ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

宇野弥生

大村のG2男女ガチンコMB大賞は宇野弥生の捲り一撃で決着

 まず、昨日中止順延で本日から開催予定でした得点率制6日間開催江戸川アサヒビールカップ(優勝賞金150万円)は今日も強風高波浪の為2日連続で中止順延になり、最終日は21日になりました。
 尚、順延に伴う番組の変更はありません。

 ですが、昨日同様九州5場を始めとする残りの場は無事開催され、大村G2と唐津が本日最終日を迎えました。

大村G2男女ガチンコMB大賞優勝戦

G2男女ガチンコMB大賞ポスター 通常のモーターボート大賞ではなく、予選を男女別、準優以降を男女混合として開催した異色のグレードレース男女ガチンコMB大賞(特設サイト)は男女9人ずつが予選を突破し、男子4人と女子2人が優出。

 優勝戦は展示の156423から本番では6号艇赤坂俊輔(長崎90期やまとチャンプ4174)だけが動いて内2艇が深くなった16/23/45の進入に。
 そして3号艇宇野弥生が10トップスタートを決めて捲りきり、4号艇吉田弘文の捲り差しを振り切った宇野弥生は今年2回目・大村初・通算4回目の優勝
 吉田弘文は5号艇馬袋義則の差しを2M行かせて捌き2着。

 この優勝は1999年2月鳴門四国地区選手権競走山川美由紀以来となる女子選手による男女混合グレードレース優勝の偉業で、年末当地で開催される第1回G1賞金女王決定戦出場に近づいただけでなく、来年3月に平和島で開催されるSG総理大臣杯の出場権も手にしました。


 かくして艇史に残る偉業を文月に達成した愛知90期4183宇野弥生は、競艇学校が本栖からやまとへ移転した事をきっかけに選手募集年齢の下限が引き下げられた最初の選手として同学年の大阪4184渡邊雄一郎と共に中学卒業後即やまと競艇学校へ入学。

 当時の史上最年少女子訓練生という事からフジテレビが入学当時から密着取材し、デビュー直後の2002年7月21日に日曜22時の「EZ!TV」内で「実録!240日史上最年少・16歳競艇少女の夢」と題して全国ネットでドキュメンタリーが放送された事から、デビュー時から大きな注目を集めました。

 ちなみに当時見てたEZ!TVは大まかに以下の内容でした。

 今まで普通の中学生として生活してきた彼女の選んだ道は、あまりにも現代っ子とはかけ離れた生活だった。
 訓練を続ける日々、つきまとう苦悩、この1年間の生活を通して彼女はどのように変わったのか。そしてプロとしての表彰台に立ち、初めて手にした賞金の重みとは…。
 宇野選手と仲間たちの「やまと競艇学校」での生活、卒業、そして今年5月のデビュー戦までの240日を追った。


 当時埼玉在住だった宇野弥生が父親の失業と教師の勧めによって選手を目指すようになり、厳しい訓練生活や減量苦を克服し、在学中に父親が再就職して実家の愛知に帰郷した事により愛知支部からデビューして手当を受け取るまでを密着したドキュメントは、同期の三重4178新田真弓(現井口真弓)がデビュー直前に膝の粉砕骨折で選手生命の危機に立たされデビュー目指しリハビリに励む姿も紹介されていて、10年経っても強く印象が残るドキュメンタリー番組でした。




唐津日刊スポーツ杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇沖島宏和が3号艇古結宏のつけまいをこらえきって押し切り、今年2回目・唐津初・通算19回目の優勝
 惜しくも捲り切れなかった古結は4号艇藤田浩人(佐賀)の差しを2M行かせて捌き2着。
 3着は今節選手代表の6号艇渡邊伸太郎が1M差して4番手の位置から3周1Mの小回りで藤田浩に並んで同体に持ち込み、最後同体でゴールから写真判定で逆転3着。

宇野弥生デビュー初Vなど6場で7つの優勝戦

ブログネタ
競艇 に参加中!
鴻巣市のひなちゃん この日は年休だったので午前中は医師に石を診てもらい、午後から戸田ボートコースへ行ってきました。
 ボートコース戸田では埼玉県都市競艇組合を構成する鴻巣市のフェスティバルもあり、メインキャラクターひなちゃんも展示されてました。
 そんな2月15日はW優勝戦を含む6場で7つの優勝戦。


鳴門四国キヤンテイーン杯競走男女W優勝戦最終日

 11R男子優勝戦は1236/45の進入から1号艇中辻崇人が押し切り、鳴門初・通算25回目の優勝
 後続は差し順走の2号艇赤坂俊輔が2番差しの6号艇吉田徳夫を2M行かせて捌き2着。

 12R女子優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇新田芳美(徳島)が15トップスタートも3号艇金田幸子のつけまいを飛ばしに行った分流れ、すかさず差しきった2号艇淺田千亜希(徳島)が外から捲り差してきた5号艇細川裕子を振り切って鳴門3回目・通算34回目の優勝
 後続は細川ゆうこりんに加え、1M差した4号艇角ひとみと6号艇山下友貴が2M内を突きますが、2Mで3艇を行かせて差した地元新田芳美が、2M握ったゆうこりんと内突いた山下ゆうきをHSで捕らえきり、2周1M最内から先行して逆転2着。

桐生日本財団会長杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から2号艇山本浩次の差しが届くものの1号艇藤岡俊介が2M外全速握って山本浩次を突き放します。
 ですが、1M差して3番手だった5号艇陶山秀徳の差しが藤岡に迫り、2002年10月福岡一般競走以来のVを狙います。
 藤岡は陶山を締め込んで2周1Mを先行しますがやや膨れ、BSでは陶山と差して来た山本浩次を含めて3艇横一線に。
 2周2Mは最内の山本浩次が内から先行してHS一歩リードしますが、HS2番手争いの外側にいた藤岡が3周1Mで山本と陶山の間を割る渾身の捲り差しを決め、先頭航走の山本を捕らえきって3周2Mを先行した藤岡は3艇による大激戦(動画)を群馬藤岡と化した粘り強さで競り勝ち、群馬藤岡の刺激的な爆竹現象ここにありで通算2回目の優勝

 さて、全国モーターボート競走施行者協議会などでは昨年から発表されてた桐生の通年ナイター化ですが、桐生HPでも遂に「オールナイター開幕キャンペーン!!」が告知されました。

福岡スポーツニッポン杯争奪戦優勝戦

 枠なり3vs3の進入から2号艇清水攻二が攻めにかかりますが、1号艇國崎良春(今節選手代表)が激しく抵抗して1Mを先行。
しかし國崎のターンは圏外へ大きく流れ、張られた清水に対しては捲り差しを狙った4号艇角谷健吾が乗り上げて両者失速して角谷が選手責任転覆。
 これにより先頭争いは3号艇島川光男と5号艇萩原秀人の差し合戦になり、萩原の2番差しを振り切ったミツオが今年2回目・通算66回目にして福岡は2008年3月に闘魂注入を受けた燃える闘魂!アントニオ猪木杯以来となる5度目の優勝。 

浜名湖BOAT RACE振興会会長賞競走テレボートカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から2号艇中野次郎が一気に捲りきり、浜名湖初・通算20回目の優勝
 2番差しの5号艇今坂勝広が先差しの3号艇榮田将彦を捕らえて2着。

丸亀JLCカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から3号艇古場輝義が捲り差しを決め、丸亀2回目・通算34回目の優勝
 差された1号艇梶野学志は差し続く4号艇徳増秀樹を2M行かせて捌き2着。

戸田JCN埼玉杯オール女子戦優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇海野ゆかりがスタートぶちこむ速攻で先頭も、
 「1号艇の海野これは早いスタートになってしまいました(動画
 ということで先頭のうんのゆかりは今節JLCピットレポーターの師匠池上哲二元選手が見てる前で痛恨の+01フライング返還欠場。
 今年次から適用されるという「新鋭リーグ・女子リーグ・オール女子戦における優勝戦FはF休み終了後6ヶ月、準優Fの場合はF休み終了後3ヶ月間当該レース斡旋除外」を適用される第一号選手になってしまいました。

 さて、これにより05スタートから豪快につけ回って2番手を航走してた2号艇宇野弥生が先頭に繰り上がり、デビュー後は愛知支部ながら草加市立両新田中学校出身で準地元の90期4183宇野弥生が14度目の優出にして遂にデビュー初優勝。スタンドにも笑顔を振りまいてピットに帰投した後は水神祭も行われました。

 3番手争い転じて繰り上がり2番手争いは捲り差した4号艇定野久恵がやや優勢も、差してきた6号艇久保田美紀を行かせた際にもたついてしまい、1M差しから2M2番差しの3号艇福島陽子がサダ野を差しきり逆転。
 しかし福島はHSでサダ野と美紀艇を牽制し過ぎたのが裏目に出て、1M捲り差し届かず最後方から2Mブイ際突いてHS最内に潜り込んだ5号艇渡辺千草が2周1M福島の内に潜り込んで先行する事に成功し、そのまま福島を突き放して逆転2着。

 かくして、「Enjoy all Life!! 〜私らしさを求めて〜」のブログタイトル、
 「おはようございます。お世話になった人にかっこいい所見せられるように私らしく走ります。応援お願いします。」と選手紹介でも発言したとおり、自分らしさをモットーに走り続ける宇野弥生が優勝戦でも05スタートからのつけまいというAAAの自分らしさを見せて遂にデビュー初優勝。

 ちなみに個人的な宇野弥生の印象といえば当時16歳の史上最年少選手としてやまと在校時に密着取材されたフジテレビEZ!TV「実録!240日史上最年少・16歳競艇少女の夢」が非常に印象深いです。
 2003年のリレーエッセイが番組の内容と少し被りますが、フジテレビの内容はリレーエッセイの内容に加え、宇野弥生が家計を救うために選手を目指した背景と、親が実家の愛知に帰郷した背景など、とても硬派なドキュメンタリーだったのを今でも覚えてます。
宇野弥生戸田選手紹介

 そんな中で、これなら本場へ行かず電投で充分と思った非常に不愉快な出来事がありました。
 戸田には優勝戦Fに伴うウイニングラン中止という独自規定があり、宇野弥生がデビュー初優勝を飾った今回もそれが適用。
 これにはがっかりした以上にFで打撃を受けた施行者と競走会の体面、そしてFした選手への前時代的な連帯責任の見せしめにしかなってないように見せるファン無視の行為にしか見えず、宇野弥生優勝の価値を場側が下げてしまった醜く見苦しい石頭そのものの中止行為だと思いました。

 「フライングにより皆様に多大なご迷惑をおかけしたため」=「F艇を買っていたファンへの配慮」

 というテンプレートがあるようですが、ウイニングランは払い戻しの列が分散される効果もあるのと、自分もF艇を買って全額返還になったファンの1人であるから、そんなくだらない理由で中止するのは納得いきません。
 逆に、この独自規定を徹底するならSGとG1でもウイニングランと表彰式を中止するくらいの徹底度合いでないと到底今日のウイニングラン中止は納得いきません。
 現に自分は海野ゆかり絡みの舟券しか買ってませんが、ウイニングランが中止になったことでさらなる精神的迷惑を受けました。 

 よって、ウイニングラン中止がF艇を買っていたファンへの配慮に全くなってない実例なのです。

 この日の戸田は本場入場が平日にもかかわらず他場記念最終日並みの約8000人、F返還1億840万200円を除いても最終日売上4億1372万1100円と、全国一の本場売上と関東一の売上を誇る場らしい好売上でしたが、今回の優勝戦Fウイニングラン中止の件は高い売上にあぐらをかいたお客様軽視の殿様商売そのものにしか見えませんでした。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
競艇電投会員即時募集中
既に会員の方はテレボート
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
勝ち組.net
アクセスランキング
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
おすすめバナー
バナソニック


blogram投票ボタン

livedoor プロフィール
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ