ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

日本財団会長杯

江戸川京葉賞4日目と九州2場の日本財団会長杯優勝戦

ブログネタ
競艇 に参加中!
 江戸川名物の年末開催京葉賞は優勝賞金100万円の2個準優制6日間開催で今日は予選最終日の4日目。

 昨日まで4戦全勝のTMRリーダー桑原淳一は今日3着2本と連勝が止まったものの、今日3着1本だった吉川昭男と同率の9.00ながらも1着本数の差で予選1位通過を決めました。

 この結果、明日の準優2個レースは以下の顔ぶれになりました。

 11R
1:吉川昭男 2:本橋克洋 3:出畑孝典 4:川口貴久 5:青木玄太 6:森作広大
 12R
1:桑原淳一 2:川島圭司 3:鈴木茂正 4:中澤和志 5:海老澤泰行 6:永田秀二


 予選ボーダーは6.67で永田秀二と山崎善庸小川時光の3人が同率でしたが、1着本数の差で永田秀二が準優最後の1席に滑り込みました。

 尚、太田克哉が本日付けで負傷帰郷してしまいました。
京葉賞と新春金盃展望サイト開設中の江戸川HP


唐津日本財団会長杯優勝戦

 日本財団会長賞50万円を含む優勝賞金120万円を懸けて争った唐津日本財団会長杯は枠なり3vs3の進入から2号艇長岡茂一が11トップスタートを決めて捲りきり、2005年1月の当地G1全日本王者決定戦(6号艇3コース捲り)を思い出す捲り戦を見せたモイチが今年3回目・唐津3回目・通算79回目の優勝。 

 後続は外側を捲り差した4号艇寺本重宣と内側を捲り差した5号艇村上功祐で2番手併走の状態から村上功祐が2M先行するも寺本重宣が差しきって2番手争いを制し、東京支部ワンツー。

若松日本財団会長杯争奪クリスマスナイター男女W優勝戦最終日

 日本財団会長賞50万円を男女で分け合う優勝賞金95万円のW優勝戦。
 1つ目の11R男子優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇山本寛久が押し切り、今年2回目・若松2回目・通算27回目の優勝

 後続は捲り差した5号艇松村敏(熊本在住福岡支部)が差し順走の2号艇山田佑樹を差しきり2番手。
 しかし2周2M出口で松村が振り込んで最後方に下がってしまい、間一髪避けた佑樹が逆転2着に。


 2つ目の12R女子優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇垣内清美が15トップスタートの速攻を決め、2009年6月津ツッキー&ツッピー特別(ツッピー特別の部)以来となる通算16回目・若松2回目の優勝
 後続は2番差しの4号艇藤崎小百合(福岡)と差し順走の2号艇海野ゆかりで2番手併走の状態から2Mでうんのゆかりが外全速戦で藤崎小百合を捲りきって抜け出し2着。

 ちなみにウイニングラン(ニコニコ動画の8分過ぎから)はなんとペアボートで行われ、前列に垣内清美、後列に山本寛久が乗艇しました。

今年度最後の江戸川競艇は三嶌誠司が優勝で北山康介は3着

ブログネタ
競艇 に参加中!
 本日遂に最終日を迎えた江戸川競艇今シリーズは優勝賞金114万円を懸けて争う得点率制6日間シリーズの日本財団会長杯
 神奈川在住東京支部の103期4535北山康介20歳が超気持ちいいデビュー初優出を決めて3号艇に乗艇した優勝戦は北山康介が気持ちよく11トップスタートを切りますが、格上の2号艇三嶌誠司(2000年6月G1江戸川大賞競走とSGV1含む記念V6)も12スタートで、北山康介は主導権を奪えず2番差し。
 そして北山康介の差しは先に差した三嶌に届かず、昨年7月に江戸川場外ボートピア習志野でトークショーを行ったSGウィナー三嶌さんは前評判通りに江戸川3回目・通算46回目の優勝

 北山康介は2Mで1号艇畑和宏を牽制しながらのつけまいで三嶌に食らいつこうとするもウィリーターンになって艇が浮いてしまい、1M3番差しから2M小回りの4号艇吉永泰弘(香川)に隙を突かれて差を詰められてしまった北山康介は2周1M吉永を締めて先行するも、ここで吉永に差されてしまい2周2Mの差し返し及ばず悔しい3着。
 
 以上の様に、三嶌さんの地元丸亀日本財団会長杯優勝戦の翌日に優勝戦を迎えた江戸川日本財団会長杯は香川支部のワンツーで幕を閉じました。

江戸川中止順延の本日は新鋭王座決定戦3日目

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 強風高波浪で江戸川関東競艇専門紙記者クラブ杯4日目が中止順延となった本日の丸亀G1企業杯新鋭王座決定戦は3日目。2日目まで5.6.5ともう後が無い峰竜太が2号艇1回乗りで登場した2Rは13/25/46の進入隊形から内2艇がスタート遅れ、3コースの峰竜太は3号艇森安弘雅(今節選手代表)の抵抗を振りきって捲り成功。捲り差しから峰竜太の内を突いてきた4号艇馬場貴也を締めて振りきり待望の今節初1着。これで予選突破への望みを繋いだ峰竜太は4日目の1R3号艇と8R4号艇で1着2着なら勝負駆け成功です。後続は馬場の外を捲り差して3番手だった6号艇海野康志郎が2M馬場を差しきり逆転2着。95期ガッチガチやぞ〜コンビによる豪華ワンツーやぞ〜。
 尚、5号艇齊藤優(93期チャンプ)は最初の1Mでターンマークに正面衝突(動画)しましたが無事完走して5着。ちなみに齊藤優はレースクイーン・オブ・ザ・イヤー2004で、開会式スペシャルMCの森下千里はレースクイーン・オブ・ザ・イヤー2002です。

 残念ながら最終日となってしまった今節の企画レース、本日は5R新鋭リーグ覇者戦。枠なり3vs3の進入から1号艇吉永則雄が3号艇赤坂俊輔のつけまいをブロックしてのイン戦で2007新鋭リーグ戦V2の貫禄を見せる1着。赤坂のつけまいは山口には届かなかったものの2着に入線。

 11Rは1236/45の進入から豪快につけまいを決めた3号艇山口剛がシリーズリーダーを堅守する1着。大外進入となり、1Mでは山口が壁になりながらもブスっと捲り差しを決め、2M全速戦で6号艇は艇界のグリーンベレー柘植政浩を沈め、2周2Mで2号艇長野壮志郎に並ばれるも3周1Mで長野をブスっと差した5号艇毒島誠が予選2位。ちなみに本日の丸亀本場は3着長野の同門である瓜生正義(筑豊ブラックダイヤモンズ)が来場。トークショーでは「飯塚オートに貯金してます。」という言葉を残したようです。

【明日は江戸川関東競艇専門紙記者クラブ杯4日目

 強風高波浪の為中止順延になって場外発売のみとなった江戸川競艇は明日が4日目で最終日は26日に。3日目までの得点率は以下の様になっております。

荒井輝年10.20 西川新太郎鎌田義9.60 森脇徹8.80 坂本啓行岡部貴司8.40 新地雅洋7.60 杉山貴博土屋智則7.20

 舟券的に注目なのは第4R第6Rです。

児島備南競艇事業組合32周年記念優勝戦

 枠なり4vs2の進入から優出者インタビューで「(今節通しての動き、まあまあよさそうに思うんですけども?)特に問題ないようには思いますけども。(優勝戦に向けて整備の方は?)まだ考えてないっすね〜。(コース取りは?)どこでもいいっす。(意気込みをお願いします。)特に無いですけど無事故完走を目指します。」とタイガースバンダナを頭に巻いて語った3号艇は今節選手代表山室展弘さんが12トップスタートから捲りに行くも、地元児島初優出だった1号艇岩津徹郎が激しく抵抗して共倒れ。この展開を突いて捲り差しを決めた4号艇今坂勝広が通算31回目の優勝。後続は差した5号艇加木郁が2番手で捲り差した6号艇吉田健太郎が3番手も、2Mで加木を差した吉田が2周1Mを先制。ここで加木がバウンドした事もあって大きく差が付き逆転2着どりに成功しました。ちなみに加木は2周2Mでもバウンドして岩津に詰められ、3周1Mでは内に潜り込んだ岩津に並ばれ、終わってみれば4着まで落ちてしまいました。
 最後に、山室さんが選手代表だった今節のスタート事故は4日目6R志道吉和と同8R角浜修、この2件でした。 

芦屋全日本オール女子選手権優勝戦

 デビュー初優勝を狙う1号艇川邉加奈子(91期4206)に対し2号艇海野ゆかりがインを奪い、213/456の進入から芸術ターンで逃げ切り、2006年10月3日丸亀オータムカップ争奪オール女子戦以来となる通算22回目の優勝。インを奪われ差し及ばず、初優勝の夢も及ばなかった川邉が2着。
 久々の優勝でそっれオーとなったうんのゆかりはきっと鉄板焼き居酒屋 あじかつ(広島市西区)で勝利の美酒に浸っていることでしょうね。

【優勝賞金134万2000円平和島日本財団会長杯初日

 水上は第8Rの開始です。6号艇水上浩充福井支部長が北向かい風7mを突いて大外から捲り一発決めて1着になりましたが、1号艇で登場した後半11Rの水上ではイン戦も北向かい風10mに泣かされ、スタートライン通過直後に風に煽られ派手に宙返りして転覆するアクシデント(動画)。判定の結果、異常スタートの為返還欠場。責任外出遅れ扱いになりました。

 男女混合戦の今節、初日メイン平和島選抜戦の水上は枠なり3vs3の進入から1号艇太田和美が逃げ切り1着。後続は狭い艇間を割るハッとしてGoodな捲り差しで2番手につけた6号艇吉田俊彦が2M膨らんで、内小回りの4号艇野澤大二(今節選手代表)に抜かれるものの2周1Mで豪快なつけまい一発決めて2着を取り返したとお伝えしておきます。

 最後に、今節は日本財団会長杯にふさわしい名前の廣中良一も登場。4号艇1回乗りで水上に登場した10Rは枠なり3vs3の4カドに入り、「センターから4号艇の廣中良一カド位置からさあ、スタートを決めました!1号艇2号艇3号艇内の3艇を叩く態勢4号艇廣中良一センター速攻!捲り一発決まった4号艇廣中良一!(動画」と松永良一アナの軽快な実況に乗せて1着発進。木や草花は友達だ もっともっと増やそう木曜日とお伝えしておきます。

2005年度競てい王湯川浩司が決定戦に続きチャレンジカップも!

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 「三連単は1-2-3ダー!」、「元気ですか〜!!元気があれば競艇場にも行ける。」でお馴染み燃える闘魂アントニオ猪木来場した賞金王トライアル浜名湖SG競艇王チャレンジカップは最終日。節間12億2021万3100円の返還をぶっとばす!!!!!!!!!アクシデントもありましたが、ともあれベスト12の座を巡る争いは佳境を迎えました。
 先ずはセミファイナル11R特別選抜A戦CO2削減にチャレンジの蠱翅質(1着賞金350万円)に賞金王出場の可能性を賭けた1号艇原田幸哉。5号艇は王者松井繁の松前付け2コース進入と20タコ凹みに遭う苦しいイン戦ながらも、壁無しの状況を自らの04トップスタートで克服し、捲らせず差させずの美ターンでぶっちぎる圧勝の1着ゴールで賞金王に夢を繋げました。

 「1.2.3.ダー!」ということで私的にスロー3艇決着を強く希望した優勝戦エコライフチャレンジはすんなり枠なり3vs3におさまり、富士重工谷村新司が大好きな1号艇湯川浩司が11トップスタートですんなり逃げて今年5回目、通算では記念4つ目となる16回目の優勝
 今年は戸田SGグランドチャンピオン決定戦でSGウイナーの仲間入りを果たし、G1江戸川大賞で江戸川大将になり、更に地元住之江の大阪ダービー摂河泉で大阪ダービー王を襲名し、平和島関東競艇専門紙記者クラブ杯では湯川16時30分を襲名とお伝え(動画)された2005年下関G1競帝王決定戦覇者湯川浩司。決定戦覇者が他選手のチャレンジを受けて立った貫禄の優勝でこれには王者も「湯川君すごいね〜」と感嘆いたしましたが、レース終了後の賞金王プレイベントでは猪木から闘魂を注入されてしまいました。優勝したのに猪木に俵を投げつけられたり、猪木にぶっとばされるだなんて痛そうだチッチキチー。その闘魂注入シーンは江戸川のモニターでは見られなかったのでOAしてくれたJLC NEWSに感謝。
 後続ですが、順走の2号艇佐藤大介は艇が浮いてしまい、3号艇倉谷和信は外を止めて握ったところ、倉谷の展開を読んだかすかさず引いて2番差しに構えた4号艇はキルトクール艇寺田祥が差し伸び2着に来てしまう舟券的に残念な結果に。これにより寺田祥が賞金王当確となり、暫定12位三嶌誠司(29日からG1尼崎モーターボート大賞)と暫定13位原口(29日からG1常滑ダイヤモンドカップ)が29日から2日間、9万円差で最後の戦いを繰り広げます。ちなみに2人共乗艇するドリーム戦の1着が25万円で6着が7万、予選の1着が12.5万円で6着が3.5万円です。

 さて、歴史が浅い上に実質賞金王トライアル、更には下関競艇開設記念G1競帝王決定戦より格下のレース名という事で、もともと他のSGより売上が悪いチャレンジカップですが、今回は約12億をぶっとばされた事もあり節間125億2068万7800円の大惨敗。返還無しの最終日も39億5066万4800円と40億円割れの惨敗で、約130億円を売った2001年の浜名湖G1新鋭王座決定戦や約105億円を売った2006年の浜名湖G1企業杯JAL女子王座決定戦と大差ない売上に終わりました。浜名湖競艇は来年もチャレンジカップを開催するので、売れない開催をどのようにして売るか、来年への大きな課題ができてしまいましたね。とりあえずは、ハッピーウインターレース並みに異常に早かった発走時間(1R場外締切10:20最終レース場外締切16:02)を遅くする事は必要でしょう。締切が早すぎた事で買えなかったファンも多かったでしょうから。
 個人的な考えですが、本番とトライアルが同じグレードなのは競艇だけですから、全国発売G1に格下げして優勝者に賞金王優先出走権を与えるか、全日本選手権の11月移行による統合をはかるべきでしょう。

江戸川日本財団会長杯最終日

 江戸川競艇場ハッピーウインターレース第9回日本財団会長杯、シリーズの6日目最終日を迎えました。今日の最終第12R優勝戦にご期待下さいましてどうぞ1日ご堪能下さい。先ずは今日のオープニングレース一般戦。ミスターBOWWOWの1号艇山本恭嗣が逃げ切り1着になったこのレースは、捲り差しを狙った5号艇田中健太郎が、60スタートから艇を伸ばしてきた4号艇近藤友宝と接触して転覆です(動画)。

 選抜戦の第10Rが始まりました。発売中に日本財団お母ちゃんありがとうキャンペーンとしてハズレ舟券5枚とクッキー(中に入ってたのはオレンジ味とチョコレート味の二種類、ごちそうさまでした)の交換が行われたこのレースは1号艇村田浩司が61とタイミングを逸しますが、絶好の展開になった2号艇長岡茂一の捲りも大きく流れるターンミス。そこに3号艇は安芸の大魔神佐々木英樹の差しと4号艇小野勇作の捲り差しが入り、2Mモイチタンを牽制して先に回った大魔神を差した小野が1着
 尚、このレース村田との競り合いに敗れ6着となった6号艇栗山繁洋佐賀支部長が永年の社会福祉活動で11月17日に社団法人日本善行会から表彰され、明治神宮で行われた表彰式典に志氣英勝選手会副会長と共に出席していたことが22日に発表されていました。この表彰は、1960年から現在までの46年間にわたり支部所属選手が毎年、年の暮れに地元の児童養護施設の社会福祉法人明照会「慈光園」を訪れて餅つきを行う慰問を続けている事に対しての表彰です。
江戸川の大魔神

 6日間のロングランシリーズを勝ち抜きましたベスト6強の登場です。いよいよファイナル優勝戦が始まりました。今シリーズを大きくリードした2人、1号艇芝田浩治と2号艇堤昇の組み合わせに人気集中した優勝戦は芝田がすんなり逃げて今年3回目、通算28回目の優勝で本日の優勝戦は2つとも関西のこうじが優勝しました。2着もすんなり順走の堤で、2連単210円3連単710円の本命決着でございました。芝田は2003年G1江戸川モーターボート大賞以来約4年ぶりの当地参戦でしたが、好モーター15号機(前回使用者G1江戸川モーターボート大賞柳沢一)の後押しもあってブランクを全然感じさせない走りを最後まで披露し続けましたね。
 さて、賞金王シリーズ勝負駆けの堤昇はここで優勝して114万円を獲得すれば出場確定だったのですが、一転絶望になりました。これにより、ひまひまデータさんによると最後の1人は吉田徳夫でほぼ決まりのようです。


 江戸川競艇次節は29日から12月4日までJLC杯。6日間ともG1尼崎モーターボート大賞を併用発売します。JLC杯主な出場選手はTokyo bay piratesの選手とは別人の一瀬英明を始め、A1から木村光宏小野信樹池上裕次滝沢芳行小林昌敏森岡満郎眞田英二荻野裕介の8人が出場予定。
 この他にも当地9月一般競走優勝の長谷川充3661柳瀬興志の競艇選手ブログでお馴染み柳瀬興志細川明人尾形栄治、池上裕次と境遇が被る三品隆浩、池上裕次の大親友田上晋六らが興津藍ちゃんばりのナイスショットを放つべく、そして東本勝利のカーブを描くべく出場します。

【浜名湖】競艇王と日本財団会長杯にチャレンジ【江戸川】

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 2年連続チャレンジカップ開催第一弾にして、2009年賞金王開催実現への道第一弾として今日から始まった浜名湖SG競艇王チャレンジカップ。主催者あいさつ、高田総統(+アン・ジョー司令長官島田二等兵)のあいさつ、蔭山幸夫連合会会長のあいさつを経て始まった選手紹介動画)は通常とは逆に笠原亮による選手宣誓から始まり、途中で激励ゾーンに居る選手との入れ替えを行った後、競帝王吉川元浩の「優勝目指して気合い入れていきます応援よろしくお願いします」で一旦終了。その後ドリームメンバーインタビューを兼ねたドリメン選手紹介があって選手紹介が終了。JLC選手紹介ダイジェストに含まれてるのは以上でした。尚、チャレカ開催に合わせてK-BATTLE競艇王チャレンジカップ予想大会「ダブル優勝へチャレンジ!」も開催中です。ルールはこちらです。

 ここからレースの方。7R大高家第一子誕生人生にチャレンジ!はオールスローの612345の進入隊形から絶対スロー起こし主義の5号艇今村豊が大外進入のハンデをものともしない捲り差しで1着

 ダボハゼ倶楽部協賛の8Rダボハゼ倶楽部仲間大募集にチャレンジは21345/6の態勢から5号艇茂御哲之が回り直して2134/65となった進入から2号艇大嶋一也が完璧な逃げで1着、カドから捲り差した6号艇太田和美が2着になったものの、「チャレンジ精神で1節間精一杯やります。」と語った1号艇秋山直之がスリットの限界にチャレンジして+02、「おはようございます。ホームラン狙います。ホームラン打ちます。」と語った3号艇三嶌誠司がスリット場外ホームランを打ってしまい+02、「おはようございます。絶対、賞金王決定戦に出ますんで、応援してください。」とワーストモーター展示タイム50位の逆境を強気の発言でカバーした4号艇田村隆信が気負いすぎたか+04と3艇フライング。このレースの返還は1億2712万7300円で残売上は349万4200円。そして初日総売上も15億1675万3400円とかなりの苦戦になってしまいました。このFにより、賞金ランキング11位三嶌誠司は優勝戦メンバー次第で充分賞金王出場を狙えますが、賞金ランキング14位の田村隆信は完全に圏外へ去りました。

 ドリーム戦子育てチャレンジは3号艇湯川浩司が3コース捲りで1着、5コースから捲り差した5号艇高橋勲が2着、4カド二段捲りの4号艇松井繁が3着となっております。64期3415の王者松井繁は「服部が賞金王ボーダーなんで、僕自身一所懸命頑張って、ぜひとも服部と賞金王行けるように頑張ります。応援お願いします。」と、賞金ランキング10位で待機中の64期3422服部幸男先生の分までチャレンジすることを誓っております。

 最後に、今年度競帝王として他選手のチャレンジを受けて立つ優勝候補筆頭吉川元浩は3号艇1回乗りの10R阿部先輩、子育てにチャレンジ!で豪快な2コース捲りを決め1着発進。尚、吉川に捲られ4番手だった1号艇烏野賢太は3周2Mで振り込んで選手責任転覆(動画)です。

江戸川日本財団会長杯初日

 優勝賞金114万円の今シリーズは今日から25日までのロングランシリーズです。トップレースが始まりました。江戸川初登場の1号艇黄金井力良(埼玉100期)が大外に出て進入は234/561。この進入にムラムラッと黄金力がみなぎってきた6号艇村田浩司が14のトップスタートから一気に捲って1着。黄金力で手に入れたイン戦を生かせなかった2号艇館野友良ですが、記念V5の貫禄で2M差して2番手争いに浮上。2周2Mで差しを入れようとしたらターンマークにアーッとぶつかってしまいます(動画)が、それをものともせず差しを決め2着争いを制しています。

 第2Rが始まりました。江戸川初登場の2号艇近藤友宝(埼玉100期)が外へ出まして、134/562の並びから1号艇坂上毅(岡山在住兵庫支部)が02のトップスタートを決めるも逃げ切れず、坂上鉄工所員を差しきった3号艇藤井勝巳1着

 第4Rが始まりました。先捲りの2号艇山崎紳弘と二段捲りの5号艇桑原将光(江戸川地区スター)でBSほとんど同体。2M先に回る山崎の外からつけまわる桑原でしたが、波にひっかかって選手責任転覆(動画)です。これで独走となった山崎が1着になっています。

 今シリーズは東京支部から長岡茂一大西源喜の来期A1コンビが登場していますが、初日メインの江戸川選抜戦には現A1の川名稔(今シリーズ選手代表)が2号艇で乗艇。夕日に向かってピットアウトし、夕日を背に受けてスタートしたレース本番は1号艇の初代スタート野郎堤昇が10トップスタートで押し切り燃えて1着
 後続は当地約4年ぶり、もし芝田で会ったら久しぶりと声をかけてあげたい3号艇芝田浩治が捲り、順走の2号艇川名と2番差しの4号艇前田光昭で2番手3艇横並び。2Mでは内から先制の前田太尊と外握った芝田がリードしますが、2周1Mではタイソンを差した芝田と芝田の内を差した川名が抜け出し2番手2艇併走となり、2艇に差されたタイソンはここで脱落。2周2M先に回った川名を芝田が差して一歩リードし、3周2M内を突いてきた川名を全速包んで振りきった芝田が当地約4年ぶりのブランクを感じさせない走りで2着争いを制しています。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
競艇電投会員即時募集中
既に会員の方はテレボート
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
勝ち組.net
アクセスランキング
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
おすすめバナー
バナソニック


blogram投票ボタン

livedoor プロフィール
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ