ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

府中市長杯

Wコータロー揃い踏みの話題もあった府中市長杯は中島孝平が優勝

ブログネタ
競艇 に参加中!
 今日は4日間シリーズ府中市長杯最終日の平和島に行ってきました。

 8日から始まる三国G1北陸艇王決戦の主力多数出場の今節を締めくくる優勝戦は125/346の進入から3号艇中島孝平が04トップスタートを決め、1号艇山本光雄が先行する気配と見るや冷静に捲り差しのハンドルを入れ、一気に山本を差しきって先頭に立ち、山本を従えた中島は同じ枠番だった前走地蒲郡SGモーターボート記念では失敗した捲り差しを今度は成功させて平和島2回目・通算31回目の優勝
1号艇山本光雄2号艇平田忠則3号艇中島孝平4号艇下條雄太郎5号艇西村勝6号艇飯島昌弘府中市長杯表彰式

 ちなみに優勝の行方とは別に今節個人的に注目してたのは今垣光太郎青木幸太郎のコータロー対決で、今節は2日目9Rと3日目7Rで直接対決が実現。
 結果は2日目がゴンロクフィニッシュながら幸せ太郎が光の太郎に一応先着、3日目が2コース捲りから2M差しで幸せ太郎が堂々1着(レース動画勝利者インタビュー動画)で先着と、年内挙式を控える文字通りの幸せ太郎(動画)が2戦2勝でした。

 ちなみに過去のコータロー対決は3戦実現しており、2008年1月三国むつき第1戦2日目8Rと同優勝戦で光の太郎が先着、2009年4月大村G2競艇祭3日目9Rが幸せ太郎の先着でしたが、今節の2戦で幸せ太郎が光の太郎に対戦成績で勝ち越しました。
青き枠の幸せ太郎

 今日は日曜日ながら通常土曜日公演の平和島deよしもともありましたが、写真は1組目に出てきたスパイク
 ドラマ「TRICK」をモチーフにしたコントを披露した2人は、右が1990年2月7日生まれ20歳の小川暖奈で左が松浦志穂です。
スパイク

 レース後は元福井県民の山ちゃんさんも来てた牛小屋に行って焼酎白水を飲んで煮込みライスを食べてきました。

 それで、パスワードの関係でストップしてたマスターのツイッターが復活した事をお伝えしておきます。

戸田日本レジャーチャンネル杯優勝戦

 1645/23の進入から2号艇泉啓文が04トップスタートからカド捲りでスロー4艇を飲み込みますが、捲り差しで続いた3号艇鈴木猛が泉を差しきり先頭に。
 ですが2Mで泉が差し返して逆転先頭に立ち、今年2回目・通算5回目の優勝

 ちなみに写真は泉が前回優勝した今年6月福岡九州スポーツ杯争奪戦の表彰式です。
泉啓文優勝記念撮影


浜名湖G3新鋭リーグ戦第15戦若鮎杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇藤田靖弘(静岡98期4376)が押し切り、7月に子供が生まれたばかりの藤田靖弘(兄は91期4209藤田竜弘)は3度目のチャレンジにしてデビュー初優勝達成。浜名湖HPでは表彰式写真が公開されてます。

 今シリーズは5月の当地SG笹川賞で優出した全国スター新田雄史(三重96期4344)の2010新鋭リーグ初出場(※新鋭リーグに出ないと新鋭王座の出場資格が得られません)としても注目のシリーズでしたが、3号艇で優出した新田は1M捲り差した際に内の2号艇西村拓也(大阪98期4397)と接触しながらも2番手を航走。
 2Mでは差し伸びてきた6号艇濱本優一(大阪98期4377)を一旦包み込む体勢から差しに切り替えて捌ききり2着。
G3ダイナミック敢闘旗藤田靖弘選手子供誕生記念インタビュー


常滑日本モーターボート選手会会長賞争奪戦

 音羽蒲郡インターからも近い国道1号東海道の赤坂宿がある愛知県ですが、知多半島にある常滑のMB選手会長賞は赤坂俊輔が優出1号艇。
 そして枠なり3vs3の進入から赤坂が05トップタイスタートを決めて堂々押し切り、今年3回目・常滑初・通算9回目の優勝
 2着は05トップスタートから1M差し順走、2Mフルターンの2号艇吉田健太郎(愛知)。

 ちなみに赤坂は赤坂宿から近い三河蒲郡では2007年5月の新鋭リーグ戦競走第7戦で優勝経験済みです。

福岡アイビジョンプレスカップ優勝戦

 本日若さって何だとかいいじゃないか明日があればなどのメッセージを歌を通してよい子のみんなに訴えかける串田アキラのミニライブがあったai visionプレスカップ最終日。

 優勝戦は125/436の進入から1号艇吉田弘文(今節選手代表)が押し切り、今年3回目・福岡5回目・通算34回目の優勝
 子供好きで有名なしよパパは5日目前半の一般戦7Rで4号艇3着だったのを除けばオール1着の好成績でした。

 後続は5号艇乙津康志と6号艇冨成謙児(福岡在住佐賀支部)が共に遅れ差しで2番手を併走し、2M内から先行した冨成を行かせて捌いた乙津が2着。

江戸川スポーツニッポン杯2日目

 開門サービスでスポニチ持参者を対象に抽選会があった2日目は江戸川経由で平和島へ行き、抽選会に参加して第4R以降の前売舟券を購入。
 買い終わった後はすぐに移動したのでレースは見なかったのですが、今日はオープニングの第1Rで1M先マイからトップ併走の1号艇古川舞が+03のフライングに散ってしまいました。

刺激的に輝く94期チャンプ古賀繁輝、初の完全Vを地元唐津で達成!

ブログネタ
競艇 に参加中!
 2009新鋭リーグ第11戦は唐津競艇場が舞台で九州スポーツ杯G3新鋭リーグ第11戦
 地元A1古賀繁輝(94期やまとチャンプ4294)完全優勝かなえられるかが焦点の優勝戦は以下のメンバー。

1:古賀繁輝 2:松村敏 3:濱崎直矢 4:安達裕樹 5:小坂尚哉 6:吉田慎二郎

 浜崎あゆみの出身地福岡市早良区を通過し、旧東松浦郡浜玉町浜崎にある浜崎駅で唐津市内に入り、松が繁る名勝虹ノ松原を抜けるとそこは唐津競艇最寄り駅の東唐津。ということで濱崎直矢(埼玉)もJR九州カラーの3号艇で優出、昨日の大村アサヒビール杯で優勝した吉田健太郎の弟吉田慎二郎も吉田兄弟2日連続優出です。

 そしてレース本番、古賀はピットやや遅れるも何とか枠を主張、枠なり3vs3のインから古賀は28とスタートもやや遅れるも伸び返して1Mを先制、安達ゆの捲りをこらえきり、濱崎の捲り差しは引き波にはまり、松村敏の差しを2Mフルターンで振り切って今年5月ゴールデンウィーク特選に続く唐津2回目・今年2回目・通算4回目の優勝は10戦全勝の完全V。2Mで古賀と松村の間を割った安達ゆが2着に入り、1M2番差しから2Mで松村を差した小坂が3着。

 同期では今年3月児島「ガァ〜コの部屋」開設1周年記念競走の4295小坂尚哉に続く2人目のパーフェクトVを飾って今節のゴールデンボーイになった古賀繁輝。
 秋葉ミキ艇によるGBインタビューでは「ちょっと2号艇に悪かった。1号艇なのでもっとしっかりと勝ちたかった。」とピットとスタートで遅れた事?を反省しつつ地元唐津で来年開催されるSG競艇王チャレンジカップを見据え、新鋭王座を足がかりに着実に賞金を稼ぐという趣旨のコメントを残してました。

平和島市制55周年府中市長杯優勝戦

 1954年4月1日に市制施行、同年6月9日に府中競艇場(後の多摩川競艇場)が市内是政に開場、そして1955年9月20日に都から府中市に大森競艇場(後の平和島競艇場)の主催が移管された平和島競艇の第8回府中市長杯。
 優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇田中豪が3号艇原田智和の捲りを受け止め、5号艇山下和彦(広島)の捲り差しを振り切って先頭。
 「まさに武蔵国府太鼓乱れ打ちから始まりまして、クライマックス暗闇太鼓まで一気に酔わせます、そして畳みかけます1号艇田中豪の走り。(動画」とお伝えされたTokyo bay piratesクラブ員にしてTamagawaBPクラブ員の田中豪は今年3回目・平和島5回目・通算38回目の優勝。2着は山下和彦。

 平和島deよしもとやすしな表彰式(動画)でも触れられてますように、今年V3の内訳は5月多摩川さつき杯と6月江戸川本場再開記念、そして今回の府中市長杯で東京3場完全制覇。この勢いで今後も優勝を重ねて来年の平和島総理杯に出たいとのこと。

 ちなみに本日の平和島は併用場外無しですが、お隣TCKでは第9回大井競馬が日曜日から金曜日まで開催中です。
 そして、大井競馬と重なる金曜日からMB記念の場外が始まり、土曜日曜は単独場外。本場開催は9月5日からのスポーツニッポンゴールデンカップで、この開催から平和島deポイントクラブのポイント加算が始まります。

三国レディースカップ優勝戦

 福井支部グッズチャリティーオークション&トークショーがあって実況が違った4日目6R通称はぁと姉さんの動画)で1着だった日高逸子が優出1号艇、同じく実況が違った7Rベテランお姉さんの動画)で2着だった淺田千亜希が優出2号艇だったはづき第3戦三国レディースカップ優勝戦。
 
 そして枠なり4vs2の進入からグレートマザー日高逸子が逃げを打つもやや流れ、そこをすかさず斬り込んだ淺田千がグレートマザーを差しきり、昨年12月唐津RKBラジオ杯さよ姫賞以来となる通算30回目の優勝。対するグレートマザーは前走地福岡お盆特選レースに続いて優出2着でした。

 ちなみに、淺田千が勝った初日4R動画)からグレートマザーが勝った初日6R動画)までの3つのレースで四日市競輪の立野純アナが競艇実況デビュー。今後も三国や津の実況をスポット的に担当していくと思われます。

丸亀SGモーターボート記念初日

 特設サイトでは選手紹介の動画が見られ、電投ポイントサービスまるがめポイントクラブは節間ポイント2倍というMB記念。
 初日は7Rアフターファイブレースが5号艇阿波勝哉のチルト+3度大外捲り一発入った決まった阿波タイムドリーム、各地区から1人ずつ選出の12Rドリーム戦は6号艇濱野谷憲吾が動いたオールスローの126345の進入から2号艇瓜生正義が差して2Mトップターンも、差しかえした1号艇松井繁が瓜生に舳先を掛けて2周1Mを先制して逆転1着という王者の逆転劇があった1日。

 で、昨日付けの江戸川競艇オフィシャルブログでMB場外のイベントが発表されてたのですが、今節は3日目の木曜日に人生いろいろ島倉千代子が江戸川競艇場に来場します。時間は7R発売中と10R発売中です。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
競艇電投会員即時募集中
既に会員の方はテレボート
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
勝ち組.net
アクセスランキング
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
おすすめバナー
バナソニック


blogram投票ボタン

livedoor プロフィール
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ