ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

大場ナツキ

大村現地観戦のグラチャンはグラチャン王子の江戸川浩司がV3

ブログネタ
競艇 に参加中!
 競艇発祥の地BOATRACE大村で1955年モーターボート記念以来のビッグレース開催になったSGグランドチャンピオン決定戦
 長崎は今日も雨だった梅雨空で雨が降ったりやんだりな天気でしたが、雨がもたらす湿気がナツ、キマリな蒸し暑さを増幅させた気候でした。

 さて、桑野信義による生ファンファーレが流れた優勝戦は126/345の進入から1号艇・グラチャン過去V2の実績を誇るグラチャン王子湯川浩司が02トップタイスタートで押し切り、今年3回目・大村3回目・SGV4と江戸川G1V3を含む記念V9・通算27回目の優勝
 2番差しの6号艇平田忠則が、差し順走で先行する2号艇吉川元浩が艇を外へ持ち出した隙を突いて吉川に並び、2Mを先行したヒラチュウは一気に吉川を突き離し、江戸川浩司にも舳先届きかけた好旋回で2着。

 節間全レースの実況を担当した大場ナツキアナが司会の表彰式には南明奈が登場し、前列を埋め尽くしたアッキーナファンがいなくなった後は前付け成功で好位置をとれた表彰式の最後には息子の昴君も登場しました。
生ファンファーレ演奏の大役を担ったくわまんグラチャン王子江戸川浩司のウイニングランアッキーナとグラチャン王子江戸川浩司ナツキとグラチャン王子江戸川大賞でベンツをもらった江戸川浩司の息子はスバルくん


常滑G3新鋭リーグ第9戦若獅子杯優勝戦

 14/2/365の進入から1号艇金子拓矢が先行するも流れ、2号艇小坂尚哉と3号艇坂元浩仁(愛知)の捲り差し、6号艇今井貴士が4号艇平本真之(愛知)を叩いての差しで金拓を差し切り先頭は3艇接戦。
 そして2M、最内の今井がすんなり先行したのに対してコサカーナと坂元は両者握り合う形になって流れて行き、メンバー中実績一番の今井は今年4回目・常滑初・通算11回目の優勝
 2Mでコサカーナと坂元がやりあう隙を突いた金拓が2艇と5号艇柳生泰二を行かせての差しで一気に浮上し逆転2着。

 尚、丸亀SGオーシャンカップ予備1位だった稲田浩二は5日目11R準優勝戦の1号艇で+03のフライングを切ってしまいましたが既にお盆までの斡旋が入っていたため、グラチャン王子の大阪支部江戸川浩司優勝による繰り上がりで大阪在住兵庫支部稲田浩二のSG初出場が決まりました。

桐生東京スポーツ杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から12トップスタートの6号艇白井友晴が捲りに行きますが3号艇吉田俊彦が抵抗の先捲り。ですが1号艇進藤侑(群馬)は吉田の捲りを寄せ付けずに押し切り、2M切り返しておっつけてきた吉田を包み切って桐生初・通算2回目の優勝。2着は吉田、3着は白井。

名月のドラキリュウゴールデンレース+祝・タナシン名人位襲名!

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 今年度全国13場で開催される豪華メンバーのゴールデンレース第1弾にふさわしく、赤城の夜に満月が輝き月明かりで水面が美しく照らされた本日のアクアンNIGHT桐生競艇場ゴールデンレースドラキリュウカップ最終日
 日暮れ前の16時から17時半にかけては群馬支部が誇る競艇&オートの精鋭陣が参加した「桐生競艇&伊勢崎オートレース選手トークショー」も行われましたが、それについては先に書いた「桐生競艇伊勢崎オート合同企画」を参照して下さい。
桐生競艇&伊勢崎オートレース選手トークショー
 
 さて、ドラキリュウでドラキンリュウがぽちゃっと落ちた桐生選抜を経て優勝戦スタート展示が始まり、そこでは2号艇川崎智幸がピット遅れて134256。
 しかし本番は崎智様が普通にピットを出て枠なり3vs3。この隊形から1号艇吉川元浩がびしっと09トップスタートの速攻を放ち、3号艇濱野谷憲吾(70期3590)の捲り差しをきっちりブロックして通算29回目の優勝で100万円を獲得。ゴールデンレースにふさわしく昨年ゴールデンヘルメットを被った男がVを飾りましたね。
 2着は順走の智様で、ゴールデンレーサー賞の常連である濱野谷は3着でした。
 ちなみにこのレースはW吉川が共に優出してましたが、5号艇吉川昭男(70期3582)は1Mつけ回るも、吉川元浩に捲り差しをブロックされて流れた濱野谷と接触したのが響いて6着。ということでここは吉川のプッシュプル運転になってしまいました。

 ところで、桐生競艇では今年度からレース中にピットリポートを放映。アナウンサーと26期2274今泉雅夫元選手でコンビを組んだ形式になってますが、本日の担当が大村・下関の実況等でお馴染み大場ナツキアナ。
 そして名月輝く下で行われた表彰式司会もナツキアナ。まさか桐生で生のナツキアナが見られるとは思わなかったのでうれしい誤算でした。
名月のゴールデンレース表彰式


宮島G1競艇名人戦優勝戦第9代名人決戦

 艇界の匠達が宮島に集結。繰り出す技はまさに神技。G1第9回競艇名人戦もいよいよファイナルバトル。第12Rの優勝戦第9代名人決戦です。進入はインコースから123/456でスタートしました。2号艇村上信二(岡山42期2837)が04トップスタート放つも、11スタートの1号艇田中伸二(広島42期2844)がすんなり伸び返し1Mを先制、結果的に同期のシンジを絶好の壁にしたタナシンは早くも独走態勢に。
走る事が好きという気持ちは若い者にも負けません。その思いがまさにエネルギー。パワーとなって自らを走らせます。まだまだ見せて下さい。これぞ神技名人芸。誰よりも今、一番輝いています(動画)。
 と、通算43回目にして遂に記念初優勝を飾ったタナシンでした。表彰式では特別プレゼンターの海野ゆかりから花束を贈呈され、その後は海野含む広島勢及び同期のしんじから齢50にして水神祭の祝福を受けてます。
 後続はつけ回った3号艇尾崎鉄也と差しハンドルからチルト+2度の伸びを見せた6号艇若女井正の争いとなり、2Mワカメちゃんを行かせて差した尾崎が2着。
競艇POG2008


福岡公営レーシングプレス杯優勝戦

 12346/5の進入から09スタートの3号艇宮内由紀英(東京A2)がつけまいを打って08スタートの1号艇中野次郎(東京B1)を引き波に沈め、4号艇鎌田義の捲り差しを振りきって2001年7月東京中日スポーツ賞以来となる通算10回目の優勝
 実は優勝戦メンバーは宮内以外全員ドリームレースメンバーでしたが、宮内が非ドリメンの意地を見せた結果2連単6500円3連単38750円の波乱に。
 ちなみに2号艇だった王者松井繁はカマギーの引き波に沈んで6着大敗でしたが、桐生競艇場のたこやき屋が「銀だこ」から「たこやき家」に変わってました。店が変わっただけでなく値段の方も300円に値下がりしたのが嬉しいところ。

児島瀬戸大橋開通20周年記念優勝戦

 瀬戸大橋開通から20年を経て、マリンライナー213系から5000系+223系に替わりました。
 そしてレースの方は枠なり3vs3のインから1号艇中村有裕が逃げ切り、2006年桐生SGモーターボート記念以来となる通算23回目の優勝。後続は1M差した4号艇畑和宏が差し続いてきた6号艇清水攻二を2M捌いて2着。
 ちなみに本日は桐生行ってきたついでにまえばし駅前天然温泉ゆ~ゆにも寄ってきました。ゆうゆうゆうしょうの時から施設が拡張され、ミストサウナが設置されて通常サウナも以前のミニサウナから大型タワーサウナ化。テレビも設置されましたが、拡張工事の影響か以前よりお湯が薄くなったような。

多摩川日本財団会長賞優勝戦

 6日間のロングランシリーズを勝ち抜きましたベスト6強の登場です。いよいよファイナル優勝戦が始まりました。3vs3、枠番通りの進入です。6選手スピードをのせてきました。3秒前から2秒前です。優勝戦今スタートしました。外側3選手にいいダッシュが付きましたが3号艇石田政吾が先捲りを打ち、これが見事に決まった石田が今年3回目・通算41回目の優勝
 差した6号艇中辻博訓が2着に入る三六競艇は福井支部のワンツーでした。

 ちなみに多摩川優勝戦実況は「渋川まで響けコーセーの雄叫びヤッター!ヤッター!」や「栄三おじいちゃん、元気ですかー!」でお馴染みヤッターマンアナ。同じ苗字のタナシン名人位襲名にもヤッター!といったところでしょうね。
 それはさておき、桐生トークショーには上越ときエクスプレス江口晃生栄三おとうちゃんの娘土屋千明がいました。

鳴門大型映像導入4周年記念競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入から3号艇山地正樹が03トップスタートを放つも、09スタートの1号艇守田俊介が伸び返して1Mを俊敏に先マイして今年4回目・通算43回目の優勝。捲り差しの山地は2M捌いて2着。
 ちなみにこのレースは2号艇で石渡鉄兵が優出しており、永遠のライバル中川俊介と江戸川鉄兵の74期荒川鉄壁コンビががっちり内を固めましたが、中川は優勝したものの江戸川の方は山地の引き波を貰って5着でした。

常滑中京スポーツ杯全日本ファイターキング決定戦優勝戦

 枠なり3vs3の進入スタイルから1号艇寺田祥があっさり押し切り通算22回目の優勝で第38代全日本ファイターキングを襲名。
 2着は1M→2M→と捲り差しを連発した5号艇中嶋誠一郎。ちなみにセントレアから大村へは19時20分発の20時45分着です。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
競艇電投会員即時募集中
既に会員の方はテレボート
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
勝ち組.net
アクセスランキング
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
おすすめバナー
バナソニック


blogram投票ボタン

livedoor プロフィール
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ