ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

椛島健一

【特急田中3号艇】江戸川本場再開後最初の優勝者は田中豪!

 江戸川競艇再開記念レース最終日、まずはブログ「ふにっとした触感。」でおなじみ野村達也アナが読んだ本日の冠協賛競走コメントを紹介。
 1つ目の10R選抜戦結婚60周年記念勇&きみ子では「スポンサーは平井様でございます。平井様ありがとうございます。そして勇様、きみ子様、結婚60周年おめでとうございます。これからも手を取り合って仲むつまじくお幸せに。

 2つ目の11R選抜戦YUI生誕記念Red Falcons杯では「スポンサーはぷよぷよ様でございます。コメントが届いています。「山陽エンジェルYUIちゃん、生誕1周年おめでとうございます。競艇ファンサイトRed Falconsを運営しています。今後ともよろしくお願いします。真菜ちゃん、麻奈美ちゃん、がんばって。」とのことです。ありがとうございます。山陽のYUIちゃんもかわいいですが、江戸川のヤギのマッシローも負けていません。これからも江戸川競艇をよろしくお願いします。」と、浜松オートの実況も担当するノムさんが読み上げました。ちなみに浜松オートレースヴィーナスは金子詩織です。
はずれ舟券を食べるDREAM GOATマッシロー

 「江戸川で走る喜び、江戸川で見る喜び。そして、江戸川で賭ける喜び。ヤッター!の雄叫びから1年4ヶ月、江戸川競艇場は復活の喜びに満ちあふれてます。オール東京支部でお送りした江戸川競艇再開記念レースもファイナル、優勝戦の時を迎えました。尚、このレースは冠協賛レースとなっています。タイトルは江戸川競艇場本場再開バンザイ記念。スポンサーは村尾様でございます。コメントが届いています。「再開後の初優勝を記念してバンザイ。バンザイ。バンザイ。」とのことです。ありがとうございます。果たしてエキゾーストノートを奏で、村尾様のこのお祝いの言葉を受けるのはどの選手か。(動画
 ということでノムさんがヤッター!とエキゾーストノートの江戸川フレーズに加え、バンザイを3回繰り返した優勝戦江戸川競艇場本場再開バンザイ記念
 「オンリーワンの江戸川ワールドで、6人の、そしてあなたの夢が今再び動き出す。枠番通りの進入、2秒前、1秒前、スタートしました。
 内枠2艇が好スタートで、11スタートから先行体勢の1号艇山本英志に対し09トップスタートの2号艇飯山泰の差しが迫り、16スタートだった3号艇田中豪のつけまいも山本に迫り、BSでは3艇ほとんど同体。
 そして2M、最内の飯山やすしが先行して山本が差しに構える中、特急田中3号艇が一気に握って攻め、特急田中さん豪快な捲りが見事決まって流れながらも単独先頭に立ち、やっさんを差し返した山本英志が2番手に。
 「風が吹きます。波が立ちます。航行船が通ります。日本一の特殊水面。だが、それがいい。大魔神に見守られ、江戸川競艇ここに復活。その再開を祝うように江戸川ミュージックを奏でるのは3号艇の田中豪。
 ということで、小泉元総理&麻生総理の表彰を受け多摩川総理杯を授与された多摩川さつき杯からのオール東京連続Vになった特急田中さん豪は江戸川4回目・通算37回目の優勝。残念ながらG1江戸川大賞期間中の斡旋がないですが、江戸川再開後最初の優勝者として名を刻みました。
 最後に、今シリーズ最終日は9974名の本場入場者があり、この数字は約12000名を集めた初日に次ぐ数字でした。
優勝戦の展示を終え、ピットに帰投。特急田中3号艇ウイニングラン田中豪表彰式田中豪優勝者当てクイズ抽選中


G1佐賀新聞社杯唐津モーターボート大賞優勝戦

 今節選手代表上瀧和則が4日目を終えて負傷帰郷したため、5日目以降選手代表になった71期3623深川真二(今節3日目の6月6日生まれ)がG1初Vを懸けて優勝戦1号艇。
 そして、枠なり3vs3の進入から深川ドーン!っと構えた深川不動の高等なイン戦でキバを剥いた他艇の攻めを門前払いにしてアッサリ逃げ切り、71期生での登用から16年と7ヶ月、同期連番3622山崎智也が1997年10月に当地SG全日本選手権で記念初Vを飾ってから11年と8ヶ月、前回優勝2008年正月の当地新春佐賀県選手権から1年半、通算42回目・からつ12回目にして遂に遂にG1初優勝をかなえました!
 2着には捲り差した6号艇寺田祥が入り、発走順では先だった後述の鳴門G1同様6号艇6コースの81期生が2着でした。

浜名湖富士山静岡空港オープン記念アタック優勝戦

 江戸川競艇再開記念日と同じ6月4日に開港した富士山静岡空港開設記念は4号艇谷野錬志(静岡)が動いた142/356の進入から谷野が+01のフライングも、02スタートの1号艇守田俊介(節間6戦全勝)は谷野を全く問題にしないイン戦で押し切り、通算49回目にして自身5回目の完全優勝。捲り差した6号艇中村亮太が2着。

 というように、守田俊介が蒲郡G1オールジャパン竹島特別でG1Vを飾れば萩原秀人下関G1競帝王決定戦でG1初優出を決めた勢いに乗って若松かっぱ杯争奪戦競走で久々のV。そして今回の守田俊介完全Vと、共に今が最も旬といえますが、土曜日からのG1三国モーターボート大賞で待ちに待った直接対決です。

児島RNCエコカップ優勝戦

 RNC西日本放送のエコカップは11R準優勝戦で5号艇原義昭(今節選手代表)が後付け5コースに入って1号艇阿波勝哉が珍しい4カド進入(最終隊形324/156)になる珍事(動画)もありましたが、その阿波はチルト+3度4カド捲り一発決めて優勝戦2号艇。

 「地球の温暖化はご勘弁ですが、競艇の熱い思いの上昇は大歓迎であります。舟券と環境を共に考える5日間シリーズでありましたRNCエコカップ、いよいよファイナル12R優勝戦。(動画」と、児島競艇ガァ〜コの部屋ピース姫ブログ「☆気ままな姫の日記☆」に30kgダイエット成功体験インタビューが掲載された椛島健一アナのエコトークが聴ける優勝戦は「全国24場の6コースの勝率をアップさせる男」として人気の中心阿波がお約束の大外進入で134/562の進入。
 そして5と6がスタート凹み、絞りやすい状態になった19スタートの阿波は
 「ぐーん!っと、これがチルト+3度なんです。出て行くんです!2号艇阿波が捲って行くんです!
 と、ジェイカビラと化したKABA.ちゃんの実況と共に伸びて行き、18トップスタートだった1号艇勝野竜司の抵抗をものともせず捲り一発決まって、
 「指定席6コースからチルト3度のパワーをしっかり引き出しまして捲って決着!自ら不利なコースを選んでもしっかりと結果を出してくれる。だからこそファンも魅了されるんです。
 と、一阿波ファンと化したKABA.ちゃんの実況と共に先頭を駆け抜けた阿波は昨年4月徳山4・Daydream-春來-以来となる通算14回目の優勝
 後続は2009年の競帝王に決定した3号艇柏野幸二(岡山)が1M出口で艇が浮きながらもくるっと運んで2番手争いの主役になり、2Mでは5号艇高沖健太を行かせて捌き、2周1Mでは4号艇佐藤勝生を行かせて捌き、地元エースの意地と競帝王の意地で2着。ちなみに6コースと2コースの決着で2連単はたったの580円でした。
エコにこだわるベイパの一員阿波勝哉


三国みなづき第1戦優勝戦

 今年も6月、折り返しとなれば自ずと気持ち引き締まる時期。みなづき第1戦制覇の瞬間であります。インコースから123/456の順です。1秒前、スタートいたしました。
 15トップスタートの1号艇島川光男に対してチルト+1度の5号艇須藤博倫が捲りに行き、ミツオが須藤を受け止めた展開を突いて6号艇今坂晃広が差しを決め、2007年7月丸亀キヤンテイーンカップ以来となる通算5回目の優勝は三国前節さつき第1戦で優勝した兄今坂勝広に続く今坂兄弟連続優勝。
 惜しくも逃げ切れなかったミツオは2M突っ込んできた2号艇川原正明を行かせて捌き2着。

鳴門G1大渦大賞優勝戦

 枠なり3vs3の進入から逃げの体勢を作りきった1号艇松井繁が1.45.1の好タイムでぶっちぎり、鳴門G1V3・記念通算50回目となる通算92回目の優勝で、昨年に続く大渦大賞連覇。次も同一実況アナウンサーの三国G1なので、G1連続V有力でしょう。
 対照的に2番手は混戦で、外マイの3号艇田村隆信と捲り差しの5号艇辻栄蔵と差し伸びた6号艇池田浩二で接戦になり、2Mは最内の池田浩が先行も田村が包んでかわし、辻ちゃんが差して捌きます。
 しかし2周1M、田村を牽制して回った辻ちゃんの懐に、切り返して小回りの池田浩が潜り込み、BS同体に持ち込んだ池田浩が2周2Mを先行して逆転2着。3月の多摩川やよい杯ことSG総理大臣杯(プレゼンターは秋山莉奈)を優勝した東海地区81期池田浩が2着争いを制しました。

住之江報知新聞大阪本社発刊45周年記念ダイナミック敢闘旗優勝戦

 枠なり3vs3の進入から内枠2艇がスタート遅れ、16トップスタートの3号艇古結宏が捲った展開を突いて捲り差しを決めた4号艇茶谷信次が住之江初・通算7回目の優勝。レースを作ったダイナミック敢闘賞の古結が2着。
 尚、大一番で29スタートやらかし、結果辛うじて3着と2連対出来なかった1号艇丸岡正典は次節、丸岡城でおなじみ坂井市の三国G1で巻き返し狙います。

児島日本財団会長杯準優日は実況の椛島健一アナJLC出演日

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 児島競艇の6日間シリーズ日本財団会長杯は準優勝戦3個カードがメインの5日目。1つ目の準優勝戦10Rは枠なり3vs3から1号艇山本隆幸と2号艇出畑孝典が「1コースと2コース踏み込んだスリットォ!1号艇の山本2号艇の出畑ぁ!(動画」 と気合いのスリットを放ちましたが結果は明暗。03スタートの山本がきっちり逃げる圧勝劇を披露したのに対し、01スタートの出畑は差し構えも07スタートの3号艇・艇界の牛若丸伯母芳恒に叩かれて最後方。これにより2番手は伯母と差した4号艇大町利克の争いとなり、2M内から先行した大町を差した伯母が2番手。しかし2周2Mで伯母が痛恨のキャビテーションを起こし、もたついた隙を差した大町が逆転2着優出。

 準優2つ目の11Rは枠なり3vs3の進入からインと2コースが凹み、19スタートから一気の捲りを決めた3号艇田中健太郎(岡山85期4038)が1着となり遂にデビュー初優出。
 後続は捲り差した4号艇・瀬戸の魔神井川真人(岡山)と34スタートながら踏ん張った2号艇田口節子(岡山85期4050)で併走となり、32スタートで4番手の1号艇坂口周も2M切り返しで2番手争いに参戦。2Mは坂口・田口・魔神の順で回り、HSでは中の田口と内の魔神が併走で、外の坂口ややや形勢不利。2周1Mは魔神が先に回り田口と坂口が差しに構えるも、田口の差しは艇が浮いて不発。今度は魔神と坂口で併走となり、遅れを取った田口が2周2M切り返しで巻き返しを図りますがバウンドで不発。そして坂口は田口を抱いて回ったのに対し魔神は差しに出たのが吉と出て、3周1M内から先行した魔神が激戦巡り巡った2着争いを制しました。尚、3周1M魔神に牽制された坂口は田口にさされますが、3周2Mさし返して3着。ちなみに2連単14990円2連複14020円3連単28510円でした。

 最後の準優勝戦12Rは6号艇藤丸光一が動いて16/2/345の進入となり3号艇宇土泰就がカドから17トップスタート決めるものの、29スタートながら機力上位の2号艇本部真吾(三重78期3823)が壁になって伸びきるまでには至らず、21スタートの1号艇中岡正彦(香川78期3849)がすんなり1Mを先行して1着
 後続は宇土が捲り差しに行くも28スタートの藤丸に張られて後退。藤丸と差し続く本部の2番手争いになり2Mは本部が先行して優位に。そして1M捲り差し不発も2Mで内に潜り込んだ4号艇池田雄一もHSで2番手争いに参戦しますが、2周1Mで池田を包み込んだ本部がここで抜け出し、2周2Mも藤丸の突っ込みを難なく包みきって2着優出。その2周2Mで突っ込み不発に終わった藤丸を差した池田がここで3番手に浮上。藤丸は3周1M切り返しからの先マイで3番手を奪い返すも3周2M全速旋回の池田が藤丸を捲りきって3着争いを制しました。
児島競艇場

 頂上決戦、今シリーズのチャンプを決める戦い優勝戦の枠番です。

1:中岡正彦 2:山本隆幸 3:田中健太郎 4:本部真吾 5:大町利克 6:井川真人

 銀河系軍団(命名者:山本隆幸)の一員として1999年11月にデビュー、同年11月23日児島一般競走初日2Rで即水神祭(ちなみに同日1Rでは4051清水敦揮も即水神祭)と順調なデビューを飾るも、以降優出が無く銀河系軍団の中で取り残されていた田中健太郎。同期A1田口節子を捲って初優出を決めた勢いで同期A1山本隆幸を捲っての初優勝も決めたいところでしょう。


 さて、本日のJLC NEWS艇声人語ではパンチの効いた渋い美声が持ち味な児島競艇のKABA.ちゃんこと椛島健一アナが出演。柳川市出身で、母の実家が唐津競艇場の近くという縁で子供の頃から競艇好きだった椛島アナ(1977年生まれのA型)は教職免許を取得したり山口県内で営業マンをしたりの紆余曲折を経て、メディアターナー(旧社名:アナウンス工房)HPで実況アナウンサー募集のお知らせを見て受験し見事合格。遂に子供の頃夢見た「競艇関係の仕事がしたい」という夢を実現させて2002年4月に実況デビューを果たしたのでした。そして約6年の実況生活の中から椛島アナが選んだベストレースは服部幸男先生が離れた2番手から大逆転優勝した今年2月の倉敷市発足40周年記念動画)でした。実況とは「審判室で叫ぶファンの思い!」と色紙に書いた椛島アナですが、ベストレースに記念ではなく一般戦を選ぶところに椛島アナの思いを感じます。ちなみに椛島アナの出身地柳川市は2001年3月にやまと競艇学校(旧山門郡大和町内)が設立されており、いまや柳川市は競艇界に欠かせない土壌です。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
競艇電投会員即時募集中
既に会員の方はテレボート
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
勝ち組.net
アクセスランキング
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
おすすめバナー
バナソニック


blogram投票ボタン

livedoor プロフィール
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ