ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

江戸川大賞

絶対王者松井繁、約7年半ぶりの江戸川出場。

 今日から始まった新モーター新ボートシリーズの開設59周年記念G1江戸川大賞特設サイト)は、王者松井繁が2006年11月G1江戸川モーターボート大賞以来の江戸川参戦。
 特設サイトで見られる選手紹介では「久しぶりに来たので、新人のつもりで一生懸命頑張ります。」というコメントを残しました。
 ちなみに前々回は1994年7月で、この20年で3度目の江戸川出場という事になります。

 その王者は6R3号艇4着の後12Rドリームレーサー賞2号艇で登場。
 「波も頑張っている」の名言から7年半、筋力トレーニングの成果はいかに。
 と、実況の田島美生アナにお伝えされたとおり、ここに向けて筋力トレーニングをしてきた王者は差し順走で2着に入り、王者生誕37周年記念日だった2006年11月11日G1江戸川モーターボート大賞初日12Rゴールデンレーサー賞と同じ枠番で同じ着順。
 ちなみに今日のDR賞1号艇イン速攻1着だったのは、MB大賞GR賞でも1号艇イン速攻1着だった東都のエース濱野谷憲吾でした。

 尚、特設サイトで見られるドリーム戦出場選手インタビューでは王者の新たなる名言が生まれました。
 ボートはバタバタするでしょうけど、僕の心はバタバタしてません。
絶対王者松井繁選手紹介花束をもらった王者松井繁DR賞出場選手インタビューの王者松井繁

前年優勝者岡村仁による優勝旗返還2日目GR賞出場選手インタビュー

 ちなみに写真5枚中上の3枚は王者の写真で、下の2枚は昨年の開設58周年記念G1江戸川大賞を優勝した岡村仁による優勝旗返還と、2日目12Rゴールデンレーサー賞出場選手インタビューです。

G1江戸川大賞は浪花のショットガン岡村仁がG1初優出初優勝

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 開設58周年記念G1江戸川大賞特設サイト)は本日最終日。

 優勝戦は1号艇瓜生正義(東京在住福岡支部)が01タッチスタートもアジャストスタートでスリット後伸びず、全速06スタートの5号艇三井所尊春にあっさり捲られてしまいVならず。
 しかし、捲りきったミーショに対し3号艇岡村仁(95期やまとチャンプ4311)が外に持ち出しての捲られ捲り差しを決め、2M先行でミーショを突き放した浪花のショットガン岡村仁(2月19日生まれ)は今年3回目・江戸川初・通算7回目にしてG1初優出初優勝

 岡村仁は2004年11月のデビュー節住之江3日目2Rでデビュー節初1着、翌2005年8月のデビュー初優出三国九頭龍賞でデビュー初優勝を飾っており、今回のG1初Vもデビュー初V同様の初優出一発ヅモを決めました。

 ちなみに岡村仁の決まり手は、同じく捲られ捲り差しでミーショを差しきった4日目3Rの2号艇白井英治同様に内枠を捲りきったので「捲り」になりました。
岡村仁ウイニングラン岡村仁表彰式1岡村仁表彰式2


 ここからは優勝戦以外の出来事。
 3Rで3号艇黒崎竜也が捲りに行って先頭に立ちかけるも選手責任転覆。
 7Rでは1号艇の地元三角哲男が3号艇松江秀徳の捲りに抵抗しようとした時に振り込み選手責任転覆を喫しました。

大村G2モーターボート誕生祭優勝戦

 大村名物のモーターボートレース発祥地記念G2モーターボート誕生祭〜マクール賞〜(特設サイト)。
 優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇新田雄史(96期やまとチャンプ4344)が11トップスタートの速攻を決め、SGウィナー新田雄史(2月19日生まれ)は今年3回目・大村初・通算13回目の優勝
 後続は差し順走の2号艇田村隆信が、2番差しで追走する4号艇山田哲也を2M外全速包んで振り切り2着。



ウィンボとこなめ開設4周年記念競走優勝戦

 外向発売所ウィンボとこなめ開設記念の優勝戦は枠なり3vs3の進入から逃げる1号艇大庭元明と差す2号艇君島秀三で接戦になり、舳先ねじ込んで2Mを先行した君島秀三が大庭元明の差し返しを振り切り、常滑2回目・通算18回目の優勝

児島ガァ〜コカップ2013第1戦優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇田中信一郎が押し切り、今年3回目・児島V6・通算63回目の優勝
 2着は1M差し順走から2M外全速の2号艇桐生順平

若松G3企業杯ビートル杯争奪戦競走優勝戦

 福岡と釜山を結ぶJR九州高速船ビートルの企業杯。
 優勝戦は枠なり3vs3の進入から4号艇水摩敦(福岡)が07トップスタートを決めて捲りきり、若松5回目・通算7回目の優勝
 イン戦残した1号艇木村光宏が2M外握って後続を振り切り2着。

 ちなみに今日のG1とG2の優勝者は共にやまと世代の2月19日生まれですが、G3を優勝したやまと世代の水摩敦は6月5日生まれなものの友恵夫人が2月19日生まれでした。

唐津か・らっキーカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇篠崎仁志が押し切り、前走地住之江G3新鋭リーグ第22戦サンケイスポーツ旗争奪飛龍賞競走東西新鋭対抗戦に続く今年3回目・唐津初・通算10回目の優勝
 後続は差した4号艇明石正之が2番手を航走し、差し続く6号艇・ヤマトペラの中島友和(佐賀)を2M行かせて捌き2着。

G1江戸川大賞初日

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 今日から始まった開設58周年記念G1江戸川大賞特設サイト)は強風予報で開催が危ぶまれたものの、全レース安定板付きながら全レース3周戦で開催されました。

 Wドリーム第1弾の初日メインドリームレーサー賞は01トップスタートの6号艇湯川浩司がカド捲りを決め、5号艇熊谷直樹(北海道在住東京支部)の二段捲りをこらえきり、江戸川G1V3同士のマッチレースを制して1着。
江戸川浩司復活への狼煙

 2Rはちょっとした企画レースで、4月の当地サンケイスポーツ杯で優勝戦ワンツーだった2人が枠番を入れ替えて再戦。
 そしてレースは当時2号艇優勝の1号艇茅原悠紀が13トップスタートから当時1号艇2着の2号艇西山貴浩の差し場を塞ぐ速攻を決め、選手紹介で打倒茅原悠紀をアピールしたニッシーニャ(6着)を返り討ちにしました。

 尚、開幕レースの1Rで3周1M5番手の位置で5号艇秋元哲が振り込み選手責任転覆、巻き添えを食った形の6号艇東本勝利が航走再開してゴールライン通過するも間に合わず時間切れ失格。

 ちなみに3Rでは3号艇飯島昌弘(茨城在住埼玉支部)が2M3番手の位置からバランスを崩して一瞬仰向けになりますが、落水のピンチを乗り切って立て直し4着完走しました。
すべての勝利は、ここにつながる!


芦屋アシ夢テラスオープン3周年記念優勝戦

 外向発売所アシ夢テラス周年記念は124/563の進入から1号艇佐藤翼が芦屋初Vを狙う2号艇藤丸光一(今節選手代表)の差しを退け、芦屋初・通算2回目の優勝
 惜しくも芦屋初Vならなかった博多んSHOGUN藤丸は2着。

下関西スポ杯争奪戦優勝戦

 来年11月にW優勝戦「SGチャレンジカップ・G2レディースチャレンジカップ」を開催する下関。
 今節西スポ杯優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇瀬尾達也が先行するも2号艇小野勇作が差しを決めて先頭に立ち、下関初・昨年7月児島ジャパンネット銀行杯以来となる通算13回目の優勝
 瀬尾達也は2着。

桐生新東通信杯優勝戦

 123/546の進入から1号艇池上裕次が3号艇草場康幸の捲りをブロックして押し切り、通算57回目の優勝
 後続は草場康幸と差した5号艇吉田稔(今節選手代表)で2番手接戦になりますが、2M先行した吉田稔を草場康幸が差しきり2着。

G1江戸川大賞は江戸川鉄兵が江戸川大賞V2

 開設57周年記念G1江戸川大賞は本日遂に最終日を迎えました。

 連日のサバイバルバトルを勝ち抜いた6精鋭による優勝戦は1号艇の地元石渡鉄兵が12トップスタートの速攻を決め、江戸川鉄兵は今年3回目・江戸川12回目・通算44回目の優勝
 そして、G1Vは2010年10月の当地55周年(F前退きからの2M抜き)に続く2回目で、恵まれ無しでのG1初Vです。

 後続は6号艇齊藤仁(福岡在住東京支部)が5号艇飯島昌弘(茨城在住埼玉支部)を叩いての差しで2番手優勢も、2Mで飯島を行かせて捌いた際に外へ流れてしまい、1M差し順走の2号艇菊地孝平が1M捲り差し不発から2M内に切り返してきた4号艇西島義則(福岡在住広島支部)を行かせての差しで齊藤仁を捕らえ、2周1M先行で抜け出し逆転2着。
 3着は1M捲り流れて最後方の森秋光が2M差しから2周1Mで齊藤仁に先行し、齊藤仁の差しを振り切って逆転3着。
江戸川鉄兵優出インタビュー優出メンバー内枠優出メンバー外枠雨で撮影が困難だった表彰式


 ここで最終日の優勝戦以外で起きた出来事。
 1Rでは差しに構えた2号艇宇佐見淳が+04のフライング。

 また、5Rは冠協賛競走「アヘラジ配信終了記念」で、5日目5Rの冠協賛競走「TK生誕29周年記念」に続いて「TKマジンとkskの「アヘラジ」」から取ったレース名でした。

常滑半田大賞優勝戦

 123/546の進入から1号艇守田俊介が3号艇里岡右貴の攻めを軽々ブロックして押し切り、今年3回目・通算63回目の優勝
 ブロックされるも冷静に捲り差しに切り替えたYuki.Sが2着。

鳴門ヤクルト杯競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇丸尾義孝(今節選手代表)が押し切り、今年3回目・通算38回目の優勝
 後続は1Mつけ回って2番手の2号艇森林太が4号艇谷野錬志の差しを2M行かせて捌き2着。

下関JLC杯開局20周年記念優勝戦

 枠なり3vs3の進入から逃げる1号艇赤岩善生に対して3号艇飯山晃三の捲り差しが入りかけるものの飯山晃三は引き波を踏んで大きく流れ、これにより先頭独走になった赤岩善生は今年4回目・下関3回目・通算64回目の優勝
 後続は差した4号艇木村光宏が差し続く5号艇川上昇平を振り切り2着。

G1江戸川大賞初日は西島義則通算2000勝

 今日から始まった開設57周年記念G1江戸川大賞特設サイト)は2007年の52周年以来の江戸川出場予定ながら初日ドリームレーサー賞1号艇の予定だった瓜生正義を筆頭に、今月24日の徳山デイリースポーツ杯争奪クラウンダービーで優勝した徳山クラウンダービー王古賀繁輝と、その徳山クラウンダービーで5日目10R準優勝戦を負傷欠場した西山貴浩が欠場して、江戸川常連選手の岡山支部岡瀬正人が追配され、更に勝野竜司が前検日に欠場となり、当初より3人少ない状態で開幕しました。

 そんな江戸川大賞ですが、11Rで1号艇の福岡在住広島支部49期3024西島義則がイン戦を決めて通算2000勝を達成。
 ペリカンは1981年の初出走から2連勝の華々しいデビューを飾り、1982年7月に津で初優出、1984年11月に住之江で初優勝、2000年には年間SGV3など、SGV7を含む78回の優勝という輝かしい実績を残してます。

 ちなみにペリカンの前回当地は今年1月の夕刊フジ杯(全レース枠なり)ですが、その前は8項休み直前だった2002年11月の日本財団会長杯で、その前は1997年2月の一般競走と江戸川を走る機会は少なかっただけに、2000勝を江戸川で達成したのは意外に感じました。
ペリカン2000勝記念勝利者インタビュー


 今節の選手紹介で一番面白いと思ったのは娘の希海さんが劇団四季ミュージカル「サウンド・オブ・ミュージック」福岡キャナルシティ劇場公演に出演してる事を効果的に宣伝した江夏満ですが、2R1号艇でイン戦1着になった後の勝利者インタビューでもミュージカルをPRしました。

 ちなみに江戸川場内ではサウンド・オブ・ミュージックの映画看板が掲示されてます。
サウンド・オブ・ミュージックをPRする江夏満サウンド・オブ・ミュージックを再度PRする江夏満サウンド・オブ・ミュージックの映画看板


 さて、初日メインのダブルドリーム第1弾ドリームレーサー賞は1号艇に繰り上がった1号艇田村隆信が押し切り1着。

 後続は目を離せぬ攻防が相次いだ大激戦になり、当初は差し順走の2号艇中野次郎と捲り差した3号艇菊地孝平で接戦も、捲り差し不発から内に切り返した4号艇飯山泰が2Mを先行。
 これがうまくいって飯山やすしが2番手争いでやや優位に立ち、菊地孝平が6号艇重野哲之(予備繰り上がり)を行かせての2番差しで迫り、中野次郎の先差しは届かずやや劣勢に。
 2周1Mは飯山やすしが先行しますが菊地孝平が内から合わせきってBSほとんど同体になり、2周2Mも併走で回りますが、外握った飯山やすしがHSの伸びで勝って2着。
ドリームレーサー賞出場選手インタビュー


 尚、初日は8Rでドリメンの4号艇中野次郎がアジャスト間に合わずに+03のフライングで江戸川通算4本目の返還欠場。

 また、10Rでは2番手争いをしてた6号艇桐生順平が先行する1号艇松本勝也と内を突く3号艇平本真之の間を割ろうとしてターンマークにぶつかり、桐生は江戸川通算3本目の選手責任転覆で、桐生と接触した平本はエンスト失格。
 そして、この事故で桐生順平は負傷帰郷しました。

宮島G3企業杯フマキラーカップ優勝戦

 フマキラーの企業杯は162/345の進入から2号艇渡邉英児が捲りを決め、その展開に乗って捲り差した3号艇林美憲が先頭突き抜け宮島2回目・通算47回目の優勝
 レースを作ったえいじは2番手を航走し、1M差しから2M押っつけてきた5号艇大澤大夢を行かせて捌き2着。

唐津か・らっキーカップ優勝戦

 123/465の進入から1号艇大平誉史明が10トップスタートの速攻を決め、今年2回目・通算33回目の優勝
 外握ってつけ回った3号艇森定晃史が2着。

桐生東京中日スポーツ杯G3新鋭リーグ戦第13戦優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇河合佑樹(静岡102期4494)が押し切り、今年2回目・桐生初・通算2回目の優勝

 後続は5号艇森野正弘(山口106期4601)が3号艇磯部誠(愛知105期4586)を叩いての差しで2番手も2Mでターンがもたついてしまい、1M捲り差しから2M差してきた4号艇篠崎仁志(福岡101期4477)と1Mつけまいから2M外全速握った2号艇西村拓也(大阪98期4397)に捕まって4番手に後退し、2番手争いは2艇の接戦に。
 しかし、1M後方では磯部が森野に捲られてバランスを崩した際に6号艇藤田靖弘(静岡98期4376)と接触して藤田が落水を喫しており、2周1Mが実質最後の勝負所に。
 そして、この2周1Mの2着争いを制したのは西村で、HS外から伸びて最内の篠崎を抑えきって2周1Mを先行しました。 


 さて、桐生順平を江戸川G1に取られてしまった事でちょっと主力が貧弱になってしまった桐生新鋭リーグ。
 G2以上の斡旋メンバーはG3以下の斡旋よりも早い時期に確定するので、新鋭リーグはそれ以外の選手から斡旋を選ばなくてはならないのです。

 ちなみに初日の桐生ドリーム戦は以下のメンバーでした。
1:茅原悠紀 2:西村拓也 3:沢田昭宏 4:鶴本崇文 5:和田兼輔 6:青木玄太

 もし桐生順平がいたら外枠4人の誰かと入れ替わったでしょうね。
 それにしても今年の江戸川大賞は桐生を筆頭に呼ばなくてもいい選手を呼んで多数の欠場者が出てしまいましたが、それによって地元選手や江戸川巧者の斡旋が減らされるのだから、江戸川大賞は水面の特殊性を考えてもっと地元選手を増やした方がいいと思いますね。
 ちなみに桐生順平は今日の責任事故で9月に徳山で開催されるG1新鋭王座決定戦の出場権を事故率規定0.40をオーバーしてしまった為に失いましたが、もともと事故率ギリギリだったので仮に桐生新鋭リーグに呼ばれてても事故った可能性があるので、これに関してはしょうがないですね。

G1江戸川大賞出場予定選手発表+江戸川Gカップ2日目

ブログネタ
競艇 に参加中!
 6月28日から開催されるG1江戸川大賞の斡旋メンバーが先週末に発表されました。

 今節ゴールデンカップの出場メンバーからは「勝舟情報メルマガ会員限定企画ゴールデンカップ★3選手で何勝するか?クイズ」の対象選手3人のうち石渡鉄兵若林将が斡旋。

 また、前節江戸川カップ外向発売所チャリティーマッチのメンバーからは優勝した平尾崇典を筆頭に2着の岡崎恭裕と3着の秋山直之も出場予定で優勝戦トップ3が揃い踏み。
 更に優出ならなかった組からも地元熊谷直樹と岡山の山本修一が斡旋されました。

 次に、東京支部選手は江戸川鉄兵・若林将・熊谷直樹以外に山田竜一飯山泰齊藤仁中野次郎山田哲也が斡旋されました。

 ちなみに本日は住之江オール大阪戦が最終日でしたが、大阪支部からは繁野谷圭介原田秀弥、そして江戸川グレードレースには欠かせない存在になった江戸川G1V3の湯川浩司が斡旋されました。


 さて、優勝賞金100万円を懸けた2個準優制6日間シリーズの今節Gカップは本日2日目で、6Rは企画レース「江戸川新旧スター対決」。
 新旧の江戸川地元スター候補が顔を揃えた一戦は1号艇桑原将光(2代目江戸川地区スター=現在の地元スターに相当)が4号艇若林将(2009地元スター)の捲りを受け止め、2号艇荒井翔伍(2012準地元スター)の差しを2M行かせて捌き1着に。
 若林将と荒井翔伍の同門対決による2着争いは、HS同体の状態から2周1M差した荒井翔伍が2周2M先行で抜け出し先着。

 尚、12Rで、ここまで3走オール2着だった1号艇作間章が13トップスタートの速攻も1M入口で振込詐欺をやらかしてしまい選手責任落水を喫しました。
Gカップ展望サイト開設中の江戸川HP


住之江2012ラピートカップ優勝戦

 優勝賞金150万円のオール大阪戦南海電鉄社長賞ラピートカップは枠なり3vs3の進入から逃げる1号艇石野貴之に対して2号艇松井繁の差しが迫るものの辛くも振り切り、2連単230円3連単124で950円の信用金庫配当を提供した石野貴之は今年2回目・住之江5回目・通算19回目の優勝


 さて、今節は3日目の4月29日にアクアライブステーションの選手おっかけコーナー引き継ぎ式が行われました。
 アクアライブステーションが2011年度追っかけてきた地元選手は五反田忍ブログ)でしたが、2012年度は北川景子似の坂咲友理ブログ)を追いかけて行くそうです。

 ちなみに住之江次節は4日から住之江ゴールデンレース

 江戸川開催休止中の各場代替開催として2008年度に企業杯級メンバーで開催されたゴールデンレース(住之江では2008年10月に開催)と同一名称の住之江ゴールデンレースは初日にOSK日本歌劇団ミニレビュー、3日目の6日には篠崎元志のアクアライブステーション選手ふれあいコーナーがあります。

G1江戸川大賞はマラソンマン重野哲之が優勝【写真付き】

ブログネタ
競艇 に参加中!
 新モーター・新ボートを手にボート界の精鋭陣が連日エキサイティングな攻防を繰り広げた東日本大震災被災地支援競走開設56周年記念G1江戸川大賞
 「東京下町の江戸っ子に愛されて56年目を迎えた江戸川ボート。BOATRACEに目の肥えている江戸川のファンが見つめる先、水面上にはシリーズラストラン優勝戦のメンバーが登場です。(動画
 という森泉宏一アナの口上で始まりました優勝戦は優勝者当て総選挙総合2位の63票を集めた1号艇重野哲之が06トップスタートの速攻を決め、ここまで1号艇の頭が前半の2本だけだった水面傾向をものともせずに先頭。
 後続は外握った3号艇平尾崇典が5号艇田中信一郎の捲り差しを振り切って2番手に立ち、2Mの差しで先頭のマラソンマン重野にも迫る勢いでしたがマラソンマン重野が振り切って先頭をキープし、以降は独走ぶっちぎり。
 「涙のG1制覇からおよそ半年。2度目のG1制覇に向けて水面をアグレッシブに走り抜けて行きます。
 かくして、見る人と演ずる者の熱い思いが交錯する江戸川の水面上でツーサイクルエンジンのエキゾーストノートを轟かせ、アグレッシブなレースを展開した水陸両用のはしりびと重野哲之は昨年12月の浜名湖G1東海地区選手権に続くG1V2・通算31回目・江戸川は2007年10月のアグレッシブ岩佐アナ引退開催夕刊フジ杯以来となる3回目の優勝

 ちなみに今年の東京マラソンに出場したマラソンマン重野哲之は2009年の24場1500kmマラソンで江戸川にもマラソンで到着しましたが、その日は2009年6月4日早朝の江戸川再開初日でした。
1号艇重野哲之2号艇石渡鉄兵3号艇平尾崇典4号艇中野次郎5号艇田中信一郎ディズニーリゾート代を稼いだ6号艇江夏満重野哲之ウイニングラン重野哲之報道向け記念撮影重野哲之優勝者インタビュー重野哲之一般向け記念撮影


 ちなみに最終日の第5Rは冠協賛競走「家建ちました!記念」でした。
 「レースオーナー平山様からコメントを頂いてますので紹介します。「いろいろあった一年ですが、無事に一戸建てを新築しました。」とのことです。ありがとうございます。さあ、待望の平山御殿。きっと大きくて素晴らしい家が建った事と思います。この夏は大きなお庭でバーベキューに花火、そして家庭菜園と楽しみ盛りだくさん。今日はローンの支払い分をここで稼いでいただきたいと思います。
 そんなレースは6号艇赤岩善生が5号艇秋山直之を叩いての差しで1着になりました。


若松G1全日本覇者決定戦優勝戦

 「頑張っ艇こう」がキャッチコピーの全日本覇者決定戦(特設サイト)を締めくくる一戦は6号艇西島義則(福岡在住広島支部)が動いた16/2/345の進入から2号艇重成一人が捲りを決め、G1V5で通算33回目・若松はデビュー初Vだった2000年3月の一般競走以来となる2回目の優勝
 捲り差した3号艇今垣光太郎が2着。

 選手紹介で「おはようございます。若松で全然成績結果を出すことができてません。えー、でもまたMBを若松から選んでもらえるように今回結果を出して帰りたいと思います。応援よろしくお願いいたします。」とコメントした平田忠則(今節選手宣誓担当)に対し
 「こんにちは。平田選手、挨拶が長い!
 と突っ込みを入れて重々しい雰囲気を吹き飛ばそうとした重成一人は2日目6R1号艇でイン速攻決め先頭も2M振込詐欺で2着に敗れたミスを捲り戦で汚名返上して優勝。

徳山サンケイスポーツ杯争奪戦優勝戦

 スロー勢の起こしが深い146/235の進入になったサンスポ杯は1号艇佐々木康幸が05トップスタートの速攻で深インを克服し、今年2回目・通算40回目・徳山は昨年7月の前回当地競艇マクール杯マスターズ選手権に続く5回目の優勝
 2号艇勝野竜司が内に動いた2艇を捲りきる外マイで2着。

G1江戸川大賞初日【現地写真付き】

ブログネタ
競艇 に参加中!
新スタート野郎哲也による選手代表挨拶 新機新艇で心機一転の東日本大震災被災地支援競走開設56周年記念G1江戸川大賞が今日から開幕。
 まずは新スタート野郎山田哲也による選手宣誓の写真。

選手紹介はドリメンを除いて1人ずつ登場 選手宣誓の後に行われた選手紹介は1R出場選手、ドリメンを除く登録番号の古い順に1人ずつ壇上に上がって進行。
 ちなみに写真は15日実施の大型プロマイド&オリジナルTシャツチャリティー販売イベント特設サイトでPRに協力した地元福来剛です。

ドリームレーサー賞出場者インタビュー 初日ドリーム12Rドリームレーサー賞の選手紹介兼公開インタビュー。

ゴールデンレーサー賞出場者インタビュー 2日目ドリーム12Rゴールデンレーサー賞選手紹介兼公開インタビュー。

 「今年2011年は3つのG1競走が行われまして、なんとも贅沢な一年となりますリバーサイド江戸川。今回はその第1弾となります開設56周年記念江戸川大賞。人気アイドルグループの総選挙も終わりましたので、今日からは心置きなくオンリーワン江戸川をお楽しみ頂きたいと思います。(動画
 ということでAKB48 22ndシングル選抜総選挙は終わりましたが、今節の江戸川では舟券の投票と共にトーキョー・パイレーツ選抜総選挙の投票も受け付けてます。
 場での投票方法は1Fインフォメーションセンターに置いてある投票用紙に推しメン6人と必要事項を記入して場内の投票箱に投票します。

 で、森泉宏一アナによる上記の口上で開幕した江戸川大賞のオープニングは4号艇江夏満が効果満点のカド捲りで1着。
毎度おなじみ江戸川大賞の看板江夏満

明るく楽しく元気よくの山下和彦 2Rは3号艇山下和彦が差して1着。

桐本康臣 3Rは2号艇桐本康臣が捲って1着。

バディーのぬいぐるみはしよくんへのおみやげに 4Rは1号艇・しよくんのパパ吉田弘文が1着で今節初のイン逃げ決着。

江戸川大賞歴代優勝者の三嶌誠司 5Rとにかくひろくん記念は1号艇三嶌誠司が1着になり、香川16期1860黒石旦明元選手の娘さんにして元江戸川スプラッシュエンジェルの黒石加恵アナが公開勝利者インタビュアーの江戸川大賞で香川支部選手が今節初1着。

 6R昨年の優勝者・4号艇石渡鉄兵が捲り差しで1着になり、江戸川鉄兵が東京支部選手の今節初1着。

 尚、このレースで2番手を航走してた2号艇湯川浩司(大阪85期4044)は差して2番手争いを演じてましたが、2M入口で6号艇山本隆幸(兵庫85期4025)にカマを掘られてバランスを崩し最後方に下がってしまい、痛々しい感じでゴールした江戸川G1V3の湿気王子はDR賞を待たずに負傷帰郷してしまいました。
前年優勝者の江戸川鉄兵

中野次郎今日1勝目 7Rは3号艇中野次郎が差して1着になり、東京支部2人目の1着選手に。

チャーミー村越 8Rは2号艇村越篤が差して1着になり、香川支部が今節2勝目。

ミルキースマイルの元祖スタート野郎哲也 9Rは1号艇市川哲也が05トップスタートのイン速攻で1着になり、元祖スタート野郎哲也が本領を発揮。

マラソンマン重野哲之 10Rは3号艇重野哲之が捲って1着。

兵庫のBIGスター俊彦 11Rは1号艇吉田俊彦が1着になり、初日1号艇の1着本数は全部で4本。

中野次郎今日2勝目 1号艇湯川浩司が欠場して5艇立てになったドリームレーサー賞は234/56の進入になり、インが手に入った2号艇中野次郎が初日連勝で得点率単独1位。

熊切あさ美となかじままりが東北物産展をPR 「47CLUB×BOATRACE江戸川東北支援企画」の東北物産展販売協力で元チェキッ娘熊切あさ美とものまねタレントなかじままりが4R発売中と5R発売中に登場。

BR江戸川イベント部長熊切あさ美 滋賀17松居修元選手の娘松居一代のものまねをするなかじままりのセールストークに乗って即席きりたんぽを購入したら熊切あさ美の名刺をもらいました。
 江戸川イベント部長ということは、11月のG1ダイヤモンドカップと12月のG1関東地区選手権でもPRに協力するのかもしれませんね。

G1江戸川大賞は東北物産展で元チェキッ娘熊切あさ美が参加

ブログネタ
競艇 に参加中!
ゴー!ゴー!ボートレース!がんばろう!日本 新機新艇で心機一転、いよいよ明日から始まる東日本大震災被災地支援競走開設56周年記念G1江戸川大賞
 徳増秀樹が急遽欠場したためEBR52はEBR51になってしまいましたが、ボート界の精鋭51名が新モーター・新ボートで6日間を戦います。
 尚、前検タイム測定(1位は山口剛の13号機で6.66)は行われましたが前検練習は強風高波浪の為中止になってます。

 さて、Wドリーム戦メンバーや選手系ファンサービスについてはパンフレットをもとに5月31日付けの記事で既に紹介しましたが、今日は江戸川オフィシャルブログ媒体訪問(目標売上40億円)などで公開された情報を追加で紹介します。

 まずは江戸川オフィシャルブログの6月5日付け記事イベントのお知らせ(リンク先にpdfパンフレットもあり)で販売参加予定選手が発表された5日目15日の「若手女子選手による選手サイン入りグッズのチャリティー販売」を改めて紹介。
 販売応援選手として参加するのは古川舞市村沙樹中澤宏奈の3人で、販売物品は出場選手の直筆サイン入りA4判プロマイド1枚1000円(各選手3枚限定)と出場選手の直筆サイン入り江戸川オリジナルTシャツ1枚2000円(各選手1枚限定)。
 チャリティー販売については本日開設されたチャリティー販売特設サイトで詳しく紹介されてますが、EBR51のプロマイドとTシャツの見本の他にプロマイドにサインを入れた直後の福来剛もプロマイドを手に持ってPRに協力してます。
江戸川大賞節間イベント案内

 次に、6月8日に行われた媒体訪問で詳細が紹介された「47CLUB×BOATRACE江戸川東北支援企画」の東北物産展。
 物販は初日の11日と2日目の12日に行われますが、初日の11日は媒体訪問にDAIBAッテキされた元チェキッ娘熊切あさ美(6月9日生まれ)とものまねタレントなかじままり(滋賀17松居修元選手の娘松居一代のものまねで江戸川大賞をPR)の2人も12時頃から販売応援に参加します。
 ちなみに2人の現在の所属事務所はフロム・ファーストプロダクションですが、同事務所は昨年8月のMB記念場外で石野真子・嶋大輔などが出演した江戸川NIGHTミュージックフェスティバルに続いて江戸川イベントに全面協力です。
江戸川大賞「売って売って売りまくります」

 最後に、江戸川施設所有者の関東興業小高幹雄代表取締役が会長を務めるBOATRACE振興会のプレスリリースから。
 江戸川大賞の開催に合わせて公営競技初のカラーマークカードを試験導入し、マークカードの枠番が枠に合わせた6色に塗られたカードが登場します。
 試験導入されるのは江戸川の他に唐津、ボートピア習志野、ボートピア市原、ボートピア名古屋で、いずれも富士通フロンテックの発券システムを導入してます。

G1江戸川大賞開設56周年記念開催案内【新機新艇】

ブログネタ
競艇 に参加中!
ゴー!ゴー!ボートレース!がんばろう!日本 6月11日から始まるG1江戸川大賞
 新モーター・新ボート導入初節でもある江戸川大賞、今日はパンフレットをもとに江戸川大賞の主な開催情報について紹介します。

 まず、江戸川大賞はダブルドリーム戦でメンバーと枠番は以下の通りですが、2日目GR賞に地元が4人選出されてるあたりに江戸川らしさを感じます。

 初日ドリームレーサー賞
1:湯川浩司 2:中野次郎 3:菊地孝平 4:魚谷智之 5:山口剛 6:白井英治
 2日目ゴールデンレーサー賞
1:中島孝平 2:濱野谷憲吾 3:石渡鉄兵 4:熊谷直樹 5:飯山泰 6:赤岩善生


 予備選手は順番に市川哲也山田哲也のWスタート野郎哲也、秋山直之の3人です。
DR賞・GR賞メンバー

 次に、主なファンサービスを紹介。
 
 初日6月11日
選手紹介式・Wドリーム戦出場者インタビュー 9時40分頃から場内特設ステージ
 初日6月11日〜4日目6月14日
予選全レース公開勝利者インタビュー(場所は第4投票所前特設ステージ)
 5日目6月15日
若手女子選手によるサイン入りグッズのチャリティー販売(正門横にて開門〜14時30分)
準優勝戦公開勝利者インタビュー
 最終日6月16日
公開優出者インタビュー 第4R発売中と第5R発売中に3人ずつ(場所は第4投票所前特設ステージ)
表彰式(場所は第4投票所前特設ステージ)

江戸川大賞イベント案内


江戸川4日目

 明日予選最終日を迎える江戸川の東日本大震災被災地支援競走。
 4日目を終えて得点率上位12人は以下の通りです。

9.71齊藤仁 8.83中辻崇人 8.67飯島昌弘 8.43笠原亮 8.00鶴本崇文坂口周 7.83吉田一郎 7.50原田篤志 7.00泥谷一毅 6.86星野太郎 6.83川上剛乙津康志

 今日は第5Rで逃げる1号艇五反田忍が差す2号艇中辻崇人と先頭接戦の状態も五反田忍は+02のフライングで戦線離脱。
 しかし傷心の五反田忍に明日吉報が届くかもしれません。
 五反田忍の愛弟子鎌倉涼が明日の芦屋全日本オール女子選手権優勝戦で13度目の優出にして初めて1号艇になり、初優勝の悲願達成はいよいよ目前です。

丸亀日刊スポーツカップ優勝戦

 森高一真の優勝で幕を閉じたG1京極賞の次節にあたるまるがめブルーナイターはブルーがイメージカラーの日刊スポーツカップ。

 江口晃生が1号艇になった優勝戦はシエロさんが125/346のインから先制し、2号艇池本輝明の差しを振り切って先頭。
 2番手の池本に対し、1M差し続いた3号艇真庭明志と1Mつけ回った5号艇篠原俊夫(香川)が2M手前で池本の内に潜りこみますが、池本は思い切って外に持ち出し2艇をまとめて包み込みます。
 するとなんと池本は2艇だけでなく先頭のシエロさんをも捲りきり、2M大捲りで逆転に成功した池本は丸亀3回目・通算34回目の優勝
 一度は単独先頭も2M捲られて2着に敗れてしまったシエロさんは森高江口ラインで続く丸亀Vロードを築く事が出来ませんでした。

児島競艇マクール杯優勝戦

 SGグランドチャンピオン決定戦特設サイトを開設した児島の優勝戦は、枠なり3vs3の進入から1号艇深川真二が難なく押し切り、今年3回目・通算52回目の優勝
 差し順走の2号艇赤坂俊輔が2着で、1M捲り差した5号艇川田正人が1M競艇マクール流れるもBS内に切り返し巻き返し図ってきた3号艇向所浩二の追撃を退け3着。

G1江戸川大賞出場予定選手発表+明日から江戸川本場開催再開

ブログネタ
競艇 に参加中!
 昨夜、G1江戸川大賞(6月11日〜16日)の斡旋メンバーが発表されました。
江戸川開設56周年記念出場予定選手

 上の画像の通り、東京支部は熊谷直樹濱野谷憲吾石渡鉄兵飯山泰作間章中野次郎福来剛山田哲也が斡旋されてます。

 また、岩手県一関市出身で宮城県名取市在住の埼玉支部82期3952中澤和志が江戸川大賞の直前、6月2日から開催される地元G1戸田ダイヤモンドカップで待望のG1斡旋が入ったのに続き、江戸川大賞にも斡旋が入りました。
 戸田DCに無事出場すれば、G2以上の出場は2009年3月のびわこG2秩父宮妃記念杯以来で、G1以上の出場は2008年6月の平和島SG笹川賞以来となります。

 下の動画付き東スポ記事は本来SG総理大臣杯最終日になるはずだった3月21日に行われた戸田公園駅での埼玉支部選手募金活動ですが、その記事で中澤和志の師匠にして震災翌週支援活動で宮城県へ行った鈴木賢一が被災した中澤和志について話してます。
埼玉支部のボートレーサーが地元・戸田公園駅で街頭募金呼びかけ


【明日から江戸川本場開催再開】

 明日から本場開催を再開する江戸川ですが、レース名は当初のサンケイスポーツ杯からノンタイトルの東日本大震災被災地支援競走に変更されました。
 初日江戸川選抜のメンバーは以下の6人です。

1:熊谷直樹 2:岩崎正哉 3:齊藤寛人 4:天野晶夫 5:荒井輝年 6:萩原秀人

 このうち江戸川大賞出場予定選手は今節選手代表の熊谷直樹はもちろんの事、荒井輝年と萩原秀人も加えた3人に斡旋が入りました。

【おれは鉄兵】石渡鉄兵G1江戸川大賞Vで真の江戸川鉄兵へ

ブログネタ
競艇 に参加中!
 本日は風と潮が波乱を呼ぶ日本一の難水面、リバーサイドスポーツExcitingBoatRace江戸川開設55周年記念G1江戸川大賞最終日
 1本目の記事では東京支部選手トークショーについて書きましたが、この2本目はレースについて書きます。

 今日の水面は5日目まで未勝利だった古澤信二と江戸川浩司こと湯川浩司のコンビが鬱憤晴らしの連勝を決めた一方、1号艇の頭は古澤の第2R濱野谷憲吾第5Rだけと荒れ模様でした。

 そんな状況で迎えた優勝戦はスタートかなり踏み込む速攻の1号艇馬袋義則に対し2号艇出畑孝典の差しが迫り、スタート判定のさなかにデバッチの差しが逃げ馬に届いて併せ馬になりましたが、馬袋は+01のフライングで戦線離脱(返還総額1億8601万1100円)。
 公開優出者インタビューで自らを「黒い弾丸」と称した2009年度児島キング出畑孝典はこれで単独先頭になりましたが、2Mデバッチのターンは艇が浮いてそのまま大きく流れてしまい、1M2番差しの3号艇石渡鉄兵がデバッチを差しきり逆転先頭に。
 「誰よりも江戸川を愛する男。今度こそ今度こそ今度こそ狙います」江戸川鉄兵が遂に江戸川のG1優勝戦で先頭に立ち、迎えたドラマは最終回ラストイニングに入りました。
 「江戸川の記念を獲る事が夢と語っていた男がこよなく愛するホーム江戸川で待望のG1タイトルを手にする瞬間がやってきました。江戸川鉄兵の自負と心意気を見せつけました。(動画
 と、森泉宏一アナの熱い実況をバックに先頭でゴールした江戸川鉄兵は江戸川V9が初のG1Vになり、今年は4回目・通算39回目の優勝

 F前退きながら遂に大輪の花を手にした江戸川鉄兵にはウイニングランでも表彰式でも大きな声援が贈られました。
 ちなみに江戸川鉄兵のペラグループはTASK(TeppeiAkiraShoKanae)で今節は作間章若林将もおり、今日はトークショーで足立かなえも駆けつけましてTASKの名前を形成する4人が勢揃い。
 そのTASKは今年から人数が増えまして、106期4608荒井翔伍と同4610佐藤大佑、更に若林将の兄107期4617若林友も加わって7人体勢。
 G1獲得で名実共に江戸川を代表する選手になった江戸川鉄兵は後輩育成でもマーサク選手共々大いに期待されてます。
江戸川鉄兵表彰式その1江戸川鉄兵表彰式その2表彰式写真より写りがいい優出者インタビューの江戸川鉄兵

 優勝戦の話に戻りまして、2番手のデバッチは1M外マイから2M2番差しの5号艇新田雄史に迫られ、2周1M新田が小回りで艇を合わせきって2番手同体に。
 ですが今節足色ナンバーワンの超抜デバッチは2周2M新田を外から黒い弾丸フルショットで捲りきってHSややリードし、3周1M締めて先行し2着は取り切りました。
無念のFに散った馬袋義則2MのミスでVを逸した黒い弾丸出畑孝典江戸川大賞優出外枠3選手



浜名湖2010競艇マクール杯優勝戦

 1235/46の進入から1号艇平野和明が06トップスタートの速攻も2号艇山室展弘が差し捕らえ、2Mを先制した山室大先生が平野を突き放す競艇サシキールで今年4回目・通算102回目の優勝

宮島SOYJOYカップ争奪血液型選手権O型編優勝戦

 商品名にOが2つ入っている大塚SOYJOYのタイトル戦にしてO型選手限定戦のファイナルはO型の土谷由美アナによる一言コメントつき((動画))。
 枠なり3vs3の進入から1号艇・「感動しやすいO型、段々と涙もろくなってきたという事ですが、その涙は絶対に絶対に見られたくはないそうです。山崎昭生が12トップスタートの速攻で押し切り、今年2回目・宮島3回目・通算48回目の優勝を初日10R2号艇2着以外全部1着の準完全Vで達成。

 後続はつけ回った2号艇・「人を笑わせようとするサービス精神はB型っぽいですが、部屋をのぞいた選手によればやっぱりO型らしいです。辻栄蔵と差した3号艇・「ひとりぼっちは苦手。実はさみしがり屋というのもO型です。益田啓司の2番手争いになり、2Mは内の益田が先行も辻ちゃんが4号艇・「間違いなくO型。大雑把ですときっぱり。梶原正を行かせての差しで内外入れ替わり、2周1M内から先行した辻ちゃんが2着でゴールイン。

若松スポーツ報知杯争奪戦競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇桐本康臣が08トップスタートの速攻で先頭に立ち、今年2回目・若松初・通算13回目の優勝
 つけ回った3号艇柴田光が3番手以下を大きく引き離しての2番手で桐本をぴたっと追走し、最後は桐本にも0.3秒差に迫った好内容で2着。

唐津鏡山特別優勝戦

 場向かいにある鏡山の名を冠した3個準優制4日間開催のファイナルは1453/62の進入から1号艇徳増秀樹が3号艇長田頼宗の捲りを受け止めて押し切り、今年5回目・唐津2回目・通算42回目の優勝
 長田は差し順走の4号艇三井所尊春(佐賀)に伸び返され2M先行されるも、長田は押っつけ気味の差しでミーショを差しきり2着。
競艇場から見る鏡山


大村市長杯優勝戦

 今月3日の大村市市長選挙は現職の松本崇市長が、かつて松本たかし市長の私設秘書だった里脇清隆前市議会議長に1808票差で競り勝ち再選を果たしました。

 そんな市長選挙から1ヶ月もしないうちに開催された大村市長杯最終決戦は枠なり3vs3の進入から13トップスタートの1号艇石田政吾が13トップスタートの速攻で6号艇杉山貴博の捲りを受け止めて押し切り、今年11回目・通算60回目の優勝は初日6R6号艇2着以外全て1着の準完全V。
 捲って2番手の杉山は2M内突いてきた3号艇山本浩輔(長崎)を包んでかわしますがやや流れて包みきれず、1M差し順走の2号艇魚谷智之が2番差しのミスター赤カポック山本浩を2M行かせての小回りでHS最内に潜り込み、2番手3艇ほぼ横並び。
 この状態から黒魚が2周1Mで山本浩を張り飛ばし、飛ばされた山本浩を包んでかわした杉山も黒魚に突き放され、ここで黒魚が2着を取り切りました。

G1江戸川大賞2日目を全レース勝利者インタビュー写真と共にお届け

ブログネタ
競艇 に参加中!
大人の楽しみはひとつじゃない。「大人の楽しみはひとつじゃない。」のモデルになった屋上庭園

 リバーサイドスポーツExcitingBoatRace江戸川ボートのG1江戸川大賞は2日目を迎え、自分も本場へ足を運びました。
 また、BPクラブ創設者山口雅司元選手のJLC解説者稼業もデビュー2日目を迎えました。初日の昨日はなかなか見られない江戸川のピット内を紹介してました。
 ちなみに山口雅司元選手と共にピット情報をナビゲートするのは元江戸川スプラッシュエンジェルにして丸亀中継エースキャスターの黒石加恵アナです。
BPクラブ創設者山口雅司の解説が聞けるのはJLC!

 レース紹介を前に、今節のメンバーで過去3年間江戸川出場が無い3人を紹介します。
 今節は新田雄史森秋光山口剛の3人で、新田雄史が2006年6月東京中日スポーツ杯優出5着以来、森秋光が2007年6月内外タイムス杯優勝以来、山口剛が2007年9月G3江戸川モーターボート大賞トライアル以来で、新田以外の2人は江戸川V経験があります。

 次に、全レースの1着選手紹介。勝利者インタビュアーはテレボートメールマガジンスイッチONちゃんでお馴染み恩田菜穂アナでした。
 かつてはKYOTEI BLOGのOFF TIMEで他のAZキャスターと持ち回りでブログを書いてましたが、オフィシャルのKYOTEI BLOGが終了した今も個人ブログパラダイスな毎日でブログを読むことができます。
第1Rはたけし軍団長 では、ここから1着選手を勝利者インタビュー写真と共に紹介。
 第1Rは捲り差した6号艇川上剛

第2Rは中嶋誠一郎 第2Rは本日唯一の捲り勝ちだった4号艇中嶋誠一郎

第3Rはこの日1本目の出畑孝典 第3Rは捲り差した3号艇出畑孝典が1号艇赤岩善生の切り返しを2M行かせて捌き、なおも粘る赤岩を振り切り1着

第4Rは自分の舟券リズムをカエた救世主金子貴志 第4Rは1号艇金子貴志(福井)が本日初のイン逃げを決め1着。
 そしてここから流れが一変して7R連続でイン逃げが続く事に。

第5Rは秋に光る森秋光 第5Rの1着は1号艇森秋光
 なお、2周2Mで3番手を争ってた6号艇飯島昌弘が内小回りしようとしたところで振り込んでしまい選手責任沈没を喫してしまいました。

第6Rは今節最若手の新田雄史 第6Rの1着は1号艇新田雄史
 なお、2号艇別府正幸は1周2Mのもつれ合いで負傷したようで以降スピードが乗らずに大きく離れた最後方でゴールし、そのまま帰郷しました。

第7Rは連勝なのに泣き連発だったまいうー石塚久也 第7Rの1着は1号艇石塚久也

第8Rは杉山正樹 第8Rの1着は1号艇杉山正樹

第9Rは機力不足をスタートで克服した大場敏 第9Rの1着は1号艇大場敏
 なお、1Mつけまい敢行した3号艇飯島昌弘は振り込んで5号艇川上剛に不利を与えて不良航法を適用されてしまい、たけし軍団長はパーツ破損でスピードが乗らず大きく離れた最後方でゴール。
 また、飯島昌弘は負傷帰郷し、2006年G1江戸川モーターボート大賞優勝者が戦線離脱してしまいましました。

第10Rは連勝決めて節一モードのデバッチ 第10Rの1着は1号艇出畑孝典で、デバッチは2日目唯一の連勝者に。

11Rは急にプロペラを2度カエたQPK柳沢一 11Rは差した4号艇柳沢一が1着で第3R以来となる1号艇以外の勝利。
 ちなみに柳沢一のモーター46号機は前回日刊スポーツ杯柳澤千春が使用してました。

GR賞はスタート判定をクリアした飯山やすし メインゴールデンレーサー賞は際どいスタートから差しを決めた2号艇飯山泰がスタート判定を00タッチスタートでクリアして1着。
 差した4号艇熊谷直樹が2Mくるりと運んで2着に入り、東京支部ベイパワンツー。

スカイツリーをバックにG1江戸川大賞開催中

開設55周年記念G1江戸川大賞遂に開幕!

ブログネタ
競艇 に参加中!
大人の楽しみはひとつじゃない。 今日からいよいよ始まったG1江戸川大賞
 今節は記者投票選出のダブルドリーム戦が組まれており、初日がドリームレーサー賞で2日目がゴールデンレーサー賞
 また、今節から多摩川BPクラブ創設者の山口雅司元選手がJLC解説者デビューです。

 次にドリームレーサー賞の結果
 05トップスタートから差しを狙った2号艇池田浩二がターンマークに当たって選手責任転覆を喫するアクシデントはありましたが、06スタートから1Mを先制した1号艇・東都のエース東の横綱濱野谷憲吾は事故艇の直外を通って差した4号艇石渡鉄兵と捲り差した6号艇高橋勲の追撃を振り切って人気に応え1着。
 2番手争いは2M内の江戸川鉄兵と外の高橋勲でほとんど同体になりますが、2周1Mに事故艇がいたため、内優先で江戸川鉄兵が2着、高橋勲が3着になり東京支部トリオが上位独占。尚、池田浩二は負傷帰郷となりました。

 アクシデントといえば、江戸川大賞V3の実績を誇る熊谷直樹(GR賞4号艇)は第4R6号艇で捲り差しを決め1着となった後の第10R5号艇で捲りを決め先頭に立ち連勝となりかけたところで無情にもスタート判定の結果は+02のフライング。
 ちなみに第10Rの1着は2番手残した1号艇樋口亮がスタート判定も01で残して繰り上がりました。

 一方、明るい話題として第5Rで千葉ロッテマリーンズファンの1号艇三角哲男(千葉58期3256)が3号艇伊藤誠二の差しを振り切って、俺たちの誇り三角哲男は通算1500勝を達成しました。
G1江戸川大賞開設55周年記念選手紹介・開会式

 さて、関東スポーツ紙で最もボート記事の内容が濃い東京スポーツが江戸川大賞に合わせてまたまた各種コンテンツを公開してます。

 下に貼り付けた江戸川無料バス案内は最たるもので、他にも相原ミク(大江戸賞からの連続媒体訪問出演)と麻見まことによる媒体訪問動画に、江戸川王子「桑原将光おすすめ江戸川の名店 季節料理「勝」」の動画付き記事も公開されてます。

 そして、江戸川王子の名ナビゲートが見られる季節料理「勝」の動画付き記事にもゲスト出演している若林将(直前にはボートピア習志野でトークショーを行った今節選手宣誓担当)は東スポの大江戸賞媒体訪問動画で優勝宣言をしたら本当にデビュー初優勝できたのを喜んでいて、その縁もあって今回は通常のG1ながらコラム「地区スター候補・若林将の挑戦」が掲載されてます。

 しかし、第1R3号艇に乗艇した若林は捲って1着になった2号艇馬袋義則と36スタートだった1号艇中嶋誠一郎の間を割ろうとしてサンドイッチになってしまい沈没失格。
 救いは責任外だったことで、第7Rも6号艇だったこともあって5着でしたが、2日目第1R1号艇1回乗りを取りこぼさなければ可能性はあります。

ドイツ車争奪G1江戸川大賞優勝戦〜天の川は銀河系

 最終日10億5195万4900円、節間47億7522万4800円と目標の45億円を上回って七夕の本日終了した開設54周年記念G1江戸川大賞
 終日安定板着用だった水面はオープニングの第1Rで初A1初G1の1号艇榮田将彦(2月7日生まれのO型)が逃げ切ってG1水神祭達成という明るい話題があった一方、南追い風6m波高10cmの第3Rでは1周1Mターンマークにぶつかった1号艇高沖健太(三重85期4049)を内から避けようとした3号艇上平真二もターンマークにぶつかり、そこへ5号艇林美憲が高沖の背中へまともに乗り上げ、上平はゆっくり転覆、ぐったりした高沖はエンスト失格、再始動した林は時間切れ失格という多重アクシデントがあり、高沖は後半第9Rを欠場。続く第4Rでも1周1M外マイから5号艇古賀繁輝が出口で南風7m波高15cmに呑まれて落水するアクシデントがあり、古賀は後半特別選抜B戦を欠場。ちなみに下げ潮から上げ潮に切り替わる直前の南追い風7m波高15cmだった第5Rのみが2周戦でした。

 そんな文字通り波あり風ありで1号艇の頭は2本、捲り決着も事故レースの4Rを入れて2本と差し優位の流れで迎えた最終日のクライマックス優勝戦
 「天の川、そして江戸川に託した周年制覇の願い。6色の短冊に書かれましたその願い、かなうのはただ1枚だけです。」と、銀河系の天の川と化した中川で賞金750万円と関東興業社長賞のドイツ産高級輸入自動車メルセデス・ベンツ(1000万円相当)を懸けて行われたバトルは、内枠の遠征3艇と外枠の地元3艇に分割されて実施されたランチタイムの公開優出者インタビューで1号艇山本隆幸(兵庫85期4030)が「3号艇のチビが変なことしなければ」と言ったり、2号艇山崎智也が「ロバがターンマーク外せば」と言ったり、3号艇湯川浩司(大阪85期4044)が「ポニーがミスしてくれれば」と言ったり、6号艇の地元角谷健吾が「銀河系の生意気な2人には負けたくない」と言ったり、ステージ上でもバトルを展開。ちなみに5号艇山田竜一(今節選手代表)は3Rと4Rの事故の関係でインタビュー前大忙しだったそうです。
 そしてレース本番、チルト+1度の湯川が21スタートから伸びて捲り、追い風と上げ潮にも流されずターンがしっかり掛かって先頭。捲り差しで続こうとした4号艇の地元作間章は機力劣勢か間を割れず、27スタートの山本隆幸が伸び返して湯川に迫り、2Mは山本隆幸が内から押っつける展開に。ですが湯川は山本隆幸を包みきって先頭をがっちり固め、2007年の52周年に続く江戸川大賞V2でSGV3を含む記念V7となる通算23回目の優勝。捲りにくい水面状況で見事捲りを決めた会心のレースと、嫁に運転させて自分は助手席というドイツ車獲得に表情も崩れっぱなしでした。
 1周2M空振りに終わった山本隆幸を山崎智也が差して2番手が入れ替わりますが、2周1M内から艇を伸ばした山本隆幸が同体に持ち込み、2周2M内から先行して再逆転2着と、ここは先月の当地富士通カップ優勝で培ったコース経験が競り合いで生きた形に。
 
 以上の様に、昨日の多摩川G3女子リーグ戦第5戦モーターボートレディスダービーで銀河系のベガ田口節子(岡山85期4050)が優勝したのに続き、今日は寝台急行銀河系のアルタイル湯川浩司改め江戸川浩司が優勝しました。以下は公開優出者インタビューと表彰式の写真です。
銀河系の牡馬リリアン山本(趣味:競馬)銀河系コンビと呼吸ばっちりの仲だった山崎智也チルト角度について真面目に語った湯川専務江戸川LOVEの気持ちは一番だったマーサク選手足には自信もちょっとお疲れモードだったRYUICHI打倒銀河系に炎を燃やすも枠が遠かったすみけん関東興業社長賞のドイツ車を授与され満面の笑み江戸川浩司襲名記念インタビュー車の鍵を高らかに掲げる記念撮影

 ところで、今日は無料ファンクラブ江戸川競艇ラリーズクラブのポイントカードが1000Pたまったので、通常4000円のプレミアムラウンジ遊にポイントを使って初めて入りました。
 水木しげる画集を始めとする江戸川アートミュージアムが入口にドドンとあったりして江戸川ワールド炸裂なロイヤル席でしたが、1人1台の液晶モニターが設置されてたり、スネークソファーはめちゃくちゃ座り心地が良くて昼寝に最適だったりと居心地はよかったです。見心地は写真を参考にしてください。
遊から左側を見る遊から右側を見る


丸亀G1京極賞優勝戦

 まるがめポイントクラブ、略してまるポクラブを始めとする電話投票キャンペーンや、6月21日に森高一真ボートピア横浜でトークショーをしたり、6月27日に平山智加がボートピア名古屋でトークショーをしたり、6月28日にボートピア市原ボートピア習志野で西村美智子がトークショーをしたり、極めつけは5月31日に重成一人がボートピア習志野でトークショーをしたりといった地元選手による場外キャンペーンの成果か節間売上は68億6967万3400円と全国発売びわこ新鋭王座並の数字だった京極賞。

 3日目11R4号艇2着以外は全て1着だった坪井康晴(43号機)が1号艇だった優勝戦は枠なり3vs3の進入から超抜つボイが16スタートから余裕のつボイン戦を披露しようとしたところに、19スタートの2号艇重成一人があっと驚く強つけまい。
 南追い風6m波高6cの強い追い風を考慮して決め打ちしたという強つけまいに超抜つボイは呑み込まれ、重成ひとり先頭独走。超抜つボイは3号艇今垣光太郎にも差し切られて2連単派には無意味の3着に沈む惨敗。
 123BOX派にはウハウハの2連単6190円3連単12000円という高利率を提供した重成銀行は京極賞V2となるG1V4にして通算29回目の優勝自ら男前と発言したりといった面白トークとイケメンぶりだけで無く豪快な七夕ショーを披露した実力の方も四国No.1への道を着々と歩んでます。


下関G3新鋭リーグ戦競走第8戦COME ON!FM CUP優勝戦

 中四国地区スターのブル魚谷香織&ネーロ大峯豊を始めとする山口支部ヤング会のネーミングが「西京波者」に決定したり、週末以降のG1期間中徳山競艇場に滞在する都築あこが秋葉原でアマユコットのコスプレ衣装合わせをしたりと週明けは山口県の競艇場に動きがありましたが、ツヅッキーとのあこばミキコンビで一緒に多摩川初日&江戸川前検を見学した上に昨日の池田雷太東京支部長&江戸川王子桑原将光トークショーのありがたい写真を掲載してくれた秋葉ミキ艇がGBリポーターの新鋭リーグ第8戦にCatchUp!

 123/465の進入から1号艇安達裕樹が04トップスタートの速攻で圧倒して今年2回目・通算5回目の優勝。2着は差し順走の2号艇大峯豊が4号艇山口裕太の2番差しを振り切って入線。

児島BOATBoyCUP優勝戦

 銀河系の天の川を介して織姫と彦星は1年に1回だけとすこ〜し切ない出会いではありますが、朝も昼も夜も走れ!競艇!BOATBoyは年間12回も出会えます。ちなみに今節は銀河系のぶちこみ王子井口佳典トークショーが4日にボートピア松江、5日に児島本場で実施されてます。
 そんな七夕決戦BOATBoyCUPは枠なり3vs3の進入から1号艇秋山直之が09トップスタートから捲り差した3号艇原田秀弥を退けてのイン戦で今年3回目・通算31回目の優勝。2着は原田ひでや。

G1江戸川大賞準優勝戦〜白黒つける。

 G1江戸川大賞5日目は終盤3つの準優勝戦がメインカードですが、まず第2Rで今節が初A1初G1だった3号艇山田雄太が差してG1水神祭なる場面が。

 次に「南寄りの風が吹きます競走水面です。東京湾からの風ですので潮の香りが懐かしく感じられます。(動画」という千葉マリンをこよなく愛す君津市出身平山信一アナのお言葉で始まった一般戦第3R
 スタート踏み込みすぎた4号艇村田修次のカド捲りを小回りでこらえきった1号艇花田和明が1着になったレースは、+05のムラッシュと+02の5号艇小畑実成と+06の岡田憲行と、外枠3艇がフライング。返還総額は3396万8500円でした。

 2号艇・阿波のA1レーサー佐々木和伸(78期本栖チャンプ)が差して1着になった第4Rを経て第5R
 かなりはみ出した1号艇別府正幸が逃げて先頭、つけ回った3号艇濱野谷憲吾が2番手、差しハンドルの2号艇松下一也が3番手という展開でしたが、別府が+14、松下が+07、そして濱野谷も+04と内枠3艇がフライングで外マイから4番手の5号艇齊藤仁が繰り上がりで1着。返還総額は5172万4800円でした。
 これにより9月下旬までの斡旋が既に入ってる濱野谷は10月の尼崎SG全日本選手権がF休みになり、既にFを持っている松下はF2に。新鋭チャンプ松下は5月以降の勝率が6.15しかなく、事故率が0.69もあり9月までびっしり斡旋が入ってる事も考えたら来期のA1維持と今年中に通算3回目の優勝を達成する事が非常に苦しくなってきました。

 そして1M3艇の差し合戦から2Mを先取り、その後も相次いだ激しい攻防をしのいだ末に6号艇松元弥佑紀が1着になり、2連単6-3が最低人気の24400円で3連単6-3-2が106番人気の73580円というびっくり配当の第7Rと本日最初の1-2決着だった第9Rを経ていよいよ準優勝戦。ちなみに今日は本場に行ってないので写真は4日目までのを再使用です。

 1つ目の準優勝戦第10Rは08トップスタートの4号艇飯山泰が捲って行くも流れ、差した2号艇作間章(木更津市)が先頭。
 1号艇・寝台急行銀河系王子湯川浩司(大阪85期4044)は2番手でしたが、2Mでさくまあきらを差して追いつき、2周1M内から先行して逆転1着。内房アタッカーさくまあきらは2着優出でした。
3日目10Rを勝った時の湯川

 2つ目の準優勝戦11Rは初日12Rゴールデンレーサー賞をイン逃げで制した1号艇山崎智也がここもイン逃げを成功させ1着
 差し順走で2番手の2号艇山田竜一(今節選手代表)に対して6号艇毒島誠が2周1M小回りで差を詰め、2周2Mを先行しますが、ここは山田竜一が行かせて捌き、ここも地元の2号艇が2着優出。尚、2周2Mで5号艇中島孝平が責任外エンストを喫しました。
初日GR賞を制した時の山崎智也

 最後の準優勝戦12Rは5月以降の勝率8.55と絶好調の2号艇角谷健吾が20トップスタートで早差し狙いますが、先月の富士通カップを優勝して再開後の江戸川を誰よりも知る男・1号艇山本隆幸(兵庫85期4030)が江戸川再開後初参戦の角谷健吾を何とか振り切り1着。角谷健吾は2Mで5号艇金子貴志を行かせて捌き、ここも地元の2号艇が2着優出。
あふれるセンスで緑を克服した初日1走目の山本隆幸

 結果準優3つ全てが白黒つける1-2決着になり、2着は3人とも東京支部。内枠の遠征選手vs外枠の地元勢になった七夕銀河祭り優勝戦の枠番です。

1:山本隆幸 2:山崎智也 3:湯川浩司 4:作間章 5:山田竜一 6:角谷健吾

 天の川といえば銀河系。七夕決戦にふさわしく銀河系軍団の彦星が1枠と3枠に入りましたね。

多摩川G3女子リーグ戦第5戦モーターボートレディスダービー優勝戦

 5月の府中レディスダービーG1優駿牝馬は夏にG2札幌記念を使う事を表明したブエナビスタが勝ちましたが、七夕前日の府中レディスダービーは七夕に誕生日を迎える100期4450平高奈菜がデビュー初優出。初といえば、地元103期4519市村沙樹が3日目1Rで2号艇6コースから1M狭い艇間を突いての捲り差しから2Mでオオムラサキの様に華麗なる差し(動画)を決めて同期女子一番乗りとなるデビュー初勝利を飾り、水神祭の祝福を受けてます。

 そして陸の上では本日誕生日を迎えた女王横西奏恵(昨日まで浜名湖テレしずサマーカップ)がオフィシャルブログを始めたのが話題ですが、水の上では3月のSG総理大臣杯にも出場したポスト横西の最右翼・銀河系の織姫田口節子(岡山85期4050)が尼崎ダービー出場を目指してのハイスパートで、初日12Rなでしこ選抜戦1号艇2着以外全て1着の節一成績で優勝戦も1号艇。
 果たして枠なり3vs3の進入になった是政夢劇場本番は、銀河系のベガ田口節子が03トップスタートの速攻で押し切り、今年3回目・多摩川2回目・通算22回目の優勝を準完全優勝で達成。
 多摩川競艇無料バス発着駅の府中本町駅は川崎から南武線で一本ですが、2番手争いは2番差しの4号艇堀之内紀代子(岡山84期4011)が差し順走の平高奈菜を捕らえ、6号艇土屋千明の差しを振り切って2Mを先行し、ここで差し込んできた平高を振り切って岡山ワンツー完成。

G1江戸川大賞4日目と全国8場の優勝戦

 連日アグレッシブでエキサイティングな攻防が相次いでおりますG1江戸川大賞は予選最終日の4日目。今日はインがクルクル江戸川競艇で、12R中10Rで1号艇が1着(一覧)。
 そんな中、第3Rでは3号艇笠原亮が捲って流れたものの、この影響で1号艇白井友晴は消え、捲り差しから2M3艇を差した5号艇山田竜一(今節選手代表)が1着、1M差しから2M2艇を差した2号艇赤坂俊輔が2着で2連単6190円3連単5-2-6が30540円で本日唯一の万舟。

 もうひとつの12Rではグリップの無さと足落ちに苦戦している1号艇西川新太郎のターンが流れ、差した4号艇古賀繁輝が1着。
 差されて2番手の江戸川新太郎は2Mで6号艇白井友晴(前半イン戦で4着)を行かせ2番手キープ狙うも、ここで2番差しの2号艇山崎智也に舳先掛けられてしまい、2周1Mで差し返し狙うも押っつけてきた白井埼京に行く手を阻まれ4番手に後退。2周2Mで白井埼京に押っつけ返すも行かされて捌かれ空振り。そして3周1Mで山崎に押っつけた白井埼京が波に引っ掛かった所に絡んでしまいまさかの6着。尚、3周1Mもつれ合った影響で3着が3号艇角谷健吾になり、3連単は8570円に値下がり。

 さて、優勝賞金750万円と副賞のドイツ車(1000万円相当のベンツ)に最も近い予選1位は第9R3号艇1回乗りだった山本隆幸
 1M差しから2Mで6号艇柴田光をチャチャチャと行かせて捌き、先月の富士通カップ優勝に裏付けされた再開後の当地実績と確かな足とあふれるセンスで2着に入り、山崎智也のレースを待たずに予選1位を自力で決めました。
 尚、この9Rは2周2Mの3着争いで5号艇笠原亮に押っつけた2号艇・香川から参戦の上田隆章が接触した際に笠原を転覆させてしまい、上田はエンジン再始動に成功して完走したものの不良航法を適用されました。

シリーズ初白星の寺田♂ ここからは現着した第4R以降の公開勝利者インタビュー写真。まずはSGグランドチャンピオン決定戦で優出したばかりの寺田祥がシリーズ初白星。その後11R3着で予選7位通過。

この日一番人が多かった濱野谷インタビュー 続いては第5R濱野谷憲吾。東都のエースがお待ちかねの初白星でこの日一番人が集まりました。

新鋭チャンプのパナソニック 第6Rの新鋭チャンプ松下一也

ひぐち君 第7R樋口亮

男は40から。イーグル会長小畑実成。 第8Rのイーグル会長小畑実成

シリーズ2勝目の飯島昌弘 第9Rの飯島昌弘。2006年G1江戸川モーターボート大賞優勝者はこの勝利で予選を12位でクリアー。

同郷のアンガールズ田中にクリソツな上平 第10R上平真二。この勝利で予選を8位でクリアー。
 尚、ここ3号艇1回乗りだった星野太郎は4着だったものの予選を15位で無事クリアー。

前半6着の失敗を取り返したやっさん 11R飯山泰。この勝利で予選を8位タイ(選出順は10番目)でクリアー。

佐賀支部きっての波風うねり巧者古賀繁輝 12Rの古賀繁輝。この勝利で予選を8位タイ(選出順は9番目)でクリアー。

 選手紹介で「おはようございます。今節、繁輝君が優勝戦乗らないと僕に大変な事が起きてしまいます。」と言った森永淳は大変な事が起きて帰郷してしまいましたが、それを受けて「優勝戦乗らないと大変な事が起きそうなのでとりあえず準優勝戦乗れるように一生懸命がんばります。」と言った古賀繁輝、とりあえずの目標は達成できました。

 ここからは本日行われた8つの優勝戦を場コード順に紹介していきます。

桐生日刊スポーツ杯優勝戦

 11R準優勝戦で通算1200勝を達成した1号艇都築正治(愛知)が1235/46のインから押し切り、通算1201勝目は今年5回目・通算52回目の優勝
 後続は差し順走の2号艇室田泰史と2番差しの4号艇伊藤誠二(愛知)で接戦になり、2M→2周1Mと内の伊藤が先行するものの2周1M差した室田が舳先を掛けて2周2Mを先行。ここで伊藤はやや艇が暴れてしまい勝負あり。

戸田一般競走優勝戦

 「今垣光太郎の劇的な優勝で幕を閉じたグランドチャンピオン決定戦。その前開催から中3日で迎えます4日間の一般開催。今年も折り返しとなりまして新モーター&新ボートで新たなスタートとなります。(動画
 ということで木曜日から始まった新機新艇の4日間ノンタイトルシリーズは吉原完アナが4日間フル回転のシリーズで、しかも金曜以降は戸田実況とJLC NEWS(90分)のダブルヘッダー。

 そんなシリーズを締めくくる優勝戦は4号艇加藤高史(埼玉)がカド受けを選択した枠なり4vs2の進入から1号艇野添貴裕が1M速攻で先頭独走するも野添は+01のフライング。
 これにより、差し順走の2号艇沖島広和が繰り上がって戸田初・通算11回目の優勝
 2番差しから沖島を追走して2番手の加藤鷹氏は2M内突っ込んできた5号艇村田孝雄(今節選手代表)を包んだ際に、1M外マイから2M差してきた3号艇武田正紀(埼玉)に迫られますが、その武田を2周1M行かせて捌き2着を取り切りました。

浜名湖テレしずサマーカップ優勝戦

 「重野哲之選手24場マラソン感謝の1500キロ!!」が遂にゴールを迎えた今日、テレしずのタイトルが付いた浜名湖4日間シリーズの頂上決戦は枠なり3vs3の進入からチルト+1度の5号艇一色雅昭が37と凹み、チルト+2度の6号艇水摩敦が19スタートからぐいぐい絞って大捲り。
 これに対し、節間6戦全勝で完全Vが懸かる1号艇武田光史は12トップスタートの速攻で水摩の捲りをこらえきるも、2号艇平尾崇典の差しが入って先頭はわずかに平尾。
 そして平尾が2Mトップターンの体勢でしたが、ここで3番手の水摩が圧巻の外全速(動画)で一気に平尾を捲りきり、1M→2Mと豪快な全速戦で2-1体勢を打破した99期の一番星水摩敦はチルトアップ大成功で昨年メーデー若松スポーツニッポン杯争奪GW特選以来となる通算2回目の優勝。2着は2周1M→3周1Mと内突いてきた武田を2度共行かせて捌いた平尾でした。

常滑サマーカップ優勝戦

 常夏のレース開始告知フィラーでお馴染み常滑競艇のサマーカップは初日ドリーム戦のメンバーがそのまま優出してきた4日間決戦のファイナルは枠なり3vs3の進入から1号艇石田政吾が押し切り今年3回目・通算49回目の優勝。差した4号艇福田雅一が2着。

津グランプリシリーズ第2戦優勝戦

 朝日屋の特選松阪肉1kgを懸けたTSUグランプリシリーズ第2戦は2004年2月唐津一般競走以来の優出になった5号艇堀江喜一郎60歳が動いた125/346の進入から1号艇山口俊英が+03のフライングに散るも、その俊英をもチルト+3度の伸びで一気に捲りきった09スタートの6号艇後藤道也(三重)が通算13回目の優勝。1M差した2号艇下田哲也が1M2番差しの堀江を2M行かせて捌き2着。

 以上の様にF艇をも飲み込むチルト+3度大外捲り(動画)で幕を閉じたTSUグランプリシリーズ第2戦でしたが、11日からの津次節はいよいよG1津モーターボート大賞。輝きを放ちまくってる加藤綾のポスター(特設サイト)が話題を読んでますが、「あこライfeaturingあやっぺ」ということで都築あこ&片岡未来のあこライコンビと2泊3日の九州旅行でリフレッシュした加藤綾は初日に来場します。
いつかこの舞台で輝きを放つ。


三国ふみづき第1戦優勝戦

 インコースから132/456の順です。1秒前、スタートいたしました。初日10R5号艇2着以外全て1着の1号艇窪田好弘福井支部長が09トップタイスタート決めて逃げの体勢を作ろうとしますが、同じく09スタートの2号艇・三国地元スターにして2009年度ヤングヒーロー松田祐季がジャックナイフのように切れ味抜群な捲り差しで窪田支部長を差しきり、新旧地元ワンツーで今年2回目・通算3回目にして三国も3回目の優勝


 ここでJLC番組艇声人語#09の情報。

 今回は三国・津・鳴門のビッグレースを中心に情熱実況を繰り広げる小林習之(しゅうし)アナウンサーが主役です。
 ダイナミックさを持ち味とする彼が歩んできた実況アナウンサーへの道程、仕事に抱えてきた苦悩。そして、三国競艇場での「出会い」をきっかけに深まる競艇への想い。
 実況という役割に留まらず、競艇という世界全体へ真摯に向き合う小林アナの声をお届けします。


 初回放送は9日22時30分からで、どんな番組内容になのか興味津々であります。ちなみにマンスリーKYOTEI今月号の連載コラム「PitでGet」によると1年の2/3くらいを自宅以外で寝泊まりしてるそうです。

宮島フマキラーカップ優勝戦

 日用品質フマキラーのタイトル戦はグレートマザー日高逸子夫婦特集だった本日のフジテレビ「エチカの鏡」で先月の九スポ杯プリンセスカップ優勝戦実況が使われた有冨義浩アナに「強力な伸び中心の自慢の仕上がりはまさにフマキラーの虫除けバリア並にVロードをガードします。(動画」と実況された1号艇福島勇樹王子が2日目12R1号艇2着以外全て1着の好成績。
 そして枠なり3vs3の進入からゆーき王子が逃げ込み図りますが、節間ゆーき王子に唯一土を付けた2号艇古結宏が08トップスタートからの差しでゆーき王子とのマッチレースに持ち込み、舳先掛けて2Mを先行。ゆーき王子の差しを振り切った古結は2007年7月三国ふみづき第1戦以来となる通算2回目の優勝

 
 さて、宮島競艇場は2011年の新鋭王座開催地ですが、7月28日から始まるG3新鋭リーグ第10戦厳島昇龍決戦の初日12レース「昇龍ドリーム」の出場予定選手と枠番が6月25日に発表されてたのでCatchUp!

1:大峯豊 2:濱崎直矢 3:平本真之 4:稲田浩二 5:岡崎恭裕 6:麻生慎介

福岡九州スポーツ杯争奪戦優勝戦

 6月30日から始まった期またぎの6日間シリーズは12346/5の進入から1号艇海野ゆかりが18トップスタートの速攻で1Mを先行し、2号艇西山昇一に差されそうになるも締めて振り切り、優勝戦紅一点のうんのゆかりがB2としての最後の開催で見事通算24回目の優勝でA1復帰の前祝い。ちなみに福岡前回参戦は2005年10月福岡なでしこカップ(優出3着)で、福岡前回Vは1999年3月の男女混合一般競走でした。
 後続は西山に対し、1M2番差しから2M外に持ち出した3号艇鶴本崇文が外全速戦で2番手争いに持ち込み、2周1M内から先行した西山を差しきり逆転2着。

G1江戸川大賞3日目〜ベンツに最も近い男は山本隆幸

 「お待たせ致しました。江戸川競艇G1開設54周年記念江戸川大賞。江戸川周年覇者の名誉と優勝賞品のドイツ車ベンツを懸けた激しいバトルが続いています。今日から予選後半、今日がシリーズの3日目です。(動画
 と、平山信一アナの口上で副賞ドイツ車の銘柄がベンツという事が判明。ちなみに3日付(2日発行)の東スポ記事で優勝賞金750万円よりも高い1000万円相当の車種というのが判明してます。

 「川の流れに身を任せたい時もたまにはありますが、競走水面現在川の流れはありません第2Rは1号艇柴田光がひかるチャチャチャと逃げ切りシリーズ初勝利を挙げましたが、次の第3Rは先捲りの2号艇別府正幸(福岡85期4037)を5号艇山本隆幸(兵庫85期4025)があふれるセンスで差して捕らえ2Mを先行。別府は外全速で応戦しようとしますが、ぴょんぴょんと跳ねまして消波装置へ。独走になった山本隆幸はシリーズ3勝目のゴール。

 さて、今日の午前中は三沢さんお別れ会場のディファ有明に行ってきて会場の外で手を合わせて三沢さんの冥福を祈ってきました。
 そして、江戸川競艇場に現着したのが第5Rの展示航走。星野太郎が1号艇で必勝態勢の一戦でしたが、江戸川タローはきっちり逃げ切り白星タローになって公開勝利者インタビューに登場。
生の江戸川太郎を見ることに成功

 第8Rは1号艇金子貴志(福井)が02トップスタートの速攻で逃げ切りましたが、青森G1寛仁親王牌・世界選手権記念初日11Rでも金子貴志(愛知)が1着でした。
金子貴志(福井)

 第9Rは5号艇飯山泰が差して1着になりましたが、これが本日最初の東京支部選手の勝利。本日の東京支部は11Rを差して勝った2号艇作間章を加えた2勝でした。
やっさんシリーズ初勝利シリーズ2勝目のマーサク選手

 第10Rで圧倒的な人気に応えて逃げ切った1号艇湯川浩司の勝利者インタビューは「前半(3R6号艇3着)はレース失敗。2着はとれました。」と言った後に、「足はどこもかしこもいい感じ。これ以上良くなると、とんでもなく出過ぎて整備士さんに目を付けられちゃう。」と言うほどに足の良さを強調してました。
 ちなみに、湯川が投げたラリーくんのぬいぐるみをゲットする事に成功。今まで一度も獲得に成功した事が無くて、初めてのラリーくんになります。
この日一番人が多かった湯川インタビュー白いラリーくん

 昨日まで予選1位だった山崎智也が11R4号艇で3着に敗れた事で、12R2号艇の山本隆幸は勝てば予選1位に。
 そして、王者の愛弟子山本隆幸は02凸者スタートで03スタートの1号艇高沖健太(三重85期4049)を差しきり、高沖との銀河系ワンツーで1着ゴール。あふれるセンスがトレードマークの山本隆幸はこれで本日連勝となり予選1位、すなわちベンツに最も近い男に浮上。ちなみに現着前だった3Rの勝利者インタビュー写真がこちらにありました。
 尚、本日を最後に森永淳が本人辞退、中辻崇人が負傷の為に帰郷。初日第6Rで失格になった2人が揃って姿を消してしまいました。
シリーズ4勝目の山本隆幸

 ところで、江戸川競艇場といえば場内の映画看板ですが、かつては邦画も洋画もごちゃまぜに掲示されてましたが、現在は大魔神の映画看板以外は全て洋画の看板。では邦画看板がどこに行ったかといいますと、ピット棟に掲示されてます。KYOTEI BLOG〜競艇徒然ぶろぐでピット内の映画看板が紹介されてます。
燃えよドラゴン

 最後に、三沢さんお別れ会があった今日の夕飯は亀戸行きの無料バスに乗車してステーキハウスミスター・デンジャーのステーキ400g2000円セット。肉の焼き加減が絶妙なミスターデンジャー松永光弘店主は齋藤彰俊の同級生ですが、今夜のSUPERうるぐすで齋藤彰俊が涙を流しながら出演してコメントを述べてる姿に自分も涙腺が緩んでしまいました。

G1江戸川大賞初日

 「大変お待たせいたしました。東海道を下り、三河の国へと旅へ出ていました江戸川大賞。1年の長旅を終えましてお江戸船堀橋へと戻って参りました。(動画
 という平山信一アナの口上で始まりました江戸川競艇開設54周年記念G1江戸川大賞。昨年7月のG1江戸川大賞IN蒲郡を挟み、2007年11月G1江戸川モーターボート大賞以来の江戸川競艇場G1でありますが、いきなり航行船通過による締切延長で発売締切予定時刻10時53分だった第1Rが11時16分頃発走になる江戸川ワールドが炸裂いたしました。
 その第1Rは1号艇岡田憲行が逃げ切り、大阪の岡ちゃんが真っ先にゴールを決めましたが、2006年の51周年で優出するなど江戸川4連続優出中の5号艇・江戸川タロー星野太郎は1M差してBS3番手から2M艇を伸ばして2番手ターン。しかし流れて4番手に下がってしまいますが、2周1M内に切り返して3番手ターン。ここでターンマークにぶつかってしまい決して内容はよくなかったものの、後続艇をブロックして結果オーライのような感じで3着を取り切りました。
なにわの岡ちゃんピットに帰る江戸川太郎

 1号艇村越篤と2号艇打越晶、どことなく名前の響きが似てる2人が内枠を占めた第2Rは香川から参戦のチャーミー村越が逃げ切り1着だったのに対し、打越晶の方は1Mで3号艇白井友晴に叩かれ、2Mで「初めてのA1、そしてどきどきばくばく初めてのG1出場です。(動画」の5号艇山田雄太に差されで4着と明暗はっきり分かれてしまいました。
香川から参戦のチャーミー村越

 第3Rはデビュー初優勝が2001年8月の当地さわやか杯東京コカ・コーラカップという1号艇中島孝平が1着。
中島孝平

 第4Rは1号艇作間章(木更津市)が11トップスタートの速攻から「地元木更津のリズムに合わせましてオッサオッサオッサと流れを乗り越えていきます。(動画」と押し切り1着になったレースですが、差して3番手だった4号艇齊藤仁(福岡在住東京支部)が2Mで振り込み選手責任転覆を喫する場面も。
初戦白星発進のマーサク選手

 第5Rは捲り差した5号艇毒島誠が先頭に立つも、捲り差しで3番手だった6号艇山本隆幸が2Mあふれるセンスを見せつけた角度鋭い小回りで一気にブス島の内に潜り込み、2周1M先行して逆転1着と、先月の富士通カップで江戸川再開後の優勝経験済みなのは伊達じゃない所を披露。
あふれるセンスで緑を克服した山本隆幸

 第6Rは5月以降の勝率8.52と絶好調な2号艇角谷健吾(神奈川)が13トップスタートから捲りきって1着になりましたが、捲られた27スタートの1号艇森永淳はターンマークにぶつかり、4号艇上平真二と5号艇中辻崇人に乗り上げられて選手責任沈没失格(動画)。かすめた程度の上平は完走しましたが、まともに乗り上げた中辻はエンスト失格になり、森永は不良航法も適用されました。
 選手紹介で「おはようございます。今節、(古賀)繁輝君が優勝戦乗らないと僕に大変な事が起きてしまいます。」と言った森永ですが、7R1回乗りだった古賀繁輝のレースを前に大変な事が起きてしまいました。
角谷健吾

 第7R前検タイム1位の2号艇湯川浩司(チルト+1度)が04トップスタートから捲った展開を突いて3号艇林美憲と4号艇・2006年G1江戸川モーターボート大賞優勝者飯島昌弘の差しが入り、2番差しの飯島が2Mを先行し1着。湯川は林との2着争いになり、HS伸びた勢いで2周1M林を捲って2着。
江戸川大好き飯島昌弘

 第8Rは11トップスタートから捲りに行った3号艇・初A1初G1の榮田将彦が振り込み選手責任転覆(動画)。
 そんな中、スピード感ある捲り差しを決めた6号艇山崎智也が1着になり、「大した事なさそう。」という前検コメントから一変した実戦足を披露。JLC中継で師匠の廣町恵三元選手に無印評価されてなにくそという気持ちになったのがいい方向に働いたとのこと。尚、2号艇星野太郎は1周1Mで山崎に叩かれたのとターンマークに接触して流れたのが響いて4着でした。
この日一番人が多かった8Rの山崎智也

 第9Rは1号艇別府正幸が12トップスタートもやや首都高に乗ってしまいまして、今節選手代表の2号艇山田竜一が差しきり1着。
選手代表の重責も担う山田竜一

 10Rは1号艇山本隆幸がセンスあふれる13トップスタートの速攻で4号艇寺田祥のつけまいをブロックして押し切り本日連勝。しかし8Rで山崎智也が6コース勝ちを見せた事で自分の6コース勝ちが目立たなくなったとコメントはトーンダウン。
 ちなみにこのレースはゴールデンレーサー賞予備選手だった寺田♂と3号艇石渡鉄兵のコンビが共にここ1回乗りでしたが、寺田♂が2着と好結果だったのに対し、江戸川鉄兵は捲り差し狙うも2号艇中辻崇人に張られてしまい不発。5着に敗れてしまいました。
連勝もインタビューではトーンダウンの山本隆幸

 11Rは1号艇花田和明が逃げ切り1着ですが、1周1M花田に対し3号艇馬袋義則がつけ回ろうとするも派手に振り込んでしまい、4号艇村田修次とも接触して馬袋は選手責任のエンスト失格。そして馬袋は負傷帰郷となってしまいました(動画)。
ジャニーズ系アラフォーレーサー花田和明

 初日メインゴールデンレーサー賞は1号艇山崎智也が押し切り初日連勝。同じく連勝の山本隆幸とは2日目10Rで直接対決が組まれてます。
 2番差しの5号艇湯川浩司が先差しの2号艇飯山泰を捕らえて2着に入り、角谷健吾と村田修次から「打倒湯川浩司」と言われた湯川は初日2着2本。
1回目よりはすいてたGR賞の山崎智也

 選手紹介は選手代表山田竜一から始まり、登録番号の古い順に進んで行き、最後は中野次郎の選手宣誓で終わりましたが、一番面白かったのは江戸川4連続優出中の愛知84期4016西川新太郎50kg。
 「おはようございます。江戸川の再開を首を長く、いや、おなかはぽっこり出ながら待ってました。今節は西川新太郎から江戸川新太郎と呼んでもらえるようにがんばります。
 ということで、写真は江戸川太郎と江戸川新太郎、そして中野ジローによる選手宣誓の3点です。ちなみに江戸川新太郎の初日は4R2号艇3着と10R5号艇4着でした。
江戸川太郎江戸川新太郎中野ジローによる選手宣誓

 続いてはゴールデンレーサー賞出場者インタビュー。山崎智也が中野次郎の事を「中野君がコンパニオンのおねえさんに夢中でそっちの方ばっかり見てます。」という感じでちゃかした場面が。
中野ジローを見る山崎智也飯山やすし濱野谷憲吾笠原亮超抜宣言が出た湯川浩司中野ジローステージをドリフコントのような勢いでお片付け


尼崎報知ローズカップ争奪戦優勝戦

 報知新聞大阪発刊45周年記念ローズカップ。バラ色の未来がありそうな阪神なんば線開通で、タフィ・ローズ擁するオリックスの本拠地京セラドーム大阪と尼崎センタープール前間のアクセスもぐっと便利に。
 さて、優勝戦は5号艇吉田俊彦(兵庫)がチルト+3度に跳ね上げた123/465の進入から3号艇川尻泰輔が強烈な01トップスタートを放ちますが、06スタートの1号艇大神康司が1Mを先行してカワ尻の捲り差しを振り切り、通算29回目にして尼崎初優勝は2日目12R6号艇2着以外全て1着の準パーフェクトV。

明後日からのG1江戸川大賞、優勝者副賞はなんとドイツ車!

 いよいよ明後日からG1江戸川大賞が始まりますが、それに先立ち昨日は媒体訪問があったようです。以下は日刊スポーツの要約です。

 江戸川競艇開設54周年記念G1江戸川大賞(7月2〜7日)を開催する施行者が29日、キャンペーンガール(相原ミク川合美貴)を伴いPRのため、東京・築地の日刊スポーツ新聞社を訪れた。
 優勝者には関東興業社長賞としてドイツ高級輸入車が贈られる。東京都六市競艇事業組合の金井武将事業課主任は「イベントと場外の力を借りて45億円の売上を」と期待している。場内では電化製品を中心に賞品総額300万円相当が当たるドリーム抽選会はじめ、優勝者当てクイズなどファンサービスが予定されている。ドリーム抽選券は専門紙購入者や指定席購入者等に配布され、5日目の7月6日に抽選後、最終日の7日に開門時から場内で当選番号の掲示をする予定。


 初日12Rゴールデンレーサー賞の6精鋭は以下の面々です。

湯川浩司 濱野谷憲吾 飯山泰 中野次郎 山崎智也 笠原亮

 枠番は前検日に抽選、予備選手は寺田祥石渡鉄兵の順です。また、ゴールデンレーサー以外の主なメンバーとしてはSGウィナーの小畑実成、2006年G1江戸川モーターボート大賞を制した飯島昌弘SHOOTING STARは江戸川タローでした星野太郎、16日の富士通カップで江戸川再開後の優勝経験済みな山本隆幸といったところが出場予定です。
ゴールデンレーサー賞メンバー発表!

 ここからは25日の記事の再掲になりますが、節間のイベント情報です。

  出場選手イベント
●開会式7月2日(木) 場内特設会場 9時40分
選手紹介・ゴールデンレーサー賞出場者インタビュー
選手紹介時に選手の投げたカラーボールを受け取った方52名様に、選手紹介・ゴールデンレーサー賞出場者インタビュー終了後、1F総合案内所でオリジナルクオカードと引き換え(当日有効)。
●閉会式7月7日(火) 第4投票所前特設ステージ 優勝戦終了後
表彰式・優勝者インタビュー
●公開勝利者インタビュー 第4投票所前特設ステージ
・7月2日(木)〜5日(日)全レースの勝利者
・7月6日(月)準優勝戦の勝利者
●優勝戦出場者インタビュー 第4投票所前特設ステージ
7月7日(火)第4R発売中:優勝戦1〜3号艇 第5R発売中:優勝戦4〜6号艇

 場内イベント
●7月6日(月)第4投票所前特設ステージ第6R・第8R発売中
東京支部長池田雷太選手&2代目地区スター「江戸川王子」桑原将光選手トークショー

 先着サービス
●7月3日(金)・4日(土) ラッキーカードを先着3000名様に配布
賞品 場内食事利用券(1000円分)300名様
●7月5日(日)・6日(月) ラッキーカードを先着3000名様に配布
賞品 オリジナルクオカード(500円分)300名様
●7月7日(火) オリジナルボールペンを先着3000名様に配布

江戸川周年堂々見参!!

 もうひとつ、同時開催の丸亀G1京極賞も25日に関西方面で媒体訪問を行ってます。以下はスポーツ報知大阪版の要約です。

 7月2日から6日間、丸亀競艇場で行われる開設57周年「G1京極賞」のPRに丸亀市競艇事業部の平沢正恭次長がキャンペーンガールWマイ(吉村麻依平岡麻衣)を伴って25日、大阪市北区の報知新聞大阪本社を訪れた。「4月にブルーナイターが始まってから初のG1になります。この後、SGモーターボート記念も控えているので是非成功させたい。大阪からも近いので、うどんツアーも兼ねてぜひ来てください」と平沢次長。売り上げ目標は60億円。

 イベント情報や動画コンテンツが充実した特設サイトにドリメンも発表されてますが、ダブルドリーム(枠番未定)のメンバーは以下の通りです。

 初日京極ドリーム
今垣光太郎 松井繁 魚谷智之 白井英治 池田浩二 森高一真

 2日目ブルーナイタードリーム
今村豊 服部幸男 原田幸哉 吉川元浩 重成一人 田村隆信


 ドリメン以外の主な出場選手として西島義則上瀧和則矢後剛滝沢芳行野澤大二太田和美坪井康晴菊地孝平のSGウィナーが出場予定です。

若松九州スポーツ杯争奪戦競走優勝戦

 2号艇正木聖賢が進入後に流されて深くなった枠なり3vs3の進入から正木と1号艇西田靖が早い飛び出しを見せ、正木を牽制しながら1Mを先行した西田が先頭、02スタートから差した3号艇中村有裕と握った正木で2番手併走になりましたが、西田(+02)と正木(+04)はフライング。
 これにより中村有裕が先頭に繰り上がり、1M2番差しから2M差して迫ってきた4号艇山口哲治を振り切り、若松2回目・通算では昨年5月浜名湖ボートピア岩間4周年記念茨城放送ゴールデンレース以来となる25回目の優勝

 ところで、九スポといえばもちろん東京スポーツの系列紙ですが、30日付(29日発行)の東スポ競艇欄に、インタビュー記事「kyote異jin滝澤友恵編」が掲載されてました。明日からの多摩川G3女子リーグ第5戦モーターボートレディスダービーに出場する埼玉在住東京支部の滝澤友恵、座右の銘は「冬は必ず春になる」とのことです。

G1江戸川大賞(7月2日〜7日)出場予定選手発表

 本日をもって2009年後期A1選手300人の顔ぶれ(はひまひまデータさんを参照)が決まりましたが、それを受けて早速7月2日から7日まで開催される七夕決戦G1江戸川大賞の出場選手が発表されました。尚、同時開催のブルーナイター丸亀G1京極賞の出場選手も発表されてます。

 さて、江戸川大賞における東京支部選手は登録番号順に山田竜一濱野谷憲吾角谷健吾石渡鉄兵村田修次飯山泰作間章齊藤仁中野次郎です。
 また、歴代江戸川G1覇者からは2006年G1江戸川モーターボート大賞覇者飯島昌弘(茨城在住埼玉支部)と2007年G1江戸川大賞覇者湯川浩司(大阪)が斡旋されてます。
 そして個人的に注目は、blog「SHOOTING STAR TAROの捲り差し〜」でおなじみ三重の白星太郎星野太郎がA1返り咲きで早速G1に斡旋されてること。果たして星野太郎は江戸川太郎と化して白星を量産できますでしょうか。江戸川に来たら必ず追いかけてる選手なのです。
開設54周年記念G1江戸川大賞出場予定選手


【昨日のつづき】

 住之江デイリースポーツ杯争奪サザンカップと同じデイリースポーツが冠の児島デイリースポーツ杯終了から1日経ちましたが、その児島最終日は優勝戦における山口剛の今期F2という非常に悲しい出来事と1Rにおける大原由子のデビュー初勝利という非常に嬉しい出来事がありました。
 267走目での初勝利は81期3937高橋知絵元選手の334走目に次ぐ史上2位の遅さで初勝利が最も待たれていた選手のひとりだったわけですが、児島競艇ブログ「ガァ〜コの遠吠え」に水神祭の写真と初勝利記念特別インタビューの写真が掲載されているので必見です。


浜名湖中日新聞東海本社杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から4号艇桑原淳一が13トップスタート決めて捲りきるも、小回り残した1号艇今坂勝広が伸び返し、ガッツで舳先をねじ込んで2Mを先行して抜け出し今年3回目・通算35回目の優勝
 2番手のクワジュン(息子は江戸川地区スター桑原将光)に対し、1Mクワジュンに捲られた後外に持ち出しての変わり全速から2M外全速戦で単独3番手に上がった3号艇土屋智則(父は伊勢崎のゴルゴ土屋栄三)が2周1M→2周2Mと外全速フルターンで食らいつきますが、3周目に入って一転内に切り返した土屋が3周1M艇を伸ばしてクワジュンに合わせる事に成功(動画)。
 ここで完全に両者同体になりますが、内からガツンと艇を合わせた土屋が3周2Mクワジュンを張って先行し逆転2着と若さが経験に勝った格好となりました。

 最後に、浜名湖次節はいい男たちが数々のテクニックを駆使して2日から8日までの7日間を戦う浜松市長杯争奪やらまいかカップ。ちなみに「やらまいか」とは浜松の方言で「やってやるぜ!」を意味しています。

明日から開催!今日はG1江戸川大賞IN蒲郡前検

江戸川競艇大変身 いよいよ明日から始まるG1江戸川大賞IN蒲郡。初日は蒲郡競艇場で13時20分からSTARが集う選手紹介と虹のDreamer6精鋭によるドリーム戦出場者インタビュー、江戸川競艇場ではC-Girl浅香唯のMelodyが聴けそうなミニライブを7R発売中(17時00分過ぎ)と10R発売中(18時45分過ぎ)に実施。開催期間中は江戸川競艇オフィシャルブログも毎日更新されます。それにしてもドリーム戦の名称がゴールデンレーサー賞でなく普通にドリーム戦なのと鳴門G3企業杯オロナミンCカップ優勝戦ぎっくり腰欠場から回復しなかったヤングマン徳増秀樹の欠場がちょっと残念。

 本日は前検が行われ、前検リポートの面々は荻野滋夫アナ&佐藤正子元選手田中早織で非常に蒲郡色の強い面々。それはさておき、現行のモーターはGW開催中日スポーツ賞竹島弁天杯争奪戦から使い始めてBOATBoyCUPG1オールジャパン竹島特別日本モーターボート選手会会長杯争奪戦競艇マクールカップ日本レジャーチャンネルカップ、そして夜の女王決定戦と来てます。その中から気になるモーターをいくつか紹介すると、先ずはモーター抽選で2連対率1位57.5%の47号機(竹島弁天杯優勝都築正治)を手に入れたドリメン熊谷直樹。他には西島義則の55号機(JLCカップ優出1号艇2着中里英夫&竹島特別優出2号艇2着徳増秀樹)に濱村芳宏の25号機(竹島弁天杯優出1号艇2着天野晶夫)、辻栄蔵の29号機(竹島特別優勝井口佳典)に長田頼宗の75号機(JLCカップ優勝大峯豊)、烏野賢太の66号機(マクールC優勝関忠志)に福来剛の74号機(BBC優勝作間章)、それに田中信一郎の67号機(選手会長杯予選1位優出4号艇2着岡部大輔)に高橋勲の31号機(選手会長杯優勝岡本慎治)に石川真二の38号機(BBC優出2号艇2着西田靖)に平田忠則の17号機(竹島特別優出4号艇3着今村豊)といったところ。
 前節夜の女王決定戦組では鎌田義の68号機(夜の女王優出2号艇池田紫乃)に峰竜太の14号機(夜の女王優出4号艇細川裕子)にドリメン池田浩二の16号機(夜の女王優出5号艇岩崎芳美)、江口晃生の21号機(夜の女王優出3号艇3着長嶋万記)にドリメン魚谷智之の63号機(夜の女王優出6号艇2着濱村美鹿子)、そして夜の女王様横西奏恵が使った36号機を手に入れたのはミスター36号機野澤大二
 次に、前検タイム1位の6.62をたたき出したのはドリメン湯川浩司ですがチルトサンドで出した数字なので鵜呑みにはできず、2位の6.63を出したクマさんに注目。どちらにしても過去2年の江戸川大将であり、湯川は芦屋SGグランドチャンピオン決定戦にクマさんはオロナミンCカップとどちらも前走優勝で勢いに乗ってます。ちなみにモーター番号11〜51号機が予選5走、52〜77号機が予選6走の予定です。
 最後に、DREAM POWERドリーム戦の枠番を紹介。

1:魚谷智之 2:池田浩二 3:熊谷直樹 4:松井繁 5:濱野谷憲吾 6:湯川浩司

 自分の予想は135の奇数艇トリオ。王者のモーター30号機は竹島特別で笠原亮が予選6位の好成績だったものの、JLCカップで矢後剛が全然出てなかったのが不安材料。ちなみに濱野谷の18号機は竹島特別でヒラチュウが優出したモーターです。
江戸川が蒲郡に来る!江戸川が蒲郡へ行く!

 さて、月曜日はキャンペーンガールを伴った媒体訪問があり、主催の東京都六市競艇事業組合は節間77億円を目標に掲げる超強気の姿勢。蒲郡前節G3女子リーグ戦夜の女王決定戦が最終日売上7億3645万4000円節間総売上32億6265万100円(ちなみに昨年のG1江戸川モーターボート大賞は最終日売上6億8311万6400円節間総売上27億3401万6200円)と記念並みの売上だったのも強気のバックボーンでしょうが、節間75億5093万3800円も6日中4日間が単独開催だった蒲郡G1オールジャパン竹島特別と違い、今回は昼間開催G1下関モーターボート大賞(江戸川競艇場で場外発売)と完全に重なるのが竹島特別と比べて不利なだけに、そこが目標達成への壁でしょうか。私事ですが、蒲郡本場は5日と8日に行きます。
怒り大魔神埴輪大魔神大魔神がお出迎えの正面入口


戸田夕刊フジ杯優勝戦

 本日夕刊フジのイベントで片岡未来と夕刊フジの記者が来場して数時間後の未来を予想した夕刊フジ杯の優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇宇土泰就が02トップスタートを放って1M先行も、3号艇の3333丸尾義孝君を牽制しに行った分懐が開き、そこに2号艇宮武英司の差しが入り、ウトウトしたくなる午後ののんびりムードに宮武ぅどんなもんだいと斬り込んだえいじは通算17回目にして戸田初優勝

いい湯か、わぁ!ベストを尽くした湯川浩司が江戸川大将に

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
コンパニオン3人に囲まれたでチッチキチー 江戸川競艇開設52周年記念G1江戸川大賞優勝戦が始まりました。進入は枠番通りになりました。さあ始まる水上の格闘技、水上に舞え男達のスピリッツ。スピードが乗ってきました。優勝戦今スタートしました。1号艇2号艇がいいスタートになりました。
 最初のターンマークは20トップスタートの1号艇飯島昌弘G1江戸川モーターボート大賞に続く江戸川連続優勝を狙ってインから逃げて行くも、差した2号艇湯川浩司がボートを併せに行き、舳先をねじ込んだ湯川が内の利で第2ターンマークを先行し単独先頭に。

江戸川名物の荒れ水面。水切りの小石の様にボートが走る。先頭で操るのは湯川浩司。誰よりも優勝へのスピリッツが強かった。優勝へのターンマークはあとひとつ。(動画
 かくして、2005年12月の下関G1競帝王決定戦で競帝王に輝いた自称できそこない軍団85期の湯川がチルト+0.5で南追い風7m波高10cmの上げ潮水面を水切りの小石の様に乗りこなし、競帝王以来となる2度目のG1、通算では13回目となる優勝のゴールイン。師匠の小島幸弘や腰椎捻挫で帰郷したWW RIPPENの不肖の先輩もこれにはヤッター!ヤッター!でしょうか。
 それにしても、2年前のG1江戸川大賞に来たときの選手紹介で「今節はバストを尽くします!」と身振り手振り付きで場内を沸かせた時は選手紹介番長に過ぎず予選落ちに終わったのですが、今回はゴンロク並べ2日目で帰った不肖の先輩とは対照的に初日の2周戦第10Rを見事に乗りこなす等、実にいい走りを見せてました。その初日第10Rで先頭走る1号艇の石渡鉄兵を抜き去ったのが今節の自信につながったのかも。
この報告は師匠の小島さんとワイフに…でタナシンの名は出ず

 というわけで護岸工事で53周年はお休みとなるG1江戸川大賞は湯川の優勝でしたが、江戸川競艇の近くにあるのはいい湯か、わぁ!東京健康ランド。レースの後は6月一杯開設21周年記念キャンペーン価格945円の東京健康ランドで入浴とスピリッツ…もといビールを飲んで帰ってきました。ちなみに江戸川大賞最終日の売上は9億9781万5900円で節間総売上は46億7566万6200円。中止順延や準優12Rの返還はありましたが、目標売上45億円をクリアしました。

児島JLCカップ優勝戦

 江戸川は強風高波浪で8日が中止順延、そして児島は落雷による停電で9日が中止順延となり共に本日が優勝戦。1号艇は奥平拓也でしたが、奥平は1号艇の準優12Rでなんと大外進入。結果は捲り一発決まって1着でしたが、これが優勝戦の進入をスタート展示開始まで難解なものに。
 でも、スタ展でインを主張した奥平は本番もすんなりインを取り切り、気合いの踏み込み03トップスタートで速攻押し切り通算10回目の優勝。3コース捲り差しは奥平にブロックされ外マイの形になった3号艇横西奏恵ですが、4カド差しから追いかけてくる吉田一郎を道中抱いて抑えきり2着に入ってます。

 優勝した奥平は2005年1月の鳴門JLCカップ競走以来の優勝と、くしくもJLCつながり。そして次節はその鳴門で24日から開催されるG3企業杯オロナミンCカップ競走に元気ハツラツと参戦です。

濱野谷と山崎、平和島全日本選手権アウト&来年度SG開催地決定

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 ハイレベルな攻防戦が相次いでいますG1江戸川大賞は準優勝戦を含む開催5日目の競走水面です。一般戦の第6Rでは4号艇石渡鉄兵の捲りで絞られた三号艇三嶌誠司が波にひっかかって転覆(動画)。ミシマさんは負傷帰郷致しまして、今シリーズ6人目の帰郷者になりました。

 江戸川競艇、開設52周年記念江戸川大賞明日の優勝戦進出を懸けての準優勝戦ファーストステージ第10R(南追い風4m波高5cm)が始まりました。インから逃げた予選2位の1号艇湯川浩司がリードをとりまして1着
 後続は2コース順走で2番手の2号艇横澤剛治(82期3956)に対し、3コース握るも3番手だった3号艇は今シリーズ選手代表作間章(82期3966)が切り返しから2M先制致しますが、さくまを行かせて差した横澤が2着。

 準優勝戦セカンドステージ11R(南追い風6m波高10cm)が始まりました。得点率1位の飯島昌弘(2006年G1江戸川モーターボート大賞優勝)が1号艇で事実上の優勝戦だったこの一戦。南寄りのさわやかな風が強くなって参りましたが飯島は江戸川巧者らしく堅実な逃げで押し切り1着。これにより最終を待たずに優勝戦1号艇と2号艇が決まりました。
 後続は捲り差しから伸びてきた5号艇市川哲也が2番手も、2周BSで外目を走っていたテチャーンは内から伸びてきた3号艇渡邉英児を2周2M包んでかわそうとしますが、「市川波にひっかかった!(動画」で5番手に後退。そしてこの展開を突きテチャーンとえいじをまとめて差しきった6号艇松江秀徳が2番手に浮上、江戸川区松江のお隣江戸川区東小松川を流れる中川で松江が記念初優出です。えいじは2号艇山口剛との3着争いを制しましたが優出ならず。自分の優勝者当てクイズはここで中川のもずくに消えてしまいました。

 明日の優勝戦進出を懸けて最後のレースが始まりました。準優勝戦サードステージ12R(南追い風7m波高15cm)です。予選3位の中野次郎多摩川G1関東地区選手権優勝)が1号艇ながら、内枠に全国区のスター選手が集結ということで12Rに組まれたこのレース。実際売上もひときわ大きく1億7103万3800円。
 枠番通りの進入です、6選手スピードがのってきました、12Rスタートしました。2号艇3号艇1号艇も飛び出していった。最初のターンマークに向かっていきます。インから逃げる中野に対し、4カドから捲る4号艇荒井輝年と5コースから差す田中豪が追いかけますが、中野先頭をキープ。2番手田中で東京ワンツー態勢に入るも、スタートは判定中。第2ターンマークで荒井が全速つけまいゴッドハンド輝ターンで田中を捲り2番手に浮上したところで、ピンポンパンポン♪
お知らせ致します。1番2番3番4番、4選手がフライングによる返還欠場となりました。(動画
 なんとなんと1号艇の中野(+03)、2号艇の濱野谷憲吾(+06)、3号艇の山崎智也(+01)、それに4番荒井(+01)までがフライング返還欠場です。かくして2Mで3番手に落ちた田中豪が00タッチスタートの強運もあって恵まれ1着、05スタートの6号艇上平真二が2着です。
 このレースの返還総額は1億7096万3900円、残った売上は単勝1300円と2連単68600円しかなく、最終なので次レースでの再投入もなし。予選3位組なのに好メンバーに目がくらんで売上を見込み最終レースにしたのが完全に裏目に出た大返還です。

 このFにより荒井はG1徳山クラウン争奪戦の後F休み、中野と濱野谷と山崎は蒲郡SGモーターボート記念の後F休みに入り、4人は休み明け後3ヶ月間G1の斡旋が停止になります。
 更に荒井は11月の児島G1競艇キングカップ、濱野谷と中野は9月の多摩川G1ウェイキーカップと11月のG1江戸川モーターボート大賞、山崎は桐生G1赤城雷神杯と、4人共地元のG1に出られなくなる事が決まりました。
 更に更に、江戸川順延の関係で13日が競合開催(併用無し)となったビクトリーチャンネルカップ初日の平和島競艇場(2008年度笹川賞開催決定)にも手痛いダメージ。Tokyo bay pirates特設HP公開初日にしていきなりBP(ベイパイ)クラブ員の濱野谷と中野がFになった上に、濱野谷と山崎は10月3連休に開催される平和島SG全日本選手権当確選手。全国区人気の2人を欠いた状態でSGを開催する事になってしまいました。特にベイパイでもある濱野谷は正月の東京ダービー、3月のSG総理大臣杯と平和島連続優勝中だっただけに主催の府中市も大弱りですね。唯一の救いは、濱野谷も山崎もそれぞれ正月の東京ダービーと群馬ダービーには出られそうなことですね。


 優勝戦のベスト6強が出そろいました。

飯島1号艇 湯川2号艇 田中3号艇 横澤4号艇 上平5号艇 松江6号艇

 「むずかしソー」だと思ってた。「カンタン」だと思ってた。やってみたら、おもしろかった。飯島直子がかつてイメージガールを務めたEBR江戸川競艇で飯島昌弘が江戸川G1連覇を達成し、江戸川昌弘(あきひろ)を襲名します。でも、田中と上平の強運も不気味ですね。特に00で残った特急田中3豪艇。

蒲郡G1オールジャパン竹島特別最終日

 「王者はひとりでいい」がキャッチコピーの中日スポーツ杯争奪オールジャパン竹島特別。不動の主役である王者松井繁は優出こそなりませんでしたが最終日にその存在をフルにアピール。
 6号艇の5Rは3コースに入っての捲り差しで1着、1号艇の11R特別選抜A戦は5号艇上瀧和則が2コースに入ってくる展開にも動じず、深インも伸び返しからの先マイで他艇をシャットアウトし最終日をピンピンで締める1着ゴールイン。功を焦らず得意のイン戦大成功であります。さすがは永世王者や!

 ただ独りの王者が優出しなかったのでキャッチコピーの趣旨からは外れてしまいましたが、ここ数年ドラマティックなファイナルが相次いでおります優勝戦は今年も熱いレースに。肩の力を抜いての4カドダッシュ戦から獰猛なる絞り捲り一撃で1号艇魚谷智之を最後方に沈めた4号艇白井英治が独走ぶっちぎりで優勝のゴルィン。通算32回目にして3つ目の記念Vとなる白井、賞典レースでのイン戦は前日の準優9Rを含めてここ最近悲惨の一語に尽きますが、白枠から解放された白鮫がノンプレッシャーで獰猛な迫力を見せつけました。
 後続は直外5コースから捲り差しの5号艇吉川元浩が2番手も、2コースと3コースから差しで立て直した2号艇服部幸男先生と3号艇烏野賢太がじわじわ接近。そして2M烏野が吉川におっつけて行き、そこを服部先生が差す展開となり、HSは烏野がややリード。次いで2周1Mは内に潜り込んだ吉川が先制も、烏野が差してBSは烏野吉川ラップ態勢。次いで2周2Mは服部先生が烏野におっつけて行き、そこを吉川が差してHSは吉川リードも、3周1Mインに切り返しから服部先生が天敵?吉川に突進!この因縁対決で展開ぽっかりぃ!差しハンドルの烏野が単独2番手に上がり、3周2M服部先生の鋭い斬り込みも振りきった烏野が2着のゴルィン。

 尚、表彰式ではクールビズの蒲郡市長が2008年SGオーシャンカップの開催を発表するサプライズもありました。

宮島日本財団会長杯優勝戦

 ボートピア習志野で場外発売、日本財団会長賞50万円を含む高額賞金レースながら一号艇が廣中良一、2号艇が秋元誠、6号艇が大澤大夢と来期B級の優勝未経験選手が3人も乗艇した夢の初優勝決定戦みたいな優勝戦は、枠の利と百点満点に仕上げた足を生かした廣中が3号艇はSGウィナー長岡茂一の3コース差しをあっさり振りきって、堂々たるイン戦で遂に初優勝。水神祭(動画の6分過ぎ)の祝福を受けました。
 14度目の優出で遂に初優勝となった79期廣中「良一」の次節は22日から夢の初優勝W決定戦マンスリーKYOTEI杯。これまでは大会前に優勝すると参加資格を失いましたが、今回初Vを飾った場合は女子戦(優勝経験者)にエントリーされて女子と一緒に走るらしいです。

芦屋G3新鋭リーグ戦優勝戦

 奇数艇佐賀vs偶数艇福岡の3vs3ガチンコ対決となった優勝戦は1号艇峰竜太(佐賀)が4号艇今井貴士(福岡)の4カド差しを振りきって通算5回目の優勝住之江SG笹川賞で早くもSGを経験した95期峰竜太、次に目指すは来年の芦屋SGグランドチャンピオン決定戦でしょうか。
 94期今井は2Mでもたつき、そこに5コース捲り差し不発で後方5番手だった5号艇は94期チャンプ古賀繁輝(佐賀)が激突(動画)。うまい具合の突進になって推進力が付いた古賀が一気に2番手に上がりました。三コース戦も直内2コースの2号艇長野壮志郎(福岡)に飛ばされ最後方だった三号艇三井所尊春(佐賀)は2M小回り好ハンドルで長野と3番手争い。そして2周1Mで長野が2番手浮上を狙い突っ込んでの先マイ不発に終わった内を差したミーショが三着に入って奇数艇トリオの佐賀県トリオが上位を独占しました。

福岡九州スポーツ杯争奪戦優勝戦

 1号艇佐々木康幸がインから押し切り福岡2回目、通算24回目の優勝。4コース差した4号艇池本輝明(59期3282)が2番手も、2コースからの捲り流れて3番手だった2号艇渡邊伸太郎(59期3284)が2M全速戦で逆転。2周1M締め込んで先に回った渡邊伸太郎が同期対決となった2着争いを制しました。
 尚、江戸川大賞になぜか呼ばれてなかったベイパイメンバーの5号艇齊藤仁江戸川京葉賞優勝)は大外単騎進入から捲り差しを狙いますが、3コースでもたついていた3号艇黒崎竜也の上に交尾(動画)するみたいな感じで乗っかってしまい5着でした。

【2008年度SG及び全国発売G1開催地決定】

 本日各スポーツ紙のサイトで発表されて、以下のように決まりました。

(SG)
笹川賞(5月27日〜6月1日・平和島)
グランドチャンピオン決定戦(6月24〜29日・芦屋)
オーシャンカップ(7月22日〜27日・蒲郡)
モーターボート記念(8月26日〜31日・若松)
全日本選手権(10月8日〜13日・丸亀)
競艇王チャレンジカップ(11月25〜30日・浜名湖)
賞金王決定戦(12月18〜23日・住之江)
総理大臣杯(2009年3月17日〜22日・多摩川)
(全国発売G1)
競艇名人戦(4月5日〜20日・宮島)
共同通信社杯新鋭王座決定戦(2009年1月20日〜25日・琵琶湖)
女子王座決定戦(3月3〜8日・尼崎)

 浜名湖が2年連続でチャレカを開催。そして平和島総理杯でFに散った艇王植木通彦のSG復帰戦になりそうな笹川賞はドラマティックに平和島です。ナイターSGは3場ローテーションの法則通り順当でしたね。

【電撃戦】さわやかな南風を背に受けて開幕のG1江戸川大賞

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 ボート界の精鋭陣が集結しました江戸川競艇のG1レース江戸川大賞が今日から始まりました。目を離せぬ攻防戦が相次いでおりました初日の競走水面は南寄りのさわやかな風と下げ潮がぶつかりオープニングから安定板着用、第2R以降は2周戦となりました。
 航行船通過及び浮遊物除去の為にいきなりお待たせする事になった第1Rは、風速4m波高10cm。中川と縁がある2号艇萩原秀人が差し抜け先頭、2番差しの4号艇松江秀徳が2番手でしたが、2M鋭いハンドルワークで松江が萩原を逆転。萩原は他2艇に差され舟券圏外に去り明暗があっきり分かれた中で、「今節は本気で獲りに来ました!オープニングレースを。」と選手紹介で高らかに宣言した松江が〒132-0025江戸川区松江のお隣〒132-0033江戸川区東小松川で有言実行を果たす1着ゴールを飾りました。
有言実行の松江秀徳

 南寄りの風が6m程吹きました第2Rから2周戦となり、第2Rの波高は20cm。そんな中果敢に01トップスタートを決めた2号艇丸岡正典が捲り戦から2Mを先に回って1着。2004年2月の日本写真判定社長杯以来となるブランクを克服致しました。

 南寄りの風が7m、波高20cmの第3Rは3号艇渡邉英児が差しハンドルからスーッと上がってきて1着
 後続はイン戦踏ん張る1号艇打越晶がBSバウンドし、捲り戦の2号艇白井友晴と捲り差しの6号艇石渡鉄兵が晶を挟み撃ち。2Mはてっぺーちゃんを行かせて差した晶が2番手も、2周1Mターン膨れた晶の内をくるりと運んだ埼玉のホワイトシャークが逆転2着となり、夢のEiji Shiraiワンツー。
えいじしらいワンツーを完成させた前半のえいじ

 人機一体となりました巧腕レーサーがアグレッシブなレースを展開しました第4R(南追い風8m波高20cm)は、捲る3号艇市川哲也とイン踏ん張る1号艇都築正治(愛知)による激しい競り合いが相次ぎ、波を恐れぬ外全速戦を披露したテチャーンとあこターンで内から踏ん張る都築の競り合いは2周1Mでテチャーンがややリードを奪いますが、3周2M都築が突撃で一発逆転狙います。このアグレッシブな突撃によってテチャーンは流されますが何とか踏ん張り、不発の都築は後退。そして間隙を突いて4号艇繁野谷圭介がテチャーンに急接近しますが、テチャーンは判定の末に何とか1着を守っています。

 昨年のG1江戸川モーターボート大賞を制しました飯島昌弘が3号艇で乗艇、今シリーズの選手代表作間章が4号艇で乗艇しました第5R(南追い風8m波高20cm)はスピードを乗せて果敢なスリット攻撃を仕掛けました1号艇吉田俊彦が先頭も+02のフライングに散ってしまいました。これにより、差しのステアリングでトシちゃんを追撃してた飯島が1着になっています。尚、さくまあきらは3艇による3番手争いを演じるも最終ターンマークでもたついてしまい、完走艇では最下位入線の5着に終わりました。

 南寄りの風が9mに、波高が30cmに増してエキサイティングな攻防に磨きがかかりました第6Rは1号艇上平真二がイン戦も、カド戦の4号艇金子龍介がつけまいで食らいつきます。
 ですが、2Mで上平につけ回ろうとした金龍の艇があわや宙返り(動画)という位に浮いてしまい、そこに3号艇松江がぶつかって2艇は回り直しを余儀なくされ、金龍との接触はかすめた程度で済んだ上平がこの日初のイン艇1着になっています。
結局上平真二が初日唯一のイン逃げ

 第7R(南追い風9m波高30cm)が始まりました。カドから波を恐れず大胆に捲った4号艇渡邉英児と小回り差しの2号艇中野次郎(選手宣誓担当)による先頭争いとなりましたが、2M差しから2周1M内先制のえいじが1着。過去3年の江戸川勝率9.00を誇る江戸川巧者のえいじは2周戦だと更に強さを増して初日連勝のゴール。
 尚、江戸川5年ぶりの参戦で前検タイム9秒台と圧倒的な数字をたたき出して注目を集めた5号艇田中信一郎はスタート29と1艇凹み、1Mを慎重に徐行運転で小回り。道中も歯をくいしばり頑張りまして無事故完走を果たしました。ちょっと苦しいかもしれませんが、次はアグレッシブな走りで1997年11月4日日刊スポーツ杯争奪戦4日目11R以来の1着を獲る番でしょうか。
連勝でごきげんのえいじ中野次郎さんによる江戸川大賞選手宣誓

 第8R(南追い風8m波高25cm)が始まりました。選手紹介でのバック転をその後の会長挨拶で野中和夫選手会長(開会式終了後指定席喫煙所に現れ会長世代のファンと語らう)に絶賛された4号艇山口剛がスーッと艇を伸ばして捲り態勢。カド受けの3号艇濱野谷憲吾はいつもの様にすっと艇を引いて差しに構えましたが、ターンマーク手前で2号艇福田雅一共々もたついてしまい、濱野谷はまさかまさかの回り直しで最後尾に脱落(動画)。
 捲った山口と児島ヘビー級王座決定戦初代王者の意地でイン踏ん張る1号艇山地正樹54.6kgとの先頭争いは2M差した山口が2周1Mを先行して優位に立つも、BSちょっとバタついて山地に差を詰められ、最終2周2Mでもバタついたとこを山地に差されて両者ほとんど同体になりました。そして写真判定の結果、もみあげとひげが一体化した漢・山地正樹が1着となり、公開勝利者インタビューでその姿を披露しました。
もみひげが立派な初代ジュニアヘビー級王者山地正樹

 第9R(南追い風9m波高25cm)が始まりました。インから逃げる1号艇山田竜一に、「(カマギ〜★)うるさい!子供の頃から初めてのG1は江戸川と決めておりました。」2号艇鎌田義の差しが入り、更には1M差しから2Mくるりと運んだ5号艇横澤剛治もHSで先頭争いに加わります。そして2周1Mは内の横澤が先に回ったのに対し、カマギーは波にひっかかってしまい脱落。3番手からの追い上げを成功させた横澤が1着になっております。尚、2周BSで3号艇木村光宏がうねりにひっかかって落水(動画)。江戸川だけでは他の選手に足負けしたくないと意気込んでいたみっちぃ、残念ながら落水です。救いはみっちぃが無事だった事ですね。
この日最初に5号艇で勝った横澤剛治みっちぃ救助中。そして事故艇は対岸に接触。

 第10R(南追い風9m波高20cm)が始まりました。1号艇石渡鉄兵が先頭を走るも、1M握って攻めた3号艇湯川浩司が2M多久味な差しで逆転の1着。湯川曰くできそこない軍団の85期はこれで松江・マルちゃん・湯川と本日3勝。第7R4着の金田諭以外全員が勝利を挙げた事になります。
ラリーくん投げるでチッチキチー

 11R(南追い風10m波高20cm)が始まりました。逃げ込みを図る1号艇三嶌誠司と捲りを打つ金龍の先頭争いは2M先制のミシマさんが波にひっかかってしまい失速(動画)。ターンマークを破壊しながらも間一髪内をすり抜けた金龍が1着。前半第6Rとは立場が逆になった金龍であります。

 初日の最後はゴールデンタイム、ゴールデンレーサー賞(南追い風9m波高20cm)が始まりました。前半の屈辱をバネに4号艇濱野谷が04トップスタートから想定外のカド捲り。これにほくそ笑んだのが、インタビューで「濱野谷さんがスタート行ってくれるんで、そこを差そうと思います」と言っていた5号艇山崎智也。捲り差しでBS濱野谷と先頭を争います。
 滅多にやらない捲り戦を何とか成功させようと濱野谷は艇を伸ばし2Mを先に回ろうとしますが、濱野谷に対し1号艇熊谷直樹が突進。クマの突進は不発に終わるも濱野谷は流され、そこを差した山崎が単独先頭に。そして1M外マイから2M差した6号艇菊地孝平が濱野谷を抜いて2番手に上がり、最終2周2Mで一気に山崎をも追い詰めます。ワースト機で前検タイムも下から3番目、おまけに今年はここまで記念レースでまだいいところを見せていません山崎は大ピンチに陥りますが、なんとか粘りきって1着ゴール。でも勝利者インタビューでは司会の松岡俊道アナに「この攻防、3周見たかったです。」と言われるも「たとえ1周でもこりごりです。」と返してました。それにしてもインもアウトも弱い水面(一覧)だった初日の最後で564が出ちゃいましたか。
 それにしても2連単で8730円と他場では考えられないくらいの高配当がついた辺りが、江戸川勝率8.36と好成績ながらもかつての斡旋拒否が祟って江戸川オヤジに不人気な山崎智也らしいですね。ちなみに3着は一番安い濱野谷だったので29150円と普通の万舟。他の3艇が3着に来た場合はいずれも300倍超でした。
 尚、前検タイムブービーでインタビューでも鼻声だった3号艇瓜生正義は実戦でも元気なく、徐行運転小回りの6着に敗れました。ちなみに自分の的中本数は勝利者インタビューの写真枚数から山が付く選手の枚数を引いた数です。
嫌いな江戸川2周戦を走り終えて疲れ切った顔の智様

 ところで、江戸川競艇HPでは昨日特設記事が公開されまして、江戸川大賞に関する貴重なコンテンツとしてはオリジナル動画配信のコンテンツで前検日一言コメント(動画)が公開されています。カマギーが選手紹介と同じ事を蝶ネクタイで言ってるのが一番ウケます。

唐津一般競走優勝戦

 4着に敗れた初日11R以外は全て1着と向かう所敵無しの勢いだった1号艇向所浩二がイン14トップスタートの速攻戦で独走ぶっちぎり。最後も向かう所敵無しだった向所が通算20回目にして唐津初優勝です。3コースから捲った秋田健太郎が2着に入ってます。

三国みなづき第1戦初日

 みくにプールは久しぶりの4日間決戦。みなづき第1戦の初日を迎えました。短期集中で勝ち上がり目指す瞬間沸騰の攻防戦にどうぞご期待下さいませ。尚、併用して発売のナイターレース蒲郡G1オールジャパン竹島特別も本日初日を迎えています。お楽しみ倍増のみくに競艇で今日1日ごゆっくりとお過ごし下さいませ。それではオープニングカードおはよう特賞第1Rです(動画)。進入は123/645の順です、スタートしました。インから艇を伸ばして逃げる1号艇久田武を4カド18トップスタートからの捲り差しで捕らえた6号艇は地元村外等が接戦から2周1M外から艇を伸ばして先に回りトップでゴールイン。32期2531村外等はこれで通算999勝、1000勝に王手をかけました。
 人気の久田は2着で、5号艇の99期新鋭服部剛(静岡)が3着に来て3連単は92720円。朝一番からビッグ配当が飛び出しました。

 出走表確定後に私病で欠場となった川北浩貴が欠けて5艇立てになった三国選抜。しかし盛り上げ上手な面々お任せあれ、ということで元気にシリーズ運んでくれそうな5名が揃った一戦はインから12/346の順です、スタートいたしました。3カドつけ回る3号艇間嶋仁志をブロックしての逃げを見せた1号艇松野京吾が2号艇高橋勲の2コース差しを振りきりトップでゴールイン。2M高橋のターンが膨れた所を差した間嶋が2着でゴールイン。以上でございました。

BP岩間3周年記念茨城新聞社杯、地元からは飯島昌弘が優出。

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 天狗のてんまるがマスコットのボートピア岩間開設記念競走である茨城新聞社杯は今日まで行われた4日間シリーズ浜名湖ボートピア岩間3周年記念茨城新聞社杯。もちろん地元茨城県民も大挙7名参戦していて、その中からは飯島昌弘が4号艇で頂上決戦優勝戦に乗艇。
 飯島は4カドからつけまい狙いますが、前付けインから16トップスタートで速攻押し切り態勢の3号艇大嶋一也には届かず2着まで。茨城県に優勝杯を持ち帰る事は叶いませんでした。
 大村G1競艇名人戦と同じく3号艇前付けインで優勝したKAZUYA.Oはこれで今年V4、通算では区切りのV60。次節は30日からの徳山KRY山口放送杯シニア選手権です。

G1江戸川大賞は6月7日から】

 20日の日曜日に多摩川競艇場へ行った際に「水上に舞う、男たちの魂。」G1江戸川大賞(前述の飯島昌弘も出場予定)のパンフレットを持ち帰ったので、パンフレットに掲載されてた内容からいくつか。
 先ず初日ゴールデンレーサー賞出場予定選手は熊谷直樹田中信一郎濱野谷憲吾山崎智也菊地孝平中村有裕の6人。この中ではタナシンのみが2002年G1江戸川大賞以来約5年ぶりとなる当地参戦なので苦戦しそうですね。しかもこの時は節間0勝で予選落ちとさんざんな成績でした。

 次に場内先着サービスですが、7日〜9日までがラッキーカード先着3000名様で当選の300名様に場内食事利用券1000円分。10日と11日がラッキーカード先着3000名様で当選の300名様にオリジナルクオカード500円分。最終日の12日がボート型スクイーズキーホルダー先着3000名様です。
 そして今回の場内イベントはお笑いも演歌もヒーローも、ゲストショー一切無しの硬派開催。初日9:40からの選手紹介(場内特設会場)と最終日の表彰式(第3投票所前特設ステージ)を除くと予選全レース及び準優3個レースの公開勝利者インタビューのみです。現在開催中の鳴門G1大渦大賞(ゲストショー、特設サイト等一切無し)に通ずるものがあるシンプルさですね。ただ、予選全レースの公開勝利者インタビューは画期的ですね。
 ところで、現時点で江戸川競艇HPに掲載されてる情報は恒例の優勝者当てクイズの他に、「対岸堤防工事の都合により、横断幕の掲示が出来なくなりました。ファンの皆様には大変ご迷惑をおかけ致しますが、悪しからずご了承下さい。」もともとG1以外では横断幕の掲示不可な場ですが、堤防工事の関係でG1も掲示不可になりました。

 最後に、同日程で開催される蒲郡G1オールジャパン竹島特別(多摩川は両方を併売)のパンフレットも持ち帰ってきましたが、力道山表紙のパンフレットには「王者はひとりでいい」とのキャッチコピーが。王者松井繁の活躍が約束されましたね。
水上に舞う、男たちの魂。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
競艇電投会員即時募集中
既に会員の方はテレボート
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
勝ち組.net
アクセスランキング
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
おすすめバナー
バナソニック


blogram投票ボタン

livedoor プロフィール
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ