ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

江戸川634杯モーターボート大賞

G2江戸川634杯MB大賞は東都のイケメン濱野谷憲吾が江戸川V13

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 イケメンボートレーサーTOP100と連動したG2江戸川634杯モーターボート大賞特設サイト)は斡旋の半分をイケメンボートレーサーTOP100ランクイン選手から選出した企画開催。

 優勝戦はイケメン組から1号艇濱野谷憲吾(イケメンボートレーサーランキング28位)と3号艇中野次郎(イケメンボートレーサーランキング12位)の地元コンビが優出し、非イケメン組からは地元の4号艇作間章を筆頭に4人が優出。
 そして濱野谷憲吾が07トップスタートの速攻を決めてぶっちぎり、前走地宮島岩田杯に続く今年3回目・江戸川は8月の前回大江戸賞に続く13回目・江戸川G1V2を含む通算64回目の優勝と、江戸川巧者としての実績も群を抜くイケメンが634杯を制しました。
 2着は差したマーサク選手、3着は3艇による混戦を2周2Mで制した中野次郎が入り東京支部が上位独占。
 尚、2周2Mの3番手争いで6号艇新田雄史が中野次郎を差そうとした際にターンマークにぶつかりエンスト失格。

 かくして634杯はイケメン組の濱野谷憲吾が優勝しましたが、団体戦の方はイケメン組に4人の帰郷者が出た事もあって非イケメン組が勝利しました。
江戸川634杯表彰式1江戸川634杯表彰式2


蒲郡マンスリーBOATRACE杯優勝戦

 準優6個制で1着のみが勝ち上がれる企画開催は7R準優勝戦で蒲郡歴代1位の3連単51万4810円が出た波乱の開催。

 そして優勝戦も波乱になり、ピット離れ遅れた1号艇笠原亮が2号艇山崎哲司(愛知)とネトロンに挟まれる形になり、行き場を無くした笠原亮がネトロンにぶつかってエンスト。

 この結果笠原亮は責任外出遅れ扱いによる欠場となり、再発走後234/56の進入から山哲が07トップスタート踏み込むものの3号艇今泉和則(愛知)が捲り差しを決めて先頭に立ち、愛知対決に競り勝った和則は蒲郡3回目・昨年5月多摩川神奈川新聞社賞以来となる通算13回目の優勝
 尚、優勝戦はスタート判定になりましたが、この判定は笠原亮の責任外出遅れを判定するものでした。

桐生マクール杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇川上剛(91期4189)が押し切り、桐生初・昨年4月江戸川外向発売所オープン記念男女W優勝戦以来となる通算21回目の優勝
 後続は2番差しの4号艇木村浩士(群馬)が2番手優勢も、差し順走3番手の2号艇松村康太(91期4210)が内に切り返して2M木村浩に合わせに行き、内から合わせきって同体に持ち込んだ松村康太が2周1M先行で抜け出し91期ワンツー完成。

戸田東京中日スポーツ杯優勝戦

 123/645の進入から1号艇服部剛(ナカシマペラチルト0度)がベストを尽くした03トップスタートの速攻で3号艇金田諭(埼玉)の捲りを受け止めて押し切り、今回が5度目の優出だった静岡99期4417服部剛はデビュー初優勝をデビュー初1着の地戸田(2007年7月アサヒスーパードライカップ5日目1R)で飾りました。
 後続は金田さとしと差し順走の2号艇土屋智則で接戦になりますが、2M内先行の土屋智則が抜け出し2着。

 ちなみに静岡の服部選手といえばSGウィナー服部幸男が有名ですが、G1高松宮記念特別競走2日目2回乗りだった服部先生は4号艇の11Rでイン奪取からのイン戦を決め、1号艇の2Rと合わせてイン戦連勝でした。

鳴門オータムカップ競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇岡部貴司が12トップスタートもターン大きく流れてしまい、差しきって単独先頭に立った3号艇烏野賢太(今節選手代表)が今年4回目・通算83回目の優勝
 2番手は捲り差した5号艇福来剛でしたが福来剛は2M出口で烏野賢太に追突して失速し、3番手の2号艇畑和宏と4番手の4号艇菅章哉も不利を受けた結果、5番手の岡部貴司が3艇を差しきり逆転2着。
 尚、不利が少なかった畑和宏がいち早く立て直して3着でした。

唐津コスモス特別優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇渡邉英児が3号艇松井賢治の捲りを受け止めつつ2号艇柏野幸二の差しも振り切り、今年V6・通算45回目の優勝

 後続は松井賢治と柏野幸二の接戦に、差し続く6号艇桂林寛が2M艇を伸ばし2番手争いに加わろうとしますが柏野幸二に全速包んで先行。
 しかし柏野幸二もターン流れてしまい、1M捲り差し不発だった4号艇西山昇一が松井賢治の内側に入りこんでの差しで2番手に浮上。
 松井賢治は西山昇一を行かせての差しになるも形勢不利になり、2周1M艇を伸ばして先行しますが西山昇一が鋭く差しきって抜け出し2着争いを制しました。

G2江戸川634杯モーターボート大賞初日

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 2013年度下半期初日の今日開幕したG2江戸川634杯モーターボート大賞特設サイト)。

 今節はイケメンボートレーサーTOP100に選出されたA2以上のイケメン選手を半数斡旋した企画開催で、直前で欠場したイケメンレーサーランキング1位篠崎元志にかわり同11位庄司孝輔を追加斡旋。
 他に、7月の段階で同21位重成一人が欠場しており、同57位谷野錬志を追加斡旋。

 また、残り半数の江戸川巧者枠では8月の当地大江戸賞において競技規定23条2項航走指示違反の件で失格になった山田竜一東京支部長が斡旋消除になったため、原田富士男が追加斡旋されています。

 さて、篠崎元志は初日メインイケメンドリーム戦でもファン投票1位の1号艇だったので、2号艇から6号艇までの選手が1つずつ内に繰り上がり、6号艇にイケメンレーサーランキング15位岡村仁(7月のG1江戸川大賞優勝者)が選出されました。
 そのイケメンドリーム戦は1号艇のイケメンボートレーサーランキング28位濱野谷憲吾(東京)が06トップスタートもやや流れてしまい、3号艇の同12位中野次郎(東京)が捲り差しを決めて1着。
 G1含む江戸川V12でイケメンランカー1の江戸川実績を誇る濱野谷憲吾は2M差し返しますが惜しくも届かず2着。
COOLに勝つか!?力でねじ伏せるか!?


 ここでお知らせ。
 今節に合わせて江戸川オフィシャルHPがリニューアルを果たし、レース開催中は専属記者や場内予想屋の前日&直前予想を無料で閲覧できる他、毎節更新される「フォトギャラリー」などのコンテンツが公開されています。

 そして、リニューアルに合わせてhttp://www.boatrace-edogawa.com/http://www.edogawa-kyotei.co.jp/の2つあったドメインもhttp://www.boatrace-edogawa.com/に統一されました。

若松G3女子リーグ戦競走第4戦マクール杯ナイトプリンセスカップ優勝戦

 誰が優勝しても若松初Vの一戦は枠なり3vs3の進入から1号艇宇野弥生が2号艇小野生奈(福岡)の差し場を塞ぎつつ3号艇落合直子のマクールもこらえきり、BS両者接戦の状態から2M先行で抜け出した宇野弥生は今年3回目・通算8回目の優勝
ナイトプリンセスのウイニングラン

G2江戸川634杯モーターボート大賞優勝は江戸川巧者の横澤剛治

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 G2江戸川634杯モーターボート大賞特設サイト)は順延無く本日最終日を迎えました。

 優勝戦は07トップスタートの2号艇横澤剛治がチルト+0.5度の伸びで1号艇峰竜太を一気に捲りきり、今年V6・江戸川V6・通算37回目の優勝でG2以上の初Vを、デビュー初優出(1999年9月G3新鋭リーグ戦競走第15戦)とデビュー初V(2001年11月日本財団会長杯争奪戦競走)の地江戸川で飾りました。

 2着はドリフト気味の鋭い小回りで残した峰竜太(95期4320)が、1M外マイから2M内に切り返した4号艇井口佳典を2M全速包みきり、2周1Mで再度押っつけてきたいぐっちを再度包みきって2着。
 2周1M空振りに終わったいぐっちがもたついた隙を突いて内から抜いた3号艇の地元山田哲也(95期4297)が1M捲り差し流れたミスを挽回して逆転3着。
表彰式1表彰式2表彰式3夕陽のスカイツリー634mをバックにウイニングラン





 ここで優勝戦以外の話題。
 優勝戦に先立ち行われた特別選抜B戦に相当する10R選抜526戦は1号艇辻栄蔵、特別選抜A戦に相当する11R選抜634戦は1号艇魚谷智之がそれぞれ1着でした。

 また、5Rは冠レース「がんばれ!東北!」で、差した3号艇白井英治が1着でしたが、直前の4Rでは宮城在住埼玉支部の5号艇中澤和志が捲って1着になりました。

 尚、今節の売上は目標30億に対して21億4363万4800円。
 ちなみに6月に開催された江戸川女王決定戦の売上は23億8581万800円で、7月に開催されたG1江戸川大賞の売上は48億4681万4700円でした。
 6月のエドジョは近隣場の同時開催が多かったもののG1開催が無くて場外発売多数、7月の江戸川大賞は単独G1で場外発売多数だったのに対し、634杯は近隣場の同時開催が多かった上に2場同時G2で場外発売が大村より少なかった事が大きいです。

大村G2モーターボート誕生祭優勝戦

 マクール賞が懸かった第16回ボートレース発祥地記念MB誕生祭(特設サイト)は江戸川でも6日間併用発売された大村名物開催(節間売上37億4673万2500円)。

 優勝戦は枠なり3vs3の進入から3号艇瓜生正義が捲り差し狙うも2号艇松井繁が瓜生を張って流れて共倒れになって差し場出来た展開を突いて5号艇中村亮太(長崎)が捲り差しを決めて1号艇吉川元浩を捕らえきり、前走地平和島楽天銀行杯爽秋のダッシュ島グランプリアウト屋の牙城に続く今年5回目・大村は8月の前回日本財団会長杯お盆特選レースに続く5回目・通算12回目の優勝でG2以上の初V。
 吉川元浩は2M外全速戦がやや流れるも踏ん張りきって2着。



常滑オータムカップ優勝戦

 3個準優制4日間開催の今節は元々出場人数が42名と少なく、3日目までに4人が帰郷した事で最終日を38人で迎える事に。
 その結果、なんと優勝戦は外枠2名が2回乗りという非常に珍しい番組になりました。
 ちなみに5号艇加藤翔が前半3R2号艇2コースで2コース捲り1着、6号艇川下晃司が前半4R2号艇2コースで3周1M差しきり逆転1着と、2回乗り選手の前半は2人とも1着でした。

 そして迎えた優勝戦は1号艇柳沢一(愛知)に完全Vが懸かった一戦で、柳沢一は枠なり3vs3のインから11トップスタートの速攻を決め、今年4回目・常滑4回目・通算26回目の優勝は7戦全勝の完全V。
 2着は差し順走の2号艇大嶋一也(愛知)で、話題の優勝戦は愛知ワンツーでフィニッシュ。

三国日本モーターボート選手会会長杯菊花賞優勝戦

 今年の菊花賞は枠なり4vs2の進入から08トップスタートの1号艇武田光史(福井)が3号艇笠原亮のつけまいを受け止めて押し切り、前走地びわこG3企業杯キリンカップ2012に続く今年3回目・通算25回目の優勝

 笠原亮は5号艇松本勝也の差しを2M行かせて捌き2着。
 尚、菊花賞と縁が深い京都から参戦の6号艇川北浩貴は2周1Mの差しで松本勝也との3番手争いに持ち込み、3周1Mの差しが決まって逆転3着。

児島BOATBoyCUP優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇坂口周が押し切り、3節連続となる今年4回目・児島初・通算31回目の優勝
 2番手は差し順走の2号艇山地正樹と捲った3号艇大串重幸で接戦になり、2M内から先行した山地正樹が大串重幸の差しを振り切って2着。

平和島東京中日スポーツ杯・東京新聞盃優勝戦

 中日新聞グループ2社合同のタイトル戦は16/23/54の進入から1号艇繁野谷圭介が1Mを先行するも膨れ、差しきった5号艇村田修次(東京)が先頭に。
 そしてムラッシュは差し続く4号艇新田雄史を2M包んで振り切り、今年2回目・平和島5回目・通算37回目の優勝

 後続は1M捲り差しから2M差した2号艇渡邉英児が2番手やや優勢も2M2番差しで追走する繁野谷を2周1M包んで回った際に先頭の引き波を踏んで流れてしまい、ここで展開を突いた新田が2艇を差しきり2着。

戸田関東日刊紙競艇記者クラブ杯優勝戦

 初日戸田選抜戦の6人がそのまま優出した一戦は1256/34の進入から3号艇作間章が06トップスタート踏み込んでカド捲りを決め、地元の江戸川634杯MB大賞に斡旋されなかった憂さを晴らしたマーサク選手は今年4回目・戸田2回目・通算27回目の優勝
 2着は二段捲りで続いた4号艇烏野賢太

桐生サンケイスポーツ杯優勝戦

 1号艇桐生順平の桐生初Vが懸かった一戦は123/564のインから桐生が5号艇萩原篤(群馬)の捲りを受け止めきり、今年4回目・通算5回目にして待望の桐生初優勝
 萩原篤は4号艇吉永泰弘の差しを2M行かせて捌き2着。

G2江戸川634杯モーターボート大賞初日

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 今日から始まったG2江戸川634杯モーターボート大賞特設サイト)は東京スカイツリーの高さ634mにちなんだレース名で、初日と2日目のWドリーム戦「粋&雅」は東京スカイツリーのライティングにちなんだレース名です。

 ブルーライトエドガワのドリーム戦・粋は4号艇峰竜太が05トップスタートを決めて豪快に捲りきる粋なレースで1着。
 イン戦粘った1号艇井口佳典が2号艇白井英治の差しを2M行かせて捌き2着。

 次に、初日連勝選手は松下知幸で、2R1号艇が06トップスタートのイン速攻、8R4号艇がカド捲りから2M3艇を差しきる抜き技でした。

 尚、4Rの1号艇松村康太は大きく幅寄せ(待機行動実施細則違反)して懐たっぷりの状態でスリット通過後、3号艇平尾崇典の捲りをブロックした際に大きく流れた後、振り込んで選手責任転覆を喫し負傷帰郷しました。

 ちなみに選手紹介は8月にオープンしたスタンド5Fのイベントスペース「ROKU」で行われました。
 縦長で横幅が狭いですが、室内なので雨風や寒暖と無縁のメリットがあります。
今節選手代表山田竜一東京支部長の挨拶初日ドリーム戦・粋メンバー2日目ドリーム戦・雅メンバー

新しい歴史が誕生する。江戸川634杯MB大賞

 ここからは本日最終日を迎えた東海地区3場を紹介。
 ちなみに3場とも台風17号による中止順延で昨日最終日の予定が今日最終日になりました。

浜名湖無難にA、大胆にB!A1vsB級バトル!!マンスリーBOATRACE杯優勝戦

 A1選手8人とB級選手のみが斡旋された企画開催はB級選手が3号艇と6号艇で優出。
 そして優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇守田俊介が15トップスタートの速攻を決めて今年4回目・通算64回目の優勝
 後続は差した4号艇大西源喜が2番手を航走し、差し続く6号艇竹腰正樹を2M行かせて捌き2着。
 1M差し順走から2M2番差しで竹腰正樹を抜いた2号艇長岡茂一が3着に入り、A1vsB級バトルはA1級のワンツースリー。

常滑日本財団会長杯争奪戦競走JLC683ガールズチャンネル放送開始記念優勝戦

 JLC683ガールズチャンネルの放送開始を記念した男女混合戦はオール男子の優出メンバーで争われ、枠なり3vs3の進入から1号艇海野康志郎が押し切り、海野ゆかりのいとこうんのこーしろーは今年4回目・えびせんべいゆかりの地愛知県では初となる通算7回目の優勝

 一方、1M差しを狙った2号艇山崎哲司(愛知)が振り込んでしまい転覆した後に5号艇吉川喜継が乗り上げてしまい、吉川喜継も転覆して山哲は妨害失格に。
 これにより2番手争いは1周2Mが最後の勝負所になり、1M差しから2M先行した6号艇長田頼宗が2着。

津グランプリシリーズ第3戦優勝戦

 152/346の進入から1号艇岡本慎治が14トップスタートの速攻を決め、今年4回目・通算81回目の優勝

 後続は差した4号艇寺本重宣がやや優勢も、先差しから内に切り返した3号艇今泉和則が2Mを先行し、差し続く6号艇牧原崇が続く展開になり、寺本弟は2艇を行かせての差しに。
 この展開から2号艇岸本隆が1M外マイから2M今泉和則と牧原崇の間を割る好旋回で2番手争いに加わりますが、内の寺本弟が岸本隆を張って先行し、ここで差しを狙ってきた牧原崇が寺本弟の艇と接触して選手責任エンストを喫し、これで抜け出した寺本弟が2着。

G2江戸川634杯モーターボート大賞特設サイト公開

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 江戸川で開催中の4日間開催夕刊フジ杯2日目9R江戸川アートミュージアムリニューアル記念の「第4回アートテラー・とに〜記念競走」が行われ、同レース5号艇で捲り差しを決め1着の谷津幸宏滝沢芳行の埼玉コンビが連勝。
 更に初日連勝の堂原洋史埼玉支部長も6R4号艇1回乗りで捲りを決めて3連勝とし、2日目の水面はさいたまつりでした。


 その江戸川で来月3日から開催されるG2江戸川634杯モーターボート大賞特設サイトが公開されました。

 東京スカイツリーの高さと同じ634をレース名にした特設サイトのデザインは宮本武蔵とフィンランドミラクル艇番カラーの緑赤青をフィーチャーしてます。

 また、Wドリーム戦の名称もスカイツリーのライティングと同じ「」と「」です。
 Wドリーム戦メンバーは以下の通りです。

 初日12R「粋」
1:井口佳典 2:濱野谷憲吾 3:白井英治 4:中島孝平 5:峰竜太 6:市川哲也
 2日目12R「雅」
1:石渡鉄兵 2:坪井康晴 3:湯川浩司 4:魚谷智之 5:熊谷直樹 6:赤岩善生


 BOATRACE江戸川は東京スカイツリーオフィシャルホテル東武ホテルレバント東京と提携してますが、特設サイトにリンクバナーがある同ホテルとも関連性がありそうなレース名です。

 (追記)初日選手紹介と最終日表彰式はスタンド5Fに先月オープンしたイベントルーム「ROKU」で行われる事が決定しました。
新しい歴史が誕生する。江戸川634杯MB大賞
粋と雅のスカイツリー
634でフィンランド・ミラクル


戸田鬼怒川金谷ホテル・鬼怒川温泉ホテル杯優勝戦

 1931年に日光金谷ホテルの支店として開業し1953年に独立した老舗鬼怒川温泉ホテルと、今年4月にリニューアルオープンした系列の高級宿鬼怒川金谷ホテルのタイトル戦。
 ちなみに鬼怒川温泉といえば東武鉄道ですが、東武特急スペーシアのカラーリングは従来のオレンジに加えてスカイツリーのライトアップにちなんだ「」と「」の3種類にリニューアルしました。

 さて、優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇川添英正が06トップスタートも4号艇辻栄蔵の捲り差しが決まって先頭に立ち、当地G1ウィナーの辻栄蔵は今年3回目・通算51回目・戸田は4優出4優勝
 2番手の川添英正に対し、1M外握って3番手の6号艇福来剛が2M内に切り返して先行しようとしますが川添英正に包まれて空振りに終わり、直後に福来剛は振り込んで選手責任転覆を喫してしまい川添英正が2着。

尼崎アクアコンシェルジュカップ優勝戦

 初日メインアクアコンシェルジュ選抜戦の6人がそのまま優出した平穏メンバーの優勝戦でしたがレースは荒れて、5号艇濱崎直矢が枠なり3vs3の5コースから07トップスタートを踏み込んで捲りを決め、今年2回目・通算9回目・デビュー初Vの地尼崎では2回目の優勝

 後続は21凹みスタートから遅れ差しの4号艇勝野竜司(兵庫)、捲り差した6号艇岡本慎治、先差しから2M内に切り返した2号艇若林将の3艇による2番手争いになり、2M先行した若林将を行かせて捌いた勝野竜司が2番手で、オカモトは若林将と1号艇長溝一生の切り返しを行かせての2番差しで3番手。
 しかし4番手の若林将が2周1M外握ってオカモトとの3番手争いに持ち込み、2周2Mオカモトを行かせての差しで勝野竜司をも捕らえて2番手争いに持ち込みます。
 そして3周1Mは若林将が先行しますが勝野竜司の差しが届き、3周2M内から先行した勝野竜司が若林将の外全速戦をこらえきって2着争いを制し、2連単9180円3連単45720円。

児島日本トーター杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇川北浩貴が10トップスタートの速攻で5号艇山田佑樹(岡山)の捲り差しを振り切り、前走地丸亀報知グリーンカップに続く今年4回目・通算49回目の優勝
 2番手の佑樹が2Mで川北を差そうと懐を空けた隙を突いて、1M差し順走で3番手の2号艇高濱芳久と差し続いて4番手の6号艇松村康太が内に突っ込み、行き場を無くした佑樹は松村康太と接触して両者共倒れになり、2M先行に成功した高濱が2着。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
競艇電投会員即時募集中
既に会員の方はテレボート
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
勝ち組.net
アクセスランキング
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
おすすめバナー
バナソニック


blogram投票ボタン

livedoor プロフィール
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ