ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

東スポ@チャンネル

尼崎ダイスポスワンカップは東スポグループと縁が深い永井聖美がV

ブログネタ
競艇 に参加中!
 初日の日曜日に尼崎現地観戦した渡る白い鳥ばかりの男女混合戦・Battle of 6 SWAN BOAT RACEダイスポスワンカップ競走(伊丹市主催)。
 初日はAmagasaKiBoat48号機、略してAKB48号機を手に入れた愛知の西川新太郎が連勝して2日目も2着1着でしたが、西川新太郎は昨日の12Rでフライングゲットしてしまい戦線離脱。

 代わってシリーズの主役になったのは愛知の「ニャンと水上三回転永井聖美(83期3993)で、初日1回乗りの12R記者選抜戦こそ大外6号艇で5着だったものの、2日目以降は前節完全Vモーター11号機の後押しも武器にニャンとも軽快な4連勝で優出ポールポジション獲得。
 そして波高7cm東追い風9mのコンディションで迎えた優勝戦はながいまさみにゃんが09トップスタートの速攻を決め、2号艇村上功祐と4号艇坂口周(三重83期3984)の差しをAmagasaKiBoat11号機のハイパワーで振り切って2M先行で抜け出し、男子5人を向こうに回してニャンとも鮮やかに今年2回目・尼崎2回目・通算13回目の優勝

 まさみにゃんに振られた両名に対し、1Mつけ回った3号艇松村康太が2Mめぐるにぶつかりながらの差しで2番手争いに浮上。
 ですがめぐるが内に切り返して再浮上し、2周1M内から先行しためぐるはコータの差しを振り切って同期ワンツーの2着。
 3着はHS5番手も2周1M小回りからBSぐいぐい伸びた波風巧者の6号艇齊藤仁(福岡在住東京支部83期)がコータとこーすけを捕らえきって2周2Mを先行し、齊藤仁が逆転銅メダルで83期トリオが上位独占。
ニャンと水上三回転。
Battle of 6 SWAN BOAT RACE

 ちなみにながいまさみにゃんはレーススポンサーの東スポグループとは縁が深く、選手紹介のトコタンポーズもバッチリ動画になってる東スポ@チャンネル笹川賞特集では「今日の永井聖美」として連日インタビュー動画が公開されました。

 また、地元常滑で開催された東スポ@チャンネルとこなめいじんせん特集では福原健記者によるインタビューに加え、ゲスト出演した予想座談会では今節のレース名にぴったりな白鳥幹太記者とも共演をしてます。




浜名湖日本トーター杯アタック優勝戦

 1号艇藤井定美56歳に2002年6月尼崎一般競走以来のVが懸かった一戦は142/536の進入から2号艇高橋英之(沖縄在住東京支部)が捲りに行き、それに藤井定美が抵抗して両者共倒れになり、捲り差した3号艇原田秀弥と差した5号艇川北浩貴の先頭争いになり、先差しの4号艇今坂勝広が3番手。
 そして内から伸びた川北浩貴が2M先行して抜け出し、今年2回目・通算44回目の優勝

 原田ひでやは2M川北の外をぶん回すも届かず、逆にガッツ今坂に差されて3番手に後退。
 そして2周1M原田ひでやは沖縄の高橋英之を行かせてガッツ今坂を差し返そうとするも届かず、ガッツ今坂が2着で原田ひでやが3着。

笹川賞2日目は女子選手3人がSG水神祭

ブログネタ
競艇 に参加中!
 オールスターボートレース尼崎SG笹川賞(選手代表魚谷智之)は2日目ですが、お題の通り今日は女子選手が大活躍。

 まず1Rは1号艇魚谷香織が123/465のインから23スタートで、05トップスタートの5号艇阿波勝哉に捲られてしまいますが、2番手残しきったぅぉちゃんは2M阿波に先行されるものの足の違いを見せてHS内でしっかり食らいつき、2周1M外の阿波と並んで回ったぅぉちゃんはBS伸びて阿波を逆転し、笹川賞アッキーニャCM出演の魚ちゃんはSG4節目にしてSG初1着。


 6Rで2号艇横西奏恵が13/2/456の3コースから捲りきっての1着で予選1位になった後の8Rでは1号艇平山智加が枠なり3vs3のインから11トップスタートの速攻を決めてSG3節目にしてSG初1着。

 9Rでは4号艇永井聖美が枠なり3vs3の4カドから捲りに行き、内艇を捲りきった永井聖美に対し6号艇石田政吾が3号艇田口節子を叩いての差しで舳先を並べますが、捲り差して3番手だった5号艇濱野谷憲吾が内に切り返して先頭の石田政吾に押っつけた展開を突いて2艇を差した永井聖美が石田政吾に舳先を掛けきり、2周1Mを先行して逆転1着。
 選手紹介(動画)でねこみみを付けて「みんなの為にがんばるニャン☆」と久々にトコタンポーズを見せたながいまさみにゃんはSG3節目にしてSG初1着。


 さて、東スポ@チャンネル笹川賞では上に貼り付けた通り、3人の水神祭動画をばっちり公開。
 特に永井聖美は昨年10月にBOATRACER美女図鑑、先月に常滑名人戦2日目予想会にゲスト出演して笹川賞への意気込みを語るなど永井大フィーチャーで、今節は毎日ロングインタビューが公開されてます。


三国さつき第1戦優勝戦

 1235/46の進入から04トップスタートの2号艇桐本康臣が捲りを決めますが、遅れ差しの6号艇石塚久也がBS内からスルスルッと伸びて桐本を捕らえ、2M先行して抜け出した石塚は三国2回目・通算5回目の優勝

 レースを作った桐本は2Mで1号艇茅原悠紀に張られ気味に差され、そのまま押し流されて後退し、茅原ゆうきが2番手に浮上。
 桐本は5番手まで下がるものの2周1Mで2艇を差しきって3番手に上がり、6-1-2の着順隊形でほぼ固まった所で魔の3周1M出口。

 なんとここで茅原ゆうきは3周1M出口で石塚の引き波を踏んで振り込んでしまい、一気に最後方に後退。
 桐本が2番手に上がり、2周2Mで単独4番手に上がってた3号艇安達裕樹が3番手に上がり、3周2M差して猛追する安達ゆを振り切った桐本が2着、安達ゆが3着で2連単19020円3連単74160円の大波乱。

若松ポカリスエットカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇川上剛が押し切り、昨年9月の前回当地若松かっぱ杯争奪戦競走に続く若松3回目・今年2回目・通算17回目の優勝

 後続は捲り差した6号艇江夏満が内で粘る2号艇中島友和を2M行かせて捌き単独2番手を取り切り、福岡ワンツー。

 ここでお知らせ。
 優勝した91期たけし軍団長と、同期であり芦屋中学校の同級生でもある4193郷原章平の合同ブログ「たけし軍団とゆかいななかまたち」が始まりました。

東スポ@チャンネルが熱い!今年の賞金王決定戦

ブログネタ
競艇 に参加中!
 23日に最終日を迎える住之江SG賞金王決定戦は、20日からのトライアル開幕を前に今日は選手紹介(特設サイトに動画あり)とシリーズ戦初日。

 そして、東京スポーツの動画サイト東スポ@チャンネルも賞金王決定戦という事でいつも以上に濃厚。
 今日はフライデーナイトの決定戦前夜祭:濱野谷憲吾・菊地孝平・石野貴之・岡崎恭裕インタビューも公開されてましたが、東スポらしさが最も出てたのが昨日公開されたシリーズ戦前検入り待ち動画

 初日連勝の山崎智也が妻横西奏恵の愛車で前検入りして山崎智也がのろける場面を撮影する所にも東スポらしさが出てますが、なんと言っても東スポらしさが全開なのは開幕カードの1Rを6号艇ながら制した愛知96期4337平本真之の前検入り。

 平本真之と結婚を前提に交際している奈良在住大阪支部100期4455栃原さやかが運転する車で前検入りしたわけですが、東スポはなんとこの2人のツーショット撮影に成功し、土曜発売の東スポ本紙にもツーショット写真が掲載されてました。
 
 ちなみに2組のカップルに関する取材裏話もWeb記事で公開されてます。



 ちなみに前検入り待ちでカメラを回してたJLCの映像がニコニコBOATRACE@JLCで一部無料公開されてまして、山崎智也が夫婦で前検入りする場面を東スポとは違ったアングルで見る事が出来ます。
住之江SG賞金王SP動画~一番乗りはあの夫婦
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
競艇電投会員即時募集中
既に会員の方はテレボート
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
勝ち組.net
アクセスランキング
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
おすすめバナー
バナソニック


blogram投票ボタン

livedoor プロフィール
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ