ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

山本浩次

【WBC】山本浩次がG2児島MB大賞逆転優勝

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 本日最終日を迎えたWaterBoatraceClassicG2児島ボーターボート大賞特設サイト)。

 優勝戦は124/356の進入から1号艇・ピーチガイコウジ略してピーコ山本浩次(岡山)が09トップスタートもターン流れて2号艇山口達也(岡山)と5号艇岡崎恭裕と6号艇濱野谷憲吾の差しが入り、2Mは伸びで勝った山口達也と岡崎恭裕が両者ファイト一発やり合いながら先行。
 しかしやり合った結果両者共に膨れ、山本浩次がTOKYOのエース濱野谷憲吾を包みながら先行2艇をまとめて差しきり、逆転先頭に立ったピーコ山本浩次監督は今年2回目・通算59回目の優勝
 後続は山口達也が岡崎恭裕を包みきってやや優位に立ち、2周1M内から先行するフォワード岡崎恭裕を行かせて捌ききり、地元ワンツー完成。

 さて、今節児島MB大賞は2011年3月に3日目まで開催されて打ち切りになったG2児島モーターボート大賞の振替開催。
 東日本大震災の影響で他に振替になった開催は10日に最終日を迎えたG2尼崎モーターボート大賞(2011年3月MB大賞中止分振替)、MB誕生祭振替で昨年7月に開催されたG2男女ガチンコ大村モーターボート大賞、総理大臣杯振替で2011年8月に開催された戸田SG東日本復興支援競走で、今回の児島MB大賞開催により当時中止になったG2以上の振替開催が全て終了しました。



戸田'13オムロンカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇仲口博崇がスタート30と遅れたのに対し2号艇西島義則は19トップスタートを決め、一気に捲りきったペリカンが通算79回目・戸田では2007年3月G1戸田グランプリ以来となる3回目の優勝

 後続は差した6号艇萩原秀人が2番手でしたが、BS5番手だった仲口博崇が切り返しからの絶妙な小回りで急浮上して一気に萩原秀人との2番手争いに。
 そして2周1Mは萩原秀人が外握って仲口博崇を捲りきり再び単独2番手になりますが、仲口博崇は2周2Mの小回りで再び萩原秀人を捕らえて3周1Mを先行。
 萩原秀人は行かせて捌き再度2番手争いの主導権を握りますが、3周2Mで仲口博崇が渾身の差しを決めて逆転を果たし、スタート遅れの汚名を返上する好レースで2着。

江戸川ボートレース研究ファン感謝祭3日目

 本日は全艇0台スタートだった5Rの2Mで4番手から差しを狙った5号艇宮野仁がバランスを崩して艇が浮いたところに6号艇本吉正樹が内から接触し、宮野仁は選手責任転覆。
 その5Rで差しを決めて1着になった2号艇長尾章平は後半12R1号艇でも逃げを決めて1着になり、予選トップ通過。

 尚、本日1回乗り希望を出していた大澤大夢1R6号艇を走り終えた後に負傷帰郷しました。


 明日の優勝戦メンバーです。

1:長尾章平 2:山本修一 3:米田隆弘 4:渡辺浩司 5:若林将 6:永嶋裕一

 ポールポジションを獲得した長尾章平は昨年5月の前回当地サンケイスポーツ杯以来となるVと江戸川連覇に王手。
 また、地元若林将は前走地児島JLCカップ開局20周年競走に続く今年V3にチャレンジ。
 尚、永嶋裕一にはデビュー初Vが懸かります。

徳山G1競艇名人戦は西島義則+枝尾賢デビュー初優勝

ブログネタ
競艇 に参加中!
徳山名人戦のぼり 広島県出身で現阪神タイガースの金本知憲42歳が今日の横浜ベイスターズ戦(横浜スタジアム)でスタメンを外れ、1999年7月21日からの連続試合全イニング出場が1492試合でストップした今日、広島の隣県山口県は周南市の徳山競艇場では48歳以上限定のボートレースマスターズG1競艇名人戦が最終日。

 イメージビジュアルトリオが内枠を独占した優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇・山口県が生んだ艇界のプリンス今村豊(真ん中)が15トップスタートも、
 「スタートは誰もついてこなかったから全速じゃなかった。水面が良すぎてかかり過ぎてしまいハンドルを切り直した。
 ということで2コースから5コースまでスタートが遅かった事でアジャストスタートだったというプリンスはターンにも切れが無く、30と一番遅いスタートも伸び返した2号艇・広島の西島義則(左側)がえぐいターンでプリンスを差しきり、前走地鳴門デイリースポーツ杯競走に続く今年3回目・通算74回目にして2007年3月G1戸田グランプリ以来となる23回目の記念優勝
 プリンスは4号艇川名稔の差しと6号艇篠原俊夫の捲り差しに迫られますが、2Mで2艇を差しきり2着。

 徳山HPの表彰式ライブラリで見られる表彰式ではマンスリーKYOTEI直前激白同様真剣な表情で重みのあるコメントを残したペリカンさんですが、オーガスタマスターズのラウンドレポートから帰ってきた芹澤信雄(芹澤名人の弟)からボートレースマスターズジャケットに加え、オーガスタ土産のマスターズキャップも贈呈された場面ではニコニコでした。

鳴門大型映像導入6周年記念競走優勝戦

 1246/35の進入から1号艇枝尾賢(福岡89期4148)が08トップスタートの速攻で押し切り、31度目の優出にして遂にデビュー初優勝
 大外から捲り差した5号艇松下一也が2M全速戦で2着を取り切りました。

 森永LOVEな枝尾賢は昨年7月の尼崎WEB競艇TV杯4日目12R準優勝戦で落水、骨折で長期の欠場を余儀なくされましたが今年2月2日の児島テレボートカップで無事復帰。
 そして復帰後の初優出が今回のデビュー初優勝でした。
090725尼崎競艇準優12R・消波装置激突


福岡公営レーシングプレス杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇郷原章平(福岡)がかかってきなさいとばかりに度胸の01タッチスタート見せた剛腕速攻ゴウハラマジックで他を圧倒し、未来の福岡支部トップレーサーは昨年10月の前回当地日本財団会長杯争奪戦以来となる福岡4回目・通算9回目の優勝
 後続は捲り差した5号艇野添貴裕が内の4号艇烏野賢太を2M行かせて捌き2着。

多摩川日本財団会長賞優勝戦

 5号艇上瀧和則が動いた152/346の進入から2号艇一瀬明(ベイパシーズン1)が09トップスタートを決めて捲りきるものの突き抜けるまでには至らず、内伸び返した1号艇仲口博崇(愛知69期3554)が内から押っつけ体勢。
 一瀬はヒロタカマンを包みきり、包まれたヒロタカマンは振り込んで最後方に下がったものの一瀬は流れてしまい、1M捲り差し3番手から2M差した6号艇山本浩次(岡山69期3558)が逆転先頭に立ち、ピーコ山本浩次は多摩川2回目・通算50回目の優勝
 2M流れた一瀬は2周1Mで3号艇間嶋仁志と4号艇中里英夫を差しきり2着。
2M展開突いて優勝したピーコ山本浩次


常滑中京スポーツ杯争奪全日本ファイターキング決定戦優勝戦

 4日制3個準優という短期集中で争ったファイターキング決定戦は枠なり3vs3の進入からつけまい決めた3号艇鈴木唯由が4号艇三嶌誠司(元愛知県民)の捲り差しを振り切って、2月江戸川関東日刊紙競艇記者クラブ杯に続く今年2回目・通算26回目の優勝で2010年度全日本ファイターキングに決定。
 3月江戸川日本財団会長杯に続く今年2回目のVを狙った三嶌誠司は惜しくも2着でしたが、6月のG3企業杯中日カップで今回の借りを返しに再びとこなめ参戦です。

三国うづき第1戦優勝戦

 5号艇高橋勲が回り込んだ1523/46の進入から1号艇鳥飼眞が16トップスタートを決めるも艇が浮き、差しきった高橋勲が自身のピークだった2007年10月平和島SG全日本選手権の栄光(動画)から約2年半、ゴールラインを突き抜けた高橋勲は長かった谷を脱して通算47回目の優勝。鳥飼は2着でした。

多摩川蛭子カップは山本浩+津MB大賞で王者が津G1V6

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 6日間シリーズの多摩川蛭子カップ。本日は蛭子能収が来場してチャリティオークションを開いたり、AKB48とCMで共演しているTOKYO体操を披露したりとまさにエビス顔のエビスデー。ただし多摩川のビールはサントリーとアサヒです。
 ちなみに今日は多摩川の後、葛西の千里で行われた職場の忘年会に参加しましたが、そこのビールはサッポロラガービールでした。ヱビスではないものの、重厚なうまみがあるサッポロビールという点では一緒ですね。
エビスオークションTOKYO体操を実演するエビスさん

 昨年8月大村蛭子能収杯真夏の女王決定戦を制し、今節2日目6Rでは通算800勝を達成した女王横西奏恵が蛭子杯V2を懸けて1号艇で臨んだ蛭子優勝戦は5号艇・優出者インタビュー(動画)でしゃべりまくった亀本勇樹が公約通りに動いて15/3/246の進入。
 そして亀本が04トップスタートを放ち、15スタートの横ちんを捲りに行こうとしますが、伸び返した横ちんが受け止めきって1Mを先行。しかし亀を受け止めた分横ちんの懐が開き、広島の亀が作った展開を突いた3号艇・赤ヘル軍団総大将山本浩次(岡山)が横ちんを差しきり多摩川初・通算45回目の優勝。ちなみにミスター赤ヘル山本浩二サントリーモルツ球団監督です。
似顔絵持ってえびす顔のミスター赤ヘル

 惜しくも2着だった横ちんですが、一週間後の21日にボートピア習志野でトークショーとポラロイド撮影会を行います。

トークショー開催時間
13時40分頃から メインホール

サイン色紙プレゼント&ポラロイド撮影会
整理券配布 13時50分頃から メインホール等
先着50名様に整理券を配布いたします。お早めに!


 今日の優出者インタビューでも表彰式以上に人が集まり、インタビュー後は花束多数の大人気だった横ちんが1月27日以来の習志野登場です。ちなみにポラロイド整理券は1Fより2Fの方が貰いやすいです。
優出者インタビューでも大人気の横ちん横ちんに挿入狙う宣言した亀の頭


G1津モーターボート大賞優勝戦

 今年最後のG1戦は5号艇上瀧和則が動いて15/23/46と、直前の多摩川エビスカップとよく似た進入隊形になりますが、1号艇松井繁は15トップスタートの速攻で深インを克服。
 「今年を表す漢字一文字は「変」でした。しかしこの人の強さに変わりはありません。6月の周年記念に続いて津のG1は連続優勝。絶好のリズムで住之江に向かいます松井繁(動画)。」ということで、今年9回目のVにして6月のG1つつじ賞王座決定戦につづく津G1連覇は津の記念V6。そして記念V47は通算87回目の優勝でつ。
 後続は2号艇今村暢孝が捲り差しに行こうとするも上瀧に張られ、その展開を突いた4号艇吉川元浩が捲り差しで2着。1M吉川に叩かれて最後方ながら道中追い上げ逆転3着になった3号艇今垣光太郎と合わせ、上位3人は住之江SG賞金王決定戦出場組。12月23日の住之江12Rもこの3人が乗艇してそうな予感がしますね。

 さて、津次節は20日から23日まで賞金王決定戦完全併用の津グランプリシリーズ第9戦ISUグランプリシリーズは本日グランプリファイナルを終えましたが、TSUグランプリシリーズの方は3月のグランプリファイナルを前に1月11日から第10戦があります。

蒲郡師走特別優勝戦

 ハイパワーを武器に初日ドリーム戦6号艇3着以外は全て1着の1号艇重野哲之がここもハイパワーを武器に枠なり3vs3のインから圧勝快勝!で2007年10月江戸川夕刊フジ杯(アグレッシブアナ引退レース)以来となる通算18回目の優勝
 後続はドリーム戦で重野に土を付けた3号艇益田啓司の捲り差しが重野にブロックされ、順走の2号艇勝野竜司が2着。

 蒲郡次節は18日から23日までファイナルカップ。住之江場外ボートピア梅田を始めとする全国BPで場外発売され、賞金王決定戦の舟券敗者復活レースとして大きな注目を浴びそうですね。


三国しわす第2戦優勝戦

 「この一年振り返り、思い残しの無いように、ここまで来たらあとは優勝ゴール目指して走るだけ。しわす第2戦はいよいよフィナーレ、優勝戦第12Rを迎えています(動画)。」インから123/456の順です。スタートしました。1号艇岩崎正哉(福岡)が艇を伸ばし先行体勢も、2号艇篠原俊夫が31と凹んだ展開を突いて3号艇山一鉄也(福岡)が捲り差し。岩崎を差しきり、前走地桐生ヤング・ミドル対抗戦からの連続Vになった山一は今年3度目・通算20回目にして三国初となる優勝のゴールイン。2着でゴールインした岩崎はこれで3節連続優出2着です。

徳山カシオペアリーグ畦ゾ\

 おひつじ座・しし座・さそり座の選手で争われた今回のカシオペアリーグ。しかし優勝戦(波高10cm南西左横風5m)は獅子座4人の蠍座2人で牡羊座は全滅。
 そしてレース本番、枠なり3vs3の進入から4号艇・広島支部池上隆行(獅子座)がカドからガツンと絞って3号艇・山口支部原田篤志(蠍座)と2号艇・広島支部畑和宏(蠍座)に不利を与え、その勢いで1号艇・広島支部吉岡政浩(獅子座)をも捲りに行きますが、ここは吉岡に抵抗されて捲り不発。尚、見た目がチョイ悪不良系の池上隆行は不良航法を適用されました。
 以上の展開を突いて元気な捲り差しを決めたのが13トップスタートの5号艇・東京支部大西源喜(獅子座)で、道中大西隆洋(三国出場中)と名前を間違えられるハプニング(動画)はあるも、大西は元気に今年3回目・通算16回目の優勝。2着には不利を受けながらも立て直し、1M畑を包んで回った地元原田が入線。

芦屋ファイナルレース優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇小野信樹が鉄壁のイン戦で前走地住之江あざやか霜月競走に続く今年5回目・通算42回目の優勝
 後続はつけ回った3号艇志道吉和が2番手、4号艇柳沢一を叩いて差した5号艇福島勇樹王子が3番手という隊形も、2M押っつけてきたゆーき王子を包んだ吉和がやや流れ、HS差を詰めたゆーき王子が2周1Mを内有利に先行して逆転2着。芦屋競艇2008年最後の優勝戦は樹になるワンツーになりました。

名古屋市天白区からJLCでMB記念に参戦

 金曜日は濱野谷憲吾10R1号艇でFして1億6067万4000円の返還になった上に戸田報知新聞社杯という併用無しの妨害開催があったにもかかわらず20億8031万5000円を売り、初日以来の20億超えを果たした蒲郡SGモーターボート記念。格式と伝統あるSGとして準優勝戦の本日は桐生SGオーシャンカップの売上に大差をつけたいところですね。ということで本日は33億9759万9500円を売って海無し桐生のオーシャンカップに大差を付けました。

 さて、本日自分はビール無料券付きザ・プレミアムぷらっとこだまグリーン車プランザ・プレミアムモルツを飲みつつ名古屋市入り。
 このぷらっとこだまグリーン車プランは8900円で名古屋まで行ける上にビール無料券まで付くお得なプラン。今回は帰りのドリームなごやも5300円でセットになったプランなので名古屋往復14200円という安い上に快適、おまけに蒲郡の表彰式も余裕で見られるプランなのです。新幹線を使う際はJR東海ツアーズがお得ですよ。
 日曜日は山ちゃんの手羽先とウェイキーちゃんの手羽先を楽しみに蒲郡競艇場へ行きますが、本日は平針の巨匠田中信一郎氏(仮名)がいるJLC付き平針ハウスに。昼は三国ながつき第1戦2日目(385ch)と多摩川G3企業杯サントリーカップ5日目(381ch)を中心に、夜はMB記念中継(380ch&お宝TV381ch)を電投。回収率57%に終わった全レース終了後は焼肉じゃんじゃん亭平針店で反省会と相成りました。
 ちなみに前日はイトーヨーカ堂葛西店で名古屋発祥若鯱家のカレーうどんと味噌カツの定食を食って1日早い名古屋モード。


 照明よりもまぶしいファンの視線を浴びる準優勝戦。123564の隊形から5と6が回り直して結局枠なり3vs3も内が深くなった準優9Rは4号艇市川哲也(広島)がだ〜んがんショットォ!の過激な02スタートの4カド捲り一撃で制し1着。捲られた後に立て直し1号艇田村隆信を捲って叩いた2号艇笠原亮が2M思い切ったダイナミックショットォ!で他艇を包みきる外全速ぶん回しに成功し2着。

 準優10Rは逃げる地元の1号艇池田浩二を2号艇魚谷智之が2コースからの機敏な早差しで池田を捕らえきり1着水上の侍唯一の生き残りとなった今垣光太郎は3コースからの捲り差し割れずの3番手で、2周1M起死回生狙って池田に突っ込むも空振りに終わって4番手に下がり光太郎侍万事休す。これにて水上の侍全員討ち死に。

 準優11Rはシリーズリーダーの1号艇山本浩次が逃げきり1着。2コース順走の6号艇上瀧和則が2番手で3コース2番差しの2号艇赤岩善生が3番手でしたが、2周1Mつけ回って差を詰めた赤岩に対し内で粘る上瀧は必死に牽制しますが、2周2Mで60期上瀧に対し同期の3号艇川崎智幸が突っ込みを入れ、上瀧がこれをかわして流れた間に赤岩がスパ〜ッと斬り込んだぁ!で赤岩が逆転。3周1Mで上瀧は差し返しますが舳先届かず、3周2M全速で振り切った赤岩が逆転で地元SG優出を果たしました。
 キャンペーンで首都圏のマスコミを回ったムーンライトエンジェルmina(本名はナカミーこと中野美菜子)が日曜日の日刊スポーツ東海版一面で「赤岩選手がんばれ」と応援する地元赤岩、ここで正規SGを制してなんちゃってSGウイナーから脱却したいところですね。

 ちなみに最終12Rは5号艇寺田祥が逃げる1号艇原田幸哉を5コースからの捲り差しで捕らえ1着になって本日連勝としています。


優勝戦の枠番は以下のように確定。

1赤ヘル 2魚谷 3テチャーン 4池田浩 5笠原 6赤岩

 さて、前田智徳広島生え抜き選手としては鉄人衣笠祥雄、ミスター赤ヘル山本浩二野村謙二郎に続く4人目の2000本安打達成者になったのを祝うかのように、艇界のミスター赤ヘル山本浩次が優勝への最短距離に位置しましたね。赤ヘル軍団総大将として岡山・広島両支部のエースに君臨する山本浩次は勝てばMB記念V2にして3つ目のSGタイトルとなります。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
競艇電投会員即時募集中
既に会員の方はテレボート
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
勝ち組.net
アクセスランキング
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
おすすめバナー
バナソニック


blogram投票ボタン

livedoor プロフィール
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ