ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

尼崎選手権

平和島競艇開設54周年記念G1トーキョー・ベイ・カップ初日

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 いよいよ今日から始まった東京ベイ平和島競艇の開設54周年記念G1トーキョー・ベイ・カップ。初日は前半6つの実況がなんと多摩川のゴン太アナ、後半6つの実況がノッポアナのできるかなコンビで、ベイ吉アナまさかの欠場。明日以降ベイ吉さんの復帰待ってますとお伝えしておきます。
 年休取って現地参戦した今日はM-1グランプリ優勝者のNON STYLE(開会式花束プレゼンター及び4R発売中)と同優出者のモンスターエンジン7R9R発売中)が来場してステージを沸かせてましたが、2連対率1位51.7%のモンスターエンジン61号機を手に入れた草場康幸は今節を最後に60日のF休みに入り、昨日時点で出走回数64の事故率は0.6オーバーで残念ながら全く身動きできない状態。
 ですが、勝率1位6.49のモンスターエンジン26号機を手に入れた中野次郎Tokyo bay pirates)は4R6号艇1回乗りで6コースから捲り差し届かずで内側を叩けずのBS4番手。しかし2M差して2着に上がり、不利枠番を克服と、こちらはモンスターエンジン効果あり。
 ここまで書いたところで本日一発目の写真。選手宣誓の山田哲也と、山田及び選手代表熊谷直樹にNON STYLEが花束を渡す写真です。ちなみに選手宣誓と花束贈呈は収録されてませんが、選手紹介は特設サイトに動画があります。
選手宣誓山田哲也NON STYLEによる花束贈呈

 4Rに戻りますが、名前を見るだけでうずうずしてくる白水勝也(選手紹介は早口でがんばります。と一言)は3号艇1回乗り。しかし3コースからの捲り差しは1号艇中島孝平のカマを掘ってしまい不発。4着に終わってしまいました。
 そんな白水を思い出しつつ、レース後はもちろん牛小屋。もつ煮込みをつまみにこめ焼酎白水の水割りを飲みながらマスターと競艇話。ちなみに今節は木金が仕事で、土曜が上京するだいこんおろしさんを始めとする競艇お舟さんのオフ会参加予定、日曜が今節2度目の牛小屋予定、月曜が職場の競艇仲間と指定席観戦の予定だったりします。

 ところで中島孝平は84期ですが、帰りの大森行き無料バスが途中まで選手送迎バスと併走してまして、最後列に横並びに座ってた中島孝平と中尾誠笠原亮が談笑してる様子が車内からすごくよく見えましたです。
平和島54周年初日の白水

 初日メインダイヤモンドレーサー決定戦はチルト+3度の2号艇阿波勝哉が大外に出た134/562の進入から1号艇濱野谷憲吾が先行し、4号艇今垣光太郎が捲り差しで迫るもののガッキーは艇が浮いて失速。東都のエース・ムテキング濱野谷憲吾が幸先良く1着です。
 差した5号艇吉川元浩が2着に入り、3着はガッキーと3号艇井口佳典がほとんど同体でゴールし、判定の結果20cm差で井口に軍配。ちなみにDR決定戦はJLC NEWSの「C's LEAGUE」で原ちゃん(原理恵子)が予想してて1-5本線で的中してました。予想に乗っかってよかったです。
東都のエース濱野谷憲吾今節は伸び無く苦戦しそうな阿波勝哉戸田から中1日で前検だった井口佳典今月2度目の平和島になる今垣光太郎近畿地区選の3コース捲りは圧巻だった吉川元浩8Rのつボインどか遅れはイケてなかった坪井康晴

 さて、入場者数こそ午前中の雨と競合開催川崎G2エンプレス杯キヨフジ記念(入場9206人)と戸田東京中日スポーツ杯(平和島併用無し)にたたられ5269人に留まったものの、平日昼間とは思えない程客の平均年齢が若かった気がした今日の平和島でした。選手紹介+M-1チャンプ来場効果は確かにあったと思います。特にNON STYLEは平日のランチタイムながら性別問わず若い客が多数詰めかけてました。但し、個人的にはモンスターエンジンの推理小説ネタが超抜だったです。

 そんなこんなで1日マルマル平和島を楽しんだわけですが、本日は2R2号艇の藤丸光一(2コース捲り)と9R2号艇の丸岡正典(3コース捲り)が共に1着で、新旧のマルちゃんが共に2号艇で勝ったとお伝えしておきます。
M-1グランプリ優勝で高い知名度のNON STYLE超抜モンスターエンジン


尼崎選手権競走優勝戦

 伊丹市主催のG1企業杯JAL女子王座決定戦を次節に控え、尼崎市が主催する伝統の選手権は134/256の進入から2号艇山谷央がカド09トップスタートも、現在A2ながら優出メンバー中唯一のG1ウィナーである1号艇岩崎正哉が艇を伸ばし1Mを先行。そのまま押し切ったMASAYAは通算33回目の優勝
 後続は山谷、それに山谷の上を行った5号艇小坂尚哉の2艇が捲り差しで2番手争いも、内を突く3号艇吉田光と4号艇・優出メンバー中唯一のA1森秋光、それに1M捲り届かずも2M切り返した6号艇榮田将彦の3艇が先行2艇の内に切れ込み、その結果差した山谷に加えて、榮田を張りつつ森を包みきった吉田の2艇がややリード。
 2周1Mでは先行体勢の山谷に対し、吉田が内の小坂と切り返してきた榮田を締めつつ山谷の内に潜り込み、一気に先行。2番手浮上に成功した吉田は内から艇を伸ばしてきた森を包みきって混戦の2着争いを制しました(動画)。

若松しぶき杯争奪戦競走優勝戦

 1号艇濱崎誠(大阪87期4082)と3号艇青木幸太郎(福岡地区スター95期4314)にデビュー初Vが懸かった一戦は枠なり3vs3の進入からコータローが11トップスタートも、19スタートの濱崎が艇を伸ばしコータローをブロックして先行。
 そしてこの展開を突いた2号艇吉川昭男が濱崎を差しきって、今年2回目・通算28回目の優勝と、2着の濱崎と3着のコータローに経験の差を見せ付けた格好に。

バッチ・グ〜な勝利のツボを押さえシャボン玉石けん獲得のつボイ

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 「青いお空が欲しいのね♪飛ばしてごらん、シャボン玉♪」の歌(動画)でお馴染み、若松区に本社があるシャボン玉石けんのタイトル戦若松シャボン玉石けん杯争奪戦競走は9戦7勝と一線を画す活躍を見せた坪井康晴優勝戦1号艇。枠なり進入の3vs3です、インコースから123/456の並び。スタートしました。1号艇のつボイ、2号艇の熊谷直樹と好スタートを決めている。さあ伸びていく1号艇の坪井康晴、イン速攻態勢。捲っていく2番の熊谷直樹も届かない、1番のつボイ非の打ち所のないイン戦披露。
シリーズリーダーつボイ、ファイナルだって勝利のツボは押さえてバッチ・グ〜!(動画
 以上の様に、つボイは11トップタイミン・グ〜!の速攻でそのまま押し切り、あっ超〜!的な強さでウイニン・グ〜!を決め若松初・通算25回目の優勝。昨年大晦日の江戸川京葉賞の様に捲って自爆する事もありますクマの2コース戦ですが今夜は外を止めてのつけまいできっちり2着を確保し、馬場加奈子アナのトーキン・グ〜!がベリー・グ〜!だった優勝戦は2連単250円3連単770円の本命配当。
 (;`ω´)ちなみにつボイの次節は4月9日からG1戸田グランプリですが、シリーズ4日目の12日にはなんとエド・はるみが来るというバッチ・グ〜なイベントがあります。尚、エド・はるみは翌13日につボイの地元浜名湖競艇場スワッキーアタック2日目)にも出演します。
愛知まあメイドカップ準優のつボイ


多摩川MONDO21カップMONDO21優勝戦

 今節選手代表作間章が腰椎捻挫による負傷帰郷で、4日目以降小神野紀代子が選手代表を務めた5日間シリーズは麻雀、パチンコから車、アイドルまでバラエティーに富んだ番組ラインナップのスカパー!279chMONDO21の名を冠した開催。
 副賞のMONDO21麻雀牌を懸けたMONDO21優勝戦は進入隊形枠なり3vs3、内から123そして456。日本一の静水面是政夢劇場の幕が開く。MONDO21優勝戦2秒前、スタートしました。1号艇丸岡正典が16トップスタートの速攻で押し切り今年3回目・多摩川2回目・通算20回目の優勝。今月の多摩川は四市競艇事業組合40周年記念藤丸光一が優勝を飾っており、今月の多摩川は新旧のマルちゃんが揃ってVです。
 後続は花粉症マスクを被る3号艇前野竜一がつけ回って2着。1969年3月31日生まれの5号艇中里昌志は4号艇徳増秀樹との差し合戦となり、2M内から先制して3着争いに競り勝ちました。

サンケイスポーツ旗争奪尼崎選手権競走優勝戦

 センプル君がピットを案内する尼崎競艇場ウェブツアー第2弾が公開された尼センは1235/46の進入から1号艇安田政彦が3号艇の攻めをブロックしてのイン戦を決め通算40回目の優勝。外マイになった堤が2着と上位2艇はすんなりですが、残りの4艇に大アクシデント(動画)。
 差しに構えた2号艇山崎裕司がターンマークに当たり転覆。そこに4号艇枝尾賢も乗り上げ枝尾も転覆。更に5号艇吉田隆義が転覆2艇を踏み越える形になってもたつき、事故艇を避けた6号艇山本寛久はネトロンに乗り上げ回り直しと、完走した2艇も大きな不利を受けた結果山崎は妨害失格であります。

【濱崎初優勝の歩み】各地の選手権、本日は尼崎の選手権が優勝戦。

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 今月は全国各地で選手権競走たけなわの時期でありまして、既に鳴門四国地区選手権浜名湖G1東海地区選手権多摩川G1関東地区選手権の3つが終了してる訳ですが、本日は尼崎の選手権、その名もサンケイスポーツ旗争奪尼崎選手権競走が最終日。
 優勝戦は、東海地区選手権ではなく尼崎選手権で今年4場所連続4度目の優勝を目指す吉田徳夫が順当にポールポシジョンの1号艇を獲得。海苔オV4へ視界良好でありましたが、デビュー5度目の優出で初優勝を目指す92期濱崎直矢(埼玉)が3号艇3コースから捲り差しのハンドルでイン逃げ込み体勢の海苔オを捕らえて2Mを先マイ。海苔オを振りきった濱崎が嬉しいデビュー初優勝。大阪の87期濱崎誠よりも早く初優勝実現であります。ともあれ艇界に2人しかいない濱崎選手が優勝したので、これには濱崎直矢と同期の西村歩(大阪)も大喜びでありましょう。

 ところで、濱崎直矢の師匠平石和男(関東地区選手権優出5着)前支部長は10日土曜に戸田競艇場で笹川賞ファン投票応援ヨロシクということでゲストを務めますが、関東地区選手権優出2着の山崎義明現支部長は10日土曜から早くも江戸川日本写真判定社長杯出場です。

【一太郎二姫】

 昨日はサイコムのPCが届いて、帰宅後は設定をしてたのですが、本日は一太郎2007の発売日。統合ソフトJUSTSuite2007がまとめて一発インストーラの不具合で直前になって発売日が1ヵ月延びるハプニングがありましたが、自分は一太郎とATOKが使えれば問題ないので発売日に一太郎を購入しました。
 WindowsにはMS-IMEなるものが標準で添付されてますが、自分は阿波徳島略してATOKでないとダメ派なのです。もちろんMicrosoft Officeの文字入力もATOKで打ってます。だからネットカフェに行くと変換で四苦八苦。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
競艇電投会員即時募集中
既に会員の方はテレボート
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
勝ち組.net
アクセスランキング
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
おすすめバナー
バナソニック


blogram投票ボタン

livedoor プロフィール
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ