ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

小坂尚哉

尼崎女子王座の最中ですが、兵庫94期小坂尚哉完全優勝達成です。

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 児島競艇場インフォメーションセンター「ガァ〜コの部屋」開設1周年記念競走は戦前の大本命瓜生正義(1976年3月5日生まれ)が予選道中苦戦して昨日の10R準優勝戦も3号艇に甘んじ、結果4着に敗れてバースデー優出を逃しましたが、優勝戦は節間8戦全勝で駆け抜けた1号艇の兵庫94期4295小坂尚哉に完全Vが懸かった注目の一戦。また、4号艇枝尾賢は30度目の正直で初Vを狙い、6号艇佐藤勝生は60度目の正直で2000年12月12日芦屋一般競走以来のVにチャレンジ。

 そしてチャンプを決める時間は123/546の進入から小坂が押し切り、昨年2月7日芦屋ボートピア勝山オープン14周年記念レース以来となる通算3回目の優勝にして自身初のパーフェクトV達成。2着には差し順走の2号艇・岡山の節ちゃん横山節明(今節選手代表)、3着には1M3番差しの佐藤。尚、1周1M2番差しから1周2Mで佐藤を差そうとした5号艇中里英夫はターンマークに乗り上げ転覆。

 ちなみに兵庫支部小坂のデビュー初優出はなんと2006年お盆開催江戸川大江戸賞。その時は直前の尼崎楠公杯争奪オール兵庫王座決定戦を走ってから中1日前検の追加斡旋で、江戸川お盆開催とあって近畿地区唯一の参戦で、文字通り孤軍奮闘の中での初優出で結果6着ながらも江戸川ファンにその存在を大いにアピールしていきました。
 そんな小坂は児島競艇ブログ「ガァ〜コの遠吠え:小坂尚哉選手インタビュー」に登場し、それによると師匠は向所浩二で、ビールと焼酎が大好きとのこと。

【伊東美咲と女子王座】

 伊東香織倉敷市長の児島競艇前節は2月21日から26日までオール女子戦クラリスカップが開催されましたが、枝尾賢夫人の森永愛が最初に登場した選手紹介(動画)では「おはようございま〜す。勝利者インタビューに出れるようにがんばりま〜す。」と94期の人気者中西裕子(今週土曜日ボートピア横浜須藤博倫とトークショー)が言えば、宮本紀美が「おはようございま〜す。勝利者インタビューに出れるようにがんばりたいと思います。エヘッ。ゆうこりん。」とものまねで対抗する場面がありましたが、この選手紹介をなぜ今日取り上げるかというと、大山博美が発言した以下の部分。
 「うちの娘が角さんの事を伊東美咲に似てるって言ってました。次伊東美咲さんです。
 それを受けた角ひとみの一言は「伊東美咲と呼んで下さい。」とまんざらでもなく、淺田千亜希も「おはようございまーす。えーと、角さんとわたしは何度か間違えられたので、きっとわたしも伊東美咲系です。」とその気に。

 ということで本題の尼崎G1企業杯JAL女子王座決定戦3日目12R4号艇1回乗りの伊東美咲は12453/6の3コース進入になりましたが、ピットアウト後に他艇と接触してボートに大穴が出来て浸水してしまったのが原因で伊東美咲はスピードが乗らず、まさかの出遅れ返還欠場(返還金額8401万9300円)。不幸中の幸いは責任外出遅れという事で賞典除外にならなかったことですね。これで4走20点5.00の伊東美咲は明日2走2連対で望みを繋ぎました。尚、懐たっぷりの4コースから捲って2着だった5号艇山川美由紀は待機行動違反を適用されています。

 一方、伊東美咲系は「配布が決まりました定額の給付金よりも、高額の配当金の方がANA党ファンの方にとりましては待たれるところでしょうか(動画)。」という千葉誠一アナの口上がありました8R4号艇1回乗り。そして枠なり3vs3の4カドから05トップスタートを踏み込み、先捲りで抵抗する3号艇永井聖美の上を豪快に二段で捲りきり1着。これで4走38点9.50の伊東美咲系は予選1位であります。

東西王座決定!W優勝シリーズ蒲郡弥生特別初日

 競輪の東西王座戦を模した東西W優勝で2つの開催が同時進行する形の蒲郡うの弥生特別が今日から開幕。
 よってドリーム戦も二本立てで、11R西日本ドリーム戦は123/564の進入から5号艇市川哲也が05トップスタートで捲りに行くも1号艇篠崎元志が激しく抵抗(不良航法)して共倒れ。
 この展開を突いた捲り差しで先頭に立ったのは、前半3Rで2号艇2コース差しから通算1500回目となる亀の頭を達成した6号艇亀本勇樹(デビュー初Vは1989年6月江戸川)。しかし、小回り残して2番手の2号艇平田忠則が2M艇を外に持ち出しての差しで亀本に斬り込み、2周1M先行して逆転1着。続く12R東日本ドリーム戦は、昨年だけでもG1江戸川大賞IN蒲郡SGオーシャンカップで記念W優出と蒲郡実績豊富な1号艇濱野谷憲吾が06トップスタートから遮断の逃走態勢を築き、グリップ感も軽快に逃げ切り1着

 そして、初日一番のピックアップ選手は小坂尚哉と同じ兵庫支部94期の4278藤岡俊介。亀本1500勝達成レースの3Rでは6号艇6コースから俊敏な差しでカド捲りの4号艇松尾美和子との2番手争いに持ち込み、松尾の2M全速戦を内でこらえきって2周1Mを先行して2着と混戦での強さを披露。
 続く1号艇の9Rでは枠なり3vs3のインから12トップスタートもターン流れ、3号艇田山和広の捲り差しにやられて2番手になりますが、2M全速戦で食らいついた藤岡は2周1Mでもう一発外全速をぶち込み、今度は一気に田山を捲りきる圧巻のスピード戦で逆転1着。まるで同県同期の完全Vに刺激されたかのようなパワフルな走り。

平和島内外タイムス杯初日

 若さ溢れる一戦になった11RG1トーキョー・ベイ・カップも制したモンスターエンジン26号機を手に入れた1号艇吉川昭男36歳が人気を集めた一戦ですが、枠なり3vs3の進入から07トップスタートぶち込んだ5号艇上島久男隊長が一気に捲りきり1着。上島隊長をマークしての差しで続いた6号艇加藤峻二御大が2着で61歳と67歳の128歳ワンツー完成です。

2007年度POG指名馬決定&小坂初優勝

ブログネタ
競馬@全般 に参加中!
 10日の日曜日と15日の金曜日の2回、2カ所のPOGドラフト会議を終えて自分の2007年度指名馬が決定したのでここに発表。

日曜の部
スパークキャンドル
オメガファルコン
アイアムジュエル
ムービーハウス
エフティアクトレス
ニシノイノーマス
ユキチャン
セイウンウィル
ダイワマスタング
ビーボタンダッシュ

金曜の部
サトノフタバ
ダノンインスパイア
アイアムジュエル
スピーディセイコー
オメガファルコン
ユキチャン
リュートフルシティ
コスモビット
アドマイヤグッド
キクジロウ

 どちらも関東馬限定、週刊競馬ブック第1回名簿登録馬からの指名です。両方で指名したのは奥平雅士厩舎の2頭と白毛のゆきちゃんですね。

 ちなみに今回1位で獲らず、結果1位で獲られた馬の中では102年ぶりに牝馬でG1ベルモントステークスYouTube動画)を制した歴史的名牝Rags To Richesを姉に持つカジノドライヴに注目してます。生まれ故郷の米国で兄姉に続いてベルモントパークをダイヤモンド愉快にさせる事を期待します。

尼崎日刊ゲンダイ杯優勝戦

 今時のゲンダイっ子から頼もしきナイスミドルまで勝ち上がって参りました六強は、まさに多士済々であります。やる気まんまんそれいけ大将尼崎競艇日刊ゲンダイ杯。いよいよ12R優勝戦を迎えます。7月からは晴れてA1昇格であります。晴れて尼崎地区スターも卒業でありますが、卒業前にやり残したことがひとつだけあるんです。それがデビュー初優勝。当地3月G3新鋭リーグ戦プリンスロードでインから差しきられたあの悔しさは忘れてはいません。今日こそ決めます逃げ切ります。94期兵庫三銃士の名にかけて1号艇小坂尚哉。しかし、経験値にものを言わせて地元初制覇に燃える銀河系の剛腕は4号艇廣瀬将亨が4カド捲り差しでインの小坂に迫ります。でも、ハイパワーに物を言わせてBS伸びた小坂が廣瀬に舳先を入れさせず2Mを先行。
逸材揃いの94期生であります。よき仲間、ライバルに恵まれましたが同期の活躍に刺激を受けました、悔しさもつのりました。心が焦って勇み足、そんなほろ苦い経験も味わいました。しかし周りはどうあれ自分を信じて飛躍を誓った2007年はまさに一途に競艇LOVE。じっくりペラと向き合ってじっくりとレースに集中してしっかり結果を残しました。そして今回デビュー3年5度目の優出大きなプレッシャーを乗り越えましての鮮やかなイン速攻2Mの全速で決まった1号艇の小坂嬉しい嬉しいデビュー初優勝、先頭1番小坂優勝のゴールインおめでとう。(動画
 かくして94期小坂尚哉が遂にデビュー初優勝であります。自分にとって小坂の印象といえば追加斡旋でやって来て優出を果たした昨夏の江戸川大江戸賞。直前の尼崎楠公杯争奪オール兵庫王座決定戦では辛酸をなめていただけに、当時19歳で優出したアウェーの大江戸賞は突然の確変の感があってより強烈でした。以上でございます。

びわこG3新鋭リーグ新鋭戦優勝戦

 2009年の新鋭王座開催が決まったびわこで行われる伝統の新鋭リーグ第42回新鋭戦。インから逃げる1号艇久田敏之に2コースから2号艇宇佐見淳の差しが入り、2艇2M大競り。この展開にほくそ笑んだのは4カド差しから2Mも差した4号艇梶野学志。一気に先頭に立ったカジノが以降は快調にカジノドライヴとなり通算3度目の優勝。1M3コース捲り差し態勢から2Mカジノに続いて差した3号艇大峯豊が2着。
 優勝した89期東京支部のレッドウォーリアーズカジノは多摩川競艇HPで今月のTOKYOマル旬レーサーズで妻木下真未と共に登場。おのろけぶりを披露してます。

ハッピーサマーの大江戸賞はラリーズ選抜とその前哨戦

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 今年最後のお盆レース江戸川大江戸賞は今日が注目のラリーズ選抜。通常の準優勝制ではなく、3つの点増しレースラリーズ選抜を組んで、そこに得点率上位18人を入れてここに選ばれた選手の中から得点率順に優出メンバーを決める方式です。まあ、準優制ではなく得点率制なのですが優勝戦前にふるいにかけるという点では準優制に近いのです。ではメンバーの紹介。

第10Rラリーズ選抜
1:小坂尚哉 2:橋本久和 3:桑原淳一 4:飯田加一 5:茂垣達也 6:三角哲男

第11Rラリーズ選抜
1:作間章 2:奥平拓也 3:熊谷直樹 4:小澤学 5:鈴木茂正 6:池田雷太

第12Rラリーズ選抜
1:濱野谷憲吾 2:飯山泰 3:鈴木猛 4:蜷川哲平 5:今泉徹 6:浅見宗孝

 ラリーズ選抜のメンバーは前半の特選レースに枠を入れ替えて登場し、第10Rのメンバーが第4R 10R前哨戦、11Rのメンバーが第5R 11R前哨戦、12Rのメンバーが第6R 12R前哨戦に出場します。詳しいルールは画像をどうぞ。
第29回大江戸賞実施要綱



 と、昨日の使い回しで始まりました今日のエントリーですが、ラリーズ選抜は準優勝戦でなくあくまでも点増し予選の扱いなのでここに出たからといって勝てば即優出とはなりません。点数計算上11位以下(選抜4号艇から外枠)の選手は自力優出が叶わないのです。そこを考慮してレースダイジェスト。

 10R前哨戦としての第4Rが始まりました。5コースから差して2着に入った橋本はこれでラリーズ選抜を待たずに当確に。そして勝っても自力優出は不可能なみっすーが枠の利を生かしてイン戦決めて1着。しかし2周1Mで得点率3位の6号艇小坂が3番手の茂垣に突進仕掛けてもがき苦しませた件で不良航法-7点を取られた事で優出ボーダーが下がり、みっすーにも逆転優出の目が出てきました。

 11R前哨戦の特選カード第5Rが始まりました。地区スター小澤が3コース27と凹み、小澤だけを捲って他を差した大外さくまあきらがBS一番内に入り、同じく小澤だけを捲った4カド熊谷直樹がBS内から2番目におり、コースの利で2Mを先マイしたさクマが1着、2Mを2番目に回ったクマが2着でクマさんワンツー、クマ買いしたみなさんおめでとうございます。これでさクマは選抜を待たずに当確。

 12R前哨戦の特選6Rが始まりました。4カド鈴木猛が57ドカ凹みをやらかし、鈴木だけを捲って他を差した5号艇飯山が1着、連勝でも優出は絶望な浅見弟がイン07トップスタート速攻2番手でしたが、大外捲り差しから2M小回りで3番手に浮上した予選トップの濱野谷弟が2周1M豪快な全速捲りで浅見弟を抜いて2着に入り、弟同士の2着争いを制した濱野谷弟は選抜を待たずに当確。濱野谷に捲られた浅見は2周2Mでにながぁの突進をぐぁっと貰って最下位でした…。


 前哨戦で既に3人が当確となり、ラリーズ選抜では残る3つの枠を争います。最初のラリーズ選抜第10Rは楽な立場一転、前哨戦の減点で1着勝負駆けに追い込まれた1号艇小坂が気迫のイン03トップスタートで橋本の2コースつけまいを振り切り1着、相手待ちながら可能性を残しました。

 ラリーズ選抜の第2陣、第11Rは3コース21スタートのクマがイン16トップスタートのさクマに強烈なつけまい。見事突き抜け1着でクマさん勝負駆け成功。2コースの奥平がターンマークでふにゃった(動画)こともあり、インのさクマは2着に残してここもクマさんワンツー、ここもクマ買いしたみなさんおめでとうございます。
尚、優出4着条件だった奥平が6着に敗れたことで小坂優出の目がグッと強まってきました。

 優出目指して熾烈な戦いが相次いでいます競走水面はラリーズ選抜最後の第12R。モンキーターンも軽快にミスターモンキーターンの濱野谷がイン07トップスタートから勝利のカーブを描き1着、優出1号艇を決めました。
2コース順走の飯山(前2つの選抜結果から既に当確)を3コース2番差しの鈴木(優出2着条件)が追いかけますが、2周1M内に入り込んだ鈴木が逆転狙って渾身の先マイをしますが引き波に乗っかってバウンドして万事休す。2着条件の鈴木は4番手に落ち、完走当確の飯山が2着を取りきったことで小坂のデビュー初優出が決定しました。


 明日行われる優勝戦の6精鋭です。

1:濱野谷 2:さクマ 3:橋本 4:飯山 5:クマ 6:小坂

1998年2000年2001年と大江戸賞V3にして2000年から大江戸賞7回連続優出達成の濱野谷憲吾を始め、初優勝が2002年大江戸賞のさクマ、昨年の大江戸賞覇者飯山、1997年大江戸賞覇者クマと歴代大江戸賞覇者に混じり、今年の当地京葉賞覇者にして2003年G1江戸川モーターボート大賞覇者の橋本も群馬支部ながら地元選手並み、いやそれ以上の江戸川適性で脅威の存在。となるとデビュー初優出の6号艇兵庫支部94期小坂尚哉19歳は不利否めませんね。そんな19歳が地元の精鋭や群馬の実力者相手にどこまでがんばれるかも見所です。

大村九スポ杯争奪真夏の女王決定戦

 節間は横西奏恵田口節子を始めとする有力処が多数Fに散る波乱の開催でしたが、決定戦は進入に波乱無く枠なり3vs3。イン15トップスタート池千夏が人気に応えて逃げの体勢作ろうとするも艇が浮き、中ノ森BAND広報隊長松瀬弘美の2コース差しが入る小波乱。
しかし松瀬の内に切り返した池千夏がイケイケドンドンとチナッチャブルな先マイで突っ込み、これに松瀬は差しに構えず包んで締め込もうとしたら、松瀬はコース一杯に流れて最後方へ。優勝して新曲Fly High(ドラマCAとお呼びっ!主題歌)の替え歌熱唱とは行きませんでした。
 ということで2Mイケイケドンドンのねじ込みで先マイ実らせ人気に応えた池が勝利の花びらを掴んで千夏の女王に決定。今年は蒲郡G3女子リーグ夜の女王決定戦に続いて2度目、通算では8度目の優勝
 開会式で脚線美を強調した青い服の大村競艇クイーン(大村競艇クイーンのうちの1人大村咲子はなんとミス日本九州地区グランプリに輝きミス日本全国大会出場権獲得!)に負けずに脚線美を披露し、主役の座を勝ち取った5本指靴下の池千夏が表彰式でも主役になったとさ。  
 尚、2着には青い服を纏っての4カド差しで3番手だった淺田千亜希(開会式で池千夏と大村競艇クイーンに対抗して脚線美を披露しようとするも未遂に終わる)が入っています。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
競艇電投会員即時募集中
既に会員の方はテレボート
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
勝ち組.net
アクセスランキング
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
おすすめバナー
バナソニック


blogram投票ボタン

livedoor プロフィール
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ