ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

大澤真菜

指定席浴衣イベントもあった戸田ボート大賞は西村勝がV4。

ブログネタ
競艇 に参加中!
 今年は5日間開催で行われた戸田ボートコースのオール埼玉支部開催戸田ボート大賞サンケイスポーツ杯

 優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇西村勝(さいたま市)が12トップスタートの速攻でぶっちぎり、今年2回目・戸田11回目・通算37回目の優勝で6年連続優出中の戸田ボート大賞はV4。

 後続は3号艇後藤浩(東京在住埼玉支部)と4号艇桐生順平(戸田市)が握り合った結果、張られた桐生が振り込み失速。
 2番差しの5号艇平石和男(上尾市)が2番手につけますが、差し順走の2号艇中澤和志(宮城在住埼玉支部)が切り返して2Mを先行。
 平石は行かせて捌きますが、平石の内に6号艇中村裕将(東京在住埼玉支部)の小回りと後藤の差しが入り、HSでは2番手4艇ほぼ横並びに。
 そして2周1Mは最内の後藤が先行しますが、ここで果敢に握った平石が後藤と中村を一気に捲りきって抜け出し2着。
優勝の西村まちゃるはじめ内枠3選手2着の平石和男はじめ外枠3選手

 今日の戸田ボートレース場ではテレ玉バッハプラザボートリポーター西岡麻生が浴衣姿でMCを担当したサンスポ予想会が7Rバッハプラザ特別発売中に。
 続く8R発売中には原加央理大澤真菜の埼玉支部99期女子選手コンビが浴衣姿で優勝戦について語った指定席フロア内のイベントがありました。
サンスポ五日市記者による予想イベントかおりまなまいのトリプル浴衣祭り原加央理ん


平和島デイリースポーツサマーカップ優勝戦

 3号艇矢後剛がチルトを+3度に跳ね上げて124/563の進入になり、矢後が絞って行きますが13トップスタートの1号艇杉山貴博には届かず捲り差しにチェンジ。
 その杉山がイン速攻でぶっちぎり、「関東一のいい人は泣きを入れません、愚痴りません、文句を言いません。そして人気を裏切りません。」と待機行動中にお伝えされた清き男杉山貴博は平和島初・通算3回目の優勝
 後続は矢後の捲り差しを内でこらえきった2号艇田中豪(ベイパ)が2着、矢後が2M→2周1Mと外フルターン連発で3着。

 ちなみにベイ吉松永良一アナが金曜夜からtwitterを始めましたが、待機行動中に「理解不能の矢後ワールド、3度のパフォーマンスでいかせて欲しいどこまでも、まさにチルト3度なうとお伝えしておきます。(動画」と早速twitterネタを使ったとお伝えしておきます。

大村九州スポーツ杯お盆特選レース優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇飯山晃三(佐世保市)が大村初V狙って09トップスタートの速攻体勢も、11スタートの2号艇石橋道友(大村市)が差しきり、石橋道友は通算10回目・大村7回目の優勝でお盆開催連覇。
 飯山晃三は1Mつけまいから2M切り返してきた3号艇樋口亮(諫早市)に押っつけられ接触するも包みきり2着。

 さて、初日の予定だった11日が台風4号の影響で中止になったことで5日間開催から4日間開催になった大村お盆開催。ちなみに順延にならなかった理由は16日が次節蛭子能収杯真夏の女王決定戦(初日蛭子選考ドリーム戦のメンバーとイラストはこちら)の前検日だからです。
 また、今日は終戦記念日という事で正午から黙祷を行った他に、11R選抜A戦は5月にレース中の事故がもとで亡くなられた長崎支部79期3861岩永高弘選手の追悼レースとなり、締切後に岩永選手の優勝レース2002年2月大村一般競走のレース映像を流し、黙祷を行いました。

 ところで、今日はギターを弾きながら歌うTAK MATSUMOTOこと松本隆博(松本人志の兄)が来場しましたが、大村市長は作詞家松本隆(慶應出身)と同姓同名の松本崇(慶應出身)です。

鳴門渦王杯競走優勝戦

 うずうずわくわくBOATRACE鳴門のお盆開催は枠なり3vs3の進入からチルト0度の6号艇一宮稔弘が19トップスタートを決め、チルト-0.5度の5人を一気に捲りきった一宮は昨年の同レース以来となる通算26回目の優勝で渦王杯連覇。
 後続はイン戦踏ん張る1号艇佐々木和伸と外に持ち出し立て直した3号艇烏野賢太の師弟対決になり、BS一旦は佐々木が優位に立つも2M手前でウノケンが切り返し艇を伸ばし先行。
 佐々木は外全速で応戦もやや流れ、師弟対決はウノケンに軍配。

 ちなみに今年の阿波踊りは徳島市が12日〜15日、BR鳴門および漫画NARUTOとコラボした鳴門市が9日〜11日でしたが、この時期を斡旋辞退期間に入れる事の多いミスター阿波踊り烏野賢太が渦王杯に出場したのは2000年以降では2000年と2005年と2008年と今年の4回です。

良い春にさいたまつりin東京都板橋区

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
さいたまつりおみやげ 立春から3日経った本日は都営三田線西台駅前のトミコシ会館2Fにある「中国料理 王華」で18時から「第54回関東地区選手権 埼玉支部選手とファンの集い」(会費5000円)を見に行って来ました。
 東京都板橋区で開催された(゚∀゚)さいたまつりは立食パーティー形式で食事は中華バイキング、ショーはクイズ大会を中心に進行していき、おみやげは写真の他にCD「和田アキ子/幸せのちから」に新ジャンル飲料「麦とホップ」が2本。以下は当日の写真。
 
中村裕将と原加央理以外全員写ってる写真中村裕将写ってるのがこれだけでした原加央理&大澤真菜インタビューWヒロシです…戸田天皇陛下

 尚、本日は埼玉支部103期4528黒井達矢桐生上毛風神杯初日1Rで6号艇6コースから4艇捲って3号艇江野澤秀明を差すスピード感ある捲り差しで豪快に突き抜け、通算30戦目にしてデビュー初1着の水神祭達成というおめでたが。

【良い春に唐津一般競走優勝戦

 「2月4日の立春と共に初日を迎えた唐津競艇4日間シリーズは連日10℃を超えるポカポカ陽気でした(動画)。」さあ、一足早く良い春を先取りする選手はいったいどの選手でしょうか。
 進入隊形は枠なり3vs3と分かれてインコースから123/456の並びです。スタートまで2秒、1秒、スタートしました優勝戦第12R。内側3艇揃って行きました。08スタートの1号艇國崎良春(福岡)が1M堂々先制し、07スタートの2号艇富永修一(福岡)が06トップスタートの3号艇清水紀克(愛知)を張っての差しで順走。良春がトップ独走する中、2番手の富永は2番差しの5号艇窪田好弘福井支部長を1周2M包みきって2着を取りきり、福は内の立春シリーズは福岡ワンツーにして福井も含めた福来たるワンツースリー完成。
 春先に2005年12月徳山一般競走以来の良い春を迎えた國崎良春は通算13回目にして唐津初優勝でした。

【共同通信杯新鋭リーグ戦キルトクール】

 府中市東京競馬場の3歳限定戦G3共同通信杯。今年1月のびわこG1企業杯共同通信社杯新鋭王座決定戦は3枠松下一也が優勝、昨年10月の久留米G2共同通信社杯競輪も3枠佐藤友和が優勝と競艇も競輪も赤枠。
 次に年2回開催で3月にはメッカ川口オートで開催されるG1共同通信社杯プレミアムカップ、昨年7月に飯塚で開催された前回は5枠の浦田信輔が優勝。
 以上の様に2競オートの共通杯は赤と黄色が勝ってるので、共通杯の本線は枠複3-5で。特に3枠5番ブレイクランアウトの調教師は戸田博文(ちなみに1989年戸田SG総理大臣杯優勝者は高橋博文)なのが強調材料。
 そして本題のキルトクールは1枠1番カノンコード。2008年度の共同通信社杯は白枠受難だったのでここも白は要りません。

【王者が王者に】全日本「王者」決定戦+江戸川前検日

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 光輝の先に。レース名に最もふさわしい永世全日本王者松井繁が2年ぶりに参戦して大いに盛り上がった唐津競艇開設54周年記念G1全日本王者決定戦は最終日。2006年の52周年で永世全日本王者を倒し全日本王者に決定した抜群の実績と大外戦で2勝する抜群のファンタジスタぶりでシリーズリーダーになるも、昨日の準優12Rは近況苦手としているイン戦で4着に敗れた山崎智也は一夜明け、再びスーパーファンタジスタぶりを披露。2号艇ながらピット遅れて大外進入になった8Rで4艇捲って1艇差す鮮やかな捲り差しで今節6本目の1着。イン逃げできない☆けど大外からは今節3勝目。福岡賞金王シリーズ優勝戦から6コースでは4戦全勝の奇才ぶりを見せています。

 さて、全日本王者を決定する優勝戦はいろんな意味で懐は広い全日本王者も4号艇で名を連ねて非常に厚みのあるメンバーに。そして枠なり4vs2の進入からたっぷり懐を取った全日本王者が09トップスタートを決めて絞り、焦り気味に先マイした1号艇江口晃生を楽に差しきる全日本王者の捲り差しで突き抜け、通算80回目・記念通算42回目(SGV6含む)にして遂に唐津の記念初優勝2年前の様に負けても今回の様に勝っても魅せてくれます永世全日本王者が遂にその名に最もふさわしいタイトルを手に入れました。ちなみに最終日の売上は17億6691万2900円という好調な数字でした。

【\(^▽^)/明日から江戸川関東競艇専門紙記者クラブ杯

 明日から金曜日までの平日5日間、江戸川競艇では関東競艇専門紙記者クラブ杯を開催。開催自体はオール平日なので電投参戦のみになりそうですが、その替わり前検が日曜日ということで今年最初で最後かもしれない入り待ちに行ってきました。10時10分過ぎに着いた江戸川競艇場ではまっちゃんさんとも合流。
 トテテテ...( ^▽^)<江戸川参戦おめでとうございま〜す♪ということでここを逃すと1年半参戦できない江戸川には自ら斡旋を希望した鎌田義を始めとする江戸川巧者達が参戦。主なところでは東京在住大阪支部で江戸川競艇の顔新地雅洋を始め、昨年江戸川3優出1優勝の西川新太郎、11月一般競走優出1号艇の川上昇平、昨年度関東競艇専門紙記者クラブ杯優出2着の荒井輝年が参戦。地元からは新春金盃優出に続いて今月2度目の参戦となる今シリーズ選手代表山来和人、同じく新春金盃特別選抜A戦1着の杉山貴博らが参戦。年末の京葉賞からは伊勢崎オートトークショーにも参加して父土屋栄三の走りを直で見た土屋智則が参戦。また、直前の浜名湖ボート店周年記念モスバーガーアタックで優勝したバーガー王桂林寛が、次節日本モーターボート選手会会長賞5日目の艇王ショーに出演する師匠植木通彦元選手に先駆けて江戸川参戦。
 今節は女子選手の参戦もあり、通算1199勝のA1レーサー谷川里江を始め、地元からは橋谷田佳織栢場優子足立かなえが参戦。更に、当日まっちゃんさんから聞いて初めて知りましたが、追加斡旋で埼玉から大澤真菜も参戦します。
ムーンライトエンジェルmana様ハッシービームにはきゅんはきゅん☆自ら江戸川斡旋を希望したカマギー江戸川に来た新地

 初日江戸川選抜戦のメンバーは以下の顔ぶれです。

1:鎌田義 2:桂林寛 3:谷川里江 4:岡部貴司 5:市橋卓士 6:西川新太郎

 モーター2連対率1位タイ45.8%の49号機と32号機は49号機が栢場、32号機が土屋の手に。但し、栢場の49号機が前回関東日刊紙競艇記者クラブ杯での使用者前野竜一が優勝したのに対し、土屋の32号機は同じ節で濱崎直矢がプロペラ合わずにワースト級の足。今回の土屋もブービータイの前検タイムでした。ちなみに前検タイム1位は12号機の桂林です。


 ここで江戸川競艇場外ボートピア習志野のイベントを紹介。丸亀G1企業杯共同通信社杯新鋭王座決定戦最終日の1月27日にミセスフチュウ宮本紀美と女子王座V2の阿波姫横西奏恵がボートピア習志野にやってくる!本日までのんちゃんは蒲郡中日スポーツ賞龍神杯争奪戦に参戦して、紅一点で準優進出を果たし昨日の準優9Rでは6号艇ながら3着に入る健闘。横ちんは唐津のG1に参戦して予選敗退ながら2日目6R(逃げ)と今日の9R唐津選抜(5カド捲り差し)では堂々白星。時間は以下の予定になっています。

13時25分頃〜選手トークショー
13時40分頃〜サイン会&ポラロイド撮影会整理券配布(先着50名様)


 BP習志野では新鋭王座の他に当日は平和島日本財団会長杯4日目と多摩川日本モーターボート選手会会長賞最終日と蒲郡市長杯争奪戦最終日を発売します。イベントだけでなく舟券でも満喫できる当日の習志野を楽しみにしてます。

多摩川サンケイスポーツ賞最終日

 優出次点に泣いた是政のカリスマにして今節選手代表長岡茂一。1号艇で登場した11R選抜戦は枠なり3vs3から1M先制モイチターンも3号艇沖島広和の捲り差しにやられて2番手。モイチタンは2Mで沖島に牽制された間に2号艇永井聖美の小回りを許して3番手に後退する大ピンチ。しかし前方で永井と沖島がやり合う間隙を突いて内に切り返したモイチタンが2周1Mを先取りに成功。この神風モイチターンが見事決まって3番手からの大逆転1着となり、シリーズ最後を締めました。ちなみに本日は江戸川入り待ちの後、家で昼飯食べてから多摩川競艇場に移動。唐津併用場外終了後まっちゃんさんと共にカミカゼもいちさんの店福寿@芦花公園できのこあんかけラーメン食べてきました。

 優勝戦は1243/56の進入から1号艇中辻崇人が22最下位スタートながら伸び返し、マイシロ取りすぎで不良航法を取られながらも1Mを豪快に回って独走。多摩川初・通算14回目の優勝を準完全で飾り、表彰式で多摩川への苦手意識払拭を宣言。後続は2番差しの4号艇上平真二(広島)と3番差しの6号艇石田豪広島支部長で併走となり、2Mで上平が石田を豪快に包んで捲りきり2着。2Mで捲られた石田を差した2号艇乙津康志が3番手に上がるも、2周2MでO2ブランド総帥を差し返した石田豪が逆転3着。
準完全Vの中辻は今年に入ってオール3連対

 中辻の話に戻りますが、準完全優勝の中辻が唯一2着に敗れたのが2日目10R。その10Rが派手なレースなのでここに紹介。1号艇中辻は枠なり3vs3のインでしたが、2号艇田中節男が42と凹んだ上、3号艇一瀬明に至っては選手責任出遅れという問題外のドカ凹み(動画)で中辻は壁無しに。先マイこそしたものの、4号艇中井俊祐と5号艇新田芳美(今日はナナメさんに会いました)の捲り差しが入って新田に舳先をかけられた中辻は仕掛ける事が出来ず、新田が中辻を牽制してる間に最内をするする伸びた中井が2Mを先取りして1着に。その2Mで全速戦を挑んだ新田が振り込んで選手責任転覆を喫したことで中辻は2着に繰り上がったのでした。

蒲郡中日スポーツ賞龍神杯争奪戦優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇山崎哲司が3号艇守田俊介のつけまいを振りきって逃走態勢も、6号艇中尾誠の捲り差しがザクッと入り両者絡み合う併走となり、内から先制した中尾が2M先制もサイドかからず流れたのに対し、渾身の差しが決まった山崎が昨年の当地日刊スポーツ杯争奪納涼しぶきお盆特別選抜戦以来となる通算11回目の優勝。2M流れた中尾を2番差しで捕らえた守田が逆転2着。
 初代蒲郡地区スターということもあって年越し開催中日スポーツ杯争奪新春特別覇者決定戦(優出2着)に続く今年2回目の蒲郡参戦になった山崎哲司。来月はG1東海地区選手権で再び蒲郡に参戦します。そんな山崎は表彰式で「この場を借りてしゃべっていいですか。」とマイクを握り、高らかに笹川賞投票を呼びかけるマイクアピール。山崎選手に清き一票を!

三国むつき第1戦3日目

 明日へと希望を繋ぐ水上はファイナル進出を懸けてこれより2本のカニ坊準優勝戦です。まずは1本目第11Rの対戦メンバーを迎えました。インから1236/54の順です、スタートしました。得点率トップの1号艇佐々木和伸が11トップスタートを決めますがターンマークを外してしまい、2号艇青木幸太郎(福岡95期4314)の差しが入り、デビュー初優勝目指すコータローがトップでゴールイン。以下佐々木、捲った6号艇山崎裕司の順でゴールイン。

 むつき第1戦、残る3つのファイナルチケット争奪戦はカニ坊準優勝戦第12Rです。インから123/456の順です、スタートしました。集まる期待がパワーの源、その力でまた人を引きつけます1号艇今垣光太郎が1Mを先取りして集まる期待に応えトップでゴールイン。順走の2号艇長溝一生が2着でゴールイン。2番差しで3番手の5号艇中村真は26トップスタートからの捲りで中村の外につけた6号艇岸本雄貴を2Mで牽制して突き放すも、1Mでコータローに張られて5番手だった3号艇畑和宏が2M小回りで中村に急接近。2周1M畑を行かせて差した中村は2周2Mで内突っ込んできた畑がキャビって脱落したこともあり3番手安泰となりかけますが、3周2Mで岸本の渾身の差しが入って両者同体でゴールイン。結果は0.1秒差中村が粘りきってました。


 優勝戦の枠番です。

1:今垣光太郎 2:青木幸太郎 3:佐々木和伸 4:長溝一生 5:山崎裕司 6:中村真

 内2艇をコータローでがっちり固めました。果たして北陸艇王が貫禄を見せるのか?それとも福岡の新鋭が金星挙げてデビュー初優勝を飾るのか?
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
競艇電投会員即時募集中
既に会員の方はテレボート
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
勝ち組.net
アクセスランキング
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
おすすめバナー
バナソニック


blogram投票ボタン

livedoor プロフィール
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ