ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

濱野谷憲吾

G2江戸川634杯MB大賞は東都のイケメン濱野谷憲吾が江戸川V13

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 イケメンボートレーサーTOP100と連動したG2江戸川634杯モーターボート大賞特設サイト)は斡旋の半分をイケメンボートレーサーTOP100ランクイン選手から選出した企画開催。

 優勝戦はイケメン組から1号艇濱野谷憲吾(イケメンボートレーサーランキング28位)と3号艇中野次郎(イケメンボートレーサーランキング12位)の地元コンビが優出し、非イケメン組からは地元の4号艇作間章を筆頭に4人が優出。
 そして濱野谷憲吾が07トップスタートの速攻を決めてぶっちぎり、前走地宮島岩田杯に続く今年3回目・江戸川は8月の前回大江戸賞に続く13回目・江戸川G1V2を含む通算64回目の優勝と、江戸川巧者としての実績も群を抜くイケメンが634杯を制しました。
 2着は差したマーサク選手、3着は3艇による混戦を2周2Mで制した中野次郎が入り東京支部が上位独占。
 尚、2周2Mの3番手争いで6号艇新田雄史が中野次郎を差そうとした際にターンマークにぶつかりエンスト失格。

 かくして634杯はイケメン組の濱野谷憲吾が優勝しましたが、団体戦の方はイケメン組に4人の帰郷者が出た事もあって非イケメン組が勝利しました。
江戸川634杯表彰式1江戸川634杯表彰式2


蒲郡マンスリーBOATRACE杯優勝戦

 準優6個制で1着のみが勝ち上がれる企画開催は7R準優勝戦で蒲郡歴代1位の3連単51万4810円が出た波乱の開催。

 そして優勝戦も波乱になり、ピット離れ遅れた1号艇笠原亮が2号艇山崎哲司(愛知)とネトロンに挟まれる形になり、行き場を無くした笠原亮がネトロンにぶつかってエンスト。

 この結果笠原亮は責任外出遅れ扱いによる欠場となり、再発走後234/56の進入から山哲が07トップスタート踏み込むものの3号艇今泉和則(愛知)が捲り差しを決めて先頭に立ち、愛知対決に競り勝った和則は蒲郡3回目・昨年5月多摩川神奈川新聞社賞以来となる通算13回目の優勝
 尚、優勝戦はスタート判定になりましたが、この判定は笠原亮の責任外出遅れを判定するものでした。

桐生マクール杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇川上剛(91期4189)が押し切り、桐生初・昨年4月江戸川外向発売所オープン記念男女W優勝戦以来となる通算21回目の優勝
 後続は2番差しの4号艇木村浩士(群馬)が2番手優勢も、差し順走3番手の2号艇松村康太(91期4210)が内に切り返して2M木村浩に合わせに行き、内から合わせきって同体に持ち込んだ松村康太が2周1M先行で抜け出し91期ワンツー完成。

戸田東京中日スポーツ杯優勝戦

 123/645の進入から1号艇服部剛(ナカシマペラチルト0度)がベストを尽くした03トップスタートの速攻で3号艇金田諭(埼玉)の捲りを受け止めて押し切り、今回が5度目の優出だった静岡99期4417服部剛はデビュー初優勝をデビュー初1着の地戸田(2007年7月アサヒスーパードライカップ5日目1R)で飾りました。
 後続は金田さとしと差し順走の2号艇土屋智則で接戦になりますが、2M内先行の土屋智則が抜け出し2着。

 ちなみに静岡の服部選手といえばSGウィナー服部幸男が有名ですが、G1高松宮記念特別競走2日目2回乗りだった服部先生は4号艇の11Rでイン奪取からのイン戦を決め、1号艇の2Rと合わせてイン戦連勝でした。

鳴門オータムカップ競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇岡部貴司が12トップスタートもターン大きく流れてしまい、差しきって単独先頭に立った3号艇烏野賢太(今節選手代表)が今年4回目・通算83回目の優勝
 2番手は捲り差した5号艇福来剛でしたが福来剛は2M出口で烏野賢太に追突して失速し、3番手の2号艇畑和宏と4番手の4号艇菅章哉も不利を受けた結果、5番手の岡部貴司が3艇を差しきり逆転2着。
 尚、不利が少なかった畑和宏がいち早く立て直して3着でした。

唐津コスモス特別優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇渡邉英児が3号艇松井賢治の捲りを受け止めつつ2号艇柏野幸二の差しも振り切り、今年V6・通算45回目の優勝

 後続は松井賢治と柏野幸二の接戦に、差し続く6号艇桂林寛が2M艇を伸ばし2番手争いに加わろうとしますが柏野幸二に全速包んで先行。
 しかし柏野幸二もターン流れてしまい、1M捲り差し不発だった4号艇西山昇一が松井賢治の内側に入りこんでの差しで2番手に浮上。
 松井賢治は西山昇一を行かせての差しになるも形勢不利になり、2周1M艇を伸ばして先行しますが西山昇一が鋭く差しきって抜け出し2着争いを制しました。

濱野谷憲吾が関東地区選手権初Vで総理杯勝負駆け成功

ブログネタ
競艇 に参加中!
 江戸川で開催中のG1関東地区選手権は2003年2月の第48回以来約8年10ヶ月ぶりの江戸川カンチクでしたが、本日いよいよ最終日。

 優勝戦は1号艇濱野谷憲吾が12トップスタートの速攻を決め、東都のエース東の横綱濱野谷憲吾は8月の当地大江戸賞に続く今年4回目・江戸川11回目・通算60回目の優勝を飾り、記念V22にしてカンチク初Vとなった濱野谷はこの後F休みに入る為に今節が戸田SG総理大臣杯最後の勝負駆けでしたが、見事勝負駆け成功で総理杯当確になりました。

 後続は差し順走の2号艇福島勇樹が2番手を航走し、差し続く3号艇毒島誠を2M行かせて捌き2着。

 ちなみに写真は優出者インタビューと表彰式の写真です。
1号艇濱野谷憲吾2号艇福島勇樹3号艇毒島誠4号艇齊藤仁5号艇平石和男6号艇中野次郎カンチク表彰式1カンチク表彰式2カンチク表彰式3



浜名湖静岡第一テレビファイティングカップ優勝戦

 2日目12Rに冠協賛競走水樹奈々さん東京ドーム公演記念競走が組まれたNTV系列の静岡県域局静岡第一テレビファイティングカップ。

 優勝戦は124/536の進入から1号艇小畑実成が12トップスタートの速攻を決め、2007年3月ボートピア呉宮島開設4周年記念競走以来となる通算34回目の優勝を飾り、優勝戦連敗を49でストップ。

 後続は2号艇山口剛と5号艇平尾崇典が差し、4号艇原田篤志が外へ握って行き、3号艇大橋純一郎(静岡)は捲り差して行きましたが、BSで平尾が山口剛を牽制しながら外へ行ったのに対し原田篤志と純一郎は内に切り返して2M手前では2組の内外が入れ替わる形に。
 そして2Mでは山口が大外握って振り込み選手責任エンスト失格、山口剛を意識し過ぎた平尾は艇が浮いて外へ流れ、対照的に原田篤志はすんなり先行できて純一郎も小回りで2番手同体に持ち込み、2M内に入ったコンビによる2番手争いに。
 そして2周1M、内から先行した純一郎を原田篤志が差しきり、事故艇がいる2周2Mを先行して2着に。

常滑さざんか賞優勝戦

 冬至を前に迎えたサザンか賞は枠なり3vs3の進入から1号艇赤岩善生(愛知)が押し切り、今年8回目・常滑は5月の前回スプリングカップからの2節連続でV6・通算59回目の優勝は自身6度目の完全V。

 後続は差し順走の2号艇渡邉英児が2番手、捲り差した3号艇西川新太郎(愛知)が3番手でしたが、差し続く6号艇田路朋史が2M内に艇を伸ばし、えいじは田路を行かせて捌ききったもののややもたつき、外をぶん回して田路を包みきった西川新太郎がえいじを捲りきって逆転2着。

多摩川さつき杯優勝戦+江戸川GW開催準優勝戦

ブログネタ
競艇 に参加中!
 多摩川のGW開催多摩川さつき杯はオール東京支部による開催で、江戸川でも全日程併用場外発売された注目の開催。

 優勝戦は枠なり3vs3の進入から12トップスタートを決めた3号艇濱野谷憲吾が捲り差しで1号艇三角哲男を捕らえ、2M三角の差し返しを振り切って先頭独走になった濱野谷は昨日の12R準優勝戦でF艇を差しきったのと同様の切れ味鋭い3コース捲り差しで、2月の前回当地JLCカップに続く今年2回目・多摩川10回目・通算58回目の優勝昨年に続く多摩川さつき杯連覇。
多摩川さつき杯プレゼンターの青梅市競艇事業部長による感謝のあいさつ濱野谷憲吾さつき杯連覇記念撮影


児島鷲羽杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇山口達也がファイト一発の気合で3号艇吉田拡郎の捲り差しを封じ、2号艇山本浩次の差しも寄せ付けず、戸田G3新鋭リーグ第5戦に続く今年2回目・児島初・通算4回目の優勝
 ミスター赤ヘルが2着、よしだかくろうが3着。

びわこ滋賀県知事杯争奪ビナちゃんカップ優勝戦

 波高6cm北東追い風5mのビナちゃんカップは枠なり3vs3の進入から1号艇川北浩貴が11トップスタートの速攻体勢も4号艇深井利寿のつけまいを受け止めた分懐が開き、2号艇吉川喜継が差しきって単独先頭に立ち、2M川北の差し返しで迫られるも振り切って先頭キープ。
 しかし2周1Mで川北の差しが届き、2周2M内から先行して吉川弟を突き放し逆転に成功した川北が昨年の滋賀県知事杯争奪ビナちゃんカップ以来となる通算43回目の優勝でビナちゃんカップ連覇。

大村GW特選日本財団会長杯優勝戦

 特別斡旋開催賞金100万円と日本財団会長賞50万円を加算した優勝賞金150万円を懸けたゴールデンウィーク特選は枠なり3vs3の進入から2号艇赤坂俊輔(長崎市)が1号艇山口裕二(大村市)を俊敏に差しきり先頭。
 赤坂は2周1Mで山口に差されそうになるも振り切り、今年2回目・大村3回目・通算11回目の優勝

蒲郡中日スポーツ賞竹島弁天杯争奪戦優勝戦

 共に準優2号艇2着で優出した4号艇鈴木智啓(静岡在住愛知支部94期4293)と5号艇鈴木勝博(愛知94期4276)の同期鈴木コンビが優勝戦では初めて直接対決した蒲郡ナイター再開第1弾。
 レースは123/645の進入から1号艇仲口博崇が押し切り、今年3回目・通算52回目の優勝
 W鈴木は鈴木智啓が捲り差しの際に暴れながらも3番手につけ、差し順走で2番手を航走する2号艇大嶋一也を追いかけ、2M手前で内に艇を伸ばしkaZuya.oに先行。
 しかし鈴木智啓はkaZuya.oに差しきられて2番手浮上ならず、残り3艇と共に3番手争い。
 鈴木智啓は3番手争いを優位に進めてましたが、2周1Mで鈴木勝博を叩ききって6号艇堀本裕也を差しきるも引き波を踏んでBS伸びきれず、同じ場所を後から捲り差してきた3号艇平野和明にBS内から伸びられて2周2Mを先行されてしまい、3番手争いに敗れての4着でした。

江戸川5日目

 優勝賞金100万円の2個準優制ノンタイトル東日本大震災被災地支援競走は2つの準優勝戦が行われた5日目。
 準優に先立ち、第5Rでは冠協賛競走「頑張れ 作間選手・福島選手」が開催されました。

 準優1つ目の11Rは2号艇福島勇樹の差しが予選1位の1号艇鈴木猛に届き、先頭争いをややリード。
 しかし2Mを先頭で回ったゆうき王子は痛恨の振り込みを喫してしまい失速、ゆうき王子を差して捌いた鈴木猛が1着、1M捲って3番手だった4号艇大澤普司がゆうき王子を外からかわして2着。
 残る1つの優出枠は1M差し届かなかった3号艇後藤翔之が差し続く5号艇山来和人を2M行かせて差しきり3着優出。

 準優2つ目の12Rは4号艇秋山昌宏が01トップスタートを決めて絞りに行き、07スタートの2号艇山田竜一(今節選手代表)がこれを受けて先捲り。
 山田竜一の捲りは一番遅い17スタートだった1号艇作間章をあっさり捲りきり、マーサク選手は秋山の捲り差しにも叩かれてしまい、両者の引き波にのみこまれて優出圏外へ脱落。
 そして先頭に山田、2番手に秋山、3番手に捲り差しで続いた5号艇田上晋六(5月4日生まれ)の順番で航走し、山田がそのまま1着。
 しかし2着3着には変動があり、1M小回りからBSでは艇を外へ持ち出してた3号艇山本英志が2Mで田上を差しきり、その差しは秋山にも届いて同体に持ち込み、2周1Mで先行した山本がそのまま抜け出し2着。
 山本に差された秋山は2周1Mで最内に切り返してきた田上を行かせての差しになり、BSでは田上をリードしますが2周2Mで田上の差しが届いて3番手はほとんど同体に。
 最初のBSでは2番手だった秋山は優出漏れのピンチになりますが、秋山は3周1M外握って田上を捲りきり、秋山昌宏は2009年4月戸田日刊スポーツ杯以来の優出を決めました。
 
 尚、塚原武之第2R6号艇でのレース中に負傷し、後半第6R5号艇を欠場、帰郷しました。


 優勝戦の6精鋭は以下のメンバーに。

1:鈴木猛 2:山田竜一 3:山本英志 4:大澤普司 5:後藤翔之 6:秋山昌宏

 鈴木猛は近況絶好調のモーター33号機(前節使用者青木玄太は優出1号艇で前々節使用者の松下一也は優勝で前々々節使用者の眞田英二も優勝の活躍)を武器に節間オール2連対でポールポジションを獲得し、33号機は4節連続優出1号艇に。
 鈴木猛にとっては昨年10月常滑オータムカップ以来の優出で、2009年5月G3津モーターボート大賞トライアル以来のVに王手。
 そして江戸川は2005年5月ゴールデンカップ以来の江戸川V2と江戸川GW開催V2が懸かります。

多摩川JLCカップ優勝戦は濱野谷と岡谷のケンゴワンツー

ブログネタ
競艇 に参加中!
 多摩川のポイント制5日間開催JLCカップは、F休み明け初戦だった東都のエース濱野谷憲吾蒼井そら来場記念の初日メイン多摩川選抜戦蒼井そら記念1号艇で昨年12月住之江SG賞金王決定戦トライアル2日目11R以来のイン戦1着を飾った後7戦全勝で、初日前半9R福田智宏・由扶子結婚記念レース3号艇2着以外全勝の準完全Vに王手。

 もちろんポールポジションの1号艇で迎えた優勝戦元気出せ!!ボートレース多摩川と共に小柳南町商店会も枠なり3vs3のインからしっかりと押し切り、多摩川9回目・通算57回目の優勝
 捲り差した6号艇岡谷健吾が2着に入り、濱野谷憲吾とおか谷健吾の○○谷ケンゴワンツー。

 ちなみに表彰式(動画の後半部)では一昨日から37度9分の熱が出てたのを明かしたと共に、
 「これからもインからスタート遅れないように一生懸命がんばります。
 と場内客を沸かせる名言も残しました。
平日の一般戦ながら花束たっぷりの濱野谷憲吾28歳のイケメン岡谷健吾平日の一般戦ながら大盛況の表彰式

 さて、優勝戦には東京在住岡山支部から岡山在住岡山支部に戻った山室展弘も4号艇で優出。
 その存在、その走り、まさにOne&Onlyの山室大先生が関東地区で優出するのは2009年6月多摩川競艇バースデイカップ以来で、関東ではそれ以来の公開インタビュー登場でした。
 優出者インタビュー(動画)は今月いっぱい視聴可能だと思います。
タイガースケプラーを履いてる山室大先生


ボートピア呉宮島開設8周年記念日本トーター賞争奪男女Wリーグ戦優勝戦

 予選3日間を男女別々に戦い、昨日の11Rもみじリーグ覇者戦(女子)と12Rモンタリーグ覇者戦(男子)で勝ち上がった男女3人ずつが優勝戦でガチンコ対決。

 その優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇渡辺千草が13トップスタートの速攻で2号艇・人気の中心滝沢芳行のつけまいを弾き飛ばし、3号艇久富政弘の差しも寄せ付けずにトップを快走し、通算93度目の優出だった渡辺千草は77度目の優出で感動の初Vを飾った2007年6月三国みなづき第2戦(オール女子戦)以来となる通算2回目の優勝

 2番手の久富に対しタッキーが2M切り返して先行するも久富が全速包みきり、差を詰められながらも2番手をキープ。
 タッキーは2周1Mも内の利で先行しますが久富が行かせて捌き2番手をキープ。
 しかし2周2Mタッキーの差しに差を詰められた久富は3周1Mで内小回りのタッキーを包みきるも更に差を詰められ、3周2M辛うじて先行した久富はもたついてしまい、そこを差しきったタッキーが土壇場で逆転2着。

大村NIB長崎国際テレビ杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から逃げる1号艇森永淳(佐賀県嬉野市)が3号艇津留浩一郎(長崎)の捲り差しを辛くも振り切り、大村初・通算17回目の優勝
 1M差して3番手だった4号艇大平誉史明が、2Mマイシロなくターン膨れた津留浩を差しきり逆転2着。

 今年の森永淳は誕生日の元旦に唐津佐賀県選手権3日目5Rで落水し、全治1ヶ月の右肘靱帯損傷で負傷帰郷してしまいましたが、表彰式ではその時の無念と出身地から一番近い大村で初優勝を飾れた喜びが合わさって涙を流してました。


丸亀香川県中部広域競艇事業組合42周年記念優勝戦

 124/356の進入から1号艇佐々木康幸が04トップスタートの速攻で押し切り、丸亀2回目・通算39回目の優勝

 後続はつけ回った2号艇川崎智幸(東京在住岡山支部)と差した4号艇三角哲男(千葉在住東京支部)の2番手争いになり、2Mは内の三角が先行するも川崎が行かせて捌き単独2番手に。
 三角は2周1M内に切り返して先行狙うも川崎は包みきり、2周BSで三角が再度艇を伸ばして2周2M先行しますがここも川崎は行かせて捌ききり2着。

【多摩川さつき杯】GWの東京チャンプは濱野谷憲吾に決定

ブログネタ
競艇 に参加中!
 東京チャンプ決定戦と銘打たれたオール東京の多摩川さつき杯
 さつきはみどりの日にイン受難水面(一覧)だった水面上、森泉宏一アナの実況(動画)で迎えた優勝戦は5号艇濱野谷憲吾が4カドを取った123/546の進入から濱野谷が07トップスタートを決め、1M先行した是政最強の1号艇長岡茂一を捲り差しで捕らえきった東都の大エース・東の横綱濱野谷憲吾は前走地びわこG2秩父宮妃記念杯に続く今年3回目・多摩川8回目・通算55回目の優勝でさつき杯V3。
さつき杯V3を決めた濱野谷憲吾東の横綱濱野谷憲吾


ぶらっと競艇まちの駅ゴールデンウィークWAKUWAKUイベント そんなさつきみどりの日は多摩川本場へ行く前に、さつき杯場外発売をしてた江戸川に立ち寄り。
 本日は「ぶらっと競艇まちの駅」キャンペーンでエディーの大道芸イベントの他に、ポイントカード会員向けの粗品(お茶漬け・スパゲッティー・レトルトカレー・バター飴・笹川賞スティック)もありました。
 そして、江戸川場外版の出走表は多摩川本場版にさきがけ、表記が「BOAT RACE多摩川」にリニューアル済みでした。
BOAT RACE 多摩川


下関九州スポーツ杯争奪男女W優勝戦競艇の日大賞最終日

 下関競艇場が、競艇場のイメージアップとボートレースファンの拡大を狙って笹川良一生誕記念日の5月4日に制定した競艇の日。ちなみにザ・ボートレースの日は毎年3月最終土曜日もしくは4月第1土曜日です。

 そんな競艇の日大賞は男女W優勝戦で、しかもGW開催扱いとあって双方に優勝賞金84万2000円が支払われる太っ腹な開催。
 1つ目の11R優勝戦(女子)は枠なり3vs3の進入から1号艇淺田千亜希(徳島)が水上の淺田魔王と化した圧倒的な強さでぶっちぎり、今年2回目・通算32回目の優勝
 対照的に後続は接戦で、つけ回った3号艇中里優子(埼玉)を差した4号艇岸恵子(徳島)とデビュー初優出の6号艇津田裕絵(山口100期4443)が差無く追いかけ、2Mは津田裕絵を包んだ中里優子りんが先行。
 HSは中里優子りんと津田裕絵、差しに構えた岸恵子に加え、5番手から2番差しの2号艇池田紫乃(長崎)も2番手争いに参戦して4艇接戦に。
 その中からややリードの中里優子りんが最内の池田紫乃を包んで2周1Mを先行するものの、内の利で単独3番手に上がった池田紫乃がBSぐいぐい差を詰め、2周2M中里優子りんに艇を伸ばし押っつけ体勢。
 包もうとした中里優子りんは包みきれずに2番手は2艇ほとんど同体になり、3周1M内から先行した池田紫乃が逆転2着。

 12R優勝戦(男子)は123/546の進入から13トップスタートの1号艇別府昌樹(広島)が2号艇白井英治の差しを振り切り、バレンタインの前回当地「2月9日・ふくの日」記念レースに続く今年2回目・通算25回目の優勝
 79期3873別府昌樹は表彰式(動画)で、1日の若松スポーツニッポン杯争奪GW特選競走の事故で全身打撲を負い意識不明の重体で闘病中の同期3861岩永高弘選手と一緒にがんばるんだという気持ちで優勝できたと語りました。岩永選手の意識が戻る事を祈ってます。

びわこBINAPO杯優勝戦

 ポイントカードBINAPOリニューアル記念の今節は1日から4日までの全日程GW期間内でしたが、優勝賞金は通常の64万という非GW開催。
 しかし男女対抗レースという企画開催にしたことで番組にインパクトができ、この企画は成功だったと思います。

 ということで男女3人ずつが勝ち上がった優勝戦は枠なり3vs3の進入から24の一番遅いスタートだった2号艇福来剛が17スタートの1号艇田口節子相手に強つけまいを敢行して田口を捲りきりますが、その展開を突いて差しきった3号艇寺田千恵に福が来て、女王テラッチは今年2回目・通算34回目の優勝

 アグレッシブに展開を作って2着に来た福来は8日からGW開催江戸川富士通フロンテック杯に出場予定です。

平和島SG総理大臣杯初日

ブログネタ
競艇 に参加中!
審判委員長競技委員長番組編成委員紹介 SG総理大臣杯初日の開会式から写真をいくつか。
 まずは審判委員長と競技委員長と番組編成委員の紹介。

野口忠直府中市長の開会宣言 次に、東京都府中市長野口忠直による開会宣言。
 ちなみに東京都府中市にある多摩川競艇は青梅市と東京都四市競艇事業組合が主催者です。
 あと、全国で字も同じ完全同名の市は東京都と広島県にある府中市の他に、北海道と福島県の伊達市があります。

横ちん ここからは選手紹介(特設サイトに動画あり)の写真をいくつか。
 まずは横西奏恵
 出走回数不足で来期B級陥落が決まってしまいましたが、しばらく凹んだ後に立ち直って更新されたブログで復活を誓ってます。

うんのゆかり TBSのバース・デイに出演した海野ゆかり

テラッチ ガァ〜コのぬいぐるみを持って児島のファンと岡山県小田郡矢掛町のみなさんに呼びかける寺田千恵

選手代表の三角哲男っス 次にオールベイパの地元選手。
 まずはファンとの掛け合いで場を盛り上げた今節選手代表三角哲男

中野次郎 マンスリーKYOTEIのインタビューに出た中野次郎

ハニカミスマイルのゆーき王子 選手宣誓担当の福島勇樹

濱野谷憲吾 ブログ濱野谷憲吾@DEEPのコラム版を総理杯期間中東スポで連載する濱野谷憲吾
 ちなみに前検日の東スポにはQ&Aが掲載されてました。

飯山やすし 飯山泰
 今節は残念ながら2連対率28.6%の低勝率モーター38号機を引いてしまいました。

江戸川浩司 東京支部以外から、昨年江戸川G1連覇を達成した湯川浩司

ゆーき王子による選手宣誓 ゆーき王子による選手宣誓。

花束贈呈 プリマベーラからの花束を受け取るゆーき王子と三角哲男。

SG水神祭を挙げた古結宏公開勝利者インタビュー 3RでSG初1着を挙げた1号艇古結宏の勝利者インタビュー。
 ちなみに平和島競艇での公開勝利者インタビューは今回が初の試みです。

牛小屋に来店したクワバタオハラ出演の地上波イベント スペシャルゲストのクワバタオハラ、司会の青島健太、アシスタントの山元香里と森藤恵美が出演した地上波中継イベント。
 ちなみに地上波中継ではあの牛小屋がクワバタオハラのレポートで紹介されました。

 ベイ吉松永良一アナによる「先ほど東京女子レーサー濱村美鹿子が電撃の引退ですのニュースが飛び込んで参りました。一緒に走った戦った東京を支えた濱村美鹿子に餞別の白星を贈りたい濱野谷憲吾。1マークミクロのスポット差し抜けろ地元濱野谷憲吾。(動画」のお伝えがあったドリーム戦
 ちなみにレースは枠なり3vs3の進入から2号艇池田浩二が08トップスタートの1号艇松井繁を差しきり1着。
 濱野谷は2周2M外全速モンキーターンのつけまいで4号艇今垣光太郎を捲りきって逆転3着に。

 以上、現地参戦した総理杯初日は職場の仲間4人で指定席観戦。
 夜は蒲田で肉食ったりホッピー飲んだり元祖ニュータンタンメン本舗蒲田店で唐辛子とニンニクがたっぷり入った担々麺を食べたりしました。
平和島は苦手の王者弱気発言連発も結果は出した池田居るね菊地孝平秩父宮妃記念を制して上り調子のガッキー平和島も総理杯も相性イマイチの吉川元浩中野次郎の髪の色を褒めた金髪の濱野谷憲吾

【競艇】第45回総理大臣杯・ドリーム戦【HD】


児島日本トーター杯優勝戦

 126/345の進入から2号艇石田政吾が差しを決めて、前走地浜名湖アロマジックサービス(株)アロマスーパーアタックに続く今年3回目・通算52回目の優勝
 1号艇平尾崇典(岡山)は一番遅い20スタートから艇を伸ばして先行するも流れ、石田に差された後も3艇に差されそうになりますが2M外全速フルスロットルで3艇を振り切って2着。

コラボG1はベイパW優勝+尼崎で入澤友治初Vの東京支部祭り

 「毎日G1×24レース」をキャッチコピーに2つのG1が完全提携したコラボレーションG1が本日最終日でしたが、2つの優勝戦1号艇が共にトーキョーベイパイレーツになったのは個人的に嬉しいコラボレーション。
 まずは福島県にボートピア玉川、茨城県にボートピア岩間を持つ浜名湖競艇の薄暮開催G1浜名湖ダイヤモンドカップ優勝戦みんなで盛り上げよう笹川賞開催(節間売上50億8755万2400円)から。
 「姓は福島、住まいは茨城。そして浜名湖は連続優勝中。(動画」と好相性かつ準地元といっていい程縁ある水面で、コラボG1PRの媒体訪問も行ったBP岩間代表にしてコラボG1宣伝隊長のベイパ福島勇樹王子が1号艇でしたが、枠なり3vs3の進入から1M先行したゆーき王子のターンは流れてしまい、3号艇池田浩二の捲り差しが入って先頭は池田浩。
 しかし2M池田浩のターンがやや流れたところにゆーき王子渾身の差しが入り先頭逆転。2周1M池田浩の差し返しを振り切ったゆーき王子が先頭を守り、
 「アイドル系の甘いマスクの内にしっかり根付く猛々しいアスリートの心。華麗なるシュプールを描くかのごとく鮮やかな航跡を刻んでデビューから8年と9ヶ月、悲願のG1ウィナーの仲間入りを果たします。ベイパイレーツ次代の担い手福島勇樹今先頭で最終ターンマークをクリアー。
 と、早稲田実業時代にアルペンスキーで国体に出場した元祖早実のゆーき王子はスキーからボートの世界に身を移し、87期生として2000年11月8日に平和島むさし府中商工会議所創立30周年記念レース初日3Rでデビューし、デビュー即1着の快挙。
 その後いろいろありましたが、ベイパシーズン2メンバー入りした今年は5月の蒲郡G1オールジャパン竹島特別でG1初優出を飾ったり、前走地芦屋艇友ニュース杯争奪戦で年間V3を飾るなど過去最高の成績。そして、今年4回目・通算11回目にして遂に同期一番乗りのG1初優勝
 浜名湖は4節連続優出にして昨年10月ボートピア玉川10周年記念福島民友新聞社杯と今年5月ボートピア岩間開設5周年記念茨城新聞社杯に続く3連続優勝です。

桐生G1赤城雷神杯優勝戦

 夕方はベイパのゆーき王子がG1初Vで平和島SG総理大臣杯の権利も獲得。そして今夜開催された江東花火大会もよく見えた江戸川競艇場でも場外発売されたナイターG1赤城雷神杯(節間売上53億1686万2800円)はベイパが誇る東都のエース濱野谷憲吾が今年初Vを懸けて1号艇。
 スタート展示は4号艇江口晃生がインを奪った413256の並びでしたが、本番は濱野谷が枠を主張して142/356の進入。
 そして5号艇・チルト+1度の飯山泰(ベイパ)が10トップスタートも13スタートの3号艇中辻崇人が壁になり、中辻は14スタートの2号艇山崎智也が壁になり、山崎の捲り差しは24スタートの江口に抵抗され、濱野谷は20スタートながら勝負所各メンバー殺到した1Mを冷静なターンで悠々逃げ切り、昨年大晦日の多摩川カップ以来となる通算52回目にして記念は区切りのV20で桐生の記念は自身初記念タイトルだった1997年の41周年以来となる2度目の優勝。平和島ムテキングともお伝えされた男がめでたく総理杯当確です。
 2番手争いはシエロの抵抗を振り切った山崎智也と差した6号艇辻栄蔵の争いになり、2M→2周1Mと外全速で辻ちゃんを包んで回った山崎が2着。

尼崎競艇ニュース・競艇研究社杯優勝戦

 以上の様にコラボG1は共に1号艇のTokyo bay piratesクラブ員が優勝して結果もコラボしましたが、「プールで競う真剣勝負はローマ世界水泳だけではありません。舞台はアーマ、センタープールの短期決戦であります。競艇ニュース・競艇研究社杯。いよいよシリーズの金メダル争いです。第12R優勝戦を迎えます。(動画
 と、メルマガも大好評な千葉誠一アナの口上があったセンタープールの4日間決戦ではTamagawaBPクラブの86期4059入澤友治がデビュー初Vに王手をかける1号艇。
 そして枠なり3vs3の進入から入澤が13トップスタートの速攻で2号艇・「裁判員よりずっと前からさばきは的確、かつ大胆です。不惑のエイちゃん」こと渡邉英児の差しを振り切って堂々押し切り、
 「どれだけ雨が降ろうとも、明けない梅雨は無いんです。デビュー9年3ヶ月、17回目の優勝戦進出でとうとう自らの梅雨明け。デビュー初優勝の栄冠をたぐり寄せます。先頭は1号艇の入澤友治。心にゆとりが生まれました。もっと上で勝負したい。そんな向上心も沸いてきました。だからこそ近況充実。そしてこのたくましき走りであります。節一パワーで絶好枠、そんな大きな重圧にも打ち勝ちまして長かった我慢の時、最後の雨に別れを告げます。おめでとう、デビュー初優勝。
 と、元多摩川地区スターの入澤友治は17度目の優出にして遂にデビュー初優勝であります。

 それにしても、たった一度しかない初優勝の表彰式を映像だけで音声を流さなかった8月からの新JLC NEWS(60分)はちょっといただけないですね。
 他にもレース映像を極端に短くして着順も先に表示しちゃったり実況音声にキャスターの語りを被せたりするなど、放送時間を短縮したら短縮した分内容も薄くなってます。今日の○○とか競艇フラッシュとか特集とかはカットして優勝戦が無い日に回せば60分でも90分時代並みの映像量をOAできるはずです。ネットでは見られない選手紹介や表彰式をOAしてくれたところにJLCの良さがあったのですから。今回の改悪でその良さが失われたのは非常に残念です。
 また、レース映像を各場まとめて流した後に結果のボードを各場まとめて出したりと、効率の悪さも目立ちます。

江戸川アサヒビールカップ優勝戦

 G1を除くと江戸川では最も優勝賞金が高い150万円を懸けて争うアサヒビールカップは1号艇桂林寛が1Mを先行するも、2号艇繁野谷圭介が捲った事で出来た差し場を突いた3号艇古結宏が桂林を差しきり、前走地下関元気な社長ちゅら花杯に続く今年3回目・通算4回目にして江戸川初優勝。桂林は2M内突いてきた5号艇大庭元明を差して捌いて2着。ちなみに古結は藤丸光一斡旋辞退による追加斡旋を生かしての江戸川初Vでした。

 江戸川次節は15日からオール東京支部の大江戸賞。浜名湖G1を勝ったゆーき王子も桐生G1を勝ったはまけんも尼崎で初V決めた入澤友治も参戦する凱旋シリーズです。

児島いいことイロイロ16#杯優勝戦

 最近スタート事故多発の児島競艇では今日も枠なり3vs3の進入から5号艇金田大輔(岡山)が+02のフライングを切ってしまいますが、13スタートの1号艇立間充宏(岡山)は09スタートから捲ってきた4号艇國崎良春を張って回りつつ、タツマッチはFった金ちゃんの差しも振り切って2006年1月住之江睦月ときめき競走以来となる通算19回目の優勝
 金田前退き(その後2Mで転覆)による2番手争いは差した6号艇加藤高史が優勢も、順走の2号艇石川哲秀が2M加藤鷹氏を差しきって逆転、2周1Mでは内突いてきた國崎を行かせて捌き2着を取り切りました。

平和島G3企業杯キリンカップ初日

 ファン投票で選抜された12R東京ベイ選抜戦はTBPが3人乗艇しましたが、6号艇長岡茂一(TBPにしてBPクラブ)がチルト+3度に跳ね上げた枠なり3vs3の進入から11トップスタートの3号艇三角哲男(TBP)が捲りに行くも15スタートの1号艇熊谷直樹(TBPにして今節選手代表)が突っ張って逃げ切り1着。
 後続は差し順走で2番手の2号艇峰竜太に対し2Mで5号艇木村光宏が押っつけて飛ばし、この展開を突いて4号艇白水勝也と三角の差しが。
 2M2番差しの三角やや優勢の展開から2周1Mで峰竜太と木村が切り返して内に潜り込みまして峰竜太が先に回りますが、ここで三角が峰竜太と木村の間を割って峰竜太を差しきり2着のTBPワンツー。3着は2周2M白水を行かせて差した峰竜太。

ベイパのエース濱野谷憲吾、ブログはじめました。

昨年大晦日の多摩川カップ 新年度の競艇ブログ界に飛び込んで来たビッグニュース!
タイトルは濱野谷憲吾のORE'S ROOMです。
 昨日の平和島DEよしもと記事に加筆でもよかったですが、ビッグニュースなので単独記事です。

3年連続マグロを解体!江戸川場外から多摩川カップへ。

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 出勤予定だったものの急遽休みになった本日、多摩川と平和島を売ってた江戸川競艇場で大晦日恒例のマグロ解体ショー(今年は約70kg)を見てまぐろづけ丼500円を食べてから、おしるこ100円の多摩川競艇場へ。これまで大晦日の競艇場は江戸川と戸田しか行った事が無くて多摩川の大晦日は初めてだったのですが、今日の多摩川は今年何度も行った中でぶっちぎりの大混雑でした。ちなみに売上は4億8509万5400円で記念を除く多摩川競艇の年間1位、本日の関東4場中でも1位でした。
 ただ、江戸川で買った平和島も含めて実券の払戻が0円、電投含めても当たったのは宮島優勝戦と大村九州スポーツ杯新春特選レース初日11Rだけだったのは不甲斐ないところ。それはともかく、2008年最後の記事は過去2年同様にマグロの写真からです。
マグロ解体ショー2008まぐろづけ丼500円2008


多摩川カップ優勝戦

 多摩川競艇2008、平成20年のファイナル、第24回多摩川カップ優勝戦が始まりました。西の空、富士山の後ろが黄金色に輝きまして6選手の登場です。スタート展示は枠なりでしたが、ここを勝って今年V5とし当地SG総理大臣杯の出場権を得たい3号艇作間章Tokyo bay pirates)が2コースに入り、132/456の並びになりました。さあ始まる水上の格闘技。6人の、そしてあなたの夢が動き始めた。今、優勝戦スタートしました。1号艇濱野谷憲吾(ベイパ)が実にいいスタートになりまして、一歩間違えば総理杯アウトという04トップスタート決めた濱野谷は、11スタートからいちかばちかのサクマ式強つけまいに出たマーサク選手を全く寄せ付けずに楽々逃げ切り、茜色に輝く西の空に向かってHSを駆け抜け、赤い太陽に背中を押されてBSを独走ぶっちぎりで駆け抜けた2008年度競帝王の濱野谷は今年5回目にして通算51回目・多摩川は7回目の優勝。副賞で勝利の美酒澤乃井の清酒「万舟」を贈呈されてます(表彰式付きレース動画)。
 後続は差した2号艇山田竜一(ベイパ)と2番差しの4号艇中里英夫(栃木)に、つけまい不発から切り返してきたマーサク選手が絡み、2M内突くマーサク選手とマーサク選手を包んで回った中里を差しきったヤマダドラゴンが2着。2周2Mで中里を差したマーサク選手が3着になり、ベイパのワンツースリー。
澤乃井銘酒「万舟」を手にする濱野谷


平和島日本モーターボート選手会会長賞優勝戦

 東京支部と群馬支部が3人ずつ進出した一戦は1号艇大西源喜(千葉在住東京支部)が6号艇佐口達也(群馬)の捲りをこらえて元気に逃げ切り、「まさにゆく年くる年大西源喜、平和島の2008年を締めくくります。」ということで今年4回目・通算17回目・平和島2回目の優勝とお伝えしておきます。表彰式(動画)ではモンスター野中和夫日本モーターボート選手会会長から元気に表彰されております。

 さて、ミスターチルト3度阿波勝哉(最終日連勝含む節間5勝)が斡旋された今節からソースカツ丼チルト3丼600円が登場。平和島次節東京ダービーで食べてみようと思います。その東京ダービーは節間入場無料で、京急開発自慢のフードコンプレックス品達からなんつッ亭せたが屋が節間出店し、初日は両店の店主が顔を揃えます。

住之江ファイナル競走優勝戦

 前節SG賞金王決定戦ではやたらと強かったインが今節はボロボロ。昨日の準優も10Rの1号艇川北浩貴が2着で優出した以外は敗退する波乱のシリーズでした。
 優勝戦は4号艇になった川北が動いてインを取りかけるもデビュー初V狙う1号艇・児島地区スターの山田佑樹(95期4323)がねじ込んで枠を主張(待機行動違反)した14/2/536の進入から山田佑樹が川北の進入と深い起こしに惑わされずに05トップスタートを決め、2号艇山本光雄の強つけまいも受け止め、川北の差しは大きく流れ、待機行動違反こそ適用されたものの逃げ切った山田佑樹は13回目の優出にして遂にデビュー初優勝を区切りの大晦日に達成。デビュー初優出の3号艇是澤孝宏(京都98期4388)が差して2着に入るフレッシュなワンツーになりました(動画)。

桐生ボートピアなんぶ杯優勝戦

 青森県三戸郡南部町にあるボートピアなんぶのタイトル戦は波高6cm北西追い風7mのコンディションで行われ、枠なり3vs3の進入から1号艇柴田光と2号艇土屋智則の地元コンビが09.08と0台のスタートきるも、15スタートの4号艇三角哲男がカドから強捲りッス。デビュー初V目指して内から伸びる土屋弟を振りきって2Mを先行したミッスーが当地9月ナイターレース発祥の地記念アクアンナイトカップからの桐生連続優勝ッス。俺たちの誇り千葉マリンのミッスーは今年ここまでV5で、既に勝率順で地元総理杯当確でしたが、今年の締めを年間V6で飾り、通算優勝回数も区切りの50回目ッス。

 惜しくも2着だった土屋弟ですが、同日住之江を走っていた姉の土屋千明(92期4225)にとっては痛恨の大晦日になる出来事がありました。
 土屋姉は1号艇で乗艇した今年最後のレース、一般戦の6Rで132/456の進入から3号艇中西宏文と共に痛恨のフライング。このFにより、当確だった尼崎G1企業杯JAL女子王座決定戦はF休みとなってしまいました。ちなみに、住之江でFした土屋姉の替わりに女子王座ボーダーに浮上したのは土屋姉と同期、しかも大阪支部の西村歩(92期4243)という皮肉です。

宮島日刊スポーツ栄光楯優勝戦

 昨年丸岡正典が1号艇で優勝した栄光楯。今年の1号艇は藤丸光一になり、新旧のマルちゃんで栄光楯連覇なるかが注目の一戦は枠なり3vs3の進入から博多ん大将マルちゃんがピカイチの逃げで堂々押し切り、順走の2号艇白水勝也を従える福岡ワンツーで新旧マルちゃんによる栄光楯連覇を決め、今年4回目・宮島2回目・通算48回目の優勝多摩川G1ウェイキーカップで記念初Vを成し遂げた最良の一年を優勝で締めくくりました。

濱野谷が競てい王に決定、直後にライバル仲口が完全Vかなえる。

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
競帝王決定戦カップと小切手 浜名湖SG競艇王チャレンジカップから息つく間もなく開催され、52億1250万3300円と50億超えの売上を残した下関競艇開設54周年記念G1競帝王決定戦
 前哨戦の競てい王チャレンジカップ優出メンバーからは笠原亮赤岩善生が競てい王決定戦も1号艇と5号艇で優出。
 そして3日目4Rから4連勝、しかも3日目8R以降は愉快痛快なチルト+3度の捲り3連発と矢後ワールドで魅せてくれた矢後剛も3号艇で優出です。

 そんな優勝戦は1号艇ながら人気一本被りとまではいかなかった笠原がピット出遅れるも、強引に回り込んで枠を主張し1/24/563の進入隊形で笠原はやや深め。
 チルト3度で節間を盛り上げた3号艇矢後がここもチルトサンド(下関競艇名物はくじらカツサンド)に跳ねての大外進入17スタートからぐいっと伸びて勝負所各メンバー殺到の1Mめがけて絞るも、14トップスタートを放った2号艇柏野幸二の先捲りに抵抗されながらも二段捲り。
 が、矢後は抵抗された分捲りは流れ、柏野の捲りもやや流れ気味。そして内側では笠原が振り込んで転覆し、避けきれなかった5号艇赤岩が転覆艇に乗り上げ、更に4号艇今村豊(今節選手代表)とも接触して赤岩は転覆、今村豊はエンスト、笠原は妨害失格(動画)。
 そんな各メンバー殺到しすぎて事故レースになった展開を突いてずっぽり差し抜けたのは6号艇のミスターモンキーターン・東都のファンタジスタ濱野谷憲吾Tokyo bay pirates)。節間2連対無しながら16位で予選通過を果たし、準優2着で優出を決めたベイパの濱野谷は26ヘマスタートが逆に幸いして事故を免れ、今節初白星を住之江SG競艇王チャレンジカップ等記念V19にして通算50回目となる区切りの優勝で飾り、チャレンジャーになってから8年、晴れて2008年度の競てい王に決定。尚、柏野と矢後でBS併走になった2着争いは2M内有利に回った柏野が競り勝ちました。

 今年の濱野谷はここまで平和島東京ダービー多摩川さつき杯の東京二冠(残る一冠江戸川大江戸賞は今年休催)とお盆開催平和島デイリースポーツサマーカップのV3も、来年の多摩川SG総理大臣杯出場には次節住之江SG賞金王決定戦での優出条件というハラハラドキドキの黄信号状態でした。しかし、この優勝で総理杯も当確。競てい王濱野谷は賞金王決定戦で今年度チャレンジャー坪井康晴の挑戦を受けて立ちます。
濱野谷、日高、そして仲口。


大村KTNテレビ長崎杯優勝戦

 男女混合4日間3個準優制だったKTNテレビ長崎のタイトル戦は4日間通して実況が石川香奈恵アナでピットレポートが大村初登場の山口紗和アナという唐津コンビ。ということで個人的に携帯中継競艇TV!レジャチャンが大活躍した4日間でした。3日目以降も昼休みは大村中継見てましたです。

 仲口スペシャルの快速に仕立てて3日間6戦全勝の1号艇仲口博崇(愛知69期3554)に完全Vが懸かり、前年覇者のグレートマザー日高逸子(宮崎出身福岡在住)は堂々2号艇で乗艇し、3号艇山本浩輔と5号艇榎木もとい榎幸司の地元コンビも優出した見所沢山の優勝戦(動画)は進入隊形枠なり3vs3の並び。
 ヒロタカマンは18の5番手スタートだったものの、13トップスタートだった赤枠の山本浩を牽制して先行し、グレートマザーの差しに対しては舳先を入れられながらも力技で振りきり、グレートマザーとのワンツーで7戦全勝の完全優勝達成。尚、2周2Mで4号艇田山和広(大分69期3537)が選手責任転覆を喫してます。
 通算43回目にして2004年2月29日常滑ウイニングロード争奪戦以来となる4度目のパーフェクトVを達成したヒロタカマンですが、前回Vを飾った11月9日の下関美祢組合開催41周年競走の実況&表彰式の司会(下関表彰式動画)もカナエアナ。まさに幸運の女神といったところですね。ちなみに大村表彰式のヒロタカマンコメントは以下のかっこいいセリフで決めております。

 「ほんと競艇は何があるかわかんないと思います。ものすごい面白い競技だと思うんで、じゃんじゃん来て、ライブで見ていって下さい。

 近くの競艇場は見に行って実券で買い、遠くの競艇場は電投や場外で購入しつつも旅打ちによる現地参戦を今後とも積極的にしていきたいですね。

【鷲は鷹を制すG3企業杯福岡ソフトバンクホークス杯優勝戦

 ソフトバンクモバイルの人気者は白い犬、ホークスの人気者は川崎宗則ですが、ここ人気を集めた白い1号艇川崎智幸(岡山)は枠なり4vs2の進入から11トップスタートの速攻で2号艇湯川浩司の差しも3号艇進藤侑のつけまいも寄せ付けない圧勝劇で今年3回目・通算31回目にして福岡初優勝。表彰式で競帝王決定戦の柏野にエールを贈った岡山イーグル会員が福岡ホークス杯を制圧です。
 後続はBS大接戦となり、湯川とたすくに対し4号艇新美恵一の2番差しが内から伸びて迫り、5号艇鈴木博の捲り差しが湯川とたすくの間を割ろうとするも、外からたすくがけいいちくんを押さえこんで2Mを先行。しかしたすくのターンはやや膨れ、そこを差した湯川が2着。ちなみにソフトバンククリエイティブが発行してるゲーマガ(元ドリームキャストマガジン)はかつて湯川専務を大プッシュした雑誌であります。
日曜日の松中信彦&金子圭輔トークショー


浜名湖スポーツ報知ビクトリーカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入スタイルから逃げる1号艇伊藤将吉(静岡)に対し3号艇白石健(本日麺食い倶楽部〜ラーメン水面僕しらけーん第2回初回OAと報知しておきます)の捲り差しが迫るものの、しらけんを締め切った伊藤が6月の当地中日スポーツシルバーカップ以来となる浜名湖2回目・今年2回目・通算3回目の優勝で竜も巨人も頂きました。
 2M小回りでしのごうとしたしらけんは痛恨のキャビテーションを犯し、1M伊藤としらけんの間を割ろうとするも届かずの3番手にいた4号艇鈴木勝博がここでしらけんを差しきり逆転2着。

鳴門市長杯競走優勝戦

 枠なり4vs2の並びから1号艇市橋卓士が今年5回目・通算14回目の優勝。順走の2号艇横澤剛治が2着。

 鳴門次節は12月12日から4日節のなると金時杯競走山室展弘さんが出場予定です。

平和島サマーカップ最終日+夏の広島ダービー最終日

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 平和島8月開催の最後を飾りますデイリースポーツサマーカップは本日最終日。平和島の夏も今日で終わりですが、先ずは昨日行われた準優2個のおさらいです。11R準優勝戦は枠なり3vs3から1号艇作間章Tokyo bay pirates)が06スタートも、04スタートの3号艇長岡茂一(Tamagawa bp club)が果敢につけまいモイチターンでメイチ勝負。そして捲ったモイチと03トップスタートから差した2号艇中野次郎によるトップ争いは2M先行した中野が1着、モイチが2着、1M→2Mと差しを連発した6号艇山谷央が3着。
 もうひとつの12R準優勝戦は125/346の進入から断然人気の1号艇濱野谷憲吾が16トップスタートの速攻で1着、2番差しの3号艇野澤大二が2着、順走の2号艇大西源喜が3着で3連単940円と5日目唯一の3ケタ配当(一覧)。


 そして優勝戦の枠番はこうなりました。

1:濱野谷憲吾 2:中野次郎 3:野澤大二 4:長岡茂一 5:大西源喜 6:山谷央

 内枠2名がベイパ、中枠2名がBPクラブという番組になり、展示タイムはチルト-0.5度の濱野谷がチルト+3度に跳ねたモイチの6.56より速い6.49をマーク。平和島ムテキングに死角無しといったところですが、チルトサンドのモイチは4カドに入り進入は125/436とチルトサンドの威力倍増。そしてスタート飛び出したモイチが一気にスロー3艇を呑み込みますが、「早い飛び出しで4号艇の長岡が行ったぁ!(動画」ということで先頭のモイチは+02のフライングに消え、24ドカ遅れでスタートヘマりながらも冷静に小回りした濱野谷が山谷の捲り差しを機力差で楽に振りきり、今年3回目・通算49回目にして平和島10回目の優勝。1Mモイチの外に出して野澤を張っての外マイから2M山谷と野澤を差した中野が2着。
 F前退きの恵まれながら区切りの平和島V10を決めた濱野谷は東京ダービーV5を誇る平和島ムテキングでありますが、今年は正月名物東京ダービーの他にGW開催多摩川さつき杯も入れて正月GW盆完全制覇。そんな濱野谷は若松SGモーターボート記念を挟んで9月4日からの平和島次回開催イーバンク銀行杯にも登場。初秋の平和島からも目が離せません。

【真っ向言うぞ宮島創刊60周年記念スポニチ杯広島ダービー最終日

 真っ向サービスな面白動画企画モン太チャンネルプリンセスカップ七夕企画「星に願いを」(動画」が今節初日の14日に公開された宮島競艇HP。準優日に七夕を迎えたオール女子戦プリンセスカップに出場した女子選手達が前検日に短冊に願いを書いている様子の動画が約8分に渡って楽しめます。

 さて、夏の広島ダービー最終日の本日はオープニング1Rで非常に明るい話題があり、101期4458抹香雄三が6コースから真っ向勝負のつけまい放ち、昨年11月14日の当地デイリースポーツ創刊60周年記念初日1Rでのデビューから90走目で遂にデビュー初1着動画)。レース後には水神祭の祝福も受けています。

 モン太チャンネルで定野久恵との絡みが面白かった有冨義浩アナが実況を担当した優勝戦は162/345の進入から07トップスタートを踏み込んだ2号艇山口剛が真っ向勝負の捲りを決め今年3回目・通算11回目の優勝。捲り差した4号艇亀本勇樹が2着。
 山口剛は優出2着だった昨年からジャンプアップして夏の広島ダービー王に決定です。そういえば、今夏の広島ダービーは昨年と同じ8月19日。山口剛らの真っ向サービスな開門お出迎えサービスを受けた宮島現地参戦をしてから丁度1年経ちました。尚、山口剛は若松SGMB記念を挟んで平和島イーバンク銀行杯に出場予定です。

唐津市長杯お盆特選優勝戦

 123/564の進入から3号艇前川守嗣(福岡91期4195)の捲り差しが入り、デビュー初V一直線となりかけますが、内から2号艇峰竜太が艇を伸ばして前川の前を横切り、一瞬仕掛け遅れた前川の差しに対し、じっくりスピードを付けて差した1号艇小野勇作が前川を差しきり、通算7回目にして地元唐津初優勝

 さて、今節のシリーズリーダーは圧倒的に深川真二。6号艇前付けインで制した本日7Rを含め、完走した9戦全て1着と素晴らしい成績。返す返すも昨日12R準優勝戦(進入枠なり3vs3)で1号艇深川含む内枠3人が揃って+02のフライング返還欠場(返還額1800万8200円5日目総売上7599万8800円)に散ったのが悔やまれます。ちなみに、この準優で5コース外マイ4番手から繰り上がったのが小野勇作。繰り上がりのツキを生かし切っての地元初Vでした。

若松日刊スポーツ杯争奪お盆特選競走優勝戦

 枠なり3vs3から2号艇のパイナップル将軍田頭実が+02で今期2本目のフライングを切り、02スタートの1号艇伊藤宏もFの田頭を意識し過ぎてターンが甘くなり、伊藤を差しきった4号艇吉田弘文が今年3回目・通算25回目・若松2回目の優勝
 F2になった田頭の次走は再び若松でSGMB記念。F2だからって緩めない田頭神のスタート攻勢に大いなる期待。

下関九州スポーツ杯争奪馬関祭大賞優勝戦

 下関の馬関スを締めくくる一戦は枠なり3vs3の進入から1号艇寺田祥と2号艇岡本慎治が17トップタイスタートを切り、寺田♂が1Mを先行するもオカモトの差しがぬるっと寺田♂に届き、2Mを先行したオカモトが寺田♂との機力差を見せ付け今年V6・通算67回目・下関17回目の優勝。ちなみに2人の直接対決は優勝戦が初めてでした。

ムテキング濱野谷憲吾、前人未踏の東京ダービーV5を達成!

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 平和島の年頭を飾ります第37回東京ダービー。最終日の水面上は特別選抜A戦第11Rの開始です。「1号艇矢後剛人気の中心。前半6号艇ながら-0.5度。そしてこのレースは1号艇ながらチルト+3度と、まさに理解不能の矢後ワールド。関東が誇るエンターティナーであります。(動画」ということで「シリーズラストランお待たせしました。チルト+3度見せてもらいましょう、矢後ワールド。6コースに入ります矢後剛。」とベイのファンお待ちかね大外進入になりましたが234/561の隊形から矢後ちゃんスリット抜け出せず、3号艇内山文典が捲った展開を突いて元気な捲り差しを決めた5号艇大西源喜1着。主導権握れなかった矢後ちゃんは大西源喜に続いての捲り差しで2着争いに加わり、1M小回り踏ん張る4号艇渡邉睦広を2Mのフルターンで突き放しての2着でした。

 水面上は優勝戦の開始です。さあ行こう優勝戦!インコースから123/456です。3秒前、1秒前、スタートをきりました!トップタイの12スタートを放ちインから先に回った1号艇濱野谷憲吾がいとも簡単に先頭に立ち、「2007年ムテキングと謳われたこの男。2008年も走り続けます。右手にプロペラ、左手にローラースケートと絶好調。2008年のベイエリアにムテキングが初笑いとお伝えしておきます。(動画」ということで平和島9回目・通算47回目の優勝は、それまで東京ダービーV4で並んでいた初代艇王彦坂郁雄元選手を追い抜く史上1位の東京ダービーV5。勇気凛々燃えてる限りとんでも戦士ムテキングは怖い者無しだぜとお伝えしておきます。更には大晦日日本モーターボート選手会会長賞角谷健吾から続くケンゴ連続優勝の偉業も達成して今年もミスター東京ダービー王のムテキングぶりを見せつけたローラーヒーロー濱野谷、今年の目標は伸び型の成績になって尻すぼみを避けたい事と、昨年同様に平和島では必ず優勝する事であります。ちなみに大井東京ダービーの最多優勝記録は昨年末で調教師を引退した赤間清松元騎手のV6。濱野谷は来年も優勝すればそちらの記録にも肩を並べます。
 後続はトップタイの12スタートからダッシュ勢を止めての熊殺しつけまいを打った3号艇折下寛法が順走の2号艇作間章を捲りきって平和島ダービー準優勝の2着。大田区民の折下、惜しくも東京ダービー初優勝なりませんでした。
 ちなみに本日は平和島ダービーということで勤務を早退して6900人を集めた平和島競艇場に行ってきました。濱野谷は夜に角谷らとの新年会が控えててお急ぎのせいか、表彰式が昨年と比べて撮影タイムが無い、ピースターがいないなどあっさりしたものになってしまったのが残念。
東京ダービーV5おめでとう!


多摩川新春特別かどまつ賞優勝戦

 2008年の走り初め。第29回新春特別かどまつ賞。いよいよ優勝戦12Rが始まりました。さあ行こう優勝戦!インコースから142/536、いま5秒前。3秒、2秒、1秒前、スタートをきりました!1号艇三角哲男(三月三日生まれ)がこのチャンスみすみす逃してなるものかときっちり逃げて独走、2号艇山本英志と3号艇菊池峰晴が共に捲り差しの構えを見せる中、気合いのピットアウトを見せて2コースに入るも内側の菊池と外側の山本に挟まれた4号艇長谷川充はここで振り込んで転覆。
 ですが、菊池も山本も長谷川に巻き込まれず無事旋回。2艇ラップとなりましたが、2Mフルターンの山本が菊池を捲りきって2着争いに競り勝ち、2人しか優出できなかった地元勢でワンツーを決めました。
 そして三角にお任せ。とばかりにSGウイナーが貫禄の走りを見せた独走ぶっちぎりで通算45回目の優勝を決めた俺達の誇り、多摩川は記念2つを始めV8の実績を誇るミスター多摩川三角哲男の表彰式(動画の6分過ぎ)は濃厚なミッスーワールド炸裂ッス。東京スポーツにも「最近リズムひと息なのは厄年のせい、とか聞かれるけど、俺はそういうのは気にしないんでね。厄年の”やく”の字は飛躍の”やく”と思っているからさ!」にもミッスーワールド全開の頼もしいインタビューが掲載されてるッス。

若松ジョイロードカップ正月特選優勝戦

 旅を買うなら、駅の中。JR九州JOYROADのタイトル戦は1246/53の進入から6号艇桂林寛が+02のフライングも、01タッチスタートからびくびくせずに先マイした1号艇瓜生正義が若松V6、通算29回目の優勝。2日目12Rで1.44.2の新基準プロペラ以降の最速タイムを出したウリ坊の優勝戦タイムは1.45.4でした。後続は1Mつけ回った2号艇貞兼淳二と差した桂林でラップになるも、桂林がFでいなくなったのですんなり貞兼淳二着。

びわこ新春滋賀県知事杯争奪戦優勝戦

 枠なり3vs3から内枠の地元3艇がいいスタートを決め、外枠の遠征3艇は25〜31と劣勢。しかし好スタートの地元勢でも1号艇馬場貴也は13とやや劣勢で1M先に回るも懐が開き2艇に差されて3着。10スタートから先に差した2号艇守田俊介が05トップスタートから2番差しの3号艇中村有裕を振りきって通算40回目の優勝

【濱野谷角谷】岩まで競艇王チャレンジカップ【茨城県GoGo】

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 浜名湖競艇場ではSG競艇王チャレンジカップ開催中ですが、浜名湖競艇場外ボートピア岩間では本日濱野谷憲吾角谷健吾のケンゴーゴーTokyo bay piratesトークショーがあったので、茨城県ゴーゴーと2005年1月15日以来2度目の訪問となる岩間まで行ってきました。ケンゴーゴーの共演を見るのは2007年10月7日の平和島以来です。
 清新町ICから乗ると車でびゅーーーんと1時間半以内で行けるのですが、高速代が2800円かかるので、さすがに車でびゅーーーんとまではいかず江戸川競艇場で自場とチャレカの前売舟券購入後柏まで国道6号水戸街道でチンタラ行き、柏から常磐道でびゅーーーんと茨城県ゴーゴー。今節選手代表渡邉英児がイン戦で準優勝負駆けに成功した4Rお客様の満足度向上にチャレンジ勝利者インタビュー中の12時に到着し、BOATBoyの無料券で指定席に入場。間に合うと想定して江戸川で前売を買わなかった5R地域密着度No.1電気工事業にチャレンジの締切に間に合いました。但し、後述の諸事情により舟券は全額返還に。舟券に全く関係なくなった5艇立てのレースを見た後下に降りてトークショー見物。ちなみに濱野谷は道路渋滞の為少し遅れて到着したので最初は角谷だけの登場でした。藤堂みちえキャスター司会でGoGo!とニコリンコな雰囲気で行われたトークショーでは自称ミスターモンキーターン角谷健吾もといミスターモンキーターン濱野谷憲吾が来たということで、モンキーターンの実演も行われました。
濱野谷が来ません!濱野谷無事到着岩間のファンの為にモンキーターン実演中

 14時過ぎからはチャリティーオークションが行われ、売上金はBP岩間の施設所有会社である久保工系列の株式会社近未来ワールド社長に手渡され同社を通じて茨城新聞社文化福祉事業団愛の募金に全額寄付されました。で、帰り道に思い出した事が。茨城県の濱野谷といえば稲敷郡美浦村を拠点にする兄濱野谷憲尚ですが、兄は18日の東京5R障害未勝利戦で落馬負傷。頚椎損傷が疑われる怪我の具合が気になります。
茨城県ゴーゴーのチャリティオークションオークションの売上金を近未来ワールド社長に贈呈

 帰りは高速代を浮かす為に千代田石岡ICで降りて水戸街道をチンタラ走行したのですが、浜名湖といえばうなぎ。ということで、うな丼発祥の地牛久沼の水戸街道沿いにある複数のうなぎ屋の中から鶴舞家でうな重を食べてきました。ふっくらとした炭火焼きのうなぎは肉厚でしっかりとしたお味でした。うなぎだけでなくきも吸も具が大きくて実に美味です。金曜日に牛久沼で鰻を食ったのでまさに金曜の牛。
鶴舞家のうな重(上)きも吸付2415円


【チャレカ4日目も3億3417万6400円の返還】

 2Rは1号艇寺田千恵がかなり際どいスタートもスリット後伸びず、14スタートから勢いよく絞ってきた5号艇横澤剛治に3号艇森秋光が先捲りの構えで抵抗するも、森の抵抗を振りきって横澤が捲り敢行。抵抗及ばず横澤に捲られた森はインのテラッチに飛ばされてしまい最後方に。この展開に乗じてクルリと差した2号艇石川真二1着になりましたが、森と共倒れの格好になって\(^o^)/オワタチエになったテラッチは+03のFで残った売上は1843万600円です。

 岩間到着時には6艇立てだった5R地域密着度No.1電気工事業にチャレンジは一本被りの人気を集めた1号艇今村豊発走直前に体調を崩した為締切後に選手責任欠場(離岸不能による出遅れ扱い)が発表され、売上のほとんどが返還になり残った売上は2596万3300円でした。そして5艇立てになったレースは思いがけずイン戦になった2号艇太田和美がきっちり1着とし、幸運な準優勝負駆けを成功させています。

 9R<チャレンジ!競艇普及活動なり!>は162/435の進入からダッシュ3艇がかなり際どいスタートとなり、捲り差しで1着となった3号艇井口佳典(02)と捲り差しから2M捌いて2着の4号艇原田幸哉(01)はセーフだったものの、井口に張られた上に1号艇高橋勲が壁になり最後方となった5号艇山崎智也が+03でアウトの宣告を受けています。これにより残った売上は9666万7900円でした。

 5Rを欠場した今村豊が私傷病で帰郷した為5艇立てになった12R予選ぶっとばす!ファイナルレイジアは日本一早い完全脱毛にチャレンジは1号艇松井繁が威風堂々たる王者の逃げを披露し1着。「湯川君とは違って陸の上で目立たないように、水面で目立てるように頑張りたいと思います。今のところすべて負けてますんで、これから頑張って行きたいと思います。」と陸の上での発言も光るマイケルレインボーアタッカーがレイジアのメンズエステを受けたら元々欧米系な二枚目顔が更にイケメンになりそうですね。
 後続は今節5艇立てレースで2戦2勝と5艇立ての鬼と化している5号艇平石和男が大外から差し伸びて2着に入り、ここでも5艇立てでの強さを見せました。そして準優進出2着条件だった2号艇都築正治は2コース順走も5艇レースの鬼平石に差され、2M決死の全速あこターンも不発で3着と惜しくも次点でした。尚、準優の予想はK-BATTLEのコメント欄に投稿します。
江戸川日本財団会長杯4日目

 展示航走中に4号艇郷原章平が落水、3号艇桑原将光がボート破損の為2艇が欠場となり4艇立てとなった第3R(北西向かい風7m波高5cm)は12/56の隊形から1号艇関根彰人が36と一番遅いスタートながら1Mをしっかり回って逃げ切りシリーズ2本目の1着。昨日第6Rで15万舟を提供した埼玉の快速王子関根、今日は2連単より10円安い3連単770円を提供しました。尚、剛腕郷原はこの事故により負傷、2号艇の後半11Rを欠場、帰郷しました。

 12Rは1号艇芝田浩治が逃げ切ってシリーズ3本目の1着。予選得点率9.00とし堤昇と同率1位になりましたが、このレース5号艇の井芹大志はスピードが乗ってこずにスタート大きく遅れをとってしまい、責任外の出遅れ返還欠場です。

尼崎競艇ニュース杯優勝戦

 勝利の数だけニュースがある。水面際でセンプル君も見守った(動画競艇ニュース杯の優勝戦は136/245の進入隊形から2号艇田中豪が捲りに行き、これに1号艇石田政吾が食いつく展開を捕らえて捲り差しを決めた5号艇中村亮太が先頭に立つも+01のフライングとなる競艇ニュース。
 2コース差しで2番手の3号艇深川真二が先頭に立ちますが、1M捲り差しから2M内に切れ込み突進してきた4号艇金田幸子を抱いてかわした深川は流れ、この隙を突いて深川を差した石田が逆転で今年3回目、通算36回目の優勝を2001年SGオーシャンカップを制した思い出のセンタープールで飾っています。表彰式では次男坊の誕生日である事を明かす子煩悩な一幕も。

【最後の東京G1ジャパンカップダートキルトクール】

 来年から阪神1800mに移行するので東京2100mとしては最後の開催となるJCDのキルトクールはアメリカからやって来たスチューデントカウンシル。ポリトラック馬場のG1パシフィッククラシックを制した実力馬ですが、それでも府中の特殊ダートを克服するのは難しいでしょう。前売3番人気ではなおさら買いづらいです。

【Wけんご】全日本選手権準優+ダービーで原田幸哉F2【濱野谷角谷】

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 本場入場客12743名を集め、3億3667万6500円のF返還がありながらも30億4211万700円の売上を記録して5日間累計109億4226万600円と、目標の155億円到達に目処を立てた平和島SG全日本選手権は準優勝戦の5日目。本日は4日連続トーキョーベイパイレーツトークライブ第4弾として濱野谷憲吾&角谷健吾トークライブがありましたので、まずはこちらから。O2ブランドの仲間同士でもある70期3590濱野谷憲吾33歳と71期3613角谷健吾34歳、待望のWケンゴショーということで指定席の通路はものすごい混雑に。一般席の方も立ち見多数の大盛況でした。

 以下は、指定席とイベント広場で行われたトークショーの内容を順不同で抜粋。Wケンゴとの掛け合いがいい感じだった司会は先週のボートピア習志野開設1周年記念濱野谷憲吾&菊地孝平トークショーと同じ前田くみ子キャスターでした。

まえくみ「(パイレーツの)活動秘話については?」角谷「別に。(場内大爆笑)」
デビューを目指したきっかけについて、濱野谷憲吾の中学時代に兄・濱野谷憲尚が競馬学校に入学した事がきっかけで艇界デビューを目指したと有名なエピソードを言った後に、高校卒業時に艇界入りを意識した角谷は「これも有名なエピソードなんですけど、僕の父はタクシーの運転手で競艇好きだったから、競艇選手を目指しました。」
上記の角谷エピソードの後にまえくみ「皆さんこの事知ってました?(場内沈黙。知ってる人はほとんどいなかったようで。)」
ケンちゃんハマちゃんと呼び合う仲良し。
まえくみ、パイレーツと言うつもりが噛んでしまいパイパン発言。
O2ブランドの後輩飯山泰が加入を希望してるらしい。
ヒップホッパーとして音楽だけでなくファッションにもこだわる角谷のパイレーツファッションは自前。だけどサングラスだけは借り物。
ショーの最後はケンゴーゴー!

…別に。Wケンゴショー指定席の部Wケンゴショー一般席の部

 本日は場内でSPLASHヨロズさんとカッパスキーさん、ふにゃ蔵さんと会いましたです。そして三国さん(仮名)、日本武尊さん(仮名)と最終レースを見て終了後大森駅方面まで歩き、大森銀座の出口で帰途についた2人と離れ自分は牛小屋へ。
 そしたら以前牛小屋で会ったカッキーさんとその同僚さんがいて一緒に焼き肉食べる事になりましたので、本日はマスターお任せコースをたっぷり堪能いたしました。途中、別の店で歌って飲んでた山ちゃんさんも牛小屋に顔を出しにきましたですよ。
和風焼肉 牛小屋 [ 焼肉、ホルモン ] - Yahoo!グルメ




【全日本選手権5日目レースダイジェスト】

 一般戦の7Rは枠なり4vs2。F2持ちの1号艇大神康司は15でスタート踏ん張るも、2号艇鎌田義が23で3号艇吉田弘文が27の中凹み。ということで壁無しになった大神は05スタートを放った4号艇今村豊に絞られ、抵抗及ばず捲られてしまい5日目で唯一舟券から消えた1号艇選手に。
 そして今村の捲りも大神に抵抗された分やや流れ、先頭は捲り差しの吉田弘文と小回りのカマギーでラップ。2Mはカマギーが先制も少々ターンが膨らんで、そこを吉田弘文が差して先頭に。2周1Mは吉田弘文が先マイ態勢も、
おぉーっと、3号艇。どわーっ、なーにやってんだ3号艇。(動画
 と場内怒号が飛び交った大顰蹙のキャビテーションをやらかし、あわてて避けたカマギーは内を回った今村豊に抜かれてしまい、今村豊は恵まれに近い抜きで1着に。人気を集めてたカマギーはアンラッキーな2着になってしまいました。ですが、もっとかわいそうだったのは4番手航走から吉田弘文を避けきれず接触した6号艇安田政彦で、回り直しを余儀なくされたら吉田弘文よりも下の6着。振込詐欺をやらかした吉田弘文はもちろん不良航法を適用されたとお伝えしておきます。
 前日の5Rでも3周1Mでキャビテーションを起こし3着から5着に下がる失態を起こした吉田弘文、こんな失態を2度続けては平和島SG総理大臣杯優出2着も色褪せますね。

 ここから準優。スロー3艇が深めな146/235の進入になった準優10Rは前年度福岡SG全日本選手権覇者の1号艇魚谷智之(兵庫)がびしっと09トップスタートを決めて起こしの不利を克服しての1着ゴール。差した3号艇吉川元浩(兵庫)が2着に入り前年優勝戦と同じ兵庫ワンツー。

 準優11Rは12456/3の進入になりかけるも、6号艇服部幸男先生が回り直して1245/36。ここはぁ早い飛び出しで2号艇菊地孝平が+02のはみ出しをするも、菊地の差しは流れて壁役になって終わり。 菊地を壁にして逃げた1号艇田中信一郎が菊地を包みきってのつけまいとなった3号艇寺田祥を振りきっての1着ゴールでした。
 3億円以上のフライング返還を提供した菊地は来年の平和島SG笹川賞まで選出除外に。G1は11月10日からの児島G1競艇キングカップを最後に、来年5月中旬以降まで選出除外となります。

 枠なり3vs3の準優12Rは3号艇山崎哲司が07トップスタートも、2号艇瓜生正義が飛ばして両者共倒れに。ウリ坊が身を張って壁役に徹した間に1号艇高橋勲が逃げの態勢を完成させて大きな拍手と共に1着ゴール。予選を1位で通過した今節唯一の地元が遂に記念初優勝の大チャンス。2着は1M4カド差しから2M外全速戦で抜け出した4号艇金子良昭。今節最多出場だった静岡支部から唯一優出を決めました。
 尚、本日が誕生日だった5号艇日高逸子は2番差し届きませんで優出なりませんでしたが、3着に入り3連単7520円を提供してます。


 ギャンブル王争奪!競艇予想大会の対象レースである優勝戦の枠番は以下の様に。

1:高橋勲 2:田中信一郎 3:魚谷智之 4:寺田祥 5:吉川元浩 6:金子良昭

 今節唯一の地元選手だった高橋勲、「イベントとか苦手だからさ。」と選手代表も選手宣誓もTokyo bay pirates加入も全て断りレースに集中した成果が遂に実を結ぶ時がやってきましたね。緊張でスタート遅れたり、2004年平和島のG3企業杯キリンカップデイリースポーツサマーカップの再現にならなければ勲に大輪の花が咲くでしょう。優勝戦予想はK-BATTLEのコメント欄に書く予定です。

芦屋スポーツ報知西部発刊10周年記念アシ夢ダービー3日目

 黒瀬三幸が家事都合で急遽帰郷した為5R9Rが5艇立てになったダービーの3日目。その5艇立てになった9Rは1号艇天野誠が薄氷の00タッチスタートで生き残り1着になりまして4日目準優12R1号艇を獲得しましたが、2コースつけまいから2番手だった5号艇濱田隆浩は+01でアウトと紙一重で明暗くっきり。

 そして、なにわのDT濱田を遙かに上回る深い衝撃だった本日最大の悲劇は、芦屋基地航空祭と同日だった事から「水上と空のスピードバトル」と銘打たれました7Rに。空を自由自在に飛行するのはブルーインパルスなのに対し、水上でブルーのカポックを纏うのは自衛隊出身のスピード戦士が最もふさわしいという事で、ここの4号艇はもちろん原田幸哉でした。
 レースは124/356の進入から1号艇金子貴志が逃げて先頭、原口は捲り差し届かず二号艇今村賢二郎との2番手争いでしたが、スタート判定の結果+02の金子と+01の原口は無念のフライング返還欠場。全日本選手権同様に今村がアクシデントによる前退きでダービー初の1着になりました。ちなみにFが2艇出て売上のほとんどが返還になったにもかかわらず、2連単8320円3連単5630円の高配当が飛び出してます。
 このFで原口はF2になってしまいましたが、11月29日から始まるG1常滑ダイヤモンドカップの斡旋が既に入っているので、11月20日から始まる浜名湖SG競艇王チャレンジカップがF休みになる事は免れました。

【マイルCSダートキルトクール】

 いわゆるひとつの平和島指定席喫煙所内TVで見た東京G2毎日王冠は巨人ファン大感激なミスターチョウサン祭になりましたが、祝日の月曜日も競馬は開催されます。とは言ってもメインレースはJRA開催ではなく、平和島競艇から徒歩圏内の大井競馬や多摩川競艇から徒歩圏内の東京競馬でも場外発売される盛岡G1マイルチャンピオンシップ南部杯。今回のキルトクールは休養明けのカフェオリンポスで。JRA勢は今回5頭出走しますが、上位3頭(ブルーコンコルドサンライズバッカスワイルドワンダー)の牙城を崩すのは容易では無さそう。

ボートピア習志野1周年記念メインイベント・濱野谷菊地ショー

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
ボートピア習志野1周年記念 なっちありがとうのJLCニュースワイドが最終回を迎えた上半期末の本日、江戸川競艇場外ボートピア習志野開設1周年記念イベントとして濱野谷憲吾菊地孝平トークショーがあったのでBP習志野まで行ってきまして12時30分頃に到着しました。新習志野駅から徒歩約4分のBP習志野は中山競馬場(本日のメインは1200m戦G1スプリンターズステークス)からも近いので、中山競馬でお目当てのレースがある時にも便利なのです。ちなみに新習志野から船橋法典までは片道210円です。更に言えば、船橋競馬場船橋オートレース場は新習志野から1駅130円ともっと便利。

 12時50分に先ずはメインホールでイベントの予告があって、次いで13時からアクティブビジョンホールでイベント本編が始まりました。JLCニュースワイド最終出演日に見せた涙に思わず自分も涙腺が緩んでしまった前田くみ子キャスター司会のイベントは息子のサッカーにお供して日焼けと絆創膏全開の濱野谷とクローズド・ノートを推薦する読書家の菊地がしゃべったり記念撮影をやったりと。その後14時20分過ぎに松岡俊道アナと坂田博昭アナが緑茶中継スタジオ司会を担当している白黒アンジャッシュ祭りの中山に移動してアストンマーティンもといアストンマーチャンのエキゾーストノートを堪能したのでチャリティオークションは見られなかったのですが、トークショーと撮影会はボートピアならではの環境でじっくり堪能できたのです。只今3週連続トークショー中で今回が第2弾にあたる濱野谷はともかく、菊地は東海地区なので貴重なイベントでございました。あと、クローズドノートの話題をしたとはいえ、菊地はERIKA様と違って物腰が柔らかかったのです。
トークショー前にメインステージで予告編濱野谷憲吾&菊地孝平トークショー地区違いなのでなかなか見られない貴重なツーショット

 さて、BP習志野は翌週日曜日の10月7日にもトークショーがありまして、出演は熊谷直樹渡辺千草、それにスペシャルゲストの艇王植木通彦元選手です。 

江戸川ボートピア習志野開設記念2日目

 ツーサイクルエンジンのエキゾーストノートが響き渡りました競走水面は第6Rの開始です。逃げ込み図る1号艇石川哲秀に対し5号艇宮嵜隆太郎が猛然と捲りに行きますが、宮嵜はボートの舳先が持ち上がって選手責任の転覆(動画)です。尚、ボートの撤収作業を行った為に第7Rの展示開始が若干遅れました。ということで楽逃げになった哲秀が1着、順走の2号艇作間章が2着に入りました。

 第7Rが始まりました。このレースは4号艇鈴木正人が1号艇西川真人を捲り差しで捕らえきって1着になり、2着に西川真人、3着に6号艇山来和人が入ったら、人・人・人のワンツースリーになってしまいました。


 明後日に行われます優勝戦を目指します得点率上位7名は以下の通り。

森高一真10.00 さくまあきら9.75 大西源喜9.33 須藤博倫8.75 清水敦揮8.67 石川哲秀8.33 宮武英司7.67

 森高と大西が元気に本日連勝でポイントの上積みに成功です。

蒲郡菊花ナイト特別優勝戦

 1号艇芹澤克彦にデビュー初優勝が懸かりましたがプレッシャーからかスタート遅れ、艇を伸ばして1M先制も芹澤はあせりざわになって大きく流れてしまいます。そんな芹澤に対し、地元の大将として優出を果たした2号艇安藤裕貴がドンピシャと日本刀のようなキレのある2コース早差しで斬り込み芹澤を斬り捨て御免。そして4カド差しで大将に迫り舳先を入れようとする4号艇益田啓司に対しては2Mで頭を叩いて全速のフルターン!これで独走となった大将がリング×2の整備失敗もなんのその、通算8度目の優勝ゴォル。安ちゃんコールが飛んだ表彰式では験担ぎに蓄えたヒゲと黒くした髪の毛を菊花ナイトのオレンジ☆ホールで満面に公開しました。ちなみにプロフィール写真は金髪のヒゲ無しです。なんにしてもヒゲと黒髪の効果覿面、さすがは愛知の大将!
 さて、優出メンバー唯一のA1選手だった5号艇福島勇樹王子は5コース捲り差しで3番手も、そこは早実の王子様。2Mで一枚上の捌きを見せて益田を差しきり逆転。2周1M切り返してきた益田を包んでかわし自分感動のゆうきワンツー…ではなく、安藤裕貴は「ひろたか」です。

多摩川日刊ゲンダイ杯優勝戦

 BP習志野でも場外発売が行われた今節の優勝戦は、4カドから08のトップスタートを放った4号艇山谷央がカド受け3号艇伊藤雄二に抵抗されながらも捲りきって通算3回目の優勝。2着は大外捲り差しから2M外全速の6号艇加藤高史
 山谷でお馴染み江戸っ子の山谷央が雨を泪橋に変えた捲り戦で優勝した事で、多摩川では前節G1ウェイキーカップに続き東京支部が優勝。対して、3着に終わった1号艇山本隆幸(王者軍団若頭)はご存じのように兵庫支部で、前節G1植木杯に続き兵庫支部が1号艇で人気を裏切りました。

 さて、表彰式(動画)の最後で山谷は「ファンの皆様。本日は競馬場ではなく、雨の中多摩川の方にお越し頂いて本当にありがとうございます。」と熱のこもったあいさつをしてますが、自分はBP習志野から中山競馬場に行ってしまいました。ごめんなさい。ちなみに多摩川優勝戦の舟券は習志野で入手した出走表を使って12R江戸川特別(江戸川だからもちろん1800m)発売中の馬場内投票所で電投購入しました。BP習志野は本場と発券機メーカーが違うので相互払戻が出来ず、よって前売が買いにくいのです。

津レディースチャンピオンカップ優勝戦

 節間は5日目一般戦8Rの4着以外は全て1着という快進撃を見せて2001年4月桐生G3女子リーグ戦上毛新聞社杯白滝姫賞以来約6年半ぶりの優勝を目指した1号艇大山博美でしたが、1999年5月常滑G3女子リーグ戦レディース笹川杯以来約8年4ヶ月ぶりの優勝を目指した6号艇若山美穂(1999年当時は美穂子)に2コースまで入られ暗雲が。そして16/2/345の進入から3号艇宇野弥生が07トップスタート。この展開に大山は艇を伸ばして先制態勢もやや深めの進入で焦ったのか流れ、宇野を張っての捲り差しを見せた3号艇佐藤幸子に差され、更には4号艇角ひとみにも差されて3番手。久々の優勝なりませんでした。
 津で開催されるG1企業杯JAL女子王座決定戦に向け幸先良いVを飾った佐藤幸子は通算26回目の優勝です。

宮島報知エキサイトカップ優勝戦+MMJ】

 1号艇大場敏がインから押し切り燃えて前走地丸亀W準優シリーズ秋の陣に続く2節連続今年4度目、宮島では初めて、通算では34回目の優勝
 2コース順走の2号艇松本勝也と4カド握った4号艇山崎義明による2番手争いは2M全速で松本を捲りきった山崎義明埼玉支部長の手に。


 さて、宮島競艇オリジナル動画コンテンツモン太チャンネルではメタル・マスター宮武準元選手の引退後を紹介した「宮武準〜新たなるスタート(動画」が公開されました。
 Jun Miyatake Presentsのエキサイター必至なライブハウス「MOTOR BREATH」は広島市佐伯区五日市のコイン通りにある清水プラザビル3F(1Fは用品銘酒センター)に11月1日オープン予定で、工事の進捗状況はMOTOR BREATH's DIARYで公開中。そして廣島を代表する書道家正木嗣鵬先生が一筆奮ったロゴが最高にイカすレザークラフト工房革り者とカービング王子加納直人も応援ヨロシク。

【津つつじ賞】濱野谷1000勝、そして原田○や散って原田○や咲く

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 津G1つつじ賞王座決定戦は3日目の競走水面。7R4号艇で登場した70期濱野谷憲吾は4カドから展開を捕らえての差し戦で突き抜け通算1000回目の1着ゴール。もちろん同期1番乗り…ではなく、70期1000勝一番乗りは苦労人の木村光宏で、丸亀G1京極賞の選手紹介で同じく苦労人である日高逸子の本を推薦してたみっちぃは濱野谷より約1年半早い2005年11月4日の丸亀市議会議長杯4日目4Rで1000勝を達成しています。尚、1000勝を達成した濱野谷は3日目終了時点で得点率8.80とトップ。津うさん1000勝の水神祭をした勢いで津つつじ賞V3も達成しそうな感じでありますね。

 2号艇原田幸哉と4号艇原田秀弥の原田○や対決になった6R。3コースの原田幸哉は3コースから飛び出して捲りきり先頭に立ちますが、平和島SG全日本選手権不参加決定となる+02のFコール。原田幸哉が捲った展開を捕らえての差し戦で2番手航走の原田秀弥が繰り上がり1着。原田が散って原田が咲きました。
 ちなみに原田秀弥は今年3月に当地年度末感謝レース第2弾で優勝してますが、この時の決まり手は3艇Fによる恵まれでした。

江戸川日本写真判定社長杯3日目

 本日は競走水面が荒れてまして前半7つのレースが2周戦。オープニングの第1Rが始まりました。4号艇小澤和也が南追い風6m波高20cmの競走水面をものともせずに果敢なカド捲りを決めて1着になったこのレース、BSで1、2号艇と共に2番手を併走してた3号艇森久保亨(今シリーズ選手代表)が向かい風に煽られ転覆です(動画)。

 第3Rが始まりました。このレース5号艇1回乗りの阿波勝哉は指定席の大外から捲り差し。南寄りの風5m波高15cmの競走水面でBSよく伸びたチルト+2度のアワカツは2Mを先に回って1着ゴール。波水面での柔軟な走りが光りました。

桐生東京スポーツ杯優勝戦

 節間7戦6勝2着1回の1号艇草場康幸がイン13トップスタートの速攻で各メンバーが殺到する勝負所を乗り切って通算8回目の優勝。節間7戦5勝2着2回の2号艇室田泰史が2コース順走で2着。そして優勝戦6号艇ながら節間草場に唯一のを付けた白水勝也は3コースからの捲り流れて4番手でしたが、2周1Mの差しで3番手に並び、2周2Mを内の利で先に回って3着。この結果3連単780円の1番人気決着でした。ちなみに拡大連複1=2と複勝の1は120円で東京スポーツと同じ値段です。
 尚、今節から千葉県に引っ越した群馬支部の渡辺史之は引っ越し初戦でうれしいデビュー初優出。結果こそ5号艇6コースで5着でしたが、引っ越しがいい方向に出たようですね。

濱野谷憲吾競艇ダービー杯参戦!〜美智子すごいよ美智子

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 今年は平和島東京ダービーV4を達成すると同時にムテキング襲名とお伝え(動画)された東都の大エース濱野谷憲吾。3月には同じ平和島でSG総理大臣杯を制し、優勝後海外で家族旅行を満喫した濱野谷ですが「自分への褒美は終わり。新たな目標に向かってチャレンジです。」と平和島では有言実行と書いて濱野谷憲吾は早速蒲郡G3企業杯中日カップでニヒルなダイナミックケンゴ様を襲名(動画)し、続く多摩川さつき杯では約7年8ヶ月ぶりの多摩川Vで苦手水面を克服。そして6日のTokyo bay pirates結成記念イベントでは白いスーツをニヒルに着こなしハマーノヤリムジンから颯爽と降り立ったのでした。

 その東京ダービー王濱野谷が「全国の水面を制覇するため彼らは動き出す。見逃すな!」のTokyo bay piratesキャッチコピー通りに2004年SG笹川賞以来約3年ぶりのセンタープールを制覇するため昨日から超目玉として尼崎競艇ダービー杯に参戦。
 記念以外では1997年7月の日刊スポ−ツ杯争奪伊丹選手権競走以来なんと約10年ぶりのセンプル参戦となる濱野谷ですが、今までは感性の男。しかし今年はペラを研究で努力の男。結果の出方も違います。今まで以上にスケールアップ完成度増して驚異の強さを今年は披露(by高橋貴隆アナ)してますから優勝お持ち帰りはノルマといっていいでしょう。
 
 ということで競艇ダービーを発行し、かつてはダービーレグノの馬主としてもお馴染みだったダービー社のタイトル戦はスペシャルなメンバーで少々非日常を感じさせる4日間決戦です。もちろん濱野谷はその中でも特にスペシャルな存在ですが、6号艇1回乗りの初日競艇ダービー選抜戦は3コースに入るも18とスタート後手を踏んでしまい、先捲りで抵抗も無理捲りで武庫川方面に流れ5着敗退。かかり命の濱野谷にかかりが来ませんでした。

 点増しとはいえ5着に終わった初日の巻き返しを期したい今日の濱野谷、1号艇の12Rは必勝態勢でしたがイン28と立ち遅れた濱野谷は白浜になってしまい、5号艇カワカミプリンス川上昇平の4カド捲りを許してしまい、小回りで2着に残すのがやっと。優出へ向けて連勝条件となった3日目は11R2号艇と、シード番組8R4号艇の2回乗りです。

 ちなみに濱野谷の2日目は11Rの他に9Rも5号艇で乗艇。この9Rは6号艇で乗艇予定だった菅沼佳昭が前半3Rでイン戦も山野陽一の4カド捲りに抵抗しての5番手追走から2M差しで3号艇小暮茂を抜いて4番手へ。しかし2周1M菅沼が振り込んだところに小暮が突っ込み、転覆した菅沼は妨害失格に。菅沼は負傷帰郷となって9Rを欠場、5艇立てになったのでした。
 5艇立てとなって勝利への可能性がぐんと高まった濱野谷は2コースに入り必勝態勢を敷きますが、にんげんドキュメント女23歳競艇にかける4号艇西村美智子が4カド01トップスタート捲り一撃で突き抜け1着。美智子濱野谷に勝ったよ美智子
 美智子に捲られた濱野谷は大外二段捲りの3号艇村上彰一にも捲られてしまう苦しい展開。それでも2M差しで2艇を捌いて3番手を確保し、最後は2着の村上に0.1秒差まで追い詰めましたが、美智子の3着に負けた事にかわりありません。

 2007年賞金ランキング1位の濱野谷を負かす大金星を挙げた美智子はこれで予選得点率トップ。95期生として2004年11月にデビューして約2年半、「デビューしてから一番の足。こんなに出た事がない(破顔一笑)」と、携帯マクールのコメントからも美智子超抜だよ美智子が伝わってきます。得点率2位の白石健も「西村さんには…もう…無理…」と足に関しては白旗健です。
 競艇学校に合格する前は教職目指して神戸女子大学に入学した過去を持ち、いわば美智子にとって兵庫県は準地元。そのセンプルで大仕事が出来るか、3R1号艇と10R6号艇がひとつの踏ん張りどころですね。以上でございます。

若松日本トーター杯争奪戦優勝戦

 多様化する公営競技運営に即応するITから、ファンの夢を広げる未来構想にいたるまで、公営競技にベスト・ソリューションを提供する日本トーターのタイトル戦は4号艇守田俊介が4カド13トップスタートも機力劣勢でスリット後全く伸びず、内艇に伸び返され何も出来ず6着。
 対して2コース26と2番目に遅いスタートながら機力と1号艇イン川北浩貴の33スタートもあって2号艇松本博昭がすんなり先捲りで先頭に立ち通算4回目の優勝。大外から捲り差した6号艇森定晃史が2着でした。
東京G2京王杯スプリングカップキルトクール】

 実質牡・せん馬限定の1400m戦、キルトクールはエイシンドーバー。右回り(6.6.1.5)に対し左回り(0.0.1.3)と左回りが苦手なのが最大の根拠。

江戸川Gカップは横澤が今年初V&濱野谷が今世紀初の多摩川V

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 6日間の長丁場を勝ち上がってきました6精鋭が一斉にピットを飛び出してきました。第11回目となる江戸川競艇のゴールデンカップ優勝戦は当地V2と2001年7月多摩川東京中日スポーツ賞以来久々のVを狙います1号艇宮内由紀英を2号艇横澤剛治が差して2Mを先制。宮内も差し返して食らいつきますが舳先をかけるまでには至らず横澤が2周1Mを先行して抜け出し、あとは軽快に勝利のカーブを描いていき優勝のゴール。
 1月の江戸川新春金盃を含む今年12優出目(全選手中最多)にしてやっとこさ今年の初優勝を果たしました。江戸川ではデビュー初優勝だった2001年11月日本財団会長杯を含むV3、通算ではV18となります。
 先頭争いの後方では全速握りマイを放っていきました5号艇石田章央が3番手航走。2周1Mで隠れてこっそり6号艇田中豪にぶつけられて艇が浮きますが持ち堪えて3着を守りました。

 第1R寺島和典63.2kgが3着争いの3周2Mで転覆したり6本の万舟(一覧)が飛び出したりした最終日の一般戦ですが、最終日限定で齋藤篤多羅尾達之が追加されました。そんなゴールデンカップは2008年2月〜2009年5月の堤防工事で来年と再来年は行われなさそう。たぶん第12回のゴールデンカップは2010年だと思います。
今年2度目の江戸川で今年の初優勝を果たした横澤


【さあ行こう多摩川さつき杯優勝戦

 7日間の長丁場を勝ち上がってきました6精鋭が一斉にピットを飛び出してきました。第14回目となる多摩川競艇のさつき杯優勝戦は是政の申し子にして東京ベイスター村田修次が1号艇でさつき杯V2を狙うイン戦でしたが、ベイスターブルーの4号艇は静岡の大魔神佐々木康幸(多摩川5連続優出)が強気の捲り戦。この捲りにムッシュムラムラッシュ激しく抵抗した展開を突いて東都の大エースは5号艇濱野谷憲吾が5コース捲り差しぃ!これがケンゴスペシャル!という巧みなハンドルワークで突き抜けまして
これが東都の大エース。これがムテキング。濱野谷憲吾!動画)」

 と、今年4回目多摩川5回目通算46回目の優勝。多摩川は通算V5ですが、今世紀は完全に鬼門となっていた水面。事実さつき杯初Vとなった今回がなんと1999年9月G1ダイヤモンドカップ(アグレッシブなQT動画)以来約7年8ヶ月ぶりの多摩川Vでした。表彰式では3月の平和島SG総理大臣杯に続いて優木まおみの祝福を受けています。
 後続は東京ベイスターズ主砲だけど東京ベイパイレーツではないムラッシュが佐々木を是政駅方向に飛ばしつつも踏ん張り、2Mぶんぶん回しての先制ターンで2着。村田修「」ならぬ村田修「次」でくしくも2005年の第12回多摩川さつき杯と同じ枠順で逆の着順になりましたね。

 ちなみにさつき杯の多摩川ではワースト機の濱野谷を始めモーター勝率下位の選手が優出上位を独占(2着ムラッシュ44位3着鈴木博43位)した格好になりました。

【土曜競馬キルトクール】

 G3新潟大賞典のキルトクールはダンスインザモア。喉鳴り持ちで2000mの距離は長い上に、成績からも右回り向きな感じ。ここは自信のキルトクール。

 G2京都新聞杯のキルトクールは白い1番枠のホワイトマズル産駒クレスコワールド。折り合いに難のある馬で2200mの距離は微妙。枠も最内ですから包まれて終わりと見ます。

 それにしても、本日行われた園田G2兵庫チャンピオンシップを勝ったフェラーリピサ白井寿昭厩舎)は強いですね。スタート出遅れから向正面一気の追い上げで先頭に追いつくと、最後は粘るヤマカツブライアンを3馬身切り捨てました(動画)。鞍上の岩田康誠も古巣に錦を飾れましたし、まさに白井最強。

東海4場持ち回りの中日カップ蒲郡大会は濱野谷憲吾の独壇場!

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 東海4場をぐるっと回る4年に1回のイベントG3企業杯中日カップ。蒲郡で開催の今年度で第21回となる中日カップは前年度(常滑)覇者守田俊介の登場こそなかったものの、前年の蒲郡G3企業杯S&Bゴールデンカレー杯覇者、東都のストロングヒーロー濱野谷憲吾が9戦7勝オール2連対の文句ない成績を残し優勝戦1号艇で堂々登場。
 レースは5号艇江本真治がピット遅れ、6号艇マッハGoGoGo田中豪と入れ替わり123/465。6コース踏み込んだ江本が出て行くがやはりコース遠く、2号艇魚谷智之がエモーショナルな無理捲りで抵抗。その間にイン10トップスタートの濱野谷がグリップして他を寄せ付けずのイン逃走劇ぃ!
今までは感性の男。しかし今年はペラを研究で努力の男。結果の出方も違います。今まで以上にスケールアップ完成度増して驚異の強さを今年は披露する。ニヒルなダイナミックケンゴ様濱野谷憲吾今最終コーナー回った。(動画
 かくしてTokyo bay pirates濱野谷憲吾が通算45回目の優勝ゴルィン。魚谷が江本をブロックした展開を利しての3コース差しで2着に入ったのは心憎いコーナーコーディネイトの烏野賢太マッハGoGoGo田中豪は江本に絞られたのが響いて、道中江本を抜いたものの4着に終わってしまい平和島ムテキング濱野谷憲吾との準優11R動画)に続くタツノコプロワンツーはならず。

 最後に、今回の中日カップは最終日売上6億4662万500円、6日間総売上27億1082万8200円と下手なMB大賞より売上が多かった事を付け加えておきます。中日ドラゴンズも知多ビーチの天使浅尾拓也がデビュー月にして早くもプロ初勝利とおめでたでした。

江戸川日刊ゲンダイ杯2日目

 今日もエキサイティングな走りが大いに期待されています2日目の水面上です。第2Rの開始です。差しで3番手航走の5号艇松下一也が2番手浮上狙ってインサイドをすくってきた2M出口でコロンと転覆。ここに6号艇上條信一が乗り上げエンスト(動画)。これにより上條は負傷帰郷により1号艇の第7Rを欠場。選手責任転覆+不良航法となった松下も負傷帰郷で2号艇の12Rを欠場したのですが、選手責任欠場で大量の事故点をお持ち帰りする事になってしまいました。

 その12Rは134/56となり、3号艇橋本久和が2コース差しで1着になったのですが、イン戦残して2番手の1号艇諏訪馨が2周1Mバタついてしまい、そこに4号艇今坂晃広が突っ込んでぶつかり諏訪転覆(動画)。ぶつけられた諏訪は選手責任転覆となっています。

 関東が誇るSGウィナーが1号艇で必勝を期して臨んだ11R。その戸田天皇池上裕次が3号艇岡本慎治に捲られて5着に敗れたにもかかわらず、1着のオカモトと5コース二段捲りで2着に来た5号艇笠原亮の組み合わせは2連単750円、3着が大外差しの6号艇永井源で3連単2490円の低配当でした。

三国G3新鋭リーグ戦ヤングヒーロー決定戦優勝戦

 ナウなヤングが激突した新鋭リーグ第5戦は4カド進入の郷原章平が04トップスタートから一気に捲ってインの1号艇吉永則雄を潰しますが、この展開を利して2コースから差した宇佐見淳が剛腕業腹を押さえて2Mを先制しデビュー初優勝。ちなみに愛知のうさみですが、宇佐美(名古屋市中村区名駅)ではなく宇佐見なので注意。

 宇佐見がヤングヒーローに決定した三国次節は27日から待望のうづき第2戦。おはよう特賞から最終レースまで4日間ごゆっくりお過ごし下さいませ☆しかし5月はさつき第○戦が無く3節全てタイトル戦と悪夢の1ヶ月…。うづき第2戦の次は6月7日のみなづき第1戦となります。

住之江春たけなわ競走初日

 12R春たけなわ特選はインから押し切った1号艇服部幸男先生が1着。4カド捲り差しで2号艇2コースの71期3623深川真二を引き波に沈めた4号艇の71期3622山崎智也が2着でした。尚、3号艇植木通彦は1M握るも服部先生にブロックされた上に2Mで揉まれてしまい5着に敗れました。

 そんな豪華な12Rメンバーを尻目に初日連勝は大場敏。1号艇の11Rはきっちりイン戦をものにした順当な勝利でしたが、6号艇の7Rは2コース先捲りの5号艇尾崎明男と4カドから先に捲り差した青い不死鳥ウェイキーくんが作った展開を5コースから突いての技あり捲り差しでした。

最後に勝つのがムテキング。平和島の主役濱野谷が総理杯優勝

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 1236/45の進入となった平和島SG総理大臣杯優勝戦は1号艇・艇王と名乗ることが出来るただ1人の男、キングオブキング植木通彦が早い飛び出しのイン速攻で先頭、2番手が2コース順走吉田弘文、3番手が3コース2番差し濱野谷憲吾の態勢から、2M濱野谷が腕と実績の違いを見せつけて吉田を差し逆転。しかし艇王ウエキング先頭は揺るがず、平和島では有言実行と書いて濱野谷憲吾と読むムテキングを従え平和島にウェイキーくんランドを築き栄光のVゴールかと思いきや、HS無念のFコール(+01)。2M吉田を抜いて2番手に上がっていた濱野谷が繰り上がりの恵まれながら平和島メインビジュアルの重責に応えて地元SG初優勝。東京ダービーV4と平和島では抜群の実績を誇る濱野谷はSGV4で通算44回目の優勝ですが、実は濱野谷も00タッチスタートで、紙一重のスリットが大きく明暗を分ける結果になったのでした。
 00で生き残り平和島のSGを初めて獲得したムテキングとは対照的に艇王ウエキング一転、ショウリノメガミに見放され府中市に17億4522万7700円の損害を与えた植木はこれでSG1年間選出除外&G1F明け後半年間選出除外。年末の福岡SG賞金王決定戦は獲得賞金さえあれば規定に関係なく出られますが、記念戦線から外れたことで出場の可能性はほぼ無くなりました。植木今年最後の記念斡旋は5月12日からの芦屋G1全日本王座決定戦となっています。

 尚、優勝戦の売り上げは返還前20億6196万100円と久々に20億越えでしたが、前出のように約17億の返還。そして節間総売上も本来なら179億1866万3900円と久々の好売り上げになるところでしたが、返還によって目標値160億ギリギリオーバーの161億7343万6200円に留まりました。

蒲郡弥生特別優勝戦

 1号艇菊地孝平がグリップ軽快に寄せ付けないイン逃げで通算18回目となる優勝のゴルィン。2コース順走の2号艇室田泰史と5号艇3コースから外を牽制しての捲り差しを披露した辣腕テクニシャン濱村芳宏による2番手争いは、2M以降外ぶん回しの室田と的確に内を回す濱村という図式になりましたが、内の利を生かした濱村が室田の攻撃をこらえきり優位に進め、3周2Mは差しに転じた室田を振り切っての2着ゴルィン。

 尚、レースタイトルに最もふさわしい愛知支部の宇野弥生は節間0勝で予選落ちとなりましたが、本日の4Rで2コース捲りを決めてシリーズ初1着を獲得。

下関優勝戦

 10戦9勝2着1回でシリーズリーダーの1号艇西村勝がイン戦速攻も流れ、2コースからまちゃるたんを差しきった寺田祥が下関初優勝。通算では18回目。
 4カド差しで寺田♂、まちゃるたんに続く3着に入った木村光宏ですが、レース後に住之江SG笹川賞出場の吉報が入りました。予備2位からの繰り上がりとなるみっちぃは笹川賞初出場となります。それにしても植木みっちぃの繰り上がりで木村みっちぃの出場とは皮肉なものです。

【明日は総理杯最終日のイベントを中心に】

 下の写真にまつわる事とか、平和島競艇場で会った皆さんの事とか、夜の牛小屋パーティーのこととかです。そして今日会った多くの皆さんありがとうございました。
総理杯優出者インタビューアワカツトークショーwith優木まおみサイン入りバンダナ公開抽選会司会の優木まおみカトちゃん岩崎恭子がゲストの地上波中継4000万のおふだを持つ濱野谷ジャンピーの着ぐるみ平和島に現る!

【総理杯3日目】とんでも戦士ムテキングvs艇王ウエキング

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 連日盛り上がっております平和島SG総理大臣杯は3日目の競走水面。予選道中ながら日曜ということもあって売上の方も31億7884万3100円と大盛況でした。初日連勝も2日目にまさかのFでなんともなんとも悔やまれる戦線離脱となった仲口博崇が1号艇で登場した11RはFの影響を感じさせないイン12スタートを決め、3コース08トップスタートから攻め込み態勢の鳥飼眞に対し「鳥にエサをあたえないで下さい」とばかりに伸び返して先マイ成功のヒロタカマンは、鳥飼の捲り差しも王者松井繁の4カドつけまいも振り切って見事1着。今節の主役候補だった者として、「F1本くらいではメチャメチャ遅れるわけにはいかないし。まだ出そうな雰囲気はあります。とにかく一走一走頑張りますんで、買ってください!」と降りない姿勢を見せている総理杯メインビジュアルのヒロタカマンです。
鳥飼にエサをあたえないで下さい

 初日より12Rは必ず登場。お待たせいたしましたムテキングタイムの突入です。ということで主役濱野谷憲吾12R2号艇1回乗りで登場。対するは1号艇に陣取る艇王植木通彦。他には昨年の多摩川G1ウェイキーカップで向かう所敵無しと書いて向所と読む活躍で記念初優勝を果たした3号艇向所浩二に、前付け4コースで意欲満々の6号艇新美恵一、5カド進入でがむしゃらに捲り一発狙う5号艇井口佳典等が登場。
 そんなムテキングタイムは井口のつけまい一発をがっちりブロックした艇王ウェイキーくんがウェイキーくんランドを展開する独走劇。捲りの井口と差しのけいいちくんで2着争いとなり、ムテキングは4番手と苦戦。しかしピンチになると強さを発揮して着を拾うのがローラーヒーローの真骨頂。2周1Mでけいいちくんが井口を捲り潰して単独2番手となった展開を突いてムテキング3番手浮上とお伝えしておきます。
最終周回の1M、1号艇の植木が捌きます。まさに艇王の走りであります1号艇植木通彦。艇王の前ではムテキングさえひざまずく、まさに本日より艇王植木をウエキングと呼んでいただければと思います。2番手6号艇の新美、3番手2号艇ムテキングは3番手まで。ラストターンマーク艇王ウエキングが捌く。2番手追走が6号艇の新美。3番手2号艇の内側さぁもう一度!5号艇井口が上がってくるがムテキングがしのいだまもなくゴール、ウエキング圧勝!(動画
 圧勝の1着でゴールした艇王ウエキング。これで予選得点率も8.50で単独トップに。以下、3連勝の吉田弘文とムテキングが8.00で続いてます。


 今日も東京ベイ基地平和島競艇場に行ってきましたが、ラリーズクラブポイントカードがいよいよ600ポイントリーチになったので平和島に行く前に江戸川競艇場で現金3000円と交換してきました。現金キャッシュバックは今月いっぱいまでで、4月からは場内利用券になってしまうので600Pが近い方は積極的に江戸川でポイント加算する事をおすすめします。ともあれ、これで600Pに到達したので残りの日程は平和島に直行できます。
600Pで3000円は今月いっぱいまでなのでお早めに!

 江戸川で前半の前売を買って平和島に着いた時は丁度定岡正二&宮本和知ショー1回目のまっただ中。開始時間を1R分間違えてもつ煮込みライスを食うミスを犯したものの、数分ほどのロスで済んだのでほっとしました。
 程なく良2さんとB1ゆーとぴあさんが合流し、更には牛小屋のマスターとも合流。いろいろと楽しく過ごさせてもらいましたです。ちなみに牛小屋ではカルビ丼を頂きました。
自称「下関のジーコ」宮本に、定野久恵じゃない方のサダ


津年度末感謝レース第2弾優勝戦

 波高10cm北西向かい風10mの優勝戦は枠なり3vs3で、3コース捲り差しの吉田徳夫を4カド捲り差しで差した松本勝也が先頭、海苔オが2番手で5コースから差した黒崎竜也が3番手も海苔オ+04、松本+02のFで戦線離脱。本来なら05で残った黒崎恵まれ優勝となるところですが、+01のFながらイン戦流れて後方の森高一真が2Mそのまま回った際に艇が浮き、哀れ黒崎はF艇の森高と接触して後退(動画)。09で残した2号艇後藤浩も若干不利を受けて外へ流れた結果、大外22ドカ遅れスタートで最後方追走ながら、2M文字通りの恵まれ差しで原田秀弥が先頭。2周1M後藤の差しを振り切った原田が通算4回目の優勝。3艇Fの大返還レースながら、2連単1360円2連複430円3連単1130円ともに最低人気の大波乱になりました。

 津次節は24日からおまちかねの津グランプリシリーズ総決算グランプリファイナル津市長賞。優勝者には名産松阪肉 朝日屋の松阪肉が贈呈されます。

児島ももたろうカップ優勝戦

 1号艇永井源(申年)が08トップスタートでイン戦速攻態勢でしたが、振込詐欺でなんと落水。ここに5号艇5コースの鈴木賢一(戌年)が乗り上げてしまい転覆の大アクシデント(動画)。
2号艇2コース打越晶(申年)と6号艇6コース大西源喜(酉年)が共に差し戦で難を逃れ、打越を元気に差しきった大西が通算11回目の優勝。桃太郎さくまあきらと同じく千葉県民の大西が二代目のももたろうカップ優勝者となりましたが、団体戦は内枠3艇を独占した申年に軍配が上がりました。
 ちなみにこのレースの2連単は24420円のブービー人気、3連単は真っ黄色の140180円で118番人気の大波乱でした。

常滑ボートピア川崎開設記念優勝戦

 5カドの土屋太朗、大外の丸岡正典、2本の捲り差しを振り切り残し切った1号艇滝沢芳行が通算46回目の優勝。なんといってもとこなめのタッキーといえば、タッキーが男になったSG全日本選手権ですね。
後続はマルちゃんが先行も、2M内に切り返して飛び込んだ土屋に対しマルちゃんは外を回して応戦。しかししっかり回った土屋に対しマルちゃんのターンは流れ、土屋が逆転の2着。

 尚、11R選抜戦で赤ヘル軍団の総大将、ミスター赤ヘル山本浩次がイン戦決めて通算1000回目の1着ゴール。

浜名湖静岡朝日テレビサンライズカップ優勝戦

 1号艇森秋光がインから押し切り3回目通算42回目の優勝。2コース順走の作間章が2着で、3コース同じく順走の三宅爾士が3着に入った結果2連単200円3連単560円の本命決着に。

 尚、今節最も注目の存在だった山田豊は優出こそならなかったものの11R選抜戦1号艇に乗艇し、3号艇丹下健(3日目9Rで今節森秋光に唯一土を付けた男)の5カド捲りにやられて2番手も2Mで握り込んだ丹下がバランスを崩し落水(動画)。内を差した山田豊がシリーズ2本目の1着を獲得してシリーズを終えました。

びわこ優勝戦

 1号艇になった地元の吉川昭男が2号艇大賀広幸の2コース差しに手こずるも、締め込み成功で振り切ってのイン戦で通算24回目の優勝

 びわこ次節は25日からびわこ王座決定戦。びわこといえばこの人、中村裕将が参戦です!

総理杯2日目は主役コンビ受難、仲口がFで濱野谷は1号艇2着

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 平和島SG総理大臣杯は2日目の競走水面。5Rではカド受け4コースから差し伸びて3コース捲りの山下和彦と2番手を争い、2M先マイも山下に差されて3番手となった星野政彦が2M振り込み選手責任転覆。ここにイン05スタートも1Mもたついて山下に捲られ後方5番手だった今節選手代表村田修次がほしのに追突する不利を受け、ほしのは不良航法も加算されて-12点なの。

 初日連勝と勢いに乗る総理杯メインビジュアル仲口博崇が6号艇1回乗りで登場した8Rは地区選チャンプが顔を揃えた企画レース。枠番はこうなってました。
1:田中信一郎(2006年住之江G1近畿地区選手権
2:秋山広一(2006年丸亀四国地区選手権等V2)
3:川崎智幸(2006年下関G1中国地区選手権
4:植木通彦(2006年大村G1九州地区選手権等V4)
5:中澤和志(2005年戸田G1関東地区選手権等V2)
6:ヒロタカマン(2006年常滑G1東海地区選手権等V2)

 各地区のチャンプを迎え撃つ関東地区代表は、昨年桐生G1関東地区選手権覇者の山崎智也ではなく、当地昨年のSG総理大臣杯覇者にして地区選手権V2の実績がある中澤兄さん。2走6着2本と復調にはほど遠い走りの中澤兄さんに「これで燃えなきゃ中澤男を辞めなければいけません。(動画」と実況で発破をかけられ、それに応えたか?ディフェンディングチャンピオンの意地で中澤兄さんはスタート展示の6コースから本番では枠を主張し5コース。
 かように熱いレースが期待された企画戦でしたが、蓋を開けたら別の意味で熱いレースになってしまいました。「アウトから6号艇の仲口ぃ!これは熱いスタート!どうした仲口。スタートタイミングが心配されます。絶好調仲口でありますがどうでしょう!(ピンポンパンポン)フライングがありました。」シリーズをリードする存在だったヒロタカマンに魔が差したか魔さかの+05フライング返還欠場で戦線離脱の大アクシデント。ちなみに中澤兄さんは2コースの秋山を差して4着、今節初めて他艇に先着しました。

 前半7R4カド差し2着と無難にまとめた平和島メインビジュアル、今節は等身大フィギュアも設置されてるシリーズ不動の主役は濱野谷憲吾。浮遊物除去作業で発走が遅延した12R1号艇で登場の濱野谷、「今節はやれるというよりはやらなくてはいけない。この言葉に全てが詰まっております1号艇の濱野谷憲吾であります(動画)。」との実況通りここは負けられない戦いでして、しびれるイン01スタートを決めたまではいいのですが、アウトから矢のような捲り差しで伸びてきた6号艇吉田弘文に差されてしまい魔さかの2着。これで3戦オールヒモノヤとなり、予選得点率トップを維持したもののいまいち消化不良の12Rでした。ムテキングvsウエキング対決となる明日の2号艇1回乗り12Rで不快感一掃の走りが期待されるところであります。
波多野2着3本も洞口はFで脱落!


【総理杯は牛小屋まつり】

 本日から5日連続東京ベイ平和島競艇場参戦の予定ですが、本場参戦初日となる本日は旅立ちの春にふさわしく西葛西駅で飛び乗った電車が今月で廃車となる5000系。自分の人生で最も乗った回数の多い車両と最後のお別れができて感慨深いです。
さようなら5000系

 場内では大森駅のバスでも一緒になったまっちゃんさんとよしもとin平和島競艇ブラックマヨネーズショーを見たりしてました。それ以外では平和島新名物チルトサンドを食ったり実況スピーカー近くの1M寄り3F椅子席中心に場内ふらつきまわってましたですね。日曜は定岡正二宮本和知のトークショーがあるので本日以上に楽しみですね。最前列を狙いに行きます。
400円の価値がある美味しさ「チルトサンド」ブラックマヨネーズ

 で、レース後は例によって牛小屋に行ったのですが、本日牛小屋では競 艇 あ れ こ れの良2さんと一緒になりました。長松からモチをもらったりニット帽を被った陽気な山室さんと握手したりした良2さんとは新年初対面。中西長松多摩川夕刊フジ杯で約9年ぶりに優勝した話や総理杯最終日の牛小屋祭の話などで21時ちょい過ぎまでの約3時間楽しく過ごしました。


 ここで牛小屋の営業時間と場所を紹介。行ったこと無い方も行ってみてはどうでしょうか。

 営業時間は17:30頃〜23:00頃
 住所は東京都大田区大森北1-35-8PSフィールドの近くでZAP大森店の斜め向い)

【日曜競馬キルトクール】

 G2阪神大賞典のキルトクールは大胆にもドリームパスポート。阪神コースの適性と距離適性で他の馬に一日の長があるとみて波乱の予感。

 中山G2フジテレビ賞スプリングステークスのキルトクールはマイネルシーガル。本質的に200m長い予感。

総理杯初日は主役コンビ好調、仲口が連勝で濱野谷も6号艇2着

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 G1戸田グランプリと江戸川と多摩川の4日節を経ていよいよ始まった平和島SG総理大臣杯、平和島では阿波勝哉(最終日トークショー出場)の次にエンジンを出す3人の東京支部選手から選手代表として村田修次がトップで登場した選手紹介動画)は登録番号新鋭順で進み、追われる立場の前年覇者として登場した中澤和志は「たくさんの人に支えてもらい今節来ることができました。今まで以上に精一杯頑張ります。」 と悲壮な表情と口調で語り、リプレイ動画で選手紹介を見た自分の心にも強く訴えました。そして近年SGでしか平和島に来ないし前検では「試運転してないし。」の山室展弘さんは「みなさん、ようこそ。写真を撮ってる女子、写真を撮ったら舟券もどうぞ取って帰ってくださいよ。花束渡してる女子、花束渡したら札束持って帰ってくださいよ。」と山室さんらしい発言で沸かせた選手紹介は田中豪の選手宣誓で幕を閉じ、夢のWクロちゃんも実現した初日でしたが、ここからはレース本番の話題。

 Wクロちゃんの片割れ安田大サーカスが選手紹介に登場して場を盛り上げた後、開催の最初を飾る1Rは総理大臣杯キャンペーンサポーターのキューピー安田政彦が息つく間もなく1号艇で登場。そしてシロちゃん枠のキューピー安田はインからびしっと20トップスタートを決めて、ヤングマン徳増秀樹の4カドつけまいを全く問題にせず幸先良く1着ゴール。Wクロちゃん祭りを盛り上げました。
BOATBoy編集長もいる?キューピー安田大サーカス

 さて、ここからが表題の内容ですが、下のポスターを見ればわかるように今節のメインビジュアル昨年に引き続いて濱野谷憲吾仲口博崇。「またワースト機を引いてしまいました。それでも諦めずに、最後まで頑張ります。応援お願いします。」と弱気だったヒロタカマンの初日は2R4号艇と9R3号艇の2回乗り。
 そんなヒロタカマンの前半2Rは4コースカド受けから展開を冷静を見据えた捲り差しを決め見事1着。更に後半9Rも3コースからクールに捲り差しを決めて人気に応え1着。コメントの方も「ワーストモーター引いたときにはね、またかと思ったんですけど(笑)。伸びが良かった。内にも伸び返していたし、自分の感じでは悪くない。スタート勘もあっていた。ギア点検と今のペラ主体にもう少し調整。」とトーンアップです。
 尚、9Rはイン差された893上瀧和則が2着で、選手代表のムラッシュは4カド戦を上瀧にブロックされて3番手も道中追い上げ、最後まで上瀧を追い詰めましたが0.1秒差届かずの3着。悪玉が善玉に競り勝ってしまいました。

 永遠のライバルであるヒロタカマンが連勝となれば、濱野谷も黙ってられません。お待たせしました。ドリーム戦動画)6号艇で登場は関東が誇ります2007年ムテキング濱野谷憲吾。
ムテキングはクロダコブラザース打倒に執念を燃やし平和島のために戦う男。しかし大外ではコース遠く、展開なく5番手だったムテキングに対し、クロダコ枠の松井繁は2コースからトップの05凸者スタートを切って順走の2番手と地球の平和島ハッピネス乱します。でも、タコツボ仲間割れが2Mで発生し、事故パンの坪井康晴が4カド差し伸びて2Mクロダコの進路をカット!この展開を冷静に突いて差しのハンドルを入れたムテキングがクロダコを負かし、見事不利枠克服の2着ゴールとお伝えしておきます。ちなみに1着ゴールはぎょっ!?と驚く昨年来の好調が続いています1号艇魚谷智之とお伝えしておきます。
 尚、艇界が誇る貴公子のドリーム戦3号艇山崎智也ですが、一気にハゲたそり込みが深くなった永遠のライバル深川真二のあまりの変貌っぷりに心を乱されたか走りに精彩を欠き、3コースからの攻めをクロダコに牽制される形で主導権握れずの4着に終わったとお伝えしておきます。
濱野谷とヒロタカマンが今年も激突!


【女子リーグ戦中山G3フラワーカップキルトクール】

 キルトクールは先行馬のショウナンタレント。鞍上の柴田善臣大先生は同距離だった先週のオール女子戦G3ローレル競馬場賞中山牝馬ステークスで1番人気アサヒライジング(先行馬)に騎乗し出遅れ、捲り不発の13着に大敗させたばかし。かなりぁゃιぃと思うので湘南にタレント揃う平塚G1湘南ダービー日本選手権競輪(20日から25日まで)の直前ながらキルトクール。

G1関東地区選手権55号機55号艇の濱野谷憲5の今日は?

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 田中信一郎のアグレッシブな5カド捲りにインの70期3589西村勝が抵抗し、その展開を突いてのエキサイティングな捲り差しで先頭のタナシンを捕らえ(動画)、2M先制で1999年7月の多摩川G1ウェイキーカップを優勝し、東京3場の記念を初めて制した70期3590濱野谷憲吾
 それから約7年半、2005年のSG総理大臣杯準優1号艇5着敗退でケチがついたか、GWの多摩川さつき杯こそ優出2着だったものの9月のG1ウェイキーカップは予選落ち、2006年の多摩川さつき杯は準優3号艇4着敗退、7月のG1ウェイキーカップは準優4号艇5着敗退と多摩川では3節連続で優出を外してます。
 と、昨年3優出1優勝の江戸川&東京ダービーV4の平和島に比べて多摩川での成績が冴えない濱野谷憲吾ですが、今回のG1関東地区選手権は2連対率40.9%のモーター55号機に加え前検タイムも5位、更にボートも2連対率44.5%の55号とまさにGoGoKenGo大フィーバー。そしてファン投票1位で選出されたウェイキードリーム戦も1着と当地での低迷を脱出するお膳立ては整いました。
 ところが、勝ったものの「何か軽い感じ。ターンも直線も水を掴んでいない。コーナーで曲がれないです。」との不安コメント通りに2日目9Rで水を掴めず6着に敗れ、更に3日目12Rも水を掴めず5着大敗。

 好機好艇55フィーバーなのに予選最終日を2着2本or1着3着の勝負駆け。前半5Rは5号艇5コースと55号機55号艇の濱野谷憲5にふさわしい枠番でしたが、捲り差しを狙った濱野谷はかかりが悪く直内の作間章に接触してしまい後退。道中追い上げの3着で首の皮一枚繋ぐのがやっとでした。
 そして1着勝負駆けとなった2号艇の9R。2コースの濱野谷は4カド捲り差しの菊池峰晴に捲られてしまい4着。好機好艇の55セットで苦手意識払拭と行きたかった濱野谷は好機好艇を全く生かせなかった回り足の悪さで予選落ち。多摩川への苦手意識増幅の方向へ行ってしまいました。

丸亀優勝戦

 かつて住之江SG賞金王決定戦ファイナリストになった実績もある博多の実力者占部彰二が1号艇、骨付鳥パワーでぅどんなもんだいの勢いに乗って昨年当地G1京極賞を制した博多の水炊き鳥飼眞が2号艇で博多コンビの一騎打ちが見込まれた一戦ですが、蓋を開けたら鳥飼の差しは全く届かず、占部が危なげないイン戦であっさり優勝。通算48回目の優勝ながら丸亀は初優勝です。
差し届かなかった鳥飼は5コース捲り差しの吉永則雄に差されてしまいますが2M差しに構えたのが幸い。実は1Mで6号艇6コース野添貴裕がターンマークにぶつかってエンストしており、HS内側にいた鳥飼に2周1Mの優先権が。これによって鳥飼が2着となり、博多コンビのワンツーが実現しました。

鳴門四国地区選手権優勝戦

 鳴門松竹杯競走市長杯争奪まるがめ競艇大賞のメンバーに女子選手が加わった讃岐・阿波対抗戦のファイナルは6号艇林美憲準優11R同様の前付けに出ますが、インを奪いきった準優のようにはいかず2コースまで。1号艇田村隆信が枠を主張し、地区選手権V6を狙う2号艇瀬尾達也は3コースとなりました。
そして02トップスタートの瀬尾が捲りに行きますがターンが甘く、インの田村を捲りきれず。しかし瀬尾の捲りを振り切った田村も懐が開き、3号艇4コースから捲り差しの嶋田貴支に差されて2着まで。嶋田が2000年丸亀四国地区選手権以来通算2度目の記念優出で記念初優勝を飾りました。通算では14回目の優勝。

 尚、10R特別選抜B戦で大外進入の6号艇新田芳美がインの1号艇佐々木和伸と2コースの2号艇近藤稔也(!)を差しきり1着となっています。

遊木リンリン燃えてる限り濱野谷憲吾はとんでも戦士ムテキング

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 平和島の年頭を飾ります大一番、一年の計はこの開催にあるともいわれる伝統のシリーズ東京ダービーは本日が最終日。平和島では有言実行と書きましてはまのやけんごと読む濱野谷憲吾が順当に優勝戦1号艇。そしてインからびしっと22のトップスタートを決めた濱野谷が逃げ切って平和島7回目・通算43回目の優勝
後続は2コース順走の鈴木茂正と4カド2番差しの山来和人で2番手ラップも、3コース捲り差しで4番手だった田中豪が2Mフルスロットルで先行2艇を一気に捲りきって2着ゴールと、当地で3月に行われるSG総理大臣杯出場選手でワンツーとなりました。3着は2M山来を行かせて差したしげしげ。

 かつて東京ダービー3連覇の実績がある東京ダービー王濱野谷憲吾は優出2着だった昨年の借りを返すと共に2年ぶりの東京ダービー優勝。東京ダービーはV4で初代艇王彦坂郁雄に並ぶ最多タイです。シリーズ表の主役として期待に応えた平和島メインビジュアル濱野谷憲吾はまるで地球の平和ハッピネス乱す奴ら黒ダコブラザーズ相手に許せないと立ち向かったローラーヒーロー。
2007年の濱野谷憲吾はまさにムテキングとお伝えしておきます。動画)」
 What's your name?パヤパッパパヤその名はその名はムテ〜キ〜ング♪有言実行濱野谷憲吾とお伝えしておきます。だから今年は王者松井繁が2号艇の時には濱野谷がずっと先着し続けるのではと思います。
但し、蒲郡ビクトリーチャンネル杯8Rで濱野谷の師匠、O2ブランド総帥乙津康志(黒ダコ枠)を赤枠3コース直捲りで負かした(動画)ムテキング赤岩善生(明日完全優勝予定)とはライバル関係を演じそう。
ムテキングおめでとう!東京ダービー表彰式


 尚、昨日の準優11RでFに散ったミスターチルト+3度阿波勝哉が1回乗りで登場した本日の裏メインともいえる9Rはアワカツがマイポシジョンの大外から05トップスタートフルターン!捲り一発決まったぁ!で
どこまでも伸びを追い続ける男であります。2007年、チルト+3度で駆け抜けて欲しい。動画)」年始シリーズの最後を1着で飾りました。

 ここからは各地のダービーを。

桐生スポーツニッポン杯・群馬ダービー優勝戦

 5号艇中里英夫の4カド捲りは振り切った1号艇山崎智也のイン戦でしたが3号艇江口晃生の2コース差しにはやられ、2Mで内からドーンと山崎を蹴散らした江口が優勝。かつて群馬ダービー5連覇の実績がある群馬ダービー王は桐生24回目・通算54回目の優勝です。2着には山崎が入り、くしくも昨年のG1赤城雷神杯と同じ結果に。

宮島ニューイヤ−カップ競走広島ダービー優勝戦

 インから逃げる西島義則に5コースからの捲り差しで辻栄蔵が迫り、2M先マイのペリカンさんに対し辻ちゃんの差しが入り、HS完全に舳先が入ります。このピンチにペリカンさんは大胆にも辻ちゃんを握り潰す作戦に出て、これが見事成功して独走。ペリカンさんは宮島20回目・通算63回目の優勝です。
2周1M捲られた辻ちゃんは2コ−ス順走3番手だった前本泰和に差され両者併走。そして2周2M辻ちゃんが振り込み転覆するアクシデントがあって前本が逆転2着です。

 ここでちょっと江戸川の話題。

江戸川新春金盃初日

 東京支部0人の今シリーズ、注目の選手代表は静岡の庄司泰久45歳でした。その庄司が1号艇となった開幕レース第1Rは、人気を集めた庄司がインから25のトップスタートを決めて逃げ切り、庄司は今年初の1着となりました。

 今シリーズの有力処と目されるメンバーが一堂に会しました江戸川選抜は「江戸川というより波が苦手だ」とコメントした3号艇吉田徳夫が北寄りの向かい風4m波高5cmの競走水面で05トップスタートを放ってのスタート攻勢からスーッと伸びて行き、そのまま捲り切って1着です。
江戸川は初優出初優勝初A1。思い出の多い場所なので結果を出して帰りたい。」と意気込んだ4号艇横澤剛治が1M外マイ、「1人で乗った感じは乗れそう」とコメントしたF休み明けの5号艇山本寛久が1M捲り差しで併走し熾烈に2番手を争い、3周1M内先マイで山本が競り勝ちました。

 尚、元東京支部(現岡山支部)のダッシュ専科で江戸川でもダッシュ専科を貫く松浦努は今回もダッシュ専科を貫き、2号艇の第8Rで大外進入を敢行し、5コースから差しを決めました6号艇西山昇平に続く2番差しで2着に入りました。内枠を引いた時の松浦は鈴木幸夫が外枠になった時の進入共々注目されます。

 ここからはダービー以外の優勝戦です。

【胸高鳴る多摩川新春特別かどまつ賞優勝戦

 チルト+3度の男杉山貴博は3号艇でしたが大外進入。その杉山が一気に捲り切りますがイン07スタートから小回りで立ち回った中野次郎が伸び返して両者併走。しかしここで残念ながら皆様にお知らせで御座います(動画)。杉山貴博は+07のフライング返還欠場となりました。昨日の阿波に続くチルト+3度の悲劇であります。
ということで併走から独走になった中野が多摩川2回目・通算8回目の優勝。ファン投票1位で初日ファン選抜ドリーム戦1号艇に選ばれた人気者の中野は9戦8勝の次郎物語(動画)を紡いでの優勝です。
前退き2着争いは2コース00スタート小回りの浅見昌克と3コースから中野の外を回った一瀬明で繰り広げられまして、ガッツ浅見が2周2M先マイも流れ、そこを差した一瀬が3周1M先マイで突き放し2着になってます。

 多摩川次節は13日から胸高鳴る優木まおみ杯です。注目の優木まおみは17日と18日に来場予定です。

びわこ新春滋賀県知事杯争奪戦優勝戦

 2コースの山田豊がインから逃げる守田俊介を差しきりますが、2周1Mで新春しゅんしゅん俊敏な差しが入って両者急接近。しかし逆転までには至らずナイスミドルのびわこ天皇が2周2M先マイでしゅんしゅんを振り切って通算42回目の優勝。この両者が競り合ったレースといえばびわこ天皇記念初優勝となった1998年3月のG1秩父宮妃記念杯ですね。
3コース2番差し吉川喜継と大外捲り差し君島秀三による3着争いは抜きつ抜かれつの攻防から最後キンコン!キンコン!キンコン!と写真判定となり、吉川弟の外全速をしのいだ君島君が3着となりました。

津伊勢新聞社新春レース優勝戦

 元旦に始まり、昨日の中止順延を挟んだ7日間の超ロングランシリーズ(前検を入れたらなんと大晦日から9日間の拘束!)のファイナルは圧倒的な支持を集めた1号艇井口佳典昨年に続く連覇目指してインから逃げの体勢を作り先頭に立ちますが、残念無念+02のフライングに散り売上チルド級の冷え込み(返還5190万2400円で最終日累計1億2915万2000円)になってしまいました。これで繰り上がったのはチルト+3度とは思えぬ柔軟な斬り込みで5コース捲り差し2番手だった坂口周。優出メンバー中地元は井口と坂口だけだったので地元の牙城を守ったことになります。チルト+3度の男坂口は通算11回目の優勝。3番手から繰り上がっての2着には大外捲り差しの松下一也が入ってます。

児島岡山県モーターボート選手権大会優勝戦

 3コース13トップスタートの平尾崇典が捲る展開に乗じて4カド捲り差しを決めた川崎智幸が通算25回目の優勝。初詣の名所は川崎大師ですが児島の新年は川崎大始でした。

福岡新春開運特選レース優勝戦

 前日には新春開運女神の宴と銘打ち夏川純が来場した福岡競艇場。ハッピーマンデーのハッピーニューイヤーに行われた優勝戦はがばい舟足に仕上げた1号艇渡邊伸太郎(佐賀県)が15トップスタートからの堂々たるイン速攻劇圧勝で地元5人衆を向こうに回して優勝です。博多でピカイチの人気者藤丸光一が2コース順走で2着です。

若松北九州選手権最終日

 2Rで99期4402乙藤智史が大外から豪快に捲りを決めてデビュー初1着の水神祭。おとふじさとしと読む乙藤智史ですが、支部は神奈川在住東京支部の乙津康志と違い福岡在住福岡支部です。

 24場中最後の正月レースとなった優勝戦は人気の中心3号艇白水勝也が11トップスタートからの4カド捲りでスロー3艇を潰しますが、この展開に乗じて5コースから効果的な捲り差しを入れた江夏満が白水に舳先を掛けます。そして舳先を掛けた効果で2Mで白水を張り、効果覿面に突き放した江夏が若松初・通算4回目の優勝です。

 尚、若松パイナップルナイターは今節を最後にお休み。次節から2月一杯までは昼間開催(全5節)となります。
続きを読む

新年初東京ダービー、新年初牛小屋

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 競艇のダービーといったら全日本選手権ではなく1に東京ダービー、2にクイズ競艇ダービーを連想する自分なので平和島の東京ダービーは数有る正月レースの中で最も格上のレースと思ってるのですが、そんなダービー開催中の平和島競艇場(10月にSG全日本選手権開催)へ今年初めて行ってきました。
 着いたのは海老一染之助ショー開始直前の6R発走時間。本日は若松北九州選手権競走が強風高波浪で7R以降中止になるなど全国的に悪天候な1日でしたが、平和島も北寄りの風が4m〜8m吹く雨天のバッドコンディションでした。で、寒々しい雨風のせいか場内も寒々しい入りでおめでたいショーも残念なことに寒々しい入り。
 でもそのおかげで探すのに手間取るかと思われた山ちゃんの減量生活でお馴染み山ちゃんさんとおめでたいショーの最中にあっさり再会する事が出来ました。

 平和島の後は大森名物牛小屋で山ちゃんさんと派手に飲み食い。高級肉が並肉の値段で食べられる牛小屋ですが、本日の店主お薦め霜降りハラミもとろけるお味で非常に美味しかったです。
染太郎亡き今も現役「おめでとうございます!」11Rの的中舟券で牛小屋
和風焼肉 牛小屋 [ 焼肉、ホルモン ] - Yahoo!グルメ




【東京ダービーは4日目とお伝えしておきます】

 今年は平和島で結果を出したいというコメント、その言葉通り新春特別選抜戦1着となり、平和島では有言実行と書いてはまのやけんごと読んで下さい(動画)ということで4連勝発進、2007年の濱野谷憲吾は無敵とお伝え(動画)された平和島メインビジュアル濱野谷憲吾。
 昨日の12Rこそミスターチルト+3度阿波勝哉に指定席の大外から捲り一発決められて3着となり、完全優勝こそ無くなりましたが、なんといっても他の選手が苦にするバッドコンディションで最も強さを発揮するのが濱野谷憲吾。
 今日は再び無敵モードに入り、前半7Rが冷静な3コースまくり差し、後半12Rが4コースカド受けからこれまた冷静に捲り差しと、共に冷静な捲り差しで連勝。準優12R1号艇とお伝えしておきます。

 尚、ミスターチルト+3度阿波勝哉は11R3号艇1回乗りでもちろん6コース進入でしたが、スリット先制出来なかった阿波は大型映像前で4番手グループ。そして同じく4番手だった5号艇近藤幸男がキャビり気味に内から2M先制。差しを狙った阿波は近藤に追突して転覆。阿波が泡を吹く結果になってしまいました。幸いな事に責任外(近藤は不良航法)だったので準優11R3号艇で無事出走とお伝えしておきます。

中山G3ガーネットステークスキルトク−ル】

 キルトクールは思い切って1番人気濃厚なジョイフルハート。デビュー10戦7勝で2連対率10割と底を見せて折らず、ダート1200mの持ち時計も1.09.2とメンバー中1位。しかも外枠有利な中山1200mで大外枠と買える要素が多々あります。
が、稽古の動きが悪くいつもの前向きさが無かったとの厩舎コメントと重賞初挑戦即トップハンデ59kgという2つの消し要素を重視して切ります。

【お悔やみ】

 1963年に鈴鹿サーキットで行われた第1回日本GP動画)でフェアレディを駆って優勝したSCCN初代会長にしてのぼりやパドック横断幕等の製作を請け負う田原屋の社長と、非常に浅草気になる存在だった田原源一郎氏が4日8時47分、肺炎のため死去。享年77歳でした。故人のご冥福をお祈りします。

ボート界の精鋭陣が集結したG1江戸川大賞は初日

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 江戸川競艇今シリーズはG1江戸川モーターボート大賞。6日間のロングランシリーズの開幕戦を迎えています。初日のトップレース第1Rが始まりました。
インから逃げる前野竜一60.8kgを2コースから差して追撃、2M先制で先頭に立った三品隆浩1着となり、三品最後の記念レース(by熊谷直樹)、その第1走目を勝利で飾っています。
差しに構えた前野が三品の引き波を踏んでいる間に3号艇茶谷信次が前野を捲って逆転。そして豚゛竜前野は2周1Mで振り込み最後方まで脱落です。

 アグレッシブな攻防が相次ぎました第7Rは5コースから捲り差しを入れた坂谷真史が特別な日に1着となりましたが、2番手の1号艇向達哉が2Mでもたついてターンマークに接触動画)。これに4コーススロー進入の今村豊が巻き込まれてしまい今村は最後方。痛々しく完走した今村はピットに帰還後自力では立てず、担架で運ばれました。ということで今村は負傷帰郷と相成り、昨年のG1江戸川大賞初日12Rゴールデンレーサー賞に続いて2年連続初日帰郷と相成りました。

 剛腕レーサーが参加しております今シリーズの江戸川競艇。その中にあっても更に捌きが一枚上と目されるレーサーの登場です。第12Rゴールデンレーサー賞の開始です。今村豊が欠場したので5ールデンレーサー賞になった一戦は東都のエース濱野谷憲吾がインから押し切り1着
1994年7月以来なんと12年ぶりの江戸川登場となった2号艇松井繁(1969年11月11日生まれ)は「最終日までに江戸川に慣れるように頑張ります」と宣言し、「濱野谷君が遅れたら捲り、そうでなかったら差しきり」と宣言し、前夜は弟子の山本隆幸にマッサージを施して山本の背中にたっぷりマッサージ痕を残しましたが、濱野谷を差しきるまでには至らず順走2着。しかし王者の舞いは江戸川での存分に披露され、4カドから3番手を追走し王者にくらいついてきた辻栄蔵を2周2Mつけまいで振り切るアグレッシブな走りを。

 さて、この日は選手紹介を見る為に朝から江戸川競艇場(この日から千社札マシン設置)に足を運び、選手紹介とクマに駄目出しされた梶野学志の選手宣誓及びGR賞出場者インタビューを見て、指定席で一日を過ごした後はmixi仲間のジャンピーさん&ふにゃ蔵さんとTOKIAベルジアン・ビア・カフェでフリードリンク&フリーフード5000円を堪能しましたがビール飲み過ぎで見事二日酔いになってしまいました。だからこのエントリー書いたの12日の12時です。
室田泰史公開勝利者インタビュー飯島昌弘公開勝利者インタビュー濱野谷憲吾公開勝利者インタビュー

濱野谷憲吾のトーキョー・ベイ・カップ終了…&柏野桐生で即刻帰郷

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
常滑Fの仲口に続いて濱野谷も脱落!トーキョー・ベイ・カップ 土曜日は平和島G1トーキョー・ベイ・カップに伴うmixiのオフ会がありまして、飲んで歌ってを満喫しまして0時に帰宅後すぐ布団に入ったので今は日曜日の朝。さわやかな朝日と共にお送りします。他にも土曜日はBIG FUN平和島内の髪剪處レヴァンテで散髪してすっきりした日でもありました。そんな東京ベイ平和島競艇場尽くしの一日でありましたが本日は主役濱野谷憲吾が早くも戦線離脱してしまいました。
 その原因となった11R、5コースの濱野谷は捲り差しを狙うも間を割れずに4番手。そして2周2Mで前を行く市川哲也に全速フルターンで逆転を図ろうとした濱野谷ですが、ここで振り込んでしまい転覆ドボン(ノ∀`) アチャー。この転覆が選手責任となり、前年覇者濱野谷のトーキョー・ベイ・カップ連覇のゆめは勝島運河のもずくに消えてしまいました。
しかし救助艇で土下座(動画)してピットに帰還した失意の濱野谷には暖かいかけ声も。
これには12Rの勝利者インタビューで辻栄蔵
それと一つ言わせてください、先ほど凄く感動したことがあるんです。転覆した人に向かって「良くやったよ〜」「これからも頑張れよ」とか平和島のお客さんが言っていたのに凄く感動したんです。平和島が本当に好きになりました。
な趣旨の事を言っていたく感動。

 また、7Rでは6号艇田中信一郎が前付け2コース捲りで5コース差しの矢後剛と先頭ラップになりますが2Mで外全速握り込んだタナシンは振り込んでしまい、タナシンに三号艇三角哲男が追突してみっすーは転覆動画)。タナシンは不良航法で戦線から脱落しました。

 更には6Rの1Mで3号艇4カド山本光雄が1Mで差しに構えたところバランスを崩して落水動画)、選手責任となりましたが既に山本はF2。出走数が多いのでまだ事故率が0.70を超えてないことから即B2ということは無いですが事故点がかなり膨らんでしまいまして今後の斡旋も10月下旬まで目一杯入ってることから苦しい状況に追い込まれました。

桐生アオケイ杯初日

 特設サイトも公開中の第1回アオケイ杯ですが初日にしていきなりミソが付いてしまいました。
 事件は、8Rの6号艇柏野幸二(今節優勝候補筆頭)はスタート展示6コースだったにもかかわらず本番でインに入り(動画)スタート展示と著しく異なる進入で欠場(1000万以上の返還で残った売上は331万400円)、即刻帰郷の処分を受けたので1号艇だった後半12R桐生特選を欠場しました。スタ展大外→本番インで欠場になったのは現行ルール適用後11人目ですがビッグネームでは今村暢孝石田政吾に続いて3人目です。
 柏野の返還に加え、伊藤雄二故障休養から約4ヶ月ぶりの復帰戦となった3Rでは2コース捲りの2号艇貞廣徳雄と3コース捲り差しの5号艇で1番人気山口哲治の2艇がトップ併走も2艇揃ってFを切った(貞廣+02&山口+01で残売上88万1500円)為、この日の返還総額は2207万1800円を記録して残売上1億4239万700円と1億5000万を割ってしまいました。

【秋競馬初戦キルトクール】

 阪神競馬場馬場改修工事の関係で今年は中京競馬場での開催となるG2セントウルステークス。□外と□地がいる6枠が強力ですが、キルトクールは同レースV3狙うも左回り10戦オール着外のディフェンディングチャンピオンゴールデンキャスト。阪神から中京に変わって一番泣いてるのは阪神巧者のこの馬でしょう。

 中山G3京成杯オータムハンデキャップのキルトクールはインセンティブガイ。57kgの斤量もさることながら、この馬に中山の1600mといえばG3ダービー卿チャレンジトロフィー1番人気11着や浅草ワンツーだった伝説の準オープン特別クリスマスカップ2番人気11着と、どうも苦手の印象が強いのでキルトクール。

 ところで、キルトクールするの忘れましたが中京で行われたG3朝日チャレンジカップ。人気先行のジリ脚良血馬ブラックタイドは3番人気6着でしたね。

お盆開催のしめ飾り大江戸賞、カレーにV4達成は濱野谷憲吾!

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
夕暮れの大江戸賞式 人機一体となりました各レーサーがエキサイティングなレースを展開しています江戸川大江戸賞、アグレッシブな攻防が相次いでおります6日間の長丁場を勝ち上がって参りました6精鋭が一斉にピットを飛び出してきました。全国24場お盆開催のトリを飾る第12R優勝戦の開始です。
 1998年2000年2001年と大江戸賞V3の実績で格上の捌きが期待される1号艇濱野谷憲吾がインから09のトップスタートを放ち、2002年大江戸賞覇者作間章の2コース差しも2005年大江戸賞覇者飯山泰の4カド捲り差しも振り解いて先頭。そしてBS伸びて追いかけてくるさくまあきらに対し、俊敏なコーナーワークを秘める濱野谷が素早く2Mをぺろ〜んと紅白ソフトクリームを舐めるように回りましてさくまあきらを突き放し、カレーなモンキーターンで勝利のカーブを描き江戸川V9、大江戸賞はV4達成となる優勝のゴールイン。2着にはさくま、3着には飯山(現在東京支部最強のやすし)が入りました。

 今日は勤務を1時間早退して自転車を走らせ、11R特別選抜A戦発売中で日もすっかり暮れた江戸川競艇場に到着後は江戸川競艇と東京支部を隠れてこっそり応援しつつ、ツーサイクルエンジンのエキゾーストノートを堪能し、舟券大江戸捜査網(特別選抜A戦は飯田加一頭で奥平拓也2着の万舟オッズ買ったらキルトク−ル艇三角哲男1着で万舟捕り逃し、捕まえたのは優勝戦の690円)を敢行してきました。
 ピットそばの特設ステージで行われた表彰式(冒頭写真がそれ)には、通算42回目の優勝にして7年連続優出ながら5年ぶりとなる大江戸賞制覇を達成した濱野谷を祝い、老若男女問わず大勢のファンが。払戻に並んだ後に隠れてこっそり見てた表彰式の最後でカレイに勝利のレイを投げた、江戸川一番のカレー王濱野谷憲吾(第11代蒲郡G3企業杯S&Bゴールデンカレー杯覇者)最高!
暗くてどこに投げたのかよく見えなかったけど、おみやげのレイを貰ったファンは幸せ者ですね。 「華麗にレイを投げる濱野谷選手です」と表現した本日の司会黒石加恵ちゃんの言葉のセンスは実にスパイスが効いているのです。


夏祭り第二弾!江戸川Night 2006ボート記念場外 ところで、優出メンバーから濱野谷と飯山泰と橋本久和も出場する桐生SGモーターボート記念場外発売イベントのポスターが貼られてましたが、目玉イベントはお笑い界の湯川浩司こと大木こだま・ひびき、チッチキチーでんな〜。他には9月1日に選手ふれあいイベント、8月31日に競艇ものしり講座があります。
尚、今節ではくぼ開催のハッピーサマーレースが終わり、9月2日から始まる次節一般競走(永遠のマイトガイ小林旭出場予定)は通常開催に戻りますが、序盤2日間はSGボート記念と併用発売です。

一番星桃次郎大会!】

 芦屋一番星大会優勝戦は天下御免のトラック野郎上瀧和則が大本命の期待に応え、御意見無用の成績で1号艇、上瀧と同じく6戦5勝2着1回で爆走したトラック野郎吉永泰弘が2号艇。一番星という言葉がとても似合う両名の2連単1-2はなんと170円。
そして、上瀧はインから逃げて爆走一番星男一匹桃次郎となり通算70回目の優勝を芦屋一番星で飾りましたが、度胸一番星で2コース握って流れた吉永は4番手とピンチ。
しかし、2番手を争う3コース差し大庭元明と5コース差し冨成謙児が2Mやり合い冨成が突撃一番星となったところを吉永が差しきり2連単170円完成。そして、冨成と大庭の3着争いは3周1M内から先マイした冨成が競り勝ち、3連単470円完成。これにて一件落着。

浜名湖クロッキーアタック優勝戦

 優出メンバー中、内枠5人が愛知と、まるでボートピア名古屋開設記念常滑グロッキーアタックと見まがうばかり。しかも5人全員が常滑名鉄杯争奪納涼お盆レースからの転戦と、BP名古屋の誕生日にこれ以上ない舞台。
となれば、兵庫の金子龍介は非常に肩身が狭いのですが、6号艇金龍は意地の前付けで4コースカド受けに入り、スタートもびしっと15トップスタートでしたが2コースの吉田隆義(愛知)に張られて4着でした。
その間に、人気の1号艇都築正治(愛知)がくるりと逃げて通算37回目の優勝、大外進入の人気薄久田武(愛知)が金龍を張った吉田を差しきっての2M先制で2着に入り、クタクタの雨天にクタタンが2レンタン2210円を提供。吉田が3着で3レンタンは7300円。ちなみに明日は常滑トコタン特別優勝戦(BP名古屋でも発売)だニャン。

ハッピーサマーの大江戸賞はラリーズ選抜とその前哨戦

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 今年最後のお盆レース江戸川大江戸賞は今日が注目のラリーズ選抜。通常の準優勝制ではなく、3つの点増しレースラリーズ選抜を組んで、そこに得点率上位18人を入れてここに選ばれた選手の中から得点率順に優出メンバーを決める方式です。まあ、準優制ではなく得点率制なのですが優勝戦前にふるいにかけるという点では準優制に近いのです。ではメンバーの紹介。

第10Rラリーズ選抜
1:小坂尚哉 2:橋本久和 3:桑原淳一 4:飯田加一 5:茂垣達也 6:三角哲男

第11Rラリーズ選抜
1:作間章 2:奥平拓也 3:熊谷直樹 4:小澤学 5:鈴木茂正 6:池田雷太

第12Rラリーズ選抜
1:濱野谷憲吾 2:飯山泰 3:鈴木猛 4:蜷川哲平 5:今泉徹 6:浅見宗孝

 ラリーズ選抜のメンバーは前半の特選レースに枠を入れ替えて登場し、第10Rのメンバーが第4R 10R前哨戦、11Rのメンバーが第5R 11R前哨戦、12Rのメンバーが第6R 12R前哨戦に出場します。詳しいルールは画像をどうぞ。
第29回大江戸賞実施要綱



 と、昨日の使い回しで始まりました今日のエントリーですが、ラリーズ選抜は準優勝戦でなくあくまでも点増し予選の扱いなのでここに出たからといって勝てば即優出とはなりません。点数計算上11位以下(選抜4号艇から外枠)の選手は自力優出が叶わないのです。そこを考慮してレースダイジェスト。

 10R前哨戦としての第4Rが始まりました。5コースから差して2着に入った橋本はこれでラリーズ選抜を待たずに当確に。そして勝っても自力優出は不可能なみっすーが枠の利を生かしてイン戦決めて1着。しかし2周1Mで得点率3位の6号艇小坂が3番手の茂垣に突進仕掛けてもがき苦しませた件で不良航法-7点を取られた事で優出ボーダーが下がり、みっすーにも逆転優出の目が出てきました。

 11R前哨戦の特選カード第5Rが始まりました。地区スター小澤が3コース27と凹み、小澤だけを捲って他を差した大外さくまあきらがBS一番内に入り、同じく小澤だけを捲った4カド熊谷直樹がBS内から2番目におり、コースの利で2Mを先マイしたさクマが1着、2Mを2番目に回ったクマが2着でクマさんワンツー、クマ買いしたみなさんおめでとうございます。これでさクマは選抜を待たずに当確。

 12R前哨戦の特選6Rが始まりました。4カド鈴木猛が57ドカ凹みをやらかし、鈴木だけを捲って他を差した5号艇飯山が1着、連勝でも優出は絶望な浅見弟がイン07トップスタート速攻2番手でしたが、大外捲り差しから2M小回りで3番手に浮上した予選トップの濱野谷弟が2周1M豪快な全速捲りで浅見弟を抜いて2着に入り、弟同士の2着争いを制した濱野谷弟は選抜を待たずに当確。濱野谷に捲られた浅見は2周2Mでにながぁの突進をぐぁっと貰って最下位でした…。


 前哨戦で既に3人が当確となり、ラリーズ選抜では残る3つの枠を争います。最初のラリーズ選抜第10Rは楽な立場一転、前哨戦の減点で1着勝負駆けに追い込まれた1号艇小坂が気迫のイン03トップスタートで橋本の2コースつけまいを振り切り1着、相手待ちながら可能性を残しました。

 ラリーズ選抜の第2陣、第11Rは3コース21スタートのクマがイン16トップスタートのさクマに強烈なつけまい。見事突き抜け1着でクマさん勝負駆け成功。2コースの奥平がターンマークでふにゃった(動画)こともあり、インのさクマは2着に残してここもクマさんワンツー、ここもクマ買いしたみなさんおめでとうございます。
尚、優出4着条件だった奥平が6着に敗れたことで小坂優出の目がグッと強まってきました。

 優出目指して熾烈な戦いが相次いでいます競走水面はラリーズ選抜最後の第12R。モンキーターンも軽快にミスターモンキーターンの濱野谷がイン07トップスタートから勝利のカーブを描き1着、優出1号艇を決めました。
2コース順走の飯山(前2つの選抜結果から既に当確)を3コース2番差しの鈴木(優出2着条件)が追いかけますが、2周1M内に入り込んだ鈴木が逆転狙って渾身の先マイをしますが引き波に乗っかってバウンドして万事休す。2着条件の鈴木は4番手に落ち、完走当確の飯山が2着を取りきったことで小坂のデビュー初優出が決定しました。


 明日行われる優勝戦の6精鋭です。

1:濱野谷 2:さクマ 3:橋本 4:飯山 5:クマ 6:小坂

1998年2000年2001年と大江戸賞V3にして2000年から大江戸賞7回連続優出達成の濱野谷憲吾を始め、初優勝が2002年大江戸賞のさクマ、昨年の大江戸賞覇者飯山、1997年大江戸賞覇者クマと歴代大江戸賞覇者に混じり、今年の当地京葉賞覇者にして2003年G1江戸川モーターボート大賞覇者の橋本も群馬支部ながら地元選手並み、いやそれ以上の江戸川適性で脅威の存在。となるとデビュー初優出の6号艇兵庫支部94期小坂尚哉19歳は不利否めませんね。そんな19歳が地元の精鋭や群馬の実力者相手にどこまでがんばれるかも見所です。

大村九スポ杯争奪真夏の女王決定戦

 節間は横西奏恵田口節子を始めとする有力処が多数Fに散る波乱の開催でしたが、決定戦は進入に波乱無く枠なり3vs3。イン15トップスタート池千夏が人気に応えて逃げの体勢作ろうとするも艇が浮き、中ノ森BAND広報隊長松瀬弘美の2コース差しが入る小波乱。
しかし松瀬の内に切り返した池千夏がイケイケドンドンとチナッチャブルな先マイで突っ込み、これに松瀬は差しに構えず包んで締め込もうとしたら、松瀬はコース一杯に流れて最後方へ。優勝して新曲Fly High(ドラマCAとお呼びっ!主題歌)の替え歌熱唱とは行きませんでした。
 ということで2Mイケイケドンドンのねじ込みで先マイ実らせ人気に応えた池が勝利の花びらを掴んで千夏の女王に決定。今年は蒲郡G3女子リーグ夜の女王決定戦に続いて2度目、通算では8度目の優勝
 開会式で脚線美を強調した青い服の大村競艇クイーン(大村競艇クイーンのうちの1人大村咲子はなんとミス日本九州地区グランプリに輝きミス日本全国大会出場権獲得!)に負けずに脚線美を披露し、主役の座を勝ち取った5本指靴下の池千夏が表彰式でも主役になったとさ。  
 尚、2着には青い服を纏っての4カド差しで3番手だった淺田千亜希(開会式で池千夏と大村競艇クイーンに対抗して脚線美を披露しようとするも未遂に終わる)が入っています。

大江戸賞、濱野谷乙津のO2ブランド師弟対決に乾杯!

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 本日は江戸川競艇場WINS後楽園とはしごしたのですが、その最大の目的は東京ドームそば風と緑のビアガーデンで行われた納涼ビアパーティに参加する為でした。暑空に喉が渇く中でギンギンに冷えた生ビールを飲むのは乙津なのです。とりあえず後楽園ではビールで涼しくなる前に馬券で財布を涼しくしときました。着いて初っぱなのJ・G3新潟ジャンプステークスで2枠濱野谷憲尚が逃げ失速7着に敗れたのが涼しくなるのを予感させましたよ。

 と、二次会の天狗で更に酔っぱらった状態でごあいさつしたところで本文です。

江戸川大江戸賞3日目

 各レーサーがエキサイティングなレースを展開しています大江戸賞は3日目の競走水面。第9Rでは2枠濱野谷憲吾と6枠乙津康志の師弟対決が実現致しました。
そして2コースから差した濱野谷と大外から濱野谷の内側を捲り差した乙津、師弟でトップ争い。2Mは内の乙津が先マイしますが、そこは波乗りの名手濱野谷憲吾。バウンド気味ながらも巧みなボートコントロールで制御した濱野谷は乙津をスパッと差しきる鮮やかなコーナーワークで1着をもぎとり、師弟対決を制したのでした。

 その他出来事と致しましては、第6R浦田信義がインから逃げるも+07のフライング、第8Rでイン戦2着だった田上晋六が待機行動違反を取られました。

 連日書いてますが、今節は変則的な予選得点率順開催です。その変則ルールとして5日目には点増しレース、3つのラリーズ選抜が行われます。ラリーズ選抜とは、4日目までの得点率上位18人によって得点率順に枠番が組まれ、このラリーズ選抜に出場した18人の中から予選得点率順に優出メンバー6人を選ぶシステムです。準優制と違うのは得点率で優出当確だったらラリーズ選抜の着順に関係なく優出できるということです。
 今節の得点表は下の画像を参照して下さい。
第29回大江戸賞実施要綱


G2札幌記念キルトクール】

 前売1番人気の重賞未勝利馬マチカネキララをキルトクール。唯一の強敵相手だった阪神G2神戸新聞杯で離された4着に敗れているように一流馬相手ではまだ結果を出しておらず、ここ2走も馬券には絡んだものの1番人気3着と危険な人気馬を地で行く成績。だから3着ドンガバチョ覚悟でキルトクール。
 ベガラインクラフトと名牝の訃報が相次いでますが、札幌記念ではベガゆかりの人脈が関わるエンドスウィープ産駒のアドマイヤムーン、それに唯一の牝馬レクレドール、この2頭が絡んでほしいですね。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
競艇電投会員即時募集中
既に会員の方はテレボート
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
勝ち組.net
アクセスランキング
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
おすすめバナー
バナソニック


blogram投票ボタン

livedoor プロフィール
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ