ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

多摩川競艇

夏目雅この夏、海の日に多摩川で予想トーク。

 今日海の日のBR多摩川本場はG3企業杯サントリーカップ最終日にして丸亀SGオーシャンカップ最終日併用発売日。
 その多摩川では今日、夏目ナナの予想トークが、平和島勝利者インタビュアーでお馴染み黒崎雅による司会で開催されました。

 JLC「J1KingTV」レギュラー出演などでBOATRACEファンにもお馴染みの夏目ナナ予想トークは名前に合わせたわけではないでしょうが、多摩川ナナレースと丸亀ナナレース発売中にイベントステージ、多摩川9R発売中に指定席フロアで行われました。
 丸亀ナナレースの予想トーク終了後にはサイン色紙が当たるじゃんけん大会も。

 ちなみに名前通り黒髪なのが黒崎さんで、パツキンBLEACHヘアーがナナチャンチンです。
多摩川ナナレースの部丸亀ナナレースの部

2010年度是政女王は平山智加に決定!

ブログネタ
競艇 に参加中!
 「今年3月、1人の女子レーサーが突然引退を発表しました。彼女はバンビの愛称で多くのファンから親しまれてきた是政の女王です。その女王がホームにしてきたここ多摩川で行われてきましたなでしこ達の競演。(動画
 ということで森泉宏一アナによるさよならバンビで始まった多摩川競艇場のオール女子是政女王決定戦ファイナル。
 準優1号艇で唯一1着になった平山智加(香川)が1号艇を手にしたファイナルは枠なり3vs3の進入からひらぽんが2号艇山川美由紀(香川)のつけまいを全く問題にせず逃げ切り、丸亀ヴィクトリアゴルフスマイルひらぽんは今年2回目・通算7回目・府中市多摩川は初優出初優勝

 後続は3号艇片岡恵里(山口)と4号艇魚谷香織(山口)と5号艇平田さやか(東京)の差し合戦になり、BS真ん中のぅぉちゃんが2Mで外のエリーを張りつつ内のスーパーストロングさやかも全速包みきり、月末の浜名湖SG笹川賞でSG初出場予定のぅぉちゃんは、かつてダービー女王ウオちゃんが是政女王決定戦ヴィクトリアマイルなどG1V6を飾った府中市での初優出戦で2着。

 ちなみに、ウェイキーのガールフレンドリップルの着ぐるみは今節が初登場です。
多摩川初Vでウェイキーとリップルに囲まれる平山智加


びわこ滋賀県知事杯争奪ビナちゃんカップ優勝戦

 GW賞金開催のトリを飾るビナちゃんカップは枠なり3vs3の進入から1号艇川北浩貴が15トップスタートの速攻で押し切り、今節4日目の9日に笹川賞壮行会を開催してもらった川北は笹川賞に弾みをつける通算42回目の優勝
 後続は差し順走の2号艇君島秀三に5号艇平野和明(愛知)の差しが迫り、君島は2M→2周1Mと平野を全速包んでかわすも、2周BS平野に差を詰められますが、君島は2周2Mも豪快に平野を捲りに行き、そのまま捲りきって2着争いにけり。

大村KTNテレビ長崎杯優勝戦

 大場ナツキアナが実況したKTNテレビ長崎杯優勝戦は135/246の進入から13トップスタートの1号艇大場敏が3号艇石橋道友(長崎)差しを何とか振り切り、2008年8月戸田アサヒスーパードライカップ以来となる通算38回目・大村3回目の優勝
 惜しくも届かなかった石橋は2番差しの5号艇伊藤誠二を2M行かせて捌き2着。

常滑さつき賞優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇松野京吾が2号艇長溝一生のつけまいを弾き飛ばすゴージャスなイン戦でぶっちぎり、昨年11月津競艇名誉執行委員長鳥羽一郎杯争奪戦以来となる通算54回目の優勝

 後続はBS4艇密集し、差した4号艇佐藤大介(愛知)を最内に、捲り差した6号艇中村亮太(チルト+3度)と3号艇三好勇人、一番外に長溝。
 2Mは最内の佐藤が中村を張り、外の三好が中村を包み、長溝が差し、HSでは中村が一歩後退した3艇の接戦に。
 次いで2周1Mは三好が長溝を包み、佐藤が長溝を差し、長溝が一歩後退した2艇の接戦に。
 そして2周2Mでは内の佐藤に外の三好が全速戦で食らいつき併走続くも、3周1M外全速つけ回った三好のターンが流れて勝負あり。
 佐藤が2着、3周2M内に潜り込んで3番手同体に持ち込んだ長溝に0.1秒差競り勝った三好が3着。

浜名湖テレボートカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇が09トップスタートの速攻で押し切り、前走地大村スポニチ杯GW特選レースに続く今年2回目・通算43回目の優勝。捲り差した3号艇繁野谷圭介が2着。

江戸川富士通フロンテック杯4日目

 今節2度目の現地参戦は序盤が今節初めて新人アナの実況で、平山信一アナの実況は第5R以降。
 ちなみに自分が江戸川本場にいたのは新人アナが読んでいた第5Rの展示航走までだったので、平山プロの実況を聴いたのは結局ネットリプレイでした。

 24場の最後を飾るGW斡旋開催(ただし賞金は64万円の一般開催)も明日は予選最終日。以下は得点率上位者です。

8.83白井友晴 8.71熊谷直樹 8.57高橋勲 8.00石渡鉄兵 7.83中村裕将 7.50増田弘喜 7.33山田哲也 7.29浦田信義 7.00永田秀二若林将

 今日はBR江戸川とBR多摩川のはしごでしたが、間に虎ノ門で途中下車して昨日オープンした「ていちゃんカフェ」に行って来ました。
 2Fのイートインスペースには結構な数のノートパソコンが常備されてて、音は出ないもののネット中継を見る事が出来ます。
ていちゃんカフェのホットコーヒーとホットサンドていちゃんカフェ内のノートPC

多摩川競艇の是政女王決定戦は田口節子が涙の優勝

ブログネタ
競艇 に参加中!
 Crazy Magicのとろけそうな甘いメロディが展示航走中にかなでられる多摩川競艇のオール女子戦是政女王決定戦が本日最終日なので年休とって午後から多摩川本場へ初日2日目に続く今節3度目の参戦。ちなみに今日は行く前に府中駅前の麺創研かなでで煮干味ラーメンを食べてきました。

 さて、6名のヴィクトリアがヴィクトリー目指す是政女王決定戦ファイナルは南左横風5mで4cmのリップル(さざなみ)が立つ水面コンディションになり、枠なり3vs3の進入から1号艇田口節子が危なげなく堂々押し切り、多摩川は銀河系の織姫ここにありをアピールした昨年7月G3女子リーグ第5戦モーターボートレディスダービーに続く3回目・通算24回目の優勝でドリーム戦1号艇選出済みの次節G1企業杯JAL女子王座決定戦に弾みをつける結果に。
 後続は順走の2号艇岩崎芳美とつけ回る4号艇海野ゆかりの接戦になるも、2M内先行した岩崎よしみがうんのゆかりを突き放して2着。

 優勝した田口節子は表彰式(レース&表彰式動画)に涙を流して登場。以下は涙声で語ったインタビューを要約したものです。
 「ずっと不調だったのでうれしいです。選手になって今までに無いぐらい緊張して、手も震えてて、すごい怖かったです。不調で、前節も住之江で切った後にすごい落ち込んでたんですけど、いろんな人がすごい励ましてくれて、で、今節こんなにできると思ってなかったんで。なんか自分に自信が持ててなくて、スタートがすごい不安でした。
 前走地住之江アクアクイーンカップ優勝戦1号艇で切ってしまったFに対しファンの想像以上に落ち込んでたようですが、前泊で妹のYUCCO(元中ノ森BAND)と一緒にピザを食べたりして気分転換できたのもあったか、不調と苦悩を感じさせない強さでシリーズを引っ張りました。
泣きながらインタビューに答える節子目を腫らしながらもほっと一息の節子
Crazy Magicが流れる初日ドリーム戦周回展示


福岡県知事杯争奪福岡都市圏開設20周年記念競走優勝戦

 豪華メンバーの6日間開催を締めくくる優勝戦は枠なりオールスローの進入から1号艇瓜生正義(福岡76期3783)が3号艇今坂勝広のつけまいを全く問題にせず押し切り、正月の当地新春開運特選レースに続く福岡7回目・今年2回目・通算39回目の優勝で賞金80万円と副賞の商品券を獲得。
 差した4号艇魚谷智之(兵庫76期3780)が2番手につけ、差し続く5号艇中島友和(佐賀76期3784)を2M行かせて捌き2着。


 ということでウリ坊とうおちゃんの76期SGウィナーコンビF休み明け復帰シリーズは2人のワンツーで締めくくりましたが、うおちゃんといえば3月13日からのLove FM・福岡なでしこカップぅぉちゃんが出場予定。
 選手紹介はありませんが初日と2日目には9時30分から10分間のお出迎えサービスがあり、以下は2日間のお出迎え予定選手。

 13日
日高逸子 大澤真菜 平高奈菜 藤堂里香 矢野真梨菜 真子奈津実 竹井奈美

 14日
森永愛 長嶋万記 中西裕子 藤崎小百合 木村沙友希 魚谷香織 大原由子


 なんと14日はぅぉちゃんだけでなく東西のゆうこりん、「水上の格闘技・THE競艇ナイト3」に出演した静岡コンビまでいる個人的な超豪華キャスト。福岡のファンがうらやましいです。

戸田関東日刊紙競艇記者クラブ杯初日

 メイン戸田選抜戦は枠なり3vs3の進入から4号艇加瀬智宏の智様捲りが決まり、ヒモトリも6号艇と5号艇で万舟になった初日は専用場外ボートピア栗橋の開設初日。

 そしてここからが本題。戸田本場では3日目の27日に女子王座決定戦キャンペーンを実施。ピンクリボン応援「佐々木裕美選手監修オリジナルTシャツ(30着)」販売やチャリティ募金受付や下関紹介「観光DVD」放映を実施します。
 また、13時30分頃の6R終了後には女帝アンナ中川杏奈(1987年2月28日生まれ)とシーモアンナ川村あんなW∞アンナトークショーを実施。
 更に、14時30分頃の8R終了後には魚谷香織トークショー
 府中の水上を節間沸かせ最後も10R特別選抜B戦4号艇カド捲りで締めたぅぉちゃんがコレ女に引き続き関東の競艇場に登場する超うれしいイベントです。初日ファン選抜ドリーム戦出場者インタビューでも一番花束をもらって最後まで残ってただけに土曜日も盛り上がりそうですね。

 続いて4日目の28日には11時10分から3Fフードコート横で中西裕子りんが出演する選手ふれあいイベントが。土日ともバッハプラザでお馴染み戸田の人気者西岡麻生が司会予定なのです。

 日曜日はG1太閤賞最終日の住之江競艇場なので戸田には行けませんが、土曜日はもちろん戸田競艇場に行ってきます。
ファン投票4位魚谷香織

多摩川競艇新マスコット発表会もあったコレ女選手紹介速報

 オール女子是政女王決定戦選手紹介に先立ち発表された多摩川競艇新マスコットキャラクター。

 艇王ウェイキーくんのガールフレンドとして誕生した新マスコットの名前はさざなみに由来した「リップル」に決定。

 発表者の平田さやかが着てるレーシングスーツも、新キャラ誕生に合わせて新調されました。

 ちなみにまだ着ぐるみは作られておらず、今節選手代表渡辺千草によれば
 「ファンの皆さんが舟券買って多摩川競艇の売上を伸ばして着ぐるみを作りましょう。」とのこと。

 ここからは、ハレ女が集まってハレ系な天気になったコレ女選手紹介から面白かった選手を追記。
 明朝までには本編記事で残りの選手写真(N-01Aで撮影)も公開する予定です。
命名:リップル

濱がいないを熱唱する松村昌子 是政バンビ濱村美鹿子が優秀選手表彰出席の為斡旋されなかったのを、ZARD「君がいない」の替え歌「濱がいない」にして歌った松村昌子。

ちなつの秘密 前泊で行った新宿のオカマバーで店員にニューハーフと間違えられた新宿二丁目系イケイケメンボートレーサー道上千夏。

野辺かおりんの出産報告をする西村めぐみ 同期3707野辺香織の出産を報告した74期3704西村めぐみ。
 ちなみに今節は橋谷田佳織と魚谷香織と原加央理が出場するトリプルかおりん祭り。そのかおりん祭りでかおりんのおめでた発表です。

クールビューティーと一発芸の落差がすごいんです 写真のすました表情から一転、「石井裕美さんのここ、の筋肉カッチカチやぞ〜!」と、オードリー春日とザブングル加藤の合わせ技を披露した古川舞。

赤のれん節ちゃんがサイン入りリップルパネルを贈呈 ファン選抜ドリーム戦勝者の3号艇田口節子による1着当てクイズ抽選会。

滝澤友恵&前沢丈史ショー+チャレカデーにスター2人がチャレカアウト

ブログネタ
競艇 に参加中!
 多摩川競艇開設55周年記念G1ウェイキーカップ3日目の今日は、都築あこ司会による前沢丈史滝澤友恵トークショー&チャリティーオークションがあるという事で多摩川本場に行ってきました。
 が、西葛西から多摩川は遠く、着いたのは1回目のトークショーが終わりかけた4R締切直前。
 よって、見たのは5R発売中の2回目のトークショーと6R発売中のチャリティオークションです。

 トークショーでは102期4499滝澤友恵が選手をめざすまでの話とデビューまでの経緯を語ってましたが、多摩川HPのインタビュー東スポのインタビューと内容は被ってる部分はあるものの、肉声で聴くと改めて彼女の話に胸を打たれましたね。
 対照的に多摩川地元スターの97期4366前沢丈史は消去法で地元スターになったとか、来期はB級に落ちちゃうからとか、弱気な発言を軽いノリでさらっと言ってました。
 尚、前沢丈史のインタビューは先月OAされた「GOLDENBOYS 2009 #05(30秒のCM動画」で、原ちゃん(原理恵子)がキャッチアップGBしてます。水神祭は濡れるから嫌いとか、GBでもゆるいトークを聴かせてくれる前沢丈史です。
 
 次に、オークションではベイパメンバーのグッズを中心に出品され、一番最後に出品された滝澤友恵着用済み襟巻と都築あこのDVDと前沢グッズ他を付けたセットが最高価格の20000円で落札されてました。
前沢丈史&滝澤友恵トークショー都築あこと滝澤友恵脱ぎたてマフラーを出品した滝澤友恵と前沢丈史

 以上の様に悪天候ながら大いに盛り上がったイベントでしたが、活気があったイベントとは対照的に水上の方は天候同様に暗い1日になり、10Rではファン投票3位で成績の方もオール3連対だった1号艇横西奏恵が162/345のインコースから痛恨の+01スリットで場内のムードは真っ暗に。
 2コース差し2番手から先頭に繰り上がった藤丸光一の勝利者インタビューは、盛況だった前後の勝利者インタビューと違い客の声もほとんど聞こえず、本人も浮かない口調で非常に暗いインタビューに(動画)。

 そして最終12Rでは枠なり3vs3のカドからファン投票2位の4号艇山崎智也が痛恨の+02スタート。
 ただ横ちんのフライング時と若干雰囲気が違い、暗い雰囲気ではありましたが、それ以上に最終レースのフライングという事で、多くの客がF返還の払戻機へ急ぐ事態が場全体の雰囲気を支配してました。
 また、最終の決まり手は前退き恵まれではなく、1号艇石田政吾が2号艇山崎義明の先捲りをブロックし、3号艇濱野谷憲吾の差しを振り切っての堂々たる逃げ切りというのも10Rと違う部分でした。
 勝利者インタビュー(動画)は、F返還の列に人が固まってて10Rの時同様寂しい集まり具合で拍手もまばらでしたが、10Rと違うのは石田政吾がガンバリマスと明るく締めてるところ。
前付けで横ちんのFを誘いつつST放って勝ち上がった藤丸山崎智也のFに惑わされずガンバリマシタ石田政吾

 というわけで、阪神G1もといG3朝日チャレンジカップ当日に起きた2件のフライングにより、艇界を代表する人気選手である横ちんと山智が11月の常滑SG競艇王チャレンジカップに出られなくなってしまいました。


 ところで今日は愛知からやってきた徒然さん&北海道帰りのB1ゆーとぴあさんと久々に会いまして、後から到着した良2さんとも久々に会いましたです。今日1日ありがとうございました。

江戸川デイリースポーツ杯2日目

 昨日の第10Rで転覆した橋本健造が今日に入ってから負傷帰郷となり第8Rを欠場して5艇立てになった2日目の競走水面は、第5Rで2号艇柾田敏行が1周1M差しに行った所でターンマークにぶつかって選手責任転覆を喫してしまう場面が。
 
 そんな本日のピックアップは第10R。1号艇江夏満が人気を集めた一戦は、2号艇中尾英彦が31とスタート後手を踏み、16スタートも壁無しになった江夏に対し09スタートの4号艇齋藤和政が絞りに行きますが、17スタートの3号艇新開文夫が先捲りで抵抗。
 捲った両者は共倒れの格好になりましたが、新開と江夏の間を効果的に捲り差した6号艇関口智久が一気に突き抜け、1号艇の第4Rと合わせて本日連勝。
 1号艇の頭は3本、2着1本と決してインが強くなかった水面状況の割にはここまで5000円以上の配当0でしたが、本日唯一6号艇が勝った第10Rで本日最高配当の2連単20800円が飛び出しました。

下関新東通信杯3日目

 今日の東京支部トークショーの仕切りも担当するなど、競艇場のイベントには欠かせない広告代理店新東通信のタイトル戦。
 ピックアップは明日13日に誕生日を迎える戸田天皇池上裕次(58期3245)が3号艇で乗艇の4Rで、スタート展示では2号艇柳澤千春(58期3254)が大外に出た153642でしたが、本番では一転して1号艇越智照浩が大外に出た234/561の並びに。
 そして14スタートの千春が1Mを先行するも、11トップスタートの裕次が千春を行かせて差す事に成功(動画)。誕生日を前に裕次と千春の同期ワンツーが実現しました。

多摩川SG総理大臣杯準優勝戦にズームイン!

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 多摩川競艇、第44回のSG総理大臣杯。明日の優勝戦進出を懸けて準優勝戦1つ目、第10Rが始まりました。
 126/345の進入から3号艇田中信一郎が08トップスタートから一気のカド捲りを決め1着。イン戦残した1号艇笠原亮が2M内突っ込んできた5号艇吉田弘文を行かせて捌き2着。尚、準優進出者インタビューで「さすがの調整力で足は元に戻りました。」と語った4号艇松井繁は道中の3着競りを制しての3着。
準優勝利者インタビュータナシン(大阪)

 準優勝戦2つ目の11Rが始まりました。枠なり3vs3の進入から1号艇坪井康晴が22のつボインドカ遅れスタートをやらかし、11スタートの2号艇平石和男が直捲り。
 そして、この展開を突いて3号艇池田浩二の捲り差しと4号艇田村隆信の差しが入り、2Mは内の田村が先行するも、これを差しきった池田が1着。尚、準優進出者インタビューで「今日は何もしない予定なのでボートを磨いたらあとは寝るだけです。」とか「左隣の田村くんに合わせてスタート0台ぶちこみます。違った世界が見えそうです。」とか語った5号艇大賀広幸は田村の06トップスタートに対し自身は14とスタート合わせられず、1M差し遅れて6着でした。
準優勝利者インタビュー池田浩

 準優勝戦3つ目、12Rが始まりました。3vs3、枠番通り、スピードが乗ってきました。12Rスタートしました。1号艇2号艇が飛び出していきました。1番2番ちょっと飛び出した。
 かくしてスタート判定中ながらも1号艇今垣光太郎は3号艇吉田拡郎のつけまいを蹴散らし、2号艇市川哲也の差しも振りきり先頭。そして「(ピンポンパンポン)お知らせいたします。2番の市川、2番の市川がフライングによる返還欠場になりました。」と、勝負師哲也のみが+01のフライングに散り、ガッキーは00タッチスタートでセーフ。スリット写真発表で場内がざわつく中行われた公開勝利者インタビューでは「(スタートで助かった!という感じですか?)ホント助かりました。」「(今も心臓ドキドキですか?)いや…ホント…」とタッチスタートで生き残った感想を率直に語りながらも「優勝できるように精一杯がんばります。」との意気込みを披露。
 後続ですが、吉田拡郎の直後には捲り差し入れなかった4号艇重成一人と差した6号艇森永淳が併走で続きますが、2MでF艇(そのまま航走)を意識しすぎたかよしだかくろうの外全速戦はターンが全く掛からずに大きく流れ、その内側で森永を捲った重成が繰り上がり2番手で2M小回りの森永が3番手。2周1Mでも全速戦を敢行したよしだかくろうは重成の引き波で艇が浮いて森永を捲りきれず、重成が2着で森永が3着。

 で、公開勝利者インタビュー終了の数分後にヤッターマンアナによる衝撃のお知らせが。なんとガッキーは待機行動違反(スリット付近の斜行で懐取りすぎ)で賞典除外。Fはタッチで免れたガッキーでしたが待機行動違反を免れる事は出来ず、F返還でまだまだ多く残っていた客が一斉にざわついた瞬間でした。
Fはセーフも待機行動はアウトだった悲劇の主役ガッキー

 是政夢劇場の千秋楽優勝戦のメンバー。

1:池田浩二 2:田中信一郎 3:笠原亮 4:田村隆信 5:重成一人 6:森永淳

 準優12Rで3周1M3周2Mターン膨れるもよしだかくろうがそのミスを突けず、辛うじて3着って感じだった森永の劣勢は否めないですが、そもそも予選通過が4日目12R井口佳典が転覆した事による繰り上がりで、優出もガッキー待機行動違反による繰り上がりと、恵まれが2回続いた強運には注意。 

【女医マン】

 多くのギャラリーが集まったジョイマンのお笑いステージがあった今日は準優勝戦出場者インタビューが。その時に山ちゃんさん、ナナメさん、名古屋からやって来たささぴーさんと会って、午後には良2さん&かじさんと会いまして、山ちゃんさんと2M側で準優勝戦を見て前夜版を貰った後、直帰の山ちゃんさんと別れて府中の「千年の宴」で良2さんカジさんナナメさんに加え、てるきちさんとB1ゆーとぴあさんと青森からやって来たnariさんの総勢7人でズームインな飲み。

 以下は、準優進出者インタビューとジョイマンの写真です。
準優10R出場者インタビュー準優11R出場者インタビュー準優12R出場者インタビュー準優2着の笠原準優2着田村のうしろで雑談する大賀とヒラチュウ準優2着の重成予選18位で準優3着ながら繰り上がり優出の森永ジョイマン

I'm 総理杯

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 年度末の今日この頃、卒業や退職や番組改編で世間は慌ただしいですが、今夜は自分も職場の定年退職送別会に出席してきました。ですが、それまでは「I'm Sorry、ハイ。」と計年入れて、朝一からSG総理大臣杯の多摩川競艇場へ。
 80期勢が目標を書いた色紙を見せて無言(吉田弘文だけは「しよくん」と一言)だった選手紹介動画)を見たり、長野出身の神奈川ベイスター飯山泰の選手宣誓を見たり、飯山やすしと選手代表長岡茂一ミス日本(ミス空の日濱地やよい&ミス着物松本蘭)が花束を渡す場面を見たり、松岡俊道アナ司会のドリーム戦出場者インタビューで「4カドは濱野谷!」と叫ぶ名人戦世代の地元ファンと、そのファンをいじる5号艇湯川浩司の言動を楽しんだりした一日。
 特に、「(おとうさんがカドだカドだっておっしゃるんでね、そうなるとあんた6コースになるんですけどよろしいですか?)その前に、濱野谷さんに抵抗する前に、あのお父さん引き波にはめてですね、はい。がんばりたいと思いますけれども。」といじった湯川のインタビューは面白かったですね。ちなみに6号艇濱野谷憲吾のインタビューは「(先程からお父さんがカドを取れ何しろって全部指示するわけでございますけれども、濱野谷さんはどういうご気持ちでございますか?)(ここで4カド!という声)4カド…は多分取れないですね、はい。」と123/645の進入はお父さんの夢に終わりました。
 開会式写真をいくつか掲載した後は勝利者インタビュー写真をコメント付きで。写真にマウスカーソルを合わせるとaltタグの吹き出し文字も出ます。
飯山やすしの選手宣誓が起こるでしかしやっさんとモイチタンにミス日本が花束贈呈ドリ戦インタビューの王者足色冴えないレース内容だった吉川下を向いてしゃべる癖が今日も出た井口ドリ戦は4カド主張で差して2着のつボイ本番は井口にはねられドベもインタビューの内容は1着級だった湯川指令を受け流して枠なり6コースだった濱野谷

多摩川光男になって頑張るトーセンミツオー 2コース差しで勝った7R2号艇島川光男

しよ君、少年よ大志をいだけ。 イン逃げ決めて前半2Rあわやエンスト失格の失態を取り返した8R1号艇のしよパパ。

ウェイキーくん人形を投げるぴろし 2コース差しで勝った9R2号艇の伊藤宏

平常心で4カド捲りのガッキー 4カド捲りで勝った10R4号艇の今垣光太郎

インタビュー池田浩二中 イン逃げ決めた11R1号艇池田浩二

王者インタビュー終了後若松帰りの原ちゃんに会えました。 イン逃げ決めたドリーム戦1号艇松井繁


浜名湖河合楽器スポーツ杯優勝戦

 河合楽器スポーツのタイトル戦は14263/5の進入隊形から21スタートの1号艇横澤剛治(静岡82期3956)が先行体勢も、紅一点の2号艇谷川里江が19スタートから豪快なつけまいを決めて横澤を沈め、通算31回目の優勝。差した3号艇山崎裕司が2着。

下関川棚温泉青龍杯優勝戦

 下関市豊浦町にある川棚温泉のタイトル戦は枠なり3vs3の進入から1号艇石橋道友が08トップスタートの速攻で押し切り通算5回目の優勝にして地元大村以外での初優勝。
 後続は差した4号艇長尾章平(山口)と外マイの3号艇金子貴志で併走になりますが、差し伸びて押っつけてきた6号艇倉尾大介を包んでかわした長尾は流れ、2艇を冷静に差しきった金子が2着。

 尚、5号艇・輝く男後藤浩は捲り差し一突き狙うも2号艇福島勇樹王子(3周2Mで長尾を抜いて3着)が壁になって行き場無くし6着に終わり後藤浩輝けませんでしたが、多摩川競艇場では水曜日に後藤浩輝トークショーが有馬す。

【ムラッシュムラムラ】植木通彦来場記念ウェイキーカップ【植木杯】

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 艇王植木通彦元選手が幸せの青い不死鳥ウェイキーくんと共に優勝者を祝う多摩川G1ウェイキーカップ優勝戦スタート展示の162345から一転、ウェイキー色の4号艇服部幸男先生が動いて146/235。これで内3艇の進入が深くなり、カドを取った2号艇は地元村田修次(TamagawaBPクラブ)にとって絶好の進入に。
 そしてムラッシュはこの好機を見事に生かし、08トップスタートから伝家の宝刀ムラッシュターン!で内3ハイを捲りきり、通算25回目にして遂に記念初優勝。植木杯のキャンペーンボーイとしてマスコミ各社をあいさつ回りした甲斐がありましたね。

 公開水神祭の後に行われ、まさに水も滴るいい男となって登場した表彰式(動画の6分過ぎ)では、Wウェイキーくんと佐賀県出身で多摩川ホームの優木まおみ(これが多摩川12回目の登場)から盛大な祝福を受けました。ちなみに優木まおみがまだ行った事の無い競艇場は江戸川・常滑・三国・芦屋の4場ということがトークショーで判明しました。
 さて、副賞の目録を贈呈して正真正銘の植木杯プレゼンターとなり、是政のウェイキーくんランド(B1ゆーとぴあさんおめでとうございます)を大いに盛り上げた艇王が祝辞を述べたのですが、その内容は艇王も同じレースに出てた福岡SG全日本選手権3日目8Rの話。その時に転覆して重傷を負い、そこから復帰を果たし逆境をはねのけた事とピットでの気合いから優出メンバーで一番応援してたとの事です。

 レースに戻り、後続は差したハッ鳥先生と捲り差した3号艇平石和男で接戦となり、2Mでハッ鳥先生を差した平石がリードするも、2周1M切り返しから先に回ったハッ鳥先生が巻き返して同体に。そして2周2M内から先に回った平石を差したハッ鳥先生が3周1M内から平石を牽制して回り勝負あり。2着争いとはいえ、平石に苦汁を飲まされた準優12Rのリベンジに成功です。
まおみカルトクイズもあった優木まおみトークショー艇王とまおみのトークショー老若男女問わず幅広い人気を改めて実感させた艇王多摩川のエースと多摩川のヒロインで記念撮影
遂に実現!Wウェイキーくんが同じ壇上に!


浜名湖秋分の日スペシャル!おはぎアタック優勝戦

 16/24/35と内2艇の起こしが深くなったものの、それを補うゼロスタートで外4艇を圧倒し先頭争いを演じたのは06スタートの1号艇長岡茂一と02トップスタートの6号艇岡部貴司。1M差した岡部が2M先に回って先頭も、2周1M差しが入ったモイチタンがBS必死に舳先をねじ込み、2周2Mを先に回って逆転成功。
 昨年4月30日の江戸川ゴールデンカップ以来となる通算66回目の優勝を飾ったTamagawaBPクラブのモイチタン。ウェイキーカップの表彰式でムラッシュが「デビューしてからずっと長岡さんを目標にしてきたんで、まあSG長岡さん取ってるんでここで。僕もここでSG取って初めて長岡さんに並ぶかなと思ってるんでまだまだだと思ってます。」と目標として名前が挙がった是政の申し子が復活の狼煙を挙げる師弟同日優勝です。
 ということで本日はムラッシュとモイチタンの師弟同日優勝を祝う為にまっちゃんさんとカミカゼもいちさんの店福寿@芦花公園で炒飯を食べてきました。

蒲郡競艇マクールカップ優勝戦

 6戦5勝2着1回の成績で1号艇を掴んだのは飯山泰。跳ねるでしかし、チルトマッドマックス+3度のやっさんはインに目もくれずに大胆にも大外進入。レース名の競艇マクール通りにチルト+3度のマクール一発で3勝したやっさんはここもチルト+3度大外進入を選択したのでした。
 かくして234/561の進入に。しかし、11の3番手スタートに留まったやっさんはスリットの主導権を奪えず、先ずはチルト+0.5度で抵抗した直内の6号艇柳瀬興志(2005年大村マクール杯競走優勝)に引っかかり、更には4号艇林祐介が人気対抗格の意地で先捲り。全速ツケマイの切れ味を見せた林に行く手を阻まれたやっさんは二段捲り届かずの2番手に。
 ですが、林がゆうゆう独走してカメラも3着争いのみを映す中(動画)、3周2Mで大逆襲劇が起こるでしかし。伸びだけでなく回り足もあるやっさんが渾身の差しでグサッと飛び込み林に大接近。惜しくも0.1秒差届かずの2着でしたが最後まで盛り上げてくれました。ちなみに林はキルトクール艇で全く買ってなかったから3着競りには無関心。だから3着しか映さないカメラワークにはちょっと怒るでしかし。
 ゆうゆう独走一転しかし、やっさん渾身の差しを辛うじて振りきっての辛勝となった林は4月13日の金曜日に芦屋で行われた春爛漫特選レースに続く通算3回目の優勝。林のモーター17号機は、前回蒲郡ボート大賞での使用者畔柳俊吾にデビュー初準優をもたらした好モーターです。

大村市長杯優勝戦

 初日と最終日がマイルクラブ大村24のポイント2倍デーだった大村市長杯のファイナルは126/435の進入から1号艇峰竜太と捲り差す4号艇大西源喜で併走となり、2Mつけまいで大西を沈めた峰竜太が今年V3、通算6回目の優勝。 表彰式でガッチガチに固まった峰竜太の次回斡旋は27日から戸田G3新鋭リーグ戦。デビューからまだ3年の95期であるにもかかわらず、早くも通算V6メンバーになった峰竜太はフットサル大会親睦会で盛り上げてくれた関東地区選手にとって最大の脅威になりそうですね。
 峰竜太が抜け出した後も激しい接戦が続き、1周1M順走失敗で5番手だった2号艇重野哲之が2Mさすがの捌きで2艇を差して順当に3番手浮上。そして2周2M大西につけまい放って一気に並び、3周1Mもつけまいで大西をややリード。とどめは舳先を入れて粘る大西を3周2M行かせて差して捌ききり、逆転で2着争いをものにしました。でも3連単はガッチガチの490円。

 さて、大村競艇では10月12日から始まるG1海の王者決定戦特設サイトが開設されています。今年のポスターは主要選手の似顔絵なのです。

三国G3企業杯ペプシコーラ杯競走優勝戦

 逃げの態勢を作ろうとする1号艇今村豊に対し3号艇今坂勝広が差しで斬り込み、ガッツで舳先を入れ2Mトップ旋回の今坂勝広に対し今村豊は差しで応戦も艇が浮いてしまい勝負あり。
 静岡支部の今坂勝広は今年V5にして通算30度目の優勝を飾り優勝賞金200万円を獲得。本日多摩川G1ウェイキーカップ特別選抜A戦で6号艇菊地孝平が+02のFを切って地元浜名湖SG競艇王チャレンジカップの出場をフイにする中、着実に賞金の上積みに成功しました。

びわこ日本財団会長杯争奪大阪スポーツ後援におの湖賞優勝戦

 インから押し切った1号艇須藤博倫が今年4回目・通算25回目にしてびわこ初優出初優勝。2着は3コースから捲り差した3号艇山来和人

 ちなみに今節3日目の22日には藤波辰爾のトークショーが行われたそうですが、今節出場の岩崎辰己は6号艇の初日2Rで大外捲り差しを放ち、内で粘る3コースの2号艇山口雅司(BPクラブ創設者)を2Mで差しきり1着になった以降は「465554」の着順に終わり、スミ1でドラゴンストップ。

鳴門徳島県MB競走会会長杯競走優勝戦

 07トップスタートから一気の4カド捲りを決めた4号艇浦上拓也が通算4度目の優勝。母の実家が徳島県の某所という浦上にとって鳴門は特別な水面だそうです。2コースから差した2号艇木村恒一が2着で、3着は5コースから捲り差した5号艇稲田浩二。尚、3コースの3号艇吉田一郎は稲田の捲り差しを張ろうとするも結局捲られた上に引き波でバランスを崩し転覆(動画)です。

尼崎マンスリーKYOTEI杯優勝戦

 2と3が握り合う中、秀樹間隙を縫って4カドから差した徳増秀樹がイン先制の1号艇小畑実成を差しきって前走地蒲郡ボート大賞に続く2場所連続通算35回目の優勝であります。そしてゴールでは連続優勝に秀樹感激のガッツポーズ(動画)。

江戸川一般競走3日目

 江戸川競艇今シリーズは明日まで4日間の短期シリーズ。明日の優勝戦進出を懸けての得点率争いの最終日を迎えています。トップレースが始まりました。05のいいスタートとなりました2号艇村上橋蔵が捲りを打って1着のゴールイン。8月7日桐生さわやか杯4日目3R以来の白星となりました。

 第2Rが始まりました。10トップスタートの2号艇木下繁美が捲り戦で1着、3号艇新田芳美が差しで2着と、美的なワンツーでございます。

 第6Rが始まりました。初参戦となる江戸川でデビュー初のイン戦になった1号艇大澤真菜(99期4414)はインの利を生かし切って先頭に立ち、差しで続いた4号艇長谷川充(群馬71期3619)を従えましたが、2Mでシリーズリーダーの長谷川に差されて2着。ですが、手にしたチャンスを生かして「66転」ときて本日の第1Rも6着という試練の成績から浮上を果たしました。

 先ずは良好なコンディションのもとでデッドヒートが相次ぎました今日の江戸川競艇開催3日目の水面上。ファンファーレが鳴り渡りました、第12Rを迎えております(動画)。ぎりぎりまで助走距離を取りました4号艇太田和美でしたが、29と凹んでしまいました。ですが、ここからがSGウイナーの真骨頂。強引に艇を伸ばした和美は一気に強烈な全速ターンでつけまいを決めて、スタート凹みなんのそので独走。艇界の頂点に立った選手はこうも格が違うのかという走りを存分に披露して1着であります。おみそれしました。


 ビッグステージ優勝戦6精鋭の顔ぶれです。

1:長谷川充 2:和美 3:君島秀三 4:山崎哲司 5:飯山晃三 6:角谷健吾

 2日目まで長谷川充とトップタイでした田添康介第3Rで5着に敗れたのが響いて2点足りずにまさかの予選落ち。大敗が許されない4日間決戦の怖さを体現してしまいました。

艇王引退でウェイキーくんもいなかった多摩川の表彰式

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 台風による中止順延で本日が最終日になった多摩川報知新聞社賞。先週の段階で本日は平和島のつもりでしたが、Tokyo bay piratesクラブ員にして東京ダービー王でもある微笑天使齊藤仁が1号艇で優出したので剪定された植木に囲まれた多摩川競艇場に行ってきました。
 優勝戦は白い道着を纏った微笑天使齊藤仁がイン14トップスタートを放ち、3コースから攻め込んできた3号艇瀬尾達也を軽くいなし一本取って今年3回目、通算12回目、そして東京3場で唯一優勝経験が無かった多摩川で遂に優勝。つけまい不発も2M捌いた瀬尾が2着でした。

 微笑天使なだけあって齊藤仁は永島美織アナ司会の表彰式(動画の6分過ぎ)で結構なボケをかまし、「どの辺りで優勝を確信されましたか?」という問いに対し「今、この壇上に上がるまでは確信してませんでした。」と返し、「ウイニングランもしましたけど?」と突っ込まれたら「一応、間違いがあったら困るんでウイニングランさせて貰いました。」と返しました。
 でも、月曜日が前検の次走桐生SGオーシャンカップについては「明後日前検なんで、今日の12時までは優勝にひたって、12時01分からはオーシャンに向けて頑張ります、ハイ。」と微笑天使らしい口調で意気込みをあらわに。ちなみに齊藤仁は蒲郡SGモーターボート記念にも出場するので、MB記念で優勝すれば勝率に関係なく平和島SG全日本選手権に出られます。

 そんな表彰式でしたが、何かが足りませんでした。そうです、まるで艇王植木通彦の引退に合わせたかのようにマスコットの青い不死鳥ウェイキーくんがいなかったのです!だから記念撮影も齊藤仁単独で物足りなかったのです。表彰式に必ずいるウェイキーくんが今日最大のお目当てだったので、いなくてさみしかったのです。
微笑天使齊藤仁とみおりなでしこ、でもウェイキーくんは…

 さて表彰式終了後、94期東京BPクラブ員長畑友輔ファンのまっちゃんさん、よしのぶさん、それにまっちゃんさんの知り合いの長畑友輔ファンさんとながはたゆうすけを北門で出待ち。前走地江戸川さわやか杯で4日目からの追加ながら6走中5走で3連対と好調だった長畑、今節は勝ち星こそなかったものの10走中2着4本、3着3本の成績で今節勝率5.50と適用勝率3.58を大きく上回る数字を残し、着実な成長をうかがわせています。その後は、よしのぶさんとカミカゼもいちさんの店福寿@芦花公園で炒飯を食べてきました。
長畑友輔くんを出待ち


【多摩川ファン投票2連発】

 多摩川競艇では齊藤仁も出場するお盆開催大郷葉月杯(8月14日〜19日)のドリームトライアル戦ファン投票と植木通彦引退記念G1ウェイキーカップ(9月19日〜24日)のダブルドリーム戦ファン投票を実施。自分も本日投票してきました。以下がその24人です。

ボートピア大郷開設記念大郷葉月杯
愛知の特攻隊長上島久男
ミスター多摩川高橋四郎(多摩川競艇と同じ1954年6月9日生まれ)
西田靖
川名稔
矢後剛
田中雅文公称70kg
鈴木茂正しげしげ日記が無くても理子の日記が連載中)
高橋勲
村田修次
作間章
もちろん齊藤仁
100期大型新人松竹大輔(5月デビューで既に2度の準優進出)

G1植木カップ
59期3261大川茂実(今日の多摩川11R選抜戦イン戦大失敗の5着)
59期3278山田豊
福岡支部39歳打越晶
服部幸男先生
石川真二
仲口博崇
前本泰和(多摩川次節ダブル優勝tvkカップで7連続Vにチャレンジ)
向所浩二(多摩川では向かう所敵無し)
福岡支部宮地秀祈
秋山直之(今日の多摩川で優出3着だった秋山広一とのW秋山参戦)
中村有裕(な○○○ゆうすけ)
福島勇樹

G3函館記念キルトクール】

 キルトクールは前売1番人気の3歳馬ナムラマース秋山真一郎騎乗)。いくらハンデ戦で53kgでも、世代レベルからこのメンバー相手には通用しないでしょう。

【たまちゃる】西村勝、念願の多摩川初優勝(^ε^)ノシ

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 さあ行こう多摩川日刊スポーツ賞優勝戦!3コース先捲り態勢の6号艇新良一規に抵抗してインから先に回って押し切り燃え、気合いが勝るスピード勝る1号艇西村勝が5月のさわやかな風に乗りまして多摩川初、通算29回目の優勝。副賞としてAQUOSが贈呈されました。
 2コース順走の2号艇石渡鉄兵が2着に入りましたが、このワンツーは枠番こそ逆ながら1号艇てっぺーちゃんが2号艇まちゃるたんに完全優勝を阻止された下関一般競走と同じでしたね。

 過去まちゃるたんは多摩川において1999年2003年のG1ウェイキーカップや2005年8月の報知新聞社賞で優出1号艇になりながら敗れており、好相性ながらここ一番で勝てない水面。今回やっと勝てたなという印象です。おめでとう(^ε^)-☆Chu!!


 昨日は鳴門G1大渦大賞の中継を見た後手賀沼観光リゾート 天然温泉 満天の湯に行ってたのですが、本日は先週出来なかった東京競馬場多摩川競艇場のはしごを敢行し、レディスダービーG1優駿牝馬を生観戦して多摩川入り。
 壇上に上がった途端に手袋を客席に投げた粋なまちゃるたんの表彰式(動画)ではまっちゃんさん、SPLASHの両名さんと会いましたです。それにしてもウェイキーくんがスタッフの助けを借りつつ壇上からひょこひょこ降りる様子はかわいらしいですね。
 今節は是政のカリスマ長岡茂一がウェイキーカラーの4号艇で優出(5着)してたので、帰りの夕飯は芦花公園駅で途中下車してカミカゼもいちさんの福寿で炒飯を食べていきました。今まで飲みでしか行った事無かったので、食いで行ったのは初めてでした。ごちそうさまでした。その芦花公園駅への道ですが、通常は多磨霊園駅から各停でずっと行くのですが、今日は上手い具合に調布で競馬急行がやって来たのでつつじヶ丘まで急行に乗って1本前の各停に乗る事が出来てラッキーでしたね。
ウェイキーくんと初めて記念撮影のまちゃるたん多摩川で初の優勝インタビューを受けるまちゃるたん


児島竜王杯争奪戦優勝戦

 1号艇片山竜輔(かたやまりょうすけ)がかかり鋭いイン戦で圧逃。児島にある竜王山にちなんだ竜王杯のレース名に最もふさわしい岡山の竜が見事竜王杯を制し、文字通り児島の竜王になった片山「竜」輔は通算30回目の優勝。2着には4カドから差した平田忠則が入ってます。
 竜王位に輝いた片山「竜」輔は29回目のVだった2005年12月丸亀JLCカップから足踏みすること約1年半のV30でした。

常滑日刊スポーツ杯争奪マリンキング決定戦優勝戦

 とこなめMAXチルト+2度大外進入の3号艇阿波勝哉が15トップスタートを放ち、伸ばしたぁ絞ったぁ行くぞぉ一番外から決まったぞで捲り成功、揺るぎない個性を武器にファンのハートをがっちり捉えますアワカツが味噌カツの地で通算9度目の優勝。後続は2コースから差し込んだ2号艇間嶋仁志がインから残す1号艇新井敏司の追撃を振りきって2着入線。

 さて、2月12日以来約3ヶ月ぶりのブランクを克服して第17代マリンキングに輝いたアワカツはTokyo bay piratesのメンバー。GWの平和島京浜急行社長杯は愛知からの刺客佐藤大介に持って行かれましたが、「しかし近いうちに蒲郡常滑とTokyo bay piratesのメンバーが必ず仕返しに来ます。(動画」と、その時のベイ吉アナのお伝えが1ヶ月もしないうちに実現したとお伝えしておきます。

蒲郡BOATBoyCUP優勝戦

 天性のレース勘、魅力満点のパフォーマンスは「とにかく無事故完走目指して走りたいと思います。動画)」1号艇山室展弘さんですが、スリットやや劣勢の山室さんはインから先に回るもBOATが浮いて大きく流れ、BOATBoy黒須田守編集長による山室さん優勝インタビューもお流れ。
 山室さん抜きの優勝争いは、差しきり充分の実戦足を誇る2号艇中澤和志が2コース差しで先頭に立つも、1M3コース捲り差しから2Mつつがなく好ハンドルを打ち込んできた3号艇中村守成が中澤を差して逆転。2周1M差し返してきた中澤の舳先を振りきって通算16回目の優勝を飾り、クロちゃんによる優勝者インタビューを受ける栄誉に授かりました。

平和島東京スポーツ賞優勝戦

 1号艇になったTokyo bay piratesのメンバー一瀬明が平和島2回目・通算18回目の優勝。外2艇の壁になりつつ、直内の3661さんこと柳瀬興志の抵抗を振りきって4カド外マイを成功させた5号艇佐口達也が2着入線。

 5月6日Tokyo bay pirates結成記念イベント蒲郡中日スポーツ賞竹島弁天杯争奪戦出場の為欠席。しかもこの日を最後に途中帰郷と散々だった蒲郡の一瀬でしたが、イベント後最初の平和島開催でイベント後最初のベイパイメンバー優勝(アワカツより一瀬の方が発走時間が早い為)を飾りましたね。

三国G3モーターボート大賞トライアル競走優勝戦

 今年度から始まったMB大賞トライアルは優勝戦の上位3名が7月14日から行われるG1三国モーターボート大賞に出場できるという特典付きです。そんなトライアルはインから逃げの態勢を作っていった1号艇守田俊介が今年4回目、通算39回目の優勝。2コースに潜り込んだ5号艇宮地秀祈が2コース順走から2Mしっかり捌いて2着。そして3コース2番差しの2号艇西山昇一が2Mも宮地に差し続いて3番手になりましたが、1M4コース握りマイから2M差し遅れ4番手だった3号艇松本博昭が2周1M鋭く斬り込んで西山に迫り、2周2M内の利で先に回った松本が逆転の3着。
 かくしてしゅんしゅんと宮地と松本が本番への権利を獲得…ではなく、しゅんしゅんはF休みの為アウト。残る2人が本番に駒を進めます。

俺達の青春は終らない。5期メン加藤峻二65歳G1競艇名人戦優出。

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 時には強引に。時には巧みに。ベテランならではの、駆け引きがある。大村G1競艇名人戦は準優勝戦3つの攻防。
名人の位を掴むため数々の激闘を繰り広げてきました。大村競艇から全国に発信。G1第8回競艇名人戦。愛すべきおじさま達による愛すべき準優勝戦。まずは1つ目第10R。(動画」と、エンタ亭石川香奈恵アナの名調子で始まった準優10Rは現役最年長最古参の2号艇加藤峻二御大がインから逃げる今節最年少最新鋭の1号艇山口博司を2コースから差しきり、追いかけてくる山口を振り切って17歳差ワンツーとなる1着ひまひまデータさんによれば過去の史上最年長優出は1998年12月鳴門一般競走での長崎支部期前928森田敏64歳10ヶ月なので史上最年長記念優出どころか史上最年長優出達成の瞬間です!明日も俊敏に勝とう峻二となれば瞬時に史上最年長優勝となります。

 ビタミンパワーが炸裂しています名人戦の準優勝戦続いては2つ目準優11R。SG19優出の実績を誇る1号艇の荘林幸輝(G1V8)がイン08トップスタートの速攻戦圧勝で1着ゴール。張り切るジュンピー2号艇原田順一(SGV2)が外を止めての2コース順走で2着に入り、ここは福岡支部の元SG常連選手によるワンツーとなりました。

 登録番号がニクイよ45期2914岡孝がF2を苦にせずシリーズリーダーとなり1号艇に陣取った準優12Rは1254/36の進入となり、2〜4コースが24〜29スタートの中で5カド15スタートを決めた小林昌敏山口支部長がイン14トップスタートの岡孝を完全に捲り潰しました。しかし小林は岡孝に抵抗された分2コース26スタート小回り捲られ差しの大嶋一也に差されて2着まで。1着はヒゲダンディKAZUYA.Oでした。


 優勝戦の枠順はこうなりました。

1:荘林幸輝 2:加藤峻二 3:大嶋一也 4:山口博司 5:原田順一 6:小林昌敏

 心情的にはやっぱり史上最年長優出加藤御大の隼捲りで史上最年長優勝、そして来年の児島SG総理大臣杯で66歳のSG出場というのが見たいですが、荘林のSG20優出目も見たい気持ちがあります。
俺達の青春は終らない


多摩川日本財団会長賞5日目

 W準優制を採用してる今節。多摩川W準優ルールはW準優進出12人中の予選得点率順(準優含む)で優出者を決めるルールで、W準優後半3着以内条件の平和島とは全く違うルールとなっています。準優の着順だけでは優出者が決まらないので、準優というよりシード予選みたいな感じですね。
 W準優勝戦前半6Rはイン16トップスタート速攻戦の1号艇井上恵一(予選4位)が1着、3コース外マイの2号艇柳沢一(予選5位)が2着。5カドから差した4号艇山本寛久(予選2位)が2M先取り成功で3着。

 W準優勝戦前半7Rは3号艇角浜修(予選12位)の捲りをインから飛ばした1号艇徳増秀樹(予選3位)を2コースから差しきった2号艇宮武英司(予選6位)が1着。2着には徳増が入り、3番手は4カド差しの4号艇堤昇(予選1位)でしたが、5コース捲り差しの5号艇三角哲男(予選7位)が2Mで堤を差しきり逆転の三着ゴール。

 W準優勝戦後半11Rは気合いのイン02トップスタートを打った1号艇山本寛久が1着で優出決定。3コースつけ回った3号艇水上浩充(予選10位)と2コース順走の2号艇ミッスーで2番手を争うも、5コース差しの5号艇柳沢が2Mミッスーに突っ込み「急に柳沢が来たので」ミッスーは後退。この両者を冷静に差した水上福井支部長が2着に入り相手待ちに。3番手の柳沢は3周1Mでミッスーの突進を包んでかわした際に6号艇角浜に並ばれますが、3周2Mで角浜を行かせての差しで3着を守って優出決定。ミッスーと徳増がゴンロクになった事でけいいちくんと宮武の優出もこの後を待たずして当確になりました。

 W準優勝戦後半12Rはインから逃げた1号艇堤が1着で優出決定。4カド握った優出当確のけいいちくんが2着で、3着には大外捲り差し態勢から2M外全速戦の6号艇向達哉(予選9位)が入り、1着条件だった向が3着に入った事で水上が是政の水上で優出を決めました。


 優勝戦の枠番はこうなりました。W準優のどちらかでゴンロクを取った選手が涙を呑んだ形になりました。

1:井上恵一 2:山本寛久 3:柳沢一 4:堤昇 5:宮武英司 6:水上浩充

 ここで情報。多摩川競艇HPでは桜の季節に行われたG3女子リーグ戦モーターボートレディスダービーの選手紹介等各種動画が見られるスペシャルコンテンツ女子王座への花道が公開されてます。

【日曜競馬キルトクール】

 女子リーグ戦レディスダービー優駿牝馬のトライアル東京G2サンケイスポーツ賞フローラステークス
キルトクールは5戦オール2連対の1勝馬ホクレレ。4回の2着中ショウナンタレントに2回敗れており、いずれも0.3秒差、0.2秒差の完敗。その湘南タレントが桜花賞13着に散ったので、湘南タレントより弱いホクレレをキルトクール。

 ダート1800m戦京都G3アンタレスステークスのキルトクールはトーセンブライト。京都の高速ダートはこの馬と合わなそうなのでキルトクール。

 ところで、前出の競艇名人戦とアグネスフローラSはギャンブル王争奪!競馬&競艇予想大会の対象レースです。皆さん奮って参加しましょう。フジビュースタンド開設記念のフローラSなだけにチャンネル8番のアグネスタキオン産駒が強そうですね。
ギャンブル王争奪!競馬&競艇予想大会


 今日は多摩川行く前に東京競馬場のフジビュースタンドも見て来ました。名人戦準優10Rに間に合わせる為約20分の滞在時間であまり中を見る事は出来ませんでしたが、すごく長い吹きっさらしスタンドですね。多摩川の後は橋を渡って南多摩の稲城大勝軒に行ってきました。永福町大勝軒の流れを汲む店ですが、1000円超の本家より4割ほど安く、本家に無いワンタン麺を注文しても750円の価格です。で、味はまさに永福大勝軒テイストでした。
 更に江戸川で名人戦朝メン舟券買いつつ初めての入り待ち(R/Callさんありがとうございます)もしたのですが2枚撮った写真は日曜ので載せます。とりあえず、マスクをして登場した体調不良の後藤浩が前検不合格になった事をひとまず。ちなみに同じくマスクの田野邊秀樹?とパープルポルシェで直接宿舎に入ったごっちんの写真は撮ってないです。
フジビュースタンド

G1関東地区選手権55号機55号艇の濱野谷憲5の今日は?

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 田中信一郎のアグレッシブな5カド捲りにインの70期3589西村勝が抵抗し、その展開を突いてのエキサイティングな捲り差しで先頭のタナシンを捕らえ(動画)、2M先制で1999年7月の多摩川G1ウェイキーカップを優勝し、東京3場の記念を初めて制した70期3590濱野谷憲吾
 それから約7年半、2005年のSG総理大臣杯準優1号艇5着敗退でケチがついたか、GWの多摩川さつき杯こそ優出2着だったものの9月のG1ウェイキーカップは予選落ち、2006年の多摩川さつき杯は準優3号艇4着敗退、7月のG1ウェイキーカップは準優4号艇5着敗退と多摩川では3節連続で優出を外してます。
 と、昨年3優出1優勝の江戸川&東京ダービーV4の平和島に比べて多摩川での成績が冴えない濱野谷憲吾ですが、今回のG1関東地区選手権は2連対率40.9%のモーター55号機に加え前検タイムも5位、更にボートも2連対率44.5%の55号とまさにGoGoKenGo大フィーバー。そしてファン投票1位で選出されたウェイキードリーム戦も1着と当地での低迷を脱出するお膳立ては整いました。
 ところが、勝ったものの「何か軽い感じ。ターンも直線も水を掴んでいない。コーナーで曲がれないです。」との不安コメント通りに2日目9Rで水を掴めず6着に敗れ、更に3日目12Rも水を掴めず5着大敗。

 好機好艇55フィーバーなのに予選最終日を2着2本or1着3着の勝負駆け。前半5Rは5号艇5コースと55号機55号艇の濱野谷憲5にふさわしい枠番でしたが、捲り差しを狙った濱野谷はかかりが悪く直内の作間章に接触してしまい後退。道中追い上げの3着で首の皮一枚繋ぐのがやっとでした。
 そして1着勝負駆けとなった2号艇の9R。2コースの濱野谷は4カド捲り差しの菊池峰晴に捲られてしまい4着。好機好艇の55セットで苦手意識払拭と行きたかった濱野谷は好機好艇を全く生かせなかった回り足の悪さで予選落ち。多摩川への苦手意識増幅の方向へ行ってしまいました。

丸亀優勝戦

 かつて住之江SG賞金王決定戦ファイナリストになった実績もある博多の実力者占部彰二が1号艇、骨付鳥パワーでぅどんなもんだいの勢いに乗って昨年当地G1京極賞を制した博多の水炊き鳥飼眞が2号艇で博多コンビの一騎打ちが見込まれた一戦ですが、蓋を開けたら鳥飼の差しは全く届かず、占部が危なげないイン戦であっさり優勝。通算48回目の優勝ながら丸亀は初優勝です。
差し届かなかった鳥飼は5コース捲り差しの吉永則雄に差されてしまいますが2M差しに構えたのが幸い。実は1Mで6号艇6コース野添貴裕がターンマークにぶつかってエンストしており、HS内側にいた鳥飼に2周1Mの優先権が。これによって鳥飼が2着となり、博多コンビのワンツーが実現しました。

鳴門四国地区選手権優勝戦

 鳴門松竹杯競走市長杯争奪まるがめ競艇大賞のメンバーに女子選手が加わった讃岐・阿波対抗戦のファイナルは6号艇林美憲準優11R同様の前付けに出ますが、インを奪いきった準優のようにはいかず2コースまで。1号艇田村隆信が枠を主張し、地区選手権V6を狙う2号艇瀬尾達也は3コースとなりました。
そして02トップスタートの瀬尾が捲りに行きますがターンが甘く、インの田村を捲りきれず。しかし瀬尾の捲りを振り切った田村も懐が開き、3号艇4コースから捲り差しの嶋田貴支に差されて2着まで。嶋田が2000年丸亀四国地区選手権以来通算2度目の記念優出で記念初優勝を飾りました。通算では14回目の優勝。

 尚、10R特別選抜B戦で大外進入の6号艇新田芳美がインの1号艇佐々木和伸と2コースの2号艇近藤稔也(!)を差しきり1着となっています。

【Masa Ito】DJクマのなんでもトークスタジオin多摩川

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
クマショー! 期間中移動販売車が大挙集結する多摩川競艇場G1関東地区選手権。2日目のメインイベント熊谷直樹トークショーはDJクマ本人選曲のHIP HOP系が流れる中、ツインDJの伊藤政則もとい伊藤政昭が先に壇上に上がり、DJクマの登場を待ちます。しかしヘルメットとSGジャンパーを着たDJクマは客のノリが悪いといって控室から出てこず、お客さんは手拍子でDJクマを待ちます。するとステージ横の展示ボートのモーターが突然回り出し、ボートに乗艇していた黒いベンチコート姿のDJクマがステージに上がりました。そうです、控室にいたのは影武者だったのです。ここからはトークショーでの歯に衣着せぬDJクマ名言集。

6コースが一番好き。昔は野中和夫を捲るのが好き。今は捲り潰したい選手特にいない。
どんな選手もインから張り飛ばす。
北海道の好きなところは四季がはっきりしてること。
師匠の山口雅司BPクラブ名誉会長:4日目にプロペラ講座で来場)には恩義はあるけど尊敬はしてない。
元々山口雅司の家でペラ叩いてたのを専用のペラ小屋を造った辺りからBPクラブという名前になった。
壇上に上がったじろうファンと同じく元府中市民。なお、じろうファンの家とクマの元住所は近いらしい。
F2になった野澤大二はばか。俺と同じ。後先考えない。でもフライングの後は関係者と目を合わせられない。
夕張?死んでるね。
VTR出演の西田靖によるクマ評は神経質で妥協を許さない。対してVTRを見て「だれ?このタコ」と答えたクマの西田評はがさつ。良く食い物こぼしたり電気つけたまま寝たりとかとにかくがさつでひどい。でも昔はもっとひどい先輩とかいたからまだまし。
もっとひどい先輩?彦坂郁雄はひどかった。鼻紙すらそこら中に捨てる。
VTR出演の梶野学志によるクマ評は几帳面。宿舎にコロコロ掃除機持参してくる程。筋トレもしてる。一方では村田修次と共に松浦亜弥のDVDを見てにやけてた。
あややファンということを暴露されたクマの感想「ぶっとばす」
クマのカジノ評は真面目だけど怪我が多い、骨粗鬆症?
Masa Itoが新婚カジノの話題で引っ張ると「そんなのはいいから話を進めましょう」
コロコロ使用は尾形栄治の薦め、宿舎の中には前回使用者のアンダーヘアが残ってたりするから我慢できない。
昨年11月のG1江戸川モーターボート大賞でのFについて「波が立っててFに気づかなかった。」(波高30cm南追い風10m)
競輪に友人が多い、特に斉藤正剛とは仲が良い。
差しが下手だから捲り専門。
デートしたい女子選手はいるかと聞かれて「デートしたい選手はいないし、したくもない。特に日高逸子は嫌。」
スノボ好き。でも元々はスケボーの類似品と侮ってた。
Wドリーム戦ファン投票12位の西村勝が「熊谷さんがいなかったお陰で選ばれました。」と言った件に「当たり前だ。」
かつては長岡茂一がライバルだった。怪我多くて低迷してるけど本来あいつはオレより強い。
外れたら罵声歓迎。とにかく舟券買ってくれ。
F休み明け一発目は多摩川で復帰。22日からの日刊ゲンダイ杯
よくスケベと言われる。
航空券と宿泊券は自分で手配。妻にはやらせない。
ヘアスタイルが松坂大輔と言われた事に対し「向こうがオレをまねた。」
北海道で一度も熊に遭遇したことがない。北海道にいると競艇を忘れられる。
整備違反でSG選出除外の件で、通知に目を通さずプラグ規程変更にノーチェックだったと反省。初心忘るべからず。
笹川賞に出られないからファン投票は西村くんにでも入れて下さい。


 ちなみにトークショー終了直後の9RはBPクラブの田中豪が2コース差しで1着になったのですが、トークショーの最中に田中豪の名前は一度も出ませんでした。でも4カドから1M波に呑まれて6着だった濱野谷憲吾の名前は沢山出ました(かっこいいとか人気者とかクマショーと濱野谷勝利者インタビューどっちが人集まるとか)。
DJクマの何でもトークマー!

 レースの話題ですが、2日目のメイン是政ドリーム戦で4号艇中澤和志の前付け2コース進入で深インとなりながらも、3号艇秋山直之の3コース捲り差しを振り切って1着となったファン投票2位の中野次郎は前半7Rでも4カド捲り差しで1着と、初日から無傷の3連勝です。
午後のひと時にGoGoTanakaGo!ファンの皆様応援ヨロシク…お願いします。じょせいやこどもにもだいにんきなじろちゃん

 ここから先は優勝戦特集。本日は7場です。

三国きさらぎ第1戦

 冷たい風の中、内に秘める熱い想いのみで戦ってきました。きさらぎ第1戦はいよいよ優勝戦の開始です。優勝戦インコースから125/346の順です、スタートを致しました。かなり早いスタートがあった模様でありますが、当地近況4連続優出でV2の70期吉川昭男がベテランの貫禄でイン02スタートから逃亡体勢を築き当地3回目・通算23回目の優勝。昨年4月の当地うづき第1戦以来となるVでした。
 2コース01スタートから順走の86期吉田俊彦が2着に入り、3着は3コース01スタートから握った84期4000松本博昭と、4カド2番差しの96期谷野錬志、それに5コース3番差しの95期峰竜太が併走。しかし矢野は+05、峰竜太は+01でフライング返還欠場。生き残った松本は矢野に飛ばされてしまいますが最後方の6号艇は90期やまとチャンプ赤坂俊輔に抜かれるまでには至らず3着を守ってます。

 ちなみにきさらぎ第2戦は1節挟んで16日からの開催です。

びわこ日刊スポーツ新聞社杯争奪荒法師賞

 ウトウト居眠りはさせない波高6cm北西追い風4mの荒法師水面での緊張感ある1Mの攻防は逃げる小野勇作(A1)に2コースから差す大嶋一也(B1)、それに5コース2番差しの宇土泰就(A1)で3艇ぶつかり合う先陣争い。そして2Mで差しを狙った小野がキャビって脱落し2艇の先陣争いになり、HSはやや宇土が顔を出すも2M差しでHS内側にいた大嶋が内の利で2M先マイ、ここで艇が浮いた宇土を突き放し優勝。B1ながら今節出場選手中断然の勝率7.93を持つ大嶋は昨年11月の尼崎日刊スポーツ杯争奪伊丹選手権競走以来通算57回目の優勝で施行者推薦出場予定の大村G1競艇名人戦に弾みを付けました。

児島一般競走

 白身の枠でイン戦決めた君島秀三が2005年11月の江戸川一般競走以来通算5回目の優勝。今日は三国の吉川・児島の君島と滋賀支部が同日優勝。吉川十和子の君島ブランドならぬ吉川琵琶湖の君島ブランドです。
 黄身の枠の久富政弘が5カドから差すも、2M懐を空けすぎた久富は4号艇齊藤寛人と6号艇松村康太の先マイを許し、HS3艇併走。そして2周1Mで松村に差されて齊藤に捲られた久富は4番手に後退し脱落。
福井両者で佐賀県の久富を潰した後の2周2Mでは2番手の松村が流れたのに対し、鋭く内を回った3番手の齊藤が一気に差を詰め2着は福井両者のマッチレースに。そして3周2M外から締める齊藤と内突っ張る松村の図式となり、内の松村が振り込んで決着が付きました。

【優勝賞金200万円宮島ファン謝恩岩田杯競走

 イン16と2コース10の佐竹恒彦に対してスタート劣勢だった西島義則でしたが、伸び返したペリカンさんが掛かり強烈なV字旋回(動画)であっという間に後続をちぎって優勝。今年に入って宮島ニューイヤ−カップ競走広島ダービー常滑ウインターカップと3場所連続Vのペリカンさんは通算65回目の優勝です。
 3コースから外艇を張っての外マイとなった倉谷和信が2M切り返しからの先マイで佐竹との差を詰めるも、倉谷を差した佐竹が2周1Mも倉谷の全速戦をこらえきって2着。

 ところで、ペリカンさんと並ぶ岩田杯二枚看板だった辻栄蔵は2日目12Rで早いスタート(+02)をしてしまいました…。

唐津スポーツニッポン杯争奪戦競走

 スタート展示では2号艇塩崎優司にインを取られた1号艇横田茂ですが本番は枠を主張してのイン戦で押し切り、2005年6月の児島一般競走以来で当地初にして通算15回目の優勝。本番は枠番通りの2コースとなった塩崎が順走で2着。

大村西日本スポーツ社杯争奪戦

 ミス日本九州地区選手権で優勝してミス日本グランプリ王座決定戦に出場し準ミス日本に入賞した大村競艇クイーン大村咲子凱旋イベントが本日行われ、
・サキちゃんがミス日本コンテスト前夜祭で着用したドレス姿を披露!
・ミス日本コンテストの裏話を紹介
・サキちゃんからのお楽しみプレゼント会
・写真撮影会

などのイベントがあったようですが、レースの優勝戦は1号艇北川幸典が高熱を感じさせないイン19トップスタートで押し切り燃え、体調不良に打ち勝った北川は大村2節連続にして通算48回目の優勝。5コース差しの4号艇金子猛志と大外単騎捲り差しの5号艇細川明人で2番手接戦となり、2M全速の細川がHS先行も2周1Mで6号艇4コース茶谷信次の突進を貰った細川は大きく後退。ここで細川と茶谷をまとめて差した金子が2着争いに競り勝ってます。

蒲郡ウインターカップ

 6号艇中村亮太が動きを見せて12356/4の進入隊形になりかけるも、中村はスロー水域を深くしておいたところで回り直して1235/46に。そしてスロー4艇が揃って28〜35と遅れ、5カド11スタートの草場康幸が弾丸ショットの捲り強襲で内4艇を呑み込み優勝。通算V7ですが、2004年1月の大村一般競走以来約3年ぶりの優勝です。
 ペラも進入もカットカットの中村が04トップスタートを決め、3号艇宮迫暢彦に前をカットカットされるも柔軟に捲り差しのハンドルを入れて2番手。2M突っ込んできた5号艇森秋光を抱いてかわす間に1号艇坂谷真史に内から差を詰められ2周1M先マイされますが、狭い艇間をこじあけるように飛び込んだ中村が坂谷を差して2着を守りました。

モーター55号ボート55号濱野谷憲5&55のひと時に矢55が5R5号艇

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 場コード5#多摩川G1関東地区選手権は今日が初日。午後のひと時、ファン投票3位で明日の是政ドリーム戦に2号艇で出場する矢後剛は初日5R5号艇1回乗り。チルト+3度大外進入の矢後ちゃんでしたがスタート先制出来ずに遅れ差しも届かず、終わってみたら5着にも入れず最下位の6着という残念な結果でした。

 ファン投票1位でウェイキードリーム戦1号艇で出場した東都のエース濱野谷憲吾は今回モーター・ボート共に55号と大フィーバー。マッハGoGoHamanoyaKenGo!といきたい所でしたが6号艇の前半8Rは4コースカド受け進入から2号艇毒島誠(当地優木まおみ杯覇者)の5カド捲りを直で貰うコント55号な展開。でも3着争いを制して底力の一端は披露。
 そしてウェイキードリーム戦は気合いのイン07トップスタートから大激戦の後続を尻目に圧勝パラダイスGoGoで1着。最近多摩川で不調の濱野谷が55号を武器に巻き返しに燃えます。

 さて、関東地区選手権初日は3Rで今節選手代表野澤大二が4カド捲り不発で流れた上に+03のFと大事な立場の選手代表がいきなり粗相をしてしまいました。
 次いで7Rは各艇ちょっと早いタイミングから3コースつけまいでトップ併走の2号艇・O2ブランド総帥乙津康志(あきる野市出身神奈川県在住)に加え、6号艇6コース岡部哲がフライング(乙津+01・岡部+04)。ついでに4号艇5コース田中豪もFコール(動画)を下されましたが、04の田中豪はセーフで宣告撤回。明日以降も田中GoGoです。
関東地区選初日11R勝利者金田諭GoGoKenGo!55号濱野谷憲吾ドリ戦を制す競馬の最中に行われた高橋勲勝利者インタビュー


【如月に住之江睦月ときめき競走優勝戦

 既に如月も3日目ですが、1ヶ月遅れの睦月ときめき競走は今日はファイナル。レースはエースモーター10号機を武器に1号艇を手に入れた中尾誠がインから押し切り如月ときめく住之江初・通算3回目の優勝
住之江は苦手で未だ当地の記念を勝てずも住之江20優出目となった4号艇今村豊が3コースから大胆に捲る作戦に出て2コース順走の大神康司を振り切り2着です。ちなみに今村豊が記念を勝ってない場は住之江の他に児島と芦屋です。

【王者が栗東トレセンにやって来た!】

 木曜日に王者松井繁が調教見学の為栗東トレーニングセンターを訪問。親友武豊とのツーショット会見も受けた王者は「賞金王のレース前に控室でテレビを見ていたら武豊さんのディープインパクトが勝った。"よしっ、オレも"と気合いが入りました。」と語れば、武豊は「松井さんと僕は同じ年齢。身長も体重もほぼ同じ。僕の服を着て帽子を被ってトレセンを歩いたらきっと間違われますよ。」と仲の良さを窺わせるジョークを飛ばしました。王者のお供には太田和美丸岡正典森高一真らがいたそうです。

 ちなみに中山G1有馬記念の発走時間に住之江では賞金王シリーズ戦の表彰式をやってました。

【日曜は府中で共同通信社杯新鋭戦】

 今年も大村G1企業杯共同通信社杯新鋭王座決定戦の1週間後に行われる新鋭達の登龍門東京G3共同通信杯。9頭のGOLDEN BOYSが集う一戦は王者松井も注目する武豊騎乗の良血馬ニュービギニングがどんな走りをするかが最大の焦点で、重賞V2の無敗馬フサイチホウオーとの一騎打ちが濃厚でファンに深い衝撃を与えるマッチレースが期待されますが、そんな共同通信杯キルトクールは2歳ダートチャンプフリオーソ。初芝・初距離のハンデを抱え、血統もダート向きの感じ。だから芝1800mを克服できないと見てキルトクール。

 京都G3シルクロードステークスのキルトクールは前年覇者タマモホットプレイ。本来なら無視できない存在ですが、今回は内枠で包まれそうな予感がするのでキルトクール。

 今日は多摩川後mixiなちるとれーどさんとふにゃ蔵さんで芦花公園の神風茂一亭福寿に行ってビールを飲んだり人生の先達者の為になるお話を聞いたりしましたが、日曜日は関東地区選手権のDJナオキこと熊谷直樹トークショーに共同通信杯と府中市から目が離せません。ということでDJナオキの何でもトーク!→共同通信杯→是政ドリーム戦のはしごの予定です。今日みたいに午後の矢後ちゃんレースまでだらだらネット中継見て出発が遅れたなんて事をしないように気を付けないと。

【武蔵境】芸能界のきら星は優木まおみ、はい。【是政】

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 佐賀県出身東京都在住・多摩地区の小金井市にある東京学芸大学出身の競艇イメージガールにしてグラビアでも大活躍な優木まおみを銘打ちました多摩川優木まおみ杯が昨日から始まってます。今節は予選及び5日目の男子代表決定戦&女子代表決定戦を男女別で戦い、最終日は男女3人ずつが優木まおみによる公開枠順抽選(1着2着3着の各グループ別)で組まれた枠番で戦います。ちなみに優木まおみ本人は5日目と最終日に来場予定です。
DVD「smart life」好評発売中


 初日は11Rまおみ選抜戦(男子)12Rまおみ選抜戦(女子)のWメイン。男子はB1級の大嶋一也、女子はA1級の日高逸子が勝ち上がったのでした。その一方では3Rで捲り一発トップターンの阿波勝哉が今期2本目のF、6Rで追配の木下真未カジノドライブならずのF。更に8Rの3周目で細川裕子が落水、追配にして今節選手代表松村昌子が転覆と暗い話題もあった初日の水面でした。


 2日目の今日は愛知のA2級小林茂幸が4コース捲りトップターンで今年初の1着となった男子メインの11Rで、大外24と一番遅いスタートながらも差し伸びて2着の兵庫94期小坂尚哉が4戦オール2連対と好調。その一方で大嶋一也はこのレース2コース進入も捲られ最後方、おまけに2Mでは振り込むという失態を見せています。

 細川裕子が前日の落水で番組確定後に負傷帰郷、5艇立てになった8Rで5号艇前付けインから押し切り1着になった目高さん。女子メインの後半12Rでは愛知A2永井聖美を2コース直捲りで潰して1着と負け知らずの4連勝。そしてどちらのレースでも最高勝率選手倉田郁美(勝率10.00)を負かしています。今節は目高さんの目高さんによる目高さんの為の開催になりそうですね。唯一の不安材料は優勝戦枠番抽選で2号艇になった時ですね。

 さて、11Rと12Rは公開勝利者インタビューがありまして、11Rの小林が京都G2日経新春杯中継の直後で会場そばに結構な数の人がいて、司会のお姉さんが必死に呼びかけたにもかかわらず、多くは舟券を買いに行ってしまい20〜30人くらいの集まりだったのに対し、12Rの目高さんには司会のお姉さんが呼びかけるまでもなく100人以上集まって脇までびっしりの大入り。でも幸い?なことに12Rの舟券がヒモ抜けで逆完全的中、払戻機に並ぶ必要が無かったから最前列が取れましたです、はい。

 ここでちょっと話題を変えて花より男子2加藤夏希45kg、花より団子は加藤奈月55.3kg。その加藤なつきは2R1号艇1回乗りで大外から5着という内容でしたが、横断幕が二枚もあったのが目を惹きましたです。
閑古鳥の小林茂幸インタビュー大盛況の日高逸子インタビュー


【武蔵野のきら星!】

 西武多摩川線乗り換え駅武蔵境で文字通りきら星の輝きを放つ人気ラーメン店きら星で20分以上並んだ末に初食。味玉ラーメンと炙りチャーシューご飯を頂きました。味は一言で語ると、「カツオ餡が入った濃厚豚骨の家系

 今日は先ず正午に峰竜太の顔をテレビで見たところで出発し、前述のきら星に13時半頃到着。14時半発車の西武線に乗って10R(1号艇三浦星子)発売中に多摩川競艇場到着です。これで今年首都圏4場全て行ったことになります。
 そして帰りはきら星星野能宏店主の修行元である深大寺の煮星たけちゃんにぼしらーめん。の支店である代々木店で塩スペシャル平打麺を食べてきました。ちなみにたけにぼは店名の通り魚介系の味が表に出たあっさり味で、きら星とは全然味の系統が違うのです。

【天然少年萬】

 江戸川京葉賞出走組を中心に連日激しいポイント争いが繰り広げられたびわこ一般競走。5日間の激戦を締め括ります優勝戦。ベスト6メンバーのうち4人が京葉賞組で、1号艇の萬正嗣も京葉賞組。
そして逃げる萬に2コースから差し込む木村浩士(京葉賞組)、4カドから2番差しな前田光昭京葉賞優出)、5コースから捲り差しの齊藤仁京葉賞優勝)と、BSは京葉賞組によるデッドヒート。その中からBS最内の前田太尊が2M先マイ狙って突っ込みますが、艇を伸ばしタイソンを締め込んだ萬が2M先制。これが決まって単独先頭に立った萬が優勝。昨年3月15日桐生タイムス杯以来通算2度目のVです。
 萬に包まれたタイソンは4番手に下がり、HS木村が単独2番手となり群馬新鋭コンビのワンツー体勢に。しかし2周1Mで齊藤仁が外ぶん回して木村に並び、2周2Mも外ぶん回して逆転成功。群馬新鋭コンビによるワンツーはびわこのもずくに消えてしまい、齊藤仁が京葉賞Vの底力を見せた格好になりました。

 それにしても天然少女萬(主演:からつ競艇イメージガール松田純)にろくでなしBLUES(主役:前田太尊)に金メダリスト齊藤仁とな者が揃った優勝戦でした。

津グランプリシリーズ第9戦優勝戦

 前日には「池田浩二選手サイン色紙プレゼント抽選会」が行われたグランプリシリーズ第9戦のファイナルは、その池田浩が1号艇となってイン10トップスタート。そして4カドから攻めてきた中尾誠をブロックして盤石のイン速攻を決め通算18回目の優勝。中尾が攻めた展開を利して5コースから差した石渡鉄兵おれは鉄兵斬り込み成功の2着。

夢がふくらむダブルドリーム!多摩川G1関東地区選手権ファン投票

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 来年の話をすると鬼が笑うといいますが、来年2月3日から始まる多摩川G1関東地区選手権初日及び2日目に行われるWドリーム戦のファン投票が来年1月8日17時まで多摩川競艇場HPにて行われています。もちろん期間中は多摩川本場でも投票を受け付けてますので皆さん一人一票で奮って投票しましょう。抽選で20名様に澤乃井清酒「万舟セット」が当たります。
自分も今夜12人の来期A1精鋭陣に投票しました。投票した12精鋭は登録番号順に以下の通りです。

中村裕将(多摩川でもゆうしょうゆうしょう)
三角哲男(俺たちの誇りミッスーは多摩川G1V2
山崎義明(多摩川も得意な埼玉支部長)
加瀬智宏(群馬の貴公子智様)
乙津康志(O2ブランド総帥乙津かれさまです)
西村勝(さいたまちゃるサンバ)
浅見昌克(お盆前の当地報知新聞社賞も制したガッツ浅見動画
伯母芳恒(新・よしつね伝説いざ多摩川)
飯島昌弘G1江戸川モーターボ−ト大賞優勝)
秋田健太郎(ウリ年の来年に秋田犬ええワン復帰だワン)
村田修次(BPクラブのエース、怪我の完治に期待)
福島勇樹(元祖・国体で沸かせた早実のゆーき君)


 ところで、関東地区選手権に先立ち多摩川競艇では来月13日の土曜日から6日間シリーズ優木まおみ杯が。超まおみモードの開催に節間何回優木まおみが来場するのかも注目ですが、出場予定選手も個性派揃いで興味津々。
SGレーサーの大嶋一也に当地G1覇者の新地雅洋、当地女子王座で完全優勝を果たした女傑日高逸子といった実績上位選手を始め、私的注目ではmiruさんこと能見稔、ミスターチルト+3度阿波勝哉、びわ娘白石佳江らが出場予定です。
 そしてそして芸能人杯ということで「赤と黒」な阿波のタッチスターター岩崎芳美に、Beauty Beautyなロビーナちゃん加藤奈月も出場予定です。
来月は優木まおみ杯でメリークライマックス!


王者・松井が総力戦!

 押しも押されぬ「賞金王の顔」といわれている王者松井繁。全てを迎え撃つは地元松井繁、王者復活の今年住之江を一人で背負って立つ!!ともいわれ賞金王決定戦特設サイトも王者一色ですが、加瀬智宏と登番1つ違いの王者は昨日のG1鳴門モーターボート大賞で優勝しましたが、鳴門のG1を勝った事で今年全グレード制覇の珍しい記録を達成しました。以下がその輝かしい記録。

若松SGオーシャンカップ
G1鳴門モーターボート大賞
大村G2競艇祭
浜名湖G3企業杯中日新聞・中日スポーツ中日カップ


 さすがは王者や!2005年3月に鳴門競艇場の2M売店で食べたたこ焼き150円も安くて美味や!

【オール女子戦中京G3愛知杯キルトクール

 キルトクールはトップハンデ56kgのレクレドール。元々輸送競馬が苦手な上に左回りは(0.0.0.4)。よってキルトクール。

多摩川の名司会者伊藤政昭アナJLCニュースデビュー

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 日高逸子が優勝した昨日の神奈川新聞社賞の表彰式(動画の6分過ぎ)を始め、主なところでは池田明美が感動の初優勝を飾ったG3女子リーグモーターボートレディスダービーの表彰式(動画の5分半過ぎ)や山室展弘さんがノリノリで優勝した昨年大晦日の多摩川カップの表彰式(動画の6分過ぎ)など、多摩川競艇場選手インタビューの司会を務める伊藤政昭アナが本日JLCニュースワイド司会デビュー。初めての今日艇チョップはG1江戸川モーターボート大賞キャンペーンガールズとの共演でした。初出演のせいか相方の小林亜里紗キャスターとの息がチョップ直前にちょっと噛み合わなくなる場面もありましたが、いつもの多摩川での司会ぶりならすぐ慣れるのではないでしょうか。なんといっても山室さんの表彰式を大成功に終わらせ、池田姉妹の表彰式では感動の涙を誘った名司会者ですから。
双子姉妹感涙の表彰式


G1江戸川モーターボート大賞イベント

 10月25日に書いたイベントの続報として、今日のJLCニュースでもキャンペーンガール達によって告知されましたが江戸川MB大賞では公開勝利者インタビューが5日目までの後半3R及び優勝戦で連日行われます。場所は第3投票所前特設ステージ(つまり路上)です。
 ところで、今日は大江戸賞に続く当地2節連続優勝を懸けて江戸川MB大賞に出場する濱野谷憲吾のお誕生日ですね。おめでとうございます。そんな訳ではないですが今日は江戸川MB大賞の各種イベントに備えて、電源が突然落ちる等の老朽化著しかったD901iから高性能カメラのD902isに買い換えました。ちなみに色はどちらも青。D903i発売直前だけど、それまで901iが持たなそうだったのと、従来のminiSDから903iではmicroSDになる事やカメラ面において903iより勝る部分があるので初期不良心配な903iより熟成の902isにしました。
 今までの901iと違って音楽が聴けるからG1メルボルンカップ親子丼ワンツーを記念してデルタブルースポップロックも携帯で聴けます。
江戸川50周年濱野谷表彰式

生方澄ました捲り差しで第1回WEB競艇TV杯を制す

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 多摩川を始め、平和島・蒲郡・近畿4場・下関の中継とリプレイ、更に中継のみながら宮島と、合計9場の中継が楽しめるWebkyoteiTVの冠が付いた第1回多摩川WEB競艇TV杯優勝戦は2号艇中村有裕がピット出悪く4カド進入となり、並びは134/256。
競走水面日本一の静水面であります。さあ行こう優勝戦、スタートを切りました!4カド10トップスタートのゆうゆうがきゅうきゅうながらもがむしゃらな全速捲りで3号艇2コース辻栄蔵や1号艇イン池田浩二といったSGウィナーを捲りきりトップターン。しかし、池田に抵抗されながらのきゅうきゅう捲りで旋回が膨らみ、直外で狙い澄ましたゆうゆうマークだった5号艇生方厚成の捲り差しにやられて2着まで。当地4月の日本財団会長賞では岸本隆の4カド捲りに乗じての捲り差しで、大外進入ながら優勝を勝ち取りましたが、今回はその時と逆の展開になってしまいましたね。

 優出メンバー中最年長ながら若さを失わないウブ競艇選手生方は2003年GW桐生日本MB選手会長杯・阿左美水園施行46周年競走を捲り差しで制して以来約3年5ヶ月ぶり通算14回目の優勝。前回の優勝では山崎智也江口晃生のSGウィナーに埼玉支部飯島昌弘を従えてのVでしたが、今回はゆうゆう&辻ちゃんのSGウィナーに埼玉支部飯島誠を従えてのVでした。

【土曜から江戸川ナイタイスポーツ杯です】

 今シリーズナイタイスポーツ杯(渡邉英児桐生G1赤城雷神杯から中1日で参戦)は21日から26日までの6日間シリーズで、後半3日間は福岡SG全日本選手権との併用開催。
 で、今回は江戸川競艇場外ボートピア習志野で行われるSG場外ファンサービス&イベント情報を紹介。

■10月24日(火)
 ●舟券無料配布サービス(先着450名様)
■10月25日(水)・26日(木)
 ●スクラッチカードイベント
■10月27日(金)
 ●選手サイン会
 中野次郎をはじめ東京支部7選手にて
 ●ナイター競艇教室
■10月28日(土)・29日(日)
 ●お母ちゃんありがとうキャンペーン
 生活雑貨等無料配布(各日先着500名様)


 BP習志野では期間中江戸川とSGに加え、桐生三栄書房杯(22日〜27日)と蒲郡菊花ナイト特別(25日〜29日)も発売してますので、夜でも楽しめます。

【フジサイレンステークスキルトクール】

 東京G3富士ステークスのキルトクールは3着ドンガバチョ覚悟で4歳牡馬スズカフェニックス。牝馬ワンツーだった昨年の当地G1NHKマイルカップや4歳馬出走0頭だった今月1日の中山G1スプリンターズステークスに代表されるように、1200m〜1600mの4歳牡馬はここ10年で最も低レベル。そんな低レベル世代なのに4歳牡馬が人気になるのだから切り頃なのです。

明日から江戸川報知新聞社杯&今日まで多摩川マンスリーKYOTEI杯

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 明日から始まる6日間のロングランシリーズ江戸川報知新聞社杯ですが、これに先立ち今月7日に江戸川競艇HP施設案内に「江戸川競艇のヒミツ!」なる項目が追加されています。江戸川競艇場3つのヒミツ、その中身は結構なトリビアだったりします。シェーン、カムバック!

 さて、明日の番組は見所たくさん。オール50代の2000番台レーサーが集結しました名人戦の第2Rに、オールB1で奇数艇山口&偶数艇福岡と山口vs福岡対抗戦の第9Rは特に注目です。

 そして選手代表作間章東京副支部長が1号艇の江戸川選抜はオールA1で以下の6選手。

1:さくまあきら 2:深川真二 3:岡本慎治 4:飯島昌弘 5:室田泰史 6:吉田弘文

 東京都江東区系レーサーながら江戸川長期不参だった深川真二。でも深川不動、そんな走りで今シリーズ好成績を残してくれる事を期待。そして今シリーズは1Fレストラン「メイン」で深川丼500円が売られてる事も期待。自分の江戸川めし一番の好物ですが、メニューに無い時もあるので。

 この他にも新旧B2選手、98期桑島和宏と49期大嶋一也が登場。船橋の英雄にして風車ムチの名手桑島孝春を父に持つ当地初参戦の桑島JrとB2ながら1999年唐津SGグランドチャンピオン決定戦を含む記念13Vで実績断然のKAZUYA.Oの存在は今シリーズに彩りを与えます。

多摩川マンスリーKYOTEI杯優勝戦

 全国各競艇場で無料配布のマンスリーKYOTEI杯、東西対抗シリーズ結びの大一番、胸高鳴る優勝戦は2号艇2コース09スタート赤岩善生が1号艇イン19スタートのミスター平和島野澤大二(BPクラブ)を捲って叩き、その展開に乗じて3号艇3コース07スタートの白石健が「赤岩君が捲っていってくれるって思ったんで、全速で差すことだけ考えて。」と展開を読んだ捲り差しで赤岩を差しきり、2Mでは4カド差し3番手から突進してきた4号艇玄馬徹を間一髪包みきって優勝、2着には赤岩が入りました。
そして3番手の玄馬は突進不発で後退し、5コース捲り差し不発の4番手だった鳥飼眞(近くのビール工場はサントリーかい?まことに)が玄馬の突進現場を差しでクリアし逆転の3着。ということで優勝戦は東軍の赤岩が東軍の野澤を捲り潰した結果、西軍に軍配が上がりました。
 ウイニングランで艇から立ち上がって右拳を振り上げ、記念レース並みに大喜びのしらけんは通算V26のうち多摩川ではデビュー初優勝含めV5と、まさに得意水面。次いで真っ赤なコスチュームを羽織って登場の表彰式(動画)ではマンスリーKYOTEI編集部の競艇錬金術師桧村賢一から副賞を貰い大喜び。更にファンの皆様とはがっちり両手で握手と、多摩川を愛するしらけんらしい表彰式でした。

 さて、多摩川次節は豪華メンバーのWEB競艇TV杯。ファン投票上位12人によるドリームトライアルを2日間に分けて実施、そしてトライアルの上位3人ずつが3日目のドリーム戦に出場と、3日目まで目玉レースが続きます。プレゼント応募付きの特集ページもあって実に充実の5日間ですが、なんで日程が月曜〜金曜のオール平日開催なんですか。

 ここで話題が脱線しますが、しらけん表彰式を生で見たと思われる1マークの番人竜鯱まくり差しさんが応援する中日ドラゴンズ読売ジャイアンツ相手に東京ドームで優勝しましたね。自分はこの優勝の瞬間をG+(解説:堀内恒夫前監督)で見てたのですが、巨人軍専門局がライバル企業優勝の瞬間を中継してたのが面白かったです。でも中日の胴上げだけでなく、ホーム最終戦ということで読売の監督&コーチと選手計39人が直筆のサイン入りボール10個ずつをスタンドに投げ入れたシーンもじっくり中継した辺りはさすがG+。

浜名湖BP玉川8周年記念福島民友新聞社創刊111周年記念優勝戦

 福島県石川郡玉川村キャンペーンとして8日には手打ちそば実演販売も行われたWタイトル戦の頂上決戦は3号艇池上正浩が例によってインコースをうかがってのごあいさつ。しかしインを主張した1号艇沖島広和が渾身の04トップスタートを決めて深インを克服、通算8回目の優勝
2コース順走の池上が2番手でしたが、4カド捲り差し不発で4番手の岩崎正哉が2Mで鋭い捲り差しを見せて一気に池上を差しきり2着に入ってます。

 ところで、浜名湖では20日から日本レジャーチャンネルカップ。この宣伝として、多摩川帰りの地元代表新藤哲三が今日のJLCニュースワイドに出演、競艇チョップもかましました。
ハマナコ野郎〜笑う門には万舟券!?の巻


【さようなら住之江シティーナイター】

 今年最後の住之江シティーナイター秋たけなわ神無月競走優勝戦は1号艇田中豪(BPクラブ)がインから押し切り住之江は昨年6月の水無月ほほえみ競走に続く2節連続3回目、今年は前走常滑日本財団会長杯争奪戦競走に続く2節連続5回目、通算29回目の優勝
2コース順走の打越晶が2着に入り、3コース捲り差し不発の菊地孝平と5カド捲り差しからキタ新地雅洋による3着争いは2Mで新地を差した菊地が競り勝ってます。

津倉田栄一杯争奪安濃津賞優勝戦

 競艇の神様倉田栄一を讃えるオール名人戦世代の開催はインから逃げの体勢を作った古谷猛が通算75回目の優勝。2コースから斬り込んで順走の玉生正人が2着、3コースからこれまた斬り込んで順走の中尾英彦が3着。

 尚、6R4号艇の陶山秀徳が4カド捲り差しで通算1000回目の1着。1000勝の中には1994年11月の江戸川G1施設改善記念も含まれてます。

常滑JLC杯争奪戦競走優勝戦

 1号艇野長瀬正孝がインから押し切り、今年9優出目にして今年初めての優勝
これが通算40回目となる区切りのVなのながせ。そして次回斡旋は13日の金曜日から老若男女混合日本女性会議2006しものせき記念レースなのながせ。
のながせの2着には5コースから果敢に握った原田智和が。

【お〜っとこれは早い飛び出しだぁ〜!】

 平和島G3新鋭リーグ4日目11Rで大外単騎ガマシの5号艇宇野博之を除くスローの5艇、内から森永淳(+01)&入澤友治(+05)&品田直樹(+10)&樋口喜彦(+04)&海野康志郎(+07)がフライングとなりレース不成立動画)。当地での5艇Fといえば2004年お盆のデイリースポーツサマーカップ優勝戦ですね。
 このうち入澤は選手代表でありながらのFで、しかもF3のおまけつき。事故点オーバーで来期B2が決定してしまいました。

 尚、この日の東京ベイ平和島では2Rでもあぁ〜っと!これはどうした!とスロー水域の3艇(イン岡本大+10&2コース岸本雄貴+08&3コース森年省吾+05)がフライングでこの日の返還総額は2647万5100円。返還を差し引いた総売上が1億5483万円に留まっただけにこの返還は痛い。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
競艇電投会員即時募集中
既に会員の方はテレボート
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
勝ち組.net
アクセスランキング
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
おすすめバナー
バナソニック
リキプロ非公認サイト

ブログランキング・にほんブログ村へ



人気ブログランキング【ブログの殿堂】

blogram投票ボタン

livedoor プロフィール
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ