ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

山崎智也

山崎智也が願いカナエてグランプリV2

 ボート界の実質的なクライマックス、30回目のグランプリSG賞金王決定戦特設サイト)は2年ぶり25回目の住之江開催。

 12Rグランプリ優勝戦は162/345の進入から1号艇山崎智也が押し切り、今年はSGV3となるV6・住之江9回目・SGV10となる通算79回目の優勝
 3号艇毒島誠が1M外マイからの2M差しで2着に入り、群馬支部ワンツー。
 ちなみに山崎智也は妻の74期3774横西奏恵元選手(女子王座V3)と結婚した2010年に住之江で賞金王シリーズ戦優勝、奏恵夫人が引退した2012年に住之江で初の賞金王決定戦優勝、そして今月9日に娘の寧々ちゃんが生まれた今年は「ここ来る前にカミさんの頑張る姿見て感動したんで、今回はカミさんを感動させてやりたいと思います。優勝します。」の宣言通りにグランプリV2で2度目の賞金王に決定しました。

 前座の11Rグランプリシリーズ戦優勝戦は1235/46の進入から3号艇西山貴浩が5号艇松井繁の捲りを張り飛ばして共倒れになる中、1号艇長田頼宗が悠々押し切り、今年4回目・デビュー初Vの地住之江では2回目・通算18回目の優勝


多摩川四市組合設立48周年記念ボートピア市原カップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から4号艇中澤和志(82期3952)が3号艇田村隆信に先捲りで抵抗されながらも二段捲りを決めて先頭に立ち、今年3回目・多摩川3回目・通算50回目の優勝
 1号艇作間章(東京支部82期3966)がイン戦粘って2着に入り、82期ワンツー。

 ちなみに優勝した中澤和志は11月末時点での獲得賞金4137万9千円で本来なら住之江のグランプリシリーズ戦に出場できましたが、シリーズ前検日の12月17日が家事都合等斡旋辞退期間と重なっていたため当初斡旋の多摩川に出場しました。

児島ていちゃんカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から11トップスタートの1号艇石田政吾が2号艇鶴本崇文の差しを振り切って先頭に立ち、今年5回目・通算72回目の優勝

徳山yab山口朝日放送杯争奪戦優勝戦

 枠なり3vs3の進入から10トップスタートの3号艇永田秀二が捲りを決めて先頭に立ち、今年2回目・徳山初・通算3回目の優勝

SG賞金王決定戦は山崎智也が11年前の借りを返す決定戦初V

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 住之江で開催された艇界最高峰の戦い・第27回SG賞金王決定戦特設サイト)は枠なり3vs3の進入から逃げる1号艇松井繁(大阪)と捲り差す4号艇山崎智也の一騎打ちになり、舳先届いた山崎智也が2M先行で王者松井繁を振り切り、今年2回目・住之江V6・SGV7となる通算64回目の優勝を飾り、ゴールドボートでウイニングラン。
 賞金王決定戦初Vの山崎智也にとって賞金王決定戦は2001年の第16回でフライングを切ってしまった苦い過去もありましたが、今節選手紹介の日に電撃引退を発表した妻横西奏恵の内助の功を得て11年越しのリベンジを果たしました。
 ちなみに住之江HPのリプレイ動画で見られる記者会見では途中から横西奏恵が出席して夫婦共演の場面も見る事が出来ます。
ゴールドシップでウイニングラン今年のキングは、誰ニャ!!!!



住之江賞金王シリーズ戦優勝戦

 セミファイナルのシリーズ戦は162/345の進入から1号艇篠崎元志が11トップスタートの速攻を決め、今年4回目・住之江初・通算21回目の優勝
 2着は差した4号艇湯川浩司(大阪)。

 イケメンボートレーサー第1位に選ばれたG1V2のニュースター篠崎元志にとって、今後は「SG初Vが賞金王シリーズ戦だった選手は以後SGを勝てない」ジンクスを跳ね返す戦いが待っています。


鳴門ありがとう2012カップ競走優勝戦

 群馬に拠点を戻すのは娘さんの中学進学に合わせてとの事で、山崎智也が昨年今年と実質生活の拠点にしていた徳島。
 ということで、横ちんの地元水面鳴門で開催される今年最後の優勝戦は1236/45の進入から1号艇徳増秀樹が14トップスタートの速攻で4号艇寺本武司の捲りを受け止めきり、今年5回目・鳴門3回目・通算51回目の優勝初日12R4号艇2着以外オール1着の準完全V。
 惜しくもデビュー初Vならなかった寺本武司に対して5号艇塩田雄一の捲り差しが迫りますが、寺本武司は2M行かせて捌き、以降も塩田雄一の追撃を振り切り2着。

丸亀年末ファン感謝ゴールデンカップ優勝戦

 山崎智也が結婚後最初の優勝を飾って約2年9ヶ月の長い夜から復活の狼煙を上げた2010年のBOATRACE振興会会長賞競走テレボートカップ開催地だったまるがめ。

 優勝戦は1235/46の進入からスロー4艇がスタート0台のスタート合戦になりましたが02トップタイスタートの1号艇池上裕次が押し切り、今年2回目・丸亀3回目・通算56回目の優勝
 後続は02トップタイスタートから差した5号艇林美憲が2番手を航走し、捲り差しからBS内に切り返してきた4号艇興津藍を2M行かせて捌き2着。

新婚山崎智也、結婚後最初のレースで約2年9ヶ月ぶりの優勝!

ブログネタ
競艇 に参加中!
 艇界の貴公子として何か持ってる男山崎智也が女王横西奏恵との結婚後初のレースという事で話題を呼んだ丸亀ボートのBOAT RACE振興会会長賞競走テレボートカップが本日最終日。

 5日間シリーズの今節は前半3日間を前節も実況した児島の椛島健一アナが実況し、後半2日間はなんと尼崎の千葉誠一アナが実況と、いつもとちょっと違うまるボーでした。

 さて、優出者インタビューでは優勝して胸張って徳島に帰れるように頑張りますと宣言した山崎智也が2号艇で優出した優勝戦は山崎智也以外の5人が新鋭世代という山崎智也vs新鋭5人の図式でしたが、山崎智也を抑えて予選1位だった山田佑樹(岡山95期4323)が優勝戦1号艇に。
 そして佑樹は目にもとまらぬ速攻で山崎智也をぶっちぎり先頭独走になりましたが、スタート早すぎた佑樹は+05のフライングに散り、2008年大晦日住之江2008ファイナル競走以来となる通算V2ならず。
 この佑樹F前退きにより、差し順走で2番手だった山崎智也が先頭に立ち、差し続く6号艇沢田昭宏(大阪99期4411)を2M包み込んで振り切った山崎智也は2008年3月住之江梅の香ほんのり競走以来となる通算60回目の優勝
【競艇】新婚 山崎智也 2年8か月ぶりの優勝【アゲマン?】

 上記のように恵まれとはいえ、優勝戦連敗を26で止め約2年9ヶ月ぶりのVを結婚後最初の開催で飾った事で、表彰式で嫁さんをあげまん発言した山崎智也にはテレボートカップ副賞としてネックレスが贈呈されたと共に、結婚祝い酒として日本酒が贈呈されてます。

 ちなみに今節初日の東スポには山崎智也のインタビューが掲載されていて、こちらも新婚の魚谷香織と談笑してる写真も掲載されてました。
新婚仲間の智様とぅぉちゃん


若松しぶき杯争奪戦競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇桂林寛(今節選手代表)が押し切り、艇王学の継承者が若松4回目・通算27回目の優勝

 中凹みの展開を突いて捲り差しに行こうとした21スタートの4号艇林祐介は31スタートの3号艇桑原悠に抵抗され、桑原ゆうが先に捲り差しを入れるものの桑原ゆうは流れ、後から捲り差しを入れた林ゆうすけが桑原ゆうを差しきり、林ゆうすけは2M桑原ゆうを張りつつ内の2号艇真庭明志を全速で包みきり2着。

貴公子山崎智也と女王横西奏恵が電撃入籍!

ブログネタ
競艇 に参加中!
 昨日まで開催されてた津日本トーター杯は4日目11Rに1800m1分42秒6の日本レコードを叩きだした馬場貴也が優勝しましたが、同開催で津のメイン実況佐竹亮アナは4日目までの担当で、終盤2日間は江戸川といわき平でお馴染み平山信一アナが実況を担当してました。

 その津に出場してた江口晃生が最終日終了後の昨夜twitterで貴公子山崎智也の電撃入籍をつぶやいてたのには超びっくりしました。
 しかも4日付けの朝刊スポーツ紙を読んだら今月1日に入籍した相手があの横西奏恵だったので更にびっくり。

 大物同士の結婚でビッグカップル誕生とあって定期購読してるスポーツニッポンには結婚報道の記事が8面の上段を使って紹介されており、今年に入って友人関係から恋愛関係に発展した事や、山崎智也のインタビュー、それに徳島の大御所中道善博元選手と今年結婚した長嶋万記のコメントが掲載されてます。
 山崎智也インタビューによると当分の間は山崎智也が群馬在住群馬支部の登録ながら生活の拠点を徳島に置くそうで、娘さんの小学校卒業時に改めて支部について考えるそうです。
山崎智也&横西奏恵結婚記事見出し山崎智也インタビュー

 それにしても昨年10月の横西奏恵オフィシャルブログに山崎智也が登場して仲良さそうなところを見せており、約半月後のG1桐生モーターボート大賞選手紹介でも山崎智也が毒島誠の名が書かれたうちわを使って横ちんを茶化したりと仲睦まじいところを見せてたとはいえ、それから約1年ちょいで恋愛関係に発展してゴールインしたのは本当にびっくりしました。

 そういえば、横ちんが先月7日の住之江秋たけなわ競走最終日にアクアコンシェルジュのコスプレでトークショーに出演した時、水上で優勝戦1号艇だったのは山崎智也でした。今にしてみれば、かなり意味深なキャスティングでしたね。
 ちなみに同日は徳島出身の里崎智也捕手を擁する千葉ロッテマリーンズが日本シリーズを制した日でもありましたね。

 話題は変わりまして、4日目まで津を実況した佐竹アナは横ちんも出場する鳴門四国地区選手権競走の実況を初日から4日目まで担当。選手紹介(特設サイトに動画あり)の司会も担当してます。
 鳴門前節日刊スポーツ杯競走で優勝戦1号艇イン00タッチスタートの速攻も2号艇三浦永理(静岡)に差され2着だった地元佐々木和伸が2節連続出場で前節のリベンジなるかも見所のひとつですね。

 地区選手権といえば今日は大村のG1九州地区選手権も初日。
 選手紹介では京都在住長崎支部80期3900香川素子の直後に登場した長崎80期3906飯山晃三がこんな名言を。

私生活では逃げられましたが、今節は逃がさないようにがんばります。

 この名言を受けて司会の松岡俊道アナが直後に「今一度大きな拍手をお願いいたします。」と言い、更に全選手終了後にも「飯山晃三選手にはなにか特別な表彰を後ほど与えたいなと思っておりますけども、盛り上げていただきましてありがとうございました。」と、松岡アナから選手紹介のMVPに認定されました。

G1江戸川大賞初日

 「大変お待たせいたしました。東海道を下り、三河の国へと旅へ出ていました江戸川大賞。1年の長旅を終えましてお江戸船堀橋へと戻って参りました。(動画
 という平山信一アナの口上で始まりました江戸川競艇開設54周年記念G1江戸川大賞。昨年7月のG1江戸川大賞IN蒲郡を挟み、2007年11月G1江戸川モーターボート大賞以来の江戸川競艇場G1でありますが、いきなり航行船通過による締切延長で発売締切予定時刻10時53分だった第1Rが11時16分頃発走になる江戸川ワールドが炸裂いたしました。
 その第1Rは1号艇岡田憲行が逃げ切り、大阪の岡ちゃんが真っ先にゴールを決めましたが、2006年の51周年で優出するなど江戸川4連続優出中の5号艇・江戸川タロー星野太郎は1M差してBS3番手から2M艇を伸ばして2番手ターン。しかし流れて4番手に下がってしまいますが、2周1M内に切り返して3番手ターン。ここでターンマークにぶつかってしまい決して内容はよくなかったものの、後続艇をブロックして結果オーライのような感じで3着を取り切りました。
なにわの岡ちゃんピットに帰る江戸川太郎

 1号艇村越篤と2号艇打越晶、どことなく名前の響きが似てる2人が内枠を占めた第2Rは香川から参戦のチャーミー村越が逃げ切り1着だったのに対し、打越晶の方は1Mで3号艇白井友晴に叩かれ、2Mで「初めてのA1、そしてどきどきばくばく初めてのG1出場です。(動画」の5号艇山田雄太に差されで4着と明暗はっきり分かれてしまいました。
香川から参戦のチャーミー村越

 第3Rはデビュー初優勝が2001年8月の当地さわやか杯東京コカ・コーラカップという1号艇中島孝平が1着。
中島孝平

 第4Rは1号艇作間章(木更津市)が11トップスタートの速攻から「地元木更津のリズムに合わせましてオッサオッサオッサと流れを乗り越えていきます。(動画」と押し切り1着になったレースですが、差して3番手だった4号艇齊藤仁(福岡在住東京支部)が2Mで振り込み選手責任転覆を喫する場面も。
初戦白星発進のマーサク選手

 第5Rは捲り差した5号艇毒島誠が先頭に立つも、捲り差しで3番手だった6号艇山本隆幸が2Mあふれるセンスを見せつけた角度鋭い小回りで一気にブス島の内に潜り込み、2周1M先行して逆転1着と、先月の富士通カップで江戸川再開後の優勝経験済みなのは伊達じゃない所を披露。
あふれるセンスで緑を克服した山本隆幸

 第6Rは5月以降の勝率8.52と絶好調な2号艇角谷健吾(神奈川)が13トップスタートから捲りきって1着になりましたが、捲られた27スタートの1号艇森永淳はターンマークにぶつかり、4号艇上平真二と5号艇中辻崇人に乗り上げられて選手責任沈没失格(動画)。かすめた程度の上平は完走しましたが、まともに乗り上げた中辻はエンスト失格になり、森永は不良航法も適用されました。
 選手紹介で「おはようございます。今節、(古賀)繁輝君が優勝戦乗らないと僕に大変な事が起きてしまいます。」と言った森永ですが、7R1回乗りだった古賀繁輝のレースを前に大変な事が起きてしまいました。
角谷健吾

 第7R前検タイム1位の2号艇湯川浩司(チルト+1度)が04トップスタートから捲った展開を突いて3号艇林美憲と4号艇・2006年G1江戸川モーターボート大賞優勝者飯島昌弘の差しが入り、2番差しの飯島が2Mを先行し1着。湯川は林との2着争いになり、HS伸びた勢いで2周1M林を捲って2着。
江戸川大好き飯島昌弘

 第8Rは11トップスタートから捲りに行った3号艇・初A1初G1の榮田将彦が振り込み選手責任転覆(動画)。
 そんな中、スピード感ある捲り差しを決めた6号艇山崎智也が1着になり、「大した事なさそう。」という前検コメントから一変した実戦足を披露。JLC中継で師匠の廣町恵三元選手に無印評価されてなにくそという気持ちになったのがいい方向に働いたとのこと。尚、2号艇星野太郎は1周1Mで山崎に叩かれたのとターンマークに接触して流れたのが響いて4着でした。
この日一番人が多かった8Rの山崎智也

 第9Rは1号艇別府正幸が12トップスタートもやや首都高に乗ってしまいまして、今節選手代表の2号艇山田竜一が差しきり1着。
選手代表の重責も担う山田竜一

 10Rは1号艇山本隆幸がセンスあふれる13トップスタートの速攻で4号艇寺田祥のつけまいをブロックして押し切り本日連勝。しかし8Rで山崎智也が6コース勝ちを見せた事で自分の6コース勝ちが目立たなくなったとコメントはトーンダウン。
 ちなみにこのレースはゴールデンレーサー賞予備選手だった寺田♂と3号艇石渡鉄兵のコンビが共にここ1回乗りでしたが、寺田♂が2着と好結果だったのに対し、江戸川鉄兵は捲り差し狙うも2号艇中辻崇人に張られてしまい不発。5着に敗れてしまいました。
連勝もインタビューではトーンダウンの山本隆幸

 11Rは1号艇花田和明が逃げ切り1着ですが、1周1M花田に対し3号艇馬袋義則がつけ回ろうとするも派手に振り込んでしまい、4号艇村田修次とも接触して馬袋は選手責任のエンスト失格。そして馬袋は負傷帰郷となってしまいました(動画)。
ジャニーズ系アラフォーレーサー花田和明

 初日メインゴールデンレーサー賞は1号艇山崎智也が押し切り初日連勝。同じく連勝の山本隆幸とは2日目10Rで直接対決が組まれてます。
 2番差しの5号艇湯川浩司が先差しの2号艇飯山泰を捕らえて2着に入り、角谷健吾と村田修次から「打倒湯川浩司」と言われた湯川は初日2着2本。
1回目よりはすいてたGR賞の山崎智也

 選手紹介は選手代表山田竜一から始まり、登録番号の古い順に進んで行き、最後は中野次郎の選手宣誓で終わりましたが、一番面白かったのは江戸川4連続優出中の愛知84期4016西川新太郎50kg。
 「おはようございます。江戸川の再開を首を長く、いや、おなかはぽっこり出ながら待ってました。今節は西川新太郎から江戸川新太郎と呼んでもらえるようにがんばります。
 ということで、写真は江戸川太郎と江戸川新太郎、そして中野ジローによる選手宣誓の3点です。ちなみに江戸川新太郎の初日は4R2号艇3着と10R5号艇4着でした。
江戸川太郎江戸川新太郎中野ジローによる選手宣誓

 続いてはゴールデンレーサー賞出場者インタビュー。山崎智也が中野次郎の事を「中野君がコンパニオンのおねえさんに夢中でそっちの方ばっかり見てます。」という感じでちゃかした場面が。
中野ジローを見る山崎智也飯山やすし濱野谷憲吾笠原亮超抜宣言が出た湯川浩司中野ジローステージをドリフコントのような勢いでお片付け


尼崎報知ローズカップ争奪戦優勝戦

 報知新聞大阪発刊45周年記念ローズカップ。バラ色の未来がありそうな阪神なんば線開通で、タフィ・ローズ擁するオリックスの本拠地京セラドーム大阪と尼崎センタープール前間のアクセスもぐっと便利に。
 さて、優勝戦は5号艇吉田俊彦(兵庫)がチルト+3度に跳ね上げた123/465の進入から3号艇川尻泰輔が強烈な01トップスタートを放ちますが、06スタートの1号艇大神康司が1Mを先行してカワ尻の捲り差しを振り切り、通算29回目にして尼崎初優勝は2日目12R6号艇2着以外全て1着の準パーフェクトV。

桐生競艇マンスリーKYOTEI杯初日はWとも様イベント

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 今日はマンスリーKYOTEI杯初日桐生競艇場に今年2度目の現地参戦。先週のG1赤城雷神杯に行かなかったから今週行こうと思いついたのが最大の理由ですが、艇界史上最多3417勝レーサー北原友次元選手と邑楽バトラー山崎智也のWとも様、それに東京スポーツ紙上で「現役レーサーが語る江口晃生の競艇24時」を掲載中の江口晃生のトークイベントが今日あったというのも大きな理由。

 まず、記念V46を誇る鉄人とも様が出演したマンスリーKYOTEI鈴木隆史編集長司会の「マンスリーKYOTEI杯舟券塾」が6R発売中と7R発売中に行われ、予想はさっと済ませて5期メンとしてデビューした1959年から引退までイン一筋だったことや、5期メン1481だったとも様と約3000番違う101期4480小林靖菜にピットを案内してもらったことや、進入固定の6号艇で1人だけスロー起こしだったことや、現役当時玉野競輪場で車券を買おうとしたら瀬戸の大魔神安岐真人元選手とはちあってツキが逃げて28万車券取り逃した話とか鉄人とも様の話がメイン。今も昔も新人は大外が基本と言われるなか、デビュー戦からイン進入だった事をさらっと語ったあたりに鉄人の貫禄を感じました。ちなみにとも様つながりはトークショーでもネタに使われてました。
マンスリーKYOTEI鉄人北原友次イベント

 次に、貴公子とも様とシエロ様が出演した丸亀G1全日本選手権壮行会トークショー9R発売中に行われ、夏みかん色のダービーチャリティーTシャツを着用したNeoPan30佐山夏子アナが司会。シエロ様の口調がとにかく滑らかだった事と、今夜も沢山ファンが来てた智様が「最近江口さんにとも爺って言われます。」と言ったあたりが印象に残りました。こちらは動画も公開されています。
江口晃生選手・山崎智也選手めざせ日本一!!壮行会

 ここで本日の軌跡を紹介。11時過ぎに出発して邑楽ロードR122(祝・騎西菖蒲バイパス完成)を太田市手前までひたすら進み、太田市で県道2号に入りトヨタ車で中島飛行機ゆかりの地太田市スバル町を通過。中島孝平完全Vと太田和美1000勝達成を祝ったつもりで太田市街経由。その時点では競艇を先に行くかオートを先に行くか決めてなかったんですが、思ったより早く太田市内に入ったのでオートを先に。途中こだわりらーめん しせん亭新田店が視線に入ったので、店自信の一杯しせんらーめん醤油味で昼食。柔らかめの太縮れ麺とやや辛口の野菜炒めが絡んだラーメンです。
 県道2号の伊勢崎市中心部で渋滞に巻き込まれつつも初めての伊勢崎オートレース場は上毛新聞社杯争奪戦3日目で、2Rの時間に到着。桐生優先の関係で3R終了後には早くも移動しちゃいましたが、次回はナイター時間帯も見てみたいですね。
 桐生終了後はざーざー降りの中、国道50号・国道407号・国道17号を経由して行田天然温泉古代蓮物語に閉店まで入浴。家に着いたのは2時ちょい前ですが、帰りの土手道に燦然と輝く江戸川競艇の看板を見ると安心しますね。次回遠征は9月26日〜28日で九州5場2泊3日の旅です。

 最後に、本日の実況は現着直前の4R以降高石順成アナで、ピットリポートが篠田和之アナ。旧JLCニュースワイドで楽しみにしてたのはレースタイトルの由来を始めもろもろの話を調べて番組で紹介してくれたしのださんの司会だったりするのですが、その声を場内で聴けたのはやっぱりうれしいのです。
 で、明日と明後日のピットレポートを担当するアナウンサーがブログ最新記事「しのだ備忘録〜第1回競艇美女図鑑(画像あり)」で紹介されてたのですが、なんとびっくり桐生初登場の石川香奈恵アナが担当します。行田到着時に携帯で見て知ったのですがまじでびっくりしました。これで月曜火曜のナイター競艇中継も桐生中心で見る事決定です。
 カナエアナといえば唐津実況と携帯マクール唐津コーナー内「エンタ亭カナエの先走りブログ」でお馴染みですが、今夜のザーザーぶりはそのブログに書いてあった「私、雨、結構嫌いじゃないです。とくに、ザーザーぶり。自然洗車してくれるし。おっきい声で歌えるし。気持ちイイ。」という部分を思い出しました。確かに行く前より車がきれいになったのです。

尼崎スポニチ創刊60周年記念伊丹市施行55周年記念競走優勝戦

 1940年に市制施行された伊丹市の競艇施行55周年記念優勝戦は12346/5の進入になりかけるも、「最後に見せるか天使の微笑み(動画」と千葉誠一アナに紹介された6号艇山室展弘さんが回り直して結局枠なり4vs2。そして1号艇中岡正彦が12スタートから堂々イン戦決めて今年3回目・尼崎4回目・通算32回目の優勝
 後続は08トップスタートの2号艇君島秀三が3号艇吉川元浩を張ってのつけまいに出て結果中岡の壁役に徹した展開を突いて、22スタートながら的確な角度で差した4号艇石田政吾が2着。

 ところで、平針在住の師匠田中信一郎(仮名)さんから今日もスポーツニッポン関西東海版の記事情報を貰ったのでここに紹介。
 阪神ファンの山室大先生にとって聖地甲子園から近い尼崎センタープールは地元のようなものですから「モーターは大したことないけど、気にしません。運転するのは人間ですから。気合いは入ってます。あとは集中力ですよ。」と、「運転するのは人間ですから」の部分がとっても心にしみいるエンジェルの様なお言葉。惜しむらくは結果差し遅れて6着に敗れたことと、夜の阪神vs広島戦も1-3で広島に敗れてしまったことであります。

びわこスポニチ創刊60周年記念八景賞優勝戦

 お笑い新鋭王座決定戦第2回予選も行われたびわこ競艇の当たるもびわこ八景、当たらぬもびわこ八景賞は枠なり3vs3からイン先制の1号艇今村豊と差した4号艇柳沢一によるトップ争いとなり、2Mは内の柳沢が先制も今村豊が差し返してHS両者併走。2周1Mは内の今村豊が先制するも柳沢のつけまいが決まり、節間9戦8勝2着1回の今村豊を捲りきって堂々競り勝った柳沢は昨年11月G1江戸川モーターボート大賞以来となる通算14回目の優勝

【HK競馬王CCキルトクール】

 阪神競馬略してHKの大一番、G3朝日チャレンジカップのキルトクールはニルヴァーナ。成績から平坦専用馬と思われ、このコースでは重賞で掲示板に載れる力は無いと思われます。切ってカート小判ざっくざくといきましょう。

【賞金王決定戦】吉川元浩、福岡で鷹になる。【ソフトバンク122】

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 ソフトバンクホークスでお馴染みヤフードームから地下鉄で3駅の福岡競艇場で開催されていたSG賞金王決定戦も遂に最終日。
 フレッシュな女性実況陣と共に一足早く始まった賞金王シリーズ戦優勝戦スタート展示オールスローの162354から本番では進入こそ4と5が入れ替わったものの起こし位置はピタッと折り合って16/23/45。シリーズ戦V3に向けマイシロをたっぷり取った1号艇太田和美(待機行動違反)はシリーズ戦連覇を狙う2号艇赤岩善生の捲りを張っての逃げを決めようとしますが、そこに大外から5号艇山崎智也の捲り差しが。
 Sports@nifty競艇特集が「サンタスティック!」と絶賛した程の鮮やかな捲り差しを決めた山崎智也は粘る和美を振りきり、「初出場の群馬県出身、山崎智也です。名前覚えてもらえるようにいいレース見せて帰ります。応援よろしくお願いします。」とシリーズ戦初出場ながら即優勝の快挙を達成。通算では記念25回を含む57回目の優勝です。鋭い捲り差しを決めた裏にはプロペラのアドバイスを送ったTBPクラブのホームラン王村田修次の存在が。実は今年2回しか優勝がなかった山崎智也ですが、これで来年の児島SG総理大臣杯にムラッシュ共々出場する事も決定しました。


 日本一を見よ。内田和男アナの実況による賞金王決定戦ファイナルは6号艇三嶌誠司のピット離れが悪く結局枠なりだったスタート展示同様、本番も三嶌誠司が「大外から真っ向勝負、クリーンに行きます。」と一部のファンをがっかりとさせた淡泊なピット離れになったため、かなり浅めな枠なり3vs3に。待機行動違反を取られた程のたっぷり懐を取った起こしから逃げを狙う1号艇吉川元浩(兵庫79期3854)に対し3号艇湯川浩司(大阪85期4044)が捲りに行こうとするも、2号艇井口佳典(三重85期4024)が「水の上では同期も友情もない。」とばかりに艇をねじ込んで湯川に抵抗。この間に吉川は井口の艇をチョコンと張って逃げますが、チョコンと張られた井口は同期湯川を道連れに大きく流れ、井口は振り込んで責任外のエンスト失格。道連れにされた湯川も大きく不利を受けて銀河系は那珂川の星屑になってしまいましたが、湯川は「井口に対しては何もない」というコメントを残してます。
 さて、逃げた吉川は差してきた4号艇魚谷智之(兵庫76期3780)を締めて振りきり、SG8優出目にして悲願のSG初優勝下関G1競帝王決定戦を含む通算25回目の優勝が賞金王決定戦になった2007年度競てい王吉川元浩は建築会社に就職後現場監督になるも阪神大震災による自宅崩壊に遭い、逆境から立ち直る為に一念発起して年齢制限ぎりぎりで競艇選手の道へ。24歳でデビューした苦労人が猛牛から巨人へ、そして福岡で鷹と化して高く羽ばたいたのであります。
 後続は1M捲り差しから3番手を航走した5号艇松井繁(大阪64期3415)が本番ピットにぴょんぴょんとスキップして向かう程な王者マツイダゴッホの精神的余裕を水上でも見せて2Mで魚谷を捲りきったらHS魚谷を締め込んで、2周1Mを先に回って逆転の2着に入りお揃いTシャツ軍団のワンツーです。この結果に王者は「自分が優勝するのが一番だったけど、吉川が優勝出来て良かった。」と祝福のコメントを。3着に敗れた魚谷ですが、ウイニングラン終了後ピットに帰還した涙目の吉川を鎌田義と共に出迎え祝福。吉川のSG水神祭にも参加して喜びを分かち合うと共に年間獲得賞金1位を守り通しました。これにより獲得賞金ランキングは兵庫のワンツーに。思えば、魚谷のSG初優勝もここ福岡のSG全日本選手権で、あの時はイン36王者スタートの松井を2コースの吉川が捲った展開を突いて3コースの魚谷が捲り差しを決めたレースでしたね。

【黄色い電車】今日、極小のミクロスタートは紙一重【市川-中野】

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 準優勝戦の丸亀G1京極賞。1つ目の準優10Rは136/245の進入から1号艇のミクロスターター市川哲也がスリット先制のイン速攻で先頭に立ち、先週のG1江戸川大賞準優12RでFを切ったばかりの3号艇中野次郎も早いスタートからの2コース順走で2番手に立ちましたが、「1番艇〜3番艇〜欠場!」と市川が+03、中野が+01のフライングです。これによりF明け後G1斡旋停止3ヶ月の処分となりますが、江戸川で既に処分を受けている中野はもう3ヶ月追加となります。よってTokyo bay piratesの一員である中野次郎は既に斡旋停止が決まっている年内のG1に加え、2月の平和島G1関東地区選手権と3月の平和島G1トーキョー・ベイ・カップ欠場が決まりました。ベイパイメンバーなだけにベイカップの欠場は痛過ぎますね。
 尚、1億2229万8900円の返還になったこのレースで3番手から繰り上がって1着になったのは中野と共に江戸川でFに散った身である2号艇山崎智也。4カド16安全スタートの外マイから3番手を航走した山崎は、1M差しから2Mでは内を就いてきた中央総武緩行線カラーの5号艇安田政彦を行かせての差しで頭を取り切って今年の記念初優出を決めました。なんというか、山崎方也と共演した山崎智也は世界バリバリ☆バリューの放送日に合わせて今年の記念初優出を決めてくれましたね。そこらへんが艇界のスーパースターたるゆえんでしょうね。

 みずがめ不足が心配される今日のまるがめでは一般戦の3Rで同じく世界バリバリ☆バリュー出演の総武線カラーは5号艇横西奏恵が決めてくれました。大外進入になった横ちんは捲り差しで、4カドから同じく捲り差しで先行していた3号艇本橋克洋に舳先を入れて2Mは本橋を張り飛ばしての先制ターンで単独先頭に立ちTV出演日にシリーズ初1着です。


 優勝戦の枠番です。

1:重成一人 2:松井繁 3:山崎智也 4:湯川浩司 5:宮武英司 6:安田政彦

 4月28日の丸亀W準優シリーズ春の陣3日目2Rで通算1000勝達成の水神祭を節目に今月限りでの引退を決めた父重成達郎に息子重成一人が父の日に開催された地元G1Vのプレゼントを報告できるかが先ず注目でしょうね。

津G1つつじ賞王座決定戦5日目

 ピット遅れも回り込んだ大阪支部69期3556田中信一郎が2コースに入り、13/2/456の進入になった準優12Rは1号艇井口佳典が不快な起こしをものともせずにミクロの領域00タッチスタートで押し切って1着。そして対照的に34ドカ凹みスタートのタナシンも巧みな順走技から2M的確に捌く老獪さで2着。
 このレース酷い内容(゚゚)イラネだったのは2号艇池田浩二で、インが飛び出て2コースが凹む絶好の捲り差し展開にもかかわらず捲りに行って当然のように井口に飛ばされて結果的にタナシンを助け、2Mは捲り差し狙いも前が壁になって何も出来ずの4着でした。


 ギャンブル王争奪!競馬&競艇予想大会対象レース王座決定戦の枠番です。

1:井口佳典 2:今垣光太郎 3:吉川元浩 4:服部幸男 5:田中信一郎 6:深井利寿

 津の正月開催伊勢新聞社新春レース準優12R同様準優00タッチスタートだった三重本部最強選手の井口が#なイン戦で地元G1Vを決めて伊勢新聞社新春レース優勝戦Fの借りを返してくれる事でしょう。ちなみに2号艇今垣光太郎の父は本日から開催中の三国JLC杯を最後に引退する今垣武志です。

江戸川日本写真判定社長杯5日目

 水上の格闘技をお楽しみ頂いております本日の江戸川競艇は第10Rまでが1200mの2周戦。南寄りの風が8m波高20cmの第6Rでは1Mもつれ合って2号艇西野翔太がエンスト失格です。
 このレースから3周戦になった第11Rは伸びのいい06トップスタートを見せました5号艇山本隆幸1着。1回乗りのここを勝ってポイントの方も前日の5位からジャンプアップ、明日の優勝戦2号艇になりました。そしてイン戦粘って2着の1号艇松本博昭は優勝戦5号艇。


 6日間の激戦を勝ち抜いてきました6精鋭が揃いました優勝戦の枠番です。結局前日のポイント上位6名がそのまま優出しました。

1:今坂勝広 2:山本隆幸 3:山本寛久 4:野添貴裕 5:松本博昭 6:阿波勝哉

 G1江戸川大賞を獲った実績のあるガッツ今坂がポールポシジョン1号艇でインの利を狙います。そしてチルト+2度のアワカツが彼にとってのポールポシジョン6号艇でまくり一撃を狙います。そしてインとアウトがやり合う間隙を突いて69期大阪支部3555の野添が優勝できれば優勝者当てクイズ当選の権利が

2002年度住之江王冠覇者山崎智也が約5年ぶりの住之江優勝

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 春たけなわの住之江で春たけなわ競走優勝戦。豪華メンバーが揃った4日間の短期決戦を勝ち抜いた中でも1号艇になったのは艇界の貴公子山崎智也。人気の中心山崎智也を取り巻く一戦は2号艇、SG賞金王決定戦V2を含む住之江V5の艇王植木通彦が2コースでにらみを利かせ、打倒山崎に炎を燃やす5号艇深川真二が内枠2艇に主張されながらも3コースまで入り込み進入は125/346。
 しかしそんな包囲網をものともせずに智様はすんなりイン戦圧勝。2002年6月9日の住之江王冠競走となる住之江V3、通算56回目の優勝となりました。2着には4カド捲りを智様にブロックされながらも人気対抗格のウェイキーくんを捲りきった伏兵木山誠一が入り、智様の頭にしては高い1240円の好配当。ちなみに自分は「木山?格下。」ということで木山絡みを全く持ってませんでした。

 ここで5年前にさかのぼり智様の住之江王冠について触れますと、優勝した事はもちろんですが、2001年12月24日のSG賞金王決定戦で優勝戦Fをやらかし18億5882万8200円の返還被害を住之江に与えながらも、半年後にまた住之江を走っていたことに驚いたのでした。
 2007年に戻りますが、汚名返上のみそぎ優勝といえた住之江王冠とは違い、今回の優勝は1ヶ月後のメッカたけなわSG笹川賞に弾みをつける優勝ですね。今回戦った中で笹川賞に出られない艇王ウェイキーくんやライバル深川の分まで結果を残してくれるでしょう。

唐津優勝戦

 大村G1競艇名人戦から間を置かずに行われた5日間シリーズ。携帯マクール唐津競艇コーナーで開催時好評連載中の「エンタ亭カナエの先走りブログ」で「それにしても、名人戦のおじ様パワーは凄かったですね。輝いてる方は、年齢問わずカッコイイですね☆」と、後半3日間を担当した名人戦実況で名人パワーを貰った石川香奈恵アナも名人戦から間を置かずに唐津実況を担当。5名のA1+地元選手のベストメンバーと言わしめた優勝戦も担当しました。
 レースは、このレースでやっと事故点の呪縛から解放される1号艇坪井康晴(静岡)がSGウィナーの格を見せつけるイン戦ぶっちぎりで唐津3回目、通算22回目の優勝。2コース順走の2号艇今坂勝広(静岡)が2着に入り、内枠の静岡コンビがワンツー。おとといの芦屋日本モーターボート選手会会長杯争奪戦に続く静岡祭となりました。

三国うづき第2戦初日

 今日から始まりましたうづき第2戦。初日の今日はお天気良好。今節はゴールデンウィークもかかるとあって盛り上がってきそうです。心地よい春風に舞う熱い水しぶき。どうぞシリーズ通してお楽しみ下さいませ。それでは初日の攻防です。おはよう特賞第1R動画)。インコースから1345/62の順です。1秒前、スタートを致しました!シード選手の1号艇吉永泰弘が09のトップスタートで逃げるも流れ、3号艇岡祐臣の2コース差しと5号艇秋元誠の4コース捲り差しが入って吉永は3着まで。三国前節G3新鋭リーグ戦ヤングヒーロー決定戦優勝戦に続いて1号艇の吉永選手が足かけ2走連続で人気を裏切りました。

 新緑の芽吹く季節と写り。さわやかな青空の広がるみくにプールはうづき第2戦初日の攻防、ラストカードの水上は三国選抜第12Rを迎えています☆進入はインから124/563の順です。1秒前、スタートしました。5号艇重野哲之が4カド捲り差しでインから逃げる森竜也を捕らえトップでゴールイン。以上でございました。

【28日は東京都府中市が熱い!】

 府中の杜が新緑の青葉に包まれるこの時期に行われるG2テレビ東京杯青葉賞。同日は多摩川さつき杯初日なのでたぶん自分は競馬場に行かず武豊の盟友中野次郎が近くにいるイーストスクエア「風」で青葉賞を見ている事でしょうが、キルトクールは武豊が乗る海猿ことオーシャンエイプス。前2走の内容から重賞級には足りないと思われる上に父マヤノトップガンの産駒は平坦巧者多し。府中も合わないでしょう。

 ちなみに武豊とトークショーで共演した中野次郎はファン投票2位になったので11Rドリームトライアル1号艇で登場します。今夜は縁起担ぎにラーメン二郎環七一之江店で食べてきました。
 この11R2号艇は千葉の作間章ですが、さくまあきらと縁の深い桃太郎電鉄20周年記念の新作桃太郎電鉄DSが26日に発売され、これに合わせて千葉の銚子電鉄桃太郎電鉄ラッピング電車(元銀座線2000形)が走ります。銚子電鉄救済も兼ねたこのラッピング電車は3年間走るとのこと。桃鉄DS発売日の26日に出発式が行われ、もちろんさくまあきらも出席しました。

山崎智也丸亀で1000勝達成!

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 今日開幕いたしました丸亀日本モーターボート選手会会長杯は998勝レーサーの山崎智也が参戦。シリーズ1走目の8R3号艇で2コースから軽く差しきり通算999回目の1着として臨んだファンお好みまるがめ選抜
 4カド進入となった4号艇の山崎智也はスパッと捲り差しを決めて通算1000回目の1着ゴールをすんなり達成!リーチ一発ヅモで1000勝を達成した智様に対してレース後水神祭が行われまして、文字通り水もしたたるいい男に。

 艇界を代表するスーパースター、全国区の人気を誇る貴公子智様の1000勝とあってまるがめ競艇もスペシャルイベントを用意。15日の10時15分から1000勝記念インタビューを行います。まるがめで地元選手以外が節目の記念インタビューを行ったといえば、1月17日のG3企業杯JR四国ワープ杯競走2日目12Rで2000勝を達成した永遠のプリンス今村豊通算2000勝祝勝インタビューがありますね。

【花より団子より競艇。芦屋春爛漫特選レース優勝戦

 6号艇濱村芳宏が2コースに入った事で3コース進入となった2号艇星野太郎が39と大きく凹み、「林に花を咲かせましょう!(動画」ということで4カド04トップスタートの3号艇林祐介の捲り先制攻撃が濱村の抵抗を全く問題にせず満開!2004年12月唐津日刊スポーツ杯以来通算2回目となる優勝の花を咲かせました。5コースからの外マイで続いた4号艇北川幸典が2着。

 さて、芦屋競艇HPでは5月12日から開催されるG1全日本王座決定戦のドリームレースファン投票を実施中。投票締切は4月25日までです。

G1びわこ大賞4日目

 前節若松G1全日本覇者決定戦に続く予選通過を狙ったTokyo bay piratesの一員中野次郎(2走15点以上)は前半5Rを3コース捲りで1着とし、3着条件で臨んだ後半9R
 2号艇の中野は08トップスタートを決めて2コースから捲るもイン21スタートの1号艇山口剛を捲りきれず、3コースの中村有裕には差されて3番手。それでも3番手はキープして予選通過はなりそうでしたが、最終3周2Mで振り込んでしまい選手責任転覆、予選通過寸前で痛恨のミスを犯してしまいました。ちなみにもう1人のTokyo bay pirates濱野谷憲吾は7位で予選をクリアし、明日の準優12R3号艇です。

【土曜競馬キルトクール】

 阪神G2読売マイラーズカップキルトクールは桜花の翌週で1番枠で登場するサクラメガワンダー。前2走は共に馬券圏内も、G1級不在の弱メン相手。一気にメンバーが強化される今回は流れに対応できないとみてキルトクール。

 ところで、国際障害競走のJ・G1中山グランドジャンプに我らが濱野谷憲尚の名前が無いのは実に残念です。BPクラブGoTanaka田中剛はいますが、やっぱり濱野谷がいないと物足りないです。ちなみにキルトクールは中山7走オール着外のストームセイコー
ギャンブル王争奪!競馬&競艇予想大会

賞金王決定戦と有馬記念のコラボレーションが昨日住之江で実現!

ブログネタ
有馬記念 に参加中!
 SG賞金王決定戦初日だった昨日の住之江競艇場武豊が競艇ファンで知られる佐藤哲三らと共に来場。武豊は住之江で中山G1有馬記念の確定枠順を知らされたのでした。ちなみに舟券の方はサトテツともどもトライアル初日11R魚谷智之を本命にして的中させたとの事。
 そんな武豊(1969年3月15日生まれ)はピットに降りて親友の王者松井繁(1969年11月11日生まれ)を激励し、マスコミ向けに山崎智也ともツーショット記念撮影。そしてターフのヒーロー武豊と水上の貴公子山崎智也による華麗なツーショットは22日付スポーツニッポンの1面になり、武豊は山崎智也に「お互い最後はビシッと決めましょう」と声を掛けて握手したとの事。山崎智也も「会いたかった人。メチャうれしい。」とご満悦。このシーンと記念撮影の見出しは

「最後ビシッと決めよう」豊&智也が”住之江協定”


 ここで私事ですが、本日はJLCニュースを見終わった後船橋法典の楽天地天然温泉法典の湯に23日1時の閉店まで入浴して、帰り道に中山競馬場の前を車で通ったのですが、正門には早くも徹夜の行列が!有馬記念は23日ではなく24日なのに気が早い人たちがいるもんです。寒い夜に2日前から徹夜で行列してる光景にディープインパクトでした。ちなみに往路は西葛西近辺で有馬記念ラッピングトラックと併走。

 ところで、競艇と競馬のコラボレーションといえばギャンブル王争奪!競馬&競艇予想大会です。勿論日曜の両メイン、有馬記念も賞金王決定戦も対象レースです。
ギャンブル王争奪!競馬&競艇予想大会


【ラジオたんぱ改めラジオNIKKEI

 ここで阪神ラジオNIKKEI杯2歳ステークスのキルトクール。今回は大胆にもG3東京スポーツ2歳ステークス勝ち馬フサイチホウオーです。根拠は過去の東スポ杯勝ち馬が1800m上限のマイラーばっかりだから。よってホウオーも距離延長はマイナス、仮に来ても2着まででしょう。

 そして裏の中京は中京日経賞とこの日は日本経済新聞尽くしな開催であります。スカパー251ch日経CNBCもよろしく。
 更に「ノアだけはガチ」でお馴染み三沢光晴が来場するJ・G1中山大障害のポールポシジョン1番枠には東都のミスターモンキー乗り濱野谷憲尚。白ヘマと呼ばせない華麗なインモンキーを見せて三沢さんから表彰されて欲しいですね。ちなみに東都のミスターモンキーターン濱野谷憲吾トライアル3日目12R3号艇です。

SG賞金王決定戦2日目

 トライアル2日目11Rは3コースから捲った初日6着の辻栄蔵1着、大外から差した初日6着の坪井康晴が2着と、初日6着コンビが巻き返しを見せまして今年のトライアルは少し接戦ムードとなってまいりました。

 トライアル2日目12Rは初日5着の1号艇瓜生正義が好枠生かしてのイン戦で力強く押し切る圧勝で巻き返し成功の1着。3コース捲り差し狙いも同期のウリ坊独走で外マイになった初日1着の魚谷が2着で、大外枠6コースの不利を克服して差し伸びた初日1着の王者が3着と、ヒモトリは初日1着コンビが着実にファイナル入りへの道を固めました。

【23日は江戸川初日

 賞金王決定戦には64期3415松井繁と71期3622山崎智也がいますが、江戸川には久間繁に群馬の貴公子智様こと64期3414加瀬智宏、群馬の71期3619長谷川充がいます。そして間嶋仁志(ましまひとし)と真庭明志(まにわひろし)、発音が紛らわしいコンビも揃って第11Rに登場です。

【夢一路】世界ブランド厳島百競のチャンプは準地元の原田幸哉!

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 「夢一路」見果てぬ夢が駆け巡る。破顔一勝、安芸の宮島夢舞台。世界遺産を目の前に百戦百競、世界ブランド厳島百競の特一競G1宮島チャンピオンカップ優勝戦は江田島にある海上自衛隊第1術科学校出身の準地元原田幸哉が自力で手に入れた1号艇の好機を、3号艇3コース高橋勲のつけまいをブロックしてのイン戦で生かしきってSG2つを含む8度目の記念優勝。5コースから捲り差した広島支部の別府昌樹が2着に入り、準地元と地元のワンツーになりました。
 原口にとって「ダービーを勝つよりもうれしい」G1宮島チャンピオンカップは2004年度に続く2度目。そして5月の当地G1モーターボート大賞でフライングした借りを返しました。ちなみに今年はV5で通算ではV39です。準地元の原口には土谷由美おねえさんの明るい司会が素敵な表彰式(動画の6分半過ぎから)でおめでとう!コールが飛んだのでした。

桐生G1赤城雷神杯5日目

 本日は準優勝戦3つ。準優9Rは1号艇濱野谷憲吾がイン戦押し切り圧勝の1着、2コース順走から2Mフルターンで2番手争いの混戦を抜け出した今節選手代表で本日誕生日の本橋克洋(1973年10月18日生まれ)が2着。

 準優10Rは3コースから捲り差した3号艇菊地孝平とイン逃げの1号艇江口晃生がラップを続けますが、2周2M先マイの菊地が抜け出し1着になっています。

 抽選の結果勝てば優出1号艇となる準優11Rは抽選結果に目の色を変えた2号艇山崎智也が赤城雷神の気迫を見せたスーパーピット離れでインを奪取。更に6号艇今垣光太郎がインより深い4コース進入となり、スローを窺った5号艇渡邉英児が回り直して単騎ガマシとなった結果進入はスタート展示の123465から一転、2136/4/5の隊形に。
そしてイン奪取に成功した山崎がコース取られてキ〜ッ!となった1号艇魚谷智之の平常心を失った2コースつけまいを軽くあしらい、エース機を駆る3号艇笠原亮の差しも振り切って見事1着。普段からスーパースターのオーラを放つ邑楽バトラー智様が気迫の前付けでオーラロードを切り開きました。
大外単騎からの捲り差し3番手だった静岡67期渡邉英児(1998年8月2日G1浜名湖賞優勝)が2M切り返しで同県の笠原をおっつけて逆転、2周1Mでは平常心を欠いた内先マイの魚目を冷静に差して2着。今日から追加参戦となった同県66期渡邊哲也(1999年8月2日G1浜名湖賞優勝)の前でカッコいいところ見せました。


 抽選の結果優勝戦はこんな枠順に。

1:山崎 2:濱野谷 3:菊地 4:シエロ 5:渡邉英児 6:本橋

 関東4人vs静岡2人の地区対抗となりましたが、その中から真打ち智様を含めて地元が3人、そして赤城雷神杯歴代優勝者も前年覇者にしてV4の智様を筆頭に濱野谷&本橋と同学年の3人が優出です。で、もし智様の牙城を崩すとしたらナイター巧者の菊地でしょうか。

日本女性会議2006しものせき記念レース優勝戦

 前節G1競帝王決定戦開催期間中、嗅ぎ薫る秋の金土に開催された日本女性会議2006しものせき(主なシンポジスト日高邦博氏)を記念したレースの優勝戦はレースの鍵を握る5カド進入となった3号艇加木郁が絞り捲り一撃を決め、嗅ぎ薫る本年卯月の宮島陽春賞に続く通算3度目の優勝
 加木郁に捲られた後にインの野長瀬正孝を捲った2号艇2コースの横西奏恵が2着に入り、かおるとかなえでレース名にふさわしいワンツーとなりました。尚、横ちんに真横から張られた4号艇3コース石川正美(愛知)が転覆。そして同日のG3女子リーグびわこプリンセスカーニバルではもうひとりのまさ美(愛知)永井聖美がフライング。

ときめきフェスタ福岡応援レース優勝戦

 障害のある人とない人とのふれ合いや交流を図ると共に、障害者スポーツレクリエーションの一層の推進を図ることを目的として今月22日にときめきフェスタ福岡pdfファイル)が福岡市役所ふれあい広場で開催されますが、ときめきフェスタを応援する開催の優勝戦はインの白熊熊谷直樹が大外単騎から捲ってきた青鮫白井友晴を振り切って通算53回目の優勝

 ところで、福岡次節はいよいよSG全日本選手権。それに先立ち競艇サポーターズからペラ坊ストラップ&ペラ坊バッジ&全日本選手権クオカが本日送られて来ました。これで手に入れたペラ坊グッズはペラ坊(既に食べた)を含めて3個!
ペラ坊ストラップ&ペラ坊バッジ&全日本選手権クオカ(めんたい味)うまい棒限定パワーアップ「ペラ棒」

【MB記念準優】ゆうゆう上昇きりゅう、初ゆうしゅつ即1号艇!

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 みどりに囲まれた上州みどり市桐生競艇場で開催されてるSGモーターボート記念はいよいよ白熱の準優勝戦。本日は今年のSG準優日では最も多い35億2276万4700円を売り上げました。3つの準優では人機一体となった18人の精鋭陣が明日に行われる優勝戦目指して火花を散らします。まずは準優のメンバーを紹介。

準優10R
1:上瀧和則 2:今村豊 3:辻栄蔵 4:植木通彦 5:濱野谷憲吾 6:太田和美

準優11R
1:江口晃生 2:松井繁 3:市川哲也 4:中村有裕 5:田村隆信 6:白水勝也

準優12R
1:山崎智也 2:池田浩二 3:吉川元浩 4:川崎智幸 5:菊地孝平 6:秋山直之



 ではここから準優ダイジェスト。勝てば2号艇、2着で4号艇の準優10Rは16/2/345。イン上瀧のターンが流れ、2コース02トップスタート太田和美議員の差しと4カド辻ちゃんの捲り差しが入ります。BS辻ちゃんがややリードしてましたが2Mで内側の和美ちゃんが辻ちゃんにおっつけていき辻ちゃんは流れ、そこを上瀧がまとめて差し切り逆転の1着だじょー。
2番手争いですが、2周1Mは和美ちゃんが先マイしますが和美ちゃんは上瀧の引き波を踏んでバタつき、そこを辻ちゃんが差し、辻ちゃんが2着になっています。
ちなみに艇王植木は5コースからの差しが届かず4着に終わり、今年もグランドスラムはおあずけ。

 抽選のめぐみで勝てばなんと1号艇、2着で5号艇の準優11Rは枠なり3vs3。そして中村有裕気合の4カド07トップスタート!渾身の絞り捲り一閃で内3艇を飲み込み見事1着。ゆうゆうSGはつゆうしゅつはつゆうしょうにリーチがかかったのです!

ゆうゆうまくってゆうゆうまつり!

ヽ(*´∀`)ノ上州の湯〜湯〜といえばTHE SPA草津温泉、そしてゆうゆうは草津市の隣栗東市の出身。草津よいとこ一度はおいでのとなりなのです。ちなみに前橋駅前の温泉ゆ〜ゆは県庁所在地とは思えぬ程鉄分豊富な名ゆ〜ゆ〜なのです。もうこれは本場まで行ってゆうゆうコールして元気玉を与えるのです。ということで桐生へ行ってきます。
 尚、2着には大外から2コース松井と3コース市川の狭い艇間を捲り差した白水が入ってます。

 勝てば3号艇、2着で6号艇と外れクジな準優12Rは126/345。大外の菊地が08トップスタートを決めますがコース遠く、上州のみならず全国競艇ファンの圧倒的な支持を集めた邑楽力漂う聖戦士山崎智也がインから余裕で伸び返し、4カド吉川元浩の攻撃も軽くブロック、差し勢も寄せ付けない圧勝で1着
ペラ微調整して、最後はムラッシュにアドバイスもらって、今日が一番いいんじゃないですかね。特訓少し乗ったくらいですね。もうちょっと足りないなと思って、ムラッシュにアドバイス聞きました。村田君いつも一緒のときは色々教えてくれるんで、ありがたいです。」と、村田修次のアドバイスも得て足も仕上がった感じですね。
しかし2番手は大混戦。吉川に捲られる形で失速した2コースの池田以外は4艇併走。僅かに大外差しからBS最内の菊地が優勢でしたが、2Mで菊地と5コース差しからBS菊地の直外にいた川崎が握り合い、3コースイン替わり差しの秋山にゃんはこれについていけず脱落。そしてHSは外に菊地と川崎、BS外側から2M差した吉川の3艇で併走。この状態が2周BSまで続くも2周2Mで差しに構えた吉川は、5番手に上がっていた池田に突っ込まれる形で脱落。菊地と川崎の争いに絞られます。戸田SG笹川賞準優12Rに続いて○崎智○ワンツーになるのか、それとも前年覇者菊地がV2へ望みを繋げるのか。
そして2艇の争いは3周1M内から先マイの川崎がBS僅かに優勢でしたが最終3周2M。内から先マイの川崎に対して菊地は切れ味鋭く外全速つけまい。これが見事に決まり、菊地が2着争いを制しています。


 優勝戦はごらんの6選手。がむしゃらなはしりでゆうゆうゆうしょうなるか、それとも上州の貴公子邑楽バトラー山崎智也様がセンターから自在に捌くのか。目が離せません。機力上位の上瀧は旋回技術で劣るから1M圧勝の形に持ち込まない限り前付けしても頭は苦しいでしょう。他3人もあくまで脇役だから2着まででしょう。

1:ゆうゆう 2:上瀧 3:山崎智也 4:辻ちゃん 5:白水 6:菊地

 予想はK-BATTLEに投稿してます。

【併用開催の江戸川初日

 今シリーズは5日間のノンタイトルシリーズ。先制の勝ち星を狙う各メンバーがアグレッシブな走りを展開しています初日の競走は売上1億848万4400円、利用13366人ながら、見た感じ入場者数は前節大江戸賞(最終日売上2億8352万8800円、利用23792人)よりも多く見えた今日の江戸川競艇場です。ということで場内なかなかの混雑ぶりでした。

 まずは南よりの風が緩やかに吹いています第2R富田章が果敢なスリット攻撃で2コース捲りを決め先頭に立ちましたが+01のFで返還欠場。インからくるりと小回りで運んだ稲毛正剛が繰り上がりの1着となっております。

 第10Rにおいて積極的なレース運びで4カド捲りから勝利のカーブを描いて1着になった東本勝利
しかし東本は前半第6Rで3コース捲りからインの金田諭と併走も、差しに構えた2Mで2号艇中村二三男と接触(動画)し、無念の転覆を喫しています。尚、二三男及び転覆艇の上を滑るように乗り上げて外へ大きく流れた坂上毅鉄工所員(岡山在住兵庫支部)は無事完走しています。

 初日メイン江戸川選抜が始まりました。レースは1号艇荘林幸輝が逃げを決めて1着となっております。
後続ですが、05トップスタートで飛び出しての3コース捲り差しも入りきれなかった小畑実成、それに2コースの松野京吾と接触しながらも5コースから差し伸びた地元折下寛法でBS接戦も2M先マイの折下が小畑を突き放して2着。
小畑が3番手だったのですが、4号艇の金子龍介が3周目に入って猛烈な追い上げを見せて3周2Mで金龍の差しが入り、同タイムながら逆転で3着になっています。

 ちなみに自分が今シリーズ優勝者当てクイズで投票したのは1回乗りの11Rでイン07トップスタート松江秀徳相手に13スタートから果敢な4カド捲りを見せ、結果届かず2着もアグレッシブな走りが目立ったクロサギこと7点勝率B2黒崎竜也です。

【夏だ!祭りだ!江戸川Night!!】

 今日の江戸川併用場外イベント夏だ!祭りだ!江戸川Night!!は水辺のポップミュージックで涼しく!ということで桐生7R&準優10R発売中に夜の女神NOCHE DITAショー。インターネットラジオもするKAHORIとHARUの女性二人組NOCHE DITAは昨年12月24日に「I WANNA FLY(動画)」をリリース、今日はこの曲に加え、ピンクレディーのカバー「UFO」と、第二部限定でアニソン調の新曲「七色の空」を歌っています。客層と音楽性が全く噛み合ってなかったとはいえなかなかの人数が集まりました。
 明日はお笑い界の湯川浩司こと大木こだま・ひびきショー、チッチキチーでんな!
NOCHE DITAショー第一部NOCHE DITAショー第二部

 ところで、Sports@nifty競艇特集によると桐生本場では安田大サーカスショーが開催されたとのこと。写真の感じだとクロちゃんこと黒須田守BOATBoy編集長もステージで張り切ってたようですね。

 最後に私事ですが、今日は石丸電気で日本が誇る漢のHMバンドANTHEMの約2年ぶりとなる新作「IMMORTAL」を買った後、江戸川の指定席エグゼで併用発売を楽しんできました。
 ANIMETAL坂本英三兄貴やファンタスティポでMr.Traveling Manなジャニーズ系ヒットメーカー清水昭男を擁するANTHEMの新作ですが、個性の強いメンバーをまとめあげ、自らの色に染める柴田直人の統率力は今回も光っています。

【2歳重賞キルトクール】

 G3新潟2歳ステークスのキルトクールはゴールドアグリ。直訳すると黄金農業になるこの馬ですが、新馬戦の内容や血統から父タニノギムレット産駒の真打ちとは思えず、タニノギムレット産駒の重賞制覇は時期尚早とみてキルトクール。

 G3小倉2歳ステークスのキルトクールはスーザンライダーザンス。この時期の小倉はインが弱いので1枠1番の(スーザンライダー=スーザンライダー)を切ってみるザンス。

明日からDash!みどり市MB記念、今日はDash!上島大外捲り

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 明日から北関東はみどり市にあるみどり豊かな桐生競艇場で始まるナイターSGモーターボート記念、「ま、普通くらいですね。66号機と比べると大分落ちる気がしますね。」と語るのは天まで翔けていきそうな邑楽力で邑楽ロードを切り開き、当地では常に不動の優勝候補邑楽バトラー山崎智也Sports@nifty競艇特集にはオレンジの携帯をいじる様子が。この後はもちろん日曜の夜まで携帯いじれないのです。)。
邑楽と言えば中野ということで、ニフ艇の記事からですが、座間出身の中野次郎(東京)も山崎智也に迫る入り待ち人気だったそうです。

 そんな聖戦士山崎智也は当地前回報知新聞社杯・お盆レース相棒で、今回も狙っていた66号機を池田浩二奪われてしまいましたが、替わりに引き当てたモーターはモーター2連対率32.9%で37位、前検タイム6.81で40位の62号機。数字だけ見るとダメダメなモーターですが前回使用者伊藤誠二はオール2連対で新東通信杯優勝、なかなかの縁起物ですね。
 そして山崎智也の初日は12RSuperドリーム戦1号艇1回乗り。ここで2連対できる足があるかがシリーズの行方を占う事になりそうですね。もちろん山崎智也から。

 ちなみに壮行会で応援してきた多摩川代表村田修次のモーター56号機2連対率35.7%は、前回岩崎芳美が使用して(2.5.1.2.6.5.3.3.4)の成績。前検タイムは6.76で、コメントは「出足はまあまあ」とのこと。
ムラッシュは2R7Rに登場、特に2号艇の2Rは1号艇が「伸びはまあまあ」とコメントする江戸川代表齊藤仁なので、東京支部が内枠独占で上位も独占?
ちなみに平和島代表飯山泰は1つ後の3R2号艇1回乗りです。

平和島東京新聞盃優勝戦

 目下平和島三連覇中であります1号艇イン中岡正彦に対し、ファンの声に応えてここまで封印してきたチルト+3度大外進入で登場は今シリーズダッシュ戦から沸かせています5号艇上島久男特攻隊長58歳。
通算84本のFを持ち、昨年12月10日の丸亀年末ファン感謝ゴールデンカップ内で行われたF祭りにも参加してF3となり約半年のバカンスを過ごした上島隊長。常にFと隣り合わせのSTが魅力の上島隊長、昨夜の中京スポーツ杯争奪蒲郡ボートキング決定戦優勝戦で初優勝を飾った愛知の後輩杉山正樹に勇気づけられ、ここもいちかばちかのスタートなるでしょうか。
 注目のレーススタート、上島際どいスタートで勢いよくとびだしたぞ、さぁ上島だ上島ダッシュ一撃いったかぁ!捲り一発決まったぁ!なお01タッチスタートでスタートは正常、やりましたぁ!ということで前節デイリースポーツサマーカップから続くチルトアゲ祭りの中、上島隊長が2003年10月津G3企業杯マキシーカップ以来通算20回目の優勝です。
 後続ですが、中岡は自らも09スタートを決めたものの、上島隊長のチルトアゲアゲ01タッチスタートにはひとたまりもなく4着に敗れ、2コース23凹みスタートが幸いした2号艇大神康司がくるりと運んで2着、隊長に捲られながらも外に持ち出しての4カド捲られ捲りで立て直した6号艇大賀広幸が3着。

浜名湖食堂グルメアタック優勝戦

 1号艇野田貴博がインから押し切り通算20回目の優勝。2コース順走の滝沢芳行が、5コース捲り差しからタッキーの内側に入り込んだ中村裕将を振り切り2着。

若松アサヒビール杯争奪戦競走優勝戦

 1号艇大平誉史明がぐびっとうまいイン戦決めて優勝。4カド差しの平岡重典が2番手で、大阪ワンツーかと思わせましたが、機力が一枚落ちる平岡は内から艇を寄せられてしまい、2Mでぶん回しでこれをかわそうとしたら大きく流れて後退。3コース握るも2コースの萬正嗣に突っ張られて後方だった吉田弘文が2M上手く差して一気に浮上。2周1Mも上手く捌いた吉田が2着になっています。平岡は2周1Mを差して再浮上も3着まで。

住之江残暑ときめき競走優勝戦

 16/23/45の進入から、3コース一瀬明(A1)が仕掛けますが、インの國崎良春(A2)が抵抗。この展開を突いて4コースから捲り差した林美憲(A1)が突き抜け、林は住之江ではなんちゃってSG賞金王シリーズ2着を含む4度目の優出にして初めての優勝、通算では26回目ざんしょ。
大外から差した飯島昌弘(A1)が2着で、抵抗されながらも國崎を捲り差した一瀬が食い下がる國崎を振り切り3着。終わってみれば3人のA1が上位を独占ざんしょ。

【若松OC】群馬の貴公子智様、まちゃるパワーで準優進出成功♪

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 若松SGオーシャンカップは予選最終日、昨日まで26点で今日は7R1走3着以上が条件だった水上のペガサス山崎智也ドリーム戦でイン戦押し切り先頭を走りながら前検タイムブービーという機力不足で濱野谷憲吾に迫られ差されたように今節は機力に不安がありました。
 が、智様はやってくれました。3号艇4カド進入から鮮やかなカド捲り一撃で一気に決着をつけて独走、3周2Mでは片足を上げるフラミンゴターン(動画)も見せる快走で1着となり勝負駆け成功、予選順位も一気に5位まで押し上げました。
 ここ一番できっちり決めてくれる辺りさすがは艇界一魅せるスーパースター。これにはBOATBoy編集長黒須田守氏も興奮!Sports@nifty競艇特集に掲載された記事では「うぉぉぉぉ!」と興奮の表現をした後に、「レースを終えると、グラチャンでもつけていた大きなヘッドフォンを肩にかける姿で、ピットに現われた。このヘッドフォンは、耳につけると外の音がいっさい遮断されて、雑音に集中力を乱されることのない優れものだそうである。そう、智也は早くも精神統一モードに入った! 弱めの機力で苦しんだ予選道中、終わってみれば予選5位という好成績につけた智也。間違いなく、すべてが上向いていると言っていいだろう。優勝した笹川賞から3連続SG優出も、おおいに期待できるぞ!明日の智也も、もちろん気になることが決定!
と、編集長は燃えに燃えています。

 「仕掛けないと苦しい」という注釈付きながらも、「足は全体に上向きも」と評した智様。足が上向きになった要因を勝利者インタビューではこう語っています。
 「整備士さんに色々やってもらって、ちょっとずつよくはなってきていると思います。みんな深くなりそうなら、カドでもスタート行けば勝負になるかなと思ったんで。目つぶって行きました(コンマ06)。レースはいつも勝つつもりで走ってるんで。乗りにくいのが一番気に入らなかったところだったんですけど、レース前に西村君にアドバイス貰って。やってみたらメチャクチャ乗りやすくなりました。やさしいですね、本当に。ボートが暴れない分、出足とかも自然によくなっていると思います。すごい乗りやすくなったんで、これなら勝負になる足だと思います。また整備員さんと相談してみます。もう多分、外周りくらいで勝負になる足はしていると思うんで。ナイターの方がリズムが合ってます。(フラミンゴターンは)ピットにやまとの子が見学に来てたんで、遊んであげようかなと思って。明日(5日目)、江口さんと俺で優勝乗りますんで、応援よろしくお願いします。
(*^ε^)ノシ!乗りにくさ解消で準優進出は若松4連続優出だったまちゃるたんのおかげ!


 準優ですが、智様は準優11R2号艇、応援ヨロシク。そして智様からラブコールを送られたシエロさんは準優12R1号艇です。
そして、準優には房総半島の師弟コンビも揃って進出。市原市民の師匠石渡鉄兵準優10R4号艇ならば、木更津市民の弟子作間章が準優12R4号艇。共に千葉マリンブルーさざなみ色の4号艇で期待はアゲ♂アゲ♂EVERY☆ナイターです。これは木更津が生んだ名ジョッキーDJ OZMAを聴きながら純情に応援ですね。
 ところで、準優予想はK-BATTLEでしています、予想のテーマは群馬と千葉。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
競艇電投会員即時募集中
既に会員の方はテレボート
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
勝ち組.net
アクセスランキング
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
おすすめバナー
バナソニック
リキプロ非公認サイト

ブログランキング・にほんブログ村へ



人気ブログランキング【ブログの殿堂】

blogram投票ボタン

livedoor プロフィール
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ