ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

松野京吾

ゴージャスの匠青田典子来場の名人戦初日に松野好発進。

 「百花の魁よ 千紫万紅の春に舞え―」阿波で勝つのは誰か。鳴門競艇場では初の全国発売競走になったG1競艇名人戦が今日から開幕。
 阿波なだけにまさにバブル。なのかはともかく、初日は名人戦前検日の昨日オフィシャルブログ「AOTA-STYLE」を開設したばかりというフレッシュブロガーなゴージャスの匠青田典子が来場して選手紹介動画)のアシスタントを担当。ちなみに競艇用モーターは396.9CC。


 さて、鳴門の特産品といえばわかめ酒ですが、ワカメといえばこの方の選手紹介を外すわけにはいきませんね。小林習之アナによる前口上からノーカットで紹介します。

(コバッシュ)「チルトとプロペラの絶妙のマッチングで昨年は優出3着。シリーズをゾクッとさせます。登録番号3020番、
(バブル青田)「わかめ、ただし選手!
若女井正)「(笑顔で)あっ、わかめじゃない、わかめいなんですけど。この機会に覚えて下さい。
(バブル青田)「すいません。ごめんなさい。わかめいさんですよね。
(ワカメちゃん)「(満面の笑顔で)先程、青田さんに握手してもらって、
(バブル青田)「そう!
(ワカメちゃん)「なんかツイてるような気がします。がんばります。
(コバッシュ)「フォローありがとうございました。
(バブル青田)「ありがとうございます!

 ワカメちゃんの笑顔もあってとってもほのぼのした選手紹介になりましたが、水上でのワカメちゃんは一転鬼のレース。初日は9R4号艇1回乗りで、枠なり3vs3の進入から4カドのワカメちゃんは27スタートながら、16トップスタートの1号艇池上哲二に対し見事な強つけまいを決め1着発進。
 ちなみに名人戦特設サイトには「居酒屋 競亭名人」の動画があり、四国の両巨頭中道善博&安岐真人と浪速のドン長嶺豊、3人の元選手が出演。その中に鳴門名物海の幸を紹介するコーナーがあり、その中の一品として「ワカメのしゃぶしゃぶ」が紹介されてます。


 選考勝率上位の6選手によって争われたドリーム戦スタート展示の枠なりから一転、選手紹介で「おはようございます。今節はレースを楽しみますので、お客さんも十二分に楽しんで、下さい。どうぞよろしくお願いします!」と楽しみます宣言をした5号艇関忠志が一気のイン取り成功。
 これでルックルックこんにちはな1号艇・選手紹介では「おはようございます!一生懸命がんばります、最後まで。よろしくお願いします!」という区切り方のコメントを残した1号艇松野京吾は2コースになり、5/12/346の並びに。そしてセキチューが気合いの03トップスタート踏み込みますが深インのセキチューは流れ、06スタートの松野がゴージャスに差しきり1着。4号艇山崎毅が1M2番差しで2番手につけ、1M3番差しの6号艇新井敏司を2M行かせて捌き2着。ゴージャスと青田色のワンツーで決まりました。ちなみに、1982年秋に51期生としてデビューした松野京吾(1956年11月12日生まれ)は名人戦パンフレットによると商社マンから競艇選手にゴージャスな転身を遂げたそうで、もし選手になってなかったらマネージメントに長けたゴージャス商社マンになってたかもですね。

【C.C.C.うわさのC.C.ガールズ】

 ところで、青田典子といえばバブル期をチルト+3度の勢いでゴージャスに駆け抜けたC.C.ガールズのメンバー。気がついたら2人抜けて2人入ってまた2人抜けて2人入って最後の方はオリジナルメンバーが1人もいなくなってて訳わかめいだったC.C.ガールズですが、やっぱり第1期は90年代前半のミリオンナイツを華やかに彩った名グループのひとつでしょう。
 さて、全盛期のC.C.ガールズといえば加入前に大ヒットドラマ「セーラー服通り」(My Revolution Fighter長州力とミナミの帝王竹内力も出演)の主演トリオだった藤原理恵もメンバーでしたね。
 藤原理恵といえば、いかにも10代のアイドルって感じな超獣機神ダンクーガの主題歌から、夜もヒッパレC.C.ガールズへ、そして「文句があるなら来なさい!」等、激しくハードなRieScrAmbleへと変化していった音楽性が面白いところです。
 最後に繰り返しますが、青田&藤原に藤森夕子と原田徳子、やっぱりこの4人が揃ってこそのC.C.ガールズですね。

G1江戸川MB大賞3日目+若松SOYJOYカップ+児島G1競艇キングC

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 江戸川競艇今シリーズはG1江戸川モーターボート大賞。6日間のロングランシリーズの今日は開催3日目を迎えています。第4Rが始まりました。3号艇は埼玉の平石和男です。モーター58号機、部品を換えました勝率の悪いモーターで苦しんでいる平石、ここまでいいところがありません。なかなか江戸川のリズムにノレない戸田のロックンローラー平石和男です(動画)。その平石、21スタートから早々と差しに構えたところを35ネコスタートから捲り差しの4号艇秋山直之に捲られ、5号艇佐藤大介には差されてしまいますが3番手を確保。そして最後は6号艇石渡鉄兵に内から差を詰められますが0.2秒差振りきり、今シリーズ最高着順の3着に入る健闘を見せました。

 第5Rが始まりました。破竹の3連勝をマークする6号艇湯川浩司を止めるのは誰か。その最右翼である1号艇鈴木茂正は12トップスタートからの速攻戦を披露し、ブイ際突いてしっかり差し伸びてきた湯川を振りきって先頭を守りストップ・ザ・湯川を成し遂げるシリーズ2本目の1着ゴール。娘さんの活躍にお父さんも負けたくないところ。ということでしげしげは6号艇で登場した第10Rでブイ際突いて差し伸び、2M巧みなステアリングで2着に入り得点率8.00の2位タイにつけています。

 西日に向かって6選手がピットアウトしました。第11Rの開始です。ここまで3走21点となかなかの成績も、より上を目指して3回目のプロペラ交換を実施した2号艇作間章は巧みなコーナーワークで踏ん張り、BSはつけまいの4号艇須藤博倫とイン戦踏ん張る1号艇笠原亮(先月当地ナイタイスポーツ杯優勝)と内から差し伸びる5号艇室田泰史との4艇による先頭争いに加わります。そして2M一気に艇を伸ばす果敢なコーナーワークで内の室田を抑えてトップ旋回。一気に抜け出してシリーズ2本目の1着ゴールです。これで木更津のさくまあきらは美浜区のしげしげと共に得点率8.00の2位タイです。

 ですが、ぶっちぎりのシリーズリーダーはやっぱり湯川。1号艇の第12Rは13トップスタートでイン戦押し切りシリーズ4本目の1着として5走50点の得点率10.00。2位タイには前述のしげしげ、さくまの他に室田と太田和美の4人が4走32点得点率8.00で並んでいますが、明日の湯川は第12R3号艇1回乗り4着以上で自力予選1位となります。2位タイの4人のうちしげしげは1回乗りの為逆転1位は不可能でして、残る3人に逆転の可能性が。先ずシリーズ1勝の和美と室田は明日連勝で湯川6着だと逆転。そしてシリーズ2勝のさくまは明日連勝で湯川5着以下だと逆転です。
 ということで予選1位が濃厚になってきた湯川が6月のG1江戸川大賞に続く当地記念連覇に大きく近づいてきましたね。
はずれ舟券を食べるDREAM GOATこのヤギはハズレ投票券を食べます!


若松G3企業杯新鋭リーグ戦大塚製薬SOYJOYカップ優勝戦

 シリーズ4日目の10日と5日目の11日は感動をありがとう植木通彦ファイナルが行われ、植木通彦Diary「ありがとう北九州、若松競艇場」にはSG以上の大混雑を見せるイベントの様子が掲載されており艇王の絶大な人気と今節の盛況ぶりが伺えますが、売上の方も若松の開催としてはトップクラスの数字で、10日が3億5661万7700円(利用41754名)で11日が4億4188万6800円(利用46686名)、最終日の本日が3億6407万3600円と本日の江戸川MB大賞(3億937万6800円)を上回る数字。優勝戦も単体で1億円を超える数字を記録しました。
 そんな艇王祭大塚製薬SOYJOYカップは同じ福岡県民として燃えに燃えた優勝戦1号艇長野壮志郎56kgが09トップスタートから誰も寄せ付けない豪快なイン戦でぶっちぎり今年も通算も3回目の優勝。そして若松も新鋭リーグも初めての優勝です。2着には豪快な弧を描いて外を止める華麗な2コース順走で2号艇海野康志郎56.8kgが入り、見事な「う志郎」ワンツーを完成させています。

児島G1競艇キングカップ3日目

 最終12Rは枠なり3vs3の進入から3号艇田村隆信が捲り差しで突き抜けるも、田村の内で窮屈になってた2号艇守田俊介がターンマークにぶつかり転覆。次いで守田に乗り上げた4号艇森秋光が転覆。更に1M出口では、田村と1号艇原田幸哉の間を割ろうとした6号艇寺田祥(ここまで3戦全勝)が原口に乗り上げエンスト、そして乗り上げられた原口は転覆という4艇失格の大アクシデント(動画)。1着の田村と仕掛け遅れての外マイで難を逃れた5号艇大庭元明のみが完走して3連勝式は不成立。1億1594万4500円の返還となりました。尚、この事故により手を打撲した守田が負傷帰郷しております。

 児島競艇のマスコットはアヒルのガァ〜コ。ですが、本日児島に白鷺が舞い降りました。その白鷺は4月のG1びわこ大賞優勝戦で目撃された白鷺と同一で、7R1号艇において白いカポックが一際目立つイン86のスタート鷺。ということで白井英治は6着でした。

徳山カシオペアリーグ4日目

 蠍座・双子座・蟹座の選手限定で争われたカシオペアリーグ靴亘榮が準優勝戦。準優12Rを3コースからの捲り差しで通算1500回目の1着を取ったのは下関市民の3号艇松野京吾(1956年11月12日生まれのさそり座の男)。通算1500勝をバースデーに決める辺り、さすがゴージャス松野。1500勝記念インタビューで披露したレーシングスーツも金のタイガース仕様でとってもゴージャスでした。

 山口支部といえば、明日の下関一般競走初日9Rで地元79期3878胡本悟志30歳が2005年5月5日徳山スポーツニッポン杯争奪花と緑のふるさとレースでの落水負傷以来となる実戦復帰を果たします。くしくもこの徳山12Rには松野も出走しておりました。

桐生アオケイ杯4日目

 一般戦の1Rは1236/45の進入からイン先制の1号艇廣中良一と差す2号艇十河伸吉で先頭を争い、2M先制のそごうを良一が差し返して先頭に立ったところで4艇にFコール。+09のそごうを始め+07の6号艇竹腰正樹、+04の4号艇はカービング王子加納直人、+03の3号艇河野政利が返還欠場となり、良一と5号艇吉野光弘の2名が共に00タッチスタートで辛くもセーフ。このスタートアクシデントには「これで最終周回に入るんですか?ゴールですか?まも、まもなくゴールを迎えます。(動画」と、実況も思わず周回を忘れるほど。

大村BOATBoyCup優勝戦

 6日間のロングラン、大村競艇BOATBoyCupいよいよ優勝戦。大ベテランもこぞって登場(Over50が3名優出)のこの6名の中から真のBOATBoy、KYOTEIBoyが決まります一戦(動画)は1号艇荒井輝年がイン10トップスタートで大村先マイ狙いも、4号艇廣瀬将亨が4カド進入からスピードに乗せた鋭い捲り差しを決めてテル荒井を差しきり大村初、通算3回目の優勝

【彩の国】桜舞い散る競走水面で名人戦前にゴージャスな先マイ

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 戸田競艇HPの無料中継がリニューアルされて最初の開催は5日間のノンタイトルシリーズ一般競走
 優勝戦は1号艇松野京吾がイン07トップスタートからゴージャスな速攻で圧勝劇。彩の国戸田では2回目・通算51回目の優勝を飾りました。4コースつけまいは松野にブロックされるも他艇は押さえて2M絞り込んで先制した4号艇大庭元明が2着です。
 尚、デビュー初優出だった5号艇向後龍一は5カド差しから大庭を追いかけるも2M大庭に締め込まれて2着ならず。この際に2号艇三井所尊春に差された向後は三位所も奪われ4番手に。ですが、3周1Mで三井所が6号艇北村征嗣の突進を貰ってる間に外つけ回った向後は三位所を奪い返す事に成功。地元で実現したデビュー初優出で見事舟券に絡みました。

 さて、優勝した松野は次節大村G1競艇名人戦。ゴージャスにもドリーム戦&ちょい悪おやじ選抜戦W選出が決まっている有力選手の松野京吾。名人戦に向けて弾みが付きましたね。そして名人戦といえばこのお方を外せません。前半3日間こそ不調で予選落ちながら昨日1着2着と調子を上げてきた永遠のスーパースター加藤峻二御大。今日の3Rでシリーズ2本目の1着を取ったのですが、内容が圧巻の隼捲り(動画)だったのは特筆です。

競艇殿堂記念企画

 高田総統の友人高田延彦も来場する名人戦初日のイベントとしてなんともビッグなイベントが大村で実現!競艇殿堂にノミネートされた元選手の中から6人がエキシビションレースを行います!6人の顔ぶれは以下の通りです。

競艇界の至宝・北原友次(史上最多3417勝)
浪速のドン・長嶺豊(JLC専属解説者)
瀬戸の大魔神・安岐真人
黒い弾丸・黒明良光
ターンの魔術師・中道善博(JLC専属解説者)
初代女王・鈴木弓子イチロー鈴木幸夫夫人)


津中日スポーツ高虎杯争奪戦優勝戦

 8日には鈴木祐美子のトークショーが行われた男女混合開催の優勝戦は老若男女揃ったバラエティーあるメンバーに。126/345の進入からインの古谷猛57歳が04のトップスタートを決め1M速攻態勢も、4カドから藤田竜弘24歳、大外から新田芳美と2本の捲り差しが入りBS老若男女3艇併走。尚、SGウィナーの4号艇笠原亮は古谷と藤田の間を割ろうとするも割れずの外マイで4番手。
藤田が若干遅れをとった2Mは新田が先マイも古谷が匠の差し技で舳先を入れ食らいつき、3番手には藤田を捲った笠原が浮上。そして2周1M内から新田を牽制して回った古谷がここで新田を突き放し、次節名人戦に弾みを付ける通算76回目の優勝。2周2Mで新田を差した笠原が2着に追い上げてます。

常滑JLC杯争奪戦競走優勝戦

 4カド14スタートの4号艇中島友和が、3コース先捲りで抵抗しようとする3号艇片山竜輔をあっさり捲りきって通算17回目の優勝。シリーズリーダーながら準優12Rで片山の2コース竜鯱差しにやられて4号艇となった中島が優勝と共に片山へのリベンジも成功。中島友和と共に14スタートだった福田理が5コース捲り差しで片山を捕らえて2着。

【明日からG1びわこ大賞

 なまずといえばヒゲ。第7回開設55周年記念G1びわこ大賞は初日先着500名様に茶谷桜塩漬けのプレゼント、それにZOXYDOLL爆笑ステージが。次いで2日目は唄う滋養強壮剤美穂蘭ミュージックステージがあり、5日目には江頭2:50寺田体育の日を連れて佐賀県選手と湯川16:30の応援に来場します。
 そして最終日には今シリーズのメインイベントとして、キャンペーンガールでもある梶浦梶子ママwithカルシウムハウスダンサーズのショーがございます。さあ、梶子ママから表彰されるのはどの選手か?

 イベントから前検の話題に。今シリーズ自分が最も注目している中野次郎競艇徒然ブログ〜バトルナイトから”春・爛漫”の湖国決戦へによると若松G1全日本覇者決定戦11R特別選抜A戦終了後すぐ小倉駅に向かい新幹線に乗り、23時40分頃新大阪に到着したとの事。そんな中野次郎は初日1R6号艇と10R1号艇の2回乗り。前検タイムは6.63の5位となかなかのじろうだからワースト機なんて気にしない!
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
競艇電投会員即時募集中
既に会員の方はテレボート
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
勝ち組.net
アクセスランキング
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
おすすめバナー
バナソニック


blogram投票ボタン

livedoor プロフィール
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ