ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

川崎競馬

リップルちゃんが府中の地で競走馬デビュー【トリプルさやか】

 今日は東京都府中市にある東京競馬場に行ってきました。
 ちなみに府中市は多摩川競艇場の所在地でもあり、平和島の施行者でもあります。

 その府中で、多摩川のマスコットと同じ名前のリップルが競走馬デビューしました。
 是政のアイドルとして活躍が期待されるリップルは6R2歳新馬戦で2番人気に支持されて、是政をバックに好走したリップルは2着と惜敗したものの次に繋がる内容で、優駿牝馬や是政女王決定戦での活躍も夢ではありません。

 ちなみにリップルカップとしてG3女子リーグ戦のレース名にもなっている多摩川のリップルは2010年2月に従来のマスコットウェイキー(♂)のガールフレンドとして誕生し、名前を発表したのは地元レーサー平田さやかでした。
 尚、平田さやかは29日から始まる多摩川の男女W優勝企画開催24レース場対抗戦〜Battle of 24〜特設サイト)に多摩川代表として出場予定です。
がんばれ!リップルリップルリップル、走る。

命名:リップルby平田さやか2010年5月是政女王決定戦表彰式(優勝:平山智加)で初登場したリップルの着ぐるみ


 さて、今日のメインレースはG3東京スポーツ杯2歳ステークス(優勝馬コディーノ)でした。

 本日はそれに合わせてイベント「東スポCLIMAX.16」が開催され、AKB48チームK前リーダー秋元才加(あきもとさやか)がゲスト出演。
 ちなみにオカロさんの本命は東スポ杯が9番ケンブリッジサン(4着)、明日の京都メインG1マイルチャンピオンシップが11番ファイナルフォームでした。
東スポ杯を予想するオカロさんマイルCSを予想するオカロさん


 ここで、今月5日に行ってきた川崎競馬場の写真を紹介。

 写真はG1JBCスプリントでタイセイレジェンドに騎乗して優勝した内田博幸と、G1JBCクラシックでワンダーアキュートに騎乗して優勝した和田竜二が、それぞれ磯山さやかと一緒に表彰式で記念撮影してる様子です。

 ちなみに磯山さやかは川崎競馬のイメージガールにしてSports BOATRACE 6のメンバーとしてBOATRACEの番組にも数多く出演しており、2つの公営競技を盛り上げてくれてます。
JBCスプリント表彰式JBCクラシック表彰式


若松日本トーターカップ優勝戦

 スタート展示の213456から本番125/364の進入になった優勝戦は1号艇池永太(福岡)が5号艇池上裕次の捲り差しを振り切り、今年V3・通算V6にして若松初優勝
 池上裕次のよくわかる選手紹介で一世を風靡した池上裕次は2Mフルターンで後続を振り切り2着。

【北斗織姫記念】川崎スパーキングレディーカップオール女子戦

ブログネタ
地方競馬 に参加中!
 七夕の今夜は川崎スパーキングナイターのオール女子戦G3ホクトベガメモリアルスパーキングレディーカップを見に行って来ました。
 14頭立てのオール女子戦は3コーナーあたりで人気3頭で決まりそうな流れになり、最後は1番人気のラヴェリータが牡馬相手でも勝ち負けする底力を存分に見せつけ、3馬身差の楽勝で同レース連覇達成。
圧勝で北斗織姫記念を連覇したラヴェリータ

 表彰式にはスパンキングで連覇に導いた岩田康誠JKや、ボートレーサー松元弥佑紀の父松元茂樹調教師も登場。
スパーキングレディーカップの表彰式磯山さやかも参加した記念撮影

 また、今夜は富士通フロンテック製の大型映像装置「川崎ドリームビジョン」が世界最大の大型映像としてギネス認定を受けた発表式があり、川崎競馬60周年イメージキャラクター兼SportsBoatRace6記者の磯山さやかも浴衣姿で出席。
 ただし、現在世界一の大型映像は今年開設したドバイのメイダン競馬場だそうです。現行の大型映像も従来の拡張で世界一になった川崎フロンテックですから、今度も拡張して再度世界一を狙って欲しいです。
ギネス認定証を表示する川崎ドリームビジョン磯山さやか出演の記念式典

 映像といえば映画を連想しますが、JRAではCINEMA KEIBAなる特設サイトを開設。
 ちょっとおバカな感じの映画風競馬ゲームには、ソニア・ゾラJKが立ち上がってムチでスパンキングするピンクフェロモンという牝馬も登場します。
JRA CINEMA KEIBA ON WEB JAPAN WORLD CUP

 ちなみにスパンキングスパーキングレディーカップは7月7日に3連単770円が飛び出しましたが、今日の12Rでそれより10円高い3連単780円が出たオール女子戦平和島レディースカップは明日が最終日。
 優勝戦には銀河系の織姫田口節子も2号艇で優出しました。

尼崎OBCラジオ大阪杯優勝戦

 1314kHzOBCラジオ大阪のタイトル戦は枠なり3vs3の進入から11トップタイスタートの2号艇吉田俊彦(兵庫)が圧倒的機力にものを言わせて11トップタイスタートの1号艇三角哲男をあっさり捲りきり、捲り差しで迫る3号艇坂口周もあっさり振り切り、37号機とプロペラのハッとしてGoodなコンビネーションで生まれた超抜パワーで1314の周波数に絡まない死に目の2号艇というハンデをあっさり克服した吉田俊彦は1月のG1近松賞を含む尼崎9回目・今年3回目・通算27回目の優勝
 2着は今太閤坂口周が、差し迫る5号艇石田政吾を2M外全速戦で包みきって入線。

江戸川テレボートカップ2日目

 第1Rで3号艇植田剛と4号艇永井亮次がフライングした2日目は、スタート展示中に6号艇谷津幸宏が落水して欠場、5艇立てになった11R以降が2周戦に。

 今日は昨日第10Rのフライングで完走してしまった鳥居塚孝博第7R6号艇1回乗りで登場。
 そしてここは初日連勝の5号艇竹村祥司が00タッチスタートから捲りに行き、鳥居塚はその展開を突いて捲り差しを決め、見事みそぎ成功の1着ゴールを決めました。

SB6レギュラー磯山さやかが川崎競馬のレギュラーサヤカに。

ブログネタ
地方競馬 に参加中!
 今夜はG2関東オークスを見に川崎競馬場まで行ってきました。

 レース(動画)は、G1阪神ジュベナイルフィリーズであのアパパネを抑えて一番人気の支持を集めた実力馬シンメイフジ(東海帝王安田隆行厩舎)が初ダートながら、南関東を知り尽くした内田博幸の手綱で好位からすんなり抜け出し、他とは一枚も二枚も上の相手と戦ってきたキャリアの違いを見せつけて今年度の関東オークス馬に。

 この関東オークスには地元川崎からレギュラーサヤカも出馬してましたが、結果は後方ままのブービー13着。
 とまあダートの上では結果が出ませんでしたが、プロモーションの方では磯山さやかが川崎競馬開設60周年記念イメージキャラクターとして2010年度に活躍予定。
 今夜が第1回目のレギュラーサヤカでして、タンメン食いながらモニターで見たトークショーと、表彰式プレゼンターで登場しました。レギュラーサヤカのゼッケンを持つコラボレーションも実現。
レギュラーサヤカも参加のオークス表彰式


【レギュラーサヤカ記者のSB6+BOATRACECMソング本日発売】

 川崎競馬応援団長磯山さやかも昨年からレギュラーサヤカとしてスポーツ報知に「ボートヒーローSTORY」を寄稿してるBOATRACEとホリプロのコラボ「Sports Kyotei 6」が今月から「Sports Boat Race 6」にタイトルを改めリニューアル。
 今年度からは元AKB48の大島麻衣(東京中日スポーツ)と北京五輪背泳代表の元水泳選手宮下純一(西日本スポーツ)が記者陣に加わりました。

 ちなみに今日は「Battle of 6 BOAT RACE」のテーマソングを収録したDo As Infinityのニューシングル「∞2」の発売日でしたが、昨日既に+01日のフライングでゲットしました。
 BOATRACE関連は1曲目と2曲目で、1曲目の「1/100」は2010年次下半期CMソング、2曲目の「Everything will be all right」は既にお馴染みの2010年次上半期CMソングです。
Do As Infinity「∞2」

さあマヨわず、カワサキへ。

ブログネタ
地方競馬 に参加中!
夜カラ川崎。昼マデ川崎。 昼マデ川崎。ということで今日は昨日に引き続き川崎競馬場に行ってきました。デイレース開催となる今日のメインはフサイチネット協賛G1JBCクラシック
レースは老体に鞭打ち早め先頭の作戦に出た8歳馬タイムパラドックスがそのまま押し切り、昨年の名古屋G1JBCクラシックに続く連覇達成。松田博資厩舎に至ってはJBC5連覇の偉業です。JBCはまだ6回の歴史しかないですから、6回中5回というのはものすごい高率ですね。尚、2着には毎度おなじみシーキングザダイヤが入り通算8度目のG12着ゲット、キルトクール馬マンオブパーサーは5着でした。

 入場22165人&売上19億6195万8000円の盛況だった川崎競馬場にはミスター大盤振る舞い関口房朗会長のスペシャルトークショー開始とほぼ同時に到着、会長とちゃっかり握手しちゃいました。今日は川崎市出身膳所在住のぜーぜーさんが帰郷してて、フサローショー後に元旦以来の再会。久々に競馬話等に花を咲かせました。
握手責めに合う人気者のフサローフサローショー無事終了で一安心の吉田さん

 ぜーぜーさんと合流し、次レース後に行われた佐々木竹見(1941年11月3日生まれ)と原良馬によるトークショーではムチを持って立ってるJBCガールズ初音みうが「白くてかわいい女の子のお馬さんだからレイナワルツ」とプリティーに予想し周りの巨大カメラ陣を沸かせました。ちなみに昨年3着の瀬戸口馬玲奈ワルツはしんがりでした…
佐々木竹見生誕65周年記念トークショーwith原良馬

 表彰式は昨日に続いて川崎麻世が登場。でも今日私的にウケたのは馬主の吉田照哉にJBC委員長吉田勝己が賞を贈呈した場面でした。嗚呼感動の吉田兄弟
JBC川崎麻世フィギュア

 さて、昨日の帰りは川崎BE内の中華そばいまむらでラスト極太麺ヒーローを食べ、今日は行く前に幸区側の麺屋一番星で札幌みそラーメンを食べて、ぜーぜーさんとKirin-CityJR川崎店で一杯やった後、締めに川崎BEのらぁめん大山でえび塩そばを頂きました。
ところで、麺屋一番星へ行った際にびっくりしたのが幸区側の変貌ぶり。いつの間にか駅前にラゾーナ川崎プラザが出来てて凄い人の量でした。

【さあマヨわず、カワサキへ。】

 JBCと時を同じくして始まった児島G1競艇キングカップは2日目、地元代表として出場の川崎智幸は本日2回乗り。前半4Rは5号艇ながら2コースに入り、差し順走で手堅く2着ゲット。
 しかし後半9Rは艇番通りの2号艇2コースでしたが6号艇三嶌誠司の捲りを貰います。それでも小回り差しで2番手に付けますが、2Mでマイシロをたっぷりとった川崎は内の3号艇北村正嗣なる選手に押っつけられて後退し、油断負けの格好になった川崎は無念の4着。そんな川崎の明日は6R4号艇。明日もマヨわず、カワサキ!

 登録番号順に枠が組まれた2日目メインプリンス選抜はイーグル会永遠のプリンス平尾崇典が09トップスタートのイン速攻で押し切り1着。4カドから差した桃太郎ランドのプリンス作間章が2番手も、大外捲り差しから2M内に潜り込んで押っつけてきた吉本新喜劇のプリンス湯川浩司がここでさくまを抜いて2着ゲット。

江戸川日本財団会長杯4日目

 第7Rが始まりました。前日までオール2連対ながら、なぜか本日1回乗り希望を出して賞典除外になった松下知幸は6号艇での乗艇です。人気の中心2号艇鎌田義が捲りで1着となる中、松下は捲り差しで3着争いに加わります。しかし2周1Mでもたついてしまった松下は脱落して5着のゴール。そしてもたついた際にどっか痛めたのか負傷帰郷してしまいました。

 第10Rが始まりました。人気の中心1号艇中嶋誠一郎が逃げで1着となる中、5号艇鋤柄貴俊は捲りで2着争いに加わります。しかし2Mでバランスを崩した鋤柄は無念の転覆(動画)。鋤柄は負傷帰郷してしまいました。

尼崎日刊スポーツ杯争奪伊丹選手権競走優勝戦

 内寄りコースの2艇が圧倒的な人気を集めた一戦はインコースから15トップスタートを放って堂々押し切った大嶋一也が通算56回目にして新期最初の優勝であります。優出メンバー中唯一のA1鳥飼眞が2コース順走で2着に入り、2連単240円の大本命決着であります。
尚、5カドからぐいっと握りこんだ秋山昌宏が内寄り2艇には及ばなかったものの、秋山ならではの全速旋回で3着をもぎとっております。以上でございます。

マヨわず、カワサキ!

ブログネタ
地方競馬 に参加中!
夜カラ川崎。昼マデ川崎。 夜カラ川崎。ということで今夜はフサイチネット協賛G1JBCマイル開催地、琥珀の金瓶梅アラビアンナイト川崎競馬場に行ってきました。途中京浜東北線が事故で止まるというアクシデントに見舞われながらも9Rロジータ記念の発走直前になんとか到着。入場16525人&売上16億4408万5100円という盛況でした。
 そして迎えたJBCマイルは先捲りのカンカン娘メイショウバトラーを、前年名古屋G1JBCスプリント覇者の青枠ブルーコンコルドフサイチコンコルド産駒)が差しきり、前走盛岡G1マイルチャンピオンシップ南部杯に続くG1連覇と共にJBC連覇達成。尚、逃げたキルトクール馬ナイキアディライトは昨年みたいに尻餅こそしなかったもののバトラーに捲られて終了、9着に終わりました。

 さて、表彰式に出席して花を添えたラブショック川崎麻世JBCガールズ。ちなみにJBCガールズの背が高い方は桜井尚子で、背が低い方は先月までO-net広告の顔としてlivedoorトップページを飾っていた初音みうです。
 余談ですが、東京スポーツ本日の一面は
世界初!!ハッスルマニアで負けたら脱ぐ 敗者ヌード試合 ニューリン様VSカイヤ
でした。マヨわず、カワサキ買いや!
川崎麻世&JBCガールズ

 昼マデ川崎。ということで3日の昼は同じ川崎でG1JBCクラシック。そのキルトクールはマンオブパーサー。今年の3歳ダート戦線はレベルに疑問符が付く事からここでは通用しないとみる。
 それはそうと、JBCを2日に分けて開催した事で川崎競馬は2日連続の大入りが予想され、興行的には成功の予感。そして自分も再び生マヨ体験してきますね。

【マヨわず、カワサキ!】

 JBCと時を同じくして始まった児島G1競艇キングカップには地元代表として川崎智幸が出場。1回乗りのキングドリームは3枠で登場し、3コース18トップスタートから握るも、イン進入の1号艇キング松井繁にブロックされて3着という結果でした。川崎3着による配当は3連単1-3-2で1320円&3連複1-2-3で520円&拡連複1-3で200円2-3で170円です。
 2日目は4R5号艇と9R2号艇で登場です。勿論どちらもマヨわず、カワサキ!

 ついでに同日始まった精鋭45人のG1三国モーターボート大賞の選手紹介で、堀之内大好きな地元の新鋭松村康太が福井訛り丸出しの選手宣誓(動画の13分過ぎ)を述べてます。

江戸川日本財団会長杯3日目

 第7Rが始まりました。1号艇池田雄一が20トップスタートから抜け出して逃げ切り1着となる中、人気の中心2号艇中嶋誠一郎は2コース順走で2番手も2M出口で振り込み、そこに4号艇江野澤秀明が突っ込んで中嶋は転覆、江野澤はエンストです。

新期初日の江戸川競艇で2艇フライング&桂林即日帰郷

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 6隻のモーターボートが織りなす熱戦譜をお楽しみ頂いております今日の江戸川競艇、日本財団会長杯2日目の競走水面は第6Rを迎えております。インの利を生かしたかった佐川正道が34と凹み、2コースの新田智彰が委細構わず捲り。更に3コースから池田雄一が差しに出ますが、イン凹んだ佐川も持ち直してBSは3艇併走のトップ争い。そして2Mでは池田が有利に内を回りまして外の新田は3番手でのターンを余儀なくされますが、2M後方では5号艇播口昌司が振り込んだところに6号艇久田正晴が突っ込み選手責任転覆(動画)。尚、久田父はエンジン再始動で航走を続け完走しました。
転覆があったので最後のキーポイントとなる2周1M、池田は先マイを図りますがHS3番手から切り返しでインサイドに潜り込んだ新田が鋭く旋回して逆転成功、事故現場内艇優先の原則で2周2Mを先マイして1着ゴール、池田が2着となっております。
 ここで本題の3着争い。4番手を航走の4号艇桂林寛が2周1M小回りでBS内側を航走し、3番手航走ながら外側を走る佐川に対して、2周2M一気に艇を伸ばして内側優先権を主張し逆転の3着入線。しかし2周2Mで一気に艇を伸ばした事が競技規程23条関連(順位変動)に抵触し、桂林は11R(4着)を走ってから即日帰郷となりました。桂林で郷といえば「桂林の山水天下に甲たり」な世外桃源郷桂林アルね。

 本日最後の12Rが始まりました。1号艇後藤孝義がインから逃げの体勢を作り、2号艇萩原秀人が2コースから斬り込んで追走しますが、先頭の後藤が+03&追走の萩原が+02で共にフライング返還欠場となりました。1番2番に関する投票券は全て払戻で2369万2500円の返還がありました。
結局3コースから捲りに行き、萩原と2番手を併走した03スタートの宮田政勝が繰り上がって1着です。ということで萩原秀人が新期初日いきなりフライングだようちんで中川しゅんしゅん。
 ところで、2艇Fの12Rには昨日までF3持ちだった入澤友治も4号艇で出走。着順は最下位入線の4着でしたが12の安全スタートでFの恐怖を免れています。

【マヨわず、カワサキ!】

 「夜カラ川崎。昼マデ川崎。」ということで昼夜2日間に分けて川崎競馬場で開催される今年のフサイチネットJBC
ということで2日の夜と3日の昼はJBCガールズも来場し、神奈川出身愛知支部の山本茜も騎乗して華を添える琥珀のアラビアンナイト川崎競馬場に行ってきます。2日が休みの人は平和島日刊ゲンダイ杯初日とのはしごなんていかがでしょう。
 では本題G1JBCマイルのキルトクールを。今年のJBCマイルキルトクール馬は…ナイキアディライトです!昨年の名古屋G1JBCクラシックで尻餅を突き、発走遅延の元凶になった同馬。南関東所属ながら川崎は過去1回(報知オールスターカップ5着)しか出走が無く地元の利を生かせるとは思えず、今回も気性難を表に出す懸念の方が強いのでキルトクール。

 ついでに明日から始まる児島G1競艇キングカップも川崎買いや!ということでドリーム戦は3枠川崎智幸(岡山)から買いや!3日も川崎智幸から買いや!
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
競艇電投会員即時募集中
既に会員の方はテレボート
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
勝ち組.net
アクセスランキング
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
おすすめバナー
バナソニック


blogram投票ボタン

livedoor プロフィール
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ