ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

東本勝利

江戸川サンスポ杯は東本勝利のカーブを描く逆転劇で江戸川初優勝

ブログネタ
競艇 に参加中!
 江戸川の5日間シリーズ、東日本大震災被災地支援競走サンケイスポーツ杯は今年度の江戸川一般開催で初めてレースタイトルが付いた開催。

 内枠2艇を地元コンビが固めた優勝戦はカドから伸びた4号艇郷原章平が抵抗する1号艇若林将を剛腕で捲りきり、内から差して伸び返す2号艇折下寛法を包み込みながら2Mを先行しますが、剛腕郷原は出口で痛恨のキャビテーション。
 この展開を突いて逆転先頭に立ったのは3号艇東本勝利で、1M2番差しで3番手だった東本は2Mで2艇を差しきって逆転先頭に立ち、ターン毎に勝利のカーブを描いて抜け出した流派東本勝利projectマスターアジアが今年3回目・24場最東方の江戸川では初・通算12回目の優勝

 郷原に対しHSで折下が内に潜り込み、両者併走の状態で2周1Mに入りますが、外握った郷原がここでもバウンド気味のターンになって3番手グループに下がってしまい、折下が2着。
 2周BSで3艇の争いになった3番手グループは最内の5号艇岡谷健吾が押っつけ気味に先行するも若林と郷原が行かせて捌き、先差しの若林が単独3番手に。
 ですが3周1Mで郷原の差しが届いて両者ほとんど同体になり、3周2M内先行した郷原と差した若林の両者がほとんど同体でゴールしますが、若林の差しが僅かに優勢で3着に。

下関アプスシステム杯優勝戦

 株式会社アプスシステムのタイトル戦は枠なり3vs3の進入で内枠2艇が19トップタイの好スタートを決め、1M先制して押し切った1号艇杉山正樹が下関初・通算12回目の優勝

 差し順走の2号艇大峯豊(山口)が2番手でしたが、豊は2番差しから2M押っつけて来た5号艇松村敏を包んだ際にやや膨れ、1M外マイから2M差してきた3号艇後藤翔之に詰め寄られます。
 ですが豊は内の後藤を2周1M外全速包んで捲りきり2着を守りました。、

 尚、下関では7月2日初日の次節日本トーター杯から10時03分スタート展示開始のプチモーニングレース、略してプッチモニレースを開始します。

大村NBC長崎放送杯優勝戦

 大村三郎の読売電撃移籍が発表された今日優勝戦を迎えたNBC長崎放送のタイトル戦。

 レースは枠なり3vs3の進入から1号艇石川真二がなんと41のドカ遅れスタートをやらかしてしまい、対照的に06トップスタートを決めた2号艇岡瀬正人が実質イン逃げの捲りを決め、大村初・通算14回目の優勝

 後続は捲り差した3号艇幸田智裕が2番手、つけ回った4号艇山崎哲司が3番手を航走し、1M遅れ差しの6号艇菊池峰晴が2M艇を伸ばしてきますが、ちひろは包んでかわし山崎哲司は行かせて捌き、やや膨れたちひろに山崎哲司の差しが迫るものの、振り切って2周1Mを先行したちひろが2着。

平和島東京スポーツ賞優勝戦

 高視聴率ドラマ「JIN-仁-」の最終回にシリーズ2日目を迎えた東スポ賞は南方福岡市からやってきた東京支部齊藤仁がPPでこそなかったものの2号艇でしっかり優出。

 さて、レースは枠なり3vs3の進入から1号艇江夏満が効果満点のイン速攻で先頭ぶっちぎりと見せかけるも+01のフライング。
 これにより、差し順走で2番手だった仁が先頭に繰り上がり、今年2回目・平和島5回目・通算25回目の優勝
 3号艇大橋純一郎が外マイ3番手からの繰り上がりで2着。

 尚、2周2M入口で3番手争いの外側を航走してた4号艇芦澤望が振り込んでしまい選手責任転覆を喫しました。

賞金王決定戦トライアル前検日の本日は9場で優勝戦

ブログネタ
競艇 に参加中!
 明日からの住之江SG賞金王決定戦トライアル初日を前に、モーター&ボートの公開抽選会があった今日は9場で男女W優勝戦を含む10個の優勝戦が行われました。
 ということで、その優勝戦を紹介して行きます。

津レディオキューブFM三重杯優勝戦

 radio3レディオキューブFM三重78.9MHzのタイトル戦は枠なり3vs3の進入から1号艇東本勝利が09トップスタートの速攻で4号艇丹下将の捲り差しを振り切って勝利のカーブを描き、今年4回目・津4回目・通算9回目の優勝は7戦完全勝利の東本不敗マスターアジアで自身初の完全V達成。

浜名湖中日スポーツ2010ファイナルカップ優勝戦

 123/465の進入から1号艇中村有裕が1Mを先行するも2号艇三嶌誠司と4号艇内田貴士(静岡)の差しが届き、BS3艇ズラっと併走。
 2Mは2番差しの内田が先行しますが三嶌が切り返して内田に押っつけ、内田は三嶌を包みきるもやや膨れてしまい、2艇を差した中村ゆうと内田による2艇の併走から2周1M中村ゆうが内から先行して抜け出し、近江琵琶湖のゆう中村は10月の前回当地スポーツ報知ビクトリーカップに続く今年3回目・通算30回目で遠江浜名湖は3連続となる3度目の優勝

常滑ソニージャンボトロンカップ争奪若鯱大賞優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇秋山広一が12トップスタートの速攻で3号艇峰竜太の捲り差しを振り切り、今年3回目・常滑初・通算24回目の優勝

三国競艇大賞最終日

 今年度の三国競艇大賞は男女W優勝戦として開催された5日間シリーズ。
 1つ目の11R優勝戦(女子)は枠なり3vs3の進入から1号艇山川美由紀が04トップスタートも22スタートの3号艇垣内清美が仕掛けた強つけまいにのみこまれかけ、みゆきはなんとかこらえるも2号艇水口由紀に差され、2Mを先頭で回ったユキチャンが2006年5月びわこ一般競走以来となる通算3回目の優勝
 みゆきは2M外握って応戦も流れ、垣内清美がみゆきと内小回りの5号艇定野久恵の間を割ってみゆきを差しきり、垣内清美は内で粘るサダ野久恵を2周1M包み込んで2着。

 2つ目の12R優勝戦(男子)は枠なり3vs3の進入から1号艇中村亮太が押し切り、今年2回目・三国初・通算7回目の優勝
 09トップスタートから差した3号艇郷原章平が2着。

宮島中国醸造杯争奪血液型選手権AB型編優勝戦

 焼酎を超えた新ジャンル・アルコール度数50度の超酎を製造する中国醸造杯はAB型限定の企画開催。
 優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇中島友和が3号艇國崎良春の捲り差しを退けて押し切り、2007年5月多摩川東京スポーツ賞以来となる通算19回目の優勝
 2番手の國崎に対し5号艇中澤和志が捲り差しで続きますが、國崎は2Mと包み込んで振り切り2着。

徳山スポーツ報知杯KYOTEI JAPAN CUP優勝戦

 競艇ジャパンカップは枠なり3vs3の進入から09スタートの1号艇宮地秀祈に対し5号艇川上昇平のつけまいが届き、内で粘る宮地を振り切ったカワカミプリンスが2Mを先行。
 ですが宮地秀祈間隙を突いた2M差しで逆転に成功し、2周1Mカワカミプリンスのつけまいをこらえきった宮地は今年2回目・徳山初・通算15回目の優勝

芦屋東映映画杯争奪戦~Myway Highway~優勝戦

 枠なり4vs2の進入から1号艇北川幸典が12トップスタートの速攻で押し切り、今年3回目・通算59回目の優勝は芦屋初Vで、広島の北川幸典はこれで尼崎を除く23場制覇。
 差し順走の2号艇樋口亮が2番手につけ、2番差しの4号艇原田順一を2M行かせて捌き2着。

 ちなみにレースタイトルの東映映画Myway Highwayは今月23日から福岡中洲大洋でも上映が始まる映画で、
 主演がウルフルズトータス松本、監督は浜田省吾や尾崎豊を手がけた事で知られる音楽プロデューサー須藤晃で、2人がニューアルバム制作の為にAmericaに行き、その制作の過程を追ったドキュメンタリーロードムービーです。
 We were lookin' for AMERICA 映画の中のアメリカン・ドリーム♪       


福岡J・アンクラス杯優勝戦

 女子サッカーチーム福岡J・アンクラスのタイトル戦は163/245の進入から1号艇岩崎正哉(福岡)が11トップスタートの速攻で押し切り、今年4回目・福岡4回目・通算40回目の優勝

 後続は差し順走の6号艇大場敏と捲り差した3号艇中嶋誠一郎、2番差しの2号艇平池仁志で接戦になり、2Mは最内の平池が先行するも大場が外全速捲りきり、中嶋は5号艇久田武を行かせての差しで大場に並び、HSは2艇で接戦。
 ですが2周1Mで内の中嶋が外の大場を張って先行した所に平池の差しが飛び込み、一気に平池が2番手浮上。
 平池は内伸び返してきた大場を2周2M行かせて捌き、2周2M2番差しの中嶋を3周1M行かせて捌き、3周1M2番差しの大場を行かせて捌き、最後まで続いた2着争いを制しました。

大村ミニボートピア長洲開設1周年記念競走優勝戦

 熊本県初めてのBPミニボートピア長洲の開設1周年記念は枠なり3vs3の進入からスタート野郎の1号艇堤昇(1969年12月19日生まれ)が05トップスタートの速攻で押し切り、1月の江戸川日刊ゲンダイ杯に続く今年2回目・通算25回目の優勝は2006年9月のスポーツ報知杯スタート野郎決定戦(00タッチスタート)以来となる大村でのV。
 出走表で今節のスポット選手に指名された4号艇中岡正彦が差して2着。

白黒つける。2年ぶりの戸田グラチャン本日開幕。

 SG出場経験者しか出られない真のSG、SGグランドチャンピオン決定戦が本日10655人の入場者を集めた戸田競艇場で開幕。年休取ってたので本当は9時15分開始予定だった選手紹介(特設サイトに動画あり)から見に行きたかったのですが、2時30分に寝たら起きたのは8時30分。西葛西から戸田公園まで45分じゃ着かないので選手紹介はJLCで見ることに。飯山泰による選手宣誓まで見たところで移動の準備に入りまして、4R発走直前に現着。
 非常に暑かった現地では職場の競艇仲間三国さん(仮名)に日本武尊さん(仮名)と見ていて、レース後は戸田市内の天然温泉七福の湯戸田店で温泉とサウナと水風呂に入って暑さを吹っ飛ばしてきました。
蝶野仕様の入場門

 それはさておき、今回の戸田ちゃんは黒いカリスマ蝶野正洋を起用した「白黒つける。」がキャッチコピーという事で初日は白い選手に注目。ちなみに白枠は5勝、黒枠は1勝、白黒決着は3本でした。(一覧
 今回の白い選手は白水勝也白井英治の2人ですが、5R4号艇1回乗りの白水は枠なりオールスローの4コースから差して白星。6R3号艇1回乗りの白井は152/346進入からの4カド捲りで白星と、黒石加恵アナが司会の公開勝利者インタビューに2人共登場しました。ちなみに公開勝利者インタビュー会場はスタンド1F2M側端のコーヒーブラジル前です。
白うずたんと黒いしさん白いさんと黒いしさん


唐津一般競走優勝戦

 髪の毛が生えるように芝が生えるhairLaboの「ヤスユキ」が唐津デスクに仲間入りした事が携帯マクール唐津競艇コーナーで大人気連載中「エンタ亭カナエの先走りブログ」(唐津競艇携帯サイトからも携帯で行けます)で紹介された準優制4日間シリーズ。
 優勝戦は雨に憂ういい男6人衆が集い、枠なり4vs2の進入から1号艇丸尾義孝徳島支部長が09トップスタートの速攻で堂々押し切り、2007年6月おおむら菖蒲祭り競走以来となる通算34回目にして唐津初優勝を3日目8R4号艇2着以外全て1着の準完全Vで達成。差し順走の2号艇間嶋仁志が2着でした。

日刊ゲンダイ杯争奪蒲郡あじさい特別優勝戦

 過激な記事でおなじみ日刊ゲンダイのタイトル戦は125/346の進入から2.3コースがスタート遅れたのに対しダッシュ3艇が揃って03鋭発スタート。その中から3号艇・岡山29期2430林貢がドカーンと爆発力あるカド捲りを打ちますが、この展開に乗っかった4号艇東本勝利が捲り差しで勝利のカーブを描き、今年2回目・通算4回目の優勝

江戸川サンケイスポーツ杯4日目

 4日目が終わって、得点率上位選手は以下の通りです。

大平誉史明8.67 牧宏次広瀬聖仁石塚久也泥谷一毅8.00 鈴木茂正7.67 鈴木賢一7.57 堀本裕也7.50 高橋英之7.43

 過去10年で優出無しと、江戸川との相性は決して良くなかった大阪の大平誉史明がなんと1位です。そして唯一のオール3連対は大阪支部の泥谷Jr.です。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
競艇電投会員即時募集中
既に会員の方はテレボート
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
勝ち組.net
アクセスランキング
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
おすすめバナー
バナソニック


blogram投票ボタン

livedoor プロフィール
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ