ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

山本寛久

山室展弘V99達成、山本寛久が蒲郡1ヶ月2Vで岡山支部がV独占。

ブログネタ
競艇 に参加中!
 尼崎センタープールのデイリースポーツ杯争奪ささはら賞競走は伊丹市主催だったためにセンプルメールマガジンの発行が無かったのが非常に残念でしたが、ファイナルは見所たっぷり。

 その優勝戦1号艇になったのは昨年10月の当地SG全日本選手権(尼崎市主催)で節間2勝を挙げてたのも記憶に新しい東京在住岡山支部の山室展弘さん。
 更に、昨年11月三国G1北陸艇王決戦を最後にF3休みに入ってた一宮稔弘も復帰初戦にして3号艇で優出。更に、外枠3人は全員準優1号艇。

 「古くは万葉の句にも歌われました猪名の笹原。その笹の音以上に耳に残るエンジン音。スタンダードなこの響きも今日この一走が聴き納めとなります。(動画
 ということで標準型モーター使い納めのレースになった優勝戦は枠なり3vs3の進入から一宮が42とスタート凹むも、
 「山室フリークのみならず勝利の女神も虜にしました。走りで魅了の天才奇才」山室大先生はしっかり19トップスタートを決め先頭一人旅。
 「ノーマルエンジン最後のシリーズ、そのトリを飾るのはどうやらこの人。強さも感性も決してノーマルではありませんが、魅惑の勝負師、ふたご座の怪人。山室展弘1号艇です。シリーズ序盤はムードいまいち苦戦するかと思われましたが勝負がかりのピンポイント気合の走りでリカバリー。謎に満ちた男に見えても勝ちたい思いはスタンダード。ファンの期待に真摯に応えて久々のシリーズ制覇へとひた走ります。
 ということで千葉誠一アナの実況も冴え渡った尼崎標準型モーター最後の優勝者になった阪神ファンの山室大先生は2008年5月サンスポグリーンカップ争奪戦以来となる尼崎5回目の優勝
 そして山室大先生は今節4勝を挙げた岡山支部の大先輩万谷章第7代名人位が2006年G1競艇名人戦で通算99回目のVを飾った尼崎で万谷名人と並ぶ通算99回目の優勝を達成しました。

 後続は1M一宮稔弘(徳島)を叩いて差した4号艇烏野賢太(徳島)が艇を伸ばして2M先取りも、1M差し順走の2号艇今村暢孝が2M烏のケンタを差して単独2番手になりかけますが、1Mつけまい不発から2M差そうとしてノブ今村が壁になった5号艇林美憲(徳島)が2周1M切り返して先行。
 ここでノブ今村は林がまともに壁になってしまったのに対し、ケンタは冷静に2艇を行かせて差しきり、カーネル・サンダースと縁が深い甲子園からほど近い阪神沿線のセンタープールで2001年にSG総理大臣杯(山室大先生も優出)を制した烏のケンタが標準型モータートリのレースで2着をトリきりました。

 ちなみに本日は雨天だった為に表彰式は中継の無い屋内でしたが、マイミクのなかやまふうぞ君さんが現地に行ってましたです。
【競艇】山室展弘選手表彰式 (20080521尼崎)

尼崎全日本選手権山室先生勝利インタビュー2日目

尼崎全日本選手権山室先生勝利インタビュー10月10日10R

 さて、尼崎センタープール次節は5月4日から尼崎市主催の報知金杯争奪六甲賞競走
 その初日には尼崎市出身の女性デュオあまゆーずが来場して癒しのライブを披露しますが、あまゆーずは2010年度の尼崎センタープールイメージアーティストに決定しました。


蒲郡スプリングカップ優勝戦

 波高5cm東追い風8mの安定板着用レースは枠なり3vs3の進入から先行する1号艇山本寛久(岡山)に対し2号艇鎌田義の差しが入りかけるも、
 「おぉーっと!風に煽られたかまだぁ!(動画
 ということでバック向かい風に煽られたカマギーは転覆。
 これで山本がすんなり独走になり、
 「蒲郡は一月2回の優勝で今年これでV4。攻めの迫力しのぎのうまさ。荒れ水面も攻略。さすがに緩急自在とばかりにシリーズを引っ張った男
 山本寛久は今月4日の蒲郡ムーンライトレースに続く蒲郡3回目・今年4回目・通算23回目の優勝。2番差しの4号艇吉川昭男が2着。

 ところで、蒲郡ボートでは5月1日からガマナツ2010開催。
 これに先立ち、ガマガマ団YouTubeチャンネルでは19日付で3本のCM動画が追加されました。


江戸川東京中日スポーツ杯4日目

 明日の予選最終日を控え、4日目までの得点率上位者を紹介します。

9.17稲田浩二 8.71折下寛法 8.43川口貴久 8.29小坂尚哉 7.43國浦英徳 7.29新藤哲三君島秀三 6.86道見数成 6.83加藤知弘 6.57増田弘喜

 尚、第7R5号艇で捲り差しを決め1着になった佐竹友樹と、同レース2号艇だった吉田慎二郎が本人辞退の為に帰郷しました。

【くまとさくま】今日から大晦日まで優勝賞金100万円の京葉賞

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 江戸川競艇、今日から大晦日までの6日間は第31回の京葉賞。優勝賞金100万円を巡ってのポイント制シリーズです。先ずは今日のオープニングレース第1R一般戦。5号艇の101期新人大西賢が大外に回って123/465の進入隊形から4号艇田中雄が捲って、その展開を突いて6号艇金子拓矢が差し抜け開幕1着ゴール。金子拓矢は1号艇の第5Rもきっちり逃げて初日連勝です。
 第1Rに戻りますが、大外回りとなった大西は鋭一な差しで金子に続いて2番手航走、2Mも2周1Mも大西は元気にぶん回しますが、2周1Mで小回りの田中雄に抜かれ3番手に後退。しかしながらデビュー初3連対の快挙であります。

 前走地津グランプリシリーズ第8戦で久々の優勝を飾った内山文典前支部長が2号艇で登場した第4R。勢いに乗る内山は17トップスタートから捲り策に出ますが、ここに落とし穴。ターンでウイリーしてしまった内山はそのまま選手責任転覆を喫してしまいました(動画)。ちなみに1着は30凹みスタートながら内山が捲った展開を突いて差しを決めた赤い3号艇赤坂等でした。

 第8Rで6号艇ながら1Mの捲り差しから2Mで2艇を差して接戦を制し初戦1着発進だった今シリーズ選手代表の作間章が1号艇の江戸川選抜は、さくまあきらが44とやや後手を踏んだのに対し、他を圧倒する24トップスタートを決めた4号艇熊谷直樹がカド捲りで一気に決着をつけ独走ぶっちぎりの1着ゴール。スタート遅れたさくまですが、今シリーズはモーター2連対率1位で前検タイム2位の32号機を手に入れて機力上位。すんなり立て直し2着に入っております。スタートさえまともなら下馬評通りクマとさクマの二枚看板になると思われます。

徳山ファイナルグランプリtysテレビ山口カップ優勝戦

 内3艇を岡山人が独占した優勝賞金69万円の一戦は枠なり3vs3の進入から3号艇立間充宏競艇史上、最愛の地徳山で38と凹みまして、28スタートの4号艇杉田篤光がつけまいに行きますが、21スタートの1号艇山本寛久を捲りきるまでには至らず、6月21日の江戸川日本写真判定社長杯(優勝賞金100万円)以来となる今年3回目、徳山2回目、通算17回目の優勝。賞金の他にスーパーローカル宣言tysテレビ山口から副賞としてスーパーローカルなマスコット・テレオンのぬいぐるみが贈呈されております。
 尚、地元からただ1人優出した6号艇の今節選手代表江本真治(周南市)は19トップスタートを決めるも、直内の5号艇宮内由紀英に張られたのが響いて6着に敗れました。その宮内は差して3番手航走も、2Mで2番手狙って杉田に突っ込んだところをタツマッチに差され4番手に下がり、更に道中2号艇柏野幸二(岡山65期3436)にも競り負け5着でした。

【大村で願い香奈恵】大嶋一也49歳、競艇名人戦初出場初優勝。

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 時には強引に。時には巧みに。ベテランならではの、駆け引きがある。「この競艇発祥の地大村競艇に産声をあげた名人戦。それはそれはパワーみなぎるエンジン音が鳴り響き、私たちにどれだけの勇気をもたらしてくれたことでしょう。G1第8回の競艇名人戦、名人を懸けてファイナル6強が登場しました。(動画」と後半3日間を担当した石川香奈恵アナの名調子で始まった大村G1競艇名人戦優勝戦は「回転が落ちてなかった分、準優は75点に上昇。回りやすさが一番いい。そんなに弱いって感じはないけど、微妙なところで負ける。3コースでいいよ。」と前日にコメントし、当日の優出選手インタビューでも「エンジンは満足してないけど、優勝戦でもそんなに負けてないです。ピット離れでアクシデントがない限り、3コース。今節はスタートがあまり決まってないんで、決めたいですね。今日はスタートを決めて、1M最初に抜けられるように頑張りたいです。」と慎重、スタート展示も3コースだった名人戦初出場の3号艇大嶋一也(出走回数不足によるB1級の為施行者推薦出場)が蓋を開けたら好ピット離れから楽にイン取り。そして100m前後の起こしから11トップスタートの速攻戦で独走、ヒゲのニゲがばっちり決まって名人戦初出場初優勝をサラリと達成。
 優勝者インタビューでは「できたら3コースから優勝したかったんですけど。本番でピット離れが思ったより良かったものですから。加藤さんや荘林さんには悪いんですけど、インコース取らせていただいて。」と新鋭選手らしく謙虚に語ったヒゲダンディKAZUYA.Oの記念タイトルは1999年唐津SGグランドチャンピオン決定戦を含む14個目、通算では59回目の優勝となります。
 後続はインあっさり譲って2コース進入となった1号艇荘林幸輝が2M全速戦で2着。3コース2番差し不発の2号艇加藤峻二御大と大外捲りの6号艇小林昌敏山口支部長による3着争いは2Mで御大を差した小林が主導権を握って制しました。
カナエタンとKAZUYA.O


徳山山口新聞社杯争奪太華賞優勝戦

 我が国で最も権威あるみなと新聞を発行するみなと山口合同新聞社が発行する山口県の県紙山口新聞。2310円で世界から国内・町内ニュースまでお届けし、地方分権時代をリードする山口新聞の社杯が山口県内2場で同時開催中ですが、一足早く徳山が優勝戦。ちなみに下関山口新聞社杯争奪快速王決定戦は翌23日が優勝戦です。
 レースは3号艇3コース11トップスタートの地元柳瀬興志をブロックして逃げた1号艇江口晃生が徳山初・通算55回目の優勝。2コース順走の2号艇吉川昭男が2着に入るあきおワンツーで、3661さんは3着でした。
 最後に、太華賞の由来である太華山徳山競艇場の1M側にあります。

桐生ドラキリュウカップ・東西対抗戦優勝戦

 枠なりのスタート展示から一転、134/562の進入となった本番でしたが1号艇西田靖(東軍)が16トップスタートの速攻戦で圧勝。通算58回目の優勝を飾りました。激戦の2着争いは大外進入になったものの差し伸びた2号艇松本博昭(西軍)が接戦ながらも終始主導権を握り2周2Mで抜け出しました。尚、赤ヘル軍団総大将のミスター赤ヘル・4号艇山本浩次(西軍)は3コース差し不発で6着でした。

 ここで桐生市に朗報。桐生市長選挙は新人の亀山豊文候補が現職の大澤善隆候補を破って初当選。桐生競艇桐生市撤退の張本人である大澤候補の落選により、みどり市との合併後に再び桐生市が桐生競艇を主催する可能性が強くなりました。

常滑レディース笹川杯優勝戦

 SG笹川賞と共に全国で2つしかない笹川名レースとして権威あるタイトル戦は、愛知の山智様こと山田智彦アナが名人戦中継司会を務める為に不在。よって本日は浜名湖担当である工藤浩伸アナが担当。ちなみに玉突き式に工藤ちゃん不在となった浜名湖日本財団会長杯争奪戦4日目は尼崎の千葉誠一アナが担当してました。
 そんな笹川杯で6号艇渡辺千草が記録にチャレンジ。今回で通算76回目の優出となる渡辺千草は現在のところ、優勝戦75連敗だった足立保孝(76優出目の1999年10月津一般競走で初優勝)と並んでデビューからの優勝戦連敗タイ記録。そして3コース進入で新記録阻止を狙った渡辺千草でしたが4カド10スタートの3号艇宇野弥生に絞られて5着。優勝戦76連敗で新記録を達成してしまいました。
 かくして艇史に名を残す事になってしまった渡辺千草ですが、多摩川競艇HPスペシャルコンテンツ女子王座の道濱村美鹿子と一緒に行ったトークショーの動画が公開されてまして、魅力的なキャラクターに触れる事が出来ます。

 レース前方の行方はイン05トップスタートの1号艇日高逸子が通算52回目の優勝。笹川賞出場が既に決まっている目高さんは笹川杯&笹川賞W優勝の権利を獲得しました。
 4カド捲り差しの宇野弥生と5コース同じく捲り差しで宇野の内に入った永井聖美の「15日にボートピア名古屋で常滑に来てみやちトークショー」をしたコンビで2番手併走になりましたが、2M永井を差した宇野が競り勝ってます。

鳴門大型映像導入3周年記念競走優勝戦

 1号艇平田忠則(福岡)が2コース強攻態勢の2号艇西村勝(埼玉)をブロックして先頭に立ちましたが、3コース差しの3号艇松本浩貴(埼玉)が2Mおっつけてきてヒラチュウに包まれた松本は結果5番手に落ちましたが、ヒラチュウが松本を包むのに手こずる間隙を突いて5カド捲り差し3番手の飯島誠(埼玉)が松本のアシストを生かしヒラチュウを差しきり逆転。飯島が通算2回目の優勝を飾りました。ヒラチュウはさいたまトリプルアタックにこらえきれなかった形ですね。ヽ(゚∀゚)ノさいたまさいたまさいたま!

福岡公営レーシングプレス杯優勝戦

 142/356の進入から4カド07トップスタート山口裕太に抵抗しての2コース先捲りを打った田村隆信が捲り差しに切り替えた山口を振り切り通算18回目の優勝。尚、1M捲り差し狙った5号艇鈴木賢一は2号艇麻生慎介と6号艇岸本雄貴に挟まれてしまいエンスト失格です。 

児島瀬戸大橋開通19周年記念優勝戦

 チルト+1.5度大外進入の4号艇後藤道也が06トップスタートで捲りますが、揃って小回りの内3艇を捲りきれず4着まで。イン残した1号艇平石和男に2コース差しの2号艇石川真二に3コース2番差しの3号艇山崎昭生で3艇併走も、2M先制不発の山崎が石川と平石に差されて3着。2番差しの平石が2周1Mを先制しますが、ここで平石を差した石川が石同士の先頭争いを制して通算38回目の優勝です。

びわこボートピア京都やわた開設記念優勝戦

 ボートピア京都やわたの設置会社である(有)京都八幡総合研究所から会長賞として30万円が加算され優勝賞金100万円の開催は当地約5年ぶりの登場だった1号艇重野哲之がイン09トップスタートの速攻戦で2号艇池田浩二の差しを振り切り、今年4回目・通算14回目の優勝。今年の大目標を地元浜名湖SG競艇王チャレンジカップに置く重野にとって4日間で100万の賞金は大きいでしょう。尚、4カド外マイの4号艇吉村正明と大外差しの6号艇山本光雄による3着争いは2M山本弟を差した吉村が制し、師匠の小林昌敏共々優出3着です。

住之江JLC杯競走優勝戦

 1号艇秋山直之が12としっかりスタート決めてインから押し切り住之江初優出初優勝。自己通算では19回目。表彰式では「住之江に来るときはファンの方の声援(野次)が怖いんですがこれからも頑張ります」という感じの言葉を残してます。
 2コース順走林美憲と3コース握った村田修次の2着争いは2M外全速戦で林を突き放したムラッシュが競り勝ってます。

江戸川日刊ゲンダイ杯初日

 選挙日和の日曜日でしたが、なんと「強風高波浪の為順延」。日曜日と同じ枠番で月曜日に初日が行われます。写真は前検で撮った2枚、G1江戸川モーターボート大賞優勝が光る橋本久和(前走地浜名湖祝!浜松市政令都市誕生記念レース優勝)と前走地平和島東京新聞盃優勝からの転戦となる上平真二です。ということで江戸川中止の為、今日も多摩川に行ってきました(続く)。
日刊ゲンダイ杯前検の江戸川巧者橋本久和日刊ゲンダイ杯前検の東京新聞盃覇者上平真二


【胸高鳴る多摩川日本財団会長賞優勝戦+α】

 日本財団会長賞として50万が加算され優勝賞金114万円の開催、結びの一番は3コース04スタートから緩急自在に捲り差した2号艇山本寛久がスリットギリギリイン01トップスタートの1号艇井上恵一を差しきり多摩川初・通算15回目の優勝
 後続はけいいちくんが2番手で2コースの4号艇堤昇と4カド差しの3号艇柳沢一が3番手併走、更に5コースから5号艇宮武英司が追いかける展開でしたが、2Mで宮武がけいいちくんに宮武ぅど〜んと突進。この突進で哀れけいいちくんは後方に消え、柳沢を差した堤が2着になっています。
ピーチガイファッションの山本寛久



 江戸川の所で書いたように本日は江戸川が中止順延。起きたら強風の音でやな予感がしてi-modeで開催状況を見たら案の定中止順延でした。ということで前日同様東京競馬場→多摩川に目的地を変更して選挙投票の後に出発。先ずはウイニングチケットレガシーワールドがいる東京競馬へ。午前と午後で公開馬が分かれてて、外に出てたのはウイニングチケットだけでレガシーワールドは中に入ってました。
勝馬投票券(ウイニングチケット)

 場内に着いてG2サンケイスポーツ賞フローラステークスジョッキーマスターズのプレゼンターがミスター赤ヘル山本浩二田淵幸一(フローラSのみ)の法大コンビであることに気づき、発走前にして早くも胸高鳴るアグネスフローラS。
 レースは直線一度は前が詰まりながらも立て直して見事な一気差しを決めた人気の中心ベッラレイア(騎乗:秋山真一郎)が勝ったので住之江も秋山から電投購入。ベッラレイアは是政の大一番G1レディスダービー優駿牝馬でも楽しめそうな勝ちっぷりでした。それにしても山本浩ジは夕方まで府中にいて夜は桐生の優勝戦でしたから大変ですね。
プレゼンターを務める山本浩二とタブチくんピーチガイ山本浩二とタブチくん

 表彰式を最後まで見たところで多摩川へ向かい、到着は胸高鳴る多摩川優勝戦締切約10分前。まっちゃんさんもいた多摩川競艇の優勝戦は名人戦締切前に終わったのですが、表彰式(動画の6分過ぎ)を名人戦の前にやるのか後にやるのかはっきりしないままウェイキーくんだけが壇上に佇み、結局名人戦と同時に表彰式という最悪のタイミング。表彰式会場そばのTVで名人戦中継を見たので最後の記念撮影には間に合いましたが、インタビューは聞けなかったのです。ちなみにほとんどの客が名人戦を見てたので記念撮影だけでも余裕の最前列でした。
壇上で佇むウェイキーくん
 
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
競艇電投会員即時募集中
既に会員の方はテレボート
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
勝ち組.net
アクセスランキング
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
おすすめバナー
バナソニック


blogram投票ボタン

livedoor プロフィール
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ