ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

水摩敦

滝澤友恵水神祭記念インタビューも公開された住之江男女W優勝戦

ブログネタ
競艇 に参加中!
 2本立て記事でお送りする本日1本目の記事は大礼服の商標でお馴染み森下仁丹のタイトル戦住之江男女ダブル優勝戦森下仁丹杯争奪戦最終日。まずはW優勝戦の紹介から。

 1つ目の11R優勝戦(女子)は枠なり3vs3の進入から1号艇濱村美鹿子が2号艇日高逸子の差しを振り切り、目高さんを従えた鹿さんが住之江初・今年2回目・通算16回目の優勝。3着には外マイの5号艇谷川里江が入りましたが、優出メンバー12人からは唯一ぴちぴち浅ちゃんの選手突撃コーナーに登場しました。

 結びの12R優勝戦(男子)は124/356の進入から1号艇毒島誠(関東地区スター92期4238)が2号艇平尾崇典と4号艇深川真二を張って逃げきり、ブス島は住之江初・通算12回目の優勝。今年は4回目の優勝でしたが、地元桐生以外では今年初Vです。
 ブス島に張られた平目は振り込んでしまい、3号艇森秋光が接触、6号艇西村拓也(住之江地元スター98期)も回避して不利を受けた結果、外マイの深川があっさり2着。
 3着は深川と平目の間を突いた5号艇都築正治でしたが、来月から月刊ヤングマガジン(毎月第2水曜日発売予定)に掲載誌が移行される「kiss×sis」の主人公住之江圭太の双子義姉は住之江あこ住之江りこです。この漫画、他の登場人物もものすごい名前で、三国美春とか桐生夕月桐生三日月姉妹とかもいます。


 さて、今節のビッグニュースといえば滝澤友恵が2日目1R水神祭を挙げた事ですが、待ちに待ってたぴちぴち浅ちゃんの選手突撃コーナーが公開されました。
 11月7日に入籍した夫水摩敦(住之江前節あざやか霜月競走出場)からもらったプロペラと調整メモを生かして、入籍後の初開催で早速水神祭。まさに夫婦愛がなした水神祭ですね。

 ということで滝澤友恵水神祭&新婚記念インタビューは住之江後インフルエンザに掛かりながらも妻の為に尽くした若松地元スター水摩敦の新婚さんいらっしゃ〜いぴちぴち浅ちゃんの選手突撃コーナーを見た後に見ると一層楽しめます。ちなみに水摩敦の師匠はパイナップルキング田頭実です。


多摩川東京スポーツ賞優勝戦

 滝澤友恵の師匠角谷健吾も4号艇で優出した東スポ賞は1246/35の進入からカド08スタートの3号艇市橋卓士(徳島)が06スタートの1号艇鈴木博をつけまいに沈めて捲りきりますが、くるっと差した2号艇林美憲(徳島)が市橋を捕まえて2Mを先行し、今年V6・多摩川3回目・通算40回目の優勝
 林に捕まった市橋は2番差しの6号艇白水勝也を2M行かせて捌き徳島鳴門うず潮ワンツーを完成させ、福岡我勝手隊の大うず大将は3着。

G1江戸川大賞4日目と全国8場の優勝戦

 連日アグレッシブでエキサイティングな攻防が相次いでおりますG1江戸川大賞は予選最終日の4日目。今日はインがクルクル江戸川競艇で、12R中10Rで1号艇が1着(一覧)。
 そんな中、第3Rでは3号艇笠原亮が捲って流れたものの、この影響で1号艇白井友晴は消え、捲り差しから2M3艇を差した5号艇山田竜一(今節選手代表)が1着、1M差しから2M2艇を差した2号艇赤坂俊輔が2着で2連単6190円3連単5-2-6が30540円で本日唯一の万舟。

 もうひとつの12Rではグリップの無さと足落ちに苦戦している1号艇西川新太郎のターンが流れ、差した4号艇古賀繁輝が1着。
 差されて2番手の江戸川新太郎は2Mで6号艇白井友晴(前半イン戦で4着)を行かせ2番手キープ狙うも、ここで2番差しの2号艇山崎智也に舳先掛けられてしまい、2周1Mで差し返し狙うも押っつけてきた白井埼京に行く手を阻まれ4番手に後退。2周2Mで白井埼京に押っつけ返すも行かされて捌かれ空振り。そして3周1Mで山崎に押っつけた白井埼京が波に引っ掛かった所に絡んでしまいまさかの6着。尚、3周1Mもつれ合った影響で3着が3号艇角谷健吾になり、3連単は8570円に値下がり。

 さて、優勝賞金750万円と副賞のドイツ車(1000万円相当のベンツ)に最も近い予選1位は第9R3号艇1回乗りだった山本隆幸
 1M差しから2Mで6号艇柴田光をチャチャチャと行かせて捌き、先月の富士通カップ優勝に裏付けされた再開後の当地実績と確かな足とあふれるセンスで2着に入り、山崎智也のレースを待たずに予選1位を自力で決めました。
 尚、この9Rは2周2Mの3着争いで5号艇笠原亮に押っつけた2号艇・香川から参戦の上田隆章が接触した際に笠原を転覆させてしまい、上田はエンジン再始動に成功して完走したものの不良航法を適用されました。

シリーズ初白星の寺田♂ ここからは現着した第4R以降の公開勝利者インタビュー写真。まずはSGグランドチャンピオン決定戦で優出したばかりの寺田祥がシリーズ初白星。その後11R3着で予選7位通過。

この日一番人が多かった濱野谷インタビュー 続いては第5R濱野谷憲吾。東都のエースがお待ちかねの初白星でこの日一番人が集まりました。

新鋭チャンプのパナソニック 第6Rの新鋭チャンプ松下一也

ひぐち君 第7R樋口亮

男は40から。イーグル会長小畑実成。 第8Rのイーグル会長小畑実成

シリーズ2勝目の飯島昌弘 第9Rの飯島昌弘。2006年G1江戸川モーターボート大賞優勝者はこの勝利で予選を12位でクリアー。

同郷のアンガールズ田中にクリソツな上平 第10R上平真二。この勝利で予選を8位でクリアー。
 尚、ここ3号艇1回乗りだった星野太郎は4着だったものの予選を15位で無事クリアー。

前半6着の失敗を取り返したやっさん 11R飯山泰。この勝利で予選を8位タイ(選出順は10番目)でクリアー。

佐賀支部きっての波風うねり巧者古賀繁輝 12Rの古賀繁輝。この勝利で予選を8位タイ(選出順は9番目)でクリアー。

 選手紹介で「おはようございます。今節、繁輝君が優勝戦乗らないと僕に大変な事が起きてしまいます。」と言った森永淳は大変な事が起きて帰郷してしまいましたが、それを受けて「優勝戦乗らないと大変な事が起きそうなのでとりあえず準優勝戦乗れるように一生懸命がんばります。」と言った古賀繁輝、とりあえずの目標は達成できました。

 ここからは本日行われた8つの優勝戦を場コード順に紹介していきます。

桐生日刊スポーツ杯優勝戦

 11R準優勝戦で通算1200勝を達成した1号艇都築正治(愛知)が1235/46のインから押し切り、通算1201勝目は今年5回目・通算52回目の優勝
 後続は差し順走の2号艇室田泰史と2番差しの4号艇伊藤誠二(愛知)で接戦になり、2M→2周1Mと内の伊藤が先行するものの2周1M差した室田が舳先を掛けて2周2Mを先行。ここで伊藤はやや艇が暴れてしまい勝負あり。

戸田一般競走優勝戦

 「今垣光太郎の劇的な優勝で幕を閉じたグランドチャンピオン決定戦。その前開催から中3日で迎えます4日間の一般開催。今年も折り返しとなりまして新モーター&新ボートで新たなスタートとなります。(動画
 ということで木曜日から始まった新機新艇の4日間ノンタイトルシリーズは吉原完アナが4日間フル回転のシリーズで、しかも金曜以降は戸田実況とJLC NEWS(90分)のダブルヘッダー。

 そんなシリーズを締めくくる優勝戦は4号艇加藤高史(埼玉)がカド受けを選択した枠なり4vs2の進入から1号艇野添貴裕が1M速攻で先頭独走するも野添は+01のフライング。
 これにより、差し順走の2号艇沖島広和が繰り上がって戸田初・通算11回目の優勝
 2番差しから沖島を追走して2番手の加藤鷹氏は2M内突っ込んできた5号艇村田孝雄(今節選手代表)を包んだ際に、1M外マイから2M差してきた3号艇武田正紀(埼玉)に迫られますが、その武田を2周1M行かせて捌き2着を取り切りました。

浜名湖テレしずサマーカップ優勝戦

 「重野哲之選手24場マラソン感謝の1500キロ!!」が遂にゴールを迎えた今日、テレしずのタイトルが付いた浜名湖4日間シリーズの頂上決戦は枠なり3vs3の進入からチルト+1度の5号艇一色雅昭が37と凹み、チルト+2度の6号艇水摩敦が19スタートからぐいぐい絞って大捲り。
 これに対し、節間6戦全勝で完全Vが懸かる1号艇武田光史は12トップスタートの速攻で水摩の捲りをこらえきるも、2号艇平尾崇典の差しが入って先頭はわずかに平尾。
 そして平尾が2Mトップターンの体勢でしたが、ここで3番手の水摩が圧巻の外全速(動画)で一気に平尾を捲りきり、1M→2Mと豪快な全速戦で2-1体勢を打破した99期の一番星水摩敦はチルトアップ大成功で昨年メーデー若松スポーツニッポン杯争奪GW特選以来となる通算2回目の優勝。2着は2周1M→3周1Mと内突いてきた武田を2度共行かせて捌いた平尾でした。

常滑サマーカップ優勝戦

 常夏のレース開始告知フィラーでお馴染み常滑競艇のサマーカップは初日ドリーム戦のメンバーがそのまま優出してきた4日間決戦のファイナルは枠なり3vs3の進入から1号艇石田政吾が押し切り今年3回目・通算49回目の優勝。差した4号艇福田雅一が2着。

津グランプリシリーズ第2戦優勝戦

 朝日屋の特選松阪肉1kgを懸けたTSUグランプリシリーズ第2戦は2004年2月唐津一般競走以来の優出になった5号艇堀江喜一郎60歳が動いた125/346の進入から1号艇山口俊英が+03のフライングに散るも、その俊英をもチルト+3度の伸びで一気に捲りきった09スタートの6号艇後藤道也(三重)が通算13回目の優勝。1M差した2号艇下田哲也が1M2番差しの堀江を2M行かせて捌き2着。

 以上の様にF艇をも飲み込むチルト+3度大外捲り(動画)で幕を閉じたTSUグランプリシリーズ第2戦でしたが、11日からの津次節はいよいよG1津モーターボート大賞。輝きを放ちまくってる加藤綾のポスター(特設サイト)が話題を読んでますが、「あこライfeaturingあやっぺ」ということで都築あこ&片岡未来のあこライコンビと2泊3日の九州旅行でリフレッシュした加藤綾は初日に来場します。
いつかこの舞台で輝きを放つ。


三国ふみづき第1戦優勝戦

 インコースから132/456の順です。1秒前、スタートいたしました。初日10R5号艇2着以外全て1着の1号艇窪田好弘福井支部長が09トップタイスタート決めて逃げの体勢を作ろうとしますが、同じく09スタートの2号艇・三国地元スターにして2009年度ヤングヒーロー松田祐季がジャックナイフのように切れ味抜群な捲り差しで窪田支部長を差しきり、新旧地元ワンツーで今年2回目・通算3回目にして三国も3回目の優勝


 ここでJLC番組艇声人語#09の情報。

 今回は三国・津・鳴門のビッグレースを中心に情熱実況を繰り広げる小林習之(しゅうし)アナウンサーが主役です。
 ダイナミックさを持ち味とする彼が歩んできた実況アナウンサーへの道程、仕事に抱えてきた苦悩。そして、三国競艇場での「出会い」をきっかけに深まる競艇への想い。
 実況という役割に留まらず、競艇という世界全体へ真摯に向き合う小林アナの声をお届けします。


 初回放送は9日22時30分からで、どんな番組内容になのか興味津々であります。ちなみにマンスリーKYOTEI今月号の連載コラム「PitでGet」によると1年の2/3くらいを自宅以外で寝泊まりしてるそうです。

宮島フマキラーカップ優勝戦

 日用品質フマキラーのタイトル戦はグレートマザー日高逸子夫婦特集だった本日のフジテレビ「エチカの鏡」で先月の九スポ杯プリンセスカップ優勝戦実況が使われた有冨義浩アナに「強力な伸び中心の自慢の仕上がりはまさにフマキラーの虫除けバリア並にVロードをガードします。(動画」と実況された1号艇福島勇樹王子が2日目12R1号艇2着以外全て1着の好成績。
 そして枠なり3vs3の進入からゆーき王子が逃げ込み図りますが、節間ゆーき王子に唯一土を付けた2号艇古結宏が08トップスタートからの差しでゆーき王子とのマッチレースに持ち込み、舳先掛けて2Mを先行。ゆーき王子の差しを振り切った古結は2007年7月三国ふみづき第1戦以来となる通算2回目の優勝

 
 さて、宮島競艇場は2011年の新鋭王座開催地ですが、7月28日から始まるG3新鋭リーグ第10戦厳島昇龍決戦の初日12レース「昇龍ドリーム」の出場予定選手と枠番が6月25日に発表されてたのでCatchUp!

1:大峯豊 2:濱崎直矢 3:平本真之 4:稲田浩二 5:岡崎恭裕 6:麻生慎介

福岡九州スポーツ杯争奪戦優勝戦

 6月30日から始まった期またぎの6日間シリーズは12346/5の進入から1号艇海野ゆかりが18トップスタートの速攻で1Mを先行し、2号艇西山昇一に差されそうになるも締めて振り切り、優勝戦紅一点のうんのゆかりがB2としての最後の開催で見事通算24回目の優勝でA1復帰の前祝い。ちなみに福岡前回参戦は2005年10月福岡なでしこカップ(優出3着)で、福岡前回Vは1999年3月の男女混合一般競走でした。
 後続は西山に対し、1M2番差しから2M外に持ち出した3号艇鶴本崇文が外全速戦で2番手争いに持ち込み、2周1M内から先行した西山を差しきり逆転2着。

チャレンジ覇者村上純、若松MBP北九州MD開設記念で圧巻のV!

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 浜名湖SG競艇王チャレンジカップ3日目の11月27日から始まり、SG後の舟券敗者復活開催として連日大盛況だった若松パイナップルナイターミニボートピア北九州メディアドーム開設2周年記念競走。ちなみに小倉競輪場に併設するミニボートピア北九州メディアドームは2006年10月20日に開設されましたが、西武園G1読売新聞社杯全日本選抜競輪初日の6日土曜日から若松競艇場にサテライト若松が併設されます。

 さて、優勝戦は初日メイン記者選抜6号艇6着を除きオール1着の村上純が1号艇。そして枠なり3vs3の進入から3号艇山崎哲司が07トップスタート、カドの4号艇後藤正宗が08スタートとスリット優勢も、14スタートの純が「ギアケースいじってから全部気に入るアシになった。」のパワーで強烈に伸び返し、そのまま押し切り若松初・通算17回目にして今年は9月の尼崎市長杯争奪尼崎チャレンジ競走以来となる5回目の優勝
 後続は2号艇宮田政勝の差し流れて3号艇山崎哲司と5号艇伊藤雄二が張られた形で不利を受け、早々と差しに構えた後藤が2着。尚、2Mで宮田に押っつけたのがやり返しの突進と判断されたか山崎哲司が不良航法を適用されました(動画)。


 ところで、NHKテレビ小説純ちゃんの応援歌とも縁が深い阪神沿線で繰り広げられた白井文杯尼崎チャレンジカップを制した村上純絡みの話題を調べていたら尼チャレカの時は知らなかった衝撃の事実を知ってしまいました。

関連食品会社を大水が解散へ、原料高騰で採算悪化。(2008/7/5)

 水産卸大手の大水は4日、関連会社のムラカミ食品(兵庫県尼崎市、塚崎勝社長)を解散すると発表した。ムラカミは50年以上にわたって、かまぼこやちくわなどの練り製品を生産してきた。原料となるすり身や包装資材の価格高騰などで採算が悪化。すでに業務を停止している。
 大水はムラカミの発行済み株式の33.8%を持つ。スケソウダラなどの冷凍すり身をムラカミに販売し、練り製品の一部を同社から買っていた。ムラカミの2008年1月期の売上高は約25億円。


 なんとなんと、昨年10月にムラカミかまぼこ杯争奪メイドインアマガサキなるタイトル戦も行ったムラカミ食品が今年7月に解散してたとはびっくりです。
 ところで、なんで尼チャレカの時点でムラカミ食品解散に気がつかなかったのかというと、同日は優勝戦が6場あった上に酔っぱらったのでblogを書いたのが翌日午前。


 そんなちょっと暗い話題を書いたところで若松絡みの明るい話題に戻ります。今まで若松競艇地区スターだった97期西山貴浩が来期A1昇級の為に地区スターを卒業。替わって北九州市若松区出身の99期4413水摩敦が地区スターになります。これに伴い若松競艇HP若松競艇生まれの小粒なスター水摩敦若松競艇地区スター4413水摩敦Blogが公開されました。
 水摩敦といえば今年5月1日の当地スポーツニッポン杯争奪GW特選で師匠田頭実や賞金王戦士瓜生正義、準完全Vリーチだった1号艇原田富士男や先代地区スター西山貴浩相手に豪快な6コース捲りを決めて99期一番乗りのデビュー初V決めたのが記憶に新しいですね。

田頭軍団99期4413水摩敦21歳・メデたいデビュー初優出初優勝!

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 24場GW開催のトップをきって最終日を迎えた若松スポーツニッポン杯争奪GW特選。今節前の勝率が6.07とA1崖っぷちの勝率から(211111111)の驚異的成績で6.28まで勝率を上げてA1維持に成功した玄海のドーベルマン原田富士男が不動のシリーズリーダーとして1号艇になった優勝戦スタート展示が134625と人気対抗の2号艇瓜生正義が5コースになり、なにやら波乱ムード。本番はウリ坊が枠を主張して1236/45の進入からデビュー初優出の5号艇水摩敦が他を圧倒する12トップスタートを放ち、直内の4号艇西山貴浩若松地区スター)が33と凹んだこともあって水摩の絞り捲りが炸裂(動画)。これには水摩の師匠である3号艇田頭実(今節選手代表)とウリ坊とフジオの記念ウイナートリオも形無しで、若松英雄伝説を持つ師匠を乗り越えての捲りを決めた99期4413水摩敦21歳が99期一番乗りとなるメーデーたいデビュー初優勝の快挙。若松GW開催は昨年篠崎元志に続いて初優勝選手を生みました。
 後続は踏ん張ったフジオが立て直してフジオの上だを回ったウリ坊を振りきって2番手も、2M外全速のウリ坊がフジオに並んで両者マッチレース。2周1Mもウリ坊が全速戦仕掛けるもフジオが踏ん張りきって同体が続き、2周2Mでも同様にウリ坊が全速仕掛けるも、ここを踏ん張ったフジオが内の利でややリード。そして3周1M差しに転じたウリ坊を振りきったフジオがリードを開き、最後もウリ坊の差しを振りきって2着確保。5-1は有ったけど5-2は無かったので助かりました。

 さて、若松区出身のサッカー少年だった水摩は北九州高校体育科時代に教師から競艇選手の道を進められて99期生としてやまと競艇学校に入学。在校勝率1位7.17の優秀な成績で卒業した水摩はデビュー節の2006年11月芦屋ヤングスター選抜戦で水神祭こそ挙げられなかったもののいきなり準優進出というセンスを見せ、2007年1月2日の大村九州スポーツ杯争奪新春特選レース3日目5R新春に大村咲き誇る、みずみずしい水神祭を実現。「若松を代表する競艇選手になりたい」と意気込む水摩は「目指すは、師匠。越えるも、師匠。」と田頭神越えを目標にしてるだけに、師匠と師匠の同門フジオを捲っての初優勝は感慨深かったでしょうね。ちなみに北九州高校には全国でも珍しい魚部が存在します。

新春に大村咲き誇る、みずみずしい水神祭。

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 月末にはG1企業杯共同通信社杯新鋭王座決定戦を控える新春のレーシングピア大村競艇、男の楽しみ九州スポーツ杯争奪新春特選レースは3日目ですが予選の5Rで瑞々しいフレッシュな話題がドボンと飛び込んで来ました。
大外に入った5号艇は99期4413水摩敦が捲り差しのハンドルを入れ、インから逃げる人気の石橋道友に舳先を入れて2Mを先マイ。見事デビュー初の1着となりました。ちなみに2着は石橋で三着には三コースを尾崎鉄也に譲って4コースカド受けとなった三号艇三瀬譲が遅れ差しで入ってます。
 水摩敦は在校勝率7.17の第1位でリーグ戦3優勝、卒業記念レース2着と優秀な成績でやまと競艇学校を卒業、デビュー節の芦屋ヤングスター選抜戦では未勝利ながら準優進出と素質の片鱗を見せてましたがここで嬉しい水神祭、大村で勝利の花が咲きました。

 ところで、大村で花咲くといえば大村競艇クイーン大村咲子。1月22日に行われるミス日本最終審査に残り、大村から全国に羽ばたくチャンスを得ました。過去に大スター山本富士子を始め、叶美香藤原紀香といったスターを生んだグランプリの他にファン投票のスポニチ特別賞やミスネイチャー・ミス着物・ミス海の日・ミスフォトジェニックといった賞も用意されているミス日本。グランプリになったら快挙ですがミス海の日に選ばれて大村競艇に凱旋するというのもいいかも知れませんね。

【ちわーっす、みなさんようこそ】

 と帽子を被ったまま選手紹介をした山室展弘さんが出場する児島岡山県モーターボート選手権大会は今日が初日。山室さんも2号艇で乗艇したキングドリーム戦は枠番通りのインに入った川崎智幸が05スタートから押し切って先頭、2コース03トップスタートの山室さんは2番手でしたが、2Mで川崎を差した山室さんがHS舳先を入れることに成功し2周1Mを先マイ。そのまま押し切り逆転の1着です。

江戸川京葉賞3日目

 元旦の中休みをはさんで3日目の競走水面は2007年の初勝ち星を狙う各レーサーにより今日も激しいレースが大いに期待されました水面上です。第2Rで枠番通りの大外6コースに回り込んできました東京70期増田進でしたが、キーポイントの1Mで差しを狙ったところスピンしてしまい選手責任のエンスト失格となってしまいました。

 その増田が巻き返しを期して1号艇で登場した第6R。確実なハンドルワークを見せた2号艇前田光昭には差されましたが他艇には捲られず差されずの走りで2着。人気の前田太尊には敗れたもののとりあえずは汚名返上といったところでしょうか。

 そのタイソン、後半12Rはイン戦で人気に応え1着と、6号艇4カド進入で場内をざわ…ざわ…させた大晦日第9Rの待機行動違反減点を取り返してW準優の前半第7R3号艇と後半12R4号艇で登場です。

王者・松井が揺るがぬ本命だ

 ということで今日から住之江全大阪王将戦(初日売上7億6996万500円)ですが、王者松井繁は1号艇乗艇の大引け王将特選(ちなみに自分がファン投票で入れた選手は全滅)でも頭不動、揺るがぬ本命としての支持を集めました。今回と同じ住之江で大納会を締めた前節SG賞金王決定戦の再現を狙って自信満々に王者の逃げを披露!
したはずですが、2コースにいた倉谷和信(前節大村長崎文化放送NCC杯争奪戦準優敗退)に舳先を入れられ王者大ピンチ。そして2Mヒゲに先制された王者は外握るも届かず、弘法も筆の誤りな2着に終わり、年始の大発会で大本命銘柄の松井証券は紙くずになりました。
大阪王将戦隊ギョウザレンジャー
続きを読む
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
競艇電投会員即時募集中
既に会員の方はテレボート
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
勝ち組.net
アクセスランキング
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
おすすめバナー
バナソニック


blogram投票ボタン

livedoor プロフィール
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ