ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

戸崎圭太

SDN48来場のWDN東京ダービーはクラーベセクレタが南関二冠ムテクイーン

ブログネタ
地方競馬 に参加中!
 今日TCK大井競馬場まで見に行った東京ダービーは南関東二冠の一冠目羽田盃を制した牝馬クラーベセクレタが3コーナー過ぎから早めに仕掛け、-9kgの馬体重と200mの距離延長が堪えたのか前走みたいに7馬身差の圧勝とはいかずヴェガスに1馬身差で食らいつかれる接戦でしたが南関東二冠達成。

 東京ダービー女王戴冠は1991年のアポロピンク以来で、牝馬による南関東二冠は1989年のロジータ以来。
 後に東京王冠賞(現在は廃止)と東京大賞典と川崎記念も制したロジータは南関東史上最強牝馬として20年以上経った今も名前を語り継がれる伝説の牝馬ですが、クラーベセクレタも南関東二冠馬になり、次走に予定されてる3歳上半期のダート最強馬決定戦G1ジャパンダートダービー(7月13日)でJRA馬を迎え撃って優勝すればロジータの存在にまた一歩近づきます。
クラーベセクレタ

 また、JKの戸崎圭太は初のJRAG1を達成した3日前のG1安田記念に続く大仕事を達成し、今や全国区になった南関東のスーパージョッキーが地元凱旋を飾ったとお伝えしておきます。
 
 更に、クラーベセクレタを管理する南関東の守護神川島正行調教師は本日ピンクのスーツで表彰式に登場しましたが、今回で東京ダービーV5を達成し、平和島東京ダービーV5の濱野谷憲吾の東京ダービーV回数に並んでムテキング襲名をお伝えすると共に、今年正月の東京ダービーを制した三角哲男に続いて千葉県民による東京ダービー優勝とお伝えしておきます。

 ちなみにWDNの今日は表彰式とレース前の予想トークショーにSDN48からダービーウィーク2011イメージキャラクターの6人、SDN48の姉御大堀恵と秋元チルドレン佐藤由加理と陳屈チェン・チュー手束真知子近藤さや香と東京ダービー3連単的中津田麻莉奈が来場。
 安田記念では吉高由里子から祝福された戸崎JKが再度美女の祝福を受けました。
SDN48が東京ダービーにキタ!東京ダービー表彰式

SDN48ダービーウィーク2011ポスター

東京ダービー優勝候補筆頭の戸崎圭太が安田記念で大仕事

ブログネタ
競馬のことならなんでも に参加中!
 今日はアパパネ4枠8番と蛯名正義のコンビがエビカツになる瞬間を見ようと思ってG1安田記念会場の東京競馬場まで行ってきましたが、APP48は直線伸びきれず6着に敗れ、同コース同距離の前走是政女王決定戦G1ヴィクトリアマイルで実現したエビカツはならず。
APP48

 ですが優勝馬と優勝JKへのリアルなインパクトは敗戦と不的中のショックを吹っ飛ばしました。
 勝ち馬リアルインパクトは1勝馬ながら安田記念史上初の3歳馬Vで、JKのTCK大井競馬所属戸崎圭太はJRAG1初V。

 この勢いに乗って戸崎JKには8日の東京ダービーで騎乗馬クラーベセクレタを、1991年アポロピンク以来の牝馬優勝と1989年ロジータ以来の牝馬による南関東二冠(ロジータは後に東京王冠賞も制して三冠)に導いて欲しいですね。

 ちなみに安田記念の表彰式にはチーム・アミューズ!!で「みんな頑張りすぎないで」のセリフを言う吉高由里子と、噛むとふにゃんの佐藤健と、桐谷健太が来場しました。
安田記念表彰式戸崎圭太を囲む吉高由里子と佐藤健

CLUBKEIBA2011



常滑中日スポーツ杯争奪ドラゴン大賞優勝戦

 中日スポーツ杯という事で節間SKE48「とこなめもっと×2盛り上げ隊!!」のメンバーによるとこなめ紹介コラムが中日スポーツに掲載されて、その記事をトコタンtwitterで読む事が出来たドラゴン大賞。

 さて、優勝戦は1235/46の進入から1号艇太田和美が後続を寄せ付けずに押し切り、前走地尼崎SG笹川賞で優出2着の活躍を見せた和美は前々走地大村G1海の王者決定戦に続く今年3回目・通算53回目の優勝
 後続は3号艇市川哲也の捲り差しが流れ、5号艇浅見昌克が市川哲也を差しきり2着。

桐生日刊スポーツ杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から逃げる1号艇谷川里江と捲り差す5号艇柳橋宏紀の一騎打ちになりますが、優出紅一点のりえがデビュー初V目指す柳橋を振り切り、2009年12月蒲郡オール女子!2009ファイナルカップ以来となる通算33回目の優勝

三国みなづき第1戦優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇齊藤寛人が06トップスタートの速攻で逃げの体勢を完成させ、昨年10月の前々回当地かんなづき第1戦以来となる通算22回目・三国8回目の優勝
 5号艇松村敏が1M捲り差しから2Mで4号艇北中元樹を行かせて捌き2着。

今年の東京ダービー王は戸崎圭太!

ブログネタ
地方競馬 に参加中!
 今夜はBR平和島の東京ダービーと並ぶ勝島運河2場の名物、TCK大井競馬場の東京ダービーを見に行ってきました。
 地方馬限定戦としては全国一の優勝賞金4500万円を懸けた争いは、今年のトーキョー・ベイ・カップ優勝馬のマグニフィカが逃げてペースを握りますが、単勝1.8倍の1番人気マカニビスティー(元JRA)が鋭く差しきり、鞍上の戸崎圭太G1東京優駿7着からの巻き返し成功でTCK東京ダービー王に。
 2着にはゴール寸前で岩田康誠騎乗の12番人気ガナールがマグニフィカを差しきり入線。東京優駿で1番人気3着だった岩田は1つ着順を上げることに成功。
 尚、東京優駿優勝騎手の内田博幸は4着に終わり、東京優駿と東京ダービーのW優勝という史上初の快挙はなりませんでした。
戸崎圭太勝利騎手インタビュー東京ダービーの記念撮影

 今日は表彰式プレゼンターとして磯幸須藤元気と国民新党的美少女中村静香が来場。レース前にはトークショーも行われました。
磯幸須藤元気と国民新党的美少女中村静香の東京ダービー予想会

 レース後は世田谷区野沢に大事な本店があるせたが屋の品達店で食べてきました。ちなみに今年の平和島東京ダービー王は野澤大二です。
野沢名物せたが屋のラーメン


徳山トライアングルカップ競艇ドリーム決戦優勝戦

 山口県のタウン情報誌トライアングルの名を冠した競艇ドリーム決戦は兵庫支部トライアングルになりましたが、レースは枠なり3vs3の進入から1号艇鎌田義(兵庫)が06トップスタートの速攻でぶっちぎり、今年3回目・徳山2回目・通算35回目の優勝
 3号艇白石健のつけまいはやや流れて兵庫支部ワンツーならず、捲り差した4号艇小野信樹を差し捕らえた5号艇前川守嗣が2Mを先行して2着。

 ここでカマギー情報。尼崎HPで5月25日にインタビュー特集「鎌田義、語る。」が公開されました。

大村競艇でSG開催決定!2010年度全国発売競走日程発表

 始まりは、16時57分に届いた以下のメールマガジンでした。

 マイルクラブ大村24会員様

 「大村競艇場では、2010シリーズ第3戦「SG第20回グランドチャンピオン決定戦」の開催が決定致しました。
日程 平成22年6月22日(火)〜6月27日(日)

 これもひとえに、日頃からご愛顧頂いたお客様のおかげと心よりお礼申し上げます。今後とも大村競艇場をご愛顧賜りますようお願い申し上げます。」


 以上の様に、大村マイルクラブのメルマガで今日発表だと知った2010年度の全国発売競走開催日程。夜になって残りの開催日程も正式発表されました。以下が開催場と日程です。

 2010年度SG競走開催日程
第37回笹川賞 浜名湖(施行者:浜名湖競艇企業団) 5月25日〜30日
第20回グランドチャンピオン決定戦 大村(施行者:大村市) 6月22日〜27日
第15回オーシャンカップ 丸亀(施行者:丸亀市) 7月14日〜19日
第56回モーターボート記念 蒲郡(施行者:蒲郡市) 8月24日〜29日
第57回全日本選手権 桐生(施行者:みどり市) 10月6日〜11日
第13回競艇王チャレンジカップ 唐津(施行者:唐津市) 11月23日〜28日
第25回賞金王決定戦 住之江(施行者:箕面市) 12月18日〜23日
第46回総理大臣杯 戸田(施行者:戸田競艇組合) 2011年3月16日〜21日

 2010年度全国発売G1競走開催日程
第11回競艇名人戦 徳山(施行者:周南市) 4月13日〜18日
第25回新鋭王座決定戦 宮島(施行者:宮島競艇施行組合) 2011年1月25日〜30日
第24回女子王座決定戦 三国(施行者:武生三国モーターボート競走施行組合) 2011年3月1日〜6日

 2010年度G2モーターボート大賞開催地
江戸川(施行者:東京都六市競艇事業組合)
常滑(常滑市)
尼崎(伊丹市)
児島(倉敷市)
芦屋(芦屋町外二カ町競艇施行組合)


 一番最初の大村グラちゃんが一番インパクトの大きい情報だったのですが、グランドちゃんぽん大村競艇場でSGが開催されるのはなんと1955年第1回モーターボート記念以来55年ぶり。それを知ると尚更インパクトが大きくなりますね。不安なのは地元選手0人になる可能性がありそうなところでしょうか。オーシャン→MB記念とSG連続出場が決まっている石橋道友に出場権獲得の期待がかかりますね。
 他では、永遠のプリンス今村豊名人戦デビューとなる2010年度の名人戦が自分の予想通り徳山になった事や、全日本選手権が桐生ナイターになった事、最後の昼間MB記念だった2003年第49回モーターボート記念以来7年ぶりに唐津でSGが開催される事が目を引きます。
 あと、2010年度は祝日優勝戦が多く、オーシャンカップと全日本選手権と賞金王決定戦と総理杯が祝日優勝戦。特に、ここ数年自分が主張していたオーシャンカップの海の日開催が復活したのが嬉しいですね。やっぱりここ数年のオーシャンみたいに祝明け(それも海の日翌日)がSG初日というのはナンセンスな日程ですからね。
競艇発祥の地


【川崎ドリームビジョンを見に行ってきました。】

 第1回江戸川富士通カップから3日経った今夜は、富士通が製造した幅72m高さ16mという世界一の大型映像装置川崎ドリームビジョンが今節から使用開始になった川崎競馬場に行ってきました。
 本日は第3回川崎競馬第5日でしたが、写真は川崎ドリームビジョンと、今夜のメイン大磯宿特別メインバンクに騎乗して制した戸崎圭太です。
川崎ドリームビジョン1川崎ドリームビジョン2大磯宿特別戸崎圭太表彰式

6月6日は東京ベイに優駿が集う東京ダービー

ブログネタ
地方競馬 に参加中!
 勝島運河を挟んだ東京ベイ2場の名物レースは共に東京ダービー。過去V3の東京ダービー王濱野谷憲吾がV4を達成しムテキング襲名とお伝え(動画)された平和島競艇場東京ダービーから半年、本日はTCK大井競馬場東京ダービー
 昨年の福岡SG全日本選手権を制したダービー玉魚谷智之G3岸和田キング争奪戦のTV中継で共演した藤崎奈々子が表彰式プレゼンターを務めた東京ダービーは上位人気3頭が他馬を圧倒する3強ムードでしたが、2番人気のトップサバトン札幌G3北海道2歳優駿優勝)が派手に出遅れトップ鯖鏑望弖癲動画)。
 3強対決といわれた東京ダービーはスタートと同時に1頭が脱落する波乱になりましたが他の二強は順当に優勝争いに顔を出し、2番手先行から直線早め先頭の4番人気ロイヤルボスに対し3番人気アンパサンドと1番人気フリオーソ川崎G1全日本2歳優駿優勝)が迫る3頭の接戦となり、最後フリオーソを首差退けたアンパサンドが優勝。過去鯖鼎筌侫螢ーソと何度も接戦しながらも勝てなかったアンパサンドを勝利に導いた鞍上の戸崎圭太は念願の東京ダービー王になりました。ということで濱野谷憲吾の上を行く東京ダービーV5を狙ったフリオーソの川島正行調教師は接戦の末首差2着に敗れ、東京ダービーV5なりませんでした。

浜名湖G3女子リーグ戦フラワーカップ優勝戦

 「女子選手頑張れ!GINZAボヌール」の冠協賛タイトルが付いた優勝戦はNADESHIKO都築あこ(愛知)が見守る中、インから逃げる1号艇池田明美に、2コースから差す倉田郁美と4コースから二番差しの淺田千亜希が迫り、内の利で2Mを先に回った淺田千が今年3回目、通算22回目の優勝。府中は多摩川のG3女子リーグ戦モーターボートレディスダービーを制した樫の女王が、つつつじの王座を決める津G1つつじ賞王座決定戦に向けて幸先良くフラワーカップを手にしました。
 淺田千を握って締める事は出来なかったものの、倉田を外から包む事には成功した池田明美が2周1Mで倉田を締めて抜け出し2着。2周1Mでスムースさを欠き突き放された倉田は3周2Mで2号艇中谷朋子に押っつけられ中谷に3着を奪われてしまいました。本日の記事にはつづきがあります。
続きを読む
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
競艇電投会員即時募集中
既に会員の方はテレボート
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
勝ち組.net
アクセスランキング
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
おすすめバナー
バナソニック


blogram投票ボタン

livedoor プロフィール
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ