ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

尼崎センタープール

山室展弘V99達成、山本寛久が蒲郡1ヶ月2Vで岡山支部がV独占。

ブログネタ
競艇 に参加中!
 尼崎センタープールのデイリースポーツ杯争奪ささはら賞競走は伊丹市主催だったためにセンプルメールマガジンの発行が無かったのが非常に残念でしたが、ファイナルは見所たっぷり。

 その優勝戦1号艇になったのは昨年10月の当地SG全日本選手権(尼崎市主催)で節間2勝を挙げてたのも記憶に新しい東京在住岡山支部の山室展弘さん。
 更に、昨年11月三国G1北陸艇王決戦を最後にF3休みに入ってた一宮稔弘も復帰初戦にして3号艇で優出。更に、外枠3人は全員準優1号艇。

 「古くは万葉の句にも歌われました猪名の笹原。その笹の音以上に耳に残るエンジン音。スタンダードなこの響きも今日この一走が聴き納めとなります。(動画
 ということで標準型モーター使い納めのレースになった優勝戦は枠なり3vs3の進入から一宮が42とスタート凹むも、
 「山室フリークのみならず勝利の女神も虜にしました。走りで魅了の天才奇才」山室大先生はしっかり19トップスタートを決め先頭一人旅。
 「ノーマルエンジン最後のシリーズ、そのトリを飾るのはどうやらこの人。強さも感性も決してノーマルではありませんが、魅惑の勝負師、ふたご座の怪人。山室展弘1号艇です。シリーズ序盤はムードいまいち苦戦するかと思われましたが勝負がかりのピンポイント気合の走りでリカバリー。謎に満ちた男に見えても勝ちたい思いはスタンダード。ファンの期待に真摯に応えて久々のシリーズ制覇へとひた走ります。
 ということで千葉誠一アナの実況も冴え渡った尼崎標準型モーター最後の優勝者になった阪神ファンの山室大先生は2008年5月サンスポグリーンカップ争奪戦以来となる尼崎5回目の優勝
 そして山室大先生は今節4勝を挙げた岡山支部の大先輩万谷章第7代名人位が2006年G1競艇名人戦で通算99回目のVを飾った尼崎で万谷名人と並ぶ通算99回目の優勝を達成しました。

 後続は1M一宮稔弘(徳島)を叩いて差した4号艇烏野賢太(徳島)が艇を伸ばして2M先取りも、1M差し順走の2号艇今村暢孝が2M烏のケンタを差して単独2番手になりかけますが、1Mつけまい不発から2M差そうとしてノブ今村が壁になった5号艇林美憲(徳島)が2周1M切り返して先行。
 ここでノブ今村は林がまともに壁になってしまったのに対し、ケンタは冷静に2艇を行かせて差しきり、カーネル・サンダースと縁が深い甲子園からほど近い阪神沿線のセンタープールで2001年にSG総理大臣杯(山室大先生も優出)を制した烏のケンタが標準型モータートリのレースで2着をトリきりました。

 ちなみに本日は雨天だった為に表彰式は中継の無い屋内でしたが、マイミクのなかやまふうぞ君さんが現地に行ってましたです。
【競艇】山室展弘選手表彰式 (20080521尼崎)

尼崎全日本選手権山室先生勝利インタビュー2日目

尼崎全日本選手権山室先生勝利インタビュー10月10日10R

 さて、尼崎センタープール次節は5月4日から尼崎市主催の報知金杯争奪六甲賞競走
 その初日には尼崎市出身の女性デュオあまゆーずが来場して癒しのライブを披露しますが、あまゆーずは2010年度の尼崎センタープールイメージアーティストに決定しました。


蒲郡スプリングカップ優勝戦

 波高5cm東追い風8mの安定板着用レースは枠なり3vs3の進入から先行する1号艇山本寛久(岡山)に対し2号艇鎌田義の差しが入りかけるも、
 「おぉーっと!風に煽られたかまだぁ!(動画
 ということでバック向かい風に煽られたカマギーは転覆。
 これで山本がすんなり独走になり、
 「蒲郡は一月2回の優勝で今年これでV4。攻めの迫力しのぎのうまさ。荒れ水面も攻略。さすがに緩急自在とばかりにシリーズを引っ張った男
 山本寛久は今月4日の蒲郡ムーンライトレースに続く蒲郡3回目・今年4回目・通算23回目の優勝。2番差しの4号艇吉川昭男が2着。

 ところで、蒲郡ボートでは5月1日からガマナツ2010開催。
 これに先立ち、ガマガマ団YouTubeチャンネルでは19日付で3本のCM動画が追加されました。


江戸川東京中日スポーツ杯4日目

 明日の予選最終日を控え、4日目までの得点率上位者を紹介します。

9.17稲田浩二 8.71折下寛法 8.43川口貴久 8.29小坂尚哉 7.43國浦英徳 7.29新藤哲三君島秀三 6.86道見数成 6.83加藤知弘 6.57増田弘喜

 尚、第7R5号艇で捲り差しを決め1着になった佐竹友樹と、同レース2号艇だった吉田慎二郎が本人辞退の為に帰郷しました。

劇的尼的準優勝戦のSG全日本選手権

ブログネタ
競艇 に参加中!
 「府中の2400mよりもセンタープールの1800m。水のターフにダービーの興奮が渦巻きます。(動画
 スタンド屋上からセンプルくんが戦況を見守る阪神尼崎センタープールの劇的尼的頂上決戦SG全日本選手権は体育の日に準優勝戦。
屋上からセンプルが見守るセンタープール劇的尼的頂上決戦。

 1つ目の10Rは地元兵庫支部エースの2号艇吉川元浩が、なんと1号艇今垣光太郎からインを奪って213/456の進入に。
 そして4号艇守田俊介が08トップスタートから絞りに行くも、09スタートの吉川が艇を伸ばし1Mを先行。ターンしっかり掛かった吉川はそのまま押し切って独走に持ち込み1着と前付け大成功。

 優出を懸けた2着争いは捲り差しで先行する守田が2番手、小回りの3号艇赤岩善生が3番手でしたが、機力に勝る赤岩が2M押っつけて先行。
 ここは守田が行かせて捌き2番手死守しますが、赤岩は2周1M外全速から2周2M内に切り返して再び守田に押っつけ敢行。
 ここは守田がなんとか全速包んでかわすもののやや流れ、HSではほとんど同体になって3周1Mは赤岩が先行。
 しかし、守田は俊敏な差しで窮地を捌ききり、SG戦線では機力不足で苦しむ事が多かった守田が2004年若松SGオーシャンカップ以来となるSG優出。
気迫の前付けインを成功させた地元エース吉川元浩

 2つ目の11Rは125/346の進入から1号艇松井繁が王者の逃走劇で順当に1着。
 差し順走の2号艇市川哲也が2着で、2連単1-2が240円で3連単1-2-3が680円の超本命決着で多くのファンに幸せを提供。
自信たっぷりの優勝宣言が出た王者

 ここでちょっと食い物の話に変わりますが、夜は十三の珍牛で、てっちゃんを食べてきました。本当は十三ドマーニとのはしごをしたかったけど、行ってみたらドマーニは休業日。今度は営業日を狙って関西方面に行ってみたいですね。

 ところで、食い物といえば本日行われた元賞金王決定戦P-GIRL熊田曜子トークショー(撮影禁止)でも話題に出た尼崎競艇場グルメの王者多幸焼は行列が凄くて断念。センプルコップのサッポロ生ビールだけ購入。ということで多幸焼の写真は以前食べた時の物。
センプルカップのサッポロ生ビール多幸焼100円

 準優の話題に戻って、ここだけ公開勝利者インタビューが特設ステージになった最後の12Rは、スタート展示が5号艇安田政彦が回り直しての126345だったものの、本番では1256/34になりかけるも6号艇田中信一郎が回り直して125/346の最終隊形に。
 そして2.3コースがやや凹んで1号艇白井英治は壁無しになるものの、3号艇山崎智也の攻めは白井がブロックして先行。山崎智也は2号艇松本勝也(今節選手代表)にも張られてしまい後退。
 かくして白井は1Mを先行しますが外を張った分ターンマークを外してしまい、松本と5号艇安田政彦(兵庫)の間を割った4号艇井口佳典が白井を差しきり1着。中凹みのあやに泣いた形のシリーズリーダー白井は道中の追撃及ばず2着でした。

 かくして、井口真弓嬢の夫井口佳典が今節のクライマックスシリーズ優勝戦に進出。
 「松井!吉川!かかってこい!言ってみてぇ〜!」の名言(ニコニコ動画)を残したタイガースファンの山室展弘(東京在住岡山支部)を4日目7Rに負かして勝負駆けに成功しした真弓夫が優勝戦で松井、吉川に挑戦します。
夕日がまぶしかった特設ステージの井口佳典

 ということで優勝戦の枠番。

1:松井繁 2:吉川元浩 3:井口佳典 4:白井英治 5:市川哲也 6:守田俊介

 白井文市長の尼崎市が主催するSG全日本選手権で白井英治がSG初Vを叶えW白井で壇上に上がるのか?
 はたまた、地元エース吉川が2006年福岡SG全日本選手権優勝戦(2コースから王者を捲って2着)や今年9月G1宮島チャンピオンカップ2日目モミジドリーム(2コースから王者を差して1着)の様に白い王者を負かせるのか?

 で、下の写真は11R発売中に行われたパワーボート展示会。
パワーボートNEW1P展示会


津グランプリシリーズ第5戦優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇芹澤克彦が2号艇上之晃弘の捲りを軽くはねとばした盤石の逃げで独走に持ち込み、今年2回目・通算3回目にして蒲郡以外での初優勝
 優出メンバー中唯一のA1だった4号艇古場輝義がブイ際冷静に差して2着。

 さて、今節はボートピア京都やわたでも場外発売があって、京都に行ってた日曜日は序盤2つをBPやわたで観戦。
 その中で是非紹介したいレースは1Rで、134/526の進入から6号艇加藤峻二御大が1と4を差して3と5と2を捲る隼の捲り差しを決め1着になったレース()。
 5期メン1485の加藤御大67歳の6コース白星はひまひまデータさんによると昨年9月多摩川日刊ゲンダイ杯3日目1R以来で、自らの持つ最年長6コース1着記録を更新しました。

江戸川ラリーズカップ4日目

 第8Rでターン流れて2号艇樋口範政(1着)に差された1号艇重富伸也が+04のF、更に1周1M振り込んだ3号艇小野寺智洋が選手責任沈没を喫する事故があった4日目の競走水面。

 そして火曜の予選最終日を前に、得点率上位は以下の様になってます。

9.83萩原秀人 8.83芝田浩治 8.71村越篤 8.50宮武英司 7.67片山竜輔 7.57金子貴志 7.14眞鍋賢司 7.00豊田訓靖 6.86北山康介本橋克洋

 7月の東京中日スポーツ杯に続き、今節も中川を俊敏に航走する萩原秀人(G1江戸川ダイヤモンドカップも出場予定)の江戸川連覇がかなり有力に。
 また、地元からは103期4535北山康介19歳が得点率上位に。今節は内枠時に6コース進入、外枠時に枠なり進入と、オールダッシュ戦を貫いてます。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
競艇電投会員即時募集中
既に会員の方はテレボート
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
勝ち組.net
アクセスランキング
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
おすすめバナー
バナソニック


blogram投票ボタン

livedoor プロフィール
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ