ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

江戸川鉄兵

【おれは鉄兵】石渡鉄兵G1江戸川大賞Vで真の江戸川鉄兵へ

ブログネタ
競艇 に参加中!
 本日は風と潮が波乱を呼ぶ日本一の難水面、リバーサイドスポーツExcitingBoatRace江戸川開設55周年記念G1江戸川大賞最終日
 1本目の記事では東京支部選手トークショーについて書きましたが、この2本目はレースについて書きます。

 今日の水面は5日目まで未勝利だった古澤信二と江戸川浩司こと湯川浩司のコンビが鬱憤晴らしの連勝を決めた一方、1号艇の頭は古澤の第2R濱野谷憲吾第5Rだけと荒れ模様でした。

 そんな状況で迎えた優勝戦はスタートかなり踏み込む速攻の1号艇馬袋義則に対し2号艇出畑孝典の差しが迫り、スタート判定のさなかにデバッチの差しが逃げ馬に届いて併せ馬になりましたが、馬袋は+01のフライングで戦線離脱(返還総額1億8601万1100円)。
 公開優出者インタビューで自らを「黒い弾丸」と称した2009年度児島キング出畑孝典はこれで単独先頭になりましたが、2Mデバッチのターンは艇が浮いてそのまま大きく流れてしまい、1M2番差しの3号艇石渡鉄兵がデバッチを差しきり逆転先頭に。
 「誰よりも江戸川を愛する男。今度こそ今度こそ今度こそ狙います」江戸川鉄兵が遂に江戸川のG1優勝戦で先頭に立ち、迎えたドラマは最終回ラストイニングに入りました。
 「江戸川の記念を獲る事が夢と語っていた男がこよなく愛するホーム江戸川で待望のG1タイトルを手にする瞬間がやってきました。江戸川鉄兵の自負と心意気を見せつけました。(動画
 と、森泉宏一アナの熱い実況をバックに先頭でゴールした江戸川鉄兵は江戸川V9が初のG1Vになり、今年は4回目・通算39回目の優勝

 F前退きながら遂に大輪の花を手にした江戸川鉄兵にはウイニングランでも表彰式でも大きな声援が贈られました。
 ちなみに江戸川鉄兵のペラグループはTASK(TeppeiAkiraShoKanae)で今節は作間章若林将もおり、今日はトークショーで足立かなえも駆けつけましてTASKの名前を形成する4人が勢揃い。
 そのTASKは今年から人数が増えまして、106期4608荒井翔伍と同4610佐藤大佑、更に若林将の兄107期4617若林友も加わって7人体勢。
 G1獲得で名実共に江戸川を代表する選手になった江戸川鉄兵は後輩育成でもマーサク選手共々大いに期待されてます。
江戸川鉄兵表彰式その1江戸川鉄兵表彰式その2表彰式写真より写りがいい優出者インタビューの江戸川鉄兵

 優勝戦の話に戻りまして、2番手のデバッチは1M外マイから2M2番差しの5号艇新田雄史に迫られ、2周1M新田が小回りで艇を合わせきって2番手同体に。
 ですが今節足色ナンバーワンの超抜デバッチは2周2M新田を外から黒い弾丸フルショットで捲りきってHSややリードし、3周1M締めて先行し2着は取り切りました。
無念のFに散った馬袋義則2MのミスでVを逸した黒い弾丸出畑孝典江戸川大賞優出外枠3選手



浜名湖2010競艇マクール杯優勝戦

 1235/46の進入から1号艇平野和明が06トップスタートの速攻も2号艇山室展弘が差し捕らえ、2Mを先制した山室大先生が平野を突き放す競艇サシキールで今年4回目・通算102回目の優勝

宮島SOYJOYカップ争奪血液型選手権O型編優勝戦

 商品名にOが2つ入っている大塚SOYJOYのタイトル戦にしてO型選手限定戦のファイナルはO型の土谷由美アナによる一言コメントつき((動画))。
 枠なり3vs3の進入から1号艇・「感動しやすいO型、段々と涙もろくなってきたという事ですが、その涙は絶対に絶対に見られたくはないそうです。山崎昭生が12トップスタートの速攻で押し切り、今年2回目・宮島3回目・通算48回目の優勝を初日10R2号艇2着以外全部1着の準完全Vで達成。

 後続はつけ回った2号艇・「人を笑わせようとするサービス精神はB型っぽいですが、部屋をのぞいた選手によればやっぱりO型らしいです。辻栄蔵と差した3号艇・「ひとりぼっちは苦手。実はさみしがり屋というのもO型です。益田啓司の2番手争いになり、2Mは内の益田が先行も辻ちゃんが4号艇・「間違いなくO型。大雑把ですときっぱり。梶原正を行かせての差しで内外入れ替わり、2周1M内から先行した辻ちゃんが2着でゴールイン。

若松スポーツ報知杯争奪戦競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇桐本康臣が08トップスタートの速攻で先頭に立ち、今年2回目・若松初・通算13回目の優勝
 つけ回った3号艇柴田光が3番手以下を大きく引き離しての2番手で桐本をぴたっと追走し、最後は桐本にも0.3秒差に迫った好内容で2着。

唐津鏡山特別優勝戦

 場向かいにある鏡山の名を冠した3個準優制4日間開催のファイナルは1453/62の進入から1号艇徳増秀樹が3号艇長田頼宗の捲りを受け止めて押し切り、今年5回目・唐津2回目・通算42回目の優勝
 長田は差し順走の4号艇三井所尊春(佐賀)に伸び返され2M先行されるも、長田は押っつけ気味の差しでミーショを差しきり2着。
競艇場から見る鏡山


大村市長杯優勝戦

 今月3日の大村市市長選挙は現職の松本崇市長が、かつて松本たかし市長の私設秘書だった里脇清隆前市議会議長に1808票差で競り勝ち再選を果たしました。

 そんな市長選挙から1ヶ月もしないうちに開催された大村市長杯最終決戦は枠なり3vs3の進入から13トップスタートの1号艇石田政吾が13トップスタートの速攻で6号艇杉山貴博の捲りを受け止めて押し切り、今年11回目・通算60回目の優勝は初日6R6号艇2着以外全て1着の準完全V。
 捲って2番手の杉山は2M内突いてきた3号艇山本浩輔(長崎)を包んでかわしますがやや流れて包みきれず、1M差し順走の2号艇魚谷智之が2番差しのミスター赤カポック山本浩を2M行かせての小回りでHS最内に潜り込み、2番手3艇ほぼ横並び。
 この状態から黒魚が2周1Mで山本浩を張り飛ばし、飛ばされた山本浩を包んでかわした杉山も黒魚に突き放され、ここで黒魚が2着を取り切りました。

鉄ちゃんが阪神なんば線開通記念で優勝【おれは江戸川鉄兵】

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 「尼崎センタープール前駅まで、アクセスダイレクト!みな、来てや!」と、尼崎競艇中島課長も心願する阪神の新戦力阪神なんば線開通初日の20日から始まった6日間シリーズはサンケイスポーツ杯争奪阪神なんば線開通記念競走
阪神なんば線で尼崎競艇までスイスイ!

 三宮、甲子園、梅田だけでなく難波、奈良からもアクセスダイレクト。優勝戦は枠なり3vs3の進入隊形から1号艇石渡鉄兵が05トップスタートの速攻で終着駅に一番乗り。「滅法得意でこよなく愛します。東都江戸川復活の春へ弾みをつけます。こちらも滅法得意なドル箱センタープール5回目のシリーズ頂点へ(動画)。」と千葉誠一アナに実況された千葉の鉄ちゃんは尼崎5回目・通算32回目の優勝
 後続は差して2番手の4号艇芝田浩治(兵庫)に5号艇森貴洋(大阪)が差し続いて阪神間対決になりますが、2M内から突っ込んだ森が流れたのに対し、芝田は冷静に差して捌き2着確保であります。

 最後に、表彰式で鉄ちゃんが発した言葉が「6月から江戸川もまた開催されるんで、是非そちらもよろしく。」と江戸川鉄兵ならではの誠に頼もしいお言葉。江戸川競艇は6月4日再開で、G1江戸川大賞は7月2日からです。
「江戸川休止後どうすればいいんでしょうね…」by石渡鉄兵尼崎センタープール前江戸川競艇復活祭は6月4日から


徳山G3スポーツニッポン杯新鋭リーグ戦第3戦優勝戦

 124/356の進入から2号艇安達裕樹が18のドカ凹み…ではなく、1号艇大峯豊(山口)と4号艇古賀繁輝と3号艇茅原悠紀が飛び出しすぎで、カド捲りで先頭に立った茅原の+07を始め、大峯が+09、古賀が+04と3艇フライング。
 この結果、捲り差しで2番手にいた6号艇・美どりのカポック峰竜太が先頭に繰り上がり、2月の芦屋G1九州地区選手権競走に続く通算12回目の優勝
 1M差し5番手から繰り上がった5号艇長尾章平(山口)が2番手に繰り上がり、スタート遅れて最後方の安達ゆが3番手に繰り上がりましたが、2M差した安達ゆが逆転2着。

 峰竜太は新鋭世代唯一のG1ウィナーで実績断然上位ですが、3月7日の唐津スポニチ杯争奪ゴールデンレース2日目で同県のベテラン西和則のプロペラを代わりに叩く整備規程違反をしてしまった事で現在褒賞懲戒審議会の裁定待ち。残念ながら来年の浜名湖新鋭王座を始めとする全国発売競走の出場は絶望的ですが、「反省の為にも業界の為にも一生懸命走ります。」と、表彰式ではそれを踏まえた上で前向きな発言をしております。

 最後に、次回の新鋭リーグは少し間が空いて4月18日からびわこ競艇で新鋭リーグ戦第4戦G3新鋭戦。今回で44回を数える伝統の新鋭戦であります。

若松シャボン玉石けん杯争奪戦競走優勝戦

 「青いお空が欲しいのね♪飛ばしてごらん、シャボン玉〜♪」のCMソングでお馴染みシャボン玉石けんのタイトル戦は7日間のロングランシリーズ。その長丁場を勝ち抜いてきた6人による優勝戦は3号艇中村裕将がピット出遅れ1246/53になった進入から節間9勝の1号艇須藤博倫が20トップスタートの速攻で押し切り、若松初・通算28回目の優勝
 後続は2号艇岩崎正哉(福岡)が45とスタート遅れ、34スタートの4号艇黒崎竜也(北九州市八幡西区もとい三重県)が捲り差しで2着。

大村スポニチ杯桜の女王決定戦優勝戦

 今節選手代表の6号艇松尾美和子がインに入った6/12/345の進入から07トップスタートの3号艇香川素子(京都在住長崎支部)があかつきの絞り捲り。直外の4号艇横西奏恵は「4号艇横西差し場は無い!」と坂田博昭アナに実況(動画)されましたが、「おーっと!横西が内側狭い所を割って上がってきた。」と、14スタートの横ちんは22スタートから握ってきたチョコボール色の2号艇向井美鈴を行かせつつ内寄り2艇を叩く捲り差しで香川を捕らえ先頭。捲られ捲りで外にいた向井が2M切り返して突っ込んでくるも、これを余裕で包んだ横ちんは今年3回目・通算34回目の優勝でF2を克服して桜の女王に。カド捲りも横ちんに差された香川は2Mと2周2Mで向井を行かせて捌き2着。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
競艇電投会員即時募集中
既に会員の方はテレボート
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
勝ち組.net
アクセスランキング
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
おすすめバナー
バナソニック


blogram投票ボタン

livedoor プロフィール
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ