ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

徳山クラウン争奪戦

青木幸太郎がデビュー初優勝達成!

 今日は児島報知新聞創刊140周年記念競走優勝戦で、福岡95期4314青木幸太郎が22度目の優出にしてデビュー初優勝を達成。
 レースは枠なり3vs3の進入から3号艇のコータローが13トップスタートを決めて捲りきる豪快な内容でした。
 尚、後続は2号艇吉永泰弘が1M捲られた後に立て直してイン艇を捲りきり2番手を航走し、1M二段捲りの4号艇岡瀬正人(岡山)が2Mで6号艇渡修平を行かせての差しで吉永に迫り2周1Mを先行しますが吉永は岡瀬を行かせて捌ききり、2周2M先行で抜け出し2着確保。

 さて、ご存じの通りコータローは魚谷香織オフィシャルブログうおchan)と2010年に結婚して、ぅぉちゃんの旦那として一躍有名に。
 ぅぉちゃん産休中にコータローは2期連続でA1をキープして選手として着実に力を付けてましたが、2005年1月にデビュー初1着(備南競艇事業組合周年記念競走2日目2R)を飾った思い出の地児島で遂にデビュー初優勝の幸せ太郎になりました。
夫婦インタビューが掲載されてた昨年1月の福岡BBP昨年1月のBBPに載ってた夫婦インタビュー



G1徳山クラウン争奪戦優勝戦

 ぅぉちゃんの旦那が初Vを達成した同日にぅぉちゃんの元地元水面徳山では開設59周年記念G1徳山クラウン争奪戦の最終日。
 その徳山クラウンはイメージビジュアルを55周年から4回続いた美少女イラスト(昨年の特設サイト)から佐々木裕美らが登場する選手コラージュ(特設サイト)に一新した新生徳山クラウン元年。

 そして、新生徳山クラウン元年の優勝戦は12356/4の進入から1号艇辻栄蔵が09トップスタートの速攻を決め、通算49回目の優勝は2007年2月26日のG1浜名湖ダイヤモンドカップ以来となるG1V6。

 後続は2番差しの3号艇坪井康晴が2番手も、1M差し順走の2号艇太田和美が1M捲り差しから2M内に切り返してきた4号艇吉田拡郎を行かせての差しでつボイに迫り、2周1Mを内から先行。
 ですがつボイは和美を行かせて捌ききり2着を確保。
コラージュになった徳山クラウンポスター


福岡日本モーターボート選手会長杯争奪戦優勝戦

 全艇がヤマトプロペラを使用した優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇渡辺浩司(福岡)が06トップスタートで1M先制するもややターン流れ、2号艇中嶋誠一郎と4号艇妹尾忠幸の差しに迫られますがなんとか先頭。
 しかし妹尾が2M突進気味に押っつけ、渡辺浩司は全速握って包み込むも流れてしまい、2艇を差しきったヤマトペラのナカシマに抜かれてしまい2番手に後退。
 渡辺浩司は2周1M差し返し狙うも届かず、ヤマトペラのナカシマは今年2回目・通算29回目の優勝で新プロペラ制度実施後の初V。

芦屋サンライズレース開催2周年記念優勝戦

 2年前の今日、全国最初のモーニングレースを開催した芦屋。
 その2周年を記念した優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇上平真二が13トップスタートの速攻を決め、今年4回目・芦屋3回目・通算33回目の優勝
 後続は差し順走の2号艇後藤浩が2番差しの3号艇山本寛久を2M行かせて捌き2着。

常滑七夕特別優勝戦

 1265/34の進入から1号艇吉田健太郎(愛知)が押し切り、今年2回目・常滑初・通算16回目の優勝
 2着は差し順走の2号艇山下和彦(広島)。

G1徳山クラウン争奪戦特設サイトBRT58が昨日七夕に公開開始【二次元】

ブログネタ
競艇 に参加中!
 ある意味24場で最も注目されてる開設周年記念である徳山の開設58周年記念競走G1徳山クラウン争奪戦
 その注目されてる最大の理由と思われる特設サイトが、Coming Soonの期間を経てBOAT RACE振興会会長賞競走テレボートカップ初日だった昨日七夕にメインビジュアルが公開されました。

 今回は歴代キャラ6人が一斉に登場するビジュアルで、特設サイト内のpdfパンフレットとイベント情報とCMでは新キャラクターとして2人組女性ユニットのサークレットも登場しています。

 特設サイトはダウンロードのコーナーがまだ未公開ですが、サークレット関連の音源・画像等が公開されると思われますので、公開されたらこの記事に追記します。

 (14日追記)徳山の中の人(Naminorhythm等を作詞作曲したMizTK氏)がツイッター(http://twitter.com/MiztkCirclet)を始めてました。徳山クラウンのプロモーション情報が順次ツイートされていくそうです。

 (15日追記)待望のダウンロードページが公開されました。
 今回はミュージックプロモーションブック2種類(サークレットとBRT58をフィーチャーしたBOYS & GIRLSと、アマユコットをフィーチャーした特別編Pulse)、mp3ファイルが3曲(BOYS & GIRLSとNaminoremixとPulse)、twitter用アイコン12種類とtwitter用壁紙2種類、PC用壁紙2種類、PC用スクリーンセーバーです。
Coming Soon想いをひとつに。

届けたいドラマが始まる。ワー!!BOATRACE徳山

 さて、徳山は2008年8月の55周年でタンクトップと短パン姿の少女(今年度の特設サイトで名前はYUKAと判明)のイラストをメインビジュアル(特設サイト)にしたのがきっかけで、以降本格的に二次元少女をメインビジュアルに起用。

 2009年2月のG1中国地区選手権競走では巫女のイラストをメインビジュアル(特設サイト)に起用し、1年後に再登場する巫女さんの名前は黒神舞と発表されます。

 2009年7月の56周年では中世ファンタジー世界に舞台を設定(特設サイト)し、王女アマユコット(AMAYUKOT→TOKUYAMA)と山口支部選手をモデルにした6人のナイツ・オブ・クラウンが登場。

 2010年2月のG1徳山モーターボート大賞では日本刀を持つ和装の少女徳山捲莉をメインビジュアルに起用し、特設サイトではチュウチクの巫女が黒神舞として再登場するWEB小説「MAKURI †††六つの誓い†††」も公開。

 2010年4月のG1競艇名人戦ではさすがに少女では無かったものの二次元路線はしっかり継続し、特設サイトではイラストのモデルになった名人戦主力の3人(今村豊西島義則日高逸子)を漫画とイラストで特集した「LEGEND」を公開。

 今年1月の57周年ではボーカロイド風少女ミーナとみぃくの2人組ユニットTi・araを起用し、特設サイトではTi・araの音源とビジュアルブックをダウンロードできるサービスも。

 そして今回は55周年のタンクトップ少女YUKA、チュウチクの黒神舞、56周年のアマユコット、MB大賞の徳山捲莉、57周年のTi・araが総登場です。




夏よりアツい!?熱戦開始!瀬戸ノ海龍冠に導かれし戦士達の物語いざ、真剣勝負Are you ready?

BRT58


芦屋アシ夢テラスオープン1周年記念優勝戦

 外向発売所アシ夢テラスの1周年記念は枠なり3vs3の進入から1号艇大峯豊が3号艇芦澤望の捲り差しを力技で振り切り、山口支部の豊は今年2回目・芦屋初・通算13回目の優勝
 この芦屋初Vにより、山口支部の豊にとって鬼門の場である住之江(2回)・児島(昨年12月G1中国地区選手権競走)・芦屋の3場全てで優勝を飾り、この3場ではネーロ大峯豊がビアン今村豊超えを果たしました。

 振られてしまった芦澤のぞムに5号艇中里英夫の捲り差しが届き、2M先行した中里がアシムを振り切り、4日目1RサンライズV戦動画)で恵まれ1着になった中里英夫がアシムに競り勝ち優出2着。

下関日本トーター杯優勝戦

 下関プッチモニレース第1弾の7日間開催は枠なり3vs3の進入から2と3がスタート遅れ、対照的に03トップスタートを決めた4号艇出畑孝典が絞りに行き、07スタートも壁無しになったデビュー初優出の1号艇藤田浩人(佐賀102期4515)は艇を伸ばして先行するもやや流れてしまいます。
 それでも粘り込み図る藤田に対し出畑と5号艇山田雄太の捲り差しが迫り、藤田は山田ゆう太を振り切って最内の出畑に2M外全速戦で挑むものの僅かに届かず、振り切った出畑が前走地芦屋町長杯争奪戦に続く今年3回目・下関3回目・通算18回目の優勝

ティ・アラの徳山クラウン、ティアラの日本クラウン。

ブログネタ
競艇 に参加中!
Are you ready? 徳山ボートは電圧低下による大時計のトラブルで年始から開催を休止していましたが、送電回線容量強化やモーターなどの交換でピンチを乗り越え、今日からの開設57周年記念G1徳山クラウン争奪戦を無事開催。

 各方面で大きな話題を呼んだ特設サイトでは松井宏晃画伯が描いた徳山クラウンレコードの応援歌姫ユニット、ミーナとみぃくの「Ti・ara」が歌う「Naminorhythm」をテーマソングに
 「Are you ready? 新春の徳山が熱く萌える 先の見えないレースに酔いしれて
 というキャッチコピーのCMを見られる他、3曲のミュージックファイルとイラスト集付きミュージックブックをダウンロードできたり盛りだくさんです。


 以上、プロモーションでは松井宏晃画伯が主役ですが、水上では強き者よ王者松井繁が2006年7月の53周年以来となる徳山登場で、今回の徳山クラウンはW松井が主役。

 初日メインクラウンドリーム戦も主役の1号艇でしたが、枠なり3vs3の進入から王者松井は2号艇石田政吾(SKE48とこなめもっと盛り上げ隊来場記念常滑G1マーメイドグランプリ優勝者)に差されてしまい、2M差し返すも届かず2着。
 ちなみに1着の石田あんな決まり手の公式発表は「抜き」になってましたが、実際は石田あんな差しきりです。

 話は変わりますが日本クラウンといえば松井珠理奈と松井玲奈のW松井を擁するSKE48も所属して最近の稼ぎ頭になってますが、3月9日に待望のニューシングル「バンザイVenus」を発売する事が決定しました。 

 ところで、日本クラウンレコードには今年生誕75周年を迎える歌謡界のミスターK北島三郎を筆頭に津名誉執行委員長鳥羽一郎などが所属してますが、その名もずばりTiaraも所属。

 Tiaraの音楽性はソウルやR&Bをベースにしたバラード主体の音楽性でボーカロイド風のTi・araと全然別物ですが、誕生日はなんと王者松井と同じ11月11日です。
 そんなTiaraは2月16日に2ndアルバム「Tears」を発売します。


浜名湖マンスリーKYOTEI杯優勝戦+1000番台の活躍】

 145/236の進入から1号艇都築正治が08トップスタートもツヅッキーは5号艇中岡正彦のつけまいを張った分膨れ、捲り差しを決めた2号艇松本勝也が通算32回目の優勝
 後続は3号艇古賀繁輝がツヅッキーを差し捕らえ、2M差し返して舳先ねじ込んだツヅッキーを2周1M全速包み込んで捲り切り2着。


 さて、今節は今月12日に69歳の誕生日を迎えた艇界最古参最年長の5期1485加藤峻二御大が誕生日後初の出場。
 初日2R1号艇では20代5人相手に逃げ切り、69歳になってから最初の白星を飾りました。
 また、優出こそなりませんでしたが予選3日間オール3連対の活躍で最終日の今日は11R選抜戦に2号艇で乗艇しました。

 ちなみに明日の鳴門スポーツ報知杯競走新鋭・名人・女子ボートレースバトル優勝戦には5号艇で自らの持つ最年長優出記録を更新した13期1710万谷章67歳、6号艇で14期1759酒井忠義64歳と、現役で3人しかいない1000番台選手が2人優出する快挙。
 この鳴門優勝戦は内枠3人を女子選手が独占してる事においても歴史的番組になりました。

桐生BOAT RACE振興会会長賞競走テレボートカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から06スタートの1号艇今井裕梨(群馬)がデビュー初V目指して1M先行体勢も、カド02トップスタートから絞ってきた4号艇角ひとみを牽制した分膨れてしまい、そこを差しきった2号艇寺田千恵が通算40回目の優勝
 惜しくも初Vならなかった今井裕梨は差し続く5号艇水口由紀を2M全速包みきって2着。

機材故障に泣いた徳山ですが、G1特設サイトは今回もヒートアップ。

ブログネタ
競艇 に参加中!
 クリスマスの今日は常滑BOATBoyカップ3日目津ツッキーカップ2日目の伊勢湾2場が荒天の為に中止順延。
 更に徳山BOATBoyカップ2010グランプリファイナル4日目も中止になりましたが、こちらは機材故障による開催打ち切り。
 徳山は今月15日のスポーツ報知杯KYOTEI JAPAN CUP初日でも大時計の故障で9R以降中止になってしまいましたが、その時は当日のみの中止だったものの今回は開催を2日間残しての途中打ち切りとなりました。

 この後30日から年越し開催のKRY山口放送熱血カップ西京波者記念競走、来月18日からは後述の特設サイトが早くも話題騒然な大一番のG1徳山クラウン争奪戦を控えてるので、機材の完全復旧を願ってます。

 ちなみに徳山ボートの早朝開催「グッドモーニング徳山」は徳山クラウンの後、来年2月9日の「モーニングレース開催記念徳山DERBY CUP」から実施されます。

【今度の徳山クラウンは2人組のTi・ara】

Are you ready? 大時計が壊れた前日のクリスマスイブに公開されたG1徳山クラウン争奪戦特設サイトは今回も徳山クオリティ全開の二次元ワールドで、熱く萌えの世界を展開。
 ミーナとみぃくによる応援歌姫ユニット「ティ・アラ」が今回のイメージキャラクターで、特設サイトでは「Naminorhythm」・「Ready Steady Go!」・「マルチエンディング」の3曲とイラスト集付きミュージック・プロモーションブックをダウンロードする事も出来ます。


 ちなみに元徳山地元スターで11月から福岡支部に移籍した全国スターの魚谷香織はアッキーナの三次元ネココスプレBOATRACECMアッキーニャに出演。
 ぅぉちゃんが出演するCM本編は来年4月25日公開予定ですが、メイキング動画ではぅぉちゃんの出演部分も見る事が出来ます。

 そのぅぉちゃんは福岡ボートのフリーペーパーボートビートプレスに夫青木幸太郎と夫婦で登場。
 幸せ太郎モード全開のインタビューではなれそめや、大がかりなドッキリチックのプロポーズ秘話などを読むことが出来ます。

 尚、ぅぉちゃん★ぶろぐの管理者も徳山から福岡に代わりましたが、来月30日にぅぉちゃんは新地元水面の福岡でトークショーに出演します。

 ちなみに徳山クラウン最終日の23日はG3企業杯福岡ソフトバンクホークス杯の最終日でもあります。
 徳山クラウンを併用発売する同日の福岡ボートではレース名であるホークス選手のトークショーに加え、三次元アイドル西野翔佐山愛のトークショーもあります。

徳山G1はグラチャンの再現+津ボイが若松の再現と丸亀のリベンジ

冠に導かれし戦士達の物語 「今年は開催前から中世ファンタジー風のビジュアルが話題となっています。先日はヤフーのトップニュースにも登場しました今回のタイトルテーマ。冠に導かれし戦士達の物語。これより幕が開きます。(動画
 と、二宮淳一アナによるSpecial Siteの紹介で11日から始まりましたG1徳山クラウン争奪戦
 ヒロインのアマユコット(AMAYUKOT=TOKUYAMA)に扮した都築あこも節間徳山に滞在してアマユコットのコスプレを披露したりイベントMC等で大活躍。

 そして二宮アナは先月23日から28日まで戸田SGグランドチャンピオン決定戦、休み無しで29日から7月1日まで徳山FMYエフエム山口カップポーラスター決定戦の後半3日間、休み無しで2日から6日まで伊勢崎さわやか杯G2スターライトチャンピオンカップ争奪戦、休み無しで7日から9日まで船橋東京スポーツ杯最終日東スポ一面Tシャツ着用で実況とノンストップの活躍が続き、今節も6日間実況と司会(アマユコットTシャツを着た選手陣が登場の開会式動画)で活躍したスーパーニノジュンシリーズでした。

 さて、賞金750万円と副賞の徳山クラウンを懸けた優勝戦は1号艇服部幸男に4号艇今垣光太郎とさながらグラチャンの再現。実況もグラチャンと同じ二宮アナでますます再現ムードが高まります。
 グラチャンはガッキーに敗れた服部先生にとって今回はベストを尽くしてリベンジを果たしたい所でしたが、枠なり3vs3の進入からF持ちの服部先生は18スタートでベストを尽くせず、11トップスタートのガッキーが絞り捲りで服部先生を沈め、返り討ちにしたばかりか服部先生を舟券圏外に追いやるグラチャン以上の圧勝劇で蝶の様に舞ったガッキーはSGV7を含む記念26回目・通算70回目の優勝でグラチャンの再現。20と一番遅いスタートながら展開捕らえてブイ際鋭く差した6号艇吉川元浩が2着。

 二宮アナの司会とあこユコットのアシスタントによる表彰式では、秋葉系ならぬ石丸系プロペラのガッキーに対し、あこユコットが「コスプレは今垣選手いかがですか?」と聞いたのに対し「コスプレは大好きです。」とノリノリで答え、「大好きな徳山で次優勝された時はコスプレしていただけますか?」と続けて聞かれたら97年8月の44周年に続き徳山G1V2となったガッキーは「大丈夫です。」と平常心で答え、緊張気味だったグラチャン表彰式とは対照的に平常心の雰囲気でしゃべってます。ちなみに表彰式動画の10分以降ではあこユコットとアマユコットTシャツを着たガッキーのツーショット記念撮影の様子があります。
 最後に、月に向かってお仕置きする三石琴乃の声が流れる徳山クラウンCMをサービス、サービス。


G1津モーターボート大賞優勝戦

 「加藤綾選手のポスターにファンの目は釘付け。ひとたびレースが始まれば水面を激走する選手にファンの目は釘付け。
 と、プリンセスあややのポスターに釘付けになった津MB大賞は予選4日目の前半まで(11121)の成績だったシリーズリーダーの松本勝也は5号艇だった4日目11Rのピットアウトで内を締め込んだ際に3号艇川添英正に不利を与えてエンストさせて発走不能にした責任を取られ、5艇立てで再発走となった本番で2着に入ったものの悪質な待機行動違反を適用され賞典除外の措置が。この件は節間の実況を担当した佐竹亮アナのブログ「常に常にマイペース」に詳しく書かれてます。

 さて、かつやG1初Vのチャンスを逃した予選ロードと全て外枠が勝った準優を経て優勝戦1号艇はかつやはかつやでも勝とう阿波のミスターチルト+3度阿波勝哉
 「うだるような夏の暑さにスカッとさわやか3度捲り。」G1初V目指してKatoAwaのMB大賞は阿波がお約束の大外に出た234/561の進入から阿波が09トップスタートも、10スタートの5号艇山本隆幸が壁になって絞りきれず、その間に13スタートの2号艇坪井康晴がつボイン体勢を固めて阿波を張りながら1Mを先制。
 この展開を突いて山本隆幸の捲り差しが入り、先陣争いは前走地G1江戸川大賞で優出1号艇だった山本隆幸と前走地丸亀G1京極賞で優出1号艇3着だったつボイのマッチレースに。
 共に前走地のリベンジに燃えるマッチレースは2Mでつボイの差し返しを振り切った山本隆幸が1艇身から2艇身リードも、2周1Mでつボイが先月の若松G1全日本覇者決定戦を再現するかの様な渾身の差し(動画)で山本隆幸に舳先掛けきり、2周2M先行して山本隆幸を突き放し通算V33のSGV2含む記念V7、そして津では自身初G1タイトルだった2005年G1東海地区選手権競走以来となる2度目の津ボイG1優勝でした。
いつかこの舞台で輝きを放つ。


桐生埼玉新聞社杯優勝戦

 埼玉新聞のタイトル戦は134/526の進入から10トップスタートの3号艇川尻泰輔(埼玉)が20スタートの1号艇太田和美(69期3557)を捲りきった展開を突いて4号艇菊池峰晴(69期3538)と2号艇川俣昌史の栃木コンビが捲り差し。
 2Mは内の菊池が先行も、2004年7月宮島九スポ杯競走以来となる優出、そしてそれ以来となる通算2回目の優勝を目指す川俣は渾身の差しで菊池に食らいつきます。
 しかし、HS何とか振り切った菊池は2周1M先に回って川俣を振り切り、2007年大晦日の当地ボートピアなんぶ杯以来となる通算11回目の優勝で栃木ワンツー。
 ちなみに菊池の前回Vも4号艇で、川俣の前回Vの2着は山崎智也で同支部ワンツーでした。

若松サッポロビールカップ優勝戦

 4号艇吉田健太郎が1号艇川上剛91期たけし軍団長の抵抗を振り切り吉田豪快に捲って若松初・通算では昨年海の日浜名湖海の日スペシャル!オーシャンアタック以来となる10回目の優勝を海の日4日前に達成。
 後続は激戦で、くるっと運んだ2号艇山一鉄也(今節選手代表)に対し3号艇岩井繁と6号艇竹腰正樹が差し続きますが、2Mで山一が王者と竹腰の間をスパッと割る好旋回で抜け出し、2周2Mで差し込むたけし軍団長に差を詰められるも振り切って2着。

 以上、ナイター2場の優勝戦はどちらも4-2決着でした。特に桐生は2連単10360円の大波乱。

多摩川デイリースポーツ賞優勝戦

 東京都府中市是政の優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇田中信一郎(69期3556)が22とスタート遅れ、14スタートの2号艇大賀広幸が直捲り。
 そして大賀が捲りきった展開を突いて4号艇後藤浩(東京在住埼玉支部)が差しを決め、2M大賀の差し返しを振り切った後藤浩は通算42回目・多摩川4回目の優勝
 府中多摩川では一際後藤浩輝く存在ですが、来月19日からの報知新聞社杯と再来月10日からのG1ウェイキーカップでも多摩川に登場します。

江戸川東京中日スポーツ杯初日

 1日遅れで始まった江戸川競艇6日間シリーズ。第6Rは呼吸を止めて1秒あなた真剣な目をしていた1号艇樫葉次郎が妻岩崎芳美ばりの01タッチスタートからの速攻戦で2号艇坂本啓行の差しを振り切り1着になりましたが、最初の1Mで4号艇多羅尾達之(神奈川)が振り込んで選手責任転覆を喫した所に5号艇入倉数広が突っ込み入倉も転覆。入倉は負傷帰郷となりました。
 更に、2Mで坂本が樫葉A次郎の艇尾に乗り上げ選手責任転覆(動画)。1M外マイ3番手から2M坂本の内に潜り込んでた3号艇佐竹恒彦も樫葉A次郎に接触してしまいますが、ここは両者とも大事に至らず完走。多重事故の波乱でしたが2連単1-3は460円の一番人気でした。
 尚、第5R2周2Mで3番手の3号艇原田秀弥に対し4番手から内を突いた4号艇村上彰一が接触。ここでの接触が原因かは不明ですが、村上も帰郷しました。

 5月の多摩川JLCカップイエス、フォーリンラブな優勝を飾ったのが印象深い占部彰二第10Rで1Mキャビりながらも逃げきり先頭に立ちますが+03のF、残念!
 というアクシデントを経て初日メインカード江戸川選抜戦。南追い風6m波高10cmの競走水面で1号艇岡本慎治が06トップスタート決めましたが、08スタートの4号艇金子良昭がアグレッシブなつけまい攻撃でオカモトを捲りきって1着。2004年10月デイリースポーツ杯以来の江戸川でしたが、その時優出1号艇(6着)だった実績は5年近いブランクを経ても健在でした。
 内でガマンしきったオカモトは2Mで2号艇折下寛法の小回りを包んでかわし、2周1Mで折下をいかせてさして2着と、2007年4月日刊ゲンダイ杯からの当地連続Vへ視界良好。

うおさん☆さかば

大衆酒場魚三 おとといは職場の飲み会で門前仲町へ。場所はしんじ深川不動尊の向かいにある旨い安いで人気の海鮮料理専門居酒屋魚三酒場。団体予約だったので席は座敷、料理は宴会コースでしたが、Wコの字型で席間が詰まったカウンター席はびっしりお客さんで詰まってました。
 一部脚色ありですが、出てきたのはブリ子・ハマチ(イナダ)・セイゴ・スズキ・赤身と中トロのマグロ・タイ・平目・ホタテマン・エビちゃんの刺身盛り合わせとウニ板盛りと特大エビフリャーと白井西京焼とサザエさんのツボ焼きとシャケ寿司といったメニューが人数×2の量で用意されて、はらパンパン。締めは貝汁でした。

 さて、6月7日の東京G1安田記念で前詰まり絶体絶命の状況から馬群をこじ開けて一瞬で突き抜けたウオちゃん(ウオッカ)は前走の反動と梅雨で荒れ気味の馬場を懸念し、大事を取って28日の阪神G1宝塚記念を回避。宝塚記念はライスシャワーの悲劇を思い出すレースなので、個人的には回避でほっとしました。

 そのウオちゃんが安田記念を勝った直後の16時頃、宮島九スポ杯プリンセスカップ初日11Rで4号艇だった中四国地区スター兼徳山地元スターぅぉちゃん(魚谷香織)は枠なり3vs3のカドからスタート31と遅れて小回り旋回で4番手。その後3周2M手前のBSで前を走る6号艇今井裕梨がターンの初動を入れたところにぅぉちゃんが真っ直ぐ突っ込んでしまい今井裕梨は落水、ぅぉちゃんは妨害失格になる不本意なシリーズでした。
 その後、濱野智紗都白浜旅行でリフレッシュしたぅぉちゃんは今日から徳山FMYエフエム山口カップ2009ポーラスター決定戦
 前検日にはFMYの番組に出演して加藤あい似と言われたぅぉちゃん、今節は男女混合戦ということもあって初日の着順は4R6号艇4着&10R1号艇3着とやや苦戦気味ですが、今節は師匠の原田篤志と一緒の斡旋なので、初日6R6号艇3着&11R1号艇1着と好調だった師匠の勢いに乗って2日目以降の上積みに期待なのです。
冠に導かれし戦士達の物語

 ところで、23日深夜から24日朝方にかけて中世ファンタジー風のG1徳山クラウン争奪戦Special Site
徳山競艇サイト なぜかRPG風

 という見出しでYahoo!トップになって話題になりましたね。ちなみに元記事はItMediaNewsにあります。
 中央のアマユコット(AMAYUKOTをひっくり返せばTOKUYAMA)以外の「ナイツ・オヴ・ザ・クラウン」6騎士にはそれぞれモデルがおり、白い1号艇ビアンが今村豊で黒い2号艇ネーロが多分大峯豊?で、赤い3号艇ロッソが白井英治改め赤井英治で、黄色い5号艇ジャンロが佐々木裕美で、緑の6号艇ヴェルが寺田祥、そして青い4号艇ブルがぅぉちゃんです。FMYの番組に出演した時にはブルのポーズもとってまして、リンク先にその写真があります。
徳山競艇がヤフートップに!


住之江ダイスポジャンピーカップ優勝戦

 今節前はぅぉちゃんと白浜旅行、昨日は同期大原由子トークショーの司会、そして今日はメインMCを担当したちいちゃんが井上利明元選手とのコンビでFMアクアライブステーション掛け合い実況音声を担当した優勝戦。
 6号艇横山節明が動き、2号艇一宮稔弘が3カドを選択した16/2345の進入から思い切ったスタートを踏み込んだ一宮が1号艇室田泰史に抵抗されながらも捲って行った展開を突いて3号艇西村拓也(大阪98期4397)が捲り差しを決め、4度目の優出でデビュー初優勝を地元水面で達成。ダイスポジャンピーカップは日本モーターボート選手会会長杯争奪でもあるので表彰式プレゼンターは宮迫暢彦大阪支部長が担当。西村拓也初優勝にあやかって宮迫支部長も世紀末1999年大晦日の当地GSS競走以来遠ざかってるVを手に入れたいところですね。
 2番手だった一宮は+02のフライングに散り、差した5号艇田上晋六(たがみすすむ)が2着。ちなみに25日付(24日発行)のダイスポ一面は「ノア新体制三沢後任田上社長」でした。

【Black or White. SG Grand Championship 4th Days

 今朝はマイケル・ジャクソンの急死というBAD NEWSで始まりましたが、マイケル富岡似な事からマイケルレインボーアタッカーの異名を持つ王者松井繁は3日目まで4走24点とまさにボーダーライン。
 そして今日はどうだったかといいますと、堂前英男アナが実況した前半6R4号艇は枠なり3vs3のカドから差して3番手も2Mで2番手狙って艇を伸ばしたら空振りで4番手に後退。その後2周1M差して3番手を奪い返しての3着と得点率変わらず。
 二宮淳一アナが実況した後半10R3号艇は枠なり3vs3のカド受けからダッシュ勢に叩かれ小回りでこらえようとするも5番手の苦しい位置。ですが2M小回りで2番手争いに浮上し、2周1Mで直外にいた5号艇山崎智也に捲られ突き放されるも、6号艇坪井康晴を行かせての小回りで3着を取り切り、6走36点得点率6.00で辛うじて予選最下位通過。
 二宮アナが冷静に実況した「だいこんおろしの彼女募集記念レース」でおなじみだいこんおろしさんが来場する明日のマイケルレインボーアタッカーは12R準優勝戦6号艇です。
Michael Jackson - Black Or White

徳山・白いクラウンアスリートえいじ+芦屋全日本王座+江夏と山本

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 夏よりアツい!?熱戦開始!!先月31日から始まった6日間シリーズG1徳山クラウン争奪戦優勝戦はイン受難で1号艇全滅の準優勝戦(一覧)を経て、予選7位の山陽小野田市民白井英治が優出1号艇に。
 その優勝戦は6号艇川崎智幸が動いて2コースに入り、2号艇一宮稔弘はなんと3カドに引いて16/2345の並び。そして一宮は07スタートを放ちますが03トップスタートの川崎が壁になり絞れず、05スタートの白井が川崎を張って逃げ切り今年5回目・通算39回目の優勝。今年2月の宮島G1中国地区選手権以来5回目の記念Vとなった白井ですが、いつかはクラウンと夢見た山口県での記念Vは初めて。めでたく白いクラウンになりました。次は関門ホワイトシャークの呼び名にふさわしく下関で競帝王襲名の番ですね。
 後続は差した3号艇村田修次と4号艇坪井康晴、それに川崎を捲った一宮の3艇で接戦になり、2Mはベイのホームラン王ムラッシュがつボイを包んで先行。しかしムラッシュは流れ、ムラッシュとつボイの間を割った一宮が単独2番手に。2周1Mでは内のつボイをイカせて捌き2番手を守った一宮ですが、終わりの3周2Mでターンが膨れてしまった一宮はつボイに潜り込まれ、内外分かれて両者同体でゴールした末、つボイが逆転2着。終わり一宮詰めを誤りました。
夏よりアツい!?熱戦開始!


芦屋G1全日本王座決定戦優勝戦

 5号艇が完全に死に目(一覧)となった芦屋の最終日、優勝戦は枠なり3vs3の進入から3号艇菊地孝平が12トップスタートを放ち、17スタートだった1号艇瓜生正義の抵抗をものともせず捲りきり、前走地児島ボートピア松江開設8周年記念に続く通算23回目にして2005年9月若松SGモーターボート記念以来となる4個目の記念優勝。捲り差した4号艇重成一人が2着に入り、準優11Rと同じワンツー。
 菊地に捲られ重成に差されで3番手のウリ坊は道中重成を追い詰めるも届かず3着。今節5勝を挙げたウリ坊ですが5勝の中に捲り勝ちは無く、逆に負けた2つは捲り失敗。それだけに捲り艇を必死で飛ばしに行くと予想してましたが、菊地の伸びがウリ坊の抵抗に勝る形になってしまいました。

津中日スポーツ高虎杯争奪戦優勝戦

 津市の原型を作り、築城の名手とも街作りの名手とも言われた藤堂高虎公が入府して今年で400年。藤堂高虎公入府400年記念と銘打たれた中日スポーツ高虎杯争奪戦は全艇失格の準優10R(詳細は前日分)もありましたが、残る2つの準優から3人ずつ勝ち上がって無事優勝戦を迎えました。
 5号艇江夏満が効果的なピット離れでスタート展示より1つ内の4カドを取り、123/546の進入から2号艇占部彰二が09トップスタートを放ちますが、20スタートの1号艇山本光雄が艇を伸ばし1Mを先行。山本昌広200勝に沸く中日スポーツが協賛する高虎杯で藤堂高虎と同じ滋賀県出身の山本光雄がフンバリマスで押し切れるかのシーンですが、ここで山本と占部の間を効果満々に捲り差した江夏が山本を差しきり、ミツオを従えたミツルが藤堂みっちゃんみちみち通算8回目の優勝。優出1号艇もFに散った当地2006年7月サマータイム特別の借りを返した江夏は藤堂家の甲冑を身に纏った方々から表彰されました。
 なお、昨日の準優11R(6着)で待機行動違反を取られ本日の選抜戦に乗れなかった松下直也は本日1号艇の6Rで+02のフライングと、終盤2日間は踏んだり蹴ったりだった兵庫の松下なお也でした。

蒲郡サマーナイト特別優勝戦

 イン戦2勝を含む節間8戦7勝の山崎義明が1号艇も、6号艇白石健がチルト+3度に跳ね上げてサマーナイトになにやら起こりそうな雰囲気。
 そして123/546の進入からチルトサンドのしらけんが08トップスタートを放ち、抵抗する山崎義明は艇を伸ばし1Mを先行するも大きく流れ、イン逃げできない☆山崎選手☆に。山崎を行かせての捲り差しになったしらけんは4艇を捲りに行きますが、しらけんの機先を制して捲り差しを入れた3号艇山田豊がしらけんの内でこらえきり、2M先行してしらけんを突き放した山田が通算45回目の優勝。徳山の白井氏に続く事は出来なかった白石ですが、チルトサンドで大いにレースを盛り上げ堂々2着です。

児島BOATBoyCUP優勝戦

 「8月1日から5日間シリーズでお送りしてきました児島競艇BOATBoyCUP。高校野球よりちょっと遅く、しかし北京五輪より一足早く4分間で熱くなれる今節最後の戦いです第12RBOATBoy優勝戦(動画)。」ということで椛島健一アナ絶口調の今節最終カードBOATBoyCUP児島8月号優勝戦は1236/54の進入スタイルから3号艇原田秀弥が12トップスタートから捲り差すも、これを寄せ付けなかった1号艇市川哲也が今年4回目・通算61回目の優勝。原田は2着。

鳴門ボートピア土佐開設12周年記念競走優勝戦

 高知県香南市赤岡町にあるボートピア土佐の開設12周年記念は枠なり3vs3の進入から1号艇松野京吾51歳がゴージャスに逃げ切り、自身の年齢より1つ多い通算52回目の優勝。つけ回った2号艇安田政彦が2着。

【8月10日のボートピア習志野に日高夫婦来場】

 若松サッポロビールカップ最終日の7月16日に収録された全国競艇ファン選抜舟券バトル大会が本日23時にJLC380chで初回OAされましたが、同日トークショーで来場していたグレートマザー日高逸子も番組に特別出演。
 そのグレートマザーは明日のびわこアクアンビューティー選手権準優10Rに4号艇で乗艇し前走地芦屋ボートピア高城オープン10周年記念レースからの2節連続Vを狙いますが、8月10日の日曜日午後に夫の日高邦博さんと共にボートピア習志野でトークショーを行います。
 ちなみに今夜のJLC NEWSキャスターズリーグでは原理恵子(舟券バトルにも出演)も太田彩乃欠場に伴う本日初登場の顔出しNG助っ人伴さやかもびわこ10Rを予想。予想の目は原ちゃんが拡連複4=5で謎の助っ人伴さやかが3連単1-4-9と1-9-4です。

徳山芦屋、夏よりアツい2つの周年が昨日からスタート。

夏よりアツい!?熱戦開始! 夏よりアツい!?熱戦開始!!昨日から始まったG1徳山クラウン争奪戦芦屋G1全日本王座決定戦。まずは徳山の初日を。

 内寄り指向の選手が揃った9Rは24651/3になりかけるも5号艇古場輝義が回り直して2461/35の進入に。そして1号艇横西奏恵が63と大きくスタート凹み、残る5艇が向かった1Mは4号艇今村暢孝が捲る体勢も、内の2号艇西田靖が振り込み転覆。そして今村暢孝も出口で振り込んでしまい、こちらも転覆(動画)。そして西田のところに3号艇笠原亮が突っ込み転覆、今村暢孝のところに古場が突っ込み転覆と4艇が転覆した結果、西田と今村暢孝の2名が妨害失格をとられる珍しいレースになりました。
 尚、1着は外マイで難を逃れた6号艇小畑実成、2着はスタート遅れが幸いして艇間をすり抜けた横ちんでした。

 ドリーム戦は枠なり3vs3から5号艇魚谷智之が捲り差しを決め、1号艇山崎智也の2M全速戦を振り切って期待通りに1着。但し、イン逃げできない山崎智也が2着に来てしまったので舟券はヒモ抜けです。
 そんなわけで前年クラウンが連覇のかおりを漂わせる順調な発進でしたが、本日のぅぉちゃんは6号艇の前半4Rを1245/36の6コースから1M捲り差しの2M外全速で2着に入り堅実にポイントを稼いだものの、12Rに1号艇で登場したぅぉちゃんは4号艇寺田祥の4カド捲りを貰う白魚をやらかしてしまい、まさかの4着。連覇に向けちょっと不安のかおりが漂ってきました。


 次はあしや。初日ドリームレースは九州代表の1号艇瓜生正義が枠なり3vs3のインから堂々逃げ1着。つけ回った3号艇原田幸哉が2着に入る76期ワンツー。ウリ坊は2日目も6号艇の3Rと3号艇の9Rをともに3コース捲り差しで勝ち、濱村芳宏と共に3戦全勝です。6月の当地SGグランドチャンピオン決定戦に出られなかった憂さを全日本王座位獲得で晴らす可能性がぐんと高まってきました。

【明日は桐生日本財団会長杯優勝戦

 サタデーナイトの優勝戦、枠番は以下の通りです。

1:吉田拡郎 2:草場康幸 3:平山智加 4:木村浩士 5:亀山雅幸 6:新田智彰

 準優11Rで節間5勝のシリーズリーダー秋山広一(香川)相手に圧巻の4カド捲り(動画)を決めた丸亀地区スターの98期平山智加23歳の走りに注目が集まります。枠番通りの3コースでは苦しいかもしれませんが、新田あたりを入れての4カド戦になったら面白いかも。ちなみに土日は平針の巨匠田中信一郎氏の引越し祝いで名古屋入り。フライデーナイトの中央高速バスで移動です。よって、桐生優勝戦の記事は日曜朝に平針のネットカフェから更新することになると思います。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
競艇電投会員即時募集中
既に会員の方はテレボート
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
勝ち組.net
アクセスランキング
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
おすすめバナー
バナソニック


blogram投票ボタン

livedoor プロフィール
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ