ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

多羅尾達之

阿波・織田・多羅尾79期連番トリオ登場の江戸川&津つつじ賞初日

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 江戸川競艇今シリーズは第8回日本写真判定社長杯(優勝賞金100万円)。今日から21日までの6日間のロングランシリーズです。第3Rが始まりました。蒲郡SGモーターボート記念江戸川代表の1号艇阿波勝哉(79期3857)が大外へ出まして234/561の並びです。スピードが乗ってきました、第3Rスタートしました。2コース15トップスタートの3号艇織田猛(79期3858)が先に捲りますが、大外からアワカツが豪快につけまい。そのまま先頭に立って1着でゴール。織田が2着に入って同期連番ワンツー完成です。
 4カド差しの5号艇三瀬譲と5コース差しの6号艇松浦勝(79期3867)による3着争いは、3周1Mの差しで主導権を握った松浦が3周2M三瀬の全速戦を振りきって3着ゴール。ここに79期ワンツースリーが完成しました。

 目を離せぬ攻防戦が相次いでいます今日の競走水面です。第11Rを開始します。インの利を取りに行きました1号艇林恵祐が3号艇3コース多羅尾達之(79期3859)のつけまいをこらえて先頭も+01のフライング返還欠場(返還総額1208万7700円)。2Mを回らずに林はピットに帰還いたしましたが、タラちゃんはF艇に進路を塞がれる格好でターンの初動が遅れてしまい2Mを大回り。4カド差しで3番手を追走していた4号艇織田猛(79期3858)がこの展開に恵まれ、2Mを小さく回ってタラちゃんを逆転。1着ゴールは織田猛この日2回目の同期連番ワンツーです。

 第11RFに散った林恵祐の前半第7Rはエキサイティングな攻防が相次いだ2着争いとなり、3周2M内の利で先に回った6号艇の林恵祐は3周2M捲り差しの4号艇笠井広幸、3周2M差しの2号艇三瀬と3艇ほぼ同時のゴール。日本写真判定の機器による精密な写真判定の結果、5cm差で林恵祐は笠井に競り勝ち2着。三瀬は2艇に0.1秒差の4着でした。

 今シリーズの有力処と目されるメンバーが一斉にピットを飛び出してきました。江戸川選抜の開始です。一斉にスタートゾーンを飛び出していきましたが、2コース差し順走不発で5号艇山本寛久(79期3874)との3番手争いだった2号艇川上昇平が+01のフライング返還欠場(返還総額623万5300円)。
 ちなみにイン00タッチスタートで生き残った1号艇野添貴裕1着、4カド差しの4号艇今坂勝広が2着でした。69期大阪支部の野添は00で優勝戦線に生き残りましたが、野添に投票した自分の優勝者当てクイズも00で生き残りました。

 タッチスタートで生き残った野添は6号艇で登場した前半第8Rが圧巻で、07トップスタートから強烈な絞り捲りで1着、初日連勝となっています。
 その第8Rは2号艇森久保亨(今シリーズ選手代表)が2番手でしたが2Mで艇が浮いて流れてしまい、1号艇松浦勝が松浦ありゃりゃと2番手、3号艇竹内好一が3番手に浮上。2周2M内を鋭く回った竹内が松浦と同体に持ち込むも、3周1M差した竹内が再び単独2番手に。竹内は3周2Mの差しで再び松浦に迫りますが、最後のHSで突然よれてしまいましてあわや向正面に行ってしまうかというアクシデント(動画)が発生して松浦が2着を守っています。

津G1つつじ賞王座決定戦初日

 江戸川競艇場で6日間完全併用発売の津つつじ賞。自分は空調完備の4F第5投票所でアワカ津の走りを見津津、津つつじ賞の舟券も買ってました。第5投票所は1M側で江戸川の情報、2M側で併用場の情報を流してるので両方買いやすくて便利なのです。
 2Rは2コースから差した2号艇白石健が先頭、3コースから捲り差した3号艇高沖健太が2番手でしたが、2Mでしらけんを差そうとした高沖がしらけんの艇尾に乗り上げ両者転覆(動画)。転覆艇に乗り上げた6号艇齊藤仁も不完走失格になる不快なアクシデントで高沖は妨害失格、そして負傷帰郷となりました。尚、4カド差し不発で最後方も、2Mで事故現場の内を突いて不快なアクシデントを逃れた4号艇深井利寿1着です。

 高沖欠場で5艇立てになった8Rは高沖欠場で4カド戦になった5号艇淺田千亜希が1M差しから2M先取りで押し切って1着。14日にボートピア名古屋でつつじ賞キャンペーンのトークショーを行った淺田千がシリーズ初戦を飾りました。本日は5Rでも寺田千恵がスタート遅れを取り返す角度鋭い2コース小回り差しで1着になっており、女子選手が2戦2勝です。

 ツッキードリーム戦は1号艇魚谷智之(76期3780)が1着、3号艇濱野谷憲吾が3コース差しで2着でした。そして大外進入になった5号艇原田幸哉(76期3779)は捲り差しを2号艇2コースの今垣光太郎に抵抗されて同期連番ワンツーを阻止されるもガキさんを捲りきって3着です。

 ところで、グランプリファイナル戦津市長賞優勝で本来なら当然つつじ賞に出るべきの林美憲がなぜか江戸川を走っていますが、林美憲を呼んでおけば明日の津グランプリ覇者ドリーム戦シリーズ第3戦覇者中村有裕欠場による補欠繰り上がりの矢後剛シリーズ第10戦優出1号艇4着)を乗せずに済んだのにと思いますね。
 ちなみに林美憲は津に呼ばれなかったショックが響いているのか、初日は江戸川選抜を含む4着2本と冴えない内容でした。

阪神G3マーメイドステークスキルトクール】

 キルトクールは前日単勝オッズ2番人気のタイキシャトル産駒ディアチャンス。父の距離適性も、兄姉馬の距離適性も2000mは守備範囲外。この馬自身も良績は平坦コースの1800mまでで、2000mは1回だけ走って6着惨敗と守備範囲外。ましてや今回は坂コースですからすんなり切れますね。
ギャンブル王争奪!競馬&競艇予想大会

【時は金なり】マ・イケル海王者の行進が始まった!

まぁイケてる王者松井繁 海王奪取!!を掛け声に始まった若松SGオーシャンカップ、その含蓄ある言動で常に注目を集める王者松井繁は今節の前に「ボクがいないとSGは始まらへん」とのお言葉を残しましたが、そのお言葉通り有言実行の走りで予選を通過し、抽選でさよならのオーシャン・頂上決戦優勝戦1号艇を手に入れた王者はトップタイの14スタートを決め、5カド37ドカ遅れスタートから切り返しで最内に入り込んで王者につっかけてきた稀代の勝負師・王者キラーの西島義則を始め、他を全く寄せ付けないイン戦で2001年浜名湖SG笹川賞以来となる5年ぶり5度目のSG優勝。これぞ王者の行進や!
王者優勝を祈ってたこ焼き串を食べた甲斐があったもんや。
王者焼き串150円

 さて、王者が独走した後方は激しく、大外捲り差しの田村隆信と2コース順走キルトクール艇上瀧和則が競りますが、2Mではっきり明暗が。上瀧が群馬コンビのおっつけを包んでかわして2番手を守ったのに対し、一番外側にいた田村は上瀧におっつけられる形で圏外へ。そして田村に替わって上瀧と2番手を争ったのは2M最内を突いたペリカンさん。上瀧ややリードの展開でしたが、2周2Mの差しで上瀧に急接近したペリカンさんは3周1Mを先マイ。これで逆転、ヤッタ!
しかしそうはならず、ペリカンさんが出口でややバウンドしたのに対し、鋭く差した上瀧が機力の違いでぐいぐい伸びて2番手をキープ、2着に入ってナンテコッタイドンガバジョー。

 王者軍団内田和男アナ(6日間実況お疲れ様でした)司会の表彰式では内田アナが事前に王者フィーバーを煽ったこともあり、場内ボルテージ最高潮で王者を迎え入れました。
その表彰式では王者の金言がたっぷり堪能できました。「親の退職祝いに勝ちたかったです。」「子供に「がんばれパパ」と刺繍入りのタオルを貰ったのが最高に嬉しかったです。」と家族愛な一面を見せたかと思えば、「Time is money,時は金なり。時間を大切にがんばっていきます。」と座右の銘を披露したりと王者劇場に場内は大いに沸きました。
 そんなこんなで真夏の海の王者に輝いた王者松井繁ですが、ただいま大村スポニチ杯争奪真夏の王者決定戦開催中でして、その勝者と王者松井の頂上決戦が待たれるところです。でも王者は9月22日からの大村G1海の王者決定戦にいないのです(;_;)

 ちなみに自分が若松競艇場に着いたのは9Rパイナップル選抜戦発売中でしたが、レース終了後の野中和夫選手会長トークショーmixi仲間のかっちゃんさんとジャンピーさんに無事会う事ができました。多摩川G1ウェイキーカップでも2人に会いましたが九州の地でも会えたのは喜ばしいのです。
初代OC覇者モンスター野中会長プレス向け専用記念撮影、ファン向けは無し


【他4場の優勝戦】

 中日ファン竜鯱まくり差しさん観覧(表彰式で映ってます動画)レース多摩川東京中日スポーツ賞は埼玉の新鋭91期佐竹友樹が大外まくり差しで初優勝。同期同支部小川時光赤羽克也も早く続いて欲しいですね。
2着には2コース小回り差し崎野俊樹、3着にはイン戦も差された花田和明で、「」ワンツーでした。


 児島一般競走は3コースの飯山泰が10トップスタートを決めますが、イン20スタート鈴木茂正が抵抗の先マイ。これを受けて飯山は差しに切り替え、2コース一番差し宇土泰就に二番差しで続き、宇土に舳先を入れた飯山が2Mを先制して通算12回目の優勝


 宮島日本財団会長杯はイン12トップスタートの重野哲之が2コース平田忠則の28ドカ凹みで壁がない状態ながらもきっちり押し切り、今年6回目にして通算9回目の優勝。児島のしげしげはイン戦失敗4着でしたが、こちらのしげしげはきっちり決めましたね。
尚、2着には5コースから握った松本浩貴が入りました。


 尼崎一般競走は5号艇高橋勲(神奈川)が5R8Rに出場予定だった多羅尾達之(神奈川)と共に整備規定違反(試運転中に互いのプロペラを交換して乗艇した為)で欠場となり5艇立てであります。
 レースですが、今期最強のB2選手・勝率7.83の黒崎竜也がイン戦圧勝で通算5回目の優勝であります。
6号艇で大外ながら5艇立ての為5コースになった白井友晴が差しで2番手につけ、2コース握りマイから2M切り返しでおっつけてきた三好一を包んでかわして2着であります。そして三好は三着、以上でございます。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
競艇電投会員即時募集中
既に会員の方はテレボート
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
勝ち組.net
アクセスランキング
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
おすすめバナー
バナソニック


blogram投票ボタン

livedoor プロフィール
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ