ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

白井最強

チャレカ準優日のBP習志野は白井最強イベント

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
白井西京となら坊のツーショット 浜名湖SG競艇王チャレンジカップが準優勝戦を迎えた本日は、住之江SG賞金王決定戦出場が当確になった西京ホワイトシャーク白井英治のトークショー&ツーショットポラロイド撮影会が江戸川競艇場外ボートピア習志野で行われたのでBP習志野へ。
 チャレカの他に三国しもつき第3戦2日目とJAL男子王座決定戦大村G3企業杯JAL杯競走2日目若松ミニボートピア北九州メディアドーム開設2周年記念競走3日目も発売しており、舟券的にもボリュームたっぷり。

大魔神のお守り とはいえ直で習志野へ行ったわけでなく、最初にチャレカ単売の江戸川競艇場でガラポンをしてきて、参加賞の大魔神お守りと抽選景品のクオカードを獲得。BP習志野の出走表はしょぼいので、出走表も江戸川で調達。

チャレカキャンペーンメニューはうなぎぼくめし&はんぺん串 BP習志野では全国発売競走期間中に開催地にちなんだメニューを提供しますが、今回はうなぎぼくめし(カットしたうなぎ蒲焼とゴボウを炊き込んだ混ぜご飯)500円とはんぺん串100円です。

 ここからは、いよいよトークショーの内容。7R松田安男大先輩、永年勤続御苦労様杯終了後の第1部はこんな内容でした。

・3人の娘と男女の双子で5人の子持ち。長女は小学三年生。
・千葉県民の作間章と仲が良くて桃太郎電鉄麻雀仲間。
・ビールが好き。飲み仲間は同県の寺田祥と飲むことが多い。


 撮影会をはさみ、9RママチャリGPファイナル出場記念終了後の第2部はBP習志野競艇大學の28期2357羽尾勉教授も壇上に登場。教授は全国5本の指に入るくらいキレのある走りをする選手と、白井西京を絶賛。羽尾教授の現役時代に見た白井西京評はプロペラや整備に目をくれず、ひたすら乗艇能力を磨いていた印象があるとか、身長が172cmあってとにかく長身とかの話を。そして、白井西京が帰郷後はミスター麻雀小島武夫が壇上に上がって羽尾教授とチャレカ予想トーク。
 ちなみに、今日は初めて3Fあかねビジョンに入場。今まで3F指定席は茜倶楽部シングル、Forスモーカーズと入場しましたが、3f指定席の中では今日のが価格と居心地・見心地のバランスが一番とれてると思いますね。
白井西京トークショー第1部白井西京トークショー第2部with羽尾勉小島武夫名人位+羽尾勉教授


【賞金王へのSUNRISE・チャレンジカップ準優】

 それでは準優勝戦のおさらいです。1つ目の10Rレイジアは日本一早い完全脱毛にチャレンジは「前節さんちゃんがパワフルな動きを見せました46号機を背に、今度はさくちゃんが一気のイン逃げを敢行。優出一番乗りを果たしますか。1号艇作間章(動画)。」と、前夜すっぽんフルコースの精力王座決定戦に出場してビールや焼酎で口をすすぎつつも精力増強にせいこうしたらしい工藤浩伸アナの実況が今日もギンギンでした。
 そんなくぅ〜ちゃんパワー爆発の10Rは進入インから123、ダッシュ456たいけー、スッタートしました。1号艇さくまあきらは先に舞うも3号艇松井繁をブロックした勢いで流れ、2号艇今垣光太郎と4号艇・「4コースのカドから上段回し蹴り赤岩善生(鹿児島県出身愛知県在住愛知支部)の差しが。
 僅かに先行するガッキーに対し赤岩が必死に舳先をねじ込み、2M先に回ろうとするガッキーに対して赤岩は空手パワーで内から押っつけにかかり、そのままガッキー(と中島孝平賞金王決定戦出場の可能性も)を飛ばしきって2Mを先制。そしてこの展開をマーサクしたさくまあきら(千葉在住東京支部82期本栖チャンプ3966)が差しきって逆転1着ゴール。4日目8Rオギリン減量へのチャレンジの成果やいかに!?を制した勢いで予選3位になったマーサク選手が2M抜きながら好枠を生かしました。
 同期マーサク選手に差された82期3946赤岩善生は2番手に落ちて6号艇守田俊介にも内から迫られるものの、2周1M外全速戦で守田を振りきって単独2番手を確保し82期ワンツー完成。尚、赤岩は優勝戦5着以上で中島孝平の賞金を上回る為、この時点で中島孝平賞金王決定戦出場は絶望的になりました。

 2つ目の11R競艇大好き!村田幸雄・上野幹康記念レースは枠なり3vs3から1号艇田中信一郎(大阪)が08トップタイスタートも、工藤アナが大好きな浜名湖名物カドのえーちゃんこと4号艇渡邉英児(静岡)が一気に絞る構えも、3号艇丸岡正典(奈良在住大阪支部)が必死に抵抗した結果えーちゃんの捲りは勢いを失い、マルちゃんを壁にしたタナシンが1Mを先行。ですが、えーちゃんとマルちゃんが喧嘩して出来た艇間をずぼっと突いて6号艇笠原亮(静岡)が捲り差しを決め、タナシンを差しきり1着。尚、笠原は優勝戦2着以上、タナシンは同3着以上で中島の賞金を上回ります。

 3つ目の12R競艇人生45年!大好き競艇☆重則杯は枠なり3vs3の隊形から1号艇坪井康晴(静岡82期3959)が3号艇深川真二をブロックしての逃げで堂々押し切り燃えて1着ゴールを果たし、2日目12R予想は正子!?お車の御用命は菊川タクシーを制した勢いで予選1位になったつボイは優勝戦ポールポシジョンを獲得。
 後続は4号艇横西奏恵と5号艇吉川元浩の差し合戦になるも、横ちんに舳先掛けきった吉川が2Mを先行して2着優出。


 こうして決まった優勝戦丸山裕樹&森やよい結婚おめでとう記念!出場メンバーはこの6選手。

1:坪井康晴 2:作間章 3:笠原亮 4:田中信一郎 5:赤岩善生 6:吉川元浩

 個人的に来て欲しくない2連単2345-45の舟券6点を買うと来ない縁起担ぎで買うものの、真面目な予想は遠江浜名湖で82期つボイのイン帝国成立。近江琵琶湖勢もいないし、さすがに5月ボートピア岩間4周年記念茨城放送ゴールデンレースの失態は繰り返さないでしょう。といいながら差されそうな気もするから裏も。


【JCキルトクール】

 ウオちゃんも出走する東京競馬のG1ジャパンカップキルトクールは直線の長い競馬場適性が疑問なマツリダゴッホ。ちなみに本命は事故絡みとはいえ鞍上強化に成功したメイショウサムソン

【埼玉山口】 白 井 最 強 【同日優勝】

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 スポニチ金杯で乾杯!2008年最初の優勝戦、下関スポニチ金杯争奪関門大賞(ハイドロ1800m)は関門をくぐり抜けた地元6選手で争われ、9戦全勝で1号艇を獲得した白井英治が1243/65の進入から09のトップスタート速攻でしっかり逃げ切り、昨年に続くスポニチ金杯関門大賞連覇にして昨年11月江戸川一般競走以来となる通算35回目の優勝は、昨年1月徳山一般競走以来の完全優勝を達成する白井最強ぶり。後続は、つけまい敢行の4号艇吉村正明と差した3号艇大峯豊の争いとなり、2Mで内の大峯を行かせて差しきったまちゃあき海賊団長が2着。


 関門のホワイトシャークここにありを見せつけた白井英治完全優勝から数十分後に発走した戸田埼玉選手権・スポーツニッポン杯争奪戦優勝戦串焼うぶどり7周年記念杯は枠なり3vs3の進入から1号艇須藤博倫(川口市)が1M先制も流れ、3号艇滝沢芳行(さいたま市)の捲り差しがヒット。須藤を差しきったタッキーは1M小回りでBS差し伸びて2番手の2号艇白井友晴(戸田市)を押さえ込む様に2Mを先制しますが流れてしまい両者同体に。尚、この2Mで3番目に回った須藤はタッキーと白井の間を割ろうとするも白井が壁になって脱落。昨年に続く埼玉選手権連覇なりませんでした。
 そして、2周1Mを内から先制した白井が目出度く単独先頭に立ち戸田市笹目にある串焼生鳥の冠協賛タイトルを獲得するとともに、通算11回目にして戸田初優勝。2Mで内からプレッシャーを掛けてタッキーのミスを誘いつつ、自身はしっかり回る好旋回を見せた埼玉のホワイトシャーク白井最強の技がここに冴え渡り、同日優勝の白井最強伝説を打ち立てました。ここまでくればG3スポーツニッポン賞京都金杯白井寿昭厩舎のアルビレオで白井最強ですね。

芦屋日刊スポーツ杯争奪福岡県内選手権大会優勝戦

 本日、艇王植木通彦元選手がティーンエイジャーを対象にした抽選で幸運にも選ばれた萩市の17歳ひとみさんを乗せてのスペシャルペアボートを行った芦屋競艇場が舞台の2008年3つ目の優勝戦は、1号艇岩崎正哉が旋回半径の大きいダイナミックなイン戦で押し切り、2002年G1全日本王座決定戦を含む芦屋5回目にして通算31回目の優勝、艇王から表彰を受けました。2着は2コース順走の2号艇白水勝也

江戸川新春金盃2日目

 第2Rが始まりました。2008年走り初めとなった初日は落水・転覆とさんざんな結果に終わってしまった6号艇柳出もとい柳田英明ですが、ここは差し届かず5番手。ですが、4番手浮上が迫った3周1M手前で5号艇多羅尾達之ともつれ合ってしまい今日も転覆になってしまいました(動画)。これで柳田は大晦日の平和島日本モーターボート選手会会長賞最終日11R選抜戦でやらかしたフライングから始まって4走連続事故。ひまひまデータさんによると柳田の4走連続事故は事前欠場を除くと1996年以降初めてという珍記録だそうです。
 そんな柳田ですが、1号艇で登場した後半第9Rで4号艇福島勇樹王子と2号艇荒川昭に差されはしたものの、最終的には荒川・6号艇木下陽介との2着争いに競り勝ち、ゆーき王子に続く2着。5走ぶりに数字の着順を取れました。

 第5Rが始まりました。逃げる1号艇木下陽介と差す2号艇鈴木茂正の間を割るか捲りたかったであろう3号艇増田進(東京70期3569)ですが、波に引っ掛かってしまい選手責任の転覆です(動画)。

 5日間開催の今シリーズも予選競走が半分終わりました。迎えますのは第7R予選競走です。2号艇加藤高史が差し戦で1着になったこのレースは3着争いを巡って2周1Mでアクシデントがあり、内に切れ込んだ3号艇塚田修二がもたついてしまい、そこに4号艇平井紀之が乗り上げてしまうアクシデント(動画)で平井はエンスト失格、レース後負傷帰郷した塚田は不完走失格です。尚、2艇の内をすり抜けた5号艇飯山泰が3着になっています。

 穏やかな水面コンディションのもとレースは進みまして第10R特選競走です。1号艇松浦博人が02の際どいスタートを放つも、10スタートの4号艇若林将が全速つけまいで松浦を叩いた展開を突いて差し抜けた2号艇石渡鉄兵1着、若林も2Mの全速戦で2着を取り切り内房師弟ワンツーです。

 今日は全国23の競艇場でレースが行われていますが、その中で江戸川競艇をお選びいただきまして誠にありがとうございます(動画)。ということで昨日新年初勤務だった自分にとって新年初江戸川本場参戦となった本日の新春金盃は残すところあと2個レースとなりまして、第11Rは特選競走です。ここまで1着が無い1号艇大澤普司はA1の意地を見せたいところでしたが、あろうことか大澤は33のドカ凹みをやらかし2号艇小川知行に捲られ最下位。
 その小川と捲り差しの3号艇鈴木猛による先頭争いとなり、2Mもラップターンでほとんど同体でしたが、2周1M内から先制した鈴木猛が差しに転じた小川を振りきり1着でゴールイン。

平和島東京ダービー初日

 平和島がお送りします名物開催東京ダービー。私的に平和島で一番好きな開催であり、新春金盃よりも好きな開催であります。さて、初日メイン新春特別選抜戦はベイパが6人揃っております。今年はメンバーの入れ替えがあるのか、或いは解散か。目が離せない一年となりそうです(動画)。4号艇池田雷太東京支部長を筆頭に全員がTokyo bay piratesなので誰が勝ってもトレジャーチャンスの一戦は枠なり3vs3から5号艇作間章が15トップスタートを決めて絞りますが、過去5年で東京ダービーV4を誇る1号艇濱野谷憲吾が艇を伸ばし先マイ。サクマ式の捲り差しを振りきっての1着ゴールであります。昨年の東京ダービーでムテキングを襲名した濱野谷は6号艇の前半8Rでも1号艇尾形栄治(+02のF)を捲り差しで捕らえ1着。2008年の走り初めを幸先よく連勝発進です。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
競艇電投会員即時募集中
既に会員の方はテレボート
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
勝ち組.net
アクセスランキング
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
おすすめバナー
バナソニック


blogram投票ボタン

livedoor プロフィール
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ