ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

牛小屋

明日は平和島開設56周年トーキョー・ベイ・カップ優勝戦

ブログネタ
競艇 に参加中!
 今月19日に「カップリングパーティーin平和島pdfファイル)」を開催する平和島の開設56周年記念G1トーキョー・ベイ・カップは本日準優勝戦が行われ、明日の優勝戦は以下の顔ぶれに。

1:中島孝平 2:原田幸哉 3:赤岩善生 4:福島勇樹 5:真庭明志 6:烏野賢太

 ポールポジションを獲得してV王手の中島孝平は雪害による責任外前検遅参で2日目からの出場となりましたが、ひまひまデータさんによるとデータがある1996年以降で途中参戦優出は10件あり、そのうち優勝は1999年1月芦屋日刊スポーツ杯争奪福岡県内選手権大会今村暢孝のみです。
 また、1984年2月6日生まれの真庭明志は自らの誕生日にG1初優出です。

 ちなみに4月7日からの開設57周年記念G1トーキョー・ベイ・カップのメンバーも発表されており、ダブルドリーム戦ファン投票も21日17時まで投票受付中。
 56周年の優出選手中で57周年に斡旋されてるのは中島孝平と烏野賢太の2名で、原田幸哉と赤岩善生と福島勇樹王子は4月4日からの蒲郡G1オールジャパン竹島特別に斡旋されてます。
海の勇者に、祝福を。

 本日は平和島の準優3個レースを現地観戦して、終了後に隣の平和島競艇劇場で若松ナイトクイーンカップを少し観戦したところで大森の牛小屋へ。
 山ちゃんさんとマイケルさんがいた牛小屋ではレバ刺とダチョウ刺をいただきました。
牛小屋のレバ刺牛小屋のダチョウ刺

作間章トークショーinボートピア横浜+大森の牛小屋でオフ会

ブログネタ
競艇 に参加中!
マーサク選手と黒石加恵ちゃん☆ 春風吹き荒れた今日は正午前に起きてから、強い南風が吹く平和島競艇をパスして作間章のトークショーがあるボートピア横浜へ。
 見られたのは第2部だけでしたが、司会が黒石加恵アナだったので、嬉しさ2倍です。

 マーサク選手の生の声を聞けた事に加え、久しぶりに黒石さんに会えた事でも行った価値の大きいトークショーでした。ちなみに、もし黒石さん司会なのを事前に知ってたら早起きして朝から行ってたと思います。

 トークショーではSG総理大臣杯に出場中の同期についても語り、坪井康晴は普段無口だけど時折ボソッと鋭い事をつぶやくとか、赤岩善生菊地孝平は赤岩は武闘派で菊地が頭脳派と多少タイプが違うものの、どっちもリーダーシップがあって男らしいとかの話を。
 また、最後のじゃんけん大会では当初予定のサイン色紙と帽子のセット10人分に加え、ペラグループTASK(TeppeiAkiraShouKanae)オリジナルTシャツとベイパTシャツを自前で提供した兄貴肌のさくまあきらです。

 さて、ボートピア横浜は青森県のミニボートピア黒石、秋田県のボートピア河辺と共に平和島競艇を必ず買える専用場外ですが、今日は平和島に加え秀樹感激桐生日本財団会長杯4日目と劇的尼的決戦尼崎選手権競走5日目も買えました。
 但し、SG終わった後も帰さんということで発売予定だった若松G3企業杯JR九州ビートル杯は強風の為中止順延になったので、ナイターは買えず。
 よって、今日は昼間のみの営業になりましたということで暗くなる前に横浜から帰りました。

 ところで、夢大作先生主演のJLC番組「勝負師はつらいよ#10〜ミニボートピア長洲 火の国の金魚篇〜」はマドンナ役が黒石さんなので、見ることをおすすめする逸品(番宣動画)なのです。自分はもちろん録画して保存したのです。
TASKTシャツをマーサク選手と黒石さんが紹介

 夜は、17日のMXTV「ボートレースLIVE」にも登場し、クワバタオハラの取材を受けた大森の名店牛小屋へ。
 マーサク選手という秀逸なニックネームを生んだ競艇あれこれの良2さんが企画したオフ会には、半月前に会った山ちゃんさん、久しぶりなかじさんにマイケルさん、初めましてのおくぞうさんにscopusworksさん、他にも牛小屋仲間のカッキーさん達や、URLが無いので明かせませんが初めましてだった方などいろんな方が来てましたです。
牛小屋の焼酎20100320

歴代女王3人がFに散った女子王座決定戦準優勝戦

ブログネタ
競艇 に参加中!
 下関競艇場で開催中のG1企業杯JAL女子王座決定戦は5日目を迎え、準優勝戦三番勝負。

 1つ目の準優10Rは枠なり3vs3の進入から、2号艇向井美鈴(宇部市)の差しと6号艇魚谷香織(下松市)のつけまいを振り切った1号艇海野ゆかりと、2番差しの3号艇横西奏恵で先頭争いになりかけるもスタート異常で、うんのゆかり(+03)と横ちん(+02)と4号艇岩崎芳美(+02)の3艇集団フライングに。
 これにより、01タッチスタートの向井がF艇の横ちんを2M行かせて1着、10スタートのぅぉちゃんが2M突進して来たF艇の岩崎よしみを2M辛うじて包みきって2着に。
 以上のように地元ワンツーにはなったものの3艇集団Fによる返還金額2億6504万3200円で残売上が199万6900円と施行者の下関市に大きなダメージが。一昔前ほど次のレースでF返還分が再投入されなくなりましたからね。
 また、横ちんは前期に喫したF2の影響で出走回数が少なく、このFにより今期の出走回数が70走未満になる事がほぼ確定してしまいました。横ちんがA1維持できる唯一の可能性は11日から15日までの男女混合多摩川マンスリーKYOTEI杯に追加斡旋されることです。

 2つ目の準優11Rは枠なり3vs3の進入から1号艇寺田千恵が危なげなく押し切る圧勝で1着。
 2着争いはつけ回った5号艇鎌倉涼がやや優勢も、順走の2号艇田口節子に加えて3号艇山川美由紀と6号艇池田明美も差し伸び混戦模様。
 2Mは艇を伸ばして先行するみゆきを田口が全速包み込み両者ほぼ併走になりますが、鎌倉嬢が3艇を行かせて差しきりHS鎌倉嬢がややリード。
 2周1Mはみゆきが内に切り返して押っつけるも鎌倉嬢が包みきって単独2番手になり、田口がみゆきを行かせつつHS最内の4号艇三浦永理を包みきり単独3番手に。
 そして2番手浮上狙う田口が2周2M艇を伸ばし先行するも鎌倉嬢が行かせて捌き、3周1Mで今度は切り返して押っつける田口を鎌倉嬢が全速包み込み、3周2M再度突っ込んできた田口を鎌倉嬢が再び包みきって優出切符は鎌倉嬢の手に。
 平成元年4月30日生まれ100期4456鎌倉涼20歳は通算V0ながら、銀河系の織姫田口節子を硬軟自在に捌ききって見事優出。
 20歳でG1優出を決めた鎌倉嬢の記録は競艇草創期を除くと史上最年少G1優出。ちなみにデビュー初Vが女子王座だったのは横ちんがG2時代の1999年に尼崎で達成してます。また、初VがG1以上だったのは57期3216山下将人元選手が1988年になんちゃってG1の丸亀四国地区選手権で達成して以降ありません。

 準優最後の12Rはシリーズリーダーの1号艇池田紫乃(長崎79期3871)がデビュー初Vに王手を掛ける一戦でしたが、枠なり3vs3の進入から16スタートの池田紫乃は20スタートから捲ってきた4号艇濱村美鹿子のつけまいを辛うじて受け止めるも2号艇日高逸子に差されて2番手。
 差された池田紫乃は2M外全速戦もこれが裏目に出て、濱村にバン!ビターン!と差されて3番手に後退。そして2周1M濱村にバン!ビターン!と牽制されて差を広げられ万事休す。
 尚、2M艇を伸ばし濱村に先行した6号艇平山智加は差された後に振り込んでしまい、5号艇香川素子に不利を与えた事で不良航法が適用されました。
【競艇】第23回JAL女子王座決定戦・準優【HD一部SD】


 優勝戦の枠番です。

1:寺田千恵 2:向井美鈴 3:日高逸子 4:濱村美鹿子 5:鎌倉涼 6:魚谷香織

 V最短距離に立ったのは防府市生まれ福岡育ちで結婚後岡山在住と、山口県が生まれ故郷のテラッチ。風速10mの美艇旋風吹き荒れた2007年徳山の第20回に次ぐ女子王座V2と山口県競艇場でのG1Vなるかが見所。
 あとは、鎌倉嬢のデビュー初Vおよび史上最年少G1V、向井とぅぉちゃんに地元Vが懸かるのに注目。

 ちなみに、女子王座直前に東京スポーツのインタビュー「kyote異jin」に登場した向井美鈴は今節東スポでコラム「まくり屋・美鈴の「行かせてもらいます」」を連載してます。
まくり屋・美鈴の「行かせてもらいます」

 そんな今日はシアトルズベストコーヒーカップ3日目を開催中の平和島競艇場の隣にある外向発売所平和島競艇劇場で女子王座場外を準優から観戦。
 平和島のレースは本場、女子王座は劇場で見ましたが、場外中継に関しては大型映像がある劇場の方が見やすいですね。

 夜は正月以来久々の牛小屋@大森でぷるんぷるんの脂がたっぷり乗ったもつ肉がとってもおいしい煮込みと金時芋焼酎を味わってきました。
 その後山ちゃんさんが来店して、久々に山ちゃんと会いましたです。

【明日は江戸川関東競艇専門紙記者クラブ杯優勝戦

 ファイナルに駒を進めた6精鋭は以下の通り。

1:中辻崇人 2:池本輝明 3:樋口亮 4:大庭元明 5:西野翔太 6:榮田将彦

 この中ではデビュー初V懸かる西野翔太が本日第3R4号艇と第10R3号艇の連勝で勝負駆けを成功させました。
 内訳が抜きの第3Rが1M差して2番手集団につけ、2周1Mの差しで単独2番手になり、2周2Mの差しで先頭艇を捕らえて舳先ねじ込み3周1M先行しての逆転勝利。続く第10Rは捲りです。

【徒然さん上京記念】牛小屋で忘年会

牛小屋の特大ロース 今夜は愛知の競艇徒然日記さんが東京にやって来たということで、大森の名店牛小屋に集結しました。メンバーは良2さん、かじさん、てるきちさん、B1ゆーとぴあさん、マイケルさん、山ちゃんさん、カッキーさん。
 以上のメンバーで22時過ぎまでいて、特大ロースを始めとする極上肉の数々に舌鼓。

 さて、牛小屋から近い平和島競艇では今日からボートピア横浜開設1周年記念が始まりましたが、レース名のボートピア横浜に以下の大物選手が来場します。

●12月20日(土)田頭実トークショー&サイン会

【トークショー】
時 間
1回目:(住之江7R発売中)13時05分頃
2回目:(住之江9R発売中)14時05分頃
場 所: 3階エレベーター前
【サイン会/田頭選手サイン色紙プレゼント】
時間:14時35分頃
●4階のお客様限定。先着20名様にプレゼント。
●5階お客様限定。整理券をお持ちの希望者のお客様限定でサイン会を実施いたします。お席まで田頭選手をお連れいたします。

和風焼肉 牛小屋 [ 焼肉、ホルモン ] - Yahoo!グルメ




【阪神JFKキルトクール】

 兵庫県尼崎競艇場ではG3女子リーグ戦クイーンロード開催中ですが、兵庫県阪神競馬場では新鋭女子王座決定戦G1阪神ジュベナイルフィリーズ。そして今回のキルトクールは前売1番人気のブエナビスタ。未勝利勝ちから一気の相手強化はきついでしょう。

チルト+3度多発の平和島デイリースポーツサマーカップ開催中

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 14日から始まっている平和島デイリースポーツサマーカップ。本日は夏休みトレジャーチャンス取り放題の東京ベイ平和島競艇場に行ってきたので、先ずは初日からおさらいです。初日1Rで東京支部の小田和正とお伝え(動画)された二号艇二瓶徹がチルト+3度に跳ねたのを皮切りに、4Rで6号艇野澤大二7RではG1平和島ダイヤモンドカップが記憶に新しいTamagawaBPクラブのカリスマ・4号艇長岡茂一に加え、TBP同門の6号艇村田修次までもがチルト+3度、極めつけは12Rベイドリーム選抜戦で、3号艇モイチに加え5号艇中野次郎までもがチルト+3度の大安売り。
 このうち4Rの野澤が大外捲り差し、7Rのモイチが01タッチスタートから捲り一発で勝利、ムラッシュが2段捲りで2着という内容だった訳ですが、ベイドリームは124/356の進入から4カドのモイチが捲りに行くも1号艇濱野谷憲吾(チルト0度)が張り飛ばした展開を突いて中野が捲り差しという内容。尚、ベイドリーム6号艇矢後剛はチルト0度6コース進入でマーク策も捲り差し不発で4着。

 続く2日目は1Rで6号艇宮内忠志2Rで5号艇二瓶と6号艇増田進の2人、5Rで6号艇モイチがチルト+3度にするも、2日目は誰も舟券に絡めず。尚、1Rは1号艇宮内博文(埼玉在住東京支部)と宮内忠志(千葉)のW宮内番組。

 そして本日3日目は1Rで6号艇二瓶が3度目のチルト+3度、5Rで5号艇ムラッシュ、9Rで6号艇中野がチルト+3度。
 このうち5Rの5号艇ムラッシュが123/546の4カドと、4号艇矢後と6号艇有賀達也(埼玉100期4428)のチルト0度コンビより内の進入になりましたが、ムラッシュは捲るも流れて3着。「みんながチルトサンドにするならば、私は0度にこだわります。これが矢後ワールド(動画)。」とお伝えされた矢後と有賀のチルト0度コンビもゴンロクに終わってしまいまいした。尚、9Rの中野は06トップスタートから大外捲り一発決めております。
チルトサンド
 
 以上、猫も杓子もといった今節のチルトサンド選手を挙げてみたので他の話題。今節は宮内忠志と宮内博文と宮内由紀英の宮内トリオを始めムラッシュと村田敦の村田コンビに大西源喜大西英一の大西コンビ、それに渡辺豊渡邉睦広の神奈川わたなべコンビといった斡旋がありますが、11Rでは2号艇・嵐のマッチョマン高橋二朗が4号艇高橋勲の攻めを封じる先捲りで制し、勲を引き連れての高橋ワンツーを決めております。
 最後に、今節の主力所では濱野谷がベイドリーム3着以外オール1着、作間章がベイドリーム以外オール1着、チルトサンドはじめましたの中野がオール2連対となっておりますが、特にさくまあきらはチルト0度に固定した2日目以降4連勝の快進撃であります。

 そんな今日は場内でさんにカッパさん、大森の名店牛小屋で中国帰りの山ちゃんさんに会ったわけですが、本日の牛小屋ではビールと焼酎とホルモン野菜炒めをいただきました。焼酎といえば、こめ焼酎白水のボトルを入れたのですが、9月4日から始まる平和島次回開催イーバンク銀行杯には、今節に続いて登場の70期3590濱野谷憲吾に加え、70期3576白水勝也が出場予定。その白水は日曜日の芦屋九スポ杯争奪オール九州選抜優勝戦で1号艇だから、1日早い優勝祝いですね。
牛小屋 [ 焼肉、ホルモン ] - Yahoo!グルメ




【日曜競馬キルトクール】

 白馬ユキチャン出走予定のオール女子戦札幌G3北海道新聞杯クイーンステークスは、そのユキチャンを迷わずキルトクール。開幕週で時計が早くなりそうなので、芝ではジリ脚のユキチャンには苦しい展開になりそう。ちなみに明日の自分は宮内由紀ひでのいる平和島に2日連続参戦。尚、日曜日の水口由紀ちゃんは丸亀サマーチャンピオンレース5日目8R2号艇1回乗りです。

 サマースプリント1200m戦小倉G3テレビ西日本賞北九州記念のキルトクールはクールシャローン。前哨戦北九州短距離ステークスでは鯨鮫ホエールシャーク相手に勝利を収め、斤量も前走の55kgから53kgに減量されるも成績を見る限り荒れ馬場は苦手そう。道悪が予想されるだけにこれは減点材料。

【テツ】平和島東京ダービー3日目+江戸川新春金盃W準優勝戦【トモ】

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 本日は江戸川競艇場で早朝前売を買ってから先ず新橋に行き、WINS汐留で初フジ新春金杯(G3日刊スポーツ賞中山金杯優勝馬はそのものずばりのアドマイヤフジ)を買ってからラ・ピスタ新橋立川G3鳳凰賞典レースを購入。三競を買い終わったところでいよいよ本日のメイン平和島競艇場に。
 一年の計はここにある東京ダービー3日目の平和島には山田哲也井坂友則、略してテツ&トモではなく赤青ジャージテツandトモの新年パフォーマンスが。アコギ持たずにあずさ2号(松本6時02分発)を熱唱したのにきっちり締切3分前に終わったのはなんでだろう〜♪
 そんな本日は、はまかぜの煮込みライスを食った後にテツトモを見たり、指定席で舟券を買ったり金杯を見たりしたのですが、レース後はお楽しみの新年初牛小屋。本日は昼が煮込みだったので、ホルモン焼きにしました。香ばしいホルモンもさることながら、マスターのインタビューが掲載されたCOMPANY TANKに感心。白蛇抄小柳ルミ子との対談形式でマスターが生き様を語ってます。内容は競艇あれこれさんのこちらのエントリーにも詳しく載ってます。
なんでだろう〜なんでだろう〜♪6時2分のあずさ2号(5052M)で〜♪

 ここからダービーの水上編。本日は「僕は3日目あたりから仕上がると思います。」と前検で宣言したとお伝え(動画)された折下寛法が電気一式とピストン×2とシリンダを交換した大整備の甲斐あって大きな変わり身。2号艇で登場した8Rではベイパに対抗して東京ザフト軍を結成(動画)した5号艇矢後剛(チルト+3度)の5コース捲りに2コース先捲りで対抗し、ザフト軍隊員の矢後ちゃんを飛ばして1着
 4号艇で登場の後半11Rは4カド差しからBSぐいぐい伸びて1着と、足を仕上げての連勝ゴールとお伝えしておきます。

江戸川新春金盃4日目

 第27回新春金盃。3日間の予選を勝ち抜けてきました12名のファイター達の対決です。W準優勝戦前半第7Rです。ここは1号艇加藤高史が先に回るも大島まで飛んでいってしまい、差した3号艇鈴木猛が6号艇飯山泰の捲り差しをこらえきって先頭。しかし2Mで鈴木を差しきった飯山が逆転の1着ゴール。

 W準優勝戦前半第8Rは2号艇雨宮昌一が差し抜け1着。1M捲り差しから2M→2周1Mと捌ききった6号艇石渡鉄兵が2着。

 前半で全員が無事故完走だったので後半の3着以内が優出となり、ここからが本番のW準優勝戦後半第11Rは1号艇飯山泰が07トップスタートから先制押し切り1着。前半からの連勝で優勝戦1号艇を自力で獲得しました。
 後続は順走の2号艇鈴木茂正が2番手で、以下外マイの3号艇山来和人と2番差しの4号艇鈴木猛が追う展開になりましたが、2Mで内から艇を伸ばして鈴木猛がしげしげよりも先制するも、行かせて差したしげしげが2着をキープ。空振りの鈴木猛はここで流れてしまい、鈴木猛を差しきった山来が3着で優出決定。

 明日のファイナルに向けての最終決戦。W準優勝戦後半第12Rは1号艇石渡鉄兵が09トップスタートでしっかりイン戦をものにして1着。捲り差しの3号艇福島勇樹王子が2着で、小回り順走の2号艇谷津幸宏が3番手でしたが、1M捲り差しも4号艇杉山貴博が壁になって不発の5番手に甘んじた6号艇松浦博人がHS内に艇を持ち出し、2Mでもたついてる谷津にアグレッシブな突進。これが成功して逆転3着になりました。


 優勝戦の6強は以下の顔ぶれになりました。

1:飯山泰 2:石渡鉄兵 3:鈴木茂正 4:福島勇樹 5:山来和人 6:松浦博人

 大晦日の平和島日本モーターボート選手会会長賞で1号艇4着敗退の飯山やすしが大晦日の汚名を返上して2008年はいい事がおこるでしかしとなるか。


 ここでお知らせいたします。来る29日から開催される日本モーターボート選手会会長賞にて、日替わり実況が実施されます。
 東京3場の実況アナがここ江戸川に大集結!「あの名フレーズ」が江戸川の波水面にこだまする!
来る選手会会長賞レース(1/29〜2/3)において、江戸川競艇場で実況経験のある、あのアナウンサー達が江戸川にやってくる!
現在、東京3場在籍のアナウンサーが節間、日替わりでメインの第12レース実況を担当。なつかしいフレーズでファンを陶酔させてしまうこと間違いなし!これぞ東京アナの真骨頂!よりアグレッシブにマイクが唸る!メインレースは特にスピーカーに耳を傾けろ!あなたもヤッターマン気分になれるかも?どうぞご期待下さい。

※現在、日替わり6名で予定していますが都合により変更になる場合もあります。
※初日から4日目までの1R〜11Rと5日目、最終日の全レースは現江戸川の2名のアナウンサーが担当
※実況担当者に関する問い合わせはお答えできませんのでご遠慮下さい。

常滑中日スポーツ杯争奪新春特別競走優勝戦

 昨年12月29日から始まり、途中大晦日の中止順延を挟んだ超ロングランシリーズの最後は1236/45の進入から1号艇都築正治が05のトップスタートから外を蹴散らすダイナミックな逃げで昨年お盆の当地名鉄杯争奪納涼お盆レース以来となる通算45回目の優勝だがに。カドから差した4号艇佐藤大介が2着。いずれにしても前検入れて9日間おつカニ様でした。

丸亀市長杯争奪まるがめ競艇大賞優勝戦

 新井哲二丸亀市長杯は枠なり3vs3の進入隊形から1号艇福田雅一が10トップスタートの速攻で押し切り圧勝、丸亀8回目にして通算34回目の優勝。後続は順走の2号艇木村光宏と2番差しの4号艇重成一人の争いになるも、内の利で2Mを先制した重成が2着。

唐津佐賀県選手権優勝戦

 152/346の進入から1号艇深川真二が堂々押し切り通算41回目、からつ11回目の優勝昨年に続く佐賀県選手権連覇達成。 後続は2号艇森永淳の捲り差しが流れ、小回り順走の5号艇上瀧和則が2着に入って師弟ワンツー。

【カツ丼はかつや】阿波勝哉ショーと牛小屋パーティー【肉は牛小屋】

 平和島SG総理大臣杯最終日の昨日は朝起きて平和島競艇場に向かい、乗り換え駅の新橋でイベントにちなんだあわかつやのカツ丼を食べたところでいざ平和島。東京ベイ基地平和島に着いたのは優出者インタビュー約10分前。レース見ずにイベント広場行けば楽勝やろと思ったら既に満杯で立ち見。予想以上の入りにちょっとびっくり。ということで写真の位置で見ましたが、平和島では有言実行と書いて濱野谷憲吾と読む選手のインタビューが終わったところで高濱芳久出走の5R(5号艇5着ではずれ)を買いに。戻って来たときには京極賞さんお待ちかね三嶌誠司のインタビューでした。
 そのインタビューでSG初優出記念真紀子吉田弘文の息子が左から読んでも右から読んでもよしだしよの士陽(しよ)君だというのを初めて知りました。しようと読むのかと思ってました。このネーミングセンス、なかなかすみいにおけないですね。
総理杯優出者インタビュー


 インタビュー終了後いろんな知り合いの皆さんにお会いした後、京極賞さんにどこにいるのかメールしようとしたら、かつちんさん(クオカードありがとうございます)が通りがかって京極賞さんの居場所を教えてもらったら、最前列にいました。ということでその位置で平和島新名物チルトサンドイメージキャラクター阿波勝哉(練馬出身江戸川在住)のトークショーを見物。
 そのトークショーは6R(今シリーズ向かう所敵ばかりとお伝えされた向所浩二登場)発売中と7R発売中の二部制(4R発売中には指定席フロアでもトークショー実施)で、6Rの部がアワカツと松岡俊道アナの2人で出演、7Rの部が優木まおみを加えた3人での出演でした。このトークショー中に青森からやってきた行動派nariさん(チーズいかありがとうございます。イカとチーズのハーモニーはとってもいい匂いなのです。)と多摩川のテラッチB1ゆーとぴあさん、それにギリギリで生きるナナメさんと合流。

 トークショーの大まかな内容としては、6R発売中がトーク及び勝負所各メンバーが殺到したカラーボールの攻防。7R発売中がトーク及びカラーボール獲得者にサインとチルトサンドの贈呈でした。トークで出た話題はこんな感じ。


その1:松岡「三角哲男選手は6コースは左だけ見ればいいから楽と言ってました。」
アワ「そんなことないですよ。」
松岡「ミッスーはいいかげんですから。」
アワ「そうッスね。」

その2:松岡「チルト+3度をまねたTMR同門の矢後剛選手がG1(G1津つつじ賞王座決定戦)を勝ってどう思いました?」
アワ「うらやましい」
400円の価値がある美味しさ「チルトサンド」アワカツトークショーwith優木まおみ

 佐賀県の師弟ワンツーになった9Rピースター選抜戦発売中には勝利選手サイン入りバンダナの公開抽選会が行われ、ちるとれーどさんの抽選券をもってイベント広場へ見に行く途中司会の声を聞いて女性の司会に替わったなと思いつつイベント広場に着いたらなんと司会がちょwwまおみwww
 単なるイメージガールだった初期の頃から、イベントの司会までこなすスーパーイメージガールになったんだなと思いつつ、sabraの表紙常連に72回分も当選番号読ませていいんかいなと思ったりも。
サイン入りバンダナ公開抽選会司会の優木まおみ

 その後、牛小屋のマスターと競艇あれこれ良2さんが合流し、いよいよ優勝戦と肉の時間が迫ってきました。ちなみに春は立川談春ということでこの日も2M端で地上波公開中継が行われており、ゲストは岩崎恭子に、たまにはババンと加藤茶でした。これを見物したいが為に優勝戦舟券買うついでに1M端と2M端を往復しました。
カトちゃん岩崎恭子がゲストの地上波中継

 ご存じのように優勝戦は先頭を走る艇王植木通彦がFに散ったのですが、1M端の階段スタンドで見てた自分は(平和島は屋外スタンドで見た場合、3F椅子席でないと実況がよく聞こえません)植木が2周1Mで離脱するまでFに気づかず、いくらつくかしか考えてませんでした。動画でもはっきり聞こえるように2周1M離脱した瞬間大きなどよめきが東京ベイ平和島を支配したのですが、そのどよめきはすぐ大歓声に。そうです、平和島のスーパースター・ミスターモンキーターンのムテキング濱野谷憲吾が先頭に立ったのです!きっと濱野谷以外の選手が先頭だったら場内は植木Fによる落胆が抜けずに暗いムードで終わったでしょうが、人気者の濱野谷が場内のムードをすぐに明るくしてバンダナが揺れ動くスタンドの大歓声(全額返還だった自分もバンダナ振ってエール)を背に受け優勝のゴール。人気者の優勝とあって表彰式(動画)はF返還客(広場内に売場がある為)も混じって大混雑。あまりの大混雑に選手そのものではなく、モニターを一生懸命見る形になっちゃいました。
 表彰式の最後には引き継ぎ式として、次回SG笹川賞会場であるメッカ住之江競艇場からジャンピーが登場(場内では若松でご一緒したジャンピーさん(仮名)にも会いました)。初めて見るジャンピーの着ぐるみに癒されました(*´∀`*)
4000万のおふだを持つ濱野谷ジャンピーの着ぐるみ平和島に現る!

 nariさんと表彰式を見た後、残りの牛小屋メンバー(良2さん・B1さん・ナナメさん・京極賞さん)が待つベイプラザ3Fに上がりましたが、上がってもやはり払戻は長蛇の列。結局テレシアター3Fの払戻機を使いましたが、既に17時30分を過ぎてました。この大返還が本日一番疲れました。旅打ちで一番困るのは最終でF返還になった時だと思いますね。遠征だと後日にしようにもできないのです。ということで濱野谷優勝の興奮から一転ウェイキーくんFを強く実感した大返還。そして青い鳥ウェイキーくんランドのB1さんと青い鳥LOVEのナナメさんには非常に残念なウェイキーくんFでした。
青い鳥、Fでぶっ飛ぶ。

 結局牛小屋に着いたのは18時過ぎで、本場に行けなかった白井最強AQUA BOOてるきちさんが牛小屋に到着したところで牛小屋パーティー開始。ギャラ・ホルモン・つらみ・はらみ・にんにく焼と牛小屋マスターお薦めの一品を存分に味わいました。TERU基地ファンの女性も集団で来て生TERUに大喜びしてましたです。

ここで、まだ牛小屋に行った事ない方は是非一度ということで、場所と営業時間のご案内。

 営業時間は17:30頃〜23:00頃

 住所は東京都大田区大森北1-35-8PSフィールドの近くでZAP大森店の斜め向い)


 最後に、この日牛小屋でご一緒した皆さん。そして場内でお会いした皆さんありがとうございました。

徳山G3新鋭リーグ戦優勝戦

 今年最初の新鋭リーグ戦は1号艇江夏満がスタート出っ歯る07トップスタートでイン速攻劇。トップスタートの効果絶大、他艇を全く寄せ付けない圧勝でゴールしたコウカマンは通算5度目の優勝。3コースつけまいもコウカマンに軽くブロックされた今節選手代表吉村正明ですが2M絶妙の差しで3艇をまとめて差しきり2着ゴール。

第100期選手養成訓練卒業記念競走

 4448青木玄太(滋賀)が2コース差しで先頭に立ち、100期やまとチャンプに。滋賀県民の卒業チャンプは史上初の快挙。そして青木玄太の父は滋賀在住東京支部の51期3060青木孝司。そして二世レーサーの卒業チャンプも史上初で、2つの初めてを実現させた青木玄太。でも親子ながら父は東京支部、息子は滋賀支部と分かれて戦う事になりまして、青木玄太のデビューは5月13日からのびわこさざなみ賞です。
 そんな青木親子ですが前田くみ子キャスターのコラムに青木親子のエピソードがありました。なんでも青木玄太は競艇選手を目指す前はカーレーサーを目指していたそうで、カートレースの経験があるとか。競艇とカート、どちらも80キロの世界という共通項がありますね。ちなみに80キロの世界に生きる玄太といったら池中玄太80キロですね。

澤大介、アワカツにヒトアワ吹かす平和島

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 4日間シリーズの平和島府中市長杯は3日目の競走水面。初日チルト+3度で6着2本に終わり早々と優出圏外も昨日は1回乗りの2Rで3カド捲り一発を決め1着と存在をアピール。チルト+2度で大成功とお伝えされた(動画)79期3852澤大介
 そんな澤大介は3日目のこの日、更にチルトを下げて+1.5度で登場。前半4R2着の後に臨んだ7R。シリーズリーダー79期3857阿波勝哉(もちろんチルト+3度)の直内5コースに入った澤大介は13トップスタートの阿波に対し15スタートながら、チルト+1.5度の伸びで抵抗に成功。そして捲り差しのハンドルを入れた澤大介は1着になったのに対し、澤大介に抵抗されてリズムが狂った阿波は捲り流れて6着大敗。優出当確の同期に一阿波吹かせた澤大介でした。

 勝負駆け選手4人が揃った12Rは得点率暫定8位の6号艇中里昌志が2コースに入り、暫定7位の2号艇インコース塚本太二郎が38と大きく遅れたこともあってすんなり先捲り。この捲りは優出当確の4号艇山本浩次の4カド捲り差しによって差され、2周2Mまで食らいついたものの結局中里は2着に終わりましたが、3号艇3コースの暫定5位深水慎一郎と1号艇5コースの暫定6位山田哲也に先着し、前付け作戦成功で勝負駆けにも成功という結果となりました。
さて、東京支部の新鋭コンビによる優出争いは深水が3番手を走り、優出切符獲得かと思われた3周2M。優出を意識し過ぎたかなんとここで深水がもたついてしまい、そこを山田が差して逆転3着。着順も逆転ですが優出切符も大逆転となり、山田が優出で深水は次点となってしまいました。
そんな優出争いの激戦を尻目に1着となった優出当確の山本浩次。ポイントリーダーが阿波なので仮に優出2号艇でも実質1号艇でしたが、この1着で阿波を逆転。名実ともにポールポシジョンとなりました。

 今日は江戸川競艇場で前売舟券と20ポイント加算と笹川賞ファン投票をしてきた後、平和島競艇場へ。ここでも笹川賞ファン投票をしちゃいまして今日は4等の味覚糖飴を2袋もらっちゃいました。ちなみに投票した選手は1月20日に公開した12人から来期B2濃厚な古賀繁輝の替わりに大胆進入で掻き回す森岡満郎(小2と4歳の双子を持つパパ)に投票。森満のレースに関してはデコトラチックなデザインのインターネット競艇実験日記さんが詳しく扱ってますので一読を。そして石田政吾に一票を。

 平和島には前夜版配布時間までいて、前夜版を持って牛小屋へ。マスターと平和島等の話をしつつ、もつ煮ライスとビールで1時間以上まったりしました。ここのもつ煮はごはんが進むのです。
 ところで、焼肉といえば8Rを逃げで制した川口貴久が勝利者インタビューでI南大門のシャツを着て登場。なんでも、友人の親が板橋本町にある焼肉屋南大門をやってるとの事。


 優勝戦はこんなメンバーになりました。

1:山本浩次 2:阿波勝哉 3:枝尾賢 4:大川茂実 5:山田哲也 6:中里昌志

 進入を1346/52と想定すると、ミクロスターターの哲也が阿波の壁になりそう。よって赤ヘル軍団の総大将山本浩次(岡山)がすんなり逃げるのでは。ちなみに山本・山田・枝尾・阿波が出場した2日目12Rはアワカツが捲り一発決めましたが、この時は4カドの山田が18と若干スタート遅れました。

【優勝賞金100万円江戸川日本写真判定社長杯2日目

 最初に、本来なら2008年2月のG1関東地区選手権は江戸川で開催されるはずだったのですが、その時は既に工事に入ってるようで関東地区選手権は平和島での開催に。江戸川の関東地区選手権開催は最短でも2010年となりました。関東地区選手権の後に工事に入るとばっかり思ってたのでこれはちょっと意外でした。ちなみにG1江戸川大賞(裏開催は蒲郡G1オールジャパン竹島特別ニダ)は6月7日からで、G1江戸川モーターボート大賞(裏開催は児島G1競艇キングカップ)は11月10日からです。

 さてここからが2日目のお話。第7Rが始まりました。初日連勝の重野哲之はこのレース6号艇で登場。スタート展示は枠なりでしたが本番は5号艇中谷有希が大外に出て進入は123/465。5コース発進となった重野でした。その重野、捲り届かず3号艇小島大輔との3着争いでしたが2周1Mに思わぬアクシデント。先頭の1号艇益田啓司が責任外で振り込んだところ、2番手の2号艇宇野博之が慌ててよけ、よけた宇野に重野が突っ込んでしまい重野は沈没です(動画)。

 1号艇で巻き返しを期したい後半12Rの重野でしたが、イン13トップスタートを決めた重野逃げ切り体勢に入るところ、3コースから20スタートの3号艇東本勝利が果敢なつけまい攻撃。これに激しく抵抗した重野と東本がもつれ合ってスプラッシュ。2艇共に後方に置かれてしまいました(動画)。
勝利のせいで勝利のカーブを描けなかった重野はそれでも2M全速差しで4番手に上がり、2周1Mを落として回った2号艇山口達也56.4kgに艇をぶつけつつの全速つけまいで3着に上がりましたが、レース後重野に待ち構えていたのは不良航法の宣告でした。シリーズリーダー一転、優出自体が怪しくなって参りました重野であります。

 エキサイティングなレースが相次いでいます競走水面は第6Rを迎えています。多摩川G1関東地区選手権優出2着の1号艇山崎義明が的確なハンドルワークでイン戦確実にターンしまして1着大村G1企業杯共同通信社杯新鋭王座決定戦優出2着の2号艇大峯豊が順走で2着、4カド捲り差しの東本勝利が3着に入った結果、2連単170円3連単260円のびっくり配当が飛び出しました。

新年初東京ダービー、新年初牛小屋

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 競艇のダービーといったら全日本選手権ではなく1に東京ダービー、2にクイズ競艇ダービーを連想する自分なので平和島の東京ダービーは数有る正月レースの中で最も格上のレースと思ってるのですが、そんなダービー開催中の平和島競艇場(10月にSG全日本選手権開催)へ今年初めて行ってきました。
 着いたのは海老一染之助ショー開始直前の6R発走時間。本日は若松北九州選手権競走が強風高波浪で7R以降中止になるなど全国的に悪天候な1日でしたが、平和島も北寄りの風が4m〜8m吹く雨天のバッドコンディションでした。で、寒々しい雨風のせいか場内も寒々しい入りでおめでたいショーも残念なことに寒々しい入り。
 でもそのおかげで探すのに手間取るかと思われた山ちゃんの減量生活でお馴染み山ちゃんさんとおめでたいショーの最中にあっさり再会する事が出来ました。

 平和島の後は大森名物牛小屋で山ちゃんさんと派手に飲み食い。高級肉が並肉の値段で食べられる牛小屋ですが、本日の店主お薦め霜降りハラミもとろけるお味で非常に美味しかったです。
染太郎亡き今も現役「おめでとうございます!」11Rの的中舟券で牛小屋
和風焼肉 牛小屋 [ 焼肉、ホルモン ] - Yahoo!グルメ




【東京ダービーは4日目とお伝えしておきます】

 今年は平和島で結果を出したいというコメント、その言葉通り新春特別選抜戦1着となり、平和島では有言実行と書いてはまのやけんごと読んで下さい(動画)ということで4連勝発進、2007年の濱野谷憲吾は無敵とお伝え(動画)された平和島メインビジュアル濱野谷憲吾。
 昨日の12Rこそミスターチルト+3度阿波勝哉に指定席の大外から捲り一発決められて3着となり、完全優勝こそ無くなりましたが、なんといっても他の選手が苦にするバッドコンディションで最も強さを発揮するのが濱野谷憲吾。
 今日は再び無敵モードに入り、前半7Rが冷静な3コースまくり差し、後半12Rが4コースカド受けからこれまた冷静に捲り差しと、共に冷静な捲り差しで連勝。準優12R1号艇とお伝えしておきます。

 尚、ミスターチルト+3度阿波勝哉は11R3号艇1回乗りでもちろん6コース進入でしたが、スリット先制出来なかった阿波は大型映像前で4番手グループ。そして同じく4番手だった5号艇近藤幸男がキャビり気味に内から2M先制。差しを狙った阿波は近藤に追突して転覆。阿波が泡を吹く結果になってしまいました。幸いな事に責任外(近藤は不良航法)だったので準優11R3号艇で無事出走とお伝えしておきます。

中山G3ガーネットステークスキルトク−ル】

 キルトクールは思い切って1番人気濃厚なジョイフルハート。デビュー10戦7勝で2連対率10割と底を見せて折らず、ダート1200mの持ち時計も1.09.2とメンバー中1位。しかも外枠有利な中山1200mで大外枠と買える要素が多々あります。
が、稽古の動きが悪くいつもの前向きさが無かったとの厩舎コメントと重賞初挑戦即トップハンデ59kgという2つの消し要素を重視して切ります。

【お悔やみ】

 1963年に鈴鹿サーキットで行われた第1回日本GP動画)でフェアレディを駆って優勝したSCCN初代会長にしてのぼりやパドック横断幕等の製作を請け負う田原屋の社長と、非常に浅草気になる存在だった田原源一郎氏が4日8時47分、肺炎のため死去。享年77歳でした。故人のご冥福をお祈りします。

平和島レディースカップ初日の夜は牛小屋まつり

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 本日は朝10時までに起きて平和島レディースカップオール女子戦の選手紹介をネット中継で見た後、パン1枚食べてから江戸川競艇場へ。航行船通過の為発走が約15分遅延した第7R終了までいて、以降の前売を買ったところで平和島競艇場へ。着いた時は10R締切直前でした。
 で、10Rは見学して以降のレースに備えてベイプラザへ移動。海野した後にメディアラウンジでここまでのレース結果を見たところで売場のある3Fへ上がりマークカードを取ると、そこにはマークカードに記入している良2さんが。
しかもそばには森の小動物を愛するB1ゆーとぴあさん、更にあっと驚く事に愛知からやって来た競艇徒然日記さんがいました。

 当然夜は牛小屋な訳です。で、1人だったら今日も煮込みライスのつもりでしたが、大勢なので久しぶりにワイワイ焼肉。ホルモン・ギャラ・つらみといったマスターおまかせメニューの肉は今日も美味しかったです。
牛小屋ではてるきちさんと高塚清一ファンさんも加わり、K-1 WORLD GP2006中継が終わった23時まで牛小屋マスターの数々の金言(明日の予想とか展示の見方とか)と共に楽しく過ごしました。

 ところで、本日牛小屋には「競艇あれこれを見て来ました」という2人組みの方(まりちゃんズのファンらしいです)がいまして、不特定多数の人が見るblogの威力を実感しました。blogって素晴らしいですね。

【平和島レディースカップ選手紹介とか】

 選手紹介及び内田亜希子が担当した選手宣誓でいくつか印象に残ったのを挙げると、
おばようございまず。ごえばでないげどがんばりまず。
と枯れた声であいさつした新期勝率10.00の倉田郁美
おとといのソフトボール大会に参加してくれたファンの皆様、どうもありがとうございます。(以下略)
と選手宣誓みたいなあいさつをした栢場優子
寒くて漏れそうです。
と尿意をこらえるのに必死な茶谷桜
最近筋肉痛が2日後に来ます
と、2日前に行われたソフトボール大会の話題を持ってきた金田幸子といった辺りです。

 初日メイン平和島選抜戦はインの横西奏恵が26とスタート遅れ、そこに3コーススロー(今日は3カドじゃないよ)の谷川里江が16トップスタートからのつけまい炸裂。これには横ちんひとたまりもなく、捲り一発決まったりえが1着。2コースから差したカナダが2着です。

江戸川ラリーズカップ初日

 江戸川競艇今シリーズ師走開催の第1弾は4日間の短期シリーズ、第7回のラリーズカップです。第1Rが始まりました。インの豊田訓靖が36と遅れ、願ったり叶ったりの展開となった黒枠の黒柳浩孝が2コース16トップスタートで捲り決めて先頭に。
しかし3コース差しから2番手にいました中村智也が2周1Mで愛知のヒロタカマンを差しで捕らえて舳先をかけ併走。そして2周2M先マイの智也に対して、「おっと波に引っ掛かってしまいました黒柳脱落です、黒柳最後尾まで脱落してしまいました(動画)。」これにより智也が1着になっています。

 有力処と目されるメンバーが集まった江戸川選抜は内枠3人が30代前半の中堅、外枠3人が新鋭という組み合わせになり、インから逃げる1号艇今坂勝広と差す2号艇鎌田義でラップとなった2Mで先行したカマギーを差した2003年G1江戸川大賞覇者ガッツ今坂が1着となっています。3着には外を全速で行った3号艇細川明人が入り、ダッシュの新鋭陣には出番がありませんでした。

戸田ボートピア岡部カップ開設5周年記念5日目

 予選2位で優出をほぼ当確にした注目の岡部大輔は4号艇の前半4Rで4カド進入。12スタートの岡部はイン06トップスタートの武田信一をスリット後の伸びで圧倒。一気の捲りで呑み込み1着。小回りでしのいだ武田が2着になってます。
 2号艇の後半12Rは2コースから差し狙うも艇が浮いてしまい、一気呵成の大外捲りを放った5号艇齊藤優スタイルコーポレーション)に1着を奪われ、更には3コースの6号艇森秋光に差されて3番手。岡部は2Mで緑の森を差して一度は2番手に上がるも、2周2Mで突っ込んできた森を押さえ込むのに失敗しHS内に入られ3番手に後退し3着に終わりました。これにより岡部は、1回乗りの10Rで4カド差しから2着に入った同県の後輩大久保信一郎の得点率を抜くことが出来ずに予選順位は昨日と変わらず2位のまま。


 優勝戦はこんなメンバー。

1:大久保 2:BP岡部 3:前野竜一60.3kg 4:森秋光 5:立間充宏 6:山谷央


 佐賀の新鋭コンビが内を固め、4と5には岡山コンビが入りました。優勝候補筆頭の岡部にとって不安材料は今節2連対を外したレースがいずれも2号艇ということです。

G1浜名湖賞3日目

 平和島で併用参戦した今日のメインは12RG1ウィナー戦みんなで浜名湖楽しもう。浜名湖サイコウ!。オフィス家具や内装工事、OA機器や印刷などが得意分野の佐藤産業がレーススポンサー。
 ここまで3戦全勝の4号艇服部幸男先生が07スタートから4カド捲りに出ようとするも3コース09スタートの3号艇正木聖賢なる選手が抵抗して両者すっ飛んでいき共倒れ。この間に逃げの体勢を固めた16スタートの1号艇魚谷智之1着になってます。大外3番差しからBS伸びた6号艇白井英治が艇を伸ばしての2M先取りから好旋回を見せて2着です。

 ここで残念なお知らせ。吉川昭男に負け続けたらヒゲを剃ると宣言した倉谷和信は1回乗りの大名古屋新聞社協賛1R大名古屋新聞社ネットファン拡張記念競走5着を最後に負傷帰郷。吉川昭男との直接対決は見られずじまいでした。

G1大村ダイヤモンドカップ3日目

 2つのドリームトライアルから勝ち上がった上位3名ずつが対戦したドリーム戦は6名全員がSGタイトルホルダーで獲得したSG総数はなんと32。
そんなドリ戦は波高9cm北向かい風10mの波風水面。イン24王者スタートの王者松井繁に対し5号艇2コース19スタートの上瀧和則が意外にもつけまい。これが見事に決まり上瀧は先頭。次いで5コース捲り差しの濱野谷憲吾が2番手で追走。そして後方では大外差しを狙った市川哲也がターンマークに激突して回り直し(動画)。
しかし波風大嫌いの上瀧は2Mで若干もたつき、そこを見逃さなかった波風大好きの濱野谷が上瀧を差しきり1着となっています。こういう水面に強いところはまさに波乗りケンゴ。

【日曜競馬キルトクール】

 G1阪神ジュベナイルフィリーズのキルトクールはハロースピード。平坦向けの馬が多いマヤノトップガン産駒なので、直線長く馬力も要しそうな新装阪神競馬場には合わなそう。

 中京G3中日新聞杯のキルトクールはG2札幌記念以来の実戦となるマヤノライジン。1回叩いてから使うのが基本のハンデ戦にあって休み明けでの参戦はそれだけでマイナス材料。
 個人的には◎の予定だったドラゴンキャプテンが回避したのがショック。 

 ところで、阪神JFKはギャンブル王争奪!競馬&競艇予想大会★★競馬道GT5争奪 考えて買え!キルトクール王決定戦★★の対象レースであります。皆さん、奮って参加しましょう。
ギャンブル王争奪!競馬&競艇予想大会★★競馬道GT5争奪 考えて買え!キルトクール王決定戦★★
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
競艇電投会員即時募集中
既に会員の方はテレボート
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
勝ち組.net
アクセスランキング
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
おすすめバナー
バナソニック


blogram投票ボタン

livedoor プロフィール
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ