ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

神奈川新聞社賞

初夏のSG・総選決戦オールスターボート笹川賞は井口佳典が優勝

総選決戦 「総選決戦」のキャッチコピーの通り、選抜総選挙で選ばれた48名+4名の選手陣によるオールスターボートレース浜名湖SG笹川賞特設サイト)。


 優勝戦紅の酒Saorin Festivalは2号艇渡邉英児(静岡)が回り込んで1号艇井口佳典にプレッシャーを掛けるも三重のテレビ塔いぐっちはえいじから水を貰いながらも枠を主張し、進入は1236/45。
 そしていぐっちは水を貰った影響を見せずにスタート荒ぶる事なく3号艇坪井康晴(静岡)の捲りをブロックしながらのイン戦を決め、今年3回目・浜名湖2回目・SGV4となる記念V9・通算43回目の優勝で笹川賞V2達成。

 選抜総選挙上位5名と総選挙地元選手上位1名の神6による初日メイン12Rドリーム戦京都の藪中さん嫁さん募集中メンバーから唯一準優のステージを勝ち上がり優出した6号艇・イニシャルK2菊地孝平(今節選手代表)が差して2着。


 ところで、今節はドリ戦、準優、優勝戦を始めとして多くの冠協賛レース(一覧pdf)が開催されましたが、最終日の5RSKE48石田安奈生誕記念レースは162/345の進入から2号艇佐々木康幸(静岡)が捲り差しを決めて1着になりました。

 ちなみにレース名の石田安奈は当日16歳の誕生日で、当日はパシフィコ横浜で「アイシテラブル!発売記念全国握手会」に出演してファンから祝福されました。


徳山スポーツ報知杯争奪西京ドリームカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇吉村正明(山口)が4号艇江本真治(今節選手代表)の捲りを受け止めて押し切り、今年3回目・徳山4回目・通算15回目の優勝

 後続は江本真治(74期3711)と捲り差した5号艇鳥飼眞(74期3703)による2番手争いになり、2M内から先行した鳥飼眞を江本真治が差しきり地元ワンツー完成の2着。

丸亀G3企業杯JR四国ワープ杯競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入からイン先制の1号艇市川哲也が4号艇三嶌誠司(香川)の捲り差しを辛くも振り切り、今年3回目・通算79回目の優勝

若松マンスリーBOATRACEカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇萩原秀人が押し切り、今年2回目・若松2回目・通算16回目の優勝

 後続は3号艇室田泰史が捲り差しを2号艇の地元原田富士男2日目8R通算1500勝達成)に張られながらもフジオを捲りきって2番手を航走し、差して追走する4号艇金子龍介を2M行かせて捌き2着をとりきり福井ワンツー完成。

尼崎サンスポグリーンカップ争奪戦優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇吉田俊彦(兵庫)はスタート23と遅れたものの伸び返して押し切り、尼崎12回目・通算33回目の優勝

 後続は2号艇永井源の差しが引き波を踏んで流れてしまい、差し続いた4号艇前田将太が2番手に。
 そして前田将太は差し続く5号艇今坂勝広を2M行かせて捌き2着。

多摩川神奈川新聞社賞優勝戦

 G1東京優駿が開催された5月27日東京都府中市もうひとつのクライマックスは126/345の進入から1号艇一宮稔弘が先頭独走もフライングゲット。
 これにより差し順走で2番手の2号艇今泉和則が先頭に繰り上がります。
 今泉和則に対し、1M捲り差し体勢の外マイで追走する4号艇の地元山田哲也が2M差しで接近しますが、締めて振り切った今泉和則が2010年9月三国ながつき第2戦以来となる通算12回目・多摩川2回目の優勝
多摩川V2の今泉和則

明日BP横浜に来るBPクラブの主砲ムラッシュが地元多摩川V8!

ブログネタ
競艇 に参加中!
 多摩川の神奈川新聞社賞は火曜日から始まり金曜日の今日最終日を迎えたオール平日の4日間開催。

 優勝戦は地元多摩川BPクラブの主砲にしてTBPシーズン2のベイスター村田修次が堂々1号艇に陣取り、126/345のイン進入。
 そして3号艇川上剛が絞りに行く展開も2号艇山谷央(今節選手代表)が張りに行き、山谷の先捲りは91期たけし軍団長をドヤしながら是政駅方面に流れてしまったものの、その間に男・村田がムラッシュターンを完成させ、今年2回目・多摩川8回目・通算34回目の優勝
 山谷と91期たけし軍団長がやり合った展開を突いて差した6号艇今村暢孝が2着。


 さて、優勝したムラッシュは明日ボートピア横浜でトークショーに凱旋出演。
 時間は13時半過ぎと14時半過ぎの2回で、JR関内駅が最寄り駅であるBP横浜の場所は横浜ベイスターズのホーム横浜スタジアムとは線路をはさんですぐ近くです。
 司会は今日の優勝戦も実況した多摩川の野村達也アナで、多摩川初日から5日連続でムラッシュを盛り上げ、ずっとムラッシュのターンが続きます。
 ちなみにノムさんは水曜日と木曜日、JLCのSG展望番組「ききみみ」にも出演してまして、同日は多摩川とのダブルヘッダーでした。

 そしてBP横浜ベイでは7月のゲストイベントも既に発表されてて、7月5日火曜日(当初の7月6日から訂正)のナイター時間に蒲郡の高橋貴隆アナが2009年5月9日以来となる横浜再登場。
 また、7月16日土曜日には菊地孝平が来場します。


 ここでムラッシュが出演した東スポ動画付き記事を紹介。
 府中市が安田記念日だった6月5日に行われた多摩川ペアボート試乗会に安田忠夫の娘AYAMIがペアボートに乗艇した動画で艇載カメラのスピード感が抜群の動画ですが、動画の前半部分でムラッシュが後藤翔之と共に講師として出演してペアボートの乗り方を丁寧にレクチャーしてます。


桐生G3企業杯サッポロビールカップ優勝戦ヱビス競走

 蛭子能収ではなくヱビスビールの名を冠した優勝戦は枠なり3vs3の進入から逃げる1号艇角谷健吾と捲り差す3号艇山田雄太で併走になるもケンゴは+03のフライングに散り、浜名レイクの山田ゆう太が今年2回目・通算V6・桐生初優勝

【ベイの大輔】神奈川の小林大輔優勝+神奈川新聞社賞12R【ベイパ】

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 今日千秋楽を迎えた大相撲九州場所の会場福岡国際センターから約50kmの唐津競艇場は本日BOATBoyCUP最終日。尚、唐津出身の元幕下唐津海(三段目西三枚目・玉ノ井部屋)は3勝4敗に終わり、惜しくも幕下復帰なりませんでした。

 と、唐津海(玉ノ井部屋)の話をしたところで、地元唯一にして紅一点の吉原美穂子が6号艇で1999年7の月西日本スポーツ杯争奪海の唐津記念競走以来9年4ヶ月ぶり2度目の地元優出を吉原みごとに果たした優勝戦の話。
 ピットアウトは5号艇小林大輔(神奈川)が良くて3号艇津留浩一郎と4号艇天野友和が劣勢も、亀ピット離れの津留が強引に回り込んで2コースまで入り込み、インの1号艇森貴洋共々深めの起こしになり、進入隊形はインコースから13/2/564の並び。そして森が21とスタート後手を踏んだのに対し、10トップタイスタートの津留が2コース捲り。しかし津留の捲りは流れ、津留と同じ10スタートだった2号艇中里英夫の差しと小林の2番差しで先頭争い。
 2Mは内の利で小林が先行して僅かながら単独先頭に立ったのに対して握った中里は流れ、内小回りの森と差した津留も加わり2番手大混戦。2周1Mは先頭の小林が内の津留を包みきり、津留を差した森が単独2番手に。そして2周2M、森の差しが鋭く小林に入りますが、締めて振りきった小林が2003年3月浜名湖モスバーガーアタック以来の通算V6にして唐津初優勝を2007年1月若松一般競走以来久々の優出で決めました。

 ちなみに68期3524小林大輔の同期には3531吉原美穂子(小林が壁になって差し遅れ6着)を始め、佐賀からは3522長溝一生と3520岩本豊志、東京支部からは同県同期のSGウィナー3517高橋勲と同県同期連番の3525阿波連二美子、それにSGウィナー3534野澤大二が。3516吉原聖人に3529松本勝也、それに3514山一鉄也や3527中嶋誠一郎といったあたりも同期です。

平和島神奈川新聞社賞4日目

 トーキョー・ベイ・パイレーツ感謝祭から一夜明け、チルトサンドに続くチルトサン丼も登場予定な平和島競艇場では今日から江戸川競艇場の場外発売も開始。
 10Rで1号艇蜷川哲平Tokyo bay pirates)がフライングに散って1733万7900円の返還をもたらした予選最終日の本日、昨日の段階で8.20の5位だった1号艇・神奈川の角谷健吾(ベイパ)、同7.80の6位だった6号艇幸田智裕、同7.40の8位だった5号艇沖島広和と3人に優出の可能性があったのは12R
 レースは枠なり3vs3の進入からケンゴが逃げきり先頭、捲り差した3号艇丹下健が2番手。そしてケンゴと丹下の間を割ろうとした4号艇江本真治は振り込んで選手責任転覆を喫し、丹下と2号艇今泉徹の間を割った沖島が内から艇を伸ばし2Mでは丹下に先制。しかしここは丹下が沖島を差しきり、1-3-5体勢に。
 2周1Mでは全艇事故艇の外側を回り、ここは1-3-5の奇数艇トリオで決着となりかけますが、カメラアングルが主観視点ではっきりわからないものの、先頭のケンゴが事故艇の内側を回り、残る4艇も釣られて内側を航走。

 「最終ターンマーク、先頭でターン。1号艇の角谷。続いて3号艇の丹下です。」と神奈川新聞車掌のノッポアナが実況した後しばし沈黙が流れ、全艇ゴールした後救助艇がゴールする直前に「ファンの皆様にお知らせいたします。ただいまのレースは全艇が失格となりました!ファンの皆様に繰り返しお知らせいたします。ただいまのレースは全艇が失格となりました。事故艇の内側を航走した為、全艇が失格となりました。従いまして舟券は全て返還となります。大切にお持ち下さい。このレース、全艇が失格となりました。従いまして、舟券は全て払戻返還となります。大切にお持ち下さい(動画)。

 ということで全艇失格となり、レースは不成立(3395万3700円返還)。内側航走の5艇は第23条2項による即日帰郷となり、恐らく平和島斡旋拒否の処分がとられると思います。これにより、正月に東京ダービーの斡旋が入ってますケンゴの斡旋は恐らく取り消しになると思われ、新ベイパの選考対象からも除外になるかと思われます。


 そんな事故レースもあってボーダーは大きく変わり、優勝戦は以下のメンバーに。

1:中澤和志 2:枝尾賢 3:作野恒 4:都築正治 5:坂東満 6:山口博司

 ケンゴと智裕の替わりにバンドマンと走る空母が優出しましたね。メンバー中、2006年の当地SG総理大臣杯優勝等実績断然の中澤は2007年7月児島倉敷市議会議長杯争奪戦以来のVが懸かり、前節日本トーターカップ森永淳に続いて九州地区からの2号艇になった枝尾は28度目の正直で初Vにチャレンジ。

多摩川スポーツニッポン杯争奪ゴールデンレース初日

 京都G1マイルチャンピオンシップは推定500万円の安馬スーパーホーネットが募集価格1800万円の高馬ブルーメンブラットに惜敗しましたが、大相撲九州場所はプロ力士相手に13勝を挙げて来場所大関昇進を決めた安馬アマが相星だった横綱白鵬プロに優勝決定戦で惜敗。
 そんな日曜日でしたが、安馬も高馬も乗りこなす田中勝春が明日のG3福島記念に騎乗する翌日の火曜日にトークショーを行う多摩川競艇場では今日からゴールデンレース。江戸川競艇場でも6日間場外発売されます。ということで今日は競馬中継&唐津ピット生ナマ情報を見るため15時前に帰ってきたものの、お昼時は江戸川競艇場に行ってきました。

 さて、初日メイン多摩川選抜戦は70期が3人乗艇した番組。枠なり3vs3の進入から4号艇西村勝(70期3589)がカドから仕掛けようとするも伸びきるまでには至らず、カド受けの3号艇大神康司(70期3574)の捲り差しも艇が浮き、07トップスタートだった1号艇三角哲男の速攻イン戦が決まり1着
 差した5号艇のアッキー秋山直之が2着に入り、差し順走の2号艇烏野賢太が3着と非70期が上位を独占。尚、2周2Mで6号艇安田政彦(70期3572)がキャビって大神に不利を与えた件で不良航法を適用されてます。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
競艇電投会員即時募集中
既に会員の方はテレボート
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
勝ち組.net
アクセスランキング
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
おすすめバナー
バナソニック


blogram投票ボタン

livedoor プロフィール
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ