地孝平が施行者推薦で選ばれました。

 ここからは得票数49位以下だった選手の紹介。

49石野貴之 大阪 3,934
50山崎哲司 愛知 3,909
51西山貴浩 福岡 3,838 初出場
52市川哲也 広島 3,745
53吉川元浩 兵庫 3,722
54大瀧明日香 愛知 3,713
55森高一真 香川 3,657
56烏野賢太 徳島 3,486
57重野哲之 静岡 3,457 2年ぶり3回目
58横澤剛治 静岡 3,354 4年ぶり3回目
59平本真之 愛知 3,341
60三浦永理 静岡 3,334
61赤坂俊輔 長崎 3,207


 49位以下の選手のうち、出場選手選考委員会推薦でニッシーニャと掛川お茶大使重野哲之と横澤剛治が出場します。

 また、SG総理大臣杯の優勝者には笹川賞優先出場権が与えられるので、優勝者が笹川賞落選選手の場合はその選手が、笹川賞当選選手またはF休み選手が優勝した場合は石野貴之から順番に繰り上がります。
SG笹川賞ファン投票!!


尼崎生観戦のSG笹川賞は池田浩二が優勝

ブログネタ
競艇 に参加中!
 ファン投票による総選挙で選ばれた選手陣がAmagasaKiBoatで覇を競うオールスターボートレース、日本モーターボート競走会会長杯争奪SG笹川賞特設サイト)が本日最終日。

 雨足が強くなってきた中で迎えた優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇池田浩二が3号艇太田和美のつけまいを受け止めきって先頭に立ち、今年4回目・尼崎2回目・SGV5となる記念V11で通算35回目の優勝を飾り、優出1号艇2着だった昨年のリベンジ成功で笹川賞初V。
 後続は和美と差した4号艇濱野谷憲吾の2番手争いになりますが、2M内先行した濱野谷を行かせて捌いた和美が2着で濱野谷が3着。
千葉ちゃんによる優勝者インタビューアッキーナ出演の表彰式1アッキーナ出演の表彰式2

 さて、今節は2日目に3人の女子選手がSG水神祭を挙げましたが、最終日は2010年次最優秀新人選手の100期4450平高奈菜1RでSG水神祭。
 レースは1236/45の5コースから差して2番手の平高菜々が、先差しで先頭を走る2号艇海野ゆかりを3周1Mで差し捕らえて逆転するという内容でした。

 2日目の女子選手水神祭動画で公開した東京スポーツは平高菜々の水神祭動画も公開してます。


蒲郡BOATBoyCUP優勝戦

 大雨と東追い風7mの強風が吹く中開催された優勝戦は125/634の進入から3号艇西村勝が捲りに行くも風に流されてしまい、その間に逃走態勢を築き上げた1号艇三嶌誠司が先頭に立ち、元日本郵便刈谷支店職員で三河国と縁が深い三嶌誠司は今年2回目・通算48回目の優勝
 後続は差し順走の2号艇濱村芳宏が2番手、西村勝が3番手でしたが、2Mで濱村のターンが流れたところをまちゃるターンで差しきった西村勝が逆転2着。

 ちなみに今日は職場の競艇仲間三国さん(仮名)と笹川賞の後居酒屋に行ってからボートピア梅田に寄り、三国さんは丸亀日刊スポーツカップ4日目10R終了までBP梅田にいて、三国さんより遅い21時ののぞみだった自分は蒲郡優勝戦の周回展示終了までBP梅田にいました。

江戸川2日目

 現行モーター使い納めとなる男女混合のノンタイトル東日本大震災被災地支援競走。

 2節前のGW開催では山本英志が優出2着、前節荻野裕介が優出1号艇で優勝と、ただいま2節連続優出中の68号機。

 68号機の機歴をさかのぼると、33号機が4節連続優出1号艇になる直前開催だった2月21日の一般競走では一宮稔弘が優勝、その前に使われた1月の関東ボートレース専門紙記者クラブ杯では金子貴志が優勝と、2節連続優勝の実績もあります。

 そんな68号機の最終使用者になったのは地元A1の齊藤仁(福岡在住東京支部)。
 初日連勝だった齊藤仁は本日第9R6号艇1回乗りでしたが、22トップスタートを決めた齊藤仁はそのまま大捲りを決めて無傷の3連勝とし、金メダルに向けて突き進んでます。

笹川賞準優日の夜は十三で飲み食い

ブログネタ
競艇 に参加中!
 笹川賞準優現地観戦の本日は職場の同僚三国さん(仮名)と一緒に尼崎センタープールからレース後十三に移動し、下町ホルモンまるたけで肉を食べながら潜入!リアルスコープやまと学校特集を見た後、欧風居酒屋ドマーニで飲んで舟や馬の話などで楽しんできました。
 ちなみにまるたけの牛すじ煮込みは塩味のスープにわさびを混ぜて食べる独特の味です。
欧風居酒屋ドマーニ


尼崎SG笹川賞5日目

 準優1つ目の10Rは枠なり3vs3の進入から2号艇峰竜太が差し切って先頭に立ちますが、差し続く6号艇秋山直之が2M内からおっつけにかかり、峰竜太はアッキーニャンを包んでかわしきるも展開突いた1号艇横西奏恵の差し返しが決まり、抜きに成功した横ちんがSG2度目の優出で2着の峰竜太がSG初優出。

 準優2つ目の11Rは枠なり3vs3の進入から2号艇太田和美が1号艇濱野谷憲吾を差し切り1着。
 濱野谷は2番差しの4号艇山崎智也を2M行かせて捌き、2着優出で夫婦優出を阻止。

 準優最後の12Rは146/235の進入から1号艇池田浩二が09トップスタートの速攻で4号艇吉田俊彦(兵庫)の捲り差しを振り切って1着。
 地元最後の砦吉田俊彦は内から伸び返す4号艇重成一人を2M行かせて捌き地元唯一優出でSG初優出。
【競艇】SG第38回笹川賞・準優勝戦【高画質】


 優勝戦の枠番です。

1:池田浩二 2:横西奏恵 3:太田和美 4:濱野谷憲吾 5:峰竜太 6:吉田俊彦

 池田浩二は昨年の浜名湖に続いて笹川賞2年連続優出1号艇。今度こそ笹川賞初Vなるか。
 そして76期本栖チャンプの横ちんは1999年3月にG2企業杯JAL女子王座決定戦競走QT動画)でF2持ちながら2号艇6コース捲りでデビュー初V決めた尼崎センタープールで、当時と同じ枠番で史上初の女子選手SGVを飾れるか。


江戸川初日

 ノンタイトルの東日本大震災被災地支援競走は本日から6月2日までの6日間開催で男女混合戦。
 そして、現行モーターの使い納めシリーズです。
 
 9Rオール女子戦は3号艇中里優子が捲り戦で1着になりましたが、埼玉支部中里ゆうこりんの江戸川参戦は2001年4月夕刊フジ杯争奪戦競走以来で、なんと10年ぶりの江戸川出場でした。
 ちなみに1号艇五反田忍は2004年10月ナイタイスポーツ杯以来、4号艇宇野弥生は2006年2月関東競艇専門紙記者クラブ杯以来、6号艇角ひとみは2007年4月サンケイスポーツ杯以来の江戸川出場です。

 初日メイン江戸川選抜戦は1号艇齊藤仁が6号艇中辻崇人の捲り差しと2号艇吉田一郎の差しを振り切って1着。
 中辻は2Mと2周1Mを外ぶん回して2着に入り、4号艇仲口博崇(3着争い制し3着)に先着しました。

笹川賞2日目は女子選手3人がSG水神祭

ブログネタ
競艇 に参加中!
 オールスターボートレース尼崎SG笹川賞(選手代表魚谷智之)は2日目ですが、お題の通り今日は女子選手が大活躍。

 まず1Rは1号艇魚谷香織が123/465のインから23スタートで、05トップスタートの5号艇阿波勝哉に捲られてしまいますが、2番手残しきったぅぉちゃんは2M阿波に先行されるものの足の違いを見せてHS内でしっかり食らいつき、2周1M外の阿波と並んで回ったぅぉちゃんはBS伸びて阿波を逆転し、笹川賞アッキーニャCM出演の魚ちゃんはSG4節目にしてSG初1着。


 6Rで2号艇横西奏恵が13/2/456の3コースから捲りきっての1着で予選1位になった後の8Rでは1号艇平山智加が枠なり3vs3のインから11トップスタートの速攻を決めてSG3節目にしてSG初1着。

 9Rでは4号艇永井聖美が枠なり3vs3の4カドから捲りに行き、内艇を捲りきった永井聖美に対し6号艇石田政吾が3号艇田口節子を叩いての差しで舳先を並べますが、捲り差して3番手だった5号艇濱野谷憲吾が内に切り返して先頭の石田政吾に押っつけた展開を突いて2艇を差した永井聖美が石田政吾に舳先を掛けきり、2周1Mを先行して逆転1着。
 選手紹介(動画)でねこみみを付けて「みんなの為にがんばるニャン☆」と久々にトコタンポーズを見せたながいまさみにゃんはSG3節目にしてSG初1着。


 さて、東スポ@チャンネル笹川賞では上に貼り付けた通り、3人の水神祭動画をばっちり公開。
 特に永井聖美は昨年10月にBOATRACER美女図鑑、先月に常滑名人戦2日目予想会にゲスト出演して笹川賞への意気込みを語るなど永井大フィーチャーで、今節は毎日ロングインタビューが公開されてます。


三国さつき第1戦優勝戦

 1235/46の進入から04トップスタートの2号艇桐本康臣が捲りを決めますが、遅れ差しの6号艇石塚久也がBS内からスルスルッと伸びて桐本を捕らえ、2M先行して抜け出した石塚は三国2回目・通算5回目の優勝

 レースを作った桐本は2Mで1号艇茅原悠紀に張られ気味に差され、そのまま押し流されて後退し、茅原ゆうきが2番手に浮上。
 桐本は5番手まで下がるものの2周1Mで2艇を差しきって3番手に上がり、6-1-2の着順隊形でほぼ固まった所で魔の3周1M出口。

 なんとここで茅原ゆうきは3周1M出口で石塚の引き波を踏んで振り込んでしまい、一気に最後方に後退。
 桐本が2番手に上がり、2周2Mで単独4番手に上がってた3号艇安達裕樹が3番手に上がり、3周2M差して猛追する安達ゆを振り切った桐本が2着、安達ゆが3着で2連単19020円3連単74160円の大波乱。

若松ポカリスエットカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇川上剛が押し切り、昨年9月の前回当地若松かっぱ杯争奪戦競走に続く若松3回目・今年2回目・通算17回目の優勝

 後続は捲り差した6号艇江夏満が内で粘る2号艇中島友和を2M行かせて捌き単独2番手を取り切り、福岡ワンツー。

 ここでお知らせ。
 優勝した91期たけし軍団長と、同期であり芦屋中学校の同級生でもある4193郷原章平の合同ブログ「たけし軍団とゆかいななかまたち」が始まりました。

サプライズの尼崎SG笹川賞初日と大村初優勝決定戦

ブログネタ
競艇 に参加中!
 ファンのみなさんによる総選挙で選ばれた選手陣によるオールスターボートレース尼崎SG笹川賞

 投票上位6人によるドリーム戦は夫婦対決で話題になりましたが、レースは枠なり5vs1の進入から1号艇山崎智也が1M先行するも4号艇横西奏恵が2艇を叩いての捲り差しを決め、夫婦併走の状態から2Mで内の妻が先行したのに対し、外の夫は全速つけ回ろうとするも流れてしまい勝負あり。
 選手紹介動画)で「水の上では先輩も夫婦もない」と宣言した横ちんは有言実行で1着になりましたが、夫の智也は1M差して3番手だった5号艇今村豊に2M差されてしまい、2周1M差し返し狙うも届かず3着になり、夫婦ワンツーはなりませんでした。


大村夢の初優勝W優勝戦マンスリーKYOTEI杯最終日

 レースタイトル通り出場選手全員にデビュー初Vが懸かるオール女子組の11R初優勝決定戦は1235/46の進入から1号艇古川舞が25とスタート遅れてしまい、カドの4号艇野田祥子(元長崎支部現香川支部)が絞り捲り敢行。
 しかし人気の中心だった2号艇藤崎小百合が先捲りを打ち、そのまま捲りきって先頭。
 藤崎さゆりに対し6号艇加藤奈月(デビュー初優出)の捲り差しが迫りますが、藤崎さゆりは締め切って2Mを先マイ。
 2M加藤ナツキのターンは艇が浮いて大きく流れ、1M二段捲りで3番手の野田祥子が加藤ナツキを行かせての差しで単独2番手に浮上。
 そして2周1M野田祥子の差しが藤崎さゆりに迫り、優勝争いは2艇のマッチレースに。
 ですが藤崎さゆりは野田祥子の差しを振り切って2周2Mを先行し、3周1Mと3周2Mも野田祥子の差しが迫るものの全て振り切り、0.2秒差先着した福岡95期4304藤崎小百合は8度目の優出で初優勝
 ちなみに鹿児島県出身の藤崎小百合は現在福岡在住福岡支部で、同期同支部は4301関裕也と4314青木幸太郎の2人で、3人共げってん会のメンバーです。



 オール男子組の12R優勝戦は4号艇深澤勉がデビュー初優出。
 ちなみに群馬81期3916深澤勉の同県同期には3937高橋知絵元選手と群馬在住東京支部だった3914猿田寛元選手がいました。

 さて、レースは枠なり3vs3の進入から1号艇守田俊介が09トップスタートの速攻でぶっちぎり、前走地宮島日本財団会長杯に続く今年3回目・通算58回目の優勝

 後続は差し順走の2号艇出畑孝典が2Mフルターンで3号艇佐藤大介を捲りきり、2周1Mでは6号艇野澤大二を包みきって2着を取り切りました。
 尚、2周1Mで3番手争いをしてた5号艇郷原章平は外の野澤と内の佐藤の間を割ろうとしますが内の佐藤と接触してバランスを崩し転覆してしまいました。

福岡競艇マクール杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から2号艇國崎良春(福岡)が1号艇山室展弘を差しきって先頭に立ち、2M國崎は山室大先生の差し返しを振り切り、2009年2月7日唐津一般競走以来の良い春になった國崎は通算14回目・福岡4回目の優勝
競艇マクール杯優出者インタビュー

 さて、デビュー2節連続優出こそならなかったもののジャイアントルーキー江崎一雄(福岡108期4657)は今節も節間4勝をマークしてデビュー2節連続準優進出。
 また、初日は並み居るA1を押しのけメインのファン選抜に選出されました。
ファン選抜(東区武内さまの番組)


宮島日本トーター賞争奪男女Wリーグ優勝戦

 男子モンタリーグと女子モミジリーグが別々に3日間の予選と4日目の準決勝、5日目の決勝戦を戦い、決勝戦上位3人ずつが優勝戦で初めて顔を合わせる男女3vs3のガチンコバトル。

 ガチンコバトルの行方は13/2/456の進入から4号艇西村めぐみが12トップスタートを決めて絞り捲りを敢行するものの早めに絞り過ぎた事でマイシロを無くし、大きく流れてしまいます。
 その展開にもめぐまれて1号艇柳沢一が立て直して西村めの内を回り、5号艇角浜修(広島)の捲り差しを内で受け止めながら1M出口で先頭に立った柳沢は宮島初・通算20回目の優勝

 2番手の角浜は内の3号艇西島義則(福岡在住広島支部)を2M行かせて捌ききり2着。
 女子モミジリーグ組の最先着は今節選手代表の2号艇角ひとみで、道中ペリカンさんとの接戦に競り勝ち3着。

津グランプリシリーズ第3戦優勝戦

 5日間シリーズのTSUグランプリシリーズ第3戦は枠なり3vs3の進入から1号艇福島勇樹(東京)が08トップスタートの速攻で2号艇深井利寿の強つけまいを全く寄せ付けずに抜け出し、
 「東北に、茨城に勇気を届けます(動画」茨城県龍ヶ崎市出身の福島ゆうき王子は前走地びわこボートピア京都やわた開設4周年記念に続く今年3回目・津初・通算18回目の優勝で、2日目12R3号艇2着以外オール1着の準完全V。

 後続は差した3号艇藤丸光一が5号艇今泉和則の捲り差しを内でこらえきって2着。

尼崎SG笹川賞当選選手発表

ブログネタ
競艇 に参加中!
 今日は今夜飛び込んできたこの話題から。
 5月24日から尼崎センタープールで開催されるオールスターボートSG笹川賞の出場予定選手が発表されました。
 投票順位に関しては木曜以降に発表されると思いますが、今年からマークシートに住所氏名を記入するなど投票方法が大きく変わった結果、あっと驚く選手がいなくなって例年以上に人気投票の色合いが強くなり中間発表とさほど変わらないメンバーになりました。

 下の画像が当選選手ですが、笹川賞史上最多となる9人の女子選手は名前をクリックして色をつけてわかりやすくしました。

 (10日追記)選出順位も発表されました。
 ドリーム戦メンバーは票数順で以下の通りです。

1:山崎智也 2:今垣光太郎 3:濱野谷憲吾 4:横西奏恵 5:今村豊 6:松井繁

笹川賞出場予定選手一覧


唐津日本モーターボート選手会会長杯優勝戦

 「ここに上瀧和則がいる限り。といった威厳を感じ続けた今シリーズ。さあ、VS打倒上瀧の5選手によります優勝戦が行われます。(動画
 ということで、熱い人望で未来のMB選手会長候補とも言われる佐賀のエース上瀧和則が優勝賞金75万円を懸けたMB選手会長杯の1号艇。
 「積み重ねてきた白星は気合の象徴。最後も思いがこもった優勝戦、さあ行きます1号艇。
 上瀧はスタートこそ27で後手を踏みましたが伸び返し、艇を伸ばしながらも流れずにしっかりと気合の旋回で逃げ切り先頭。
 そして5号艇丸岡正典が捲り差しで2番手につけ、1M後方では差しを狙った6号艇西山貴浩がターンマークに正面衝突して選手責任転覆を喫し、2Mで事実上着順が確定。
 「一走一走気持ちを込めて走ってきた、その思いを巡らせながら上瀧和則が行きます。熱く、そしてクールに皆さんの為に。オンリーワンの存在が今オンリーワンの優勝を掴んでいくことになります。
 ということで正月の佐賀県選手権に続き地元唐津で気合のV走を見せたエースのジョーは佐賀県選手権に続く今年2回目・通算82回目の優勝

 この後は戸田SG総理大臣杯大村G2モーターボート誕生祭、F休みを経て笹川賞です。
エースのショー第2部


若松日本モーターボート選手会会長杯争奪戦競走優勝戦

 123/645の進入から1号艇今井貴士が押し切り、前走地福岡都市圏開設21周年記念競走に続く今年2回目・若松初・通算16回目の優勝
 後続は3号艇藤丸光一MB選手会福岡支部長が捲り差しで2番手を航走し、同じく捲り差しの5号艇吉田拡郎を2M行かせて捌いて2着を守り福岡ワンツー完成。

 というわけで唐津と若松のMB選手会長杯はどちらもマルちゃんが2着でした。

尼崎デイリースポーツ杯争奪琴浦賞競走優勝戦

 124/563の進入から1号艇中野次郎が13トップスタートの速攻で2号艇中里英夫の差しを振り切り、尼崎笹川賞にも当選した中野次郎は今年2回目・尼崎初・通算21回目の優勝
 2番手の中里に対し、1Mつけ回った4号艇岸蔭亮が2M切り返しておっつけにかかりますが、中里は冷静に包んでかわし2着を守りました。
 その間に1M2番差しの5号艇後藤浩が3着に入り、戸田総理杯に出場する関東選手が上位を独占。

平和島日本財団会長杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇藤岡俊介が3号艇乙津康志と5号艇柳沢一の捲り差しを引き波にはめて逃げ切り、先月の桐生日本財団会長杯に続く今年2回目・平和島初・通算3回目の優勝

 2着に柳沢、3着に乙津。

笹川賞優勝は23歳の新鋭岡崎恭裕+BP横浜で中村有裕ショー

ブログネタ
競艇 に参加中!
浜名湖の笹川像 1月のG1企業杯新鋭王座決定戦に続いて浜名湖競艇場に南明奈が来たSG笹川賞
 その間わずか4ヶ月ほどの事でありましたが、浜名湖では3月23日に浜名郡新居町が湖西市と吸収合併して湖西市が単独施行から浜名湖競艇企業団に加入して施行が企業団に一本化されたり、それに合わせてかポイントサービス廃止ファンクラブ廃止無料バス岡崎路線廃止が実行されたりと大きな変動もありました。
 ですがレース名である笹川良一先生の銅像は、競艇がBOATRACEになっても健在なので安心です。


 さて、京都府乙訓郡大山崎町で西河経営・労務管理事務所を営む淺田千亜希ファンの西河豊所長が冠協賛スポンサーになった優勝戦競艇レーサーよ永遠に!記念はスタート展示の枠なりから本番では4号艇新田雄史がピット遅れて123/564の進入に。
 この隊形からイン07スタートの1号艇池田浩二がすんなり1M先行したかに見えるも、枠よりひとつ内の5コースになった6号艇岡崎恭裕が2号艇菊地孝平(今節選手代表)と5号艇山口剛との狭い艇間を割る絶妙な捲り差しを見せ、BS伸びて池田と同体に。
 そして2M岡崎は切り返してきた菊地を包んで先頭で回り、菊地を行かせて差した池田をHSで振り切り、今年3回目・浜名湖初・通算14回目にして遂にSG初優勝

 福岡94期4296岡崎恭裕といえばデビュー年度の2005年1月に江戸川一般競走で早くも優出を決め、その次節だった2005年2月7日の戸田日本モーターボート選手会会長賞を今日と同じ6号艇で捲り差しを決め、デビュー約9ヶ月にして18歳1ヶ月弱の若さで衝撃のデビュー初優勝。3号艇加藤峻二御大との45歳差ワンツーも話題になりました。
 その後は2006年12月のG1芦屋ダイヤモンドカップでG1初出場、2007年5月の住之江SG笹川賞でSG初出場、昨年のG1福岡チャンピオンカップでG1初優出を飾るも、一方では事故パンで2009年前期にB2に落ちたり、今年の浜名湖新鋭王座では10R準優勝戦でフライングに散ったり、新婚直後にSG初優出即1号艇だった平和島SG総理大臣杯ではピット遅れて2号艇山口つよしにインを取られたりと苦難の道も。
 しかし、トラウマにもなっていたという総理杯のリベンジを次のSGですぐに果たすあたり、昨日の10R準優勝戦で1着白井英治待機行動違反賞典除外による3着繰り上がりのツキがあったとはいえ、やはりデビュー1年以内に18歳で優勝した大物はモノが違いました。

 ちなみに奥さんの舞さん25歳とは初優勝記念日の2月7日に入籍し、12月に第1子が誕生予定。インを取られて負けた総理杯の帰りにタクシーから電話して励まされたのが今節への起爆剤になったそうです。
CMで共演したアッキーナとツーショットの岡崎恭裕


【横浜ゆうゆうショー】

 今日はボートピア横浜に行ってきました。発売場は笹川賞に加え多摩川スポーツニッポン賞3日目丸亀G3新鋭リーグ第7戦5日目と後述の若松を発売してました。

 BP横浜といえば2007年12月の第1回平和島ボートピア横浜開設記念優勝者が岡崎恭裕だったり、昨年12月のボートピア横浜開設2周年記念トークショーのゲストが岡崎恭裕だったりと、結構岡崎恭裕と縁があるボートピア。

 そのBP横浜に今日はびわこのゆう中村有裕が来場。ちなみに岡崎の初優出だった2005年1月の江戸川には中村ゆうすけも優出してました。
 以下はトークショーの内容を箇条書きしたものです。

バイクで琵琶湖を通ったらモーターボートの音に惹かれて一目惚れしました。
競艇学校は変な宗教団体みたいな感じでした。
びわこでデビュー初優勝(2001年7月G3企業杯キリンラガーカップ)した時に表彰式プレゼンターだったミス大津が嫁さんで、表彰式の後口説かれて今に至ってます。
好きな戦法は5コースからの捲り差し。
優出2着だった蒲郡G1オールジャパン竹島特別でピット遅れたのは予想通り。
師匠は山本光雄で、「麻雀の勝ち方とかを教わってます。」とボケをかます場面も。
自分同様よくピット出が遅れる同期笠原亮のピット離れに、今日の笹川賞8Rでも2号艇4コースになったのを見て「気持ちがわかります」と一言。
仲いいのは同期で同じ斡旋も多い笠原と中島孝平
笠原も中島も仕事の虫で、オフで会ってもほとんど仕事の話。
「亮ちゃんのレースは見てて好き」と、豪快に握って回る笠原亮のレーススタイルに尊敬の一言。


 事故を恐れぬ水の上での荒々しさと、陸の上でのほのぼのとした感じのギャップが中村ゆうすけの魅力ですね。
 ちなみに今日は4F指定席が満席だったので5F指定席に初めて入り、在席投票席に。到着が午後だったので指定席向けサイン色紙整理券はもらえませんでしたが、じゃんけん大会で中村ゆうすけのサインをゲットしました。
中村有裕トークショーinBP横浜


若松マンスリーKYOTEIカップ優勝戦

 1号艇近藤稔也に2000年5月鳴門一般競走以来10年ぶりのVが懸かった一戦は枠なり3vs3の進入から3号艇桐本康臣(三重85期4043)が04トップスタートを決め、近藤は艇を伸ばし1Mを先行するも痛恨のターンミスで流れてしまい10年ぶりのVはお流れに。
 先頭は捲り差す桐本と内でこらえる2号艇高沖健太(三重85期4049)の三重三重銀河系コンビによるマッチレースになりますが、2M内先行した高沖に対し、桐本の方は1M捲り差しから2M切り返してきた6号艇大平誉史明を行かせた分ワンテンポ遅れてしまい、ここで単独先頭に立った高沖が今年2回目・通算13回目・若松は2009年11月の前回JLC CUPに続く3回目の優勝
 2番手は2Mで桐本に対し近藤の2番差しが届いて2周1Mは近藤が先行しますが、ここで桐本が外全速で近藤を捲りきるスピードターンを披露して2着。

下関新東通信杯優勝戦

 笹川賞の表彰式やBP横浜のトークショーでも活躍する新東通信のタイトル戦はスタート展示の236145から本番1236/45の進入になり、展示4コースから本番枠を主張した1号艇長岡茂一が06トップスタートの速攻で、今年3回目・通算74回目の優勝
 差し順走の2号艇峰竜太と2番差しの3号艇古結宏による2番手争いは2Mで峰竜太が古結を全速包みつつモイチに差し迫る絶妙のターンで古結を突き放し、モイチには舳先届かなかったものの2着を取り切りました。

BR浜名湖のSG笹川賞は準優勝戦

ブログネタ
競艇 に参加中!
 BOATRACE浜名湖で開催中のSG笹川賞は今日が準優勝戦。今節の実況は山口新之助アナが全レース担当してますが、準優3個中2つに山口支部選手がおり、残る1つは山口選手がいます。

 その1つ目にして今節初めて舟券を買った10Rじいじ米寿おめでとう!は枠なり3vs3の進入で、懐をたっぷり取った2コースから19スタートの2号艇白井英治が11トップスタートの1号艇新田雄史を難なく差しきり1着。2M握ろうとした新田は白井英治に張られて2着まで。
 しかし白井英治は懐取りすぎの待機行動違反で賞典除外になり、1M2番差しから2M小回りで3着に入った4号艇岡崎恭裕が繰り上がり優出。
 1月にG1企業杯共同通信社杯新鋭王座決定戦が開催された浜名湖で、繰り上がりながら新鋭世代が2人優出です。

 行政書士ふじた国際法務事務所が冠協賛した準優勝戦2つ目の11R行政書士ふじた国際法務事務所藤田薫は枠なり3vs3の4カドから菊地真に豪快な03トップスタートを決めた今節選手代表の4号艇菊地孝平が一気に捲りきり1着。
 名人世代から唯一準優進出した1号艇今村豊は菊地と2号艇佐々木康幸(静岡)に捲られ、3号艇赤岩善生と捲り差しの6号艇松井繁に差されて5番手でしたが、ミスター競艇今村豊は赤岩と王者の間に潜り込み、2M先行した赤岩がやや流れる中、ミスター競艇は王者を飛ばして2番手争いに浮上。
 HSは差した佐々木がややリードし、ミスター競艇を締め切った赤岩が直外につけミスター競艇は4番手になりかけるも、すぐさま内に切り返したミスター競艇は内の利と機力差で2周1Mを先行し、差しに行った佐々木が引き波を踏んで失速したこともあり逆転2着。

 ここのところ浜名湖冠協賛競走の常連になっており、今節も毎日冠協賛を提供している熱海のコンパニオン旅館離れの・・・・・宿ほのかがスポンサーの12R熱海温泉離れの・・・・・宿ほのかは6号艇服部幸男(静岡)が動いた126/345の進入に。
 1号艇吉川元浩といえば2001年の当地SG笹川賞で優出1号艇も3号艇服部先生の4カド捲りを飛ばしに行って共倒れになった事がありますが、この両者が同じレースになると大抵どっちかが消えるか共倒れになるかでワンツーはまれ。
 今回は吉川が24スタート、服部先生が27の一番遅いスタートで共にスタート後手を踏み、対照的に4カドから12トップスタートを決めた3号艇池田浩二がそのまま内艇を捲りきり1着。
 二段捲りの4号艇飯山泰と差した5号艇山口剛の2番手争いになり、2M先行した山口つよしを行かせて捌いた飯山やすしが単独2番手になりかけるもしかし、2周1Mで山口つよしが切り返して飯山やすしの内に潜り込み、包みきれなかった飯山やすしは山口つよしに張られる形になって後退。
 かくして、平和島SG総理大臣杯のワンツーコンビ山口と岡崎が共にSG連続優出です。
【HD】浜名湖SG笹川賞準優勝戦3個レース

 京都府乙訓郡大山崎町で西河経営・労務管理事務所を営む西河豊所長が冠協賛スポンサーになった優勝戦競艇レーサーよ永遠に!記念の枠番です。

1:池田浩二 2:菊地孝平 3:今村豊 4:新田雄史 5:山口剛 6:岡崎恭裕

 内2艇に20代、外枠3艇に20代が固まる中、名人戦世代からミスター競艇が優出しました。
 ちなみに中京スポーツによる東スポ競艇チャンネルが順調に更新されてますが、東スポ紙上では今節「山口剛・スーパースターへの道」が連載されてます。
 今夜の分は4日目12R5号艇で放りスタートの6番手スタートで5着に敗れた件について書かれており、ミスター競艇に「何、保険かけとるんじゃ。」と叱られたとのことです。

【Battle of 6 VOTERACE】浜名湖SG笹川賞当選選手発表!

ブログネタ
競艇 に参加中!
 本日は、5月25日から浜名湖競艇場で開催されるオールスター競艇SG笹川賞のファン投票結果が発表されました。
 選出選手は以下の通り。まずは住之江SG賞金王決定戦ファイナリストで優先出走権を持つ6選手から。

大阪支部松井繁79870
福岡支部瓜生正義55554
愛知支部池田浩二37488
徳島支部田村隆信35133
静岡支部坪井康晴31805
兵庫支部吉川元浩25216


 以下はファン投票順。
福井支部今垣光太郎68680
東京支部濱野谷憲吾49525
群馬支部山崎智也47523
三重支部井口佳典46592
静岡支部服部幸男44386
静岡支部菊地孝平40961
徳島支部横西奏恵38433
愛知支部赤岩善生37682
山口支部今村豊33280
三重支部間嶋仁志32484
静岡支部渡邉英児31697
山口支部白井英治31529
静岡支部金子良昭30959
大阪支部湯川浩司30938
福井支部武田光史30829
大阪支部太田和美29886
兵庫支部魚谷智之29809
静岡支部重野哲之29685
大阪支部田中信一郎28516
福岡支部白水勝也27665
兵庫支部芝田浩治27560
滋賀支部川北浩貴26817
岡山支部田口節子26784
福岡支部日高逸子26466
兵庫支部金子龍介23168
長崎支部石橋道友23091
大阪支部丸岡正典22288
愛知支部大嶋一也21353
佐賀支部上瀧和則21136
福岡支部篠崎元志19578
徳島支部淺田千亜希19357
群馬支部江口晃生19242
広島支部市川哲也18821
香川支部重成一人17141
広島支部海野ゆかり17127
福岡支部岡崎恭裕15807
東京支部飯山泰15784
三重支部新田雄史15734
広島支部辻栄蔵15605
静岡支部今坂勝広15562
山口支部魚谷香織15089
埼玉支部平石和男14595


 次に委員会推薦選手です。
静岡支部笠原亮14548
静岡支部佐々木康幸14156
群馬支部毒島誠12557


 次に、上記選手から平和島SG総理大臣杯優勝選手が出た場合等で繰り上がる予備選手を10人紹介。
佐賀支部深川真二14566
香川支部木村光宏14281
福井支部中島孝平14232
静岡支部横澤剛治14063
群馬支部秋山直之13525
埼玉支部中澤和志13416
福岡支部平田忠則12846
岡山支部寺田千恵12787
徳島支部烏野賢太12786
山口支部寺田祥12690


 次に、得票上位5選手と施行者推薦1選手を選出したドリーム戦の枠番です。
1:松井繁 2:今垣光太郎 3:瓜生正義 4:濱野谷憲吾 5:山崎智也 6:服部幸男

 笹川賞初出場は得票順に、間嶋仁志と渡邉英児と武田光史と川北浩貴と石橋道友と重成一人と飯山泰と新田雄史と魚谷香織と推薦出場の浜名湖G1企業杯共同通信社杯新鋭王座決定戦優勝者毒島誠。
 更にSG初出場は96期のブロガーぅぉちゃんと92期のツイッターブス島、そして72期武田光史。
 十三スポーツさんとのつながりも強い武田光史は昨年末に引退セレモニーを行って三国から三国峠を越えて群馬に嫁いだブス島の奥さん82期3962池田幸美元選手の師匠であります。
 また、地元静岡支部からは服部先生と菊地とつボイとえいじと金子とマラソンマンとガッツ今坂と推薦出場の佐々木と笠原が選出。

 ちなみに、自分の笹川賞ファン投票は競艇POG指名選手から当確選手を除いた選手を優先的に投票しましたが、その中から当選したのは飯山やすしとぅぉちゃんと重成とグレートマザーの4人でした。
2010SasakawaVote
浜名湖競艇場の笹川像うな二朗スナック


大村公営レーシングプレス杯優勝戦

 笹川賞初出場を決めた重成一人(5号艇)と武田光史(6号艇)も優出した一戦は枠なり3vs3の進入から3号艇前本泰和が捲りを決めて先月の下関G1中国地区選手権競走に続く今年2回目・通算59回目の優勝
 差し続いた4号艇川上昇平(長崎)が2番手を航走し、2周2Mで重成に捲られそうになるもこらえきって2着。

 さて、節間9戦6勝オール2連対も前本に捲られ4着に終わった1号艇野澤大二
 来週水曜から始まる平和島総理杯といえば野澤大二が伝説の36号機を駆って優勝した2002年の第37回を真っ先に思い出しますが、36号機は前本泰和も2001年8月のG1トーキョー・ベイ・カップ(優勝者野澤大二)で引き当て予選1位(優出2号艇6着)の活躍を見せてます。

 そんな野澤大二は初日1Rめざまし戦の1号艇でもイン02トップスタートから捲られて2着に敗れたわけですが、その時2コース11スタートから強つけまいで野澤を捲りきる大金星を挙げたのが2号艇犬童千秋(福岡96期4349)。
 犬童の勝ち星はそのスミ1に終わってしまいましたが、SGウィナーに引導を渡した直捲りは、自分の中で犬童千秋に対する評価がぐんと高まりました。
96期女子レーサー犬童千秋、SGウィナーを直捲り。

笹川賞最終日はBP習志野へ重成一人ショーを見に行ってきました

 福岡SG笹川賞最終日の今日は予定通り江戸川競艇場外ボートピア習志野(習志野市茜浜)に行ってきました。
 6月4日からの江戸川本場再開記念を控え、今日から「江戸川競艇」本場再開記念スタンプラリーキャンペーンが始まってたので、まずはスタンプラリー用台紙付きポケットティッシュをもらってスタンプを押してもらい、本場再開記念ボールペンも貰ったので、あとは6月4日以降江戸川本場に行って5000円分の外れ舟券を添付して応募すれば抽選資格獲得です。

★江戸川&BP習志野「本場再開記念」スタンプラリー★
《参加方法》
  .好織鵐廛薀蝓射兮羯罎Get!
 ◆々掌誉遏BP習志野 各施設にてスタンプをGet!
  各施設のインフォメーションコーナーにスタンプを設置してあります。
  スタンプを押された方には、参加賞としてオリジナルボールペンをプレゼント!
  ※スタンプは江戸川、BP習志野で各1つずつ押してください
  (2つ同じ場所で押印されると無効となります)
  スタンプがたまったら5000円分の外れ舟券を添付して応募箱へ投函
 ぁー付は7月6日まで
《抽選》
 7月7日(火)G1江戸川大賞最終日に江戸川競艇場にて抽選をいたします
   景品
  1等:液晶テレビ32型 1台
  2等:任天堂Wii 1台
  3等:電動自転車 1台
  4等:プレイステーション3 1台
  5等:江戸川競艇オリジナルクオカード(500円分) 200名様


 今日行けなかった人は、グラチャン期間中の選手トークショー実施日にBP習志野に行ってスタンプを押してもらうのがベストかなと思いますです。
外枠3艇進入開始

 スタンプラリーに参加した後はBP習志野名物、全国発売競走ご当地メニューで腹ごしらえです。今回はかつおめし500円といか明太フライ100円でした。
かつおめしといか明太フライ

 お待たせいたしました。今日のメイン、重成一人トークショーです。福岡7R終了後と多摩川スポーツニッポン賞5R終了後の2回行われたステージイベントは司会の原ちゃん(原理恵子)と元埼玉28期2357羽尾勉競艇大學教授が舞台に上がったトークショーとボール投げがあり、ボール投げの景品では今月25日びわこG3企業杯キリンカップの名言連発だった表彰式で獲得したキリンカップ2009とビナちゃんのぬいぐるみも提供する太っ腹でした。
 ちなみに昨年度の選手イベントは1回目のトークショー終了後、整理券が配布されて1Fメインエントランス前でポラロイド撮影会&自由撮影会だったですが、今回はステージ右側の景品交換場で希望者が写真撮影したり握手したりする内容になってました。以下は順不同で重成一人ショーの内容です。

香川から家族と車で上京。
金曜日に出発してディズニーランドにも行った。
司会者が原ちゃんだから喜んで受けたとリップサービス
びわこで約1年3ヶ月ぶりのV「久々のVっていいもんだな」
ゴルフショップを営む平山智加の実家とは旧知の仲
父が34期2604重成達郎元選手の重成一人が競艇選手になるのを意識しだしたのは小2の頃あたりから
もし競艇選手にならなかったら?父の親族が土建関係だったのでそうなってたかも。だけど高校入試の面接では体育教師と回答。
同期の中では特に仲がいいのは蜷川哲平白石健鎌田義からはびわこ優勝後真っ先にメールを貰った。
ペラグループはオヤジが現役だったころからのつながり
ペラ作成の所要時間は他の事もしつつ、だいたい3日くらい
休日は子育てに忙しい
重成一人が出演且つ、ブルーナイターロゴのモデルにもなっているまるがめブルーナイターCMの話
ピアスは家においてきた
好きな戦法は捲り差しだけど、先輩から「捲り差しはインを残すからあかん」と言われたことがある
SGグランドチャンピオン決定戦の舞台戸田競艇場は長期不参なのが不安
地元丸亀が海水面なので海水の場の方がプロペラを合わせやすい
減量は得意。方法は汗をかくだけ。ちなみにびわこの時は前検の57kgから52kgまで減量成功。
次節G1大渦大賞の鳴門競艇場は新モーターになってから参戦してないので、ペラが合うかどうかは行ってみてのお楽しみ


 重成一人のトークが思ってた通りおもしろかったのと、原ちゃんがMCとして着実に成長してるのを実感したトークショーでした。
重成一人トークショー第1部重成一人トークショー第2部-2重成一人トークショー第2部-1

 さて、1回目のトークショー後、原ちゃんへあいさつしに行ったら、なんと戸田天皇池上裕次が男になったSG全日本選手権を始めとする戸田競艇を中心に福岡競艇やオートレースのビッグレース等も担当していた伝説の実況アナウンサー北嶋興オフィス・ケイ・ステーション社長が原ちゃんの司会を見守ってて原ちゃんにアドバイスを送ってました。自分は初めて生のミスターKを見かけたのですが、心の中でかなりびっくりしたです。ということで下はミスターKの名実況動画。


笹川賞優勝戦

 枠なり4vs2の進入から1号艇今村豊が09トップスタートで笹川の王冠にリーチを掛けるも、2号艇瓜生正義(筑豊ブラックダイヤモンズ)が19とややスタート遅れた展開を突いて11スタートの3号艇吉川元浩が攻め込む構え。
 そして吉川の攻めを意識した今村豊のターンはやや膨れ、吉川の捲り差しも艇が浮いて間を割れず、絶妙な角度で差しを入れた瓜生が今村豊を差しきり、2007年住之江のSG笹川賞以来の笹川賞V2にしてSGV2、通算では37回目の優勝

津さつき賞優勝戦

 ホームページがリニューアルした津競艇はダービーデーにさつき賞。優勝戦1号艇は今村暢孝(北九州市)と、くしくも笹川賞優勝戦1号艇と同じ名字で笹川賞優勝者と同県という偶然でしたが、レースは123/465の進入から今村暢孝が2号艇守田俊介の差しを振り切って押し切り、「まさに速い者が勝つ。(動画」と今年2回目・通算41回目の優勝
 後続は今村暢孝に届かず外へ持ち出した守田に対し4号艇木村光宏の2番差しが届き、2Mを先行。木村に対し1M外マイから2M差した3号艇新田雄史(三重)が届いて2周1Mを先行しますが、守田を締めて新田を差した木村がここで抜け出し2着。

常滑さざなみ特別優勝戦

 スタート展示の152346から本番では一転3号艇後藤浩がインを奪い取って35/12/46の進入になりましたが、2艇を入れての3コースになった1号艇山本修一があっさり捲りきって、デビュー初Vの地とこなめで今年初・通算8回目の優勝
 差した4号艇山本隆幸(2006年当地G1マーメイドグランプリ優勝者)が2着に入り、味噌煮込みうどんで有名な尾張国にあるとこなめ競艇の終わりは山本屋ワンツー。

桐生G3企業杯サッポロビールカップ優勝戦

 136/245の進入から08トップスタートの2号艇佐々木康幸が捲った展開を突いて4号艇毒島誠(群馬)がブスッと捲り差しを決め、今年2回目・通算10回目の優勝
 ちなみに、サッポロビールCも発売してたBP習志野最寄り駅新習志野はサッポロビール園への無料送迎バス発着駅です。

【明日は多摩川スポーツニッポン賞優勝戦

 枠番は以下の通りです。

1:今井貴士 2:武田光史 3:花田和明 4:川崎公靖 5:尾形栄治 6:深井利寿

 桑田真澄さんら早大院生が同級生の江口晃生を応援しに来た今日は、その緊張か予選2位の江口晃生がW準優4着5着でまさかの優出漏れ。
 対照的に芦屋G3新鋭リーグ戦競走第5戦を優勝して原ちゃんのGBインタビューを受けた今井貴士はW準優連勝で予選5位から一気にポールポシジョン獲得で2節連続Vにリーチです。芦屋新鋭組からは事故点の呪縛から解放された川崎も優出してます。そんな芦屋新鋭をキャッチアップ!したGOLDEN BOYS 2009#03は6月10日にJLC380chで22時30分から初回放送予定です。尚、地元からは今節選手代表の尾形栄治が優出しました。

福岡競艇のSG笹川賞は準優勝戦と水神祭り

 福岡競艇で開催中のオールスター競艇SG笹川賞。本日のメインは3つの準優勝戦ですが、その前の一般戦では3Rで4号艇篠崎元志(福岡我勝手隊)が1236/45の5カドから09トップスタートをぶち込んで捲りを決めSG水神祭、7Rで6号艇佐々木裕美が123/564の5コースから5号艇魚谷智之のカド捲りに乗っかっての捲り差しで先頭に立ちSG水神祭、8Rで2号艇三井所尊春が2341/56のインから32の一番遅いスタートながら小回りで3号艇原田幸哉の捲りをこらえきってSG水神祭と、今回がSG初出場だった3人が本日揃って水神祭(篠崎水神祭佐々木&三井所水神祭)。
 中でも、佐々木裕美の水神祭は2連単31180円と3連単SG史上最高配当199840円の配当もさることながら、亡夫真史さんがSG出場するもF2持ちで無念の結果だった2003年戸田SG総理大臣杯を思い出し感慨深いものがありました。

 さて、準優勝戦1つ目のカード10Rスタート展示は134652でしたが、本番では一転して16245/3の進入。
 この隊形から1号艇菊地孝平が11トップスタート決めたのに対し2号艇今垣光太郎は41とスタート大きく凹んでしまいますが、菊地が4号艇平田忠則(福岡げってん会)のつけまいを張ってターンが膨れた隙を突いて、スタート遅れを立て直したガッキーの差しが菊地に届き、2Mは内のガッキーが菊地を張りながら先行体勢。
 しかし、接触した時の角度が悪かったか張られた菊地は大きく流れて消波装置に激突(映像)、これによる不良航法適用の不安をはらみつつもガッキーが単独先頭に。3番手にいた6号艇・オバケン軍団長藤丸光一福岡支部長が2番手に浮上。
 ですが、先頭のガッキーはそのままも2番手争いは2周1Mでもつれ、藤丸が3号艇秋山直之の外マイを牽制した間に5号艇辻栄蔵が内小回りで2番手逆転。
 しかしまだ激戦は続き、2周2M内突っ込んできたヒラチュウを包んだ辻ちゃんに対し、ヒラチュウを行かせた博多ん大将マルちゃんの差しが辻ちゃんに届いて再び併走に持ち込み、3周1Mでは外から締めようとする辻ちゃんと内から張ろうとするマルちゃんで激しくバトル。この結果、内のマルちゃんが外の辻ちゃんを飛ばしきり単独2番手を取り切りSG初優出を地元水面で実現。
 3周1M張られた辻ちゃんは内を突いた秋山にゃんと差してきたヒラチュウに並ばれ、辻ちゃんは秋山にゃんとヒラチュウの間に割って入り今度は3番手争いが激しくなり、先に書いたようにガッキー不良航法適用による繰り上がり優出の可能性ありと見てたので注目(舟券は秋山にゃんの1.2着付けで外れ確定)した3着争いの行く末は3艇併走状態から3周2M最内のヒラチュウと外ぶん回した秋山にゃんが抜け出し両者同タイムでゴール。
 結果、先に回った地元ヒラチュウが秋山にゃんの全速戦をこらえきって3着が確定し、その後1着入線だったガッキーの不良航法適用による賞典除外が正式決定したために地元ヒラチュウが繰り上がり優出です。尚、ガッキーは多摩川SG総理大臣杯準優待機行動違反からのSG準優連続賞典除外です。

 後味は悪かったものの非常に熱いレースだった10Rに続く準優11Rは枠なり3vs3の進入から1号艇瓜生正義(麻生首相のお膝元筑豊ブラックダイヤモンズ)が10トップスタートの速攻で押し切り1着も、つけ回ろうとした3号艇坪井康晴が選手責任転覆(動画)と後味の悪い1周1Mに。
 ちなみに、今朝の新聞を読んだ時に尾張一宮が生んだ鬼才つボイノリオが心筋梗塞で入院というニュースを見てびっくりしました。命に別状が無かったのには安心しましたです。
 実質1周2Mまでの争いになった2番手争いは2号艇寺田祥と4号艇太田和美の差し合戦になりますが、差し届かず4番手だった6号艇松井繁が2M外に持ち出して非常に冷静なターンで2艇まとめて差しきり、2周1Mに事故艇がいるのを完全にわかってたかのようにHS最内に入って事故艇付近内側優先ルールを生かし切り逆転2着。ここらへんに王者の王者たるところを感じますね。

 最後の準優12Rは枠なり3vs3の進入から1号艇今村豊が4号艇丸岡正典(2008年1月当地釣船茶屋ざうお杯で完全Vを達成した銀河系マルちゃん)の捲りを受け止める間に5号艇・鷹戦士67番吉川元浩の差しが届きますが、吉川を行かせて捌いた豊が王冠にリーチをかける1着ゴール。2M→2周1Mとマルちゃんの全速戦を受け止めきった吉川が2着。


 優勝戦の枠番です。13と31をメインに21と32と23も押さえるかも。

1:今村豊 2:瓜生正義 3:吉川元浩 4:藤丸光一 5:松井繁 6:平田忠則

 ところで、今日と明日の江戸川競艇場(本場再開記念は6月4日から)で生中継されるJLC381ch「笹川賞deあんたが予想大賞」は指定席エグゼ入口そばにしてヤギさん隣の特設ステージで中継されてました。
笹川賞deあんたが予想大賞in江戸川1笹川賞deあんたが予想大賞in江戸川2

 ここで明日16時20分電投締切予定の津さつき賞優勝戦(1号艇今村暢孝)と同日、15時40分発走予定のG1東京優駿で確実に買いそうな馬券を。ポールポシジョンの1番枠を手に入れた横山典弘が騎乗するロジユニヴァースの単勝と松岡正海が騎乗する3枠6番ケイアイライジンの単勝をPOG的な理由で購入予定です。

さつきの福岡でオールスター競艇笹川賞開幕

 今日から始まったオールスター競艇SG笹川賞は、第36回にして初めて関門海峡を渡り福岡競艇場で開催。ちなみに過去の笹川賞において最も西で開催されたのは1989年第16回の下関大会です。
 1981年5月26日生まれの86期4075中野次郎が1号艇の1Rは企画レース「ヤングスター対決!!」で、6人全員が4000番台。枠なり3vs3の進入から中野次郎がバースデーゴール目指してのイン戦でしたが、ここは04トップスタート決めた4号艇田口節子(岡山85期4050)がカド捲り一撃で中野次郎を引き波にはめて振り込ませる圧勝劇を見せ1着

 「佐賀県出身、上瀧和則。新人の気持ちでがんばります!」と、選手紹介特設サイトに動画あり)でヤングスター宣言の上瀧和則は1Rに組まれず、6R2号艇1回乗り。進入213/456と、ここがんばってインを取った上瀧は26の一番遅いスタートながら、4号艇寺田祥のカド捲りが膨れた事もあって逃げ切り1着。初日唯一1号艇以外がインを取ったレースが今節最初のイン逃げ決着でした。

 ファン投票ベスト6によるドリーム戦は枠なり3vs3の進入から逃げ込み図る1号艇松井繁に対し、3号艇濱野谷憲吾の捲り差しが入りますが、ガツンと艇をぶつけながら斜行した王者が逃げ切り1着
 王者にぶつけられバランスを崩すも立て直した濱野谷に対し、1M差しから艇を外へ持ち出した4号艇山崎智也が2M外全速で挑み、更に6号艇の鷹戦士吉川元浩(神戸市)が2Mで濱野谷に押っつけますが、吉川を行かせて捌いた濱野谷は山崎の全速戦を受け止めきり、今度は1周1M濱野谷に叩かれ最後方ながらも1周2M差して追い上げた2号艇瓜生正義(福岡)が2周1M濱野谷の内へ潜り込むも濱野谷は外の山崎智也を牽制しつつ瓜生を包みきり2番手死守。
 しかしまだまだ2番手の攻防は続き、2周2Mでは切り返した山崎智也と5号艇井口佳典が濱野谷に対し突っ込んできますが、2艇を柔軟に行かせて捌いた濱野谷がここで抜けだして激しい2着争いを制しました。尚も続いた3番手争いは3周2Mで山崎智也を捲った瓜生が競り勝っております。

津さつき賞初日

 初日の注目レース9Rツッキーわくなりレースは以下のメンバー。

1:今村暢孝 2:大田誠 3:尾崎鉄也 4:大山博美 5:久富政弘 6:花本夏樹

 このレース唯一のA1である今村が1号艇というシード番組でしたが、2vs4の進入から今村は13トップスタートからの速攻戦で期待に応え1着。3カドからつけ回った尾崎が2着に入り2連単260円、3連単1-3-2は1050円という結果でした。

弥生にのどかな配当3連発の住之江準優+笹川賞+若松植木カップ

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 月曜日から13日の金曜日までオール平日の5日間開催ながら豪華メンバーが集まった住之江競艇の新機新艇シリーズのどか弥生競走は本日4日目準優勝戦の日を迎え、今シリーズ活躍の主力陣で3つの準優は1号艇トリオを中心に今回は本命ムードたっぷりの最終関門となっています。

 1号艇飯山泰を取り巻く1つ目の準優10Rは125/346の進入から04トップスタートの飯山やすしが5号艇金子良昭のつけまいをブロックして逃げ切り、これで住之江2度目の優出となる1着ゴール。
 後続は順走の2号艇服部幸男先生に6号艇松浦博人の差しが迫るも2M松浦を行かせて捌いた服部先生が2着で住之江8度目の優出。尚、2連単180円2連複100円戻しの超本命決着でしたが、拡連複1=2は120円ついてお得な配当になっております。

 1号艇の王者松井繁が大本命の11R準優勝戦。デビュー初優出狙う赤い彗星3号艇の哀・戦士井上大輔(岡山99期4410)が3カドに引いた枠なり2vs4の進入から12スタートの井上大輔がつけまいを敢行しますが、09トップスタートの2号艇・今年の新鋭チャンプ松下一也が先捲り。
 しかし松下一也の捲りは10スタートの王者に全く届かず、王者のイン逃げ圧勝劇を披露した貫禄の1着ゴールで住之江68回目の優出。
 Panasonic製大型映像装置ボートくんの前を2番手で通過した松下一也ですが2Mでもたついてしまい、1M差し3番手から艇を外へ持ち出していた4号艇竹上真司がここで松下一也を差しきり、2周1M松下一也の全速戦をこらえきって逆転2着になり、松松ワンツーを阻止した松竹ワンツーで住之江7度目の優出。パナソニック発祥の地大阪府にある住之江競艇での初優出はお預けになった新鋭チャンプ松下一也ですが、3着に入って3連単860円を提供。ちなみに今節は愛知100期4442松竹大輔も出場してます。

 予選を無傷の5連勝でクリアした1号艇田中信一郎を取り巻く12R準優勝戦は枠なり3vs3の進入から09トップスタートを決め、住之江51回目の優出となる1着ゴール。
 捲り差した三号艇三井所尊春が2着に入り、ミーショは笹川賞初出場と住之江初優出でWのおめでた。3着には1M外マイの4号艇笠原亮が入り、どちらも2番人気ながら2連単290円3連単590円の激安セール。特に3連単は本日の最低配当。


 タナシン初の完全Vが懸かった優勝戦は以下の枠順。

1:田中信一郎 2:松井繁 3:飯山泰 4:服部幸男 5:三井所尊春 6:竹上真司

 佐賀のミーショが動いてやっさんがカドになったら若干波乱の余地もありそうですが、枠なりならすんなりっぽいですね。

福岡SG笹川賞出場選手発表

 上位48人が当選になる笹川賞ファン投票、昨日出場選手が発表されたわけですが、ここでは中間発表(2月5日時点)との相違点を。尚、中間発表第8位で1万票以上あった横西奏恵と同37位の中村有裕がフライングの為選出除外です。

 まず、中間発表48位以上で本番49位以下だった選手は
中間発表23位中島孝平
同25位白井英治
同33位石田政吾
同34位笠原亮
同35位峰竜太
同36位辻栄蔵
同38位佐々木康幸
同39位市川哲也
同41位横澤剛治
同43位秋山直之
同44位濱村美鹿子
同46位西島義則
同47位山口剛

 以上の選手が最終得票では49位以下に。このうち、白井と辻と秋山は委員会推薦で出場が決定。濱村は予備1位です。

 逆に中間発表49位以下から最終発表で当選したのは
最終得票14位山崎哲司
同18位三井所尊春
同19位平石和男
同20位重野哲之
同21位金子良昭
同22位星野政彦
同30位川崎智幸
同32位芝田浩治
同35位深川真二
同37位藤丸光一
同40位白水勝也
同41位山本浩次
同43位須藤博倫
同44位長野壮志郎
同47位金子龍介

 これを見てどう思うかは人それぞれでありますが、とりあえず白水勝也初出場おめでとうございます。ただ、飯山やすし(中間58位)と山口つよしが落選したからかなりテンションダウン。
平和島54周年初日の白水2009SasakawaVote


若松G3新鋭リーグ戦競走第2戦植木通彦フェニックスカップ2日目

 若松競艇をホームに活躍したのはかつて艇王・不死鳥と呼ばれた植木通彦競走会理事。ほんでもって、SG総理大臣杯を控える多摩川競艇の開設記念はG1ウェイキーカップ、津競艇のタイトル戦はフェニックス賞
 そして、今回の新鋭リーグはその2つを合わせたかのような名前で、昨年2月の一般公募で昨年3月に決まったのが「植木通彦フェニックスカップ」。年度の関係で第2回は新鋭リーグ第17戦として今年もう1回行われます。

 植木カップというのを強調したいので、上の部分は最終日にも一部使い回すと思いますが、当blogの目標として今年は女子リーグより新鋭リーグにCatchUp!していこうという事で昨日書き忘れた植木カップの話題を今日書きます。女子王座の売上100億に対し新鋭王座の売上69億という今年度の状況ですが、それだからこそ今年は新鋭中心に追いかけていって来年遠征予定の浜名湖新鋭王座を盛り上げたいなと。ちなみに今年の新鋭リーグ日程は全20戦で、東京3場で無いのは非常に残念(平和島&多摩川はリーグ活性化の為にもリーグ戦復活すべき)ですが、その東京3場と児島・福岡を除く19場(若松2回)で開催されます。

 初日は選手紹介に加え、植木通彦&瓜生正義トークショーもありましたが、水上のメインはドリーム戦。ここは枠なり3vs3の進入から1号艇今井貴士(福岡)が4号艇稲田浩二の捲りを張りながら翼を広げる豪快なイン戦で1着。
 その今井、初日1走目の5Rは6号艇で枠なり3vs3の6コースから、3号艇岡祐臣が捲った展開を突いて捲り差し狙うも、内で1号艇土屋智則が振り込んだところに2号艇齊藤優共々突っ込んでしまい、その影響で5着(動画)。その分をドリーム戦で挽回した格好でした。

 今井の今日は4R3号艇1回乗り。波高8cm東追い風8mの荒れ水面で234/516の2コースから31と一番遅いスタートをやらかしてしまいましたが、他艇の旋回が荒水面で軒並み流れる中冷静な小回りを見せて1着。尚、30スタートで1M2艇に捲られるも2Mと2周1Mで1艇ずつ押っつけて2着になった2号艇長畑友輔(多摩川地区スター)はオール2着ながらも今節唯一のオール2連対。
 さて、師匠に大庭元明を持つ今井貴士は福岡支部というだけでなく、今年のV2が1月戸田東京スポーツ杯と前走地桐生サンケイスポーツ杯(しかも滝沢芳行と夢のワンツー!)で共に関東地区とあって今節特にCatchUp!な存在。明日は5R5号艇と10R2号艇の2回乗りです。
この記念品展示コーナーに植木カップも加わるでしょう

【エコ】府中市主催の平和島SG笹川賞最終日【エコ】

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 晴天の本日は入場14727人と雨天だった前日の8587人を6000人近く上回り、本場客減による窓口人員削減策が新聞記事になる中、久々に万単位の本場入場客を集めた東京ベイ平和島競艇場(主催:府中市)のSG笹川賞最終日
 「緑のパワーで開催。」とエコをテーマに府中市が主催した競艇オールスター戦の最後を飾る優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇濱野谷憲吾Tokyo bay pirates)が21とややスタート遅れ、15スタートの2号艇佐々木康幸が先捲りで09スタートの3号艇白井英治が二段捲り強襲の構え。そして白井西京の二段捲りはベイの大魔神ササキ様の抵抗に遭い、ササキ様を捲りきったものの流れ、11スタートから捲り差そうとする4号艇田中信一郎に絶好の展開となりますが、1M落としすぎたと敗因を述べたタナシンに対し07トップスタートぶちこみからスピードを乗せて#な捲り差しを入れた5号艇井口佳典がタナシンを叩ききって先頭独走となり通算26回目にしてSG初優勝。これで今年は3節連続5回目の優勝で、前走地蒲郡G1オールジャパン竹島特別からの連続記念Vで記念V4となりました。そして次節は連覇狙う津G1つつじ賞王座決定戦で地元凱旋です。
 後続はチルト+3度に跳ね上げた緑の6号艇・いわばエコザワの◎横澤剛治がじっくりためての差しでBS伸びて2Mを先に回りますが、ここで流れてしまい後退。エコザワと切り返してきたタナシンを先に行かせての差しを決めた濱野谷がイン戦大失敗ながら巻き返してしっかり2着となっています。濱野谷に続いて差した白井が3着に入り、チルトサンドで直線仕様になってた緑のエコザワは4着でした。

 さて、本日はこの人に触れないわけにはいきません。その人とは序盤3走のゴンロクが響いて早々に予選落ちながら3日目以降3勝を挙げて大いに盛り上げ、陸の上でも東京スポーツ紙上で「湯川浩司の笹川賞日記」を節間連載した85期4044湯川浩司。5号艇で登場の5Rは「このレースお待たせしました、3のチルトで勝ちに行きます。まさに湯川16:30改め本日より世界の湯川とお伝えしておきます(動画)。」と4日目3Rに続くチルト+3度で登場。当然スタート展示は126345の6コースですが、本番は3号艇田口節子(85期4050)がいち早く6コース予約済み。そして126/453の進入から世界の湯川が09トップスタートを放ち世界の湯川秀樹感激!の捲り一発決めますが若干流れ、湯川マーク大正解だった田口の捲り差しが入り先頭。内でこらえた2号艇は三重の人気者森竜也もBS伸びて湯川を捕らえて湯川は3番手。しかし2M先に回った田口と森が共にバウンド気味のターンとなり、世界の湯川が秀樹間隙!を突く差しで逆転1着。バウンドしながらも森を包みきった田口が2着で銀河系ワンツーとお伝えしておきます。2号艇の後半9Rピースター選抜戦ではシリーズ5勝目となるちるとれーどの2コース差しで締めた世界の湯川、7月12日からのG1平和島ダイヤモンドカップで再びチルトサンドを見せてくれるのを、特にベイ吉アナ実況レースで期待。

 道中感激のあまり真弓コールをぶちこんだという井口に話を戻して、5号艇で勝ったにもかかわらず専用の6号艇でウイニングランをした井口はベロタクシーで表彰式会場に到着。野口忠直府中市長から表彰された後は銀河系同期の湯川や三重の前エース森竜也らが参加した水神祭でずぶぬれになり、水神祭後に行われた湯川とのツーショット撮影ではずぶぬれの井口が湯川の肩に手を掛け「冷たいで(笑)!冷たいでおまえ(笑)!」と湯川に言われる微笑ましい場面が夜のJLC NEWSで流されました。
6号艇で#にウイニングラン井口佳典の#な表彰式

 さて、今日も平和島に行ってきまして、着いた時は緑のパワースポーツ報知がプロデュースしたダイヤモンドトークショー。出演は真弓コールで一世を風靡した真弓明信と共に80年代の阪神タイガースを支えたミスタータイガース掛布雅之と、すっかり競艇場イベントでお馴染みになった下関出身の宮本和知でした。ちなみに掛布の本命がベイの大魔神ササキ様で宮本の本命が同郷の白井西京、司会のスポーツ報知記者小松生幹は濱野谷を本命にしてましたが、優勝はタイガースカラーの井口でしたね。
ここまで飛ばせ〜放り込め放り込め掛布♪

 若松SGモーターボート記念に江戸川推薦で出場を決めた作間章を始め、角谷健吾山田竜一が運転手だったベロタクシー試乗会2日目。11R特別選抜A戦の舟券購入後に乗車したのですが、3人の中で唯一G1江戸川大賞IN蒲郡に出場するさくまあきらMB記念江戸川代表が運転手でした。ちなみにこの時はまだMB記念出場を知らなかったのでおめでとうを言えなかったです。
 ベロタクシーは電動アシスト付き自転車を使ったエコタクシーですが、良2さん&かじさん&ナナメさん&もなみさん夫婦と一緒に見てた優勝戦発売中、自分たちがいた階段スタンド真下の水面際にJLC NEWSでお馴染み原理恵子がいるのを見かけました。CASTERS LEAGUE笹川賞チャレンジ収録日の水曜に続いてり・エコな原ちゃんに節間2回も声を掛ける事が出来てラッキーだったのです。
おめでとうMB記念江戸川代表さくまあきら!ケンゴとヤマダドラゴン

 東京ダービー王のムテキング濱野谷は2着に敗れましたが、4日は勝島運河の対岸大井競馬の東京ダービー(賞金4500万円)。そして本日は大井競馬初日だったので表彰式を見た後は8608人の入場があったTCK大井競馬場へ。はしごというのもありますが、大井競馬なら品川行き無料バスに乗れるというメリットも。レースのお目当ては平和島でもお馴染みガチャピン矢吹誠桑島和宏の父桑島孝春千葉県騎手会長が揃った5R。ガチャピンは写真判定の末に4着とハナ差の3着に入りましたが、普通の馬券は無事だったものの応援馬券は写真撮影数分後にどっかへ消えてたです。
 ちなみに大井に着いた時は岩波理恵歌謡ショーをやってました。19時10分からは武藤敬司夏目ナナのトークショー一本勝負も組まれて興味津々な組み合わせだったんですが、疲れてたので5Rの払戻をしたら見ずにすぐ帰宅しましたです。
ガチャピンと桑島パパの応援馬券。数分後紛失…


中京広域圏3場の優勝戦】

 優勝者に名産松阪肉 朝日屋の松阪肉が与えられる津グランプリシリーズ第1戦は123/465の進入から3号艇待鳥雄紀が仕掛ける構えもアッー!と+03のフライングに散り、01タッチスタートから逃げの態勢を作ろうとした1号艇大賀広幸が待鳥の攻めをブロックして懐が開いた展開を突いて2コース差しを決めた2号艇汐崎正則が2005年5月江戸川スポーツニッポン杯以来となる通算4回目の優勝。差された大賀は捲り差しから三番手を走る5号艇三角哲男を2M先に行かせて捌ききり2着。

 大人の楽しみ、本音と遊び心満載の活字爆弾レジャーニューズの発行元名古屋タイムズのタイトル戦常滑名古屋タイムズ杯争奪ウイニングロード争奪戦は132/546の進入から1号艇菊地孝平が08トップスタートからの速攻で他を寄せ付けずにぶっちぎり、昨年8月福岡国立ボリショイサーカス来日50周年記念レース以来となる通算21回目の優勝。3コース19スタートと後手を踏んだものの強捲りで巻き返した2号艇高沖健太が2Mも強気の全速戦で2着。尚、デビュー初優出の6号艇濱本優一(大阪98期4377)が2周1Mで「ふわっとぐらっとっとっと〜。危険なシーンですが、バランスを崩す。(動画」場面がありましたが持ちこたえて4着入線。

 蒲郡日本モーターボート選手会会長杯争奪戦は枠なり3vs3から1号艇岡本慎治が2〜4号艇をブロックしての逃走劇で押し切り、今年4回目にして通算65回目の優勝を飾って河合良夫愛知支部長から表彰されてます。
 1M差し場ずっぽりの展開になって後続は5号艇樋口範政と6号艇宇佐見淳の愛知コンビによる差し合戦になりかけますが、1Mオカモトにブロックされての外マイながら2番手争いに加わっていた4号艇岡部大輔が2Mフルターンの握り込みで愛知コンビを捲りきって後方に追いやり、一気に2着をとりきりました。

【エコ】笹川賞準優勝戦〜ベイの大魔神とダイデンジン【エコ】

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 東京ベイ平和島のSG笹川賞は本日8587人の入場を集め、水面上は準優勝戦。1つ目の準優勝戦10Rスタート展示の123645から本番2号艇田中信一郎がピット鋭発でインを奪い2136/45の進入。そしてスタートは内2艇が11トップタイで、1号艇白井英治の差しを振り切ったタナシンが先頭。しかし2Mで白井が執念の切り返しを見せ、タナシンの内に潜り込んでおっつけていき飛ばしきって逆転1着。飛ばされたタナシンに対し、1M2番差しから2M外に持ち出しての差しでHS内に潜り込んだ3号艇熊谷直樹(今節選手代表)が迫り2周1Mを先行しますが、ここは狭い艇間をうまく差しきって2着。一度は逃げ切るも白井の見事な切り返しにやられましたが、進入から存在感は抜群だったタナシンも優出です。

 2つ目の準優勝戦11Rは枠なり3vs3から2号艇今村豊が伸びやや優勢も1号艇は平和島巧者の佐々木康幸が今村を張って回り、仕掛け遅れた今村は4着敗退。替わって17と一番遅いスタートだった3号艇井口佳典が強つけまいから佐々木と併走に持ち込みますが、これをこらえきった佐々木が1着。平和島ではベイの大魔神と化す程の強さを誇り、「ササキ様に願いを」込めた自分の期待に応えた大魔神ささ様はささぴーさまご来場のササ川ショーで見事優出を決めました。スタートぶちこめずも強気のつけまいでカバーした井口が2着。

 3つ目の準優勝戦12Rは1号艇濱野谷憲吾が平和島ムテキングの名に恥じぬ12トップスタートの速攻で楽に逃げ切り笹川賞5年連続優出となる1着
 後続はつけ回った6号艇横澤剛治と差した4号艇田村隆信の争いになり、キャビった3号艇原田幸哉も立て直して4番手航走。2Mは外ぶん回した横澤に対し田村は小回りで応戦し、HSでも併走。2周1Mも同様の展開もここは田村が優勢で、劣勢の横澤は2周2M切り返しでおっつけに行きますが田村に包まれ空振りに終わり、横澤の内に原口が入って今度は3番手が接戦。そして3周1M内から先行した原口が単独3番手に上がり、問題の3周2M(動画)。懐を空けて回る体勢の田村に対し原口は突進を敢行し、これが見事に決まって原口逆転2着。そして内を回った横澤が飛ばされた田村に並び、写真判定の末20cm差で逆転3着に。実はこの3着がものすごく重要でして、原口は不良航法で賞典除外となり横澤が繰り上がり優出。胸に輝く「エコ」(本当はD)のロゴが今もイケてる電子戦隊デンジマンのデンジグリーン緑川達也のごとく神がかった緑のパワーで優出を決めた横澤は当レースにおいても優出メンバーにおいても唯一の記念0勝レーサーですが、優勝戦でも緑のパワーでなにかしてくれるのを平和島で大いに期待します。


 緑のパワーで開催した笹川賞のトリを飾る優勝戦の枠番です。

1:濱野谷憲吾 2:佐々木康幸 3:白井英治 4:田中信一郎 5:井口佳典 6:横澤剛治

 予想はK-BATTLEのコメント欄に掲載しますが、緑の横澤中心と予告しておきます。
緑のパワーで開催。

 さて本日はG1京極賞が6月14日に迫ってる事と一攫千金の縁起をかけて、瀬戸の大魔神安岐真人元選手でお馴染み丸亀にあります骨付鳥 一鶴の横浜店で昼食を食べてきました。丸亀といえば平山智加が神奈川県民の西田靖相手に日刊スポーツカップ初優勝水神祭を挙げたのが最近の明るい話題ですね。
 骨付鳥&とりめしに舌鼓を打ってから9R発売中に平和島競艇場到着。すると右横ではTokyo bay piratesが運転する自転車タクシーベロタクシー試乗会があったので乗車。池田雷太支部長に運転してもらいました。
 ベロタク降りた直後にさん達と会ったり、9Rをスタンド3Fで見たら斜め右下階段スタンドに良2さん&ナナメさん&かじさんがやってきたのでそのまま合流したり、前出のささぴーさんと会ったり、もなみさん夫婦と合流したりと賑やかな平和島でしたが、夜は牛小屋でナナメさん一押しの新田芳美宮島日本レジャーチャンネル杯で優勝&ナナメさんが同レースの3連単85600円を的中させた目出度い宴席を店で一緒になった牛小屋仲間のカッキーさん達に山ちゃんさんも加わり、賑やかに23時頃まで。本日会ったみなさんありがとうございました。
緑のパワーだ!ベロタクシー待機中の雷太と一瀬


G1東京優駿キルトクール】

 府中市営平和島競艇では東京ダービーV5のダービー王濱野谷憲吾がポールポシジョンの1番枠ですが、府中の東京優駿ポールポシジョン1番枠は前売1番人気のディープスカイ。そして今回のキルトクールは白枠ながら2番枠のサクセスブロッケン。4戦4勝とはいえ全てダートで初芝がいきなり東京優駿というのは無謀もいいところでしょう。それなのに前売3番人気だから自信のキルトクール。
 ちなみにTCK大井競馬の東京ダービー(賞金4500万円)は6月4日です。

【エコ】茨城ゴールデン準優+緑のプリマベーラな笹川ショー【エコ】

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 江戸川競艇場で場外発売中の浜名湖ボートピア岩間4周年記念茨城放送ゴールデンレース。23日から始まった6日間シリーズの5日目は18名のゴールデンレーサーが顔を揃えた準優勝戦。
 最初の準優勝戦10Rは162/345の進入から21スタートの2号艇北中元樹に抵抗した20スタートの6号艇飯山晃三がそのままつけまいに出るも15スタートの1号艇中村有裕に軽く合わされ、弾かれた飯山晃三はそのままスピンし最後方に脱落。これを避けた北中も大きくコースロスして圏外に去り、ゆうゆう独走となった中村が1着
 後続はダッシュ勢の争いになり、差した3号艇長野壮志郎と5号艇吉村正明、それに捲り差しの4号艇飯島昌弘(茨城)で接戦。2Mは内のまちゃあき海賊団長が先に回りますが、外全速戦の飯島を牽制した分懐が開き、Kasadobaypiratesまちゃあき海賊団長をずぼっと差した長野が2着。

 2つ目の準優勝戦11Rは1246/53の進入から1号艇守田俊介が4号艇福島勇樹王子(茨城)のつけまいをブロックしてのイン逃走で1着
 後続は差した6号艇村上信二が2番手も、2M内からおっつけてきた2号艇一色雅昭を村上が包んでかわす展開を突いてゆーき王子の差しが入り、2周1M内から村上を張って回った龍ヶ崎市のゆーき王子が逆転2着と茨城最後のとりでとして優出を決めました。
茨城の取手

 最後の準優勝戦12Rは枠なり3vs3からシリーズリーダーの1号艇坪井康晴が3号艇森林太のつけまいをブロックしてのイン逃走で1着
 後続は森林太に加え、差した4号艇重野哲之(今節選手代表)と6号艇田中太で接戦になりますが、2M最内から突っ込む田中太を全速握って包んだ森林太と差した重野が抜け出し、HSややリードする森林太に対し重野は2周1M突進で逆転狙いますが森林太に差して捌かれ空振りに終わった上に出口で艇がぐらっときてしまった重野は万事休す。これにより森林太が2着優出を決めました。


 (;`ω´)(´ω`)優勝賞金106万円を懸けて争う茨城ゴールデンレース優勝戦榊原銀河誕生一周年記念レースの枠番です。

1:坪井康晴 2:守田俊介 3:中村有裕 4:森林太 5:長野壮志郎 6:福島勇樹

 遠江と近江が内枠を独占しましたが、茨城ゴールデンレースとしてはやはり元祖早実ゆーき王子が緑のパワーをアピールすることに期待。ちなみに今節から場外発売を再開してが出迎える江戸川競艇場に関しては場に行ってきた土曜日の【再開です!】大魔神がお出迎え!江戸川競艇場外再開【再会です!】に書いてます。

若松かっぱ杯争奪戦優勝戦

 新緑のかっぱ杯は黄色い桜の5号艇山地正樹が黄桜ドンと前付けして152/346の進入となりますが、1号艇中尾誠が10トップスタートできっちり押し切り今年3回目・通算12回目にして若松初優勝。カドから差した3号艇君島秀三が2着に入り、大外コースながら差し伸びた6号艇石渡鉄兵が2M先取り成功で3着に入り、中川俊介と同期の江戸川鉄兵が江戸川場外再開週に緑のパワーをアピールしました。

【エコ平和島SG笹川賞開幕】

 グリーン&クリーンプロジェクトとしてエコをテーマに火力・原子力に頼らない緑のパワーで開催するエコSG。本日平和島競艇場では笹川賞エコPRサポータープリマベーラエコマジックステージショーが行われたようでして、中でも岡部まみと1987年5月27日生まれの堀内くみが選手宣誓どーじょの長田頼宗(TBPクラブ)とTokyo bay pirates大量落選を嘆く選手代表の熊谷直樹に花束を贈呈。

 さて、「エコ」といったら電子戦隊デンジマンの胸にあるロゴ(本当はDだけど)。中川翔子も注目するエコマークのパワースーツを28年前に纏ったデンジグリーン緑川達也をリスペクトするシリーズというわけですね。
 そんな緑川達也の友人フリーザこと「吹雪豪」が26話で歌った銀河ハニーは特撮史上に残る曲として語り継がれてますが、デンジピンク桃井あきらのように強くて美しい女性陣が6人揃ったオール女子戦の8Rは1号艇横西奏恵は23とスタート遅れ、08トップスタートの2号艇日高逸子が捲り。そんな目高さんの捲りに乗っかっての捲り差しで突き抜け1着になったのは銀河系のハニー・3号艇田口節子(岡山85期4050)でした。ちなみに姓は田中でなく田口なので田中節男と血縁関係はありません(動画)。
 尚、差して目高さんと2着争いを演じた5号艇寺田千恵は2Mで振り込み脱落。横ちんに不利があり、外を回った目高さんが2着でした。そして二段捲りを打った4号艇海野ゆかりは出口で振り込み選手責任転覆。転覆したうんのに6号艇永井聖美が乗り上げたことでうんのは不良航法も適用されて事実上シリーズ終了。18日にボートピア習志野壮行トークショーを行い、幼少の頃太陽戦隊サンバルカンに憧れたうんのの脱落は誠に残念なところであります。

 最後にドリーム戦は12346/5の進入となり、4号艇服部幸男先生のつけまいに1号艇松井繁が応戦する間隙を突いて捲り差しを決めた6号艇今村豊1着。正直スローの外コースでは苦しいと思って迷わずキルトクールでしたが、最後に緑のエコパワー・デンジグリーンが来ましたね。

【笹川賞】ウリ年にウリ坊、イノシシに成長。

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 競艇のメッカ住之江競艇場で行われたオールスター競艇SG笹川賞。SG10度目の優出で初の1号艇になった瓜生正義(76期3783)を取り巻く優勝戦スタート展示同様、6号艇三嶌誠司の前付けに抵抗した5号艇原田幸哉(76期3779)が深い進入を阻止すべく動いて、原口がミシマさんをガードする形の1256/34。スタートしました。
 5カドから3号艇田村隆信が06のトップスタートも、原口が壁になって何もできずで6着。対して原口はミシマさんと田村を張っての捲り差し態勢で3番手を航走。
 前方ではたっぷり懐を取った2コース進入(待機行動違反)の2号艇松井繁がイン先マイ流れたウリ坊を差しきって先頭に。地元ファンが大歓声を上げたこの時点で、ああやっぱりウリ坊かと思ったファンもいたはず。しかし、足で勝るウリ坊を牽制して外目を航走してた王者は2M懐を空けすぎ、内から突進してきた原口の餌食に。原口の突進(不良航法)をまともに受けた王者は5番手に後退し、外をガードした進入に続いて原口の強力な援護射撃を貰ったウリ坊が2艇まとめて差しきり、ウリ坊ファンと1頭で買ってたファンが大歓声を上げる中、一気に先頭へ。 ウリなら万歳(お手上げ\(^o^)/の方)から文字通りのウリなら万歳に一転いたしました。
 本栖競艇学校を在校勝率8.31の圧倒的勝率でクリアし、卒業記念競走では一度は先頭も道中抜かれてチャンプになれなかったところから始まり、チャレンジカップの主役だの、ボーダーキング(毎年賞金ランク12位近辺)だの、第2の荘林幸輝(SG19優出0優勝)だのといった称号がついていて、安定してるけどヘタレなところがあったウリ坊がウリ年の今年、住之江2回目、自己通算では26回目にして遂にSG初優勝。原口が2着に入って鉄の結束を誇る76期ワンツーが完成しました。
 おめでとう!だの原田のおかげや!だの原田さまさまや!だのといった暖かい歓声と多数の拍手が飛んだ表彰式では司会のミスタークイズ競艇ダービー荻野滋夫アナがみんなを感動させた素晴らしい話を。「取材した時に同期の横西奏恵選手(76期本栖チャンプ3774)がこう言ってました。「瓜生くん勝ったら私、泣いちゃうだって、瓜生君競艇学校時代一番頑張ってたんだもの…」」これには場内大感動。ウリ坊は「泣いてもらいたいですね(笑)。」と返しましたが、ウリ坊の涙腺もどことなく緩んでたように見えました。
 表彰式後の水神祭では「瓜生君が優勝できてよかった。」と語った原口を始めとする同期や、九州地区の兄貴分である上瀧和則らが参加しましたが、王者も「オレも参加したるわ。」と、文字通りレースが終わったら悔しさは水に流す潔さで水神祭に参加しました。

 尚、優出メンバーが全員戸田SGグランドチャンピオン決定戦の出場権を持っていたので、グラチャンは王者の愛弟子山本隆幸が繰り上がる事になりました。笹川賞節間総売上は171億7231万1500円、最終日売上は51億3371万1000円と賞金王を除くSGでは久々に最終日50億越えを果たしています。
ウリ坊とマリンちゃん


【レース以外の笹川賞最終日】

 大東洋をチェックアウトしてMedia Cafe POPEYE泉の広場店前日のエントリーを書き、書き終わった所でボートピア梅田へ。丁度1R発売中でした。BP梅田は細長い高層建築で、1フロアあたりの客数は今まで行ったどのボートピアよりも沢山いました。土曜日のウインズ並みに多かったですね。一般フロアに椅子が全くないのが悪い意味でウインズ的でしたが。それと、自分が着いた10時30分の段階で指定席が全て売り切れだったのにも驚きましたね。ちなみに1Fには施設ガイドにもあるカフェウィンの他に舟券発売時間外でも営業しているボス・カレーが、4Fには売店があります。
ボートピア梅田

 横ちんイン逃げ失敗の1Rが終わった所で東京G1安田記念を買いにウインズ梅田へ。ちょっと古めなウインズ梅田ですが、細長いA館はBP梅田の一般フロアと造りがよく似てます。表彰式プレゼンター千代大海にちなんだコンゴウリキシオー流し馬券を買い終わったところでいよいよメッカ住之江に出発です。
 住之江に着いてとりあえず1Mの水面を覗いてみたら1分程ではなちゃんさんとばったり遭遇。そしてウリ坊ファンでもあるなにわの大物かつちんさんが用意してくれた南スタンド指定席券を1マークの番人竜鯱まくり差しさんから受け取って指定席へ。席はマイミクシィであるうしぼしさんの隣でした。住之江の指定席は複数メーカーの飲料自販機が用意されており、フリードリンクの種類が豊富でよかったです。モニターも完備でしたし、指定席に関しては首都圏のどの競艇場よりも上ですね。江戸川はモニターありますけど、上段の席だとレースが見えない(涙)

 7R発売中に行われた野中和夫選手会長with今垣光太郎トークショーは終始笹川賞V6を誇るモンスター野中会長のペースでトークショーが進み、饒舌かつ明快なモンスター会長と寡黙なガキさんの差が目立ったショーでした。
モンスターwith生ガキショー

 トークショー終了後ホルモン丼の列に並び、買い終わったところで山ちゃんさんと京極賞さんに会いました。東京と福井と愛媛が大阪は住之江競艇場の1Mで一堂に会したシーンであります。
ホルどん

 10R発売中にガキさん単独のトークショーが行われ、司会の大場ナツキアナが寡黙なガキさんを何とか雄弁にしようとするも、「(酔うとおしゃべりになるんですか?)ますます無口になります。」等寡黙なキャラは崩れず、後半はガキさんたっての希望でトークショーからサイン会に変更となりました。
沈黙は金なり、生ガキショー

 大久保麻梨子初代ミスマリンちゃん)が登場した表彰式と公開抽選とSG引き継ぎ式(軽快なウインビーくんとゆっくり動くジャンピーさんの対比がおもしろかったのです)を山ちゃんさんと見て、夜はかつちんさんとか近鉄ファンのみーさんさんとかとにかく大人数で山下和彦(大分県USA市出身)元近鉄捕手らと近鉄黄金時代を築いた光山英和元近鉄捕手がオーナーを務めるえなっくで打ち上げを。沖縄料理の店とあってビールはもちろんオリオンビールでした。そして22時50分のプレミアムドリーム号で無事帰郷しました。今回お会いした皆様、楽しい時間をどうもありがとうございました。
ウインビーくんとジャンピーさんに囲まれるミスマリンちゃん

オール大阪連続優勝中のタナシン、Fに散るも田口節子SG水神祭

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 メッカ住之江で開催中のSG笹川賞は3日目。5Rでインを取ったのは5号艇田中信一郎(大阪)。タナシンはイン速攻で先頭に立ちますが、残念無念+05のフライング。今年はオール大阪の全大阪王将戦ラピートカップ優勝、直前の鳴門G1大渦大賞優勝で今回の最有力候補のひとりだった大阪の巨人タナシンがまさかまさかの脱落です。
 これにより、2コース順走で2番手につけていた1号艇田口節子が繰り上がって1着になりましたが、田口はこれがSG初1着で水神祭が行われました。尚、このレース5着だった岡崎恭裕も前半2Rのイン戦を制してSG初1着の水神祭を行ってます。
 さて、田口節子といえば中ノ森BANDの新曲「旅への扉」が7月25日発売予定。今度の新曲はBassのYUCCO(田口裕美子)が作詞した初めてのシングル曲です。

 本日はコースを取りに行く艇が目立ち、3Rでは4号艇今村暢孝がイン取りで08トップスタート。しかし今村の先マイはかかりが悪く、コース取られた1号艇木村光宏が2コース差しで1着、のぶたかは2艇に差され1艇に捲られで4着でした。
 続く4Rスタート展示インコースの1号艇中村有裕が本番ピット遅れて5カド進入。そして、がむしゃらさのかけらも無い42スタートで5着敗退。でも、がむしゃらにインを取った2号艇三嶌誠司も3コース11トップスタートの3号艇田村隆信に捲られてしまい4着敗退、1着はがむしゃらに捲った田村でした。

 最後に、6Rでは赤ヘル軍団の総大将、3号艇山本浩次の3コース捲りに飲み込まれたインの1号艇峰竜太が、6コースの6号艇山崎智也にカマ掘られて転覆、更に外へ流れた山崎智也が1M出口でバランス崩して転覆(動画)というアクシデントがありましたが、2人共減点無しで帰郷も無しと無事でした。

 ここでK-BATTLEの宣伝。しげ爺さん主催の今回大会「笹川賞 勇気を笑顔に優勝戦」は準優12人、優勝戦12人の勝ち抜き制(ルールはこちら)。参加自体は終盤2日でも可能なはずですが、大会優勝の権利を得るには予選で6R分の予想が必要なので参加希望の方でまだの方は4日目で6R分の予想をしましょう。

蒲郡G3新鋭リーグ戦優勝戦

 2007年度昭和アーケードが今節初日の26日からオープン。目玉として、昨年はメイドがいるキリンビアホールがありましたが、今年はラウンドガール兼任のビア・エンジェルがいるキリンビアガーデンです。即ち、Gガールとメイドの融合。

 てっぺんを目指しての攻防、優勝戦は1号艇赤坂俊輔が3コースからつけて舞う3号艇萬正嗣をブロックしての逃げを通算3度目の優勝。しゅんすけ、蒲郡にダブルタイフーン巻き起こし赤い赤い赤い坂のV3戦士でしゅん。
 2コース順走の2号艇宇佐見淳が2番手で萬が3番手も、心の支え、乗り心地が来た萬がズバット解決全速捲り差しぃ!萬に捲られたうさみは、大外差しからBS内伸びた6号艇吉川喜継に突進されて最後方へ後退したので、ここで萬が単独2番手となりました。

丸亀日刊スポーツカップ優勝戦

 1号艇花田和明がインから押し切り通算26回目の優勝。後続は3コース捲り差しの4号艇篠原俊夫と4カド差しの3号艇久富政弘でラップ状態が続きますが、3周1M外を回った篠原がバランス崩して勝負あり。久富が地元の篠原に競り勝ちました。

 さて、初日1Rで大捲りを決めデビュー戦水神祭を飾った100期新人中田元泰。昨日の8Rでもズバッと捲り差して通算2回目の1着ゴールを飾ってます。GENTA NAKATAの次回斡旋は6月13日から若松マンスリーKYOTEI杯です。 

江戸川内外タイムス杯5日目

 各レーサーが激しい競り合いを展開しています今日の水面上は第8Rを迎えております。このレース2号艇1回乗りの中尾誠エンジンのパーツを換えての登場です。今シリーズは粘っこいところを見せているんですが、エンジンとの格闘も連日続いているようです。その中尾、インから逃げる柴田明宏を差して先頭に立ちますが、柴田もなかなかコーナーワーク鋭く2M差し返しで2周1M先行ターンです。中尾は差しますが、「腕はアッパークラス、しかしエンジンの方はロウワークラス(動画」の中尾は逃げる柴田を捕まえられず、2M逆転に成功した柴田が追っ手を振りきり1着です。尚、中尾はこのレースを最後に負傷帰郷しました。


 6日間の長丁場を勝ち上がって来ました6精鋭によって争われます優勝戦の枠番です。

1:高沖健太 2:森秋光 3:岡瀬正人 4:秋山直之 5:後藤正宗 6:福島勇樹

 初日江戸川選抜のメンバーから中尾誠(帰郷)と岡田憲行(1回乗り希望)が消え、岡瀬と後藤が乗ってきました。秋山にゃんが優勝すれば優勝者当てクイズ的中ですが、足の方がいまいちなのでベタ水面では苦しそうです。

マーベラー。チェンジ!レオパルドン!スパイダーマン峰竜太SG水神祭

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 みんなの笑顔が勇気になる。ということでファンと柏原芳恵の笑顔も溢れたらしい柏原芳恵ライブステージ喜多條忠作詞のハロー・グッバイも熱唱)も行われたメッカ住之江競艇で本日から始まったSG笹川賞。紅茶のおいしい喫茶店を知ってそうな作詞の喜多條先生といえばもちろん競艇ファンでおなじみ喜多條先生のことです。

 オープニングの選手紹介動画)でスパイダーマンのマスクを被って登場し、「おはようございます。登録番号4320スパイダーマンです!たくさんの投票ありがとうございました。皆さんの力で一生懸命走ります。本日の気持ちを表します。ガッチガチやぞー!ガッチガチやぞー!」と気合いを入れたSG初出場の95期峰竜太22歳。
 しかしブルーゲイル4号艇の1Rは緊張で疾風のようにガッチガチになってたのか、艇界の戦闘メカは4カド差し不発の5着。初出場の95期新鋭にやはりSGの壁は厚いかと思わせたところで3号艇の後半6Rは前半と同じ4カドから、今度は一転ソードビッカーの如し必殺の捲り差しを決めSG初1着
 佐賀県の先輩秘密組織鉄十字団首領モンスター教授もとい上瀧和則が勝った8R終了後にSG初1着記念の水神祭が行われ、再び地獄からの使者スパイダーマンに変身してスパイダーポーズを付けて飛び込んだ峰竜太でしたが、覆面が邪魔で水面で窒息。あわてて覆面をはがしたオチ付きの水神祭でした。

 他でインパクトがあった選手紹介としては、「たくさんの投票ありがとうございました。えっと、お知らせがあります。7月末にうちの夫、日高邦博中日新聞社から本を出します。タイトルは「逸子さん僕が主夫します」でイラストは私が描いていますので、たくさん買ってくださ〜い!」と本の宣伝をしたグレートマザー日高逸子と「おはようございます。SG競走出していただいてありがとうございました。日高さんの話はいい話なのでみなさんよかったら買ってください。お願いします。」と本を推薦した森竜也ですね。

 さて、同じファン投票1位記念で共に記念Tシャツを制作した選手でもレースで明暗がはっきり分かれたのがこの阪神両名。「おはようございます。カマギーでございます。今回は、補欠1位繰り上がりという、大変、嬉しい、次第でございます。こんな幸せな僕なんですけども、皆様にこの幸せを、少しおすそ分けしようと思いまして、(Tシャツを脱ぐ)補欠1位繰り上がりTシャツを作ってまいりました!(Tシャツを投げながら)この幸せを、あなたにー!(そしてまた脱ぐ)あなたにもー!(更にもう1枚)あなたにもー!補欠らしからぬ走りで頑張りたいと思います。」なファン投票補欠1位鎌田義は1号艇の前半6R、イン逃げ祭りの住之江だったにもかかわらず先マイ流れて4着大敗。汚名返上に燃えた9Rでは気合いが空回りしてしまい大外から+03のはみ出し。直内で+01の太田和美と揃ってフライング(返還1億4520万4100円)に散ってしまい、結果的に補欠らしい走りとなってしまいました。
 片や悲惨な結果だったのに対し、し「おはようございます。多くのファン投票ありがとうございます。6日間、プレッシャーとの戦いになると思いますが、一生懸命頑張りたいと思います、応援よろしくお願いします。あと、カマギーは繰り上がり1位Tシャツを、僕はファン投票1位Tシャツを作りました。どうぞもらってください。(Tシャツを脱ぐ)」と、選手紹介のトリで堂々登場したファン投票1位の王者松井繁はもちろん1号艇だったドリーム戦で貫禄の王者逃げを披露。5コースから捲り差したスミノエ魚ッカこと5号艇魚谷智之を2着に従え堂々たる圧勝劇の1着でした。2コースから無理捲りの2号艇山崎智也を全く問題にしなかった逃げ足はモーター勝率50位とは思えない足でした。さすがは王者や!

 SGということでK-BATTLE〜笹川賞 勇気を笑顔に優勝戦!実施中の今節、笹川賞情報がいろいろと手に入るKYOTEIブログWaterGardenとかSports@nifty競艇特集とか笹川賞ブログとかの公式なblogが今回も充実してますね。

児島第2回ガァーコカップ優勝戦

 先月の第1回ガァーコカップ(優勝:田中信一郎)から1ヶ月、「ひでよしくんげんきでたくましくなってね」との冠協賛タイトルがついた優勝戦は4コースカドに構えた2号艇島川光男が06トップスタートから一気に捲りきって通算50回目の優勝を飾ると共に第2代ガァ〜コチャンプに就きました。準パーフェクト目指してのイン戦だった1号艇樋口亮も、ミツオーの前には2着に残すのが精一杯でした。

江戸川内外タイムス杯3日目

 第11Rで2コース順走3番手航走の松田竜馬が2周2M振り込み艇が一回転して落水(動画)する出来事があった3日目の競走水面、自分が優勝者当てクイズで投票した5号艇秋山直之第9R1回乗り。俊敏なコーナー捌きを秘めています秋山にゃんは5コースからの鋭い差し技で、インから逃げる1号艇川村正輝の2番手につけ、2周BSで内側から遂に並んだ秋山にゃんは3周2M内から川村を牽制して回り、鮮やかに逆転の1着です。秋山にゃんはこれで5走39点得点率7.80としました。

住之江SG笹川賞ファン投票は石田政吾に清き一票を

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 本日より住之江SG笹川賞ファン投票が始まりましたが、最初に水曜のエントリー「艇史に輝く永遠のプリンス今村豊通算2000勝達成」の若松競艇に関する部分を加筆した事をお知らせしておきます。
 ではここから本題。自分がネット投票で入れた選手はこの12人です。

先ずは勿論このお方、石田政吾!住之江であの一言を聞きたい!あの走りを見たい!

次は投票名簿の一番前にいる中村有裕。ゆうゆうゆうせんしゅつじょうですが、次に名前を出す選手に入れるならゆうゆうドリーム戦狙いでダブルユー投票です。

3人目はゆうゆうゆうしょうといったら当然このお方、中村裕将

4人目はゆうゆうゆうしょうとともにゆうしゅつした江戸川一般競走がデビュー初優出だった当時18歳の岡崎恭裕20歳!

5人目は日曜昼間の一時をお任せできる95期新鋭は峰竜太

6人目は94期やまとチャンプ古賀繁輝20歳!岡崎の同期で峰竜太と同支部と、ライバルにも刺激され着実な成長を歩むやまとチャンプ。2005年8月の三国九頭龍賞における初優勝後伸び悩む95期やまとチャンプ岡村仁(実は92期)もこの3人に負けじと奮起してほしいところ。

7人目は山室展弘さん、コメントは普通です。

8人目は三嶌誠司!昨年は待望のSG戴冠、そして今回は大阪支部69期三羽烏(3555野添貴裕&3556田中信一郎&3557太田和美)との競演を見せて欲しいもの。

9人目は小川晃司!A1昇格で投票のユー・ガッタ・チャンスがやって来たので、進入で沸かせてくれるのを期待して投票。

10人目は松元弥佑紀!腸捻転から生還したウインクリューガー松元茂樹厩舎)の復帰も祈願して投票。

11人目は月末に睦月ときめき競走で住之江参戦の山地正樹!昨年当地サザンカップを制した初代ジュニアヘビー級王者のインタビューを住之江の大舞台で見たい!

さあ、ラストの12人目は自分と同じ東京都民から江戸川巧者にして多摩川G1開設40周年記念覇者の新地雅洋!東京都民で地元大阪支部という一粒で二度おいしい選手です。


 今回の投票におけるポイントはガンバリマスと94期95期の新鋭トリオですね。ちなみに大阪在住大阪支部は以下の14選手です。このうち何人出られるかも注目ですね。
松井繁
倉谷和信
丸岡正典
湯川浩司
吉永則雄
岡田憲行
田中信一郎
大平誉史明
石野貴之
森貴洋
北村征嗣
繁野谷圭介
野添貴裕
原田秀弥


【大型トラックは六輪車】

 本日は2006つけめん大賞受賞の六厘舎@大崎を食べに朝早くから家を出て開店30分前の11時に着いたら、なんと既に20人以上の列が。でも思ったより早く11時10分頃には開店したので3回転目(一斉入れ替え制なのです)で入店したのは11時50分頃。予め注文を聞かれてたので席についてからの待ち時間は短かったですね。太縮れ麺と鰹粉爆弾が乗っかった濃厚和風豚骨つけだれはヘビー級の手応えでした。
 思ったより早く店を出たからその足で演歌の殿堂戸田競艇場へ。本日は蕨市出身の花村みずきが出演、つい2回も見てしまいました。持ち歌「おんなの腕自慢」の他に「水戸黄門」や津競艇名誉執行委員長の代表曲「兄弟船」を歌ってました。
それと、Gyao歌ブログにおいてステージ衣装と同じ格好で「祝い酒(動画」も歌ってます。
蕨市出身花村みずきデビュー1周年凱旋公演

 みずきショーの後はミスター麻雀小島武夫名人とスポーツ報知小松生幹記者によるトークショー&予想会。競艇TV!レジャチャンのCM(動画)でもわかる様に小島名人は非常に面白く、トークショーでは蛭子能収が麻雀で逮捕された時の話とか、静岡82期三羽烏が麻雀好きな事とか、関口智久がプロ雀士志望だった事とかの話をおもしろおかしく話してくれました。ただ、イベントホール内で締切前音楽が流れて無かったせいか小島名人も進行役の小松記者も司会の藤井奈央も時間を忘れていて、9Rの予想会が終わった時には既に締切1分前、予想は聞けても舟券は買えずなのね。うひゃーうひゃーうひゃー。
ちなみに9Rの結果中岡正彦中尾英彦の中○○彦ワンツーでした。

 今回のイベントに関しては概ね火曜のエントリー「闘魂込めて田中豪が優勝した戸田の次節は平和島とのW報知杯」で事前に紹介した通りでした。
小島武夫名人時間を忘れて予想を語る


BACHプラザリポーターも藤井奈央】

 戸田スポーツ報知ウインターカップ2日目1R丹下将がモーター不調により欠場となる波乱で始まりました。その丹下、後半9Rは無事出場しまして、1号艇6コースで着順も6着でした。

 4R花村みずき来月でデビュー1周年記念動画)はインが一番早い段々畑スリットになり、1号艇川田正人がイントップスタートの利を生かして1着、花村みずき記念を制しています。

津グランプリシリーズ第10戦3日目

 2つのドリームトライアルの上位3名ずつで争われたドリーム戦は面白い待機行動となり、チルト+3度の1号艇矢後剛を意識してスタート展示3コースの5号艇木村光宏が早速と大外に入り、スタ展大外の6号艇新井敏司は5コースに入ります。これで矢後ちゃんは4カド!かと思いきや3コース進入の4号艇の向所浩二が艇を下げてなんと3カド。
23/4165の進入になりましたが、矢後ちゃんは進入で攪乱されたものの4コースからしっかり12トップスタートからの捲り一発決まって1着。イン戦だった2号艇徳増秀樹今年の目標は電撃入籍)は逃げ切れば優出1号艇でしたが哀れずぶずぶに後退の6着、傷だらけの秀樹になってしまいました。


 ということで優勝戦の枠番です。

1:矢後ちゃん 2:佐々木和伸 3:橋本開新 4:齊藤仁 5:徳増 6:木山和幸

 蓋を開けたらドリメンは矢後ちゃん・徳増・木山の3人のみ。佐々木と開新に至ってはトライアルにも出てません。矢後ちゃんが一応1号艇ですが、多分×1がインに入りそうですね。小葉音ちゃんの声援を受けて先マイ成功できるでしょうか。

【米国騎手倶楽部杯キルトクール】

 本日はモチ粘って京都9R若駒ステークスを勝つというおめでたい話題がありました((動画))。続く10R河原町特別も含めて1月の競馬はコレデイイノダという感じです。

 さて、中山G2アメリカジョッキークラブカップのキルトクールはマツリダゴッホ。勝ち馬以外は低レベルだった東京G2テレビ東京杯青葉賞こそ2400mで4着入線も、本質的にはマイラーの予感。もとより人気先行タイプなだけにここはキルトクール。

 京都G3平安ステークスのキルトクールはサンライズバッカス。史上最低レベルだった東京G1ジャパンカップダートも人気を下回る着順。同じ様な位置取りだったフィールドルージュに先着を許したのもマイナス材料。もとより早熟タイプと見ているのでキルトクール。

ボートファンの皆様お待たせ致しました、3日ぶりの江戸川です。

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 ボートファンの皆様大変長らくお待たせ致しました。土曜日の中止、日曜日の開催、そして2日間の中止を経まして3日ぶりに行われます江戸川一般競走は2日目の競走水面。初夏を思わせる陽気から一変、夕方には大雨になる今シリーズの開催状況並みに不安定な天気でしたが無事全レース行われました。

 第6Rは江戸川だけのプレミアレース、「上田洋平選手のイン戦が見られるのはジャンプ江戸川競艇だけ!」レースです。
 過去1年間1度もインに入らなかったダッシュ専科の上田がどのようなレースを致しますかが今日最大の注目でしたが、慣れないイン戦で40とスタート立ち遅れた上田はずぶずぶに捲られて6着でした…。

 江戸川では江戸川鉄兵こと74期石渡鉄兵が有名ですが、江戸川の競走水面は中川放水路でして中川俊介こと74期守田俊介の走りからは目が離せません。
 そのしゅんしゅん、第5R第11Rの2回乗りでして第5Rは3号艇、第11Rは4号艇。江戸川選抜6着からの巻き返しを図りたいところです。
 結果ですが、第11Rこそ果敢な4カド捲りがインから逃げる地区スター小澤学に届かず2着でしたが、第5Rでは3コースからの捲り差しで1着となっております。2走とも2連対、中川俊介の名にかけて優出は外せないところです。

【男は黙ってサッポロ黒ラベル競走】

 ゲストの為にベストを尽くす6人の男達によって争われます桐生G3企業杯サッポロビールカップ優勝戦サッポロ黒ラベル競走は、1号艇岡部哲(埼玉)が3コースから捲ってきた伊藤宏をブロックしての逃げで優勝
 後続ですが、大外20トップスタートから捲り差しを狙った片山竜輔は5コースの前田光昭(埼玉)に内からブロックされながらも前田太尊を捲りきりますが、その間に前付け4カドから差した6号艇野長瀬正孝と2コース瀬尾達也に先行されて片山は4番手。しかし2Mで内の野長瀬が瀬尾に押っつけていき両者共に流れてしまい共倒れ。この展開を利して片山が2番手に上がり2着。
 野長瀬と瀬尾が共倒れになったことで3番手争いも一転し、前田太尊と元光通信時給90円伊藤宏の争いになり、2周2M先マイの伊藤宏が競り勝ちました。
 
 かくしてサッポロビールカップは埼玉県比企郡嵐山町の岡部さとしが優勝しましたが、サッポロビールカップつながりで岡部さとしの地元戸田競艇の話題。
 戸田G3企業杯女子リーグサッポロビールカップは6月14日からですが昨年の6月14日戸田G3企業杯女子リ−グサッポロビールカップの最終日でして、岡部さとしはサッポロビールカップには出ずに、イベントスペース横でサッポロビールを販売していました。写真はその時撮ったものですが、あれから約1年、売り子だった岡部さとしが遂にサッポロビールカップを制しました。次は地元のサッポロビールカップを勝って欲しいです。
サッポロビールを売る岡部哲


【白うずしおカップ】

 鳴門うずしおカップ優勝戦は今節不動の優勝候補だった白水勝也(福岡)が1号艇で登場。当地約5年ぶりの参戦ですがこのレース名では負けるわけにはいきません。バランスとれた強力な舟足でVに盤石の体勢です。
 しかし、我らが白うずはイン20トップスタートを決めますが3コース21スタート織田猛をブロックしてる間に5コースから捲り差してきた地元林美憲に差されて白うずはなんと2番手、大ピンチ!
 でもここで頼りになるのは同県人。2コース小回りで3番手にいた原田富士男(福岡)が艇を伸ばし2Mで林におっつけていき白うずをアシスト。フジオは流れて5番手に落ちますが林を流すことに成功し、できた差し場を白うずが差して先頭に立ち逆転。
 富士男様の素晴らしいナイスアシストで大団円となり、我らがヒーロー白うずはうずしおカップを優勝、通算ではG1戸田グランプリを含む16回目の優勝です。2着は林、ナイスアシストのフジオも2周1Mの追い上げで3番手に回復してます。

【デバッチを出待っちびわこ優勝戦

 来月から減音型モーター導入の為、標準型モーターとしては最後の開催となった今節。大外から出畑孝典が狭い艇間を捲り差して通算6回目の優勝を果たしびわこ標準型モーター最後の優勝者に。
 4コースから出畑に捲られるも内2艇を差した小畑実成が3コース捲り差し渡邊伸太郎と併走し、5カドから出畑に捲られるも立て直して差し伸びた高塚清一59歳を小畑は2M先に行かせて差し、2周1Mでは2M2番差しから食い下がる渡邊をつけまいで突き放して完全に抜け出し「出小畑」ワンツー。
 2Mで小畑に差された高塚はここで渡邊にも差されますが2周1Mで差し返し3番手を奪い、このリードを最後まで守って3着に食い込みました。

【さいたまつり戸田SG笹川賞2日目

 1RではSG初出場の1号艇飯島昌弘(茨城在住埼玉支部)が04トップスタートからのイン戦圧勝でSG初1着の水神祭をすれば、8Rでは2006年はSG初出場ええワン秋田健太郎53.5kg(埼玉)が4カド15トップスタートからの捲りを決めて先頭!かと思いきや5コースにいた讃岐の貴公子山崎昭生(王子様だけど2人の孫がいます)に捲り差しを決められてしまい2番手。と思ったら2Mで差し返し逆転した秋田犬は先頭に立ってSG初の1着、これにはメガトン級の衝撃です。
今年は戌年なのだワンということでファン投票で秋田犬に入れまくった甲斐がありました、うれしいです。
今年はええワン秋田犬54kg今年は戌年ええワン

 最後に、K-BATTLEでは笹川賞予想大会「笹川賞 がんばれ○○くん」を実施中です。奮って参加しましょう。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
競艇電投会員即時募集中
既に会員の方はテレボート
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
勝ち組.net
アクセスランキング
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
おすすめバナー
バナソニック
リキプロ非公認サイト

ブログランキング・にほんブログ村へ



人気ブログランキング【ブログの殿堂】

blogram投票ボタン

livedoor プロフィール
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ