ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

徳増秀樹

平石和男地元G1Vで総理杯当確+秀樹感激初G1いただきマンモス

ブログネタ
競艇 に参加中!
 2009年度末の今日最終日を迎えたG1戸田グランプリ
 戸田ボートレースと川口オートレースを熱く伝える堂前英男アナが実況した優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇井口佳典が07トップスタートぶち込みますが、4号艇平石和男(埼玉)が電光石火のシャープな捲り差しで井口を捕らえ、2M先行で独走になった平石は通算38回目・SGV1含む記念9回目にして地元記念初優勝
 差された井口は2Mで2号艇飯山泰を行かせて捌き2着に入り、1-4三連発でいいよいいよいいよ決着だった準優とは逆目の4-1でよい決着に。
TODATODATODA 本気のトダを見るがいい。

 ジャーマンメタルバンドACCEPTのヴォーカルにして暗黒の破壊神ウド・ダークシュナイダーの影響を受けた迷彩ファッションを纏って「応援ヨロシク」のセリフを常に決めるメタラー平石和男は、2005年3月G1戸田グランプリ池上裕次以来遠ざかっていた埼玉支部選手による戸田記念Vを決めただけでなく、来年3月に地元戸田で開催されるSG総理大臣杯も当確にして、地元ファンと上尾市のドリームハウスに地元G1Vと地元SG当確というWの吉報を届けました。
【競艇】開設53周年記念G1戸田グランプリ 選手紹介
【競艇】開設53周年記念GI戸田グランプリ 優勝戦


G1浜名湖賞優勝戦あんたが!大将!!でばんですよ〜

 静岡県知事杯争奪戦でもある浜名湖賞のラストシーンは枠なり3vs3の進入から1号艇徳増秀樹(静岡)がチャンスは一度逃がしはしない05トップスタートの速攻からジャガーの如しスピードでぶっちぎり、炎で氷を溶かしてみせる情熱の嵐を呼ぶ永遠の熱血ヤングマンはブルースカイブルーの浜名湖水面を駆け抜け、今年3回目・浜名湖10回目・通算40回目にしてG1初優勝
 赤い枠の3号艇赤岩善生が秀樹につけ回って2着。

 地元開催のSG笹川賞で落選した悔しさを気合に変えて見事G1初Vを勝ち取った秀樹は表彰式(特設サイトに動画あり)で秀樹最上のうれし涙を見せました。


桐生みどり市発足4周年記念市議会議長杯優勝戦

 昨日30日には選手会群馬支部創立50周年記念式典が行われた桐生競艇の年度末開催みどり市発足4周年記念市議会議長杯は山口支部の岡本慎治が節間6戦全勝で完全Vに王手を掛けた一戦。
 そして1号艇のオカモトは枠なり3vs3のインから11トップスタートの速攻でしっかり逃げ切り、今年2回目・通算75回目の優勝を完全Vで達成。
 2号艇山田雄太が差し順走から2番手につけ、山田ゆう太は2Mで5号艇鈴木茂正、2周1Mで4号艇深水慎一郎を外から包みきって2番手を守り、2周2Mでは内突いてきたしげしげを行かせて捌き2着を取り切りました。

 来月3日から始まる桐生次節は2010アクアンNight第1弾、ドラキリュウカップ・東西対抗戦です。

児島備南競艇事業組合34周年記念優勝戦

 126/3/45の進入から4号艇柳瀬興志山口支部長が08トップスタートを決めて捲りに行き、昨年度末多摩川澤乃井カップの再現を狙いますが、1号艇山一鉄也3661さんの捲りを受け止めきって先マイを果たし、中洲ダーツキング山一鉄也は完全Vだった昨年末福岡歳末特選レース以来となる通算25回目の優勝
 差し順走の2号艇中野次郎が2番差しの3号艇北川潤二を2M行かせて捌き2着。

若松シャボン玉石けん杯争奪戦競走優勝戦

 雨が降る中、東追い風6m波高6cmの荒水面で行われたシャボン玉石けん杯の優勝戦は162/435の進入から波風巧者の3号艇片山竜輔が14トップスタートから絞り捲りを決めるものの、小回り残した1号艇大神康司(福岡)がBS伸び返して片山に舳先を掛け、併走状態から2M先行した大神が片山を突き放して今年2回目・通算34回目の優勝を大神竜ワンツーで達成。


尼崎JLC杯争奪戦優勝戦

 新マークカードや場内モニター等をリニューアルした詳細を特集サイトで知ることが出来る尼崎センタープール。あとは、素人目にはっきり感じてしまう尼崎市と伊丹市の足並みの揃わなさが改善されればですね。
 ということで、伊丹市主催の為にセンプルメールマガジン(携帯専用サイトから購読申し込み可能)の配信が無かったJLC杯争奪戦は142/356の進入から3号艇向所浩二(兵庫)が06トップスタート決めて捲りきり、尼崎5回目・通算24回目の優勝
 捲り差しで続いた5号艇都築正治が差し続いた6号艇川村正輝を2M行かせて捌き2着。

競艇はっぴーG1浜名湖ダイヤモンドカップ初日

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 今日から始まった競艇はっぴーG1浜名湖ダイヤモンドカップ。前検でいきなり有力選手の吉川元浩が「持ちペラ不着」の為に前検不合格。これは前走地びわこから転送したはずのプロペラケースが他場に誤送されたもので、一旦は場提供のオーナーペラで前検作業を行ったものの「全く話にならない」程の足の差で、練習後に競走会と協議の末に公正な競走ができないとして苦渋の選択で帰郷。誤送による不着が原因の為、住所の書き間違えによる選手責任か業者のミスか誤送原因がはっきりするまで吉川の処分は未定だそうです。なんにしても競艇あんはっぴーな吉川でした。

 昨年の最多勝に輝いた燃える男、地元徳増秀樹は18日の優秀選手表彰式典でも「いままで親孝行をしたことがなかったが、今回この賞をいただき、両親を呼ぶことができ始めて親孝行ができました。次はSGを優勝して祝勝会を開き、そこに両親を呼んで親孝行をしたいと思っています。これからはSGに出てお客さまに楽しんでいただけるような選手になっていきたいと思いますので、応援よろしくお願いします。」と、熱いコメントを残して感動させましたが、気合いを入れ直して臨んだ今日の選手紹介では一転クールに今年の目標を「電撃入籍」と掲げたヤングマン。1月11日の競艇viewマガジンで紹介された書き初めにも同じ言葉が書いてあり、結婚願望は相当のもの。「君が望むなら命をあげてもいい」と徳増に言わせる程のお相手が現れて入籍できるといいですね。
 
 そんな徳増が1号艇で臨んだ8Rうなじろうアタック動画)は2号艇2コース井口佳典に差されそうになるも、艇をしゃくって振り切る情熱の走りでつボイリうな二朗ワッショイレースの1着となりました。

 吉川元浩が出場予定(繰り上がりは重野哲之)だった12Rドリームトライアル"飯肴家 穂"OPEN1周年記念レースは浜名湖記念3連覇を狙う4号艇服部幸男先生が4カド差しでイン逃げ込む1号艇坪井康晴を捕らえ、2Mを先制し1着。対してつボイはバランスを崩して転覆(動画)と明暗が分かれ、地元選手対決ははっきり明暗が分かれました。尚、2着には2コース順走でBS3番手集団から2M差しで捌ききった濱野野濱野谷憲吾。3着は2周1Mの差しで捌いた5号艇仲口博崇
 ドリームトライアル出場者インタビュー(動画)で「ホントに最近浜名湖では事故ばっかりで、お客様にホントに迷惑掛けてるんで、今節はちょっと厄払いもしてきたんで、しっかり頑張りたいと思います。」と平常心で意気込んだつボイでしたが厄払いの効果無くまたも事故で失意の負傷帰郷です。ちなみに秋田健太郎も風邪で帰郷しました。

江戸川東京スポーツ杯優勝戦

 ショートシリーズの激戦を勝ち抜いてきました6精鋭が登場して来ました。G3東京スポーツ杯2歳ステークスと同じ左回り1800mで行われます東京スポーツ杯を懸けての一戦は北東向かい風3m波高5cmと穏やかな水面コンディションとなり、静水面で気合いが入った4号艇林美憲が強気な強気なカド一撃で捲りきり通算28回目となる優勝のゴールイン。冷静に小回りの2号艇高山秀雄が2着に入り、3番手は捲り差しの5号艇森岡満郎でしたが、2M小さく回った1号艇宮武英司が逆転に成功しての3着です。尚、東スポ白鳥記者はこの優勝戦を林頭固定の3連単6点で的中させています。

若松しぶき杯争奪戦優勝戦

 枠なり3vs3のレースは1号艇飯島昌弘がイン戦で他艇にしぶきを浴びせシリーズの頂点に立ち若松2回目・通算20回目の優勝。2号艇古場輝義(大阪支部)は超抜パワーの3号艇阪本聖秀(大阪支部)を張り飛ばしての捲りを打ってる間に4号艇鈴木博と5号艇岡部哲のさいたまコンビに差されて4番手。しかし2Mでさいたまコンビをまとめて差しきり逆転2着。

 若松次節は翌日即前検のアサヒ飲料十六茶杯争奪戦。今年最後の若松デイレース開催は5日間シリーズで、十六茶谷信次が優勝候補筆頭です。

戸田日刊ゲンダイ杯優勝戦

 新田智彰の4コース捲りに3コースの瀬尾達也が激しく抵抗し両者もつれ合い、5カド進入の天野晶夫が行き場を無くす展開にも恵まれ、1号艇明石正之がイン戦独走。明石焼王者は2003年12月の準地元鳴門一般競走以来通算5回目の優勝。瀬尾と新田と天野がもつれ合う展開でブイ際がら空きになったところを6コースから差した佐藤勝生が2着です。

住之江G1太閤賞初日

 太閤秀吉愛好の馬印千成瓢箪に由来するドリーム戦千成賞は6号艇上瀧和則が3コースに回り込み、進入は内3艇が深い126/345。4カドの3号艇田中信一郎には絶好の展開となり、スロー3艇を伸びで圧倒したタナシンが捲りきって1着。大外進入の5号艇瓜生正義が捲り差しで2着に入り、「減音エンジンであの進入は深すぎ・・・。仕方ないね。」と語る程の不快な起こしになった1号艇松井繁は3着と、ここは奇数艇トリオで決着。

福岡ダービー、徳増秀樹ドリメン内定?&勝負師哲也1000勝

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 昨日の話ですが、福岡SG全日本選手権のメンバーが発表されました。選考勝率8点以上の選手は以下の8人です。

山崎智也8.33
松井繁8.24
植木通彦8.23
西島義則8.20
徳増秀樹8.14
深川真二8.12
山室展弘さん8.04
辻栄蔵8.00

 例年の傾向からドリーム戦出場選手は勝率上位5人+施行者推薦1名(前年覇者とか地元有力株とか当地実績上位とか)と思われますが、この選出基準ならダービー初出場の徳増秀樹が秀樹感激のドリメン選出濃厚なのです。近況も3場所連続優勝で新期勝率も今のところ1位と、自称静岡で今最も乗れている男徳増秀樹、中洲天神で男になるチャンスたい。

平和島G3企業杯KIRINCUP2日目

 ダービードリメンも見えてきた炎で氷を溶かしてみせる情熱のジャガー徳増秀樹ですが、初日はまさかの6着2本。ということで今日1回乗りの10Rで巻き返したいところ。その徳増、3号艇4カドから捲りを決めて1Mトップターン。秀樹感激のシリーズ初1着で巻き返しへの第一歩。とお伝えしておきます。

 1マークの番人竜鯱まくり差しさん来場の余韻冷めやらぬ8Rにはドラゴンズブルーの4号艇Dragon dAsh森竜也が登場。162/345の進入隊形から4カドの近藤昌義が絞っていき、抵抗先マイのイン笠原亮(6.38しかないのに優先出走権のおかげでダービー出場)のターンミスを誘発したところで、近藤マッチの内を突いた5コースドラゴンダッシュ森竜也が竜鯱まくり差しでマッチを差しきり、シリーズ初の1着に。ドラゴン自体が人気薄なのか、はたまたマッチが人気薄なのか、はたまた初日メイン東京ベイ選抜を制した6号艇2コースの戸田天皇池上裕次が6着に敗れたからなのか。2連単は8340円、そして3連単は42890円の高配当。とお伝えしておきます。

 尚、平和島をいろどるメインビジュアル仲口博崇11R1回乗り。2コースからの差しで今シリーズ初の1着となって得点率トップ。とお伝えしておきます。

【今節限定サマータイムレースびわこ一般競走初日

 がんばれサムライブルーKIRINCUPには渡邊哲也下田哲也山田哲也と、3人の哲也が出場してますが、びわこの8Rに出場した999勝レーサー高山哲也が5号艇3コースから軽快に差しを決めて通算1000本目の1着となり、びわこで1000勝目のゆめを実現しました。

 1Rでは私的にゆめのカードが。親子ほど年が離れた16期1860黒石旦明61歳と96期4338白石佳江22歳がゆめの白黒直接対決。黒石佳江選抜(ちなみに白石健だと黒石健選抜)と勝手に命名しましたこの一戦、残念ながら1号艇イン42とドカ遅れの加恵パパはずぶずぶに捲られ、それでもBSでは3着争いに加わったものの終わってみれば5着、4号艇のびわ娘白石佳江は大外からただ外目を回っただけで見せ場無しの6着と、残念ながら下位ワンツーとなってしまいました。着順を逆から見たら自分の舟券も当たりということですね。ちなみに1着になったのは5号艇松浦勝、鮮やかな4カド捲りでの価値有る勝ちでした。そして2着には6号艇・微妙な判定工作ならお手の物な浪速乃闘拳協栄事務系レーサー金平久美子(1965年6月9日生まれ)、3着には3号艇・1954年6月9日生まれのミスター多摩川高橋四郎が入り、2着3着は共に6月9日生まれの選手が入線しています。そして4着の2号艇・艇界ヘビー級ランカー寺島和典、注目の初日体重は64.0kgでした。

 ちなみに初日メイン記者選抜戦愛知vs兵庫決戦は人気の1号艇伊藤誠二(愛知)がインから押し切り1着でしたが、ぶっちぎりの人気薄で実力でも数枚劣る格下の6号艇古結宏(優勝回数0回)が4コースからの捲り差しで2番手グループに食い込み、2Mを巧みに回って2着に入った結果2連単2420円3連単7740円となっています。
ちなみに古結は兵庫在住兵庫支部ですが大阪の私立北陽高校卒業なので王者松井繁の後輩です。

鳴門白魚&江戸川で腰が抜ける高配当&秀樹感激完全Vなど

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
ナルシストのなるちゃん 鳴門G1大渦大賞優勝戦は準地元で水を得た魚谷になった1号艇魚谷智之(兵庫)がここ鳴門でぴちぴちの白魚となってのイン戦で2&3コース阿波の両名を圧倒し阿波踊り食い成功。2004年尼崎G1近畿地区選手権以来2つ目の記念優勝は通算33回目の優勝でした。白魚宍道て199買いを敢行した皆様おめでとうございます。
 独走の白魚の遥か後方では2着争いが激しく、2コース順走の黒枠烏野賢太に3コース握りマイの田村隆信、それに大外から差し伸びた市川哲也がほぼ横一線。そして2Mでは内先マイのテチャーンが黒烏と田村を張りに行った為懐が開き、5コース差しから差のない5番手だった三嶌誠司もここで内を突いて浮上しここで2着争いは三嶌とテチャーンに。と思ったら2周1Mでは内を突いたテチャーンが引き波にはまってもたつき4番手に下がり、今度は三嶌と田村の2着争いに。この対決は3周1Mまで続き、外全速つけまいを放った田村のターンが流れて決着が付きました、ということで愛知の心を知る香川のミシマさんが2着。
そしてうずまきナルトチャクラを使い果たし力尽きた田村の内から襲いかかってきたのはテチャーン、3周2Mは内を小さく回ったテチャーンと外をぶん回した田村の構図になり、内を回ったテチャーンが0.1秒差先着し、逆転に成功しました。ちなみに自分の舟券は149&194の白魚平目舟券だったのですが、4カドの平尾崇典はつけ回る田村の更に上をつけ回るミスを犯し、挙げ句の果てに田村の引き波を踏んで全く混戦に絡めず6着…。

 G1が終わり、次節鳴門は19日からヤクルト杯競走。阿波踊りの土地に東京音頭が鳴り響く開催は中村裕将大西英一福田雅一といった辺りが主力を形成しそうですが、大渦大賞で優出した田村隆信になりかわって田村美和が参戦するのも見逃せません。また、鳴門はワカメの名産ですが、このワカメの名産地に若女井正も参戦します。
 そんな自分は飛び出せヤクルト杯開催に先立ち、15日はヤクルトスワローズの試合を見に行ってきます。

江戸川内外タイムス杯5日目

 江戸川競艇今シリーズは内外タイムス杯。明日行われます優勝戦進出へ向けての予選最終日です。
 第7Rが始まりました。人気の中心になりましたのは昨日まで予選得点率2位の5号艇岡部貴司で、ここまで1着こそありませんがオール3連対と堅実な走りで予選得点率9位の吉本正昭は6号艇。
 6選手、スピードが乗ってきました。第7Rスタートしました。内側3選手がいいスタートになりました。インから逃げていく吉田和仁と3コースからつけ回って行く田中和也が併走。更には2コース順走平井紀之と4カド遅れ差し伸澤進の人気薄2艇もBS内側を差無く追走して4艇大接戦。そして5番手から追い上げ図ろうとした岡部が2Mを小さく回ろうとしたところ波に引っ掛かってしまいもたついてるところに田中が突っ込み田中は転覆(動画)。岡部も大きく遅れをとってしまいました。更に吉田と平井が接触し、結果的に平井が吉田を飛ばして吉田も脱落。混戦の中から平井と伸澤の人気薄コンビが抜け出します。が、BS最後方から2M事故艇の内側を小さく回った吉本が人気薄コンビの内に入り込み、2周1M先制で先頭に立ち今シリーズ初の1着。人気薄コンビの2着争いは2周2Mで内側にいた平井が2着となって伸澤が3着。人気の岡部が消え、人気薄の平井が絡んだことで、吉本の頭でも2連単18860円。
 そして3着にも人気薄伸澤が絡んだことで3連単は驚愕の高配当、江戸川の記録更新になりました313420円という腰が抜けるような高配当が出ました(動画)。第7Rの3連単総売上794万100円のうち、的中票数は19票でした。これまでの記録は2003年9月30日日刊ゲンダイ杯第10Rの296400円、この記録を一気に更新致しました。
 この30万舟提供に気を良くした吉本は後半12R1号艇でしっかり逃げ切って連勝ゴールの1着となり優出に成功してます。

 尚、第10Rの1周2Mで5号艇齊藤仁が転覆しております。桐生SGモーターボート記念江戸川代表として今シリーズ走りが大いに注目されました齊藤仁、予選得点率4位でしたがこの転覆で優出のゆめ、なかがわのもずくにきえました。


 優勝戦は以下の6精鋭です。

1:柴田光 2:吉本 3:冨成謙児 4:萬正嗣 5:飯山晃三 6:佐々木和伸

 30万舟の吉本はなんと2号艇、そして先のG1江戸川大賞でG1水神祭を飾った萬、独身貴族の佐々木和伸もしっかり優出してきました。

グラチャン謝恩レース!浜名湖G3企業杯SUZUKIスピードカップ優勝戦

 デンシャミチの横綱相撲を連発し、前節唐津一般競走2日目11Rから14連勝、そして浜名湖では完全優勝を達成したボートピア岩間2周年記念茨城放送杯から16連勝と誰にも止められない勢いの徳増秀樹が1号艇の優勝戦。さすがは自らを「静岡で今、一番乗れてる男」と自称するだけあります。
 そして有言実行の燃える男秀樹は「辛くて厳しくて孤独」という連勝のプレッシャーに打ち勝ちイン05トップスタートの速攻戦を決め、ピット勢いよく飛び出してイン奪取の勢いだった2号艇今村暢孝を始め他5艇を全く問題にしない圧勝で見事当地連続完全優勝の偉業達成。今年5回目の優勝は通算30回目のメモリアル優勝いただきマンモス。
 後続は5コースから捲り差した83期3987後藤正宗(静岡)が2着で、大外から捲り差した83期3981今坂晃広(静岡)が3着と静岡のワンツースリー。

 元静翔会長のヤングマン秀樹が静岡の後輩2人を引き連れて秀樹感激の当地連続完全優勝、これで現静翔会長山田雄太(静岡)&鈴木成美(静岡)の激しい恋で結ばれたSUZUKIスピード結婚へ格好のご祝儀となりましたね。師匠の牧野俊英氏(静岡を代表する名伯楽にして浜名湖専属解説者)もご満悦でしょう。

若松G3新鋭リーグ優勝戦

 早くもA1昇級を果たした94期の出世頭、岡崎恭裕19歳。Go to Star&Go to the Top、星を夢中で追いかける若き選手達の戦いに3号艇岡崎は4カド進入で臨み、カド捲りから先頭に立ち通算3回目の優勝。もちろん94期ではナンバーワンの優勝回数です。そして岡崎は初めての新鋭リーグ優勝で王座への切符ダァーッシュ!!(動画)来年の大村G1企業杯新鋭王座決定戦出場権を奪取しました。
 5コース捲り差しの渡辺浩司が2番手、大外から外マイで岡崎に続いた真庭明志が3番手でしたが、2Mで形勢一変。真庭は外へ大きく流れ、更にはイン捲られ4番手だった郷原章平が2M渡辺の内に入り込んで一気に渡辺を差しきり逆転。郷原が2着となりました。そして4番手に落ちた真庭が2周2M内に斬り込み渡辺を逆転して3着になっています。

福岡スポーツ報知杯争奪戦優勝戦

 アフター5フィーバーサマータイムレースの優勝戦は18時半過ぎに発走となった薄暮レース。レースは1号艇今坂勝広がガッツ溢れるイン01タッチスタートで押し切り、前節尼崎ビクトリーチャンネル杯に続く2節連続にして通算24回目の優勝を果たしましたが2着は混戦。
2コース順走の13期1710万谷章62歳と5カド捲り差し94期4272大場広孝24歳がラップ。そして2周1Mを内から先取りした新鋭の大場が名人の万谷を競り落としまして、ここは若さが経験に勝りました。

平和島サントリーカップ優勝戦

 今日は平和島競艇主催でお馴染み府中市名産サントリープレミアムモルツを飲んでネタを考えました。
それはともかく優勝戦は1号艇の松本浩貴がイン05トップスタートを決めてドラゴンズブルー片山竜輔の4カド竜鯱つけまいを振り切り通算5回目にして平和島初優勝。優勝した松本浩貴はビール大好きとのことで副賞は有効に使われそう、そして松本浩貴は優勝者インタビューの最後に「次節滝沢さんくるので応援ヨロシク」と、同支部同門の滝沢芳行が参戦する平和島次節ビクトリーチャンネルカップの宣伝を忘れませんでした。
 2着には片山、3着には5号艇5コース北川敏弘が入りました。
泡色の1号艇、水と生きるSUNTORYなだけに水色時代な4号艇、ビール色な5号艇という着順でしたね。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
競艇電投会員即時募集中
既に会員の方はテレボート
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
勝ち組.net
アクセスランキング
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
おすすめバナー
バナソニック


blogram投票ボタン

livedoor プロフィール
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ