ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

競艇王チャレンジカップ

賞金王決定戦へのチャレンジカップは愛知コンビが最終勝負駆け成功

ブログネタ
競艇 に参加中!
 今年は愛知の常滑競艇で開催の一発逆転アタックチャンスSG競艇王チャレンジカップ
 3日目まで6着2本と予選落ちのピンチで賞金王決定戦勝負駆けもピンチだった赤岩善生(愛知82期3946)は4日目に2Rの2号艇2コース差しと9Rの5号艇5コース捲り差しで連勝を決め、16位で予選通過。
 そして昨日の10R準優勝戦こそ6号艇カド受け4コースから5着だったものの、今日は5R1号艇できっちりイン逃げ決めた後、2着勝負の10R特別選抜B戦3号艇に臨みました。
 ここで赤岩は鋭発ピット離れで2号艇西島義則から2コースを奪い、09トップスタートからの早差しで1着になり、節間プレッシャーで胃が痛んだ薩摩隼人は一発逆転で賞金王決定戦乗艇決定。


 優勝戦は2号艇大嶋一也(愛知)があっと驚くイン取りを成功させますが、その際に大嶋と接触してターンマークにぶつかった1号艇原田幸哉(愛知)は勢いで転舵(待機行動違反)したのが逆に幸いして楽な起こしの2コースになり、最終隊形は2/13/456。
 そして大嶋を差しきった原田は4号艇池田浩二(愛知)に差されたものの2M差し返しに成功し、8月の名鉄杯争奪納涼お盆レースからの常滑連覇は通算46回目にして2004年6月浜名湖SGグランドチャンピオン決定戦以来となるSG3回目の優勝
 ただ、個人的には江戸川でもコース動いた大嶋一也に優勝してもらって賞金王決定戦を進入で沸かせてもらいたかったですね。ちなみに舟券は予告通り原田から。

 以上の様に、愛知の赤岩と原田が賞金王決定戦勝負駆けに成功したわけですが、今日の自分はボートピア習志野上瀧和則のトークショーを見に行ってました。ということでヒゲダンディKAZUYA.Oの前付けは習志野の3Fあかねビジョンで観戦。上瀧トークショーについては、明日の記事で書く予定です。
上瀧トークショー第2部

競艇王チャレンジカップ準優勝戦+住之江で滝澤友恵が水神祭

ブログネタ
競艇 に参加中!
 愛知県常滑競艇で開催中のSG競艇王チャレンジカップは本日準優でしたが、下関G1競帝王決定戦を優勝した柏野幸二がまさかの節間0勝で5.33におわりましたのを筆頭に、有力選手が多く予選敗退した一発逆転チャレンジカップ。
 
 3つ共地元選手が1号艇になった準優を振り返ると、1つ目の10Rは1236/45の進入から1号艇池田浩二が01タッチスタートも、3号艇徳増秀樹がチャンスは一度逃がしはしない捲り差しで池田を差しきり1着。
 池田は2M流れてしまい、内を突いた5号艇森高一真が池田を抜いて2番手に浮上。
 しかし2周2M森高は秀樹の引き波を踏んでキャビってしまい、そこを差した池田が森高に並び、3周1M森高のつけまいをこらえきって同体でしのいだ池田が3周2M内の利で先に回って2着優出。

 個性派レーサーが揃った2つ目の11Rは5号艇西島義則(広島49期3024)が2コースに入ったのに対し、2号艇吉田弘文が3カドを選択して15/2346の並び。
 そんな進入隊形でしたが1号艇大嶋一也(愛知49期3010)はしっかり12トップスタートを決める速攻劇で1着。
 一方、勝負駆けの2番手は6号艇魚谷智之と3号艇石橋道友(長崎)で接戦になり、2M内から先行した魚谷を差しきる好プレイを披露した石橋が2周1M魚谷の差し返しを振り切って2着と、SG初優出達成で来年の地元大村SGグランドチャンピオン決定戦出場当確目前に。
 大村競艇HPの長崎支部選手のSG優出は1997年5月常滑SG笹川賞の24期2170古川文雄元選手(佐賀在住長崎支部)以来との事。完走で来年の地元グラチャン当確になる事と合わせて、石橋道友は競艇長崎支部の歴史に名を刻む事に。

 最後の準優12Rは優出完走で賞金王決定戦当確の5号艇田村隆信(徳島85期4028)が動いた125/346の進入になり、勝てば優出1号艇の原田幸哉が02トップスタート踏み込んで田村のツケマイを受け止めて逃げ切り1着。
 差した3号艇湯川浩司(大阪85期4044)が2番手を航走しますが、2周2M湯川が原田の引き波にもたついてる間に田村が湯川の内に潜り込み「い〜っきに捕らえました5号艇の田村。(動画」とミスターデンジャラス山田智彦アナに実況されたた田村が賞金王決定戦ほぼ出場当確となる2着優出。

 優勝戦のメンバー。

1:原田幸哉 2:大嶋一也 3:徳増秀樹 4:池田浩二 5:石橋道友 6:田村隆信

 KAZUYA.Oが一番動きにくい2号艇になったことで楽インになりそうな原田幸哉から。


【新婚で一皮むけて水神祭】

 男女ダブル優勝戦の住之江森下仁丹杯争奪戦2日目1Rに3号艇で登場した埼玉在住東京支部102期滝澤友恵
 レースは126/534の5コース進入で、21スタートの滝澤友恵は豪快なつけまいを決めて94走目にして遂にデビュー初1着。レース後には水神祭インタビューも行われてます。

 滝澤友恵といえば101期生として入学も訓練中の事故で102期に編入し、更に約半年のブランクを経て2008年12月9日多摩川蛭子カップでようやくデビュー。
 デビューまでの道程は多摩川競艇HPインタビューと本人によるVIVA!キューティーブログを読むとかなり感動します。9月の滝澤友恵&前沢丈史トークショーでも同様の話を生声で聴いて胸を打たれました。

 しかし、ここまで約1年間3着が1度あるだけで2着経験も無く成績の方はぱっとしなかった滝澤友恵がこれまでとは一変した豪快なツケマイ強襲劇。
 やはり、住之江前節あざやか霜月競走を走って新婚さんいらっしゃ〜いインタビューも受けたけど、住之江終了直後新型インフルエンザにかかっちゃった夫水摩敦(若松地元スター99期4413)から今回に向けて何らかのアドバイスがあって、それが効いたのでしょうか。
 というわけで、水摩敦と結婚して実は埼玉から福岡に引っ越している滝澤友恵が新婚の勢いに乗って水神祭を達成しました。

チャレカ準優日のBP習志野は白井最強イベント

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
白井西京となら坊のツーショット 浜名湖SG競艇王チャレンジカップが準優勝戦を迎えた本日は、住之江SG賞金王決定戦出場が当確になった西京ホワイトシャーク白井英治のトークショー&ツーショットポラロイド撮影会が江戸川競艇場外ボートピア習志野で行われたのでBP習志野へ。
 チャレカの他に三国しもつき第3戦2日目とJAL男子王座決定戦大村G3企業杯JAL杯競走2日目若松ミニボートピア北九州メディアドーム開設2周年記念競走3日目も発売しており、舟券的にもボリュームたっぷり。

大魔神のお守り とはいえ直で習志野へ行ったわけでなく、最初にチャレカ単売の江戸川競艇場でガラポンをしてきて、参加賞の大魔神お守りと抽選景品のクオカードを獲得。BP習志野の出走表はしょぼいので、出走表も江戸川で調達。

チャレカキャンペーンメニューはうなぎぼくめし&はんぺん串 BP習志野では全国発売競走期間中に開催地にちなんだメニューを提供しますが、今回はうなぎぼくめし(カットしたうなぎ蒲焼とゴボウを炊き込んだ混ぜご飯)500円とはんぺん串100円です。

 ここからは、いよいよトークショーの内容。7R松田安男大先輩、永年勤続御苦労様杯終了後の第1部はこんな内容でした。

・3人の娘と男女の双子で5人の子持ち。長女は小学三年生。
・千葉県民の作間章と仲が良くて桃太郎電鉄麻雀仲間。
・ビールが好き。飲み仲間は同県の寺田祥と飲むことが多い。


 撮影会をはさみ、9RママチャリGPファイナル出場記念終了後の第2部はBP習志野競艇大學の28期2357羽尾勉教授も壇上に登場。教授は全国5本の指に入るくらいキレのある走りをする選手と、白井西京を絶賛。羽尾教授の現役時代に見た白井西京評はプロペラや整備に目をくれず、ひたすら乗艇能力を磨いていた印象があるとか、身長が172cmあってとにかく長身とかの話を。そして、白井西京が帰郷後はミスター麻雀小島武夫が壇上に上がって羽尾教授とチャレカ予想トーク。
 ちなみに、今日は初めて3Fあかねビジョンに入場。今まで3F指定席は茜倶楽部シングル、Forスモーカーズと入場しましたが、3f指定席の中では今日のが価格と居心地・見心地のバランスが一番とれてると思いますね。
白井西京トークショー第1部白井西京トークショー第2部with羽尾勉小島武夫名人位+羽尾勉教授


【賞金王へのSUNRISE・チャレンジカップ準優】

 それでは準優勝戦のおさらいです。1つ目の10Rレイジアは日本一早い完全脱毛にチャレンジは「前節さんちゃんがパワフルな動きを見せました46号機を背に、今度はさくちゃんが一気のイン逃げを敢行。優出一番乗りを果たしますか。1号艇作間章(動画)。」と、前夜すっぽんフルコースの精力王座決定戦に出場してビールや焼酎で口をすすぎつつも精力増強にせいこうしたらしい工藤浩伸アナの実況が今日もギンギンでした。
 そんなくぅ〜ちゃんパワー爆発の10Rは進入インから123、ダッシュ456たいけー、スッタートしました。1号艇さくまあきらは先に舞うも3号艇松井繁をブロックした勢いで流れ、2号艇今垣光太郎と4号艇・「4コースのカドから上段回し蹴り赤岩善生(鹿児島県出身愛知県在住愛知支部)の差しが。
 僅かに先行するガッキーに対し赤岩が必死に舳先をねじ込み、2M先に回ろうとするガッキーに対して赤岩は空手パワーで内から押っつけにかかり、そのままガッキー(と中島孝平賞金王決定戦出場の可能性も)を飛ばしきって2Mを先制。そしてこの展開をマーサクしたさくまあきら(千葉在住東京支部82期本栖チャンプ3966)が差しきって逆転1着ゴール。4日目8Rオギリン減量へのチャレンジの成果やいかに!?を制した勢いで予選3位になったマーサク選手が2M抜きながら好枠を生かしました。
 同期マーサク選手に差された82期3946赤岩善生は2番手に落ちて6号艇守田俊介にも内から迫られるものの、2周1M外全速戦で守田を振りきって単独2番手を確保し82期ワンツー完成。尚、赤岩は優勝戦5着以上で中島孝平の賞金を上回る為、この時点で中島孝平賞金王決定戦出場は絶望的になりました。

 2つ目の11R競艇大好き!村田幸雄・上野幹康記念レースは枠なり3vs3から1号艇田中信一郎(大阪)が08トップタイスタートも、工藤アナが大好きな浜名湖名物カドのえーちゃんこと4号艇渡邉英児(静岡)が一気に絞る構えも、3号艇丸岡正典(奈良在住大阪支部)が必死に抵抗した結果えーちゃんの捲りは勢いを失い、マルちゃんを壁にしたタナシンが1Mを先行。ですが、えーちゃんとマルちゃんが喧嘩して出来た艇間をずぼっと突いて6号艇笠原亮(静岡)が捲り差しを決め、タナシンを差しきり1着。尚、笠原は優勝戦2着以上、タナシンは同3着以上で中島の賞金を上回ります。

 3つ目の12R競艇人生45年!大好き競艇☆重則杯は枠なり3vs3の隊形から1号艇坪井康晴(静岡82期3959)が3号艇深川真二をブロックしての逃げで堂々押し切り燃えて1着ゴールを果たし、2日目12R予想は正子!?お車の御用命は菊川タクシーを制した勢いで予選1位になったつボイは優勝戦ポールポシジョンを獲得。
 後続は4号艇横西奏恵と5号艇吉川元浩の差し合戦になるも、横ちんに舳先掛けきった吉川が2Mを先行して2着優出。


 こうして決まった優勝戦丸山裕樹&森やよい結婚おめでとう記念!出場メンバーはこの6選手。

1:坪井康晴 2:作間章 3:笠原亮 4:田中信一郎 5:赤岩善生 6:吉川元浩

 個人的に来て欲しくない2連単2345-45の舟券6点を買うと来ない縁起担ぎで買うものの、真面目な予想は遠江浜名湖で82期つボイのイン帝国成立。近江琵琶湖勢もいないし、さすがに5月ボートピア岩間4周年記念茨城放送ゴールデンレースの失態は繰り返さないでしょう。といいながら差されそうな気もするから裏も。


【JCキルトクール】

 ウオちゃんも出走する東京競馬のG1ジャパンカップキルトクールは直線の長い競馬場適性が疑問なマツリダゴッホ。ちなみに本命は事故絡みとはいえ鞍上強化に成功したメイショウサムソン

2005年度競てい王湯川浩司が決定戦に続きチャレンジカップも!

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 「三連単は1-2-3ダー!」、「元気ですか〜!!元気があれば競艇場にも行ける。」でお馴染み燃える闘魂アントニオ猪木来場した賞金王トライアル浜名湖SG競艇王チャレンジカップは最終日。節間12億2021万3100円の返還をぶっとばす!!!!!!!!!アクシデントもありましたが、ともあれベスト12の座を巡る争いは佳境を迎えました。
 先ずはセミファイナル11R特別選抜A戦CO2削減にチャレンジの蠱翅質(1着賞金350万円)に賞金王出場の可能性を賭けた1号艇原田幸哉。5号艇は王者松井繁の松前付け2コース進入と20タコ凹みに遭う苦しいイン戦ながらも、壁無しの状況を自らの04トップスタートで克服し、捲らせず差させずの美ターンでぶっちぎる圧勝の1着ゴールで賞金王に夢を繋げました。

 「1.2.3.ダー!」ということで私的にスロー3艇決着を強く希望した優勝戦エコライフチャレンジはすんなり枠なり3vs3におさまり、富士重工谷村新司が大好きな1号艇湯川浩司が11トップスタートですんなり逃げて今年5回目、通算では記念4つ目となる16回目の優勝
 今年は戸田SGグランドチャンピオン決定戦でSGウイナーの仲間入りを果たし、G1江戸川大賞で江戸川大将になり、更に地元住之江の大阪ダービー摂河泉で大阪ダービー王を襲名し、平和島関東競艇専門紙記者クラブ杯では湯川16時30分を襲名とお伝え(動画)された2005年下関G1競帝王決定戦覇者湯川浩司。決定戦覇者が他選手のチャレンジを受けて立った貫禄の優勝でこれには王者も「湯川君すごいね〜」と感嘆いたしましたが、レース終了後の賞金王プレイベントでは猪木から闘魂を注入されてしまいました。優勝したのに猪木に俵を投げつけられたり、猪木にぶっとばされるだなんて痛そうだチッチキチー。その闘魂注入シーンは江戸川のモニターでは見られなかったのでOAしてくれたJLC NEWSに感謝。
 後続ですが、順走の2号艇佐藤大介は艇が浮いてしまい、3号艇倉谷和信は外を止めて握ったところ、倉谷の展開を読んだかすかさず引いて2番差しに構えた4号艇はキルトクール艇寺田祥が差し伸び2着に来てしまう舟券的に残念な結果に。これにより寺田祥が賞金王当確となり、暫定12位三嶌誠司(29日からG1尼崎モーターボート大賞)と暫定13位原口(29日からG1常滑ダイヤモンドカップ)が29日から2日間、9万円差で最後の戦いを繰り広げます。ちなみに2人共乗艇するドリーム戦の1着が25万円で6着が7万、予選の1着が12.5万円で6着が3.5万円です。

 さて、歴史が浅い上に実質賞金王トライアル、更には下関競艇開設記念G1競帝王決定戦より格下のレース名という事で、もともと他のSGより売上が悪いチャレンジカップですが、今回は約12億をぶっとばされた事もあり節間125億2068万7800円の大惨敗。返還無しの最終日も39億5066万4800円と40億円割れの惨敗で、約130億円を売った2001年の浜名湖G1新鋭王座決定戦や約105億円を売った2006年の浜名湖G1企業杯JAL女子王座決定戦と大差ない売上に終わりました。浜名湖競艇は来年もチャレンジカップを開催するので、売れない開催をどのようにして売るか、来年への大きな課題ができてしまいましたね。とりあえずは、ハッピーウインターレース並みに異常に早かった発走時間(1R場外締切10:20最終レース場外締切16:02)を遅くする事は必要でしょう。締切が早すぎた事で買えなかったファンも多かったでしょうから。
 個人的な考えですが、本番とトライアルが同じグレードなのは競艇だけですから、全国発売G1に格下げして優勝者に賞金王優先出走権を与えるか、全日本選手権の11月移行による統合をはかるべきでしょう。

江戸川日本財団会長杯最終日

 江戸川競艇場ハッピーウインターレース第9回日本財団会長杯、シリーズの6日目最終日を迎えました。今日の最終第12R優勝戦にご期待下さいましてどうぞ1日ご堪能下さい。先ずは今日のオープニングレース一般戦。ミスターBOWWOWの1号艇山本恭嗣が逃げ切り1着になったこのレースは、捲り差しを狙った5号艇田中健太郎が、60スタートから艇を伸ばしてきた4号艇近藤友宝と接触して転覆です(動画)。

 選抜戦の第10Rが始まりました。発売中に日本財団お母ちゃんありがとうキャンペーンとしてハズレ舟券5枚とクッキー(中に入ってたのはオレンジ味とチョコレート味の二種類、ごちそうさまでした)の交換が行われたこのレースは1号艇村田浩司が61とタイミングを逸しますが、絶好の展開になった2号艇長岡茂一の捲りも大きく流れるターンミス。そこに3号艇は安芸の大魔神佐々木英樹の差しと4号艇小野勇作の捲り差しが入り、2Mモイチタンを牽制して先に回った大魔神を差した小野が1着
 尚、このレース村田との競り合いに敗れ6着となった6号艇栗山繁洋佐賀支部長が永年の社会福祉活動で11月17日に社団法人日本善行会から表彰され、明治神宮で行われた表彰式典に志氣英勝選手会副会長と共に出席していたことが22日に発表されていました。この表彰は、1960年から現在までの46年間にわたり支部所属選手が毎年、年の暮れに地元の児童養護施設の社会福祉法人明照会「慈光園」を訪れて餅つきを行う慰問を続けている事に対しての表彰です。
江戸川の大魔神

 6日間のロングランシリーズを勝ち抜きましたベスト6強の登場です。いよいよファイナル優勝戦が始まりました。今シリーズを大きくリードした2人、1号艇芝田浩治と2号艇堤昇の組み合わせに人気集中した優勝戦は芝田がすんなり逃げて今年3回目、通算28回目の優勝で本日の優勝戦は2つとも関西のこうじが優勝しました。2着もすんなり順走の堤で、2連単210円3連単710円の本命決着でございました。芝田は2003年G1江戸川モーターボート大賞以来約4年ぶりの当地参戦でしたが、好モーター15号機(前回使用者G1江戸川モーターボート大賞柳沢一)の後押しもあってブランクを全然感じさせない走りを最後まで披露し続けましたね。
 さて、賞金王シリーズ勝負駆けの堤昇はここで優勝して114万円を獲得すれば出場確定だったのですが、一転絶望になりました。これにより、ひまひまデータさんによると最後の1人は吉田徳夫でほぼ決まりのようです。


 江戸川競艇次節は29日から12月4日までJLC杯。6日間ともG1尼崎モーターボート大賞を併用発売します。JLC杯主な出場選手はTokyo bay piratesの選手とは別人の一瀬英明を始め、A1から木村光宏小野信樹池上裕次滝沢芳行小林昌敏森岡満郎眞田英二荻野裕介の8人が出場予定。
 この他にも当地9月一般競走優勝の長谷川充3661柳瀬興志の競艇選手ブログでお馴染み柳瀬興志細川明人尾形栄治、池上裕次と境遇が被る三品隆浩、池上裕次の大親友田上晋六らが興津藍ちゃんばりのナイスショットを放つべく、そして東本勝利のカーブを描くべく出場します。

【The Morning Sun】チャレンジカップ準優勝戦【ぶっとばす!!!!!!!!!】

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
ぶっとばす!!!!!!!!! 「ぶっとばす!!!!!!!!!」をキャッチコピーに昨日まで6人がフライングするなど5億8880万5700円の返還をぶっとばしてる浜名湖SG競艇王チャレンジカップ。本日は準優勝戦のある5日目ですが、バブリちゃん海川ひとみハッスル×浜名湖競艇の強力タッグ記念対談を行った地元横澤剛治は予選得点率5.33の20位タイで準優進出ならず、一般戦の5R新婚生活にチャレンジに1号艇として登場。横澤は1236/45の隊形からイン速攻も、横澤とほぼ同体のスリットから捲り差してきた3号艇笠原亮に差され2番手。おまけに笠原は00で生き残りそのまま1着になったのに対し、横澤は+02のフライングに散ってしまいました。尚、このレースの残売上は2070万5500円でした。

 ということで一般戦の段階から返還があった5日目ですが、準優勝戦はどうだったでしょうか。先ずは毎日野菜を350g摂取しましょうと呼びかける1つ目の準優10Rチャレンジ毎日野菜350は123654の態勢から6号艇西島義則が回り直し、1235/46の進入隊形に。ペリカンさんは全然際どくない+07スタートをやらかしてしまいますが大外なので大勢に影響は無く、内側では賞金王目指して2コース直捲りをもくろむ2号艇原田幸哉を20ドカ遅れの1号艇市川哲也がキャビりながらも強引に原口を飛ばし、両者共倒れとなって服部幸男先生の賞金王が当確(原口の敗退が当確条件)になりました。
 この展開を突いて3コースから差しを決めたプロレスLOVEの3号艇佐藤大介がSG初優出を決める1着ゴール。佐藤大介のSG初優出には手作り雑貨屋コガネムシ(豊橋市南牛川1-14-14で豊橋競輪場の近く)も大喜びでしょうね。2着には捲り差した川崎智幸が入っております。
 捲り差しで3番手だったペリカンさんがFに散ったので、3番手は市川と原口の争いに。2艇激しく競り合う中、3周2M内から先に回った原口が競り勝ち明日の特別選抜A戦CO2削減にチャレンジの蠱翅質1号艇を獲得。1着賞金350万円の特別選抜A戦1号艇になったことで賞金王出場に望みを繋げました。尚、Fに散ったのが6号艇のペリカンさんだったので被害は少なく、残売上は2億5226万5900円でした。ちなみにペリカンさんのモーター9号機は前回競艇王チャレンジカップ前哨戦!遠鉄アタック今村暢孝が(1.1.1.1.1.1.F)と完全優勝目前でFに散っており、9号機は2節連続のフライングとなってしまいました。
プロレスLOVEなウイニングラン

 2つ目の準優11R高彰、舟券当てて車を買うチャレンジは枠なりオールスローになりかけるも5号艇西村勝と6号艇上瀧和則が共に回り直して枠なり4vs2。この進入から「い・ん・こ・お・す・の・い・ち・ご・う・て・い瓜生正義までこれもかなり際どいスタート、只今のスタート判定中只今のスタート判定中お手元の投票券大切にお持ち下さいませ。(1番艇欠場!)動画)」ということで先頭の1号艇瓜生正義が+02のフライングに散り、3億7578万8700円が返還となって残売上は7255万100円。この時点で本日の総返還額は驚異の6億3140万7400円となり、工藤浩伸アナに「スリットにマモノがいた」と実況されました。
 これにより、差して2番手の4号艇倉谷和信が繰り上がりの1着、捲り差しで倉谷に続いた5号艇西村勝が2着になっています。

 ちなみに、無我ワールドを電撃退団して全日本プロレスに移籍したミスター無我西村修は昨日の全日本プロレス後楽園ホール大会に出場。世界最強タッグ決定リーグ戦では全日生え抜き渕正信と組んで、デンジャラスK川田利明&埼玉県の久子夫佐々木健介と対戦。川田&久子夫を無我ワールドに引きずり込んで、下馬評を覆す30分ドローに持ち込みました。無我と喧嘩別れした西村に対し場内はものすごい(゚д゚)凸ブーイングだったみたいですが、とりあえずブーイングを跳ね返すだけの試合内容だったようで。

 更にここで今日の東京スポーツ競馬欄トレセン探券隊に掲載された競艇情報。チャレカ&ハッスルコラボプロモーションの一環として関東地区では平石和男(準優11R5着)とTAJIRI媒体訪問を行いましたが、関西地区では倉谷和信とモンスターK川田利明が媒体訪問を行い、大阪スポーツにも訪問したそうです。平石の影に隠れて目立ちませんでしたが、倉谷優出の原動力もハッスルパワーでしたか。
まちゃるKUSHIDA\(^o^)/オワタチエハッスル壮行会

 かなり脱線しましたが、準優12R本場長崎の味にチャレンジは進入枠なり3vs3、スリットも11が最高と前2つとは一転平穏なレースになり1号艇湯川浩司がすんなり1着、2号艇寺田祥がすんなり順走で2着。このレースは6億6419万5700円を売りましたが、マモノの被害を復旧するにはほど遠く、本日の売上は女子王座並みの20億4102万500円でした。いくら歴史が浅い上に実質賞金王トライアルということで格下のSGとはいえ、この売上では近い将来のG1降格を予感させますね。自分の意見としては全国発売G1に格下げして優勝者に賞金王決定戦の優先出走権を付与して賞金低下の埋め合わせをするという意見です。ちなみにキャッチコピーにおける「!」の数は9つで、フライングを切った選手の数も今日で9人になりました。ということで!の数と同じだけFしましたから、もうFの方は無いんじゃないかと。
浜名湖に棲むマモノ

 ギャンブル王争奪!競艇予想大会の対象レースである優勝戦エコライフチャレンジの枠番はこうなりました。優勝戦の予想はK-BATTLEのコメント欄に投稿します。

1:湯川浩司 2:佐藤大介 3:倉谷和信 4:寺田祥 5:川崎智幸 6:西村勝

 当日は「3・連・単・ダー!」と3連単導入時にイメージキャラを務めたアントニオ猪木が来場するので来そうなのは1-2-3ダー!優出固いと思ってたウリ坊が親猪と対面出来ないのは残念ダー!

若松日本モーターボート選手会会長杯争奪戦優勝戦

 昨日行ったボートピア岩間でも発売されてた今シリーズ、サタデーナイトの単独ナイターとあって1億円以上売れた優勝戦は1号艇鎌田義がすんなり逃げて今年3回目、通算24回目、若松は2005年11月一般競走以来となる2回目の優勝。2着には2コース順走の2号艇吉村正明が2M全速戦で取り切りました。

江戸川日本財団会長杯5日目

 第3Rは人気の中心2号艇大西源喜が差し戦で1着になりましたが、4番手争いも3周1Mキャビって結局6着だった6号艇松村賢一はこのレースを最後に私傷病の為帰郷。後半第9Rは選手責任欠場となりました。

 第10Rが始まりました。シリーズリーダーの3号艇芝田浩治が捲り戦で1着になったこのレースは、捲り差しで3番手争いに加わった4号艇大野芳顕は2周1Mを回りきったところで突如バランスを崩しあわや転覆(動画)。なんとか着地に成功しましたが選手責任のエンスト失格になってしまいました。


 優勝戦ベスト6強の登場です。

1:芝田浩治 2:堤昇 3:松浦博人 4:柳田英明 5:川名稔 6:大澤普司

 当地約4年ぶりの芝田がそれを全く感じさせない好内容の走りとモーター15号機(前回G1江戸川モーターボート大賞での使用者柳沢一)の後押しでポールポシジョンを手に入れました。

【倉栗鼠!東京G1ジャパンカップターフキルトクール+α】

 競馬王CCこと阪神G3朝日チャレンジカップの勝ち馬であるインティライミも出走するJCTのキルトクールは世界のアドマイヤムーン。実力は世界トップクラスなものの、それは中距離でのお話。2400mはG1東京優駿7着敗退と結果を残せて無く、この敗戦をきっかけに中距離に専念したほど。世界を制した今でも2400mの距離は克服できないとみてキルトクール。
 余談ですが、インティライミに騎乗してチャレカを制した佐藤哲三が最終日の27日に来場して平尾崇典とトークショーを行う児島競艇場で開催された本日のクラリスカップ2日目12Rで6号艇魚谷香織が6コースから+02のフライング。魚ッ香フライング、JCTのウオッカにとって縁起の悪い結果です。

 ちなみに今日は江戸川競艇場で江戸川分の前売を購入後多摩川競艇場でチャレカと本場開催関東日刊紙競艇記者クラブ杯の前売を買ったところで東京競馬場に行き、府中では最後となるG1ジャパンカップダートを見てきました。川崎と大井を制したヴァーミリアンが4コーナー外目を回って直線力強い末脚を見せて、先に抜け出した府中巧者のフィールドルージュを差しきる強い競馬。特殊コースの府中を克服して、いよいよコース不問の実力を身につけた感が強いですね。で、レース後多摩川に戻る途中に衝撃の準優結果を知り、多摩川に戻ってからチャレカの12Rを買い足したです。

【濱野谷角谷】岩まで競艇王チャレンジカップ【茨城県GoGo】

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 浜名湖競艇場ではSG競艇王チャレンジカップ開催中ですが、浜名湖競艇場外ボートピア岩間では本日濱野谷憲吾角谷健吾のケンゴーゴーTokyo bay piratesトークショーがあったので、茨城県ゴーゴーと2005年1月15日以来2度目の訪問となる岩間まで行ってきました。ケンゴーゴーの共演を見るのは2007年10月7日の平和島以来です。
 清新町ICから乗ると車でびゅーーーんと1時間半以内で行けるのですが、高速代が2800円かかるので、さすがに車でびゅーーーんとまではいかず江戸川競艇場で自場とチャレカの前売舟券購入後柏まで国道6号水戸街道でチンタラ行き、柏から常磐道でびゅーーーんと茨城県ゴーゴー。今節選手代表渡邉英児がイン戦で準優勝負駆けに成功した4Rお客様の満足度向上にチャレンジ勝利者インタビュー中の12時に到着し、BOATBoyの無料券で指定席に入場。間に合うと想定して江戸川で前売を買わなかった5R地域密着度No.1電気工事業にチャレンジの締切に間に合いました。但し、後述の諸事情により舟券は全額返還に。舟券に全く関係なくなった5艇立てのレースを見た後下に降りてトークショー見物。ちなみに濱野谷は道路渋滞の為少し遅れて到着したので最初は角谷だけの登場でした。藤堂みちえキャスター司会でGoGo!とニコリンコな雰囲気で行われたトークショーでは自称ミスターモンキーターン角谷健吾もといミスターモンキーターン濱野谷憲吾が来たということで、モンキーターンの実演も行われました。
濱野谷が来ません!濱野谷無事到着岩間のファンの為にモンキーターン実演中

 14時過ぎからはチャリティーオークションが行われ、売上金はBP岩間の施設所有会社である久保工系列の株式会社近未来ワールド社長に手渡され同社を通じて茨城新聞社文化福祉事業団愛の募金に全額寄付されました。で、帰り道に思い出した事が。茨城県の濱野谷といえば稲敷郡美浦村を拠点にする兄濱野谷憲尚ですが、兄は18日の東京5R障害未勝利戦で落馬負傷。頚椎損傷が疑われる怪我の具合が気になります。
茨城県ゴーゴーのチャリティオークションオークションの売上金を近未来ワールド社長に贈呈

 帰りは高速代を浮かす為に千代田石岡ICで降りて水戸街道をチンタラ走行したのですが、浜名湖といえばうなぎ。ということで、うな丼発祥の地牛久沼の水戸街道沿いにある複数のうなぎ屋の中から鶴舞家でうな重を食べてきました。ふっくらとした炭火焼きのうなぎは肉厚でしっかりとしたお味でした。うなぎだけでなくきも吸も具が大きくて実に美味です。金曜日に牛久沼で鰻を食ったのでまさに金曜の牛。
鶴舞家のうな重(上)きも吸付2415円


【チャレカ4日目も3億3417万6400円の返還】

 2Rは1号艇寺田千恵がかなり際どいスタートもスリット後伸びず、14スタートから勢いよく絞ってきた5号艇横澤剛治に3号艇森秋光が先捲りの構えで抵抗するも、森の抵抗を振りきって横澤が捲り敢行。抵抗及ばず横澤に捲られた森はインのテラッチに飛ばされてしまい最後方に。この展開に乗じてクルリと差した2号艇石川真二1着になりましたが、森と共倒れの格好になって\(^o^)/オワタチエになったテラッチは+03のFで残った売上は1843万600円です。

 岩間到着時には6艇立てだった5R地域密着度No.1電気工事業にチャレンジは一本被りの人気を集めた1号艇今村豊発走直前に体調を崩した為締切後に選手責任欠場(離岸不能による出遅れ扱い)が発表され、売上のほとんどが返還になり残った売上は2596万3300円でした。そして5艇立てになったレースは思いがけずイン戦になった2号艇太田和美がきっちり1着とし、幸運な準優勝負駆けを成功させています。

 9R<チャレンジ!競艇普及活動なり!>は162/435の進入からダッシュ3艇がかなり際どいスタートとなり、捲り差しで1着となった3号艇井口佳典(02)と捲り差しから2M捌いて2着の4号艇原田幸哉(01)はセーフだったものの、井口に張られた上に1号艇高橋勲が壁になり最後方となった5号艇山崎智也が+03でアウトの宣告を受けています。これにより残った売上は9666万7900円でした。

 5Rを欠場した今村豊が私傷病で帰郷した為5艇立てになった12R予選ぶっとばす!ファイナルレイジアは日本一早い完全脱毛にチャレンジは1号艇松井繁が威風堂々たる王者の逃げを披露し1着。「湯川君とは違って陸の上で目立たないように、水面で目立てるように頑張りたいと思います。今のところすべて負けてますんで、これから頑張って行きたいと思います。」と陸の上での発言も光るマイケルレインボーアタッカーがレイジアのメンズエステを受けたら元々欧米系な二枚目顔が更にイケメンになりそうですね。
 後続は今節5艇立てレースで2戦2勝と5艇立ての鬼と化している5号艇平石和男が大外から差し伸びて2着に入り、ここでも5艇立てでの強さを見せました。そして準優進出2着条件だった2号艇都築正治は2コース順走も5艇レースの鬼平石に差され、2M決死の全速あこターンも不発で3着と惜しくも次点でした。尚、準優の予想はK-BATTLEのコメント欄に投稿します。
江戸川日本財団会長杯4日目

 展示航走中に4号艇郷原章平が落水、3号艇桑原将光がボート破損の為2艇が欠場となり4艇立てとなった第3R(北西向かい風7m波高5cm)は12/56の隊形から1号艇関根彰人が36と一番遅いスタートながら1Mをしっかり回って逃げ切りシリーズ2本目の1着。昨日第6Rで15万舟を提供した埼玉の快速王子関根、今日は2連単より10円安い3連単770円を提供しました。尚、剛腕郷原はこの事故により負傷、2号艇の後半11Rを欠場、帰郷しました。

 12Rは1号艇芝田浩治が逃げ切ってシリーズ3本目の1着。予選得点率9.00とし堤昇と同率1位になりましたが、このレース5号艇の井芹大志はスピードが乗ってこずにスタート大きく遅れをとってしまい、責任外の出遅れ返還欠場です。

尼崎競艇ニュース杯優勝戦

 勝利の数だけニュースがある。水面際でセンプル君も見守った(動画競艇ニュース杯の優勝戦は136/245の進入隊形から2号艇田中豪が捲りに行き、これに1号艇石田政吾が食いつく展開を捕らえて捲り差しを決めた5号艇中村亮太が先頭に立つも+01のフライングとなる競艇ニュース。
 2コース差しで2番手の3号艇深川真二が先頭に立ちますが、1M捲り差しから2M内に切れ込み突進してきた4号艇金田幸子を抱いてかわした深川は流れ、この隙を突いて深川を差した石田が逆転で今年3回目、通算36回目の優勝を2001年SGオーシャンカップを制した思い出のセンタープールで飾っています。表彰式では次男坊の誕生日である事を明かす子煩悩な一幕も。

【最後の東京G1ジャパンカップダートキルトクール】

 来年から阪神1800mに移行するので東京2100mとしては最後の開催となるJCDのキルトクールはアメリカからやって来たスチューデントカウンシル。ポリトラック馬場のG1パシフィッククラシックを制した実力馬ですが、それでも府中の特殊ダートを克服するのは難しいでしょう。前売3番人気ではなおさら買いづらいです。

【Oh〜しまった一也】浜名湖SG競艇王チャレンジカップ3日目

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 浜名湖SG競艇王チャレンジカップは開催3日目。1265/43の進入となった3Rは今節最年長の6号艇大嶋一也49歳がスリットめりこむ3コース01タッチスタートから1号艇上瀧和則に若さ溢れるつけまい攻撃。結果は内でこらえBS伸び返した上瀧が1着だったものの、大年増を感じさせないつけまいで2着に入った大嶋の果敢な走りは晩秋でも光るところ。ちなみに4号艇笠原亮は1周2Mでバランスを崩し、そのまま5号艇三嶌誠司の艇尾に接触。更に2号艇吉川元浩ともつれ合ってしまいボートを破損した笠原は選手責任の沈没失格です(動画)。

 ですが、そんなヒゲダンディKAZUYA.O49歳に大きな大きな落とし穴。1号艇で出場の後半7Rに向けてプロペラを交換しに行った大嶋はあろうことか展示ピットにある自らの艇と本番ピットにある6R1号艇森秋光の艇を間違えてしまい、森秋光のプロペラを自身のプロペラと交換してしまう大ボケを。まさかまさかキャリア26年でSG1つを含む記念V14の大ベテランが新人でもしないうっかりミスをしてしまうとは。
 そんなカズヤに騙された形で、スタート展示の進入124536でインに入り展示タイム6.77でチルト-0.5度だった森秋光は展示終了後の状態変更という理由で哀れにも責任外欠場となってしまいました。救い?は森が2日目6Rのフライングによる賞典除外済みで森への被害が少なかったことでしょうか。

 ちなみに5艇で行われた6R本番は思いがけずインが手に入った2号艇平石和男が思いっきりハッスルしての03スタートで逃げ切り1着
 尚、「25日ハッスルマニア、TAJIRI選手の勝利を信じて、今節は「ハッスル、ハッスル」で行きたいと思います。応援ヨロシク。」ということで平石と共に媒体訪問行った仲間であるTAJIRIハッスル・マニア2007でのカードが決まってませんでしたが、今夜のハッスル・ハウスvol.31の結果を受けてハッスルマニアでは天龍源一郎RGと組んでアン・ジョー司令長官モンスター・ボノインリン様組と対戦することが決定しました。

 大嶋が内規違反の為即刻帰郷となったので5艇立てになった7R本番は思いがけずインが手に入った2号艇今村豊が1M先制で先頭に立ち、大外差しで2番手につけた6号艇瓜生正義に最後まで追い回されるも逃げ切り1着。尚、2つの1号艇合計返還額は6569万600円でした。

 ハッスルといえばミスター300%アン・ジョー司令長官ですが、自販機ベンダーアペックス協賛のレースは10R最高の品質でお客様満足度100%チャレンジは2コース差しの6号艇上瀧が1着と連勝したのに対し、3コースつけまい不発で後方になった2号艇魚谷智之は3周1Mで転覆(動画)してしまい負傷帰郷と、養老乃瀧和則と魚民智之で明暗はっきり分かれてしまいました。

 最終のG1タイトルホルダー戦富士テレネットは未来へ「チャレンジ」は4号艇湯川浩司が4カド捲り差しからBS差し伸び内枠2艇を捕らえきってシリーズ3本目の1着となり、得点率1位を堅持。ちなみに4日目の最終はギャンブル王争奪!競艇予想大会対象レース予選ぶっとばす!ファイナルレイジアは日本一早い完全脱毛にチャレンジです。おK-BATTLE競艇王チャレンジカップ予想大会も予選4日目となっております。

丸亀スポーツニッポンカップ優勝戦

 約26年前にデビュー初優勝を飾った思い出の水面で文字通り水の得た魚になったミスターモンキンターンの1号艇水野要53歳が加齢なるインモンキンで押し切り2005年戸田G1競艇名人戦以来となる通算48回目の優勝。4カドから差し伸びた3号艇は95期西野翔太24歳が2着。
 ということで2日目10R全艇出遅れ後レース打ち切りになったり、準優12Rで19万舟が出たりした波乱シリーズのファイナルは肝心要のかなめちゃんが平穏に治めました。

 そんなファミリーレジャーまるがめ競艇がどうやらナイターレースを実施しそうな感じ。四国新聞社記事を要約すると、
丸亀市は19日、競艇事業の経営強化を図る為に中四国で初のナイターレースを始める計画を明らかにした。市は先月から関係自治会と協議して理解を得られた為、施設の実施設計費などを盛り込んだ競艇特別会計の補正予算案を12月定例議会に提案する。高さ約40mの照明塔を7基設置する等、整備費は25億円程度とみている。来年度から設備工事にかかり、2010年度の営業開始を目指す。
 JLCのチャンネル数が6つなので、丸亀が立候補した事により残るナイター枠はあとひとつ。それと、現状でも4場同時ナイターだと売上が共倒れになる状態ですから、極力5場同時開催にならないような開催調整も必要でしょうね。

鳴門金時杯競走優勝戦

 波高7cm北西追い風7mで3周戦ながら安定板着用となった優勝戦は枠なり3vs3から1号艇落合敬一がイン16トップスタートで先マイもターンマークを大きく外し、3号艇西山昇一の捲り差しが入ります。ですが、荒れる水面で乗りやすさを追求した4号艇川原正明が西山の内から捲り差しを入れ、2Mを先制した川原が2005年3月桐生一般競走以来となる通算11回目にして鳴門初優勝。副賞として鳴門金時2箱が贈呈されました。 

江戸川日本財団会長杯3日目

 第6Rが始まりました。10トップスタートの1号艇赤峰和也が逃げ込み図り、差した3号艇松村賢一と2艇の間を割って捲り差す6号艇関根彰人が差無く追いかける展開。2Mは赤峰が先行しますが、松村を行かせて差した関根が赤峰にも舳先を掛けまして先頭は両者ほとんど同体。2周1Mは関根が先行して赤峰が差し、2周2Mは赤峰が先行し関根が差す激しいラリーが相次ぎ、3周1M内から先に回った関根がここで遂に単独先頭。3周2Mバタつきながらも赤峰の追撃を振りきった関根が1着でゴール。埼玉の快速王子ラピッド関根がラリーくんの江戸川競艇で軽快に飛び跳ねラビット関根と化した結果2連単9240円3連単154090円のびっくり配当です。

おけいはん杯キルトクール】

 お京阪電車沿線にある京都競馬場G3京阪杯キルトクールはサンアディユ。やっぱりハンデ戦で牝馬の57kgはきついですよ。

【てるあきSG水神祭】浜名湖SG競艇王CC2日目【タナシン帰郷】

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 昨日浜名湖競艇場来場して偉大なる宣伝活動を行った高田総統(+アン・ジョー司令長官島田二等兵)がその後の記者取材で「来年ここでハッスルをやるよ!」と来年浜名湖でハッスルの試合を提供する事を宣言。さすがは大村G1競艇名人戦来場実績がある青春のエスペランサ高田延彦の親友ですね。
 そんな訳で2年連続で浜名湖開催となる来年のチャレンジカップ(そして再来年は浜名湖賞金王へ)が早くも楽しみになってきたわけですが、賞金王決定戦開催チャレンジ第1弾となる今年のSG競艇王チャレンジカップは2日目の競走水面。

 4Rは1号艇の59期3282池本輝明がイン07トップスタートからの速攻でSG初1着。同期3285の艇王植木通彦引退後にSGデビューを飾った遅咲きの池本が齢40にして水神祭の祝福を受けております。尚、本日このレース4号艇1回乗りだった2007年度競帝王吉川元浩は4カド2番差し狙いも、2コース順走2着だった2号艇三嶌誠司の引き波をまともに踏んでしまう失敗でまさかの6着大敗を喫しています。

 スタート展示は125436だった6R365日ありがとうにチャレンジ!!は1号艇井口佳典がピット後手を踏んでしまい、回り込んでイン主張の構えも井口の内に3号艇木村光宏が艇をねじこんでイン奪取(待機行動違反)。かくして31/24/56となった進入隊形から絶好の3コース進入となった2号艇森秋光がかなり際どいスタートから捲り先制。しかし森は判定の結果+01のフライングで、2段捲りから2番手追走の5号艇西村勝1着。人気薄のまちゃるたんが勝った事で、F返還があるにもかかわらず2連単5-6が6150円3連単5-6-3が30870円の波乱です。

 健康増進の為にヤクルトを飲んでこのエントリーを書いてる自分ですが、8Rヤクルトで健康増進にチャレンジは5号艇西島義則がインを奪って512/634の進入からスワローズ色の4号艇山崎哲司が大外ひと捲りで美ターン!と一気に5ハイを飲み込んで1着。若いツバメの勢いにはペリカンさんも2着に残すのが精一杯でした。

 4号艇田中信一郎練習中に落水して一時意識を失い、負傷帰郷となった為5艇立てになった9R夢にチャレンジ!新東通信ハッスルレースは元WWE戦士TAJIRIと共にコラボプロモーション媒体回りをした1号艇平石和男がイン戦でハッスルしきってシリーズ初1着。「25日ハッスルマニア、TAJIRI選手の勝利を信じて、今節は「ハッスル、ハッスル」で行きたいと思います。応援ヨロシク。」との公約を新東通信ハッスルレースで実現できてよかったですね。それに対して負傷帰郷のタナシンは賞金王こそ当確も、当地前節競艇王チャレンジカップ前哨戦!遠鉄アタック田中伸二に続く浜名湖タナシン連続優勝の夢が消えてしまいました。
 ちなみにハッスル・マニア2007のカードが未だ決まってないTAJIRIは明日のハッスル・ハウスvol.31天龍源一郎とタッグを組んでアン・ジョー司令長官&モンスター・ボノ組と対戦。そこでハッスルマニアに向け何らかのアクションが起こるでしょうね。

 2日目メインレースSGタイトルホルダー戦あなたも激辛鍋にチャレンジは1号艇山崎智也が3号艇今村豊の3コース捲り差しを振りきってシリーズ初1着。今村豊は2着で、当地前節チャレカ前哨戦遠鉄アタックで7戦6勝だった今村暢孝程の勢いでは無いものの3走22点と順調に得点を積み重ねています。

 最後に、参加中のK-BATTLE競艇王チャレンジカップ予想大会『ダブル優勝へチャレンジ!』も3日目。コメント欄に予想を書くだけで誰でも参加できるこの大会、ルールはこちらです。

江戸川日本財団会長杯2日目

 永瀬巧が登録票不携帯の為前検不合格になった優勝賞金114万円の6日間シリーズは2日目。第5Rが始まりました。ここまで2戦共に大外進入だった4号艇近藤友宝が枠を主張して通常の枠なり3vs3になったレースはデビュー初の4コース戦だった近藤が25とやや凹み、5号艇芝田浩治が一気に捲って1着。後続は捲り差した6号艇清水敦揮が2号艇大西源喜を差しきって2番手で、差された大西は3番手。大西は逆転狙って切り返し、2M清水の内に潜り込み小回りを狙いますが、「お〜っと、大西転覆だ。(動画」ということでゴロンとひっくり返った大西は選手責任転覆となってしまいました。

桐生日本モーターボート選手会会長杯争奪戦競走優勝戦

 今年最後となるアクアンNight開催の優勝戦は142/356の進入から3号艇別府正幸が絞り捲りで勝負所各メンバー殺到の1Mを制そうとしますが、この展開を突いて捲り差しを決めた5号艇瀬尾達也が別府を捕らえ、2Mを軽快に先取りした瀬尾に対し別府はもたつき、ここで独走となって通算46回目の優勝。1M差しで3番手追走から2M小回りの6号艇清水攻二が別府のもたつきにより逆転で2着を手にしています。尚、別府は2周1Mで清水を差そうとしますが引き波を踏んで流れ、1号艇富永正人にも抜かれ4着に終わっています。

【浜名湖】競艇王と日本財団会長杯にチャレンジ【江戸川】

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 2年連続チャレンジカップ開催第一弾にして、2009年賞金王開催実現への道第一弾として今日から始まった浜名湖SG競艇王チャレンジカップ。主催者あいさつ、高田総統(+アン・ジョー司令長官島田二等兵)のあいさつ、蔭山幸夫連合会会長のあいさつを経て始まった選手紹介動画)は通常とは逆に笠原亮による選手宣誓から始まり、途中で激励ゾーンに居る選手との入れ替えを行った後、競帝王吉川元浩の「優勝目指して気合い入れていきます応援よろしくお願いします」で一旦終了。その後ドリームメンバーインタビューを兼ねたドリメン選手紹介があって選手紹介が終了。JLC選手紹介ダイジェストに含まれてるのは以上でした。尚、チャレカ開催に合わせてK-BATTLE競艇王チャレンジカップ予想大会「ダブル優勝へチャレンジ!」も開催中です。ルールはこちらです。

 ここからレースの方。7R大高家第一子誕生人生にチャレンジ!はオールスローの612345の進入隊形から絶対スロー起こし主義の5号艇今村豊が大外進入のハンデをものともしない捲り差しで1着

 ダボハゼ倶楽部協賛の8Rダボハゼ倶楽部仲間大募集にチャレンジは21345/6の態勢から5号艇茂御哲之が回り直して2134/65となった進入から2号艇大嶋一也が完璧な逃げで1着、カドから捲り差した6号艇太田和美が2着になったものの、「チャレンジ精神で1節間精一杯やります。」と語った1号艇秋山直之がスリットの限界にチャレンジして+02、「おはようございます。ホームラン狙います。ホームラン打ちます。」と語った3号艇三嶌誠司がスリット場外ホームランを打ってしまい+02、「おはようございます。絶対、賞金王決定戦に出ますんで、応援してください。」とワーストモーター展示タイム50位の逆境を強気の発言でカバーした4号艇田村隆信が気負いすぎたか+04と3艇フライング。このレースの返還は1億2712万7300円で残売上は349万4200円。そして初日総売上も15億1675万3400円とかなりの苦戦になってしまいました。このFにより、賞金ランキング11位三嶌誠司は優勝戦メンバー次第で充分賞金王出場を狙えますが、賞金ランキング14位の田村隆信は完全に圏外へ去りました。

 ドリーム戦子育てチャレンジは3号艇湯川浩司が3コース捲りで1着、5コースから捲り差した5号艇高橋勲が2着、4カド二段捲りの4号艇松井繁が3着となっております。64期3415の王者松井繁は「服部が賞金王ボーダーなんで、僕自身一所懸命頑張って、ぜひとも服部と賞金王行けるように頑張ります。応援お願いします。」と、賞金ランキング10位で待機中の64期3422服部幸男先生の分までチャレンジすることを誓っております。

 最後に、今年度競帝王として他選手のチャレンジを受けて立つ優勝候補筆頭吉川元浩は3号艇1回乗りの10R阿部先輩、子育てにチャレンジ!で豪快な2コース捲りを決め1着発進。尚、吉川に捲られ4番手だった1号艇烏野賢太は3周2Mで振り込んで選手責任転覆(動画)です。

江戸川日本財団会長杯初日

 優勝賞金114万円の今シリーズは今日から25日までのロングランシリーズです。トップレースが始まりました。江戸川初登場の1号艇黄金井力良(埼玉100期)が大外に出て進入は234/561。この進入にムラムラッと黄金力がみなぎってきた6号艇村田浩司が14のトップスタートから一気に捲って1着。黄金力で手に入れたイン戦を生かせなかった2号艇館野友良ですが、記念V5の貫禄で2M差して2番手争いに浮上。2周2Mで差しを入れようとしたらターンマークにアーッとぶつかってしまいます(動画)が、それをものともせず差しを決め2着争いを制しています。

 第2Rが始まりました。江戸川初登場の2号艇近藤友宝(埼玉100期)が外へ出まして、134/562の並びから1号艇坂上毅(岡山在住兵庫支部)が02のトップスタートを決めるも逃げ切れず、坂上鉄工所員を差しきった3号艇藤井勝巳1着

 第4Rが始まりました。先捲りの2号艇山崎紳弘と二段捲りの5号艇桑原将光(江戸川地区スター)でBSほとんど同体。2M先に回る山崎の外からつけまわる桑原でしたが、波にひっかかって選手責任転覆(動画)です。これで独走となった山崎が1着になっています。

 今シリーズは東京支部から長岡茂一大西源喜の来期A1コンビが登場していますが、初日メインの江戸川選抜戦には現A1の川名稔(今シリーズ選手代表)が2号艇で乗艇。夕日に向かってピットアウトし、夕日を背に受けてスタートしたレース本番は1号艇の初代スタート野郎堤昇が10トップスタートで押し切り燃えて1着
 後続は当地約4年ぶり、もし芝田で会ったら久しぶりと声をかけてあげたい3号艇芝田浩治が捲り、順走の2号艇川名と2番差しの4号艇前田光昭で2番手3艇横並び。2Mでは内から先制の前田太尊と外握った芝田がリードしますが、2周1Mではタイソンを差した芝田と芝田の内を差した川名が抜け出し2番手2艇併走となり、2艇に差されたタイソンはここで脱落。2周2M先に回った川名を芝田が差して一歩リードし、3周2M内を突いてきた川名を全速包んで振りきった芝田が当地約4年ぶりのブランクを感じさせない走りで2着争いを制しています。

【入場料100円】エイズ予防チャリティープロレスを10日と11日に開催

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 水上の格闘技KYOTEI。25日に最終日を迎える浜名湖SG競艇王チャレンジカップの宣伝として同じく25日に新横浜駅前の横浜アリーナでハッスル・マニア2007を開催するハッスルとのコラボレーションイベント第一弾として4日には重野哲之&笠原亮vs天龍源一郎&坂田亘コラボトークショー+ハッスル冠協賛レースが行われましたが、本日は平石和男TAJIRIJLCを始めとする媒体訪問を行い、10日以降は共にKUSHIDA\(^o^)/チエが出演する17日の平和島(齊藤仁出演)、18日の戸田(西村勝出演)を始め各地でハッスルコラボイベントが行われます。
 更に10日の新宿東口ステーションスクエアと18日の渋谷109イベントステージではハッスル・マニア直前恒例イベント『I LOVE HUSTLE!!』が行われ、そのイベントには両日ともに中野次郎が出演します。尚、中野次郎の出演は14時からの予定です。

 と、競艇とハッスルのコラボを紹介したところで関東日刊紙競艇記者クラブ杯初日の10日と2日目の11日に戸田競艇場イベントホール内特設リングで行われるLLPW女子プロレス・エイズ予防チャリティーイベントを紹介。100円ポッキリでプロレスの試合が両日共に5試合も見られるなんて素晴らしい企画ですね。特に11日のメインイベントはLLPWの顔であるミスター女子プロレス神取忍参議院議員と90年代の全女を支えた井上貴子(現LLPW)がタッグを組んで、格闘皇子ハーレー斉藤遠藤美月社長と対戦する豪華マッチ。

■11月10日(土)
13:51〜 【第1試合】シングルマッチ(10分一本勝負)
遠藤美月 vs フランソワーズ☆
14:13〜 【第2試合】シングルマッチ(10分一本勝負)
おばっち飯塚 vs Sawaco(グラマーエンジェルス)
14:47〜 【第3試合】タッグマッチ(10分一本勝負)
神取忍・ハーレー斉藤 vs アイガー・沖野小百合
15:17〜 【第4試合】JWP提供マッチ(10分一本勝負)
米山香織(JWP)vs大木アスカ(JWP)
15:47〜 【第5試合】タッグマッチ(10分一本勝負)
井上貴子・森居知子(伊藤道場) vs 立野記代・小林華子(伊藤道場)

■11月11日(日)
13:51〜 【第1試合】シングルマッチ(10分一本勝負)
フランソワーズ☆ vs 沖野小百合
14:13〜 【第2試合】シングルマッチ(10分一本勝負)
立野記代 vs アイガー
14:47〜 【第3試合】タッグマッチ(10分一本勝負)
おばっち飯塚・小林華子(伊藤道場) vs 佐藤綾子(伊藤道場)・上林愛貴(伊藤道場)
15:17〜 【第4試合】JWP提供マッチ(10分一本勝負)
KAZUKI(JWP) vs 闘獣牙Leon(JWP)
15:47〜 【第5試合】タッグマッチ(10分一本勝負)
神取忍・井上貴子 vs ハーレー斉藤・遠藤美月


 尚、試合は7R終了後から11R終了後までで、当日はエイズ予防啓豪活動の一環としてエイズ予防グッズを選手が配布するそうです。

【水上の女子格闘技G3女子リーグ戦みやじまレディースカップ優勝戦

 メタル・マスター宮武準元選手のROCK BARMOTOR BREATH開店2日後の3日から始まった6日間シリーズのファイナルは6人中5人が4000番台、うち3人が純正大和育ちの90期台というフレッシュな顔ぶれに。
 本番は枠なり3vs3の進入から魚ッ香こと3号艇魚谷香織(96期4347)22歳が02スタートをぶち込んで捲りに行くも、1号艇三浦永理(91期)24歳が気合いの04スタートを放って風と共に去りぬスカーレット逃げで魚ッ香を退けデビュー966走目、通算142勝目にして遂に秋の華を咲かせる初優勝。そして88期以降の新鋭女子選手としても一番乗りの初優勝水神祭です。2着には差した4号艇向井美鈴が入ったっス。
 そして宮島の名物といえば美しい子鹿。ということで今節最も期待してた5号艇濱村美鹿子は捲り差しの態勢も向井を捲れませんでしたが、内から伸びて魚ッ香との3着争いに持ち込み2Mを内有利に先制して3着。宮島名産の意地を見せました。
美しき鹿の子


びわこ一般競走最終日

 88期4120柘植政浩が26歳の若さで選手代表を務めた5日間のノンタイトルシリーズ結びの大一番優勝戦は125/346の進入から5号艇細川明人が35と大きく凹み、カドの3号艇安田政彦が大サーカス捲りに行くもクロちゃん枠の2号艇岸本隆が激しく抵抗して両者共倒れとなり、この展開を突いて捲り差しを入れた4号艇池上隆行が6月の宮島G3企業杯広島テレビ杯(宮武準引退開催)以来となる今年V2、通算V6となる優勝。そして前付けしといて凹んだ細川は池上に捲られるも小回りで立て直しちゃっかり2着。人気の中心1号艇市川哲也は岸本の引き波に呑まれ4番手になりますが、2Mの差しで浮上し3着でした。

 さて、今節選手代表の柘植は節間(565163)の成績で優出なりませんでしたが、最終日は2号艇の3Rが2コース戦で、イン22トップスタートの1号艇石間徹が1M先マイ態勢からいきなり振り込み転覆(動画)して柘植も巻き込まれそうになるも、間一髪内をすり抜けて今節2本目の1着に。
 続く4号艇の8Rは鮮やかな4カド捲り差しで最終日連勝で締める今節3本目の1着でした。

常滑中日スポーツ銀杯争奪戦優勝戦

 桐生競艇が誇るA1レーサーとして勇躍1号艇になった中里英夫がイン14トップスタートの速攻で「残した〜2艇身半と優勢に。(動画」と常に滑らかな山智様こと山田智彦アナの実況も更に滑らかになる?マイペースの逃走劇で2005年9月19日蒲郡スピード王座決定戦以来となる通算20回目の優勝。桐生の代表として重責を果たした中里が銀杯で乾杯!となりましたね。
 2着は順走の2号艇坂口周と4カド2番差しの4号艇竹村祥司で争われ、BS内の竹村が2Mを先行してややリードも、差して内に入り込んだ坂口が2周1Mを先制。しかし余裕を持って坂口を差した竹村がここで抜け出し勝負ありとなりました。

九州スポーツ杯争奪唐津くんち特選優勝戦

 今年は11月2日から4日まで開催された唐津くんち。その2日目から始まった6日間シリーズもいよいよフィナーレ。不動のエース機66号機を駆って1号艇を手に入れた杢野誓良がここもイン14トップスタートで逃げを図りますが、そこにカド受け4コースから飛んできたのは4号艇興津藍ちゃんのつけまい攻撃。ですが、スーパーエンジン66号機の力で藍ちゃんを振りきった杢野が2コース差しから伸びてきた2号艇丸岡正典も2M艇を伸ばして振りきり唐津2回目、今年3回目、通算9回目の優勝。杢野は6月17日の一般競走に続く唐津連続優勝、そして66号機も10月21日の一般競走に続く唐津連続優勝でした。尚、2着には順走の銀河系マルちゃんが入り、3着の銀河系藍ちゃんに先着してます。 

【〒448-8799】丸亀のエースで東海郵政の星・三嶌誠司がSG初V

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 来たる住之江SG賞金王決定戦の出場権にチャレンジする争いとして目が離せない丸亀SG競艇王チャレンジカップは今日が最終日。
 本番への権利を巡って目が離せない1着賞金350万の11R特別選抜A戦は6号艇川崎智幸が気合いのイン進入。これに3コース07トップスタートの2号艇菊地孝平が捲りに行きますが流れ、この展開を突いて大外から差したのが決定戦圏外で気楽な立場の白井英治。この白井に、4コース19と凹んだチャレカの主役瓜生正義が捲り差しで続き、迎えた2M。
本番に向けては1着が絶対条件ともいえたウリ坊が先マイの白井を執念の差しで逆転。見事1着としてこの時点で10位川崎(4着)・11位ウリ坊・12位菊地(3着)となり、ウリ坊は菊地を抜いて本番への望みをつなぎました。

 優勝戦は3号艇平石和男が2コースに入り進入は132/465。その平石が26と凹みますが、ポールポシジョンを自力で手に入れた1号艇三嶌誠司にとっては壁無い状態もなんのその。誰の攻めも許さず堂々押し切る圧勝で、地元水面で悲願のSG初優勝
 丸亀では過去V10、通算では過去4つのG1を含みV36だったミシマさん。香川出身ながら愛知県内の郵便局に就職したミシマさんが郵便局を辞め、香川に戻ってのデビューから約15年。丸亀11回目通算37回目の優勝が初めてのSGタイトルとなったわけですが、ミシマさんといえば艇界屈指の早咲き選手としても知られてまして、初優勝がなんとデビュー期の1992年4月13日に児島で達成、SG初出場がなんとデビュー2年未満の1993年に丸亀SG笹川賞で達成、G1初優勝がなんとデビュー3年未満の1994年に丸亀G1四国地区選手権で達成という輝かしい記録を持っているのです。いままでSG獲ってなかったのが不思議なほどです。SGタイトルを手にして名実共に香川支部不動のエースとなったミシマさん、高齢になっても活躍した瀬戸の大魔神安岐真人ばりに息の長い活躍で香川支部エースの座を50過ぎになっても守り続けて欲しいですね。水神祭おめでとう!そして京極賞さんもおめでとう!
G1江戸川モーターボート大賞優出の勢いに乗って今回の地元SGに乗り込み、節前は「しっかりとペラが合えば、何とかなりそうな感じですね。スタートを決めて、先に攻める自分の必勝スタイルで。目標ですか?エリザベス女王杯です(笑)。」とリラックスした姿勢を見せ、気負ってFを切る選手が続出した節間でもミシマさんの走りはリラックスした感じがしました。
 後続ですが、大外進入となったびわこのプラズマスター中村有裕が捲り差しで2番手につけ、4カド捲り差しで4番手の位置から2M切り返しで突っ込んできた鳥飼眞を行かせての差しで2着をゆうゆう取りきり決定戦当確組のよゆうを見せています。
尚、2着条件で本番出場となる艇王植木通彦(福岡)は2号艇で3コースとなり、4カドの骨付鳥飼(福岡)に絞られる窮屈な展開から先捲りを狙うもミシマさんに軽くブロックされる形になって結局中途半端な捲り差し。結局中村有裕に差されての3着で本番出場はかないませんでした。これによってウリ坊(福岡)が定位置の12位で本番出場を決めました。
ミシマさんのウイニングラン



 賞金ランキングベスト12は以下の順です。

1:山崎智也 2:松井繁 3:ゆうゆう 4:坪井康晴 5:魚谷智之 6:濱野谷憲吾
7:辻栄蔵 8:ミシマさん 9:上瀧和則 10:中澤和志 11:川崎 12:ウリ坊

蒲郡日本モーターボート選手会会長杯争奪戦優勝戦

 ピット出遅れもなんのその、回り込んで自分の仕事場にボートを持ってきた深インの3号艇鵜飼菜穂子に、3日目10Rに続いての3カド戦となった4号艇谷川里江と、愛知の大御所両名のしたたかさが目立った進入は32/4156。
鵜飼の深インを受け、2コースの池千夏がイケイケ姉ちゃんゴーゴーの舞いで捲りに行くも流れてりえの3カド捲り差しが入り、りえが先頭に立ちます。しかし差は僅かで、イン踏ん張ってBS伸び返した鵜飼といわゆるひとつの5コース全速捲り差しで迫ってきた91期新鋭長嶋万記がりえを追いかけます。
そして2M、先マイのりえに長嶋が全速のフルアクショォーン!で被せにかかり、両者が競る間に鵜飼が好旋回の小回りで飛び込んでHSは鵜飼とりえのラップ状態で両者の外に差無く長嶋。
2周1Mで鵜飼が内から先マイしますが、初優勝を目指す長嶋は大胆ショットの攻撃でりえをつけまいに沈めて更には鵜飼にも迫ります。若さとスピードを武器に追いかける長嶋と節一機力でこらえる鵜飼の攻防は2周2M長嶋の差しをこらえた鵜飼が3周1Mでも長嶋のつけまいをこらえ、3周2Mでは鵜飼の艇が暴れるも長嶋の全速も流れて勝負あり。
 選手会理事鈴木幸夫(妻はイチロー夫人と同姓同名な初代女王鈴木弓子)から選手会長杯を貰い、インタビューでは名人戦出場目指してA級返り咲きを狙うと公言したウカイナホーコは女子王座決定戦V3の実績を誇るかつての女王。
蒲郡では97年6月のジューンブライド大賞以来9年ぶりの優勝で、この時の2着はりえでした。それから9年、ジューンブライドを意識せず生涯一選手の精神で走り続ける両名に拍手!通算でも1999年12月の津曽野綾子日本財団会長杯(りえは5着)以来約7年ぶり56回目の優勝でした。
 ところでこのレース1号艇は、2002年当時16歳の競艇選手として競艇学校時代の生活からデビューまでを地上波全国ネットのEZ!TVで特集され、デビュー直後にして一躍有名になった草加市育ち愛知支部の90期新鋭宇野弥生20歳。鵜飼に次ぐパワーを武器に捲り連発でシリーズリーダーの活躍を見せ、1号艇の準優11Rも4カド捲り勝ちで、優勝戦でも引いての4コース。残念ながら愛知の大御所に惑わされた格好で差し不発の6着にやられましたが、これで2節連続優出。初優勝はそんなに遠くないでしょう。

多摩川関東競艇専門紙記者クラブ杯4日目+府中競馬】

 10Rで3コースから捲り差しを狙った秋田健太郎が振り込んで転覆、秋田犬に乗り上げた2コースの岡瀬正人も転覆、更には4カドの館野友良も完走こそしたものの転覆艇に乗り上げ、5コースの中西長松も事故艇を避けて減速という事故レースに(動画)。この事故で秋田犬は負傷帰郷しました。

 今日のお楽しみカード記者選抜戦の12RはミスターJLCニュースワイドの6号艇新藤哲三が前付けでインに入り、1号艇の能見稔は2コース進入。で、miruさんは27とスタート凹んでしまい3コースの勝野竜司と4コースの宮地秀祈による2本の捲り差しで捲られてしまい舟券圏外に。更に2Mで軽く振り込んだところ6コースの平池仁志(香川69期)に前をカットされてしまい最下位に終わりました、。これでmiruさんは予選落ちが決定、4節連続優出はなりませんでした。尚、1着は勝野で2着は宮地です。
 この12R、大外からの差し不発で5着に終わった香川69期の元新鋭チャンプ平池ですが、おそらく約20分後に喜びに包まれていたのでは。

 江戸川競艇場経由で東京競馬場に到着し、ドーパク祭りに沸いた競馬場をあとにし多摩川競艇場にやって来たのは多摩川12R発売中。15923名の利用(売上1億7520万1300円)があった今日の多摩川ですが、12Rが始まったのに外に出ず中のモニターで見てる客の方が多かったのが印象的でした。まあ、外は寒いですからね。ちなみに自分はmiruさんが最下位に落ちた瞬間に中に入り、チャレカの舟券を買いました。


 多摩川から徒歩圏内の場所でお祭り騒ぎだったG1ジャパンカップディープインパクトが見事ハイになって再びトリップを決めましたが、裏の京都アンドロメダステークスでは兄のブラックタイド中京G3朝日チャレンジカップ6着)が2着に入ってこちらも復活してチャレカでの汚名を返上しましたね。

江戸川夕刊フジ杯2日目

 利用16523名(売上1億2498万7100円)を数え、昨日以上に混雑してた江戸川競艇場。行きのバスもかなり混んでました。
 第7Rが始まりました。進入は枠なりでしたが隊形は変則的で、5号艇の淺香昇がスロー起こしとなり、123/4/5/6で4と6がダッシュになりました。これにより4号艇松下一也はスロー2艇の間に入る変則的な4カドに。
ちなみにレースは3コースから捲った吉田隆義を4カド捲り差しで差しきった松下が1着で吉田が2着。淺香は1M外マイから2Mの差しで3着に入っています。

 今日最後の12Rはインから逃げる松元弥佑紀を今シリーズ出場選手中新期勝率1位の岩崎芳美が4カド捲り差しで捕らえて2M先制、1着になっています。

尼崎優勝戦

 追い切りでは普通の手応えです、しかしレースに行くと抜群の感触、実戦足では負けません香川の2号艇村越篤がインから逃げる1号艇馬袋義則を渾身の差しで捕らえて優勝であります。通算では2000年1月の浜名湖一般競走以来約6年10ヶ月ぶり2度目の優勝であります。
今シリーズ誰よりも強烈な、ディープなインパクトを残しております。最強そして最速の馬として地元の期待をずしっと担った馬袋は今シリーズで年間V5を狙いましたが村越との併せ馬に敗れて2着に終わり、V5はお預けであります。しかし賞金王シリーズは当確であります。以上でございます。

INAX杯争奪とこなめ大賞優勝戦

 ご当地企業INAXの社杯は5号艇の西田靖がインに入り、1号艇の別府昌樹は2コース。そして大外単騎から14トップスタートを放った東京支部のSGレーサー熊谷直樹(千歳市の家から2番目に近い競艇場が常滑)の捲りを東京支部のSGレーサー西田が受け止めている間に別府の差しが入り、西田に舳先を入れきった別府が通算20回目の優勝
 ちなみに同じ愛知でも尾張と三河は違うということでTOTO丸でお馴染み蒲郡競艇場の便器は確かTOTOです。記憶違いだったらごめんなさい。

下関釜山広域市友好姉妹都市締結30周年記念レース優勝戦

 関釜フェリーで結ばれている両市の姉妹都市締結30周年を記念した開催は03トップスタートを決めた山田竜一の3コース竜鯱まくり差しが鮮やかに決まって下関2連続、通算34回目の優勝。4カドから差しで続いた出畑孝典が2着です。

予選1位の三嶌誠司が準優をクリアして地元SG優勝の大チャンス!

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 丸亀SG競艇王チャレンジカップはいよいよ準優勝戦3つの攻防。賞金ベスト12を巡って激しい攻防が繰り広げられました。先ずは準優10Rから。

 地元の若き強面、5号艇森高一真スタート展示同様必死の回り込みを見せて2コース進入。これで内2艇が深い起こしの15/23/46という進入となり、3コースの平石和男には有利な展開に。
この起こしで深い2艇には不快なスタートとなり、インの渡邉英児は25のドカ凹み、逆に2コースの森高は直捲り展開ながらかなりきわどいスタート。
森高は渡邉英児を捲り、捲り差してきた平石には差されたものの2番手で優出かと思わせたところで+02のFコール。先頭を保持して1着の平石が九連宝燈をロンした競艇TV!レジャチャンのCM(動画)に続き、ここでも「よっしゃ、来た。」と一仕事しました。
森高Fにより、5カド差しで3番手の鳥飼眞が2着に繰り上がり、めぐ麻Re:優出を果たしてた一方では、4コースから4番手にいた今垣光太郎が森高共々+02のFに散っています。
 ストレスが丸亀を駄目にする。ということでザ・ストレスがたまりそうな前付けで渡邉英児の夢と1号艇絡みの舟券を買ったファンの夢を壊し、スタートのタイミングが見えずに無鉄砲に早い飛び出しをした3億1359万1700円のF返還(残額1億803万8600円)を出した森高はガキさん共々向こう4つのSG選出除外とF休み後3ヶ月のG1選出除外となりました。主催の丸亀市にとってはただでさえ本日の総売上27億5714万8500円と売上不振な上に、返還で24億4355万6800円になってしまい準優日にもかかわらず25億円を割ってしまったのは非常に痛いでしょう。

 準優11Rは1号艇植木通彦がインからあっさり逃げ切り1着。本番に望みをつなぎました。
しかし2着を巡ってDRAMATIC KYOTEIがあり、2コース順走で2番手を走る从#~∀~#从 中澤和志に対し、大外差しから伸びて3番手につけた( ´`)辻栄蔵が2周1M全速ののターンで一気に中澤兄さんを捕らえ、2周2Mでは辻ちゃんが差しで中澤兄さんの内に入り込みます。HS中澤兄さんは急に内側へ斜行して締め込みますが、3周1Mで先マイの中澤兄さんがもたついたのに対し、絶品の小回りを見せた辻ちゃんはここで逆転。昨年MVPの貫禄で2着争いを制しています。
 ところで、東京G1ジャパンカップダートのブルーな4枠服部利之調教師は2番人気9着に敗れましたが、この準優11Rもブルーな4枠服部幸男先生が「水の上では先輩も後輩もない」ブルーコンコルドターンが決まらず、4カド差し不発の5着に敗れています。

 準優12Rは当初1236/45の隊形になりかけるも6号艇川崎智幸が回り直して結局枠なり3vs3。
そして菊地孝平が3コースから07のトップスタートを放つもインの三嶌誠司が強力に伸び返して先マイ。以降はぶっちぎりで楽々1着と、優勝に王手をかけるにふさわしい走りを披露。
しかし2着を巡ってDRAMATIC KYOTEIがあり、大外から差した川崎が2番手に対し、5コースから捲り差しを入れようとした中村有裕は行き場を無くして5番手という情勢でしたが、中村有裕2M切り返しからきゅうきゅうに突っ込む先マイで3番手に浮上。これを行かせて差した川崎は2番手を守ったものの2周1M。内から突っ込んできた4番手の菊地(賞金ランキング12位)を包んでかわそうとした川崎はミシマさんの艇尾に接触したか大きく流れ、この好機を的確に生かした中村有裕が川崎をゆうゆう差しきり逆転の2着ゴールを決めゆうゆうゆうしゅつです!やりました!


 地元水面でミシマさんがSG初優勝を目指す優勝戦の枠順はこちら。

1:ミシマさん 2:艇王 3:九連宝燈 4:骨付鳥飼 5:ゆうゆう 6:辻ちゃん


 決定戦出走への条件ですが、ミシマさんと雀鬼と骨付鳥飼は優勝で本番進出、艇王は2着以内で本番進出、残りの2名は無条件当確です。
中京G3朝日チャレンジカップを制したトリリオンカットは本番の東京G1天皇賞(秋)で展示転覆もとい、返し馬中の放馬で発走除外になってしまいましたが、こちらのチャレンジカップは全艇無事故完走ひいては本番の賞金王決定戦でも無事故完走といきたいですね。

 また、本番に向けて目が離せない特別選抜A戦の枠番はこちら。

1:中澤兄さん 2:菊地 3:瓜生正義 4:渡邉英児 5:白井英治 6:川崎


 Wエイジの競演もさることながら、それ以上に注目は本番に向けてボーダーを争う菊地&川崎&瓜生が同じレースに出ることです。やっぱり瓜生チャレンジカップ(別名:賞金王チャレンジカップまたは競艇王チャレンジカップ)の主役は今年もウリ坊(現在賞金13位)でしたね。

 ところで、優勝戦はギャンブル王争奪!競馬&競艇予想大会の対象レースです。また、予想大会K-BATTLE「第9回競艇王CC 一発逆転」も佳境に入ってきました。最終日のみの参加でも優勝資格がありますのでまだの方は参加してみてはいかがでしょうか。あと、優勝戦の前後には初心組さんを見ることを強くお薦めします。
ギャンブル王争奪!競馬&競艇予想大会


【ジャパンカップターフキルトクール】

 東京G1ジャパンカップのキルトクールはメイショウサムソン。本来血統的には古馬になって成長する可能性が高い配合も、この馬の場合既に13戦。特に2歳時に7戦と使い過ぎたのがここにきてツケになったのか秋以降は成長が止まった感じ。
特に前走京都G1菊花賞は逃げるアドマイヤメイン(今回不出走)を捕まえに行って捕まえられなかった不甲斐ない内容。今回出走のドリキャス馬ドリームパスポート(この馬を見るといつも大川イサオヒートを思い出す)にも2走連続で先着を許しており、今回もドリパスには先着できなさそう。天高く馬肥ゆる秋にDAVE化が進行してるのもSAMSON消しの根拠。
 全く海鳴館系DAVE専競走馬SAMSONとは関係有馬せんが、断然人気のディープインパクトを見ると雑誌DOPEを連想します。

 ところで、ジャパンカップターフは上記のギャンブル王争奪!競馬&競艇予想大会に加え、競馬道GT5争奪!キルトクール王決定戦!!対象レースでもあります。
★★競馬道GT5争奪 考えて買え!キルトクール王決定戦★★


江戸川夕刊フジ杯初日

 当日の夕刊フジ早刷り版の無料配布もあった初日、江戸川競艇場はSG併用もあってまあまあの客入り(売場の混雑度は場外専売だった23日の戸田より上かも?)でしたが売上の方は完全にSGに食われてしまい利用12562人に対し売上は1億割れの8870万1800円。同日の多摩川関東競艇専門紙記者クラブ杯(利用12312人売上1億3069万6700円)より利用が多かったにもかかわらず売上では大敗してしまいました。
そんな初日でしたがチャレカ併用企画としてラリーズクラブ会員限定ガラポン抽選会が14時までありまして自分も抽選してきました。2日目にも行われますが一等はカニ、二等は北海ちゃんこ鍋です。他にはラリーくんのぬいぐるみ等があります。ちゃんこ届くの楽しみ

 初日メイン江戸川選抜は3コース15トップスタートの松元弥佑紀がつけまいに行くもインの吉田隆義に弾き飛ばされ最後方。飛ばしに行った吉田も差され、先頭は2コース差しの岩崎芳美と4カド捲り差し重成一人の2艇で併走。そして2Mは岩崎が先マイも重成が差してHS艇を併せに行き、2周1M先マイの重成が1着でゴールインです。

 第9Rが始まりました。オール女子メンバーでの対戦となりました第9Rは大外から大山博美が04のトップスタートを放ち捲りに行きますがコース遠くて届かず2着まで。1着はイン16スタートから逃げ切った栢場優子でした。

 活きのいいカニがガラポンで提供(後日郵送)された初日の競走水面で非常に活きがよろしかったのは記念V3の実績を持つ往年のびわこ天皇野崎進。前半第2Rでは35スタートながら果敢に3コース捲り。イン27トップスタートの樋口範政には届かず2番手だったものの、野崎は2M内を突いて樋口を逆転。しぶといところを見せまして1着となっています。
 後半第8Rは4カド捲り差しから先頭に立ち、大外捲り差しから道中追いかけてくる吉田隆義を振り切り1着でゴールし、連勝。びわこで20回以上の優勝実績を持つびわこの艇王健在ぶりを江戸川で見せました。

 ということで本日は麺屋 吉左右@木場でつけ麺を約20人待ちの末に初食の後に江戸川へ行ってきましたが、チャレカ準優12Rをモニターで見てたら隣にたろさんがいました。
 他には岡部貴司第4Rで3コース捲り、11Rで4カド捲りと捲り戦で連勝です。

【正義は勝つ】一発ギャクテンマン&山本たかゆきSG水神祭

 風よりも速い翼と炎より熱い心を持つ一発逆転マンが「さぁさぁ逆転ここから悪は通さない♪さぁさぁ逆転ここから正義の花道♪」の入場曲と共にどこからともかく謎めいてパッパッパパパパパパパパパ♪っと現れた!
 説明しよう、ここ毎年チャレンジカップの時期になると賞金争いのボーダーに現れ話題を独占する一発逆転マン瓜生正義。賞金王決定戦出場の夢を抱きしめる瓜生は予選を通過しないと賞金ベスト12への道は閉ざされるという状況下で前半4Rで5着に敗れ、計った様に1着チャレンジとなった1号艇の12R。まさに今回丸亀SG競艇王チャレンジカップのキャッチコピー「一発逆転」通りのボカンタイム。
 「待ちに待ってた出番が来たぜ ここはおまかせ一発逆転マン」として愛ゆえに呼べば現れ時を飛んでくるウリの子プロダクションの勧善懲悪ヒーローですから当然ここは頭を期待のボカンタイム。そしてファンの期待に応えた瓜生は豪速九のイン戦で見事1着。ベスト12争いを盛り上げるべく正義は勝ちました。準優は10R6号艇です。ではいないいないばばぁ〜。


 王者松井繁は前半7Rを2コース順走の3着にまとめ、後半11Rを5着条件とほぼ当確状態にしました。
 ところが弘法も筆の誤り。カド受け4コースに入った5号艇の王者は差しを狙うも、まさかの軟体ふにゃふにゃタコ足王者ターン(王者の舞いが見られる動画)で落確の6着

 かくして失意の予選落ちに終わった王者でしたが、朝は笑顔。1Rでは愛弟子の山本隆幸が王者譲りのイン29多幸スタートから強引に艇を伸ばし先マイ。当然の様に差されて3番手でしたが、2Mで先行2艇を差し返してSG初1着
レース後の水神祭では王者らに投げられて真っ裸(Sports@nifty競艇特集:本日の水神祭!より)になりましたが、リンク先の背中ヌード写真で写っている円状のあざは王者仕込みで、韓国旅行の際に王者が購入して密かなマイブームから愛弟子の山本にも伝授したもの。正しくはカッピング、吸い玉療法といって中国に数千年前から伝わる健康療法です。
どういうものかといいますとお椀のようなプラスチック製の吸い玉を背中にいくつも吸着させ血液の循環、血行を良くして体のコリを和らげるというものです。さすがは洒落た神戸の王者や!

桐生埼玉新聞社杯・ファイナルナイトカップ優勝戦

 群馬なのになぜか埼玉新聞社杯の今節は今年最後のアクアンNightでしたが、埼玉の元気者須藤博倫は3号艇3コースからの捲り差し届かず1号艇今坂勝広のガッツあるイン10トップスタート速攻逃げを許して2コース順走の瀬尾達也と2番手争い。かくして埼玉新聞杯で優勝を飾れなかった元気者の須藤ですが、2M→2周1Mと元気な全速戦で瀬尾と競った須藤は2周2Mで瀬尾を包みきって振り切り、2着争いに競り勝ちました。
 優勝したガッツ今坂は4月の当地大間々カントリー倶楽部杯を含む今年V4で通算では25回目の優勝。

【土曜競馬キルトクールでおけい】

 東京G1ジャパンカップダートのキルトクールはフィールドルージュ。いくら7回目にして史上最弱のメンバーになったとはいえ重賞未勝利の4歳馬では荷が重いでしょう。それに距離の2100mも怪しそう。
馬券的には過去のJCDで馬券に絡んだ実績のあるシーキングザダイヤの2着とジンクライシスの3着が有望でしょう。

 新おけいはん森小路けい子(pdfファイル)誕生記念京都G3京阪杯のキルトクールはイースター。勝ち味に遅い同馬ですが、初距離は消しの材料でしょう。
ところでこのレースは電車杯だからデンシャミチの複勝を100円買ってみたいところですね。あと京阪グループはバスも走らせてるからタガノバスティーユも。ちなみに三代目おけいはんを演ずるのは神農幸です。

チャレカ場外企画:滝沢演舞ショーと戸田天皇ショー(秋)

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 本日は丸亀SG競艇王チャレンジカップ場外イベントとして滝沢芳行&戸田天皇池上裕次のトークショーが戸田競艇場で行われたので行ってきました。
 第1部タッキーショーが9R終了後、第2部戸田天皇ショーが10R終了後と遅い時間だったのでのんびり戸田に向かいました、といっても着いた時にはタッキーショー既に開始済みでタッキーショーは途中から見ました。場外専売が祟って入場こそ約6000人に留まるもイベントそのものの客入りは先週土曜壮行会より上で、なかなかの入り。特に戸田天皇ショーは相変わらず面白い戸田天皇のトークが堪能できました。戸田天皇にとって丸亀はデビュー1年未満で初優出を果たした思い出の地とのこと。
 そんでもって開口一番「オレは一体なにやってんだ」と自嘲気味に始まった戸田天皇ショーの内容を一部抜粋しますと、「い〜やつだな」と戸田天皇が評する同期平石和男の引いたモーター3号機は初下ろしのデイリースポーツカップで使用した飯山泰が絶賛したモーターとのこと。

 先週のチャレカ壮行会といえば自分が見逃した第1部、G1江戸川モーターボート大賞で記念初優勝を達成した飯島昌弘の優勝報告会と水神祭があったようで、水神祭の模様がウインビーフォトギャラリーで公開されています。壮行会出席選手の他に戸田皇太子山崎義明支部長や同期の鈴木賢一がスーツで駆けつける中、同期でタテジマカポックの3661さんこと柳瀬興志も先頭に立って飯島を祝って投げてます。
滝沢演舞ショー戸田天皇ショー(秋)


【ファミリーレジャーまるがめ競艇

 祝日の今日は23億7267万6400万を売ったチャレカ3日目。昨日までの得点率トップは2戦1着2着の市川哲也でしたが、そのテチャーンが前半5Rでやらかしてしまいました…。
 5カドの6号艇テチャーンは4コースの4号艇新美恵一にスタート行かれてしまい主導権握れず、テチャーンの壁になった愛知のけいいちくんは捲り差し狙いも2コースの池田浩二(愛知)にドーンと飛ばされ終了。テチャーンも煽りを食って後方になりましたが「4番艇〜6番艇〜欠場!」と、+02のけいいちくんだけでなくテチャーンまでもが+01のFに散ってしまいました。これにより5Rは1億1961万1700円の返還となり、残額は4073万2700円でした。
 尚、このレース3コース02スタートからの先捲りで、2Mもぶん回して1着となったのは兵庫の魚谷智之ですが、本日のファミリーレジャーまるがめ競艇では冨好和幸兵庫支部長の弟ちゃらんぽらん冨好によるレース展望がありました。

 と、ここまで家で見たところで今日は戸田へ。最終前に予想屋八ちゃんさんの所にあいさつに行くとマイmixiのふにゃ蔵さんがいたのでそこで一緒に12Rを観戦。テチャーンが憂さを晴らすイン戦を決めて1着になってましたね。2着の埼玉支部で壮行会メンバー中澤和志(宮城)を見事にキルトクールしてドンガバチョでしたが。

鳴門優勝戦

 ひまひまデータさんで取り上げられて以来、隠れてこっそり注目してた石田章央の優勝戦連敗記録。2000年10月の蒲郡JR三河塩津駅オープン12周年記念競走でステーションマスターになって以来約6年、優勝戦41連敗でした。そんな石田も1号艇の今回は連敗ストップの大チャンスだったのです。とはいえ安心は出来ません。今年2月22日の多摩川内外タイムス賞みたいにイン先マイ先頭もフライングという悲しいオチがありましたから。
 そんな石田でしたが、内が早い段々畑スタートでタイミングは15と安心安全なトップスタートで堂々の先マイ体勢。3号艇3コース24スタート石塚久也のつけまいも余裕で受け止めた石田は遂に優勝戦連敗を止めることに成功し、通算3回目の優勝。通算50優出目の区切りの優勝戦でついにやりました。
つけまい届かなかった石塚は2コース19スタートから小回りで残した2号艇池上正浩にマークんされますが、2周1Mで池上を先に行かせた石塚はここで池上を差しで突き放し2着を取りきってます。

津チャンピオンズカップ優勝戦

 09トップスタートから逃げの体勢津くって力強くインモンキーは1号艇・地元坂口周が独走体勢を築いて通算10回目の優勝、”津・巧者”達のバトルロイヤルを制しました。 
待機行動違反による減点が響いて予選順位は坂口に次ぐ2位だった岡田憲行ですが成績は節間9戦7勝のオール2連対で足も超抜と文句なしのシリーズリーダー。その岡田は2コースから斬り込むも4コースから捲り差しの安田政彦に斬り込まれて3番手。しかし2Mで岡田は強襲策の全速戦で安田を潰して4番手に追いやり、岡田自身は2着を確保しました。

 チャンピオンズカップに続く津の次節は30日から津グランプリシリーズ第7戦。兵庫支部の政彦第2弾星野政彦田中雅文公称69kg、若手では白石佳江山口達也といった私的注目株が出場ですが、グランプリレーサー最有力は津最強の男井口佳典でしょう。

福岡CROSS FMカップ優勝戦

 エフエム九州CROSS FMのタイトル戦は彗星の様にひとり突き抜けるターンで水面を疾走、8戦6勝のオール2連対と圧倒的な成績だった1号艇秋山直之がイン先マイで優勝戦も独走。ファンの皆様と自身の気持ちをクロスさせた波うねりどんとこいのスーパースター秋山にゃんが福岡2度目、通算18度目の優勝。前走戸田オムロンカップに続く2節連続Vは今年V4です。
2コースの2号艇寶田亮治が外を牽制しながらの順走で2着に入りました。

決定戦覇者金龍は競てい王CC3R3艇Fで脱落&中村尊初V

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 昨日から始まっている丸亀SG競艇王チャレンジカップは2日目。下関G1競帝王決定戦を制して今年の競てい王に決定した金子龍介は昨日3着5着とチャレンジャー達の勢いに押され競てい王らしからぬ成績に終わったので今日は巻き返したいところ。
足はまあまあで、乗り心地も悪くないですよ。」とのコメントなので1回乗りの3R4号艇、得意の4カド戦でいいところ見せたかった金龍は見事に4カド捲りを決めて先頭に立ちましたが、残念無念+02のフライング。起死回生の一発逆転を狙った決定戦覇者は2日目にして自爆でチャレンジャーに屈してしまいました。
他のダッシュ勢、5号艇5コース5藤後藤浩と6号艇6コース烏野賢太もそれぞれ+05と+02のフライング。これにより、4番手争いを演じていた1号艇イン辻栄蔵と2号艇2コース白井英治がめぐ麻Re:1着争いになり、2周2Mで内から先マイした白井が競り勝ち1着となっています。素うどんがおいしい香川で白井といえば現川崎市民の白井さん。
尚、3Rは6183万2600円の返還で残額は1526万2700円でした。1日トータルが差引後14億5379万8700円だっただけにこの返還は主催者丸亀市にとって大きな痛手。

 前半最後の6Rは1号艇作間章が1Mで初動を入れようとしたところ派手に振り込み転覆(動画)。ここに6号艇6コース魚谷智之が乗り上げ転覆、4号艇4カド川崎智幸も完走こそしたもののさくまに接触して大きく遅れをとり、Wともゆきを妨害したさくまは「1番艇、反則失格!」と、妨害失格になってしまいました。

 本日最後の12Rは2コースからの差しハンドル決まった賞典除外済みの深川真二1着になりましたが、後方では5号艇5コース仲口博崇が前レース負傷で12R終了後帰郷した6号艇6コースさくまと最下位争い。そしてこの最下位争いは2周1Mの出口、ヒロタカマンがカメラにほとんど写らないところでこっそり振り込み選手責任転覆をやらかして決着が付きました。

 最後に、この日の土器土器水面は9R太田和美が待機行動違反、1R1回乗りだった児島のプリンス平尾崇典が同レースを最後に負傷帰郷(どこで負傷したかはわかりません)しています。

戸田関東日刊紙競艇記者クラブ杯優勝戦

 ☆3661☆柳瀬興志の競艇選手ブログ10万hit記念を優勝で飾れるかが注目だった3661さんこと1号艇柳瀬興志でしたが、自身イン06スタートも4カド全速05トップスタートを決めた地元新鋭中村尊の伸びが勝り、抵抗及ばず捲られた3661さんは5着。
 燃えるカド捲りを決めた中村尊はデビュー初優勝を地元水面で飾りました。5コースから差した山口博司が後続の追撃を振り切り2番手を守りました。

 さて、捲られた3661さんと初優勝の中村尊。2人の次走は共に12月1日からの尼崎センタ−プ−ル杯争奪ニッカングロ−リ−賞競走。果たして阪神ファンの3661さんは甲子園から3駅のセンタープールで中村尊にリベンジなるかに注目です。

鳴門5日目

 準優日の一般戦4R準優10R出場予定の3号艇山川美由紀が3コース09トップスタートからの小回り差しで5号艇5コース上野秀和の捲り差しをこらえて1着、ボンバヘッド上野が2着、大外差しからBS伸びて来た準優10R出場予定の石塚久也が道中の3着争いをものにして3着に入った結果2連単2220円3連単8950円3連複2840円という配当でしたが、2連複がなんとなんと衝撃の9230円!
 この衝撃に腰を抜かしたということはまず無いでしょうが、みゆきはこのレース中のどこかで負傷、肝心の準優10Rを欠場してしまいました。

まるがめスマイル!チャレカ壮行会東京支部編

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
頭がキラリ☆亀のスマイル君 本日は丸亀SG競艇王チャレンジカップ壮行会が日本トーターカップ3日目開催中の平和島競艇場で行われたので、東都のエース濱野谷憲吾&桃太郎伝説作間章副支部長&東都のほんのりいい男中野次郎を見に平和島まで行ってきました。
 12:45頃に大森海岸駅に着いたら第一京浜は人・人・人。沿道は東京国際女子マラソンのギャラリーでびっしりでした。で、競艇場に向かって歩いている途中に旗を配ってる人もいたので自分も旗とパンフレットをもらっちゃいました。ということでせっかくだから先頭集団が平和島の折り返し地点を通過するまでそんなに待たなそうだった事もあるし、旗持って通過を待つことに。
そして平和島口交差点のところで先頭集団の3人が通過し、折り返しでもう1回通過するのを見たところで平和島競艇場へ。自分の後ろからも平和島競艇場に向かって歩く人がぞろぞろいたのがなんか楽しかったです。

 平和島競艇場に着いた時は篠田和之アナによる6Rの無修正・ノーカット・モザイク無しな勝利者インタビュー中で、場内を突き進んでイベント広場に着いた時に丁度良くトークショー第1部が始まりました。濱野谷と中野が控えめに「準優に乗れるようにがんばります。」、さくまが「江戸川(G1江戸川モーターボート大賞3日目5R)で丁度よくFきったので、優勝しかなくなったから狙っていきます。」というトークショーの詳細はSports@nifty競艇特集:チャレンジカップ壮行会―東京支部の3スター登場!に詳しく載ってるのです。尚、今日のインタビュアーは回転と機転がキラリ☆と光る丸亀出身の黒石加恵ちゃん。24日には瀬戸の大魔神安岐真人元選手とタッグを組んで丸亀競艇場からJLC381ch舟券学園生中継予定です。

 私的に本日最も目に付いたのは、昨日のさいたま支部壮行会では丸亀最高後藤浩のみがスーツであとの2人はカジュアルな私服だったのに対し、今日の東京支部壮行会では終了後丸亀に直行(北門に車が停まってたのです)するということもあって3スターともびしっとスーツ。そんな白い歯キラリ☆東京支部サンスターがボール投げをした時には前日比大幅増のファン数が群がり、一部では椅子が倒れる程の熱狂ぶりでした。今日欠席の石渡鉄兵も仮に出席してたらスーツだったのか気になるところです。

 昨日は全く知ってる顔がいませんでしたが、今日はmixiつながりな皆さんが多数来場していて、12R終了後にはジャンピーさん&ちるとれーどさん&ふにゃ蔵さん&よしのぶさん&まっちゃんさんの6人で庄や大森駅前店で19時まで飲み。
そして、解散後に先週てるきちさんに会った時から今日はここに行くと決めていた名店牛小屋に行ってきました!マスターから明日の平和島や南関東競馬の攻略等、為になってしかも面白い話が聞けましたですが、今日食べたもつ煮ライスは非常に美味い!ごはんがさくさく進むから迷わずおかわりしちゃいました。焼肉だけでなく煮込みも美味しい牛小屋とお伝えしておきます。次回平和島レディースカップ初日(12月2日土曜日)にも牛小屋訪問したいところです。但し12月2日ですが、早起きできたら選手紹介目当てに急いで平和島直行も早起きできなかったら江戸川ラリーズカップ(主な出場選手:カマギー)初日経由でゆっくり平和島です。
がんばれ東京!!ヽ(*´∀`*)ノチャレカ壮行会


日本トーターカップ開催中とお伝えしておきます】

 8Rで人気の中心鎌田義が4カドから捲り一発決まって1着とし、後半を待たずして当確は勿論の事優出1号艇をも12R3着条件でほぼ手中にしました。
 ちなみに12Rは5カドから行くも6号艇4コースの一色雅昭に張られ、捲り差しに切り替えるも及ばず3着でしたが優出1号艇はしっかり獲得。尚、カマギーのオール2連対をストップさせた三河一色はそのままつけまい敢行、つけまい一発決まって1着、1着条件の優出勝負駆けを成功させました。

 10Rで4カド捲り一発決まったぁ!で1着となってイン戦の前半4Rに続く連勝とし優出も決まった海老澤泰行、明日の優勝戦に向けて気合充分とお伝えしておきます(動画)。


 優勝戦の枠番をお伝えしておきます。カマギーはここを勝てば今年V5、前走丸亀スポーツニッポンカップに続く2節連続優勝ともお伝えしておきます。

1:カマギー 2:エビちゃん 3:玄馬徹 4:稲田浩二 5:三河一色 6:打越晶

 兵庫の94期イナダが平和島初優出を決めましたが、意外な事に地元のエビちゃんも平和島初優出。優勝して師匠の西村勝に吉報をお届けできますでしょうか。

三国しもつき第2戦優勝戦

 水上はしもつき第2戦、ラストステージはいよいよ優勝戦第12Rです。シリーズの頂点へとファイナルチケットを手にしたメンバーの中から、スタート展示と同様に1コースまで回り込んできました6号艇の栃木県民館野友良58歳。約6年ぶりとなる優勝を大ベテランのオーラ発して6枠から奪いに来ました。そして2コースは5号艇の石川県民水上浩充福井支部長、昨日の準優12Rでの執念の3着追い上げゴールイン(動画)は素晴らしかったです(*´∀`*)。是非とも地元2連覇を期待します☆(動画
インから6番5番4番…65123/4の順でスタートしています。インから逃げる館野を2コースから水上が差しきって地元の水上で優勝のゴールイン。三国プール、お盆レースで水上が優勝して以来地元のV覇者はいません。ならばもう一度水上浩充。ということでお盆開催しぶき賞に続いて地元2連覇はそれ以来の地元選手優勝、通算33度目の優勝です。おめでとう!

下関G3企業杯サンデン交通杯優勝戦

 ずっと好調なblog嗚呼! 競艇 俺ってプロ?に加え、レースでも好調で近況2節連続優出中のmiruさんこと地元能見稔は2号艇で優出し、3節連続優出となりましたが2コースのmiruさんは残念なことに32とスタート遅れてしまい、3コース18トップスタートの村田瑞穂を張り飛ばしての4着に終わりました。
 前方に目を移すと、インから逃げて先頭の1号艇丸尾義孝が2周2Mで大きく流れるターンミスを犯し、大外差しで2番手の6号艇宮迫暢彦が内に入って一気に逆転。しかし3周2Mで丸尾君は一発逆転の突進!ズバリ、不良航法でしょう!だったわけですが、これが見事に決まり宮迫は消波装置スレスレまで飛ばされて行き、再逆転に成功した丸尾君が昨年2月平和島日本財団会長杯以来久々となる通算32回目の優勝。ズバリ、もう1回優勝すれば3333丸尾君はV33でしょう!

唐津西日本スポーツ杯優勝戦

 1号艇山口裕二がイン11トップスタートを決めたものの流れ、2コースから2号艇滝沢芳行の差しが入ります。そして2Mを先取りしたタッキーが翼をすっきり広げたかのように以降は快走し、通算45度目の優勝
 ダービー王タッキー、この優勝を手みやげに23日は戸田競艇場で同じくダービー王の戸田天皇池上裕次とトークショーです。

まるがめスマイル!チャレカ壮行会さいたま支部編

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
頭がキラリ☆亀のスマイル君 本日は丸亀SG競艇王チャレンジカップ壮行会が関東日刊紙競艇記者クラブ杯2日目開催中の戸田競艇場で行われたので、チャレカ出場の応援ヨロシク平石和男&背広最高後藤浩&決定戦当確だけど最近不調の中澤和志を見に戸田まで行ってきました。とはいっても起きたのが12時なので、6R終了後の第1部には間に合いませんでしたから、8R終了後の第2部からの観覧でした。

 今回の壮行会で特に目立ってたのが、スーツにネクタイと最高に気合いの乗った服装で登場した後藤浩。他の2人がカジュアルな格好、特にど派手ジャンパー&寝癖頭な平石との対比で余計目を惹きました。そしてトークショー終了後のボール投げでは後藤浩のサイン色紙交換権付きボールをGetヅラ。二枚目後藤浩のサイン色紙、今年二枚目をごっちんしました。悔いは競艇TV!レジャチャンCM(動画)出演中の平石に「九連宝燈上がった事ありますか?」という質問が出来なかった事ですね。

 選手が近くで見られるこういうイベントは実にいいですね。明日は平和島競艇場7R発売中から9R発売中にかけて3回に分けて東都のエース濱野谷憲吾&桃太郎伝説作間章副支部長&東都のほんのりいい男中野次郎、以上東京支部3選手によるチャレカ壮行会です。これはもちろん行かねばです。東京国際女子マラソン渋滞(折り返し地点が競艇場のすぐ近く)を乗り越えてでも行く価値大いにありですよ!
また、5R発売中には指定席フロアでも中野次郎のトークショーを実施。こちらは今日の起床時間からして怪しいですが朝一で平和島に行けたら入るかも。この下は今日の戸田競艇ダイジェスト。
がんばれさいたま!!ヽ(゚∀゚)ノチャレカ壮行会


【バッサタレースダイジェスト】

 前検前に☆3661☆柳瀬興志の競艇選手ブログ人気blogランキング1位&10万hit突破で二重のおめでたとなったblog界の競艇王3661さんこと柳瀬興志が昨日の連勝に続いて今日もやってくれました。
 前半5Rが4カド捲り差しの1着で先ずは3連勝。
次いで強敵野長瀬正孝と相まみえる事になった後半12R吉村初老賀記念は2号艇がのながせで3号艇が3661さん。レースはのながせが1号艇表憲一からインを奪って進入は213/456。そして3661さんは3コースから14トップスタートを放ち、のながせ&表を捲りで撃破。捲られた表が後方で振り込んだところに大外から差しを狙った6号艇柴田友和が突っ込んで表が裏になるアクシデント(動画)があったものの3661さんは独走で1着、これで4連勝。今節は得点率制の6日間シリーズで予選はあと3日間ありますがこのまま突っ走って優勝戦1号艇になりそうですね。というか是非なって欲しいですね。昨年10月の大村マクール杯競走(この優勝を機にblog開設)以来優勝が無いのでそろそろ3661さんの優勝が見たいです。
3661柳瀬興志のプロペラ

 今日はこの人の応援団が来て旗を振ってたという事を12R発走直前に観戦スポットの5F自由席から1Fに降りた際に予想屋八ちゃんさんから聞きました。その人とは佐賀県のエース和則こと西和則。3コースから捲った8Rは結果こそ4カドののながせに差され、2Mではのながせに牽制され流れで3着でしたが、21のトップスタートから見せた伸びと果敢な攻めは光りました。
 そして結果が結びついて1着になったのが11R。5カドの和則はぐいぐい伸びて鮮やかに捲り差し。応援団(親戚らしいです)の前でいいところ見せましたね。

京都G1マイルチャンピオンシップキルトクール】

 本日東京スポーツ杯2歳ステークスが行われた東京競馬場では「フサイチネット×エンターブレインPresents東スポCLIMAX.5」と銘打たれ、東スポ予想陣&関口房朗による東スポ特別予想検討会や優勝者にフサイチ馬の命名権が与えられるダビスタ大会フサイチホウオーの出走記念プレゼント(!)があったりしてフサイチDAYだったようですが、これだけ来る要素が揃った事もあって順当にフサイチホウオーが勝ちましたね。2着がキルトクール馬フライングアップルでドンガバチョでしたが。まあ、ド鉄板で100円戻し必至と思ってた複勝が120円もついたからよしとしましょう。

 さて、ここから本題。京都競馬場当日のゲストが宇治娘安田美沙子ということで東京G1安田記念との関連性が高そうなマイルCSターフ。
今回のキルトクールは安田記念7着の4歳牡馬シンボリグラン。4歳牡芝路線はある馬を除くと近年1の低レベル。今回も1頭しか出走してないのですからその程度がわかります。そんな訳で唯一の4歳牡馬シンボリグランを即断即決でキルトクール。前走京都G2スワンステークス2着により少しでも人気になってくれればです。
 ところで、マイルCSターフは盛岡G1マイルチャンピオンシップ南部杯と枠番か馬番が連動するレースであります。今年のマイルCSダートは枠が4-6で馬が6-10でした。つまり3枠6番から6枠12番までの馬は来るということですね。特に松坂大輔メジャーリーグ挑戦→松坂「大」輔「はメジャー」ということで5枠「10」番ダイワメジャー(安田記念4着)には要注意ですね。
 このマイルCSターフはギャンブル王争奪!競馬&競艇予想大会★★競馬道GT5争奪 考えて買え!キルトクール王決定戦★★の対象レースでもあります。皆さん、奮って参加しましょう。
ギャンブル王争奪!競馬&競艇予想大会★★競馬道GT5争奪 考えて買え!キルトクール王決定戦★★

【南海特急はサザン】住之江さざんかップ優勝戦【桑田もサザン】

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 さざんかの花が中国、四国、九州といった山地で咲き始める季節にメッカ住之江で行われた6日間の混戦シリーズを戦い抜いた6強によるファイナル決戦デイリースポーツ杯争奪サザンカップ優勝戦は1号艇山地正樹(岡山)がインから堂々押し切り圧勝、住之江初優勝にして通算ではV5。表彰式では特別な競艇場で勝てたという事に大喜び。次節は15日から唐津西日本スポーツ杯です。
 そして2着には大外から華麗な弧を描いて捲り差したmiruさんこと能見稔(山口)が入り中国地区ワンツーとなりました。miruさんの次節は14日から地元下関G3企業杯サンデン交通杯で、牛若丸伯母芳恒と激突です。

 ところで、サザンカップの街大阪市住之江区の区花はさざんかでマスコットはシャア専用の赤いさざぴーさんです。

丸亀SG競艇王チャレンジカップ関連】

 下関G1競帝王決定戦を制して今年の競てい王に決定した兵庫支部金子龍介も出場し、競てい王金龍に直でチャレンジできる競てい王チャレンジカップ。昨日競艇サポーターズからチャレカのクオカが届いたですが、そんなチャレカで出場選手変更の発表が。
 先の福岡SG全日本選手権3日目8Rで転覆し負傷帰郷した村田修次が負傷癒えず公傷で欠場し、繰り上がりで大阪在住兵庫支部の星野政彦が出場です。
 そして場内イベントでは兵庫支部関連のイベントが。祝日の23日に池乃めだか吉田ヒロらの吉本新喜劇メンバーを率いて、勢いに乗る兵庫支部のまとめ役冨好和幸支部長の弟ちゃらんぽらん冨好がちゅ〜と半端やなぁとは言わせんレース展望をいわしちゃるけんの〜。
一皮剥けて頭ピカピカ、亀のスマイル君
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
競艇電投会員即時募集中
既に会員の方はテレボート
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
勝ち組.net
アクセスランキング
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
おすすめバナー
バナソニック
リキプロ非公認サイト

ブログランキング・にほんブログ村へ



人気ブログランキング【ブログの殿堂】

blogram投票ボタン

livedoor プロフィール
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ